CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
日本財団は、障害者の地域生活と社会参加を支えるためにより良い地域福祉の充実を目指し、若手福祉スタッフの育成を行います。
 
その一つの方法として、この出稽古プログラムを実施します。
 
全国の先駆的な事業所でのOJTを通して、今までの支援方法や考え方を振り返り、今後のビジョンや目標を明確にする良い機会となります。
 
このプログラムを通して、将来、地域福祉を引っ張っていくような若手福祉リーダーを育成していきたいと考えております。
2012年度出稽古報告会! [2013年04月22日(Mon)]
出稽古報告会
ありがとうございました!

2012年度も無事、皆さん研修が終わりました。皆さん、本当にお疲れ様でした。
そして、受け入れ先施設の方々、本当にありがとうございました。
とても充実した研修を実施できたのも、皆様のおかげです。本当にありがとうございました。
 
4/12(金)に行った出稽古報告会では、研修の内容だけでなく、今後の目標についてもお話いただき、今後の皆さんの活躍が楽しみです。

同じ時期に同じ研修を受けた仲間同士、また、縁あって研修に行った受入先の方々と、今後も繋がっていただければと思います。

そしてもちろん、日本財団とも!『いざ、立ち上がろう』といった際には、日本財団にお声掛けください!

今後ともどうぞ、よろしくお願いいたします。

ゆうゆう 安澤さん.pdf


芳香会 石田さん.pdf


ライフサポートはる 白濱さん.pdf


南高愛隣会 佐竹さん.pdf


四ツ葉の会 松谷さん.pdf


慈愛会 井上さん.pdf


たけやり子ども発達研究所 武鑓さん.pdf


まごころ会 橋本さん.pdf


あーるど 増田さん.pdf


あーるど 大橋さん.pdf


片山さん.pdf


み・らいず 渡辺さん.pdf


ゆうゆう 山本さん.pdf


同愛会 草刈さん.pdf


心愛会 若林さん.pdf


Cネットふくい 中嶋さん.pdf


P.S.福祉新聞にも取り上げていただきました!鮫島さん、ありがとうございました!
 
福祉新聞記事.pdf 

Posted by NF担当者 at 16:59 | 2012年度出稽古 | この記事のURL | トラックバック(0)
明けましておめでとうございます [2013年01月08日(Tue)]
明けましておめでとうございます!

今年もどうぞよろしくお願いいたします!


今年も皆様にご協力いただきながら、少しでも良い機会を提供できるよう頑張りますので、よろしくお願いいたします。 


昨年末、全国若手福祉従事者ネットワークのフォーラムに行ってきました。そこで、グループホーム学会の山田優さんから、若手福祉スタッフの方へ向けてとってもいいお話をしていただきました。
http://www.wakamononet.org/forum/index.html

 
その中でも2つ、印象的な言葉がありました。
『埋火(うずみび)』『つるむ』です。

『埋火』とは、火鉢の火種を夜の間に絶やさぬよう、灰に埋めておくことです。灰をかぶせても、絶えることはない火です。山田さんは、福祉の仕事に就いた時、誰にでもあった心の中にある熱い想い=『埋火』を消さないように、今じゃないって言う時にはそっと心の中にしまっておき、いざという時には大きく炎を出して燃やす。埋火を絶やさないようにね、とお話をしていただきました。
        
その埋火が消えそうな時、その時支えてもらえるように、日頃から同じ想いを持つ人たちで『つるむ』ことも大事だと教えていただきました。難しい話やくだらない話も含めてつるめる仲間を作ることが、いざという時に支えてくれるというお話を実体験をもとにお話いただきました。

この研修を通して、この2つの言葉について皆さんと一緒に実現できたらな、と思っております。


今年もゆるやかに繋がって、つるんでいきましょう! 
Posted by NF担当者 at 16:23 | 2012年度募集要項 | この記事のURL | トラックバック(0)
| 次へ