CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2013年12月 | Main | 2014年02月»
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
タグクラウド
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

杉浦裕樹さんの画像
http://blog.canpan.info/yokohama/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/yokohama/index2_0.xml
「ソトコト」編集長、「オルタナ」編集長、「GreenTV」日本代表招きgreen drinks開催 [2014年01月06日(Mon)]

top.jpg

green drinksは「環境」や「持続可能性」をテーマに、世界各国の500都市以上で開催されているコミュニケーションイベントです。
今回のgreen drinks yokohamaは、2014年3月のIPCC第38回総会横浜開催を記念して行われる、「ヨコハマ・エコ・スクール(YES)」の市内18区リレー講座「18区 de YES!」一環として開催します。

会場は、横浜コミュニティデザイン・ラボが運営するシェアオフィス「さくらWORKS<関内>」。

環境メディアを代表する方々、横浜で活動するキーパーソンとの交流を横浜野菜を使った料理と共にお楽しみください。


https://www.facebook.com/events/202695243266432/
1月4日(土)新春初売り@美濃屋あられ製造本舗/ハンナ・アーレント [2014年01月04日(Sat)]

75212_10152102358073750_431772209_n.jpg今日は

美濃屋あられの工場でハッピー・ニューイヤー

ざざっとさくらWORKS<関内>に届いた年賀状の仕分けをしてから、本牧の美濃屋あられ製造本舗工場直売所の新春初売りに足を運んだ。実は美濃屋あられの工場に行くのは初めて。本町4丁目のバス停から市バスの乗ったらすぐでした。

ど根性ホルモン、平本ファーム、永島農園、旅するコンフィチュール、まめクッキー、山茂丸水産、ハンドメイドショップWoo-Byが出店していて、知った顔がたくさんで、ピースな雰囲気。特製豚汁と餃子丼を頂いて、たくさんあられを買いました。

本牧のあのあたりのローカルさは、いい感じ。

ハンナ・アーレント観て考える

事務所に戻って、年賀メール見て、さくらWORKS<関内>のWebサイト更新したり、facebookイベントたてたりした後、ジャック&ベティに映画「ハンナ・アーレント」観にいく。

ハンナ・アーレント(Hannah Arendt, 1906年10月14日 - 1975年12月4日)は、ドイツ系ユダヤ人で、ナチスが政権を獲得しユダヤ人迫害が起こりフランスに亡命。第二次世界大戦で1940年にフランスがドイツに降伏するとアメリカに亡命し、哲学者、思想家として活動した。

映画を観て、まず、日本はヨーロッパとは本当に違った歴史を持つ国だなと思った。
まだやりたいコトがあり、12時過ぎちゃいそうだし、ぱっとうまく書ける気がしないので、続きは後日。

そうそう、映画の前とあとに、ジャック&ベティの下にあるART LAB OVAでヅと話をした。ART LAB OVAとヅはいいな。ガウシャが来てよりパワーアップしたパラダイス会館の今後にも注目。

▽美濃屋あられ製造本舗
http://www.minoya-arare.com/

▽ハンナ・アーレント
http://www.cetera.co.jp/h_arendt/

▽ART LAB OVA アートラボ・オーバ
https://www.facebook.com/artlabova
http://artlabova.org/
M子と三上訓顯教授 [2014年01月03日(Fri)]

screen480x480.jpeg

新松戸の実家から関内に戻り、さくらWORKSで頂いた年賀状に目を通していると、突然、M子がやってきた。
名古屋市立大学大学院芸術工学研究科の三上訓顯教授と一緒に。

M子は横浜コミュニティデザイン・ラボが、BankART studio NYKに一時的に半年間拠点を置いていた2010年に仕事を手伝ってくれていた女性。

大阪に本社を置く株式会社サイネックスの「わが街事典」について話を聞いた。
官と民の連携によるパブリック・プライベート・パートナーシップにより、行政の財政負担を伴わない行政情報の発信を地域事業者の情報提供(広告モデル)により成り立たせる「わが街事典」。
いろいろヒントと気づきをもらいました。

三上先生には、天富園で四川料理をご馳走になりました。
ありがとう。
人は関心を持ちアクションを起こす [2014年01月02日(Thu)]

sky1.jpg
1日の夜から新松戸の実家。
妹夫婦と3歳の姪、5歳の甥とお正月。


端末に触らない1日。
日常、横浜コミュニティデザイン・ラボが取り組んでいるプロジェクトやメディアのことに没頭していると、どうしても発想が偏りがちになる。まちづくりやNPOの世界とは関係のないこと、普通の家庭の日常に触れることで、また違った考えが浮かんで、新しい状況にシフトできる。

人は、関心を持って、アクションを起こす。
関心を持たないとアクションを起こさない。
この簡単なことをもう一度考えてみよう。

今日は終日、子育て中の家族の現場体感。
明日は駅伝見て、ピタゴラスイッチ見て、お母さんと一緒見て、ゲームで遊んで、横浜に戻る。
2014年も「Respect」「Creativity」「Harmony」 [2014年01月01日(Wed)]

スクリーンショット 2014-01-04 03.30.37.png「Respect」「Creativity」「Harmony」
今年もこれでいきたいです。

2006年にシンガポールの小学校を訪問した際に、学校内に掲示してあったスローガン
http://www.flickr.com/photos/sugiura/sets/72157612104785103/show/