CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
検索
検索語句
プロフィール

岡山県ボランティア・NPO活動支援センター「ゆうあいセンター」さんの画像
<< 2017年09月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリアーカイブ
リンク集

http://blog.canpan.info/youi-c/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/youi-c/index2_0.xml
10月 ボランティアの力を引き出し、より良い地域づくりを目指すあなたのためのボラマネ・カフェ! [2017年09月21日(Thu)]
ボランティアの力を引き出し、
より良い地域づくりを目指すあなたのための
「ボラマネ・カフェ」!



施設や病院、地域のボランティア団体等で働いていると、こんな思いや素朴な疑問にぶつかること、ありませんか?

  「ボランティアを受け入れたいけれど、何から始めたら良いの?」
  「ボランティア受け入れ担当って、どういうことをすれば良いんだろう?」
  「活動プログラムをもっと充実させたいけれどどうすれば良いの?」
  「ボランティアと地域貢献や地域福祉について見つめ直したい!」

ボラマネ・カフェは、そんな思いや疑問を持っている"あなた"に、
社会福祉施設や病院、地域のボランティア団体などで、ボランティア受入に取り組む(取り組みたい)"あなた"にぜひとも来ていただきたいサロンです
ひらめき

ボラマネカフェでは、施設長などの管理者からボランティア受入担当者までが気軽に集まり、茶話会形式でアイデアを出し合います。


かわいい10月テーマかわいい
「利用者さんとの”上手な世間話”とは?
〜個人情報保護とコミュニケーションの境界線〜」


2017年10月の回では、
NPO法人なでしこ会 障害者生活支援センターこら〜れ 事務局長 杉山ゆい さんから
お話を伺い、その事例をもとにみなさんと意見交換します。

ボランティア受入について、これまでとは違った視点やアイディアを得られるかもexclamation&question

日頃なかなか聞けないけれど"ちょっと気になっていること"を相談したり、
お互いの取り組みについて情報交換をしながら、実践に繋がるヒントを見つけましょう。

ボラマネ・カフェは、3〜4か月に1回程度、開催予定。
常連さんも、いちげんさんも、大歓迎!
ボランティア受入をバージョンアップさせたいみなさんのお越しを、お待ちしていまするんるん

VMカフェ2017-10-19(表).jpg

↓チラシの印刷はこちら(PDFファイル)↓
ボラマネカフェ10月2017 印刷用.pdf

  * * *

日時: 10月19日(木)19:00 〜 20:30

場所: ゆうあいセンター

対象: 施設や病院、ボランティア団体などのボランティア受入担当者
    施設や病院、ボランティア団体などでボランティア受入をしたいと考えている方
    施設や病院、団体などのボランティア受入に関心のある社会福祉協議会職員等

お申込み方法について
 参加ご希望の方、興味を持たれた方は、「お名前」「ご所属」「連絡先(電話番号、E-mailアドレス)」「期待していること」を添えて、下記申込みフォーム、もしくは下記連絡先までお知らせください。 
 ★お申込みフォームはこちら ⇒ https://goo.gl/tW8Cb9

■お問い合わせ・お申込み先■
 岡山県ボランティア・NPO活動支援センター(通称:ゆうあいセンター)
 〒700-0807
 岡山県岡山市北区南方2丁目13-1
 岡山県総合福祉・ボランティア・NPO会館 2階
 ≫ アクセス
 TEL 086-231-0532 / FAX 086-231-0541 
 Eメール  youi@okayama-share.jp
 URL http://youi-c.okayama-share.jp/
 
 【開館時間】
 火曜日〜金曜日 9:00-21:00
 土曜日・日曜日 9:00-18:00
 休館日:月曜日・祝日・年末年始(12月29日〜翌1月3日)
第5回岡山高校生ボランティア・アワード 【出場者&審査員紹介】 [2017年09月13日(Wed)]
「高校生の、高校生による、みんなのためのイベント」
9月16日(土)、第5回岡山高校生ボランティア・アワードは間もなく開催です!

