CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2009年03月 | Main | 2009年05月»
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
タグクラウド
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

杉浦裕樹さんの画像
http://blog.canpan.info/yokohama/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/yokohama/index2_0.xml
「ヨコハマ国際映像祭2009」の記者発表に行ってきた [2009年04月26日(Sun)]

4月25日、ヨコハマ・クリエイティブシティ・センター(旧BankART 1929)で行われた「ヨコハマ国際映像祭2009」の記者発表に行ってきた。

▽「ヨコハマ国際映像祭」の概要が決定―映像コンペ作品募集も
http://www.hamakei.com/headline/3942/

creamPV h246



「街とかかわるプロジェクト」として、レーザーポインタとプロジェクターで建物に光のグラフィティを描く「GRL」や、壁のグラフィティをコマ撮りして映像を作る「BLU」も参加する方向だそうです。

Graffiti Research Lab L.A.S.E.R Tag



MUTO a wall-painted animation by BLU



横浜で始まる新しいスタイルの映像祭、楽しみです。
日産ノートでハコダテに(かきかけ) [2009年04月18日(Sat)]

2匹の巨大クモが海の上でパフォーマンスをしているころ、日本大通り駅を出発。

表参道で、日産ノートに乗り、一路ハコダテへ。
この週末は、ハコダテ。

明日、ハコダテの写真アーカイブ事業に取り組む、未来大の川嶋先生や、渡辺保史さんらと意見交換。



今回の旅は、スコッチこと須子君と、ぶんぶんこと国分くんと3人。
ぶんぶんは、ハコダテで「Goes-around Cafe」というカフェを5月にオープンする26歳の若者。

地域が元気になるカフェをつくりたいそうだ。
会社を辞めて、ソーシャルベンチャー領域に飛び込んだ社会起業家。


日産ノートの車内にAC100Vが取れるインバーターを持ち込んで、ヨコハマ経済新聞の特集記事作成中。

今回の特集記事は「イマジン・ヨコハマ」。
_______________________________

《参考情報》

▽市民参加型で「横浜への思い」を結集してカタチに!
 都市ブランド共創「イマジン・ヨコハマ」とは?(1)
http://www.hamakei.com/column/187/

▽イマジン・ヨコハマが200人でワールドカフェ-横浜都市ブランド事業
  (ヨコハマ経済新聞)
http://www.hamakei.com/headline/3874/


(転送歓迎)
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

 1000人で横浜のはなしをしよう

 ひとりひとりのつぶやきをカタチに。
 5月9日、みんなで横浜の未来を語る
 「1000人ワールドカフェ」開催。
 参加ボランティア、大募集!

 http://imagine-yokohama.jp/volunteer/welcome.html

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

 横浜開港150周年の2009年。新しいプロジェクトがはじま
 りました。「イマジン・ヨコハマ」。それは市民の横浜への想い
 を厚め、市の魅力をもういちど見つめ直す活動。そのひとつが、
 「1000人ワールドカフェ」です。

 4〜5人でカフェのようなテーブルを囲み、横浜らしさや横浜の
 未来のことを気軽に語り合います。3回ほどメンバーを入れ替え
 ていくと、なんだか「1000人全員と話した」気分になれる。

 みんなで集まって自由に語り合う楽しさを、いっぱい体験できる
 忘れられない1日になることでしょう。また、後日その楽しさを
 友人へのインタビューを通して、より多くの市民に伝えるお手伝
 いをお願いします。もっと素敵な横浜を、みんなで創るはじめの
 一歩。横浜好きなみなさんの参加を、お待ちしています。

 ***

 ■「イマジン・ヨコハマ」のボランティア活動内容
 ワールドカフェへの参加・友人へのインタビューの実施

 ■ワールドカフェ開催日/場所
 5月9日(土)/パシフィコ横浜

 ■募集期間:2009年4月中旬まで(予定)
 ■定員:約800人

 ■主催:横浜市
 ■活動期間:2009年5月から9月まで(予定)
 ■待遇:原則無償。
  ただし5月9日ワールドカフェ参加に際して
  一律1000円の交通費を支給します。

 ■年齢:2009年4月時点で15歳以上。

 ★詳細は「イマジン・ヨコハマ」ウェブサイトをご覧ください。
  http://imagine-yokohama.jp
  みなさんのお申し込みをお待ちしています!

