CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
2017年度総会 [2017年06月03日(Sat)]


2017年度定期総会開催



 5月29日(月)、「仙台自主夜間中学」を支えている組織「仙台に夜間中学をつくり育てる会」2017年度定期総会が、東北学院大学サテライトステーションを会場に開催されました。

 当日は、会員16名の方がご出席されました。高山副代表の議長のもと、昨年度の事業報告・会計報告、今年度の事業計画・会計予算、役員選出について慎重に審議を行った結果、議案は原案通り全員一致で承認されました。

 総会終了後に懇談会の場を設け、ご出席者の方々から忌憚のないご意見、積極的なご提言をいただきました。今後の運営に生かしていきたいと思います。
DSCF6668.JPG

DSCF6659.JPG

DSCF6655.JPG

DSCF6657.JPG

DSCF6665.JPG


東北大学の学生来校 [2017年05月27日(Sat)]


金曜夜間部に東北大生来校!


 5月26日、金曜夜間部に東北大学教育学部の授業「教育学」を受講している3年生の学生さん14名と担当の先生2名が見学に来ました。「進学校、大学」と限られた範囲の学校経験しか持たない東北大学の学生さんたちが教育学を学ぶ前提として、教育の多様性を理解することを目的にした授業で、仙台自主夜間中学の他に、定時制高校や職業訓練校、フリースクールの現場を訪れるそうです。

IMG_20170526_172014.jpg


 授業は始まる前の午後5時、中澤代表が「夜間中学中学とは」、「仙台夜間中学の概要」等を約40分ほどかけて、ていねいに説明しました。

IMG_20170526_172624.jpg


IMG_20170526_172637.jpg


 その後、学生の皆さんから「自主で夜間中学を運営するメリットは?」「生徒さん方の指導を始めるまでのプロセスは?」「外国籍の方の指導は?」などの質問が出されました。

 午後6時に金曜日の授業が始まり、言葉の時間と1時間目の授業を見学しました。授業中は、待機していたスタッフに「ボランティア活動の思いは?」「生徒さんの学習の意欲は?」「指導しての喜びは?」、「教材作成のねらいは?」など鋭い質問を浴びせていた学生さんが多数おりました。

 

 仙台自主夜間中学をはじめとして多様性の教育現場を見学しての結果を報告書にまとめるそうです。是非率直に感じたことや積極的な提言などを書いて貰いたいと思います。どのような報告書が届くか 楽しみにしています。


東北大生見学 [2017年05月18日(Thu)]


東北大学学生,多数来校!


 5月17日(水)の水曜日夜間部の授業に、東北大学の「共生社会に向けたボランテイア活動」の受講学生さん7名が見学に見学に来ました。

IMG_20170517_192150.jpg

 5月8日の講演(内容は、5月10日ブログ「仙台自主夜間中学だより」に投稿)を聞いて、強い関心を抱いた学生さん達です。多数の学生さんたちが授業に参加したことで、当日は普段よりも熱気にあふれていました。

IMG_20170517_192450.jpg

 学生さん7名は、最初「言葉の時間」には全員で、続いての「算数・数学」、「歴史」、「理科」、「英語」の授業には各々分かれて真剣に参加していました。

IMG_20170517_192658.jpg

 授業終了後、学生さんは「いろいろな世代の方が真剣に一所懸命に学んでいて、それをスタッフの人がていねいに寄り添っている姿を実際に見て、すごいなと感じました」、「自分は恵まれた環境で勉強していることをあらためて感じました」等の感想を述べていました。

 6月には東北大学の学生さんに、スタッフの先生役を体験してもらおうと考えています。一緒に学ぶ喜びを味わう学生さんが一人でも多くいらっしゃることを切望しています。

東北大学での講演 [2017年05月10日(Wed)]


