CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
アドベンチャーキャンプ2014 [2014年05月24日(Sat)]
「自然の中の人間塾」事業のメインの活動である

「アドベンチャーキャンプ2014」

今年は、登山シリーズです。

2014_アドキャン_チラシ_表.jpg

「長野県北信」だけでなく、
「関東」でも開催します。

それぞれの地域で経験を積んで、

「奥穂高岳」

を目指します。

参加費、ちょっとお高めです。
(宿泊する回は、宿泊費が含まれた金額です。)

日本山岳ガイド協会認定の山岳ガイドがメインスタッフです。

ごりごりの登山体験です。

森は人を癒やしますが、山は人を鍛えます。

この機会にどうぞ。
まずは、お気軽にお問合せ下さい。

2014_アドキャン_チラシ_裏.jpg

Posted by 山壮辿子盛事務局 at 22:26
妙高山 [2013年08月08日(Thu)]
事前講習登山で妙高山へ。

まずは靴の結び方やザックの背負い方等、歩く前の準備は
怪我防止の第一歩。
P8070366.JPG

燕温泉から天狗堂経由で山頂の往復です。
温泉の源泉、滝、沢沿いの急登、岩場&鎖場と盛りだくさんの
ルートで、練習には良い山です。

P8070373.JPG
沢沿いのルートを行く。滝も見えて。

P8070379.JPG
山頂直下の岩場、しっかりと三点支持で。

P8070381.JPG
良い天気に恵まれた山頂で。
Posted by 山壮辿子盛事務局 at 09:59
夏は北アルプスへ行こう [2013年06月18日(Tue)]
ちょっとご無沙汰していましたが、今年のアドベンチャーキャンプは
北アルプスへ。人気の表銀座縦走を企画しました。
妙高山への事前講習登山もあります。

表銀座縦走チラシ.jpg
Posted by 山壮辿子盛事務局 at 09:43
チャレンジャー募集!太平洋から日本海へMTBツーリング [2011年07月26日(Tue)]


今年もやります、MTB長距離ツーリング。
太平洋から日本海へ、4泊5日キャンプを
しながらマウンテンバイクで走ります。
自分の力を試してみませんか?

仲間作りやMTBツーリング走行の練習など
を行ってから太平洋を出発!
辛い上り坂も暑い日差しも、慣れないテント
生活や自炊も、すべてあなたの力になります。

「長距離耐久サイクリング
太平洋から日本海へ本州横断約300kmの旅」

日にち:8月14日(日)〜18日(木)
行程 :静岡県富士川河口付近〜
    山梨県本栖湖〜
    山梨県清里〜
    長野県上田〜 
    長野県中野〜
    新潟県直江津
対象 :小学5年生〜高校2年生
定員 :10名限定
参加費:37,500円(宿泊、食事、保険代込)
    マウンテンバイクのレンタル別途
申込締切:8月10日(水)

チャレンジャーはHPからお問合せください。
Posted by 山壮辿子盛事務局 at 20:01
アドベンチャーキャンプ参加者募集中 [2011年06月25日(Sat)]
今年度のアドベンチャーキャンプが始まります。
まずは7月2、3日に高性能マウンテンバイクを
乗りこなし、キャンプ生活の基本を学びます。

「アドベンチャーキャンプ2011」
日にち:平成23年7月2日(土)9:00~7月3日(日)15:30
集合: 黒姫高原スキー場 前山ゲレンデ駐車場
解散: 黒姫ライジングサンホテル駐車場
対象: 小学5年生~高校2年生 (定員30名)
参加費:5,500円 保険代別、MTBレンタル代別
申込〆切: 6月28日 (火) 過ぎている場合でもご相談ください

8月に行う太平洋から日本海本州横断MTB
ツーリングに向けての基本練習です。
詳しくはこちらを確認してください。
  ⇩⇩⇩
Posted by 山壮辿子盛事務局 at 16:52
森に山小屋を作ろう [2010年06月26日(Sat)]
アドベンチャーキャンプ2010、第3回は
「森に山小屋を作ろう」です。

7月3、4日の土日に森の中に小屋を作りながら
キャンプします。
森の中で材料を集め、のこぎりやロープなどを使って
長く使える小屋作りをします。

刃物の使い方はもちろん、ロープワーク、焚き火技術、
野外炊飯など基本から応用までのキャンプ技術を習得
します。

詳しくはやまもりてんこもりホームページ
「自然の中の人間塾事業」から
「アドベンチャーキャンプ2010」をご覧ください。
Posted by 山壮辿子盛事務局 at 21:20
戸隠縦走登山 [2010年06月06日(Sun)]
アドキャンA二日目。いよいよ戸隠表山の縦走登山に挑戦です。
戸隠は昔修験道の行者が修行に明け暮れたことで有名で、鎖場が連続する岩場の山です。
アドキャンでは2007年に次いで、2回目の挑戦になります。

早朝の戸隠奥社参道行から始まります。 近年のパワースポットブームのせいか、6時を回ったばかりなのに、バードウォッチングや散策をしている人をとても多く見かけました。