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

 ●お問合せ先:イマジン・ヨコハマ事務局(平日:13時〜20時)

  〒231-0011
  横浜市中区太田町2-23 メディアビジネスセンター1F
  tvkニュースハーバー内

  TEL:045-651-0925/FAX:045-651-0975
  E-mail:ask@imagine-yokohama.jp

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
沖縄で社会起業を考える/ルーツの新之介さん/CAFE UNIZON [2009年04月14日(Tue)]

沖縄初日は、NPOちゅらしまフォトミュージアムの写真展とイベントに参加。19時から始まったイベントでは、奄美大島をテーマに、写真家の島尾さん夫婦とNPOの代表のたるけんさんこと垂水健吾さんのトーク。スペシャルゲストは元ちとせさん。

写真の持つ力。場に居合わせること。
ステキに仕上げること。

終了後、NPOの方々と、横浜の写真アーカイブ事業「みんなの写真アルバム」との連携について意見交換。

時間が遅くなるにつれ、話しは、写真のことから、沖縄の話し、人生の話しへと拡大。


2日目は、朝9時半に宿を出て、那覇経済新聞編集長の平良さん一家3人と、玉城村(たまぐすくそん)の百名ビーチへ。

天気も良くて、気持ちよし。島時間を満喫。
http://picasaweb.google.com/yokohamakaiwai/200904110414?feat=directlink

日陰に寝転んで、働き方やライフスタイルについて考えながらうとうと。

2〜3時間の短い時間だったが、有意義な時間。


その後、平良さんの会社「地域情報エージェント」の事務所&コミュニティFM局「タイフーンFM」のスタジオがある建物の1Fのカフェで食事。株式会社ルーツの代表の今津新之介さんが合流して、カフェランチをご一緒する。

ルーツは、宜野湾市にオフィスを置き、若い社会起業家育成のプラットフォームづくりに取り組んでいる。社員は6名。

先月、横浜コミュニティデザイン・ラボで現場をお手伝いした経産省主催の「ソーシャルビジネス全国フォーラム」にも参加して、沖縄での社会起業家支援のプロジェクトについて事例を紹介している。


ランチ後は、平良さんの事務所で、日が暮れるまで横浜市の若者の就労支援の計画書作り。

その後沖縄のファーストフード、A&Wでハンバーガーとルートビアでさくっと夕食。宜野湾に移動。

今年から横浜コミュニティデザイン・ラボのスタッフとして働いている小池舞嬢が仕事をしていたCAFE UNIZONへ。
http://www.cafe-unizon.jp/

ステキなところで、生活していたのね。。



その後、ルーツの事務所へ。ちょうど監査が入るとかで、若手スタッフ5〜6人が土曜の夜だというのにみんなで働いていた。みな、モティベーション高いステキな若者。

夜は、今津新之介さんの家に泊めていただく。

3日目は、終日、首里の地域情報エージェントで、パソコンに向かう。いろいろ行きたいところやお会いしたい人もいるけど、封印してお仕事。


そして本日最終日。
那覇に来た/NPOちゅらしまフォトミュージアム [2009年04月11日(Sat)]

3月上旬からの怒濤の日々が、ちょっとだけ一段落。

今日から3日間、沖縄。

これからRYUBO写真フェスティバル「写真に愛された島、沖縄・奄美」(NPOちゅらしまフォトミュージアムpresents)に行ってきます!

http://event.uruma.jp/detail/175893/


NPOちゅらしまフォトミュージアムさんとは、現在横浜で進行中の「みんなの写真アルバム」プロジェクトで連携させていただこうと、いろいろと調整をしています。

http://www.yokohama-album.jp/



今回は、那覇経済新聞の編集長・平良さんと話す時間もたくさん取れそう。

このあとやってくる須子君も交えて、沖縄オフ。