CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2008年04月 | Main | 2008年06月»
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
タグクラウド
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

杉浦裕樹さんの画像
http://blog.canpan.info/yokohama/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/yokohama/index2_0.xml
Re: 横浜コミュニティデザイン・ラボの活動について [2008年05月29日(Thu)]


最新版のラボ活動案内資料ができましたので、アップします。
旭川。観光情報学会全国大会2008に参加 [2008年05月28日(Wed)]

昨日は、午前中、UDCYの事務局長の松野氏とBankART 1929の2F先端にある事務所で意見交換したのち、昼から、ZAIMでSNSを活用した文部科学省の委託調査事業の打合せに参加。15時過ぎのスカイマーク(片道1万円)で、1時間半のフライトで旭川に到着。旭川寒い。Tシャツ1枚で来たが気温は到着時で9度。

ひさびさに、北大の大内会長他、観光情報学会の方々にお会いする。観光情報学会は、一昨年より会員となっていろいろと勉強をさせていただいている。産業に近い、具体的な都市というフィールドを持った研究会を主体とするちょっとユニークな学会。


今回の大会には、欧州の観光情報の国際学会「IFITT(インターナショナル・フェデレーション・フォー・IT・アンド・トラベル・アンド・ツーリズム)」の理事の方々も参加している。オーストリア・インスブルック市に本部があり、ブラジルや豪州など5カ国に拠点がある。会員はホテル経営やソフト開発を手掛ける企業、大学など30カ国700人。

この国際学会が隔年に1回行っている、世界大会を2009年度に横浜に誘致することと、横浜にも観光情報学会の研究会を立ちあげるための調整が目的で旭川に来た。

▽IFITT
(International Federation for Information Technology and Tourism)
http://www.ifitt.org

▽観光情報学会
http://www.sti-jpn.org/


今日は、全国大会初日。
これから、各地の観光情報学会の研究会の実践と研究の活動報告を聞く。

会場に来る前に立ち寄ったローソンで、「Cafe de 横濱」という横浜ウォーカー・ローソンの共同開発商品を買った。
Re: シネマ・ジャック&ベティを応援! [2008年05月23日(Fri)]


6月21日からスウェーデンの映画やるはずで、それを待ってます。あまりにも先で忘れてしまいそうで困ってます。
みんなの経済新聞ネットワーク」についてご意見・ご要望をお聞かせください [2008年05月22日(Thu)]


ヨコハマ経済新聞も参加している「みんなの経済新聞ネットワーク」について、皆様のご意見・ご要望をお聞かせください。ご協力いただいた方の中から抽選で10名の方に「クオカード1,000円分」を進呈させて頂きます。
https://www.cbase.co.jp/asp/shibukei/?aiKG5sc2eA1pCmB3R1Tc69e
市民が伝える横浜開港150周年〜 「Y150市民広報」を考える公開意見交換会 [2008年05月21日(Wed)]

明日、横浜開港150周年の市民広報を考える、意見交換会を公開型でおこなうことになりました。関心ある方の参加を歓迎します。

====================================
〜市民が伝える横浜開港150周年〜 Y150「市民広報」を考える公開意見交換会
     
        2008年5月22日(木) 中区「ZAIM」にて開催します
  
〜市民広報ボランティア/地域の情報を発見・編集・配信する〜
===============================転送歓迎=

こんにちは。いつもお世話になっております。

あす5月22日、横浜市中区で「市民が伝える横浜開港150周年」をテーマに、
公開意見交換会が行われます。

横浜のSNS「ハマっち!」を運営するイベント創造プラットホーム運営委員会では、
この6月にスタートする「Y150市民参加プラットホーム」を
横浜開港150周年に関連して行われる市民発イベントなどを、取材・発信する
「市民広報」の仕組みについて検討しています。

少しずつ内容が見えてきた横浜開港150周年事業の最新情報や、
「市民メディア」や「地域情報化」の新しい動きの情報などを共有しつつ、
「Y150市民広報」のあり方や具体的なプログラムなどについて、
公開型の意見交換会を行います。

今後の具体的な市民広報の事業を考える関係者を中心とする意見交換会ですが、
インターネットや紙メディアによる横浜開港150周年関連情報の編集・発信に
関心がある方の参加を歓迎します。  どうぞよろしくお願いいたします。