登りの中盤から鎖場が始まり、早速昨日まで練習したロープワークの実践です。
とても上手くできました。


いよいよ、核心部の蟻の塔渡り。 思ったより狭かったので、怖かったとの感想がありました。


奥社登山道の頂上、八方睨(はっぽうにらみ)に到着。
縦走登山なので、これから尾根上の下山開始場所の一不動を目指して、登ったり下ったりが続きます。


また下りぃ・・・あといくつ登るの? と泣き言も聞こえました。


予定より30分早い15時に無事、戸隠牧場へ下山完了しました。
たいへんだったけど、岩登りが面白かったという振り返りが圧倒的に多い、戸隠登山でした。


Posted by 山壮辿子盛事務局 at 05:33
空缶アルコールバーナー作りと登山ロープワークトレーニング [2010年06月05日(Sat)]
アドベンチャーキャンプAの二日間が始まりました。
1日目の今日、午前中は、アルミ缶飲料の空缶を使った、ウルトラライトのアルコールバーナー作りをしました。
ウルトラライトというのは、バックパッキングや登山の時に、担いでいく装備をなるべく軽くしようという最近の動きで、軽ければ軽いほど当然ですが行動が軽快になります。軽快になれば背中の重さに悩まされることが少なくなり、行動そのものを楽しめます。(ウルトラライトの本当の意味は、水・食料・燃料等の消耗装備を除いたザックの重量を5kg以下に抑えるということです。詳しくはネットで検索をかけてお調べください。)
通常アウトドアを含むスポーツの世界では、重量軽減はお金をかければかけるほど軽くなります。お金をあまりかけないで軽くする方法の一つに、DIYで自分で作る方法があります。

今回はリサイクル、子どもたち自身でも材料を調達できる、実用的の3つの観点から、空缶アルコールバーナーを作りました。今後の活動で、活用していこうと思います。


酋長に作り方を教わって、早速製作にかかります。
こんなのが、本当にバーナーになるのかなあ? 半信半疑。


真剣に製作中


試験運転中。 大成功。 ちゃんとお湯が沸きました。
みんなが、自分で作ったバーナーでお湯を沸かして、お茶を入れてみました。


午後は、明日の戸隠登山に備えて、ロープワークの復習。
実際に自分の身を守ることになるため、みんな真剣です。


こちらは、登りの時の自己確保に使う、バッチマンノットという結び方です


さあ、明日の戸隠の鎖場が楽しみです。
Posted by 山壮辿子盛事務局 at 23:07
アドベンチャーキャンプ第2回参加者募集 [2010年05月27日(Thu)]
アドベンチャーキャンプ第2回、「ウルトラライトのキャンプ
装備を作る、地元の山で登山の基礎を学ぶ」の参加者募集中。

大人顔負けの冒険プログラムを実施しているアドベンチャー
キャンプ、6月はアルコールバーナーを作ったり、キャンプ
生活に必要な技術の習得と、ロープワーク技術を練習して岩場
が続く戸隠表山縦走に挑みます。

自然体験活動の指導者であり、日本山岳ガイド協会認定ガイド
の面々がサポートにあたります。

小学5年生以上のチャレンジャーを待っています!
元気な女の子もぜひどうぞ。(女性スタッフいます)

日にち:平成22年6月5日(土)〜6日(日) 1泊2日
  集合場所はお問い合わせください
対象:小5〜高2
参加費:7500円 (別途保険代)

詳しくは 山壮辿子盛ホームページ の「自然の中の人間塾」
事業からアドベンチャーキャンプ2010をクリック!
Posted by 山壮辿子盛事務局 at 21:38
アドベンチャーキャンプ2010始まりました [2010年05月10日(Mon)]
今年度のアドベンチャーキャンプが始まりました。
第1回は5月8、9日にロープワーク実習とナイフ
の使い方、タープの張り方を通して協力し合うこと
など、実践しながらの仲間作りを行いました。

妙高青少年自然の家に宿泊してのアドキャン、今回
は昨年参加のメンバーばかりだったので、レベルを
上げた内容に。

ナイフで何を作る?


ロープワークでは基本的な結びから登山道での
安全確保のためのフィックスロープの張り方や
斜面の下降法、レスキュー法など応用を行いました。

下降法


引き上げ


こういうロープワークは冒険心をくすぐります。
メンバーたちは「難しい」と言いながらも
楽しそうに、ロープワークを覚えていました。

なかには縛り役と縛られ役で何やら怪しい関係?
の2人も・・・

タープ張りでは高いところにロープを張る技術や
タープをしわの無いように張るためのチームワーク
の必要性を感じたようです。

支えて、支えられて



次回は6月5、6日。
「超軽量のキャンプ装備を作る、登山の基礎」
をテーマに行います。
小学5年生以上のみなさんのチャレンジを待って
います。
Posted by 山壮辿子盛事務局 at 19:15
| 次へ
最新記事
記事カテゴリ
最新コメント
リンク集
http://blog.canpan.info/yamaten/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/yamaten/index2_0.xml