今回は、アワードの出場者と、審査員の方々をご紹介いたします。
 1.アワードに出場する高校生(7チーム)
 2.若者のボランティア活動を応援する審査員(3名)


-----------------------------------------------------------------------------------

1.アワードに出場する高校生の皆さん
     (発表順にご紹介します。)

【出場者紹介@】
●団体名● ティアボラ
●学校名● KTC中央高等学院 岡山キャンパス
●テーマ● いま、私たちにできること


KTC中央高等学院 岡山キャンパスでは、誰かの「助け」になることをしたいメンバーが集まったクラブ活動として様々なボランティア活動を行っています。

4月には岡山駅東西連絡通路で熊本地震義援金の募金活動を行いました。

ティアボラでは今年度、病院での活動や、近隣の奉還町商店街で開催される土曜夜市で出店の手伝いを行ったほか、今後もさまざまな活動を予定しています。

これからも自分たちにできることをしっかりとすることで、誰かの「助け」になるように活動していきたいです。

KTC.JPG

_____

【出場者紹介A】
●団体名● YKGすみれ
●学校名● 岡山県立矢掛高等学校
●テーマ● 自然で遊ぼう・(YKGすみれの継承と進化)


YKGすみれは、昨年度までの活動の反省を生かしつつ、さらにボランティア活動を頑張っていこうと考えています。

今年度は、昨年度の反省を生かした第2回目の活動「自然で遊ぼう」をテーマに、矢掛町内のキャンプ場で自然に関するクイズや遊びを行い、「普段出来ない体験をすることができた」などの声を頂きました。

活動の成果と課題をみなさんとシェアしながら、ボランティア・アワードを次の世代への持続可能な活動のための方法を考えるきっかけにしたいです。

矢掛.JPG

_____

【出場者紹介B】
●団体名● 岡山県立和気閑谷高等学校 英語研究部 
●学校名● 岡山県立和気閑谷高等学校
●テーマ● 小中学校での英語に関するボランティア


和気閑谷高校英語研究部は、地域での活動を活発に行っています。
2006年から始まった小学校での英語出前授業をはじめ、2015年からスタートしたはEnglish Campでは、「小中学生に最高の思い出を!」をテーマに、さまざまなプログラムを開発・実践しています。
他にも、留学生や町内在住外国人を招き、小中高合同のワークショップを開催しています。

和気町内の小中学校は、文科省の英語特区の指定を受け、今年度から英語教育の拡充を図っており、英語研究部の取り組みは、町の施策とも合致した地域への貢献活動といえます。

和気閑谷.jpg

_____

【出場者紹介C】
●団体名● STUDENT EXCHANGE in 上海
●学校名● 代表者:清心女子高等学校(岡山県日中教育交流協議会)
●テーマ● 百聞は一見に如かず


STUDENT EXCHANGE in 上海は、岡山県下の選抜高校生14名で構成されたチームです。
この夏、中国の上海市第一中学の高校生を訪問し、ホームステイや授業体験などを通じて交流を深めました。

報道や見聞した情報が氾濫する中、日本・中国の同世代の高校生が直接触れ合い、話し合い、行動をともにした意義は大きいと考えています。

アワードを、貴重な経験をしてきた高校生が直接他の高校生に語りかけ、みんなで考える機会にしたいと思います。

上海.JPG

_____

【出場者紹介D】
●団体名● 岡山後楽館高校西川チーム
●学校名● 岡山市立岡山後楽館高等学校
●テーマ● 西川の活用


岡山後楽館高校西川チームは、西川クリーン作戦に参加したり、授業で西川の水質やまちづくりを調べていくうちに西川についてもっと知りたい、他の人にも知ってほしいと思ったことがきっかけで活動を開始しました。

学校の行事として定着している西川クリーン作戦は、地域の方や他校生徒と一緒に活動することで地域コミュニティの活性化にもつながっています。

西川水族館では、西川の生き物を知り、川を大切にする啓発活動をしています。
今後は、子どもと一緒に魚とりを行い、観察できるような機会を作りたいと考えています。
その他にも活動を通じて山・川・海がつながり、循環していることを学んだので、それらについて西川水族館で情報発信をしていきたいと考えています。

