CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
やまぐち発達臨床支援センターのひろば
幼児期から青年期・成人期と年齢を限ることなく、主に学習支援をしています。障がいがあるないにこだわらず、学習で困っている方にわかりやすいよう、教材・教具を工夫しています。スタッフは、子どもたちが自信を持って元気になってくれたらいいなあという気持ちでかかわっています。
« サンタさんからのプレゼント | Main | あけましておめでとうございます »
HP.gif facebook.png
<< 2019年01月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
プロフィール

やまぐち発達臨床支援センターさんの画像
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
検索
検索語句
http://blog.canpan.info/yhattatsu/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/yhattatsu/index2_0.xml
私たちの励みになる話[2018年12月22日(Sat)]
今回は、Sくんのお話です。


数年前、センターにやってきた男の子。

時間をかけてよく考え、見通しをもって物事に取り組んだりすることが苦手でした。

現在、小学校6年生になり、文集の原稿に彼はこんなことを書き留めました。






『6年になって嬉しかったことが二つある


一つは、勉強ができるようになったこと


僕は勉強がきらいだった


テストで自分が思っている点が取れなくて悲しい気持ちになるから


でもすこしずつ点数が上がってきた


テストで頑張れるようになってきたのはよく教科書をよんで勉強を続けてきたからだと思う


だから今は勉強が楽しい


二つ目は夏休みの宿題で取り組んだ絵ハガキで最優秀賞に選ばれたこと

とても誇らしかったし頑張ったかいがあった

これからもいろんなことに挑戦し、努力を続けていきたい

そしてこれからもたくさんの思い出をつくりたい』






当時、センターでの学習中、苦手な内容があると、「わからん、できーん」と言ってしまうこともしばしばありました。
今では、苦手なところも「やってみよう!できるようになりたい!」と言って取り組む姿も多くみられるようになりました。
行きつ戻りつですが、素敵な環境の中で彼は自分のいろいろな側面を知りながら確実に成長しています。
彼を見守ってきた人たちにとって励みになるようなお話でした。

Posted by やまぐち発達臨床支援センター at 18:14 | こんなことがありました! | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事のURL
http://blog.canpan.info/yhattatsu/archive/98
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1415067
 
コメントする
コメント