CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

早川理恵子さんの画像
早川理恵子
プロフィール
ブログ
<< 2017年08月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
Google

Web全体
このブログの中
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
水産行政とは? [2017年08月24日(Thu)]

ニュージーランドの第二位の水産業者シーロードの成功は日本のニッスイの支援があってこそ。



「水産行政がこれでいいはずはない、そう思いませんか?」

下記の記事を書いた産経の記者からこんなコメントをいただいた。

2017.8.22【主張】クロマグロ 長期的視野で対策主導を
http://www.sankei.com/economy/news/170822/ecn1708220005-n1.html


「水産行政」とは何か?水産資源と共に漁師さん、水産業を守る事である、と水産庁の方から私は教えてもらった。
まさに毎日水産行政に人生を、命をかけている方だ。

そんな、日本の水産行政の国内、国外とのさまざまな交渉も身近に拝見する機会もいただいた。漁業大国日本は日本の漁業を守り、世界の漁業を主導していく立場にあるのだ。
百年以上前に、遠洋漁業を始めたのはハワイや太平の島に渡った、瀬戸内海や和歌山の漁師さんたちなのだ。

戦前、農林省の一部局だった水産局は戦後水産庁になり、GHQから水産省にしなければだめだ、とまで言われていたのである。それほど日本の海洋外交にとって重要な組織である。
水産庁叩きも批判も重要だが、水産資源科学を知らない海外のNGOの主張をそのまま鵜呑みにしたり、歴史も文化も違う海外の漁業構造と簡単に比較してはいけないのだ。この記者が漁業先進国と言っているニュージーランドは日本のニッスイが入っているからこそ、世界にマーケットを持ち成功している。国内消費は少ないのだ。

とりわけ、遠洋漁業の経験のない島嶼国は権利を叫ぶだけで海洋開発、管理はできない。パラオやキリバスのメガ海洋保護区はペーパーでしかなく、海洋法条約上も疑義があるし、科学的調査を欠いた水産資源管理とは関係ない案である。それよりも便宜置籍船などで、台湾や中国の漁船の漁獲量を増やしている。

こういう事は数年かけて、色々な資料を読み込んで、色々な立場の人の意見を聞かないとわからない事である。


ニッスイだけでなマルハやイマナカという日本に水産業者がニュージーランドの水産業を支えている。
THE INVESTOR’S GUIDE TO THE NEW ZEALAND SEAFOOD INDUSTRY 2017
http://www.mbie.govt.nz/info-services/sectors-industries/food-beverage/documents-image-library/folder-2017-investors-guides/investors-guide-to-the-new-zealand-seafood-industry-2017.pdf
BBNJ PrepCom4 ー equity・公平(追記あり) [2017年08月23日(Wed)]
太平洋島嶼国始め途上国から提案されたが、最終報告にはない原則の一つが ”equity・公平” である。シュタイン博士の平等原理を読んだ後だったの妙に記憶に残った。

コスタリカとエリトリアが支持。米国、日本が反対。
CARICOM, PSIDS, LDCs and the High Seas Allianceが ”inter- and intra- generational equity”を強調。米国が反対。
”inter- and intra- generational” とはなんであろう?*

アフリカグループがCBDに沿った“fair and equitable benefit-sharing”を提案。
BBNJとCBDとの関連を坂元教授が議論されているので、これは近々紹介したい。

日本はequity が原則として含まれる事の重要性が理解されるべきであると注意(note)している。 "equity" って何?というのはまさにルソーやシュタイン、バークが議論しているのでここは気になる箇所であった。

Equity:
Costa Rica, supported by Eritrea but opposed by the US and Japan, called for including equity. CARICOM, PSIDS, LDCs and the High Seas Alliance underscored inter- and intra- generational
equity, opposed by the US. The African Group proposed adding “fair and equitable benefit-sharing” in line with the CBD. Japan noted that the consequences of including equity as a guiding principle need to be better understood.
http://enb.iisd.org/download/pdf/enb25141e.pdf より

他に equity が出て来る箇所を記録しておく。BBNJのbenefit-sharingに関連して出て来ている。

Indonesia emphasized: inter-generational equity, and fair and equitable benefit-sharing; common concern of humankind; and respect for national jurisdiction over the outer continental shelf.