後楽館.JPG

_____

【出場者紹介E】
●名 前● 岡 ななの (個人出場)
●学校名● 就実高等学校
●テーマ● やってみたいと思っていた、児童養護施設訪問のボランティア

「5%の時間を社会貢献に使うことで、社会から貧困と機会差別をなくそう。」この言葉に感銘を受けて、私はこの夏ボランティア活動に参加しました。

児童養護施設への施設訪問では、子どもたちと遊んだり、勉強を教えたり、将来の夢などを一緒に話します。
自分にできることから社会貢献を始めたいと思ったこと、児童虐待や育児放棄に関する報道に心を痛め、何かできることはないか、と考えたことが活動のきっかけでした。

今後も、子どもたちの心のケアのお手伝いや、心のキズナを作っていくことを目標に活動を継続していきたいと考えています。
6岡さん組合せ写真.jpg
_____

【出場者紹介F】
●団体名● NPO法人グリーンバード 岡山チーム 高校生チーム
●学校名● 代表者:明誠学院高等学校、山陽女子高等学校(NPO法人グリーンバード)
●テーマ● 楽しいだけじゃない!岡山の街をキレイにする「高校生にもできる社会貢献〜ゴミ拾いでつながろう」


グリーンバードは全国にたくさんのチームがある団体で、主な活動はゴミ拾いです。
岡山チームに参加した時、高校生はあまり見かけませんでした。

「高校生が学校の垣根を越えて集まり、楽しくゴミ拾いをする。高校生が街をキレイにするってかっこいい。」と思い、高校生チームとしての活動を呼びかけました。
高校生はバラバラの制服で集まり、グリーンバードの揃いのビブスを着て活動します。

活動の際には、ポイ捨てされたゴミのこと、学校のことなど、たわいもないことを話しながら歩きます。
夏の活動は滝のように汗が流れましたが、汗をかいてみんなで一緒に飲む飲み物は美味しく、流れる風も涼しく感じられました。

活動の輪がさらに広がり、世界中からポイ捨てがなくなる日を夢見つつ、1回でもいい、一人でも多くの高校生に活動に参加してほしいと思っています。
7GB.jpg

-----------------------------------------------------------------------------------

2.若者のボランティア活動を応援する審査員の方々
   (50音順でご紹介します。)

●梶山 耕祐 さん [一般社団法人 のあっく自然学校/プログラムディレクター]
高知県に生まれ、21歳で上京し環境アウトドア系の専門学校に入学。
アウトドアスキルや植物の知識を学び、インターンシップを経てのあっく自然学校に就職。
主に子ども向けの体験学習を提供し、入学シーズンには高校生や大学生に向けたコミュニケーションキャンプなども行っている。

●高山 和成 さん [学塾 誠和学舎/塾長]
2013年から家庭教師として開業、2015年に学塾 誠和学舎設立。
非常勤で総社市内の小学校に勤務し、発達障がい・不登校傾向の児童など、学校生活に困り感のある児童への対応を務める。
2016年、NPO法人 総社商店街筋の古民家を活用する会理事に就任。
子どもから大人までを巻き込んだまちづくりを目指し、教育・交流・文化芸術の推進を行っている。
2017年4月より、総社市教育支援センターに所属、各校の不登校傾向児童・生徒の支援を行っている。
※所属ほか:NPO法人総社商店街筋の古民家を活用する会/理事
      総社市教育委員会総社市教育支援センター/派遣登校支援員

●利根 弥生 さん [NPO法人 タブララサ/理事長]
大分市出身、岡山大学文学部卒業。学生時代に所属していたうらじゃ連の先輩にタブララサへ誘われ、大学2年生から活動を始める。
なかでもリサイクルキャンドルの製作に没頭し、Happy Share Candleプロジェクトのサブリーダーとなる。
西川キャンドルナイトvol.11、12では全体リーダーを務め、様々なプロジェクトで大学生を中心としたメンバーとともに企画・運営を行う。
若者が楽しいと感じられる取り組みを「おしゃれ」という観点を中心に据えて取り組み続ける。
※所属ほか:NPO法人岡山NPOセンター、西川緑道公園筋歩行者天国実行委員会
      岡山ESD推進協議会若者部会、岡山市環境政策審議会委員、岡山県立林野高校外部講師

 -----------------------------------------------------------------------------------

