CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«パラオ海洋保護区の行方 | Main | 海洋問題ー太平洋島嶼国のプロパガンダとレトリック»
プロフィール

早川理恵子さんの画像
早川理恵子
プロフィール
ブログ
<< 2017年07月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
Google

Web全体
このブログの中
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
パラオのシーシェパード、日本大使館の対応に疑問 [2017年03月22日(Wed)]
ま、まじで在パラオ日本大使館大丈夫だろうか?
下記の記述を同大使館の2016年10月のサイトに見つけた。シーシェパードと名前を出して、しかもワトソン君が発案者のシーシェパードリーガルが、あのシーシェパードと関係ないってわけないよね。
外務省大洋州課大丈夫だろうか?
私は、在パラオ日本大使館は気づいていてもうまく対処できていない、位に思っていたが「関係性のない団体」というのを鵜呑みにしているのだろうか?きっと私が何か誤解してるんですね。
http://www.palau.emb-japan.go.jp/itpr_ja/00_000107.html

・パラオ国家海洋保護区事務局,シーシェパード・リーガルからの司法訓練を受講予定
パラオ国家海洋保護区事務局は,海洋保護に献身する法律家で構成された非営利組織であるシーシェパード・リーガル(Sea Shepherd Legal)から司法訓練を受ける。受講時期は未定であり,パラオ弁護士会(Palau Bar Association)とパラオ国家海洋保護区事務局によると,シーシェパード・リーガルはシーシェパードとは関係性のない団体とのこと。
コメントする
コメント