CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
「仙台自主夜間中学」スタッフ研修会兼会議 [2018年04月27日(Fri)]
">「仙台自主夜間中学」スタッフ研修会兼会議開催!
去る24日午後1時から、東北学院大学サテライトステーションにおいて「仙台自主夜間中学」スタッフ研修会兼会議が開催されましたspan>
DSC03932.JPG

研修会></span><
span style="font-size:large;">では、<strong><span style="font-size:x-small;">東北
大学教養教育・学生支援機構 特任助教の江口先生がテーマ「公立夜間中学設立の動向と課題」で講演後、参加者全員で質疑応答を行いました。
宮城県及び仙台市に公立夜間中学校を設立の動きが加速している状況で、最初に全国の公立夜間中学校の実態・動向についてお話をいただきました。そして、「仙台自主夜間中学」は今後、様々な団体と交流を図り、「見えにくい夜間中学を求める人々」に会うこと。「夜間中学の存在意義」「夜間中学の学び」を発信すること等をご指導頂きました
公立夜間中学校が設立されても「仙台自主夜間中学」の役割はますます増してきて、自分たちの特徴を十分に発揮し、学習希望者へより良い授業を提供するように頑張ることを参加者全員で共有しました
span>

DSC03943.JPGDSC03944.JPG

研修会終了後、第2部のスタッフ会議に移りました
最初に、授業を担当しての感想や問題点など自由に出し合い、意見交換を行いました。他のスタッフの授業の進め方などが知ることができ、参考になったとの感想が出ていました。
二番目に今後の運営及び授業の進め方について話し合いしました。提案された委員会をたちげることが了解され、今後「仙台自主夜間中学」の主要課題は委員会を中心に進めていくことになりました。早速「遠足・芋煮会及びクリスマス会」実行委員会には4名が名乗りを上げてくれました。
熱心に話し合いを行われ、予定時間オーバーして午後4時半過ぎに終了しました
【研修会の最新記事】
2018年度夜間部始業式 [2018年04月23日(Mon)]
2018年度夜間部始業式開催!span>span>
「仙台自主夜間中学」の夜間部(水曜日・金曜日合同)の始業式を4月13日(金)午後6時から、仙台市生涯学習支援センターで行い、新年度の授業がスタートしました。
span>


DSC03843.JPG


最初に夜間部の生徒さんの自己紹介を行い、続いて中澤代表が新しく作成したパンフレットの紹介と2018年度の授業の進め方について説明をしました。

DSC03814.JPG

続いて夜間部のスタッグ全員が自己紹介を行った後、皆さんで「めだかの学校」を合唱しました。
 水曜日・金曜日の夜間部の生徒12名とスタッフのみなさんがこれから1年間楽しく、一緒に学び合うことを確認し合いました。また、新しいスタッフ3名の方も始業式に参加し、これから生徒さんに寄り添っていただけることになりました。夜間部の授業も一層充実して来ています


DSC03855.JPG


2018年度昼間部始業式 [2018年04月09日(Mon)]
;">2018年度昼間部始業式開催!span>

4月4日(水)、2018年度昼間部始業式を行い、新年度の授業がスタートしました。

最初に、昼間部の生徒さん全員を一人一人紹介して、今年度一緒に学んでいく仲間を確認し合いました。


DSC03679.JPG

続いて、中澤代表が挨拶しました。みやぎ生協の助成金で作成したパンフレットの紹介した後、「2018年度授業の展開」について説明しました。その中で今年度も「生徒とスタッフ」全員が力を合わせて、自分たちの夜間中学を作り上げようと呼びかけました。

DSC03685.JPG

その後、スタッフ全員が自己紹介と今年度の担当教科内容を説明し、最後に、「仙台自主夜間中学」の愛唱歌(準校歌?)「めだかの学校」を全員で合唱しました。

DSC03696.JPG

始業式終了後、すぐ1時間目の授業に入り、今年度の学習がスタートしました。短時間でしたが、全員が新鮮な気持ちになり、有意義な始業式であったとの感想が寄せられています。

DSC03714.JPG

ブログ「仙台自主夜間中学だより」は長い間休んでいましたが、これから定期的に更新していきます。ぜひご覧ください。

生協助成金贈呈式 [2017年09月17日(Sun)]