みなさまのご参加をお待ちしております。

◆アワード当日の詳細 → http://blog.canpan.info/youi-c/archive/210

◆これまでのアワードの様子など → https://goo.gl/tMMlds

◆観覧申込み → https://goo.gl/7p2ueH

 
第5回 岡山高校生ボランティア・アワード【高校生実行委員会活動中!】 [2017年09月07日(Thu)]
9月16日(土)の高校生アワード当日が近づくにつれて、
高校生実行委員会の活動も活発になってきています。


これまで、キックオフ・イベントを経て、

●エントリー団体募集や実行委員募集のために、手書きの募集用紙を作ってFAX送信
写真1.jpg

●実行委員の仲間が少し増えました。皆でエントリーを確認
写真2.jpg

●当日の運営に向けた、各自の役割分担の検討
写真3.jpg

●交流会の内容について
写真4.jpg

●アワードの広報 ←数百人規模の会場でPRしてきました
写真5.jpg

などなど、アワードを盛り上げるため、さまざまな活動にチャレンジしましたぴかぴか(新しい)

高校生実行委員会は準備バッチリで当日を迎える所存です!!!

9月16日(土)のアワード当日は、岡山県内の高校生の活動発表とともに、
高校生実行委員の当日の活躍ぶりにも、ぜひご注目いただきたいと思います。

-----------------------------

アワード当日の詳細 → http://blog.canpan.info/youi-c/archive/210
これまでのアワードの様子など → https://goo.gl/tMMlds
観覧申込み → https://goo.gl/7p2ueH

岡山県NPO法人のためのセミナー&事務相談会 [2017年09月01日(Fri)]
white boad.jpg

NPO法人の運営上の留意点や、事務手続き・届出の注意点について
所轄庁、労働局、年金事務所の職員の方から下記テーマをもとに
解り易く解説していただき、質疑応答を行います。
第二部として事務に関する様々なご相談を個別にお受けします。
この機会に運営・事務手続きの不安を解消してはいかがですか?
※3回実施。セミナーのテーマは毎回違います。

◆日時と場所◆

@10月10日(火)13:00〜16:00
倉敷市市民活動センター(倉敷市西中新田620-1)
A11月 7日(火)13:00〜16:00
岡山県ボランティア・NPO活動支援センター(ゆうあいセンター)
(岡山市北区南方2丁目13-1きらめきプラザ2F)
B12月 7日(木)13:00〜16:00
津山市コミュニティセンターあいあい(津山市井口21-1)

◆実施内容◆

●第一部:セミナー/各日13:00〜14:00(定員20名)
事務手続き・届出先となる各所の職員さんによる講義と質疑応答
@10月10日(火)所轄庁セミナー
講師:岡山県県民生活部県民生活交通課
「NPO法人の管理運営、必要な手続きについて」
A11月 7日(火)労働局セミナー
講師:岡山労働局
「NPO法人が職員を雇用する際に気を付ける事」
B12月 7日(木)年金事務所セミナー
講師:津山年金事務所
「NPO法人の雇用主としての義務について」

●第二部:なんでも事務相談会/各日14:10〜16:00
NPO法人岡山NPOセンターのNPO事務支援センターが
無料で事務相談に応じます。事前予約制※先着順
(お一人30分以内、各日先着3名様まで)

■お申込み
下記「フォーム」に必要事項をご記入の上送信して下さい。
右矢印1申込フォーム

又は
下記「参加申込書」をプリントアウトし、必要事項をご記入の上FAXして下さい。
FAX. 086-231-0541
右矢印1参加申込書

■お問い合わせ先
岡山県ボランティア・NPO活動支援センター
(通称:ゆうあいセンター) 担当:巻尾
〒700-0807 岡山市北区南方2丁目13-1
きらめきプラザ 2階
TEL.086-231-0532 FAX. 086-231-0541
MAIL. youi@okayama-share.jp
http://youi-c.okayama-share.jp/
第5回岡山高校生ボランティア・アワード【観覧者大募集!!】その2 [2017年08月27日(Sun)]
最終選考会で、岡山の高校生の「本気」、見てみませんか?

