CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
見どころいっぱい、平和島3公園マップが完成 [2016年01月16日(Sat)]

1601heiwajima1.jpg
平和島駅周辺には、平和の森公園、平和島公園、大森ふるさとの浜辺公園という、表情の異なる3つの公園があります。
このたびこれらを1つのリーフレットで紹介した「3つで1つの公園」ができあがりました。
続きを読む・・・
Posted by やるおた編集部 at 22:44 | 自然 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
4年目の「さっと」は今 [2015年10月18日(Sun)]

 以前、やるじゃん!おおたでは、南相馬市の精神障害者移動支援事業、「さっと」を紹介しました(2012年5月22日記事「移動支援で南相馬と大田の市民団体がコラボ」)。立ち上げから4年がたち、現在はどうなっているのか、8月30日に行われた報告会から現状を聞くことができました。
1508satto1.jpg
第19回共生共走5時間リレーマラソン大会のプレイベントとして開かれた「原発事項被災地で生きる−南相馬市障害者移動支援のこれまでとこれから−」。リレーマラソンでは第15回から毎年、震災や障害者防災を考えるプレイベントを開催している。
続きを読む・・・
こらぼ夏まつりに人形劇がやってきた [2015年09月20日(Sun)]

 8月23日、こらぼ大森夏まつりにて、小さな人形劇の上演会が開かれました。人形を操るのは、福島県で農業を営む大河原多津子さん、伸さん夫婦。こらぼ夏まつりの協力団体である「くぅ〜の東北」に商品を出荷している縁で、この日のために福島からやってきました。
150823korabo2.jpg
続きを読む・・・
市民がつくる映画上映会 大田区で開催中 [2014年09月06日(Sat)]

 多くの人に気軽にドキュメンタリー映画を観てもらおうと、市民が定期的に上映会を開く取り組みが始まっています。実施の中心は、大田区の生涯学習を考える「3わ会」、そのほかに食の安全や環境など、暮らしにかかわる身近なことに関心のある人たちが協力しています。きっかけは、映画「モンサントの不自然な食べ物」の上映(2012年12月「食の安全と企業独占とTPP 蒲田で上映&トーク」)、その翌年には「バレンタイン一揆」を上映しました。
続きを読む・・・
Posted by やるおた編集部 at 06:52 | 集う | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
平和を考える映画上映会−8月24日(日)『ザ・デイ・アフター・ピース』 [2014年08月17日(Sun)]

8月24日(日)、大田区消費者生活センターにて、「ピースデー(国際平和デー)」を作った男のドキュメンタリー、『ザ・デイ・アフター・ピース』が上映される。主催は「3わ会・耕す人びと大田」。
イギリスで俳優をしていたジェレミー・ギリ(Jeremy Gilley)は、ある日、ニュースを眺めていたとき疑問に思った。
「なぜ人は殺しあうんだろう。戦争や紛争はなくならないんだろう?」と。
一日でもいいから、戦争のない日をつくろうと思い立った彼は、国連に乗り込み、ダライ・ラマ法王からも支持を得て、次々と世界の首脳と会い、2001年9月7日、ついにピースデーの採択を実現させる。
しかし奇しくもそれは、9.11同時多発テロの4日前の出来事だった。
9.11当日、ニューヨーク国連本部の広場でセレモニーの準備をしていたところに、 ワールド・トレード・センターが崩れ落ちた。誰もがピースデーなど無理だと言ったが・・・
=======================================
映画上映会『ザ・デイ・アフター・ピース』(2008年イギリス、81分)

と き 8月24日(日)10時〜、14時〜、19時〜
ところ 大田区消費者生活センター(大田区蒲田5-13-26-101)
料 金 800円、学生・障害者500円(10時の回は保育あり:1000円、1歳半以上、要予約)
主 催 3わ会・耕す人びと大田
担 当 向達(コウダツ) TEL:090-7256-3412
 e-mail:soukichi520@docomo.ne.jp
=======================================
Posted by やるおた編集部 at 23:56 | イベント情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
親子で楽しめる絵本サロン、毎日オープン [2014年02月22日(Sat)]

 JR大森駅の近く、Luz大森3階に、絵本サロン「つながるこそだて えほんの広場」があります。運営は読み聞かせボランティア交流会「ヒッポ」。月曜日を除く午前11時から午後5時まで毎日開いており、「ヒッポ」スタッフが交代で常駐しています。
1402hippo1.jpg
続きを読む・・・
Posted by やるおた編集部 at 23:17 | 憩う | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
Luz大森で東北復興支援イベント開催 [2014年02月18日(Tue)]

1402touhoku_main.jpg
 2月11日、Luz大森3階「えほんの広場」隣のスペースでは、東北復興支援イベント「つながろう!東北!」が開かれました。「えほんの広場」を運営する近藤真奈美さんの呼びかけにより、「くぅ〜の東北」「エセナおおた」「ともに描くプロジェクト」が出展、物品販売や絵を使ったワークショップを行いました。
 「食」をキーワードに東北を応援しようと活動する「くぅ〜の東北」では、味噌やお菓子など現地企業が作る「美味しいもの」に加え、東北各地の仮設住宅で作られた手作りの手芸品なども販売、道行く人の関心を集めていました。

1402touhoku1.jpg1402touhoku2.jpg1402touhoku3.jpg

(写真左から)1.「くぅ〜の東北」メンバー 2.「ともに描くプロジェクト」ワークショップ 3.仮設住宅の手作り品に足を止める人々
ヘルパーになった社会福祉士(1) [2014年01月30日(Thu)]

 目黒区に社会福祉士事務所を開設して暫く経過し、より地域に根差しかつより最前線のご意見を伺いたいと思い、ホームヘルパー事業を開始しました。平成8年に老人ホームの営業となり、遠足や運動会の手伝いをしたり、ピンチヒッターで夜勤に入った事はありましたが、自分一人だけでサービスを行うと言うのは18年間で初めての挑戦でした。
続きを読む・・・
Posted by やるおた編集部 at 23:28 | コラム | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
市民後見の現場から [2013年11月14日(Thu)]

 2011年度、全後見に占める市民後見人の割合はわずか0.3%、そのような中、品川区ではこれまでに47件の市民後見が成立しています。その実施団体の1つ、NPO法人東京市民後見サポートセンターを取材しました。
続きを読む・・・
Posted by やるおた編集部 at 23:48 | 学ぶ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
「障害の社会モデル・骨格提言・総合支援法」ってみんなが興味なさげな話を 地域でちゃんとシェアしよう!9・7集会 [2013年10月15日(Tue)]

 2013年9月7日(土)、大田区消費生活センター大集会室にて、福祉フォーラム城南が主催する『「障害の社会モデル・骨格提言・総合支援法」ってみんなが興味なさげな話を地域でちゃんとシェアしよう!9・7集会』が、公式発表約100名の参加者のなか開催された。
1309jonan.jpg
続きを読む・・・
Posted by やるおた編集部 at 22:46 | 学ぶ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