CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2009年09月 | Main | 2009年11月»
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
タグクラウド
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

杉浦裕樹さんの画像
http://blog.canpan.info/yokohama/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/yokohama/index2_0.xml
11/3 【横浜ソーシャルベンチャー・ナイト vol.1】〜横浜から社会起業家が次々と〜 [2009年10月28日(Wed)]

11月3日、もしお時間のご都合が付くようであれば、是非ご参加ください。
今回のシリーズ企画の実行委員会は、横浜コミュニティデザイン・ラボと
ユナイテッドピープル社(横浜市中区・関根健司)の2団体で構成しました。

よろしくお願いいたします。  m(_ _)m

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        【横浜ソーシャルベンチャー・ナイト vol.1】
           〜横浜から社会起業家が次々と〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

様々な社会問題を解決するために、事業やイノベーションを起こし
解決しようとする人のことを社会起業家や、チェンジメーカーといいますが、
ここ数年で社会起業家への社会からの期待が高まっています。

ここ横浜でも社会起業家が次々と生まれていますし、
今年からは横浜市が社会起業家を応援・輩出するための事業を開始しています。

横浜から世界へ。
横浜から日本を、世界を変えていくうねりを創ろうではありませんか。

「横浜ソーシャルベンチャー・ナイト」は、
横浜から次々と社会起業家を生み出すためのイベントとして開催します。

社会起業家に関心がある方。社会課題解決に関心のある方。
社会起業を検討中の方など、是非ご参加ください。

<開催概要>−−−−−−−−−−−−−−−−−−−-

【イベント名】横浜ソーシャルベンチャー・ナイト vol.1

【日時】2009年11月3日(火)18:30開場(18:40開演)から20:45

【場所】横浜情報文化センター 情文ホール(横浜市中区日本大通11番地)
地図:http://www.idec.or.jp/shisetsu/s6-jouhou.php4?f=jouhou/3-room2.htm
* みなとみらい線「日本大通り駅」 情文センター口 0分
* JR・横浜市営地下鉄「関内駅」 徒歩10分

【主催】横浜ソーシャルベンチャー・ナイト実行委員会
後援(予定):横浜市経済観光局 協力:ETIC.

【申込】 http://kokucheese.com/event/index/570/ より申込み(先着200名様)

【締切】2009年11月2日23:55

【お問い合わせ】 http://www.unitedpeople.jp/contact/

【内容】

1.4人の横浜出身または横浜ベースの社会起業家の事業プレゼン(敬称略)

○NGO エクマットラ 渡辺大樹
http://www.ekokoro.jp/world/interview/001_watanabe/index.html
http://www.arijigoku.net/?page_id=78
1980年生まれ、横浜市出身。金沢大学文学部卒。
大学時代はヨット部に所属。タイ・プーケットで行われたヨットの国際大会時に
スラムの子どもを見て衝撃を受ける。帰国後1年間バイトで貯めたお金を持ち、
世界最貧国の1つバングラデシュへ。2004年にエクマットラを共同創設。バング
ラデシュの問題はバングラデシュ人の手により解決するべきと考え、現在は顧問
としてバングラデシュで活動を指揮し、エクマットラアカデミー設立に
向けて奔走中。※エクマットラは映画「アリ地獄のような街」を今年制作。
11月から日本では公開開始( http://www.arijigoku.net/ )

※スペシャルゲスト:女優、大塚麻恵 http://ameblo.jp/ohtsuka-mae

○コトラボ合同会社 岡部友彦
http://koto-lab.com/
http://yokohama.hostelvillage.com/ja/index.php
1977年6月 神奈川県生まれ。東京大学大学院建築学修了。2004年から横浜寿町を
拠点に”YOKOHAMA KOTOBUKI STYLE”を展開、地域再生プロジェクトに取り組む。
“モノ”づくりではなく、”コト”づくりからまちづくりをコンセプトに、再可視化
と再価値化に挑戦中。簡易宿泊所を改装したYOKOHAMA HOSTEL VILLAGEや、
街の現状とそこで行われているプロジェクトを分かりやすく紹介した
プロモーションムービー “KOTOBUKI_Promotion”の制作、通常の選挙キャン
ペーンにインスタレーション色を持たせた”KOTOBUKI選挙へ行こうキャンペーン”
などをプロデュースする。第57回横浜文化賞文化・芸術奨励賞。