東北大学の授業で講演


 5月8日(月)、東北大学の授業「共生社会に向けたボランティア活動」で講演を行いました。

 2014年開講当時に仙台放送で紹介された映像を映しだし、その後、中澤代表が仙台夜間中学の概要について説明しました。

 引き続いてスタッフとして1年以上手伝ってくれている東北大生の須賀永帰さんが自分の体験談を、スタッフの千葉義信さんが仙台自主夜間中学におけるボランテイアの留意点を話ししました。


DSCF6586.JPG


DSCF6563.JPG


DSCF6568.JPG


DSCF6591.JPG


 なお、当日は、アート・クルージョンに関する講演もありました。

 さらに、5月15日(月)には、仙台夜回りグループ、東北学院大学日本語学習支援サークルHANDSの講演も計画されています。

 この授業では、学生さん方が4つの団体の講演を聞き、それぞれ興味・関心のあるところでボランティア体験学習を行います。

 二つの団体の説明の後、学生さんから仙台自主夜間中学に関して「学習希望者の掘り起し活動はどのようなことをやっていますか」、「今日参加したスタッフの方々の前の職業は?」等の質問がありました。学生さんは授業見学をした後に、実際に指導するボランティア活動を希望しています。
 学生のみなさんを心から歓迎し、温かく見守り、共に学び、共に語り合えることを楽しみにしています。

 私たち夜間中学に一人でも多くの学生さんが訪れ、私たちの仲間になることを願っています。

金曜夜間部開講 [2017年04月15日(Sat)]


金曜日夜間部開講!


 4月14日(金)、待ちに待った金曜日夜間部が開講しました。

 7名の生徒さんと9名のスタッフが参加しました。当日事情があり、参加できなかった学習希望者が5名ほどおり、夜間中学の関心の高さに驚いています。

 多くの方々の参加のもと、仙台自主夜間中学は新たな一歩が踏み出しました。

DSCF6547.JPG


DSCF6552.JPG


 スタートに当たって、中澤代表が金曜日夜間部の概要を、
 
 そして、スタッフ全員が自己紹介と担当教科の説明を行いました。それを受けて、生徒さん一人ひとりが受講教科の希望を述べ、最初の授業がスタートしました。

 授業を行った仙台市生涯学習支援センターは初めての場所のため、「学習環境は大丈夫か」と心配しましたが、生徒さんの皆さんからはよい評価をもらい、和やかな雰囲気で授業を行いました。取り越し苦労に終わり、一安心です。これからとても楽しみです。

DSCF6556.JPG


DSCF6558.JPG


DSCF6554.JPG


2017年度始業式 [2017年04月06日(Thu)]


2017年度始業式開催


 4月5日(水)、仙台市教育委員会職員のご臨席のもと始業式を行い、新年度がスタートしました。


DSCF6467.JPG
 
 最初に、中澤代表が「引き続き、授業は”急がず、ゆっくり、ていねいに”進めていきます」「生徒さんと一緒に『楽しい学びの場』を築きあげていきます」「仙台市教育委員会の支援を得て、『楽しい学びの場』を広げていきます」と新年度スタートに当っての挨拶を行いました。

DSCF6468.JPG
 
 続いて、昼間部代表、夜間部代表の生徒さんが本年度の抱負を述べました。また、4月に宮城県立美田園高校へ進学した72歳の生徒さんが、「自分の長年の夢をかなえた」と喜びを述べ、出席した多く方から賞賛と激励の拍手を受けました。

DSCF6480.JPG

 その後、スタッフ全員が自己紹介と今年度の担当教科の内容を説明しました。

DSCF6514.JPG


DSCF6525.JPG


  最後に、「仙台自主夜間中学」の愛唱歌(準校歌?)「めだかの学校」を全員で合唱しました。

 始業式終了後、すぐ1時間目の授業に入り、今年度の学習がスタートしました。
 短時間の始業式でしたが、自分たちの「仙台自主夜間中学」をさらに前進させようと心を一つにしたと思います。

 これからも随所に授業の様子をお知らせします。ぜひご覧ください。


新たな学びの始まりの会 [2017年03月30日(Thu)]


「仙台自主夜間中学文集第2号」発刊!