CARICOM emphasized inter-generational equity and benefitsharing by closing the marine science gap.

LDCs suggested “promoting effective and meaningful partnerships for MSR and economic exploration in ABNJ, and underscoring equity.”

The FSM emphasized that: access and benefit-sharing are two essential elements that should be reflected in benefit-sharing modalities; benefit-sharing must be fair and equitable, not nominal; and
a future review mechanism under the ILBI could also assess fairness and equity in benefit-sharing. Japan and the US opposed reference

*豪州のウーロンゴン大学のサイトにIntragenerational Equity と Intergenerational Equityを簡単にまとめているウェッブがあった。下記にコピーしておく。


<Intergenerational Equity>

Intergenerational equity is a concept that says that humans 'hold the natural and cultural environment of the Earth in common both with other members of the present generation and with other generations, past and future' (Weiss, 1990, p. 8). It means that we inherit the Earth from previous generations and have an obligation to pass it on in reasonable condition to future generations.

The idea behind not reducing the ability of future generations to meet their needs is that, although future generations might gain from economic progress, those gains might be more than offset by environmental deterioration. Most people would acknowledge a moral obligation to future generations, particularly as people who are not yet born can have no say in decisions taken today that may affect them.

There are two different ways of looking at the need to ensure that future generations can supply their needs. One is to view the environment in terms of the natural resources or natural capital that is available for wealth creation, and to say that future generations should have the same ability to create wealth as we have. Therefore, future generations will be adequately compensated for any loss of environmental amenity by having alternative sources of wealth creation. This is referred to as 'weak sustainability'.

The government's ESD working groups have argued that, unless substantial change occurs, the present generation may not be able to pass on an equivalent stock of environmental goods to the next generation. This would be due to three factors:

Firstly, the rates of loss of animal and plant species, arable land, water quality, tropical forests and cultural heritage are especially serious. Secondly, and perhaps more widely recognised, is the fact that we will not pass on to future generations the ozone layer or global climate system that the current generation inherited. A third factor that contributes overwhelmingly to the anxieties about the first two is the prospective impact of continuing population growth and the environmental consequences if rising standards of material income around the world produce the same sorts of consumption patterns that are characteristic of the currently industrialised countries. (ESD Working Group Chairs 1992, p. 10)
The other way is to view the environment as offering more than just economic potential that cannot be replaced by man-made wealth and to argue that future generations should not inherit a degraded environment, no matter how many extra sources of wealth are available to them. This is referred to as 'strong sustainability'.

Source: Sharon Beder, The Nature of Sustainable Development, 2nd edition, Scribe, Newham, Vic.,1996.
https://www.uow.edu.au/~sharonb/STS300/equity/meaning/integen.html より


<Intragenerational Equity>

Intragenerational equity is concerned with equity between people of the same generation. This is separate from intergenerational equity, which is about equity between present and future generations. Intragenerational equity includes considerations of distribution of resources and justice between nations. It also includes considerations of what is fair for people within any one nation.
https://www.uow.edu.au/~sharonb/STS300/equity/meaning/intragen.html より


環境と平等に関してはブルントランド報告書にある、という。
"Equity as a concept is fundamental to sustainable development. The Brundtland Commission's definition of sustainable development is based on intergenerational equity: 'development that meets the needs of the present without compromising the ability of future generations to meet their own needs'"
https://www.uow.edu.au/~sharonb/STS300/equity/meaning/index.html  より
パラオ米軍の空海監視レーダー施設設置計画 [2017年08月22日(Tue)]
先般の米軍のレーダー基地をパラオに設置する協議内容がパラオ大統領府から発表

パラオの空海の監視のためのレーダー施設。
10月26日ハワイの会議で最終合意。米パラオ共同記者発表がある、という。

Air and Maritime Domain Awareness Radar Systems (the “ADA” and “MDA,” respectively). The United States Department of Defense proposes to install the radar systems, which include air and maritime domain awareness radar towers arrayed at sites along the Palauan archipelago, to monitor air and maritime traffic in the vicinity of Palau. The radar systems will provide Palau enhanced maritime law enforcement capability in its territorial waters and exclusive economic zone while also providing the United States with greater air domain awareness for aviation safety and security.


