CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
震災復興支援事業部の活動予定や、活動報告を載せています。
<< 2013年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
池袋でのイベントに、大槌町の復興食堂が出店しています[2012年04月08日(Sun)]
4月7日8日

池袋の西口公園にて「第1回日台文化交流〜東日本大震災復興支援〜」が行われています。
F1001089.JPG


そのブースに、大槌町復興食堂の店長がお越しになっています。そこにお邪魔させて頂きました。

多くの方々でにぎわう中、お話をお伺いする事ができましたこと感謝申し上げます。

これからも支援活動の中でご一緒させて頂きたいと思っております。
F1001088.JPG

Posted by ちょこ at 15:50 | ヒヤリング調査 | この記事のURL | コメント(0)
三陸エコビジョンプレフォーラム[2011年09月05日(Mon)]
岩手県 遠野で行われました三陸エコビジョン・プレフォーラムに参加してきました





海と調和した復興に関しての貴重なお話を伺う事が出来ました。

 

その中で、強調されていたのが津波や災害の減災についてでした。
 
減災の方法としての防波堤の存在については、賛否があります。

防波堤によって物理的に被害が少なかった例(釜石など)がある一方、三角波を起こし
被害が大きくなった例があります。また防波堤がある事により、慢心を産み被害が拡大した地域もあるそうです。
 
 多くのパネリストが、100〜1000年に1度の大災害に対し、50〜60年で寿命がくる人工物での防止には否定的でした。

 ではどうするか。それは人と自然の調和(教育)だと多くの人が提唱をしていました。

数年に1度10メートル級の洪水が起きるある国の例が出されました。自然と共に生きるその
国の住民たちは、その洪水で命を落とす事は非常に少ないそうです。

毎年のように、猛烈な台風がくる沖縄もそうではないでしょうか。本州とは比べ物にならない暴風がくる地域ですが、それによる死者は本州に台風が来た時よりも少ないのが現状です。


その為の実践教育として、東北で川に流される体験教育等が紹介されていました。

私たちも、このような支援も考えて行きたいと思っています。






★………★………★………★………★………★………★
NPOウォーターリスクマネジメント協会 震災復興事業部
★………★………★………★………★………★………★


この度の地震について、被災者被災地に対して情報共有のご協力から出来ればと
考えます。何かございましたら、当協会までご連絡下さい。
当ブログを使い、各種の情報を公開させていただきます。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P88217590

こちらのメールフォームをご利用下さい。





☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
PWC(水上バイク)レスキュー認定資格講習会
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


1999年、私たちW.R.M.A(ウォーター・リスク・マネジメント協会)が日本で初めてPWCレス
キューを導入しました。以降PWCレスキューは、急速に国内の各海岸へ普及しています。

安全で機動性に優れたPWCレスキューの普及を図るため、ハワイアンライフガード協会・PW
安全協会の協力の下、プロを育成するためのライセンス講習会を行っています。


詳細・参加要領は、協会ホームページをご覧下さい!!
http://www.geocities.jp/hawaiiansea2000/wrma.html

◆海上保安官、消防職員、警察、自衛隊等の関係官庁におかれまして
公務救難活動に従事されている方へ◆

  「日本財団」様からの助成事業として、海上保安官、消防職員、警察、自衛隊等
  の関係機関におかれまして公務救難活動に従事されている方は、当協会主催の
  指定講習会においてPWC−R講習会を講習料無料で参加いただける事になりました。
  (登録料は別途要)
http://www.geocities.jp/hawaiiansea2000/wrma.koumu.html

◆【協会主催:PWC−R出張講習会を受け付けます】
当協会では、開催地が遠隔で参加が難しい方や機関の為に、インストラクターを派遣
する出張講習会も実施いたします。


♪━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃NPOウォーターリスクマネジメント協会から会員募集のご案内 ┃
┗━━━━━━━━━━━━♪━━━━━━━━━━━━━━━━
協会の海上(水上)安全啓蒙活動の運営は、会費によって賄われております。
2011年度も皆様からのご支援をよろしくお願いいたします。
詳細は、ココをクリック下さい。
NPOウォーターリスクマネジメント協会は、皆様からの会費で運営されております。
皆様のご協力ご理解をよろしくお願い致します。
※賛助会員 随時募集中!!



