CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
やまぐち発達臨床支援センターのひろば
幼児期から青年期・成人期と年齢を限ることなく、主に学習支援をしています。障がいがあるないにこだわらず、学習で困っている方にわかりやすいよう、教材・教具を工夫しています。スタッフは、子どもたちが自信を持って元気になってくれたらいいなあという気持ちでかかわっています。
« 園芸シリーズ第二弾!! | Main | 2018年 夏セミナー始まるよ »
HP.gif facebook.png
<< 2018年11月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
プロフィール

やまぐち発達臨床支援センターさんの画像
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
検索
検索語句
http://blog.canpan.info/yhattatsu/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/yhattatsu/index2_0.xml
今年度最初の臨床研開催[2018年06月23日(Sat)]
本日、当センターにて臨床研が行われました。

今回のテーマは「日々の困り感について」
その中で話題に上がったのは・・・

「ゆっくりが難しいってどういうこと?」
例えば、読まずにすぐやってしまい間違える・・・そんな時はスリーヒントクイズなど
何よりも体でゆっくり覚えさせること、そして相手に合わせることが大切

「先生の困り感について」
例えばやるべきことを指示しても
自分は何をするのかがわからない or 答え方がわからないなど
この場合は、要点をとらえることが苦手。つまりまずは一文(だれ、どうしたなど)が抽出できないといけない

「見通しの重要さ」
苦手なことができた、目に見えるご褒美
恐怖感もあるができたら、その先のこと(どんな楽しいこと)が待っているかが分かるとやる気が出るかも
そしてスモールステップでほめていくこと
例えば牛乳が嫌い
牛乳パックを触れたら褒める
牛乳瓶のフタを開けれたら褒める
フタを舐めたら褒めるなど
些細なことでもいいので褒めてあげましょう
IMG_5042.JPG
【臨床研の最新記事】
Posted by やまぐち発達臨床支援センター at 17:20 | 臨床研 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事のURL
http://blog.canpan.info/yhattatsu/archive/78
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1369404
 
コメントする
コメント