CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2014年02月 | Main | 2014年04月»
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
タグクラウド
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

杉浦裕樹さんの画像
http://blog.canpan.info/yokohama/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/yokohama/index2_0.xml
社会学者・開沼博さんと考える「自分たちごと」としての持続的復興支援〜「リバース・イノベーション発信地・福島」を実現するために〜 [2014年03月24日(Mon)]

1947430_10152320083151350_1384502021_n.jpg

 東日本大震災と津波によって損壊した東京電力福島第1発電所による放射能の影響を、さまざまな取り組み・学びによって管理しながら復興に向けて歩みを進めている福島県。

 横浜コミュニティデザイン・ラボでは「福島学構築プロジェクト」と連携して、社会学者で福島大学うつくしまふくしま未来支援センター特任研究員の開沼博さんを招き、福島に生きる人たちの声を集め、これからの復興を進める「福島学構築プロジェクト」について知る勉強会を3月24日、さくらWORKS<関内>で開催します。

 開沼さんは、1984年福島県いわき市生まれ。震災前から原子力発電所と地域の関わりについて研究し、震災直前の2011年1月に書き上げた修士論文に加筆した「『フクシマ』論〜原子力ムラはなぜ生まれたのか」(青土社、2011年6月刊)を上梓して注目された若手社会学者。

 今回は、開沼さんが福島大学で取り組んでいる「福島学構築プロジェクト」を首都圏の人たちに知ってもらおうと企画しました。

 このプロジェクトでは、すでに「福島エクスカーション」「福島の人々・2000人インタビュー」などの活動を実施している。福島で暮らす人の声を反映した「生きた復興支援」を持続可能にする仕組みを構想し、企業など多様なセクターと連携して「世界で今、一番課題が山積している」とされている福島だからこそできる「イノベーション」の実現を目指しています。

 勉強会ではまず、開沼さんがこのプロジェクトの前提となっている「福島の現状」について情報を提供する。さらに「福島学構築プロジェクトが目指すゴール」「ゴールを実現するための手法」であるエクスカーション(現地視察)やインタビュー事業について詳しく伺います。

 会場はさくらWORKS<関内>(横浜市中区相生町3)で、時間は18時30分〜21時(開場18時)。料金は1,500円(1ドリンク付)。申し込みはFacebookイベントページから。

https://www.facebook.com/events/545973168849089/