BBNJ PrepCom4 ー Adjacency・隣接性 [2017年08月22日(Tue)]
BBNJの議論 PSIDSが伝統知識とセットで主張しているのがAdjacency・隣接性だ。
この隣接性議論、どこかで読んだ記憶が。。
もし隣接性が優先されると内陸開発途上国(Landlocked Developing Country, LLDC)に不利になるという議論だったような気がする。

PSIDSとニュージーランドが支持し、反対は米国、シンガポール、韓国、スイス、中国。
クック諸島が最近議会を通過した「マラエモアナ海洋保護区」の国家管轄権内にABNJの影響がないように、と主張しているのが興味深い。(下線)

最終報告書にはAdjacencyという言葉はなかった。


Vol. 25 No. 141 Online at: http://enb.iisd.org/oceans/bbnj/prepcom4/ Monday, 24 July 2017
PrepCom 4 FINAL 10-21 JULY 2017
The fourth session of the Preparatory Committee http://enb.iisd.org/download/pdf/enb25141e.pdf

Adjacency: PSIDS, supported by New Zealand, and opposed by the US, Singapore, the Republic of Korea and Switzerland and China, requested including the adjacency principle to address the interests of adjacent coastal states, with the Cook Islands stressing that activities in ABNJ should not impact activities within national jurisdiction, illustrating the recent designation of the Marae Moana marine park. The Philippines requested inclusion of adaptive management, adjacency and connectivity as principles, emphasizing consultation with adjacent coastal states. Mauritius, with the Philippines, stressed best scientific advice and the need to ensure that ABMTs are designated in consultation with adjacent states. Samoa supported adjacency and, with Chile, compatibility. Japan argued that compatibility could undermine respect for states’ sovereign rights. China reiterated the principle of due regard, which Argentina considered vague. The African Group preferred “due diligence” instead of “adjacency.” Australia, supported by Norway, highlighted that adjacency is referenced in relation to ABMTs, but could apply in other areas of the ILBI. Senegal recommended including connectivity as a separate approach, with Guinea also proposing transboundary cooperation.
トンガ貴族と麻薬シンジケート [2017年08月22日(Tue)]
1324051200000.jpg



豪州ビショップ外相が対太平洋島嶼国政策で取り上げた1.5トンのコカイン。
トンガ沖でフランス海軍が拿捕した。トンガには海軍があるし、法執行機関は何をしていたのでだろう?

この地域の専門家との夕食の席での会話。
私「1.5トンのコカインって、もしやトンガ人が関係しているのではないかしら?」
客「あったりまえじゃない。トンガ、サモアが麻薬国際シンジケートに関与しているのは有名な話。カリフォルニア刑務所の3分の一はサモアやトンガ人。みんな米国に移民してメキシコギャングの下で働くようになるのさ」
私「え、え、え〜」とただただ驚きの声しかあげられなかった。
客「モルモン教が一つの鍵でね。知ってると思うけどモルモンはポリネシア地域で強い影響力を持っている。奨学金やらなんやらで多くのサモア人やトンガ人がソルトレイクシティやハワイに行くわけ。ハワイにはポリネシア文化センターというモルモンがやっている施設があるよね。そこで犯罪に染まって行く。そして麻薬の国際シンジケートとの関係ができ、サモア、トンガは経由として利用さているんだ。」
私「そこからオーストラリアへってわけ?」
客「それが、ニュージーランドに入る量の方が大きい。」
私「なんでそんな事知ってるの?何か情報にアクセスできる特別はポジションを持っているとか。。」
客「ハハハ。関心があっただけで、凡てニュースに載ってる情報だよ。」