【開催概要】
日 時:2008年5月22日(木)18:30〜20:30    参加費:無料
場 所:「ZAIM」 本館3F ZAIMシアター   横浜市中区日本大通34
主催:イベント創造プラットホーム運営委員会「ハマっち!」運営委員会
後援:横浜市民メディア連絡会

【進行・ゲスト】
18:30 開会
18:35 Y150市民参加プラットホームについて
      (横浜開港150周年協会市民参加事業部部長 名倉直さんより)

18:50 市民の広報ボランティア事業について
   〜情報発信・編集・流通による市民の参加ということ
      (イベント創造プラットホーム運営委員会ハマっち!運営チームより)

19:10 公開ディスカッション:「Y150市民広報」が目指すところ
地域でつながりをつくる/地域の価値を発見する/地域の人に発信する
     =地域の価値を市民が生み出すまちとは?

▽参加者
・原聡一郎さん  
  横浜市民メディア連絡会事務局長、横浜市市民活動支援センター運営委員
  関東ICT推進NPO連絡協議会幹事、市民メディアサミット06事務局長
  ※市民メディア・はまことりの実践経験から、発信に携わったひとは
   どんなふうに変わるか?  市民メディアの国内の最新事例

・坪田知己さん
  日経メディアラボ所長、地域情報化アドバイザー
  慶応義塾大学大学院教授
  ※地域情報化大賞の数多い事例からみえる"まちを元気にする情報化"

・和崎宏さん  
  兵庫県地域SNS「ひょこむ」主宰
  地域情報化アドバイザー、
  ※SNSエンジン”OpenSNP”の開発、SNSとソーシャルキャピタル「増」の相関は?

・庄司昌彦さん 
国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM) 助教/研究員
  地域SNS研究会主宰、第2回地域SNS全国フォーラム in 横浜 実行委員長
  ※ハマっち!とかかわってきた立場から市民広報とSNSの連携

・和田昌樹さん   
  横浜市民メディア連絡会代表、桜美林大学総合文化学群准教授
  ※ネットワーク、つながりをつくる手段としての市民広報とは

 ・イベント創造プラットホーム運営委員会ハマっち!運営委員会メンバー ほか


【Y150市民広報とは】
・横浜開港150周年の情報の編集・配信に自発的にかかわりたいヒトによる情報発信
・具体的には、市民編集部の設置:WEB媒体、紙媒体の編集・発信、講座・セミナー、
 市民放送局:映像・音声コンテンツの制作・配信などを行っていく方向です

<参加登録・詳細情報・地図・問い合わせ先は下記でごらんください>
http://sns.yokohama150.jp/bbs/bbs_list.php?root_key=16662&bbs_id=389&res=121
1331405

以上
きき酒 [2008年05月17日(Sat)]

籠原まで来て、熊谷の権田酒造できき酒大会に出席。
http://www.ksky.ne.jp/~gonda/
第二回巣篭もり [2008年05月17日(Sat)]


インターンシップメンバーの報告・意見交換会「巣篭もり」、第二回は5月17日(土)16:00〜18:00、黄金町「シネマ・ジャック&ベティ」で行います。

オブザーバー参加も歓迎しておりますので、ご都合よろしければ是非お越し下さいませ。

▼MAP
http://www.jackandbetty.net/map.html

Re: 横浜に「市民編集プロダクション」をつくろう! [2008年05月14日(Wed)]


次回のミーティングは17日(土)15時からの予定でしたが、16時スタートで、場所は黄金町の映画館ジャック&ベティの1Fの空き店舗でおこないたいと考えています。詳細は追ってお知らせします。
「かぼちゃロール」を“野獣”さんにいただきました! [2008年05月13日(Tue)]


野獣さん(http://sns.yokohama150.jp/profile.php?key=7367)
に手作りのかぼちゃロールをいただきました!

ありがとうございます!
みなとみらいでマリノスコラボ結婚式−選手のメッセージ映像など [2008年05月13日(Tue)]

 マリノスタウン内イタリアンレストラン「IVI(イービ) ITALIAN RESTAURANT」(横浜市西区みなとみらい、TEL 045-681-8630)は、サッカーJリーグ横浜F・マリノスとのコラボレーションブライダルプランの発売を始めた。

| 次へ