岡山高校生ボランティア・アワードとは、
高校生の、高校生による、みんなのためのイベント。
だから、企画も運営も発表も、高校生が主役です。

9月16日(土)の最終選考会では、
一次書類審査を通過した高校生たちが、取り組んだボランティア活動についてプレゼンテーションを行います。
ご観覧者のみなさまには、投票や感想をお寄せいただき、
ボランティア活動に励む高校生にエールを送っていただければと思います。

高校生ならではのユニークな活動、柔軟な発想力、エネルギー溢れる活動の様子に触れられる機会です。
ご期待ください。

――――――――――――――――――――――――
日時:2017年9月16日(土) 10:00〜13:00
会場:きらめきプラザ 4階401会議室
   (〒700-0807 岡山市北区南方2丁目13-1)
対象:若者のボランティア活動を応援したい方
――――――――――――――――――――――――
アワードチラシ(当日観覧者募集)表.jpg
観覧者募集チラシ(PDF) → こちら


* * * * 出場者・出場団体 * * * *

団体名:ティアボラ
所属学校名:KTC中央高等学院 岡山キャンパス
テーマ:いま、私たちにできること

団体名:YKGすみれ
所属学校名:岡山県立矢掛高等学校
テーマ:自然で遊ぼう・(YKGすみれの継承と進化)

団体名:岡山県立和気閑谷高等学校 英語研究部
所属学校名:岡山県立和気閑谷高等学校
テーマ:小中学校での英語に関するボランティア

団体名:STUDENT EXCHANGE in 上海
所属学校名:(岡山県日中教育交流協議会) 代表者:清心女子高等学校
テーマ:百聞は一見に如かず

団体名:岡山後楽館高校西川チーム
所属学校名:岡山市立岡山後楽館高等学校
テーマ:西川の活用

個人出場:岡 ななの
所属学校名:就実高等学校
テーマ:やってみたいと思っていた、児童養護施設訪問のボランティア

団体名:NPO法人グリーンバード岡山チーム 高校生チーム
所属学校名:(NPO法人グリーンバード) 代表者:明誠学院高等学校/山陽女子高等学校
テーマ:楽しいだけじゃない!岡山の街をキレイにする
    「高校生にもできる社会貢献〜ゴミ拾いでつながろう」

* * * * * * * * * * * * * * * *

◆お申込み方法◆
申込フォームに必要事項をご入力ください。 → https://goo.gl/7p2ueH


◆交流会について◆
表彰式終了後、ボランティアに関心のある高校生同士の交流を深めるための時間を設けます。
高校生アワードは、県内の複数の高校生が集う貴重な機会です。
他校の取り組みや、どんなことに関心を持っているかなど、お互いの話をもっと聞いたり、話したりしてみませんか。
高校生のみなさまのご参加をお待ちしております!

時間:13:30〜15:00 ←表彰式終了後
対象:高校生および高校関係者
※上記フォームより、観覧と併せてお申込みください。


■主催・お問い合わせ先
岡山県ボランティア・NPO活動支援センター「ゆうあいセンター」
[TEL] 086-231-0532 [FAX] 086-231-0541 [E-mail] youi@okayama-share.jp
        
■後援
岡山県教育委員会、岡山市教育委員会、福武教育文化振興財団
第5回岡山高校生ボランティア・アワード【観覧者大募集!!】 [2017年08月13日(Sun)]
最終選考会で、岡山の高校生の「本気」、見てみませんか?

岡山高校生ボランティア・アワードとは、
高校生の、高校生による、みんなのためのイベント。
だから、企画も運営も発表も、高校生が主役です。

9月16日(土)の最終選考会では、
一次書類審査を通過した高校生たちが、取り組んだボランティア活動についてプレゼンテーションを行います。
ご観覧者の皆様には、投票や感想をお寄せいただき、ボランティア活動に励む高校生にエールを送っていただければと思います。

高校生ならではのユニークな活動、柔軟な発想力、エネルギー溢れる活動の様子に触れられる機会です。ご期待ください。

高校生アワード詳細についてはこちらのページからご覧いただけます。

―――――――――――――――――――――――――――

日時:2017年9月16日(土) 10:00〜13:00

会場:きらめきプラザ 4階401会議室(〒700-0807 岡山市北区南方2丁目13-1)

対象:若者のボランティア活動を応援したい方

―――――――――――――――――――――――――――



出場者・出場団体とそれぞれのテーマ、当日の発表順などは続報をお待ちください!