そうなんだ。このブログに書いている情報もほぼパブリックアクセスができるニュースや報告書で、私が特別な情報にアクセスできる、特別なポジションにあるわけではない。意識がどこにあるか、ないかの違い。

早速ウェッブサーチしてみたら、2011年の記事でトンガ貴族Lord Tu'ilakepaが南米の麻薬国際シンジケートに関与していたという記事を見つけた。

Tongan Speaker helped drug team, say police
http://www.smh.com.au/national/tongan-speaker-helped-drug-team-say-police-20111216-1oyrg.html

興味深いのはこのLord Tu'ilakepaが今年警察の腐敗を非難している事だ。2017年2月の記事。
CORRUPTION IN POLICE NEEDS TO BE EXPOSED, SAID LORD TU’ILAKEPA
Radio & TV Tonga, Nuku’alofa, 07/02/2017
http://www.tonga-broadcasting.net/?p=5604

パラオのレメンゲサウ大統領も過去に横領かマネロンで有罪になっているが、その後2回も再選したので驚く事ではない。小島嶼国、人材が限られているし、皆親戚、お友達なのだ。
昨年の2回目の再選は大ウソ事業のメガ海洋保護区の支援を世界中から受けた功績と言ってもいいであろう。


米領サモアで麻薬取締が強化される、との下記ニュースもこの国際シンジケートの一部なのかもしれない。

Reinforcements for American Samoa anti-drug unit
17 August 2017
http://www.radionz.co.nz/international/pacific-news/337373/reinforcements-for-american-samoa-anti-drug-unit


これが小島嶼国の、self-determinationの現実だ。
サイパンの年金破綻が招くカジノ・チャイナマネー(追記あり) [2017年08月22日(Tue)]
朝日グローブがサイパンのカジノを記事にしたようだが、何も取材がされていないし、問題の核心に触れていない。わざと、であろうか?忖度したのか?

サイパン政府がカジノに手を出して、中国のマネロンの楽園となっている本当の原因はサイパンの年金破綻なのです。これはNHさんから情報を提供いただいた。公開の資料であるが教えてもらわなければ知ることはないような情報である。

TITLE 4: ECONOMIC RESOURCES
DIVISION 2: TOURISM
§ 2301. Exclusion from Gambling Prohibition
https://www.cnmilaw.org/pdf/cmc_section/T4/2301.pdf

Section 1. Findings and Purposes. 目的は年金の不足分を補うため、と明記してある。
下記が年金に必要な予算。2014年は20ミリオンしかなく5ミリオン不足とも。

Fiscal Year 2014 $25 million
Fiscal Year 2015 $27 million  
Fiscal Year 2016 $30 million   
Fiscal Year 2017 $33 million  
Fiscal Year 2018 $45 million  

2019年以降は1ミリオンずつ減るらしいが、優秀な若者がサイパンを離れ税収が見込めない。で、しかたなくカジノ解禁という決断をサイパン政府がしたのである。

この年金問題、パラオや他の島嶼国も同様である。島嶼経済の特徴としてMIRAB経済というのがあるが、移民、送金、援助、官僚が現金を得る唯一の方法。(最近は観光とか他のモデルも提案されている)民間産業が少ない島嶼国の人口の多くを占める官僚の影響が島嶼社会では大きい。彼らの年金対策こそ、島嶼政治の中心課題と言っても過言でないだろう。

海洋法条約無視、水産資源管理の科学的見地無視のパラオのメガ海洋保護区の目的は信託基金の設置でこの一部は破綻寸前か破綻しているパラオの年金の補給である事はニュースにも書いてあるし、皆が知っていることなのだ。
海を守れ、なんて大ウソ。これを見抜けない海洋専門家がわんさといて支援しようとして事の方がニュースであろう。