お気軽にご相談下さい。
ご相談は、以下のメールフォームより送信下さい!!
http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P67720025



Posted by ちょこ at 13:16 | ヒヤリング調査 | この記事のURL | コメント(0)
変わりつつある人々[2011年06月27日(Mon)]
震災から3か月半。
人々を取り巻く環境が大きく変わろうとしています。

釜石でお菓子屋さんを営んでいた男性がおっしゃっていました。

「今までは夢を見ていたような感覚でした。今からは、現実に戻る時期です。」

現実に戻ること、、、

行方不明者が、死亡認定されていきます。
避難所が閉鎖され、新しい生活を始める方も増えています。
更地になり整理されていく町。

起こった事が現実でなくて欲しいと、どこかで願っていたと言います。


「新しい生活への希望の裏に、全員が絶望を抱えています。」

そう言う男性は、休みなく震災支援を行うNPOのサポートする団体で働いています。
いつか、お菓子屋さんを元の場所でやりたい。そう笑顔でおっしゃっていました。



6月に入り、被災なさった方から笑顔が戻ってきた事を強く感じています。

その裏にある、想いもまた強く。



★………★………★………★………★………★………★
NPOウォーターリスクマネジメント協会 震災復興事業部
★………★………★………★………★………★………★


この度の地震について、被災者被災地に対して情報共有のご協力から出来ればと
考えます。何かございましたら、当協会までご連絡下さい。
当ブログを使い、各種の情報を公開させていただきます。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P88217590

こちらのメールフォームをご利用下さい。





☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
PWC(水上バイク)レスキュー認定資格講習会
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


1999年、私たちW.R.M.A(ウォーター・リスク・マネジメント協会)が日本で初めてPWCレス
キューを導入しました。以降PWCレスキューは、急速に国内の各海岸へ普及しています。

安全で機動性に優れたPWCレスキューの普及を図るため、ハワイアンライフガード協会・PW
安全協会の協力の下、プロを育成するためのライセンス講習会を行っています。


詳細・参加要領は、協会ホームページをご覧下さい!!
http://www.geocities.jp/hawaiiansea2000/wrma.html

◆海上保安官、消防職員、警察、自衛隊等の関係官庁におかれまして
公務救難活動に従事されている方へ◆

  「日本財団」様からの助成事業として、海上保安官、消防職員、警察、自衛隊等
  の関係機関におかれまして公務救難活動に従事されている方は、当協会主催の
  指定講習会においてPWC−R講習会を講習料無料で参加いただける事になりました。
  (登録料は別途要)
http://www.geocities.jp/hawaiiansea2000/wrma.koumu.html

◆【協会主催:PWC−R出張講習会を受け付けます】
当協会では、開催地が遠隔で参加が難しい方や機関の為に、インストラクターを派遣
する出張講習会も実施いたします。


♪━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃NPOウォーターリスクマネジメント協会から会員募集のご案内 ┃
┗━━━━━━━━━━━━♪━━━━━━━━━━━━━━━━
協会の海上(水上)安全啓蒙活動の運営は、会費によって賄われております。
2011年度も皆様からのご支援をよろしくお願いいたします。
詳細は、ココをクリック下さい。
NPOウォーターリスクマネジメント協会は、皆様からの会費で運営されております。
皆様のご協力ご理解をよろしくお願い致します。
※賛助会員 随時募集中!!



お気軽にご相談下さい。
ご相談は、以下のメールフォームより送信下さい!!
http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P67720025

Posted by ちょこ at 14:40 | ヒヤリング調査 | この記事のURL | コメント(0)
津波で流された方の話[2011年06月09日(Thu)]
宮城県にて、この新聞の方にお会いしました。



夫婦で板に乗り、津波の中7キロ流され助かったとの事でした。

ご本人は「自分は被災者だと感じていない」と明るくなさっていました。
私たちが想像もできない惨状を目にしている方々です。
東北でお話を伺うたびに、皆様の芯の強さを感じざるをえません。

この方は当協会PWC(水上バイク)レスキューのインストラクターであり、海で生活をなさっています。

「現状では、多くの団体が心肺蘇生やレスキュー(対助ける専門職)の講習を行っている。しかし、心肺蘇生(レスキュー)の講習しかやらない。助かるための指導や、一般の人(泳げない・ご年配で体力がない)向けの救助が普及していない。こんな経験をしたんだ。これからは、そのような普及をしていく。」