■お申込み方法■
こちらの申込フォームに必要事項をご入力ください。


■主催・お問い合わせ先
岡山県ボランティア・NPO活動支援センター「ゆうあいセンター」
[TEL] 086-231-0532 [FAX] 086-231-0541 [E-mail] youi@okayama-share.jp

         
■後援
岡山県教育委員会、岡山市教育委員会、福武教育文化振興財団

「ゆうボラ・おかめ茶屋」〜ボランティアを始めてみたいあなたと始めてみたあなたのためのコミュニティ〜 [2017年08月07日(Mon)]

「ゆうボラ・おかめ茶屋」


−"ボランティア"をキーワードとしたちょっとしたコミュニティ−

おかめ茶屋とは、ボランティアを「これから始めたい人」と「始めたばかりの人」が集い、ボランティアに関するあれこれを、ざっくばらんに喋ったり話を聴いたりしながら過ごす気軽な茶話会です。

「ボランティアを始めたいけれど、ほかの人ってどんな活動をしているの?」
「始めたきっかけってみんな同じ?」
「ボランティアを始めてみたら、こんな出来事があってびっくり!誰かに聞いてほしい!」
そんなみなさんの想いや喜び、素朴な疑問などを気軽に話し合える場。

亭主はゆうあいセンターボランティアの「おかめさん」こと詩叶純子(しかなえじゅんこ)さんと、ゆうあいセンタースタッフ。
これからボランティアを始めたいあなたの背中をそっと後押しし、
ボランティアを始めてみた人の思いや、活動にまつわるエピソードを引き出します。


おかめ茶屋の様子は、こちらをご覧ください♪

ぜひご参加ください!!

日時(ひと月に1〜2度、開催します。):

<2017年10月の開催予定>
・10/25 (水)  13:30 〜 15:00(昼の部)
         19:00 〜 20:30(夜の部)
かわいいお気軽にご参加ください


場所:ゆうあいセンター

お申込み方法について:
参加ご希望の方は、
「お名前」「参加希望日」「連絡先(電話番号、E-mailアドレス)」を添えて、下記申込みフォーム、もしくは下記連絡先までお知らせください。
  
お申込みフォームはこちら ⇒ http://goo.gl/vyrAlI

お問い合わせ・お申込み先
 岡山県ボランティア・NPO活動支援センター(通称:ゆうあいセンター)

 〒700-0807
 岡山県岡山市北区南方2丁目13-1
 岡山県総合福祉・ボランティア・NPO会館 2階
>>アクセス
TEL:086-231-0532
FAX:086-231-0541
Eメール:youi@okayama-share.jp
URL:http://youi-c.okayama-share.jp/

【開館時間】
火曜日〜金曜日 9:00-21:00
土曜日・日曜日 9:00-18:00
休館日:月曜日・祝日・年末年始(12月29日〜翌1月3日)
企業が地域課題に本気で向き合う [2017年07月28日(Fri)]
20170728161749.pdf
こんにちは、ゆうあいセンター CSR担当 小桐です。
今回は、岡山地元の企業と一般社団法人の取り組みを通して、地域の社会課題を解決する
CSR活動を紹介します。

今回の紹介記事は、一般財団法人地球・人間環境フォーラムが発行する冊子「グローバルネット」320号 2017年7月号に「企業が地域課題に本気で向き合う時代になった」というタイトルで掲載されています。
記事を書かれたのは、一般社団法人高梁川流域学校 代表理事 大久保 憲作氏です。
同法人が設立されたのは、2015年。かつて、倉敷紡績2代目 大原總一郎氏が提唱した、高梁川流域連盟の理念を実現し、持続可能な地域を創ろうとするものです。
同法人の活動は、環境省が進める「つなげよう森里川海プロジェクト」の連携事業となっています。

そして、同法人は、地元4地域を拠点とする4信用金庫と包括協定を結び、流域を応援する定期預金の一定を活動支援として受け取ることとなりました。
4信用金庫(備北、吉備、玉島、水島)にとっては、本業を通して地域の課題解決に向け社会貢献が実現するというCSV=共通価値の創造 が実現したことになります。

一般社団法人の立場から紹介された取り組みではありますが、新しい社会課題の解決に向けたアプローチとして大変参考になるものと考えます。
詳細の記事は、添付をご覧ください。 
NPO 法人設立講座 [2017年07月26日(Wed)]
NPOの活動に関心のある方や、
地域で活動を展開する市民団体の方を対象とした
NPO法人設立講座を開催します!


