CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

防災減災危機管理アドバイザー 学校防災 地域防災 吉田亮一 Disaster prevention adviser Ryoichi Yoshida

防災減災アドバイザー 学校防災 地域防災の経験と体験を講師として全国へ。平成18年から平成23年まで地域防災リーダの経験と実績・3・11の東日本大震災では避難所の責任者として小学生・中学生・高校生と様々な役割をこなした。学校防災と地域防災の経験と実績を全国の方々にお伝えし、今後の防災に協力をして行きたいとの、思いからYY防災ネットを立ち上げ防災応援プロジェクトを開始し、全国の自治会・町内会・小学校・中学校・高校へ講演・防災授業など、様々な活動をして行きたいと思います。
又、平成21年から27年まで総務省消防庁宮城県防災アドバイザーへ登録し、全国都道府県市町村の危機管理課よりご依頼を頂いています。
平成24年からは文部科学省実践的防災教育支援事業で全国の教育委員会からご依頼を頂いています。
又、全国で東日本大震災指定避難所の再現をしています。企画・計画から全て経験体験からの再現をいたします。

連絡先
メール ohisamaryouichi@if-n.ne.jp
電 話 022-281-0517
090-1937-9545
※非通知設定。
※部署名・担当者名でお願い致します。
※こちらから、即時ご連絡を致します。



<< 2018年09月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
学校防災 文部科学省実践的防災教育総合支援事業
平成27年度もご依頼を頂いています。 (04/05)
学校防災訓練 [2017年05月05日(Fri)]

学校防災訓練の仕方
@校庭への避難訓練
もし、雨がと考えた時は校舎・体育館への待機は危険。ではどこへ避難を?。
大きな地震後はもっと大きな地震が・直ぐに余震が来る事を考えたい。
最初の地震で影響が無かった校舎・体育館でも次の地震で影響がある恐れ。
校庭に、ある物とブルーシートで避難場所を作ります。
鉄棒・うんてい・ジャングルジム・滑り台・登り棒・サッカーゴール・バックネット・フエンスなでへブルーシートを取り付け、大型のタープテントを作り、出来た所へ低学年から避難をさせる。
A休み時間の避難訓練
休み時間は、様々な場所にこども達が居ます。教職員は様々な場所へ駆けつけて無駄な行動と時間がかかります。事前に学校全体図(敷地・校舎)を準備。図に碁盤の目に区切り担当職員を決める。決めた場所へ行きこども達を校庭へ避難をさせる。碁盤の目に区切り担当職員を決める事で見落としが無い。

学校防災訓練 [2014年10月11日(Sat)]
学校防災訓練には、授業中・休み時間・登校時などが
あります。
先日、登校時の防災訓練はどのように行うかのお尋ね
がありました。(教育関係者より)
私が、推奨している方法を書きます。
登校時防災訓練には二種類があります。
@集団登校
A自主登校
※@・AはPTA・子供会・見守り委員(地域ボランティア)の協力が必要 です。

@集団登校防災訓練
●集合場所から学校までの間に一時避難場所を設定。
(距離のあるグループ)
●地震発生時刻を設定。
訓練例
午前7時50分地震発生
●その場で身の安全確保。
●3分後一時避難場所へ避難。
(児童は教員到着まで待機)
(同時刻に教員は通学路を回り一時避難場所へ)
●近いグループは学校の校庭へ避難。
(通学路より避難動向)
●一時避難場所へ教員が到着。
(教員は安否確認)
●一時避難場所より学校へ避難開始。
(教員が避難誘導)
●校庭へクラス整列。
(クラス名簿で確認)
※詳しくはお電話でアドバイスいたします。



プロフィール

防災減災危機管理学校地域防災アドバイザーさんの画像
防災減災危機管理学校地域防災アドバイザー
プロフィール
ブログ
リンク集
http://blog.canpan.info/youich/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/youich/index2_0.xml