生協助成金贈呈式

 9月9日(土)重陽の節句の日,「みやぎ生協福祉活動助成金」贈呈式が行われ,中澤、高山、千葉の3名で出席し、助成金贈呈を受けました。

 今回の「みやぎ生協福祉活動助成金」には宮城県内46団体の申請があり、厳正な審査を経て,助成団体の一つに選べられました(選考された団体は21)。
 贈呈式の後、60名を超える出席者の前で「仙台自主夜間中学」の活動を発表しました。出席者の方々から一通りの理解が得られたと思います。


DSCF6787.JPG


DSCF6797.JPG


DSCF6799.JPG


DSCF6803.JPG


 活動発表の後,他団体の皆様との交流会があり,有意義なひとときを過ごしました。 

DSCF6814.JPG


共同募金会での報告 [2017年08月22日(Tue)]

赤い羽根共同募金会で活動報告


 8月21日(月),仙台市共同募金委員会研修会がエルパーク仙台を会場に開催されました。その席上において,中澤代表が,平成27・28年度に助成金を受けての活動の報告を行いました。


IMG_20170821_150029.jpg


 報告の概要は次のとおりです。
1.開校当時のDVD(仙台放送のニュースで紹介)
2.「仙台自主夜間中学」とは
3.授業の日時,授業内容について
4.現在学んでいる人たち
5.文集「めだか」より
6.共同募金の助成を受けて


IMG_20170821_150502.jpg


IMG_20170821_150809.jpg


IMG_20170821_152242.jpg


 最後に,研修会で基調講演を行った,東北学院大学の増子教授をコーディネーターとしてパネルデスカッションが行われました。
 その中で,仙台自主夜間中学の課題について質問がありました。


IMG_20170821_152432.jpg


 中澤代表は,課題として
1.スタッフの確保
2.スタッフのスキル向上
3.授業時数,授業日数の増加
4.学習施設の確保
5.資金の確保
 以上の5点をあげ,共同募金の助成をお願いしました。


七夕飾りづくり [2017年08月02日(Wed)]

仙台七夕祭参加


 仙台七夕まつりに参加しようと、今年も仙台自主夜間中学では七夕飾りづくりを行いました。
 仙台市教育委員会から派遣された仙台市荒町市民センターの橋久子さんから7月5日・19日、8月2日の3回にわたり、指導をうけました。
 
 仙台七夕飾りの大きな特長は「七つの飾り(紙衣・吹き流し・折鶴・投網・屑籠・巾着・短冊)」があることです。生徒とスタッフの皆さんはこの「七つの飾り」の意味を学び、よく理解して、そのうえで「七つの飾り」を心を込めて楽しみながら作っていきました。そして、昨年よりもより豪華でとてもきれいな素敵な七夕飾りができました。

DSCF6698.JPG


DSCF6712.JPG


DSCF6714.JPG


DSCF6731.JPG


DSCF6733.JPG


DSCF6770.JPG


 完成した七夕飾りは、「仙台七夕祭り(8月6日〜8日)」にあわせて、仙台市市民活動サポートセンターの玄関ホールに飾りました。「仙台七夕祭り」を見学の際には仙台市民活動サポートセンターに立ち寄っていただき、ご覧ください。そして、ぜひ備え付けの短冊に願いを書き、飾り付けしてみてください。

 このブログを開設して1年が経過しようとしていますが、ブログのアクセス数が10000を超えました。今後とも、アクセスしていただきますようお願いいたします。

ボランティア体験発表会 [2017年07月25日(Tue)]


ボランティア体験報告会


「共生社会に向けたボランティア活動ー人権・多様性・エンパワメント」と題する東北大学基礎ゼミのボランティア体験報告会が、7月24日(月)に行われました。

 仙台自主夜間中学にてボランティア体験をした3名の学生さん(一色さん・草野さん・千川原さん)が発表しました。とてもすばらしい発表でした。

DSCF6742.JPG


<気づいたこと>
・学習者さん方の学びに対する熱意
・共に学び合う授業が行われていること
・夜間中学だからこその学びがあること

DSCF6741.JPG


<学んだこと>
・新しい道に挑戦しようとする姿勢
・学べることは幸せだ
・学習の喜びは何事にも代えがたい

DSCF6747.JPG


「共生社会」の実現のために
・学びたいと思ったときに
         誰もがその機会を得られる
・公立夜間中学ではなく
            自主夜間中学だから満たせるニーズが

 発表内容もさることながら発表態度・質問への受け答えも実に堂々としたものでした。やはり、大学生の皆さんの居場所は大学なんですね。当然のことに改めて感心させられました。

 その他、3つの団体での体験学習の報告もありました。
 皆さん、その現場に行ったからこそ分かったことがあったことと思います。また、見学だけでなく体験したからこそ理解できたこともあったのではと思います。でも、それぞれの現場で活動を続けるとなると、また話は別ですね。改めて考えさせられました。

 学生の皆さん方、ご苦労様でした。そして、ありがとうございました。
大学生の挑戦 [2017年07月15日(Sat)]


大学生 学び合いへの挑戦!