 3月29日(水)、今年度最後の授業日に、「新たな学びの始まりの会(文集発刊報告会)」を行いました。

 仙台自主夜間中学には、始業式はありますが、終業式はありません。新年度の学びにつながる会として「新たな学びの始まりの会」を行っています。

 2017年度の始業式は、4月5日(水)に行います。


DSCF6459.JPG

DSCF6422.JPG

DSCF6457.JPG

DSCF6447.JPG

DSCF6403.JPG


 その会の中で、文集の発刊報告会も行いました。文集の発刊は昨年度に引き続き2回目です。

 第2号となる今回の文集の題名は、生徒さん方に募集し「めだか」と決定しました。

「めだか」は、仙台自主夜間中学の校歌「めだかの学校」にも由来しています。♪だれが生徒か先生か♫〜みんなで仲よく学んでいます。


 今回の文集には、多くの生徒さんやスタッフの皆さんから原稿が寄せられ、昨年度の倍のページ数になりました。

 生徒さん方の文章は、それぞれの気持ちがよく表れたすばらしい作品になっています。これまでの学習の成果がいたるところに表れています。


いっしょに学びませんか! [2017年02月28日(Tue)]

  
  「仙台自主夜間中学」で

                   いっしょに学びませんか!


「仙台自主夜間中学」は、本年より仙台市教育委員会との共催になりました。
 
 これまでの「水曜日授業」に加え、4月より「金曜日授業」として、第2・第4金曜日に夜間部の授業を開催します。
 
 「学び直しをしたい」「基礎学力を身につけたい」「学びたい」「学び続けたい」と思っている方、是非一度「仙台自主夜間中学」に来てみませんか!お待ちしております。
詳しくは、下記要項をご覧ください。


img001.jpg

img002.jpg

算数の問題を考えてみませんか! [2017年02月10日(Fri)]


算数の問題に挑戦してみませんか!



 算数担当のスタッフから、次のような問題が出されています。挑戦してみませんか。記事の下にある「コメント」あるいは「フォーム」を開き、問題の回答や感想をお寄せください。

img001 (2).jpg


img001 (3).jpg


img001 (4).jpg


お互いに寄り添う! [2017年02月05日(Sun)]


仙台自主夜間中学研修会


 
 2月3日(金)「仙台に夜間中学をつくり育てる会」主催、仙台市教育委員会共催の研修会を開催しました。会員とスタッフ及び自立・就労支援に携わっている人など30名が参加しました。

 中澤代表が開会の挨拶の中で研修会開催のいきさつを述べ、最初にメインゲストの仙台市教育委員会 教育部特別支援教育課 課長の杉肇子氏が「障害のある子供たちとの関わり」という講話をしました。

DSCF6375.JPG


 

DSCF6391.JPG

内容は(1)仙台市の障害のある子供の実態、(2)特別支援教育の理念、(3)発達障害について、(3)望ましい対応についてなどでした。講話の最後に参加者全員でLD疑似体験をして、一層理解を深めました。

 つづいて、山形大学地域教育文化部 准教授 安藤耕己氏が「本日のテーマに関する雑感」という題で講話をしました。

DSCF6396.JPG


内容は(1)山形大学地域教育文化の学生たちの活動実態、(2)障害に関する夜間中学の研究・実践報告などでした。



 約2時間の研修でしたが、参加者は「大変貴重な話を聞かせていただき感謝します」、「障害への理解を深めることができました」、「先生方のお話にとても共感できました」という感想を寄せており、参加者が障害を持っている方を理解する一つの機会になったと思います。
 また「安藤先生の話をもっと聞きたかった」という要望もあり、その機会を設けるように努力していきたいと思います。
 講師の先生及び参加者の皆さんのご協力に心から感謝申し上げます。



| 次へ