NPO_HPバナー.jpg

■日時  
基礎知識編:(各回内容は同一です)
◆ 6月21日(水)14:00〜15:00<終了しました>
◆ 8月23日(水)14:00〜15:00<終了しました>
◆10月22日(日)10:30〜12:00 
 ※日曜開催の為、30分延長してNPO法人の例を追加します。
◆12月13日(水)14:00〜15:00
◆ 2月14日(水)14:00〜15:00

書類作成編:(各回内容は同一です)
◆ 7月19日(水)14:00〜15:00<終了しました>
◆ 9月20日(水)14:00〜15:00
◆11月19日(土)10:30〜12:00
 ※土曜開催の為、30分延長して所轄庁手続きを追加します。
◆ 1月10日(水)14:00〜15:00
◆ 3月14日(水)14:00〜15:00


■内容
右矢印1どんな人向けの講座?
基礎知識編:
NPOに関心のある方、NPO法人設立を検討中の方、ボランティアや任意団体として活動されている方など、ご興味のある方どなたでもご参加いただけます。

書類作成編:
実際に法人設立の準備段階に入っている方
書類の作り方のポイントが知りたい方

右矢印1講座ではどんなことが聞けますか?
基礎知識編:
●NPOの果たす役割とは?
●NPOとNPO法人、NPO法人と任意団体の違い
●NPO法人設立のために必要な手続きの流れ 等

書類作成編:
●用意する設立書類について
●書類を作成する時のポイント 等 

右矢印1講座終了後、個別相談もお受けしております。
個別相談をご希望の場合は事前にお申込みくださいね。


■お申込み方法
下記申込みフォームにて「氏名」「参加希望日」「連絡先( 電話番号、E-mail アドレス)」を入力して下さい。
もしくは下記連絡先までお知らせください。

◎お申込みはこちら

◆主催・お問合せ先◆
岡山県ボランティア・NPO 活動支援センター
「ゆうあいセンター」
〒700-0807 岡山県岡山市北区南方2丁目13-1
岡山県総合福祉・ボランティア・NPO 会館 2 階
TEL:086-231-0532  
FAX:086-231-0541  
Eメール:youi@okayama-share.jp
URL:http://youi-c.okayama-share.jp/

※お越しの際は公共交通機関をご利用ください。
活動の魅力を伝えて、仲間を増やそう!「情報発信のコツ」参加者募集!! [2017年07月20日(Thu)]
参加者募集!!
「活動の魅力を伝えて、仲間を増やそう!『情報発信のコツ』」


「私たちの活動を広く伝えたい!」「若い人たちにももっと参加してほしい。」
− そんな思いをかなえるために大切な「情報発信」。だけど、いざ取り組むとなかなか難しい。知っているようで知らない情報発信のコト。相手に伝わる情報発信について、楽しく学んでみませんか?



日 時:2017年9月30日(土)13:30〜15:30
場 所:水島愛あいサロン コミュニティフロア(倉敷市水島東千鳥町1-50)
参加費:無料
申込み:申込みフォームからお申込みいただけます。
    ↓クリック↓
    申込みフォームhttp://ur0.pw/ENXB


【講師】講師 :菊池 信孝さん(NPO法人インターナショクナル代表理事)

<プロフィール>
1986 大阪生まれ
2005 大阪大学外国語学部に入学
     外国人との不自由な食事体験からインターナショクナルを設立
2006 社会事業コンペ「edge」優秀賞&最共感賞を受賞
2009 大学卒業後、広告代理店に入社
     広報紙の企画編集を中心に、広告営業とCSRを担当
2010 世界経済フォーラム「Global Shapers」メンバー選出
2015 神戸市社会福祉協議会「理事長感謝状」受賞
2016 日経ソーシャルイニシアチブ大賞「クリエイティブ賞」受賞


かわいい↓↓開催要綱はこちらからダウンロードできます(PDFが開きます)↓↓
魅力を伝えて仲間を増やそう!情報発信のコツ.jpg

170930魅力を伝えて仲間を増やそう!情報発信のコツ

| 次へ