そもそも数万人、数十万人で国家、自治区を形成しようという事自体に無理がある。EHCarrは小国の民族自決に関して、経済と安全保障は小国では無理であると「平和の条件」で議論しているが、年金始め、教育、医療、福祉全体も含めるべきだ。

self-determination! 民族自決! 
元をただせばレーニン、ウィルソンのレトリックなのです。これはアントニオ・カッセーゼ博士の議論だ。

<追記> サイパンー破綻は年金だけではない。破綻国家ならぬ破綻自治領。
問題はサイパンが安全保障上重要な島である事だ。貧しさは何処とでも、誰とでも手を組む。

CNMI utility needs huge capital input over next 10 yrs
18 August 2017
http://www.radionz.co.nz/international/pacific-news/337483/cnmi-utility-needs-huge-capital-input-over-next-10-yrs
米国、パラオの離島にレーダー基地を検討 [2017年08月21日(Mon)]
パラオのメディアからの情報だ。FBで公開。

米国とパラオが秘密会議をもち、軍事目的のレーダー基地をKayangel, Ngaraard, Ngardmau, Angaur, Sonsorol, and Hatohobe、のどこかに設置する計画との事。

この秘密会議自体、驚きだが、こういう情報が非公式で流れるという方が驚きである。
だれでもアクセスできるFB上での情報だ。島嶼国で情報管理はできない。
勿論中国対策であろうし、中国はこの情報にアクセスしているであろう。
知らないのは日本だけ、という可能性がない事を祈る。


Ongerung Kambes Kesolei
9時間前 ・
Teams of Palau and U.S. officials held secret talks last week at an undisclosed location on island of a possible installation of military-use radars on five locations around Palau. Areas of interests are Kayangel, Ngaraard, Ngardmau, Angaur, Sonsorol, and Hatohobei. Content of the meeting hasn't been made public yet by the Palau government.
沖縄独立と大和魂 [2017年08月21日(Mon)]

【訂正版】特別番組「コミンテルンの謀略と日本の敗戦」江崎道朗 上念司【チャンネルくらら・8月6日配信】


このブログがきっかけでお世話になっている評論家江崎道朗氏の新しい本の紹介がYouTubeであった。
戦前の社会は、保守自由主義 vs 右翼・左翼全体主義 に分けられるという。本はまだ読んでいない。
伊藤隆先生は ー 進歩(欧化)<ー>復古(反動)とう横軸に革新(破壊)<ー>漸進(現状維持) という縦軸を重ねる事を提案しているが、これに近いのではないだろうか?

そこで以前から気になっていた、沖縄独立運動を主導する龍谷大学松島泰勝先生の「振れ」を思い出した。
松島先生、パラオと北マリアナ諸島で、外務省の専門調査員をされていた関係で、当方が企画運営していた「やしの実大学」事業に協力もしてもらい、よく存知あげている。

ところが松島先生が2005年に東京財団から下記の報告書を出し、驚いてしまった。
大和魂がミクロネシアの開発に必要であるという提案をしている。

日本とミクロネシア諸国との関係強化に向けた総合研究
松島泰勝 東海大学助教授
http://nippon.zaidan.info/seikabutsu/2005/01032/pdf/0001.pdf


下記の目次だけで十分であろう。インタビューの手法も疑問だし、どういう基準でこれを書かれたのか?また東京財団はどういう趣旨でこの事業を進めたのか?