○Waku-Work 山田貴子
http://web.me.com/yamataka/waku-work/Home.html
1985年生まれ 神奈川県湯河原町出身。
慶應義塾大学政策メディア研究科社会イノベータコース在籍中。
2006年、サイパンで出会ったフィリピン人がきっかけでフィリピンへ。
貧困問題を目の当たりにし、一人で計8ヶ月サバイバル!
フィールドワーク!
そして今年の4月、生まれた環境に関係なく一人一人が夢を見
つけ夢を叶えられる社会を目指し、
現地の若者5人と共にWaku-Workを立ち上げる。
海が好き!太陽が好き!今日もわくわく!

○ユナイテッドピープル株式会社 関根健次
http://www.unitedpeople.jp/
http://digiper.com/interview/article/26.shtml (インタビュー記事)
1976年生まれ 神奈川県藤沢市出身。ベロイト大学経済学部卒業(アメリカ)。
高校卒業後、アメリカの大学へ進学。卒業後、帰国し、主にIT業界に身を
置く。2002年に起業。学生時代に紛争地、パレスチナを訪問したことが
きっかけで、世界の問題解決を目指すソーシャルビジネスを開始。2003年5月に
NGO/NPO支援のための募金サイト、イーココロ!を立ち上げる。2007年より
社会的企業や社会起業家を応援するソーシャル・イノベーション・ジャパン
(SIJ)フェロー。2008年、第2回「ソーシャル・ビジネス・アワード」 にて
マイクロソフト奨励賞を受賞。

2.同4人のパネルトーク

3.横浜の先輩企業からの応援メッセージ

○株式会社大川印刷 代表取締役社長 大川哲郎 様
http://www.ohkawa-inc.co.jp/
2007年度(社)横浜青年会議所副理事長、NPO法人横浜スタンダード
推進協議会副理事長、メディア・ユニバーサル・デザイン協会理事、
横浜のイベントをエコにするネットワーク副会長。印刷を通じて環境や
医療など社会的な課題に取り組む、「ソーシャル・プリンティング・
カンパニー」を目標に活動。 2005年「第8回グリーン購入大賞」大賞受賞。

4.横浜市経済観光局よりメッセージ

【申込】 http://kokucheese.com/event/index/570/ より申込み(先着200名様)
_______________________________
オクトーバーフェスト会場でくるくる関内/ナポリタン [2009年10月11日(Sun)]

今日はこれから根岸森林公園で「ハローよこはま」に参加。ラボのインターン生でフェリスの学生さん達が企画した「親子向けミニコンサート」を楽しんで、お好み焼き「ころんぶす」の出店に間借りする日本ナポリタン学会のナポリタンを食べる予定。


▽根岸森林公園で「ハローよこはま」中区民祭り−親子向けライブも
http://www.hamakei.com/headline/4407/


そして、赤レンガ倉庫で今日から始まるオクトーバーフェストでビールを飲むのだ。
会場では、「くるくる関内」。
関内の飲み屋さん達が大集合する現場に集まります。

▽オクトーバーフェスト会場で「くるくる関内」-飲食店交流が目的
http://www.hamakei.com/headline/4402/

いい天気で何より。
ZAIM一日メディア芸術センター:メディアアートのスペクタクルにグローバルスタンダードはあるのか? [2009年10月10日(Sat)]

12日にクリエイティブクラスター代表の岡田智博さんの企画「ZAIM一日メディア芸術センター」をお手伝いします。

「メディアアートのスペクタクルにグローバルスタンダードはあるのか?」をテーマに話しを伺う聞き手の役を仰せつかりました。

是非来てみてください。

_______________________________
ZAIM フェスタフィナーレ プログラム
「ZAIM一日メディア芸術センター」開催のお知らせ

台風一過、突き抜ける青い空。
みなさまいかがお過ごしでしょうか
クリエイティブクラスターの岡田智博です。

クリエイティブクラスターでは本部オフィスを入居している、横浜の文化芸術拠点"ZAIM"最後の全館イベント「ZAIMフェスタ・フィナーレ」( http://www.yaf.or.jp/zaim-f/ )にあわせて、フェスタ最終日の10月12日(月・祝)に「ZAIM一日メディア芸術センター」をテーマにパブリックイベントをとてもささやかながら開催します。