 東北大学の3名の学生さんが、金曜夜間部にボランティアを体験するために訪れてきました。


 学生さんたちは、大学でボランティア活動についての講義を受け、その後、仙台市内の実際のボランティア活動の現場に向かい、体験を行っています。

IMG_20170609_180624.jpg

 6月9日(金)には、大学院生の一色さんが「言葉の時間」を担当して、「電気」をテーマに
 「電気」の語源は「琥珀」
 「静電気って何?」〜雷は電気!?
 「松下幸之助の言葉」〜電気にわつわる偉人の提言の朗読
などを話してくれました。



IMG_20170623_180917.jpg

 6月23日(金)の「言葉の時間」には、大学1年生の草野さんが「梅雨」をテーマに
 「梅雨」〜初夏に雨が降り続く時期
 「アジサイ(紫陽花)」〜梅雨の風物詩
 「梅雨」(谷川俊太郎作)〜詩の朗読

などを話してくれました。
IMG_20170714_180317.jpg

 7月14日(金)の「言葉の時間」には、千川原さんが「夏」をテーマに
 「夏」という漢字〜夏祭りの舞の様を表している
 「花火の歴史」〜夏の風物詩
 「夏」(金子みすゞ作)〜詩の朗読

などを話してくれました

 3人の学生さんは、「言葉の時間」の他に、1時間目・2時間目の授業に寄り添っていました。また、生徒さんやスタッフにインタビューも行っていました。
 回を重ねるごとに、生徒さんやスタッフと打ち解け、しだいに素敵な笑顔も見られるようになってきました。


 学生の皆さんは、今後レポートにまとめて、今月の24日(月)東北大学内で行われる発表会で報告するそうです。

 学生さんたちのご健闘をお祈りいたします。頑張ってください。


2017年度総会 [2017年06月03日(Sat)]


2017年度定期総会開催



 5月29日(月)、「仙台自主夜間中学」を支えている組織「仙台に夜間中学をつくり育てる会」2017年度定期総会が、東北学院大学サテライトステーションを会場に開催されました。

 当日は、会員16名の方がご出席されました。高山副代表の議長のもと、昨年度の事業報告・会計報告、今年度の事業計画・会計予算、役員選出について慎重に審議を行った結果、議案は原案通り全員一致で承認されました。

 総会終了後に懇談会の場を設け、ご出席者の方々から忌憚のないご意見、積極的なご提言をいただきました。今後の運営に生かしていきたいと思います。
DSCF6668.JPG

DSCF6659.JPG

DSCF6655.JPG

DSCF6657.JPG

DSCF6665.JPG


東北大学の学生来校 [2017年05月27日(Sat)]


金曜夜間部に東北大生来校!


 5月26日、金曜夜間部に東北大学教育学部の授業「教育学」を受講している3年生の学生さん14名と担当の先生2名が見学に来ました。「進学校、大学」と限られた範囲の学校経験しか持たない東北大学の学生さんたちが教育学を学ぶ前提として、教育の多様性を理解することを目的にした授業で、仙台自主夜間中学の他に、定時制高校や職業訓練校、フリースクールの現場を訪れるそうです。

IMG_20170526_172014.jpg


 授業は始まる前の午後5時、中澤代表が「夜間中学中学とは」、「仙台夜間中学の概要」等を約40分ほどかけて、ていねいに説明しました。

IMG_20170526_172624.jpg


IMG_20170526_172637.jpg


 その後、学生の皆さんから「自主で夜間中学を運営するメリットは?」「生徒さん方の指導を始めるまでのプロセスは?」「外国籍の方の指導は?」などの質問が出されました。

 午後6時に金曜日の授業が始まり、言葉の時間と1時間目の授業を見学しました。授業中は、待機していたスタッフに「ボランティア活動の思いは?」「生徒さんの学習の意欲は?」「指導しての喜びは?」、「教材作成のねらいは?」など鋭い質問を浴びせていた学生さんが多数おりました。

 

 仙台自主夜間中学をはじめとして多様性の教育現場を見学しての結果を報告書にまとめるそうです。是非率直に感じたことや積極的な提言などを書いて貰いたいと思います。どのような報告書が届くか 楽しみにしています。


| 次へ