第6章 日本とミクロネシア諸国との関係強化に向けた政策提言 --------44
第1節 大和魂文化圏の発展 --------------------------------------------------44
第2節 大八嶋経済圏の形成 --------------------------------------------------45
第3節 海の生命線に基づいた海防政策の実施 ----------------------------------47


松島先生の沖縄独立運動の理論を知らない。だからミクロネシアに大和魂を勧める事と沖縄独立がどのようにつながるのか?もしくは振れるのわからない。そもそもこの東京財団から出したペーパーには「大和魂」の定義も議論もない。
松島先生の沖縄独立とミクロネシアの大和魂はどこかで繋がっているとすれば、それは江崎さんが言う「右左の全体主義」という見解ではなかろうか。変化を求めるが責任は持たない。
松島さんを知る八重山諸島の知人達は同様に松島さんの事を心配していたし、日本から独立なん有り得ないと言っていた。沖縄が独立すれば、八重山諸島などの離島が一番苦労をする。
まさに弱者切り捨ての提案なのだ。
書評ー"Self-determinable Development of Small Islands " [2017年08月21日(Mon)]
08_big.jpg


昨年琉球大学から出版された本の書評があった。

Self-determinable development of small islands by Masahide Ishihara, Eiichi Hoshino and Yoko Fujita (Eds.) (reviewer: Thanasis Kizos).
Vol. 11(2) (Nov 2016) Island Studies Journal – ISSN: 1715 – 2593
http://www.islandstudies.ca/node/479


本ができた背景は下記のブログに書いたが、2013年に大城学長から笹川会長に協力依頼があった「島と海」の会議の成果物でもある。


書籍出版のご案内 "Self-determinable Development of Small Islands "
http://blog.canpan.info/yashinomi/archive/1557


テーマの相談を琉球大学の藤田教授から受け、当方はself-determonationを提案したが、そのままタイトルに使用されているのは驚いた。しかし中身がself-determonationとは離れている論文が多かったようで、評者のThanasis Kizos博士(University of the Aegean)はその事を何度も批判している。
藤田教授からself-determonation議論を相談された事はなく、彼女はその複雑議論を認識しないまま出版を進めたのであろう。
評者のKizos博士は私の章だけ"gem"宝物と褒めてくれている。

5004f7aa.jpg


きっといい人に違いない、と思うのは褒められたら当たり前の心情ではないでしょうか?
さっそくUniversity of the Aegeanはどこじゃいな?とさがしたらギリシャのレスボス島にある。しかもトルコの直ぐとなり。いつか行ってみようかしらん?と、観光サイトを探すと、レズビアンと難民の話が。。

下記の難民のルポを読んだ。
太平洋のマヌス、ナウルどころではない悲惨さで大量の難民の問題を抱えている。
Kizos博士が書評の中で、沖縄は犠牲者だと議論しているらしい章に対し評価が厳しいのは、こんな現実をご存知だからなのかもしれない。
それにしても国家がまともに運営されている、という事がどれだけ貴重な事なのか。

「現地で見た難民押し寄せるギリシャ「監獄島」のリアル60万人が流れ着いたレスボス島の「金網の中」」
http://wedge.ismedia.jp/articles/-/9348
博論のアクセス [2017年08月21日(Mon)]
今年受理された当方の博士論文はオープンアクセスにしてある。
先日、そのウェッブサイトを見たら統計がある事が判明。

https://ourarchive.otago.ac.nz/handle/10523/7139/stats

ダウンロードは233件
ページビューは620件

であった。

国別の統計もあり多い順に
Fiji 44
United States 40
Vanuatu 31
New Zealand 16
Japan 14
South Korea 7
Papua New Guinea 7
China 6
Solomon Islands 6
Australia 5

USPNetとPEACESATそしてバヌアツのケーススタディを取り上げたので上位3位は納得。
韓国7件、中国6件というのが気になる。開発とは何を書いているので参考にしてもらえるといいのだけれど。。


ここでセクハラの話に変わる。
博士論文を女性が書くのは、男性陣には耐えられないらしい。
私より2、3世代上の女性陣だと、教授と寝たんだろう、と平気で言われたそうだ。
私は主人に書いてもらったんだろう、と既に何人かに言われた。主人は考古学者で情報通信や開発学は音痴なのよ。英語をかなり助けてもらったが、勝手に内容を変えるので夫婦喧嘩が絶えなかった。

おじさん、おばさん、下衆の勘ぐりをする前に勉強した方が、イイヨ。
悔しかったら勉強してみろ。
| 次へ