強い志でおっしゃっていました。

ドキッとしました。

僕たちは人を助けるために技術や体力を鍛え勉強もします。
しかし、レスキューの専門的な知識や技術がない方が、自ら助かるための普及活動は後回しになっていないでしょうか。

貴重なお話をお聞き出来ました事、心より感謝致します。これからも、よろしくお願い申し上げます。




★………★………★………★………★………★………★
NPOウォーターリスクマネジメント協会 震災復興事業部
★………★………★………★………★………★………★


この度の地震について、被災者被災地に対して情報共有のご協力から出来ればと
考えます。何かございましたら、当協会までご連絡下さい。
当ブログを使い、各種の情報を公開させていただきます。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P88217590

こちらのメールフォームをご利用下さい。





☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
PWC(水上バイク)レスキュー認定資格講習会
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


1999年、私たちW.R.M.A(ウォーター・リスク・マネジメント協会)が日本で初めてPWCレス
キューを導入しました。以降PWCレスキューは、急速に国内の各海岸へ普及しています。

安全で機動性に優れたPWCレスキューの普及を図るため、ハワイアンライフガード協会・PW
安全協会の協力の下、プロを育成するためのライセンス講習会を行っています。


詳細・参加要領は、協会ホームページをご覧下さい!!
http://www.geocities.jp/hawaiiansea2000/wrma.html

◆海上保安官、消防職員、警察、自衛隊等の関係官庁におかれまして
公務救難活動に従事されている方へ◆

  「日本財団」様からの助成事業として、海上保安官、消防職員、警察、自衛隊等
  の関係機関におかれまして公務救難活動に従事されている方は、当協会主催の
  指定講習会においてPWC−R講習会を講習料無料で参加いただける事になりました。
  (登録料は別途要)
http://www.geocities.jp/hawaiiansea2000/wrma.koumu.html

◆【協会主催:PWC−R出張講習会を受け付けます】
当協会では、開催地が遠隔で参加が難しい方や機関の為に、インストラクターを派遣
する出張講習会も実施いたします。


♪━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃NPOウォーターリスクマネジメント協会から会員募集のご案内 ┃
┗━━━━━━━━━━━━♪━━━━━━━━━━━━━━━━
協会の海上(水上)安全啓蒙活動の運営は、会費によって賄われております。
2011年度も皆様からのご支援をよろしくお願いいたします。
詳細は、ココをクリック下さい。
NPOウォーターリスクマネジメント協会は、皆様からの会費で運営されております。
皆様のご協力ご理解をよろしくお願い致します。
※賛助会員 随時募集中!!



お気軽にご相談下さい。
ご相談は、以下のメールフォームより送信下さい!!
http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P67720025

Posted by ちょこ at 13:58 | ヒヤリング調査 | この記事のURL | コメント(0)
岩手県 遠野ボランティアセンター[2011年05月23日(Mon)]
ここは、岩手県遠野にありますボランティアセンターです。


夕方に、お邪魔すると、おびただしい靴が体育館の前に。



体育館の中の様子




てっきり、まだそれだけ避難者がいらっしゃるのかと思っていました。

しかし、これは全員ボランティアの方々でした。その多くがここに寝泊まりし、この日は280人ほどになるとの事。ゴールデンウィーク後に、ボランティアの方々がかなり減少したとのお話をよく聞く中、この状態は驚きました。

ここでは、夕方から1時間ほど毎日ボランティア全員参加の会議が行われています。これがまた熱気に包まれていて、様々な意見交換が行われていました。

また、物資輸送に関しても独自の取り組みを行っていました。
避難所と自宅避難者の物資振り分けの難しさはどこでも話題になっています。そこで、ここではボランティア1人1人がお邪魔したお宅や場所で何気なく聞いた「たりない物」をその日の内に取りまとめ、早ければ翌日にはその場所に提供するそうです。
いつまで行うかは分かりませんが、非常に面白いと感じました。