クリエイティブクラスターのオープンハウスとして、爽やかな秋の日にいちょう並木がきれいな横浜にてお待ちしております。

■ ZAIM一日メディア芸術センター
Webでのお知らせはこちら= http://creativecluster.jp/2009/10/zaim-zaim.html
※ 転送・転載歓迎

□ プログラムA
アーカイブジョッキー&ディスカッション
「メディアアートのスペクタクルにグローバルスタンダードはあるのか?」

国立メディア芸術総合センターや横浜を含め全国各地で起こる国際メディアアートイヴェントの企画など、今、改めてホットなイシューでありジャンルであるメディアアートによるイベントやヴェニューといったスペクタクル。
その中心にあるアルスエレクトロニカを最も継続して取材・紹介しているジャーナリストでありクリエイティブクラスター理事長・岡田智博がその秘蔵映像や写真、それに適度にTubeを取って出しでお送りする、メディアアート本来の魅力を堪能し確認しあう、ライブなアーカイブトークイベント。
※ 10年以上にわたる膨大な取材とリサーチを用いて活きた「メディア芸術センター」を構想するプロジェクト「私的メディア芸術センター」のパイロット企画として開催します


解説・アーカイブジョッキー=岡田智博(クリエイティブクラスター)
聞き手=杉浦裕樹(ヨコハマ経済新聞編集長)

■ 日時 10月12日(月・祝) 16:00-18:00(15:45受付開始)
■ 会場 ZAIM本館 交流サロン http://za-im.jp/

神奈川県横浜市中区日本大通34
JR根岸・京浜東北線「関内」徒歩5分
みなとみらい線(東急東横線直通)「日本大通り」徒歩3分
※ 地図リンク http://fantasista.creativecluster.jp/2008/07/map-of-venue-trafic.html

■ 会費 無料

基本的にはフロアと聞き手が見たいものを上映・解説します

主なトピック
○ 30周年。アルスエレクトロニカ2009最新報告
○ これがアルスエレクトロニカの魅力
○ バルカン民主化を支えたメディアアート
○ インタラクションデザインの魅力=エレクトロカルファンタジスタたち


□ プログラムB
オープンハウス
「おうちで楽しめるインタラクティブアート」

一人一台パソコン+ネット時代、インタラクティブアートも家で楽しめるくらい身近に。そんな身近に楽しめるメディアアートを実際に体感しながら御紹介。

作品選択 岡田智博(クリエイティブクラスター)


■ 日時 10月12日(月・祝) 14:00-15:50
■ 会場 ZAIM本館 交流サロン http://za-im.jp/
■ 会費 無料

本件についてのお問い合わせ = クリエイティブクラスター
e-mail: yokohama@creativecluster.jp

-------------------
OKADA Tomohiro M.A./M.S.
*Director = Creative Cluster, NPO
** http://creativecluster.jp/ - Osaka, Yokohama, Kyoto, Tokyo
*Resercher = Osaka City Univ. Center for Creative City
**Lecturer = Komazawa Univ. / Atomi Univ, Tokyo, JAPAN
***Media Art & Design Critics & Produce / Creative Economics
****Ph.D. Candidate = Tokyo University of Arts

Mail = tomohiro@creativecluster.jp
Global GSM =  +81 9077222690
Address = Suite 1016, Blg 11, 1-9 Shinonome
Koto Tokyo 1350062 JAPAN


横浜ネットコモンズ150サイトプロジェクト [2009年10月10日(Sat)]

最後の「ZAIMフェスタ」開催中のZAIM301で、東京都市大学現代GPプロジェクトを推進する上野教授と研究室の皆さんと「横浜ネットコモンズ150サイトプロジェクト」のミーティング中。

横浜ネットコモンズ150サイトプロジェクト
http://bit.ly/Zloi8

現代GPプロジェクト
ICTによるニュータウンの街作り拠点構築
−web2.0技術の活用による地域情報の集約と地域活動の促進−
http://bit.ly/PYgbI


若手のエンジニアとリアルなフィールドとしての地域とのつなぎ役をラボが担当して、具体的なアクションが始まります。