CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«スパゲティナポリタン頂上対決!@ヨコハマNEWSハーバー | Main | 「星を見ていた男・原聡一郎さんを偲ぶ会」»
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
タグクラウド
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

杉浦裕樹さんの画像
http://blog.canpan.info/yokohama/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/yokohama/index2_0.xml
ICT宇都宮地域セミナー [2009年02月20日(Fri)]

昨日は、ミューザ川崎で「第2回映像コンテンツビジネスサロン」に参加。

川崎市の「映像のまち・かわさき」展開もなかなかいい形で動き出していると感じた。

中海テレビ専務取締役の高橋孝之さんの講演と100円CM株式会社の林茂夫さんのお話しが面白かった。

中海テレビの高橋さんも「タネを蒔くヒト」。
懇談会で、地域発の映像コンテンツの流通について意見を伺った。
横浜との連携も具体的に進めていきたい。


100円CMは、川崎に拠点を置く新しい会社。
この取り組みもユニーク。これもまた横浜となにかできそう。

最近、川崎市のいいニュースが目に付く。

     ★      ★

最終便で宇都宮に移動。駅に着くと雪。寒い。

今日はこれから、関東ICT推進NPO連絡協議会の幹事会。

午後は、ICT宇都宮地域セミナー、テーマを「たからものがざっくざく 地域の魅力をどう発信するか」に参加。
横浜の「ハマっち!」と同じOpen-SNPを使っている兄弟SNS、栃木のSNS「e-とちぎどっとこむ」を主催するNPO法人e-とちぎの碓氷事務局長にひさしぶりにお会いする。

http://www.kanto-bt.go.jp/ai/npo/seminar20/seminar20_5.html

特定非営利活動法人e-とちぎ
http://e-tochigi.org/


亡くなった原さんが関東ICT推進NPO連絡協議会の幹事を務めていて、この協議会では、地域のデジタルアーカイブの推進を、今年・来年のテーマにしている。

5月27日には、横浜赤レンガ倉庫でデジタルアーカイブをテーマとする関東ICT推進NPO連絡協議会のフォーラムを行う予定。
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/129382

コメントする
コメント
HNで失礼いたします。
e−とちぎ、sirokumaです。

昨日は、セミナーご参加ありがとうございました。

たいへん未熟な運営で至らない部分も多々あり、心苦しいばかりです。

協議会の方々には、なにを遠回しに延々と話しているのかと疑問に思われたかと思いますが、ローカル・アイデンティティーが否定で確立されている様なところがあり、肯定からはじめることはけっこう難しいのです。

長時間のおつきあいを強いたにも関わらず、とちぎの方々より熱のこもった感想をいただき、意図は伝わったかなと思っています。


まずは、自分たちが実践と、いうところでしょうか。

私自身も、『栃木県民』としての第一歩なのかなぁ… とか、考えています。
※でも、いま、『とちぎけんみん』と打つのに、タイプミス×4… 道は遠そうです。


これからもよろしくお願いいたします。
Posted by: sirokuma  at 2009年02月21日(Sat) 10:04