大槌の方に伺うと、おそらくボランティアは8月のお盆を過ぎたらほとんどいなくなるのではないかとの予想をなさっていました。
是非、この輪が長く続く事を願っています。



★………★………★………★………★………★………★
NPOウォーターリスクマネジメント協会 震災復興事業部
★………★………★………★………★………★………★


この度の地震について、被災者被災地に対して情報共有のご協力から出来ればと
考えます。何かございましたら、当協会までご連絡下さい。
当ブログを使い、各種の情報を公開させていただきます。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P88217590

こちらのメールフォームをご利用下さい。





☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
PWC(水上バイク)レスキュー認定資格講習会
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


1999年、私たちW.R.M.A(ウォーター・リスク・マネジメント協会)が日本で初めてPWCレス
キューを導入しました。以降PWCレスキューは、急速に国内の各海岸へ普及しています。

安全で機動性に優れたPWCレスキューの普及を図るため、ハワイアンライフガード協会・PW
安全協会の協力の下、プロを育成するためのライセンス講習会を行っています。


詳細・参加要領は、協会ホームページをご覧下さい!!
http://www.geocities.jp/hawaiiansea2000/wrma.html

◆海上保安官、消防職員、警察、自衛隊等の関係官庁におかれまして
公務救難活動に従事されている方へ◆

  「日本財団」様からの助成事業として、海上保安官、消防職員、警察、自衛隊等
  の関係機関におかれまして公務救難活動に従事されている方は、当協会主催の
  指定講習会においてPWC−R講習会を講習料無料で参加いただける事になりました。
  (登録料は別途要)
http://www.geocities.jp/hawaiiansea2000/wrma.koumu.html

◆【協会主催:PWC−R出張講習会を受け付けます】
当協会では、開催地が遠隔で参加が難しい方や機関の為に、インストラクターを派遣
する出張講習会も実施いたします。


♪━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃NPOウォーターリスクマネジメント協会から会員募集のご案内 ┃
┗━━━━━━━━━━━━♪━━━━━━━━━━━━━━━━
協会の海上(水上)安全啓蒙活動の運営は、会費によって賄われております。
2011年度も皆様からのご支援をよろしくお願いいたします。
詳細は、ココをクリック下さい。
NPOウォーターリスクマネジメント協会は、皆様からの会費で運営されております。
皆様のご協力ご理解をよろしくお願い致します。
※賛助会員 随時募集中!!



お気軽にご相談下さい。
ご相談は、以下のメールフォームより送信下さい!!
http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P67720025


Posted by ちょこ at 13:43 | ヒヤリング調査 | この記事のURL | コメント(0)
震災地復興支援活動について[2011年04月08日(Fri)]
当協会事務局として被災地復興支援活動を行う上で
被災現地の消防関係者、会員、ローカルサーフユニオン関係者等
の協力をいただき、被災現場の状況と必要な支援内容の調査を
進めてまいりました。

さまざまな情報を精査し、まず、仙台以北のエリアに属す
多賀城市〜気仙沼という地域に向け、支援活動を進めさせていただ
く事になりました。

昨日、当協会事務局が入居している「横浜市市民活動支援センター」
にて17団体のNPO関係者との会議が設けられ、当協会が現在まで
入手している情報を共有し、必要物資の収集協力を求めさせていただき
ました。

更に、19日に神奈川圏の各支援活動団体との会議が行なわれ
更に、具体的な活動内容が決まってくると思います。

また、、日本財団様から支援活動に対する支援金協力の連絡をいただいて
おり、その申請に向けた調整作業を財団様の担当者と進めさせていただい
ております。
本手続は、今週明けに完了いたします。

必要物資のリサーチを行い、各関係団体から協力をいただき物資調達を
すすめ、被災現場への4トントラック輸送ならびに現場での作業は、当協会
が担うという体系で、現在作業が進んでおります。
予定では、4月最終週あたりから物資輸送が開始されるスケジュールです。

更に、スケジュールが具体化してまいりましたら、本メーリングリストや
協会ブログ、協会メールマガジン等で報告させていただきますので
ご協力をいただける内容がございましたら、是非、お力をお貸しいただき
ますようお願い致します。




★………★………★………★………★………★………★
NPOウォーターリスクマネジメント協会 震災復興事業部
★………★………★………★………★………★………★


この度の地震について、被災者被災地に対して情報共有のご協力から出来ればと
考えます。何かございましたら、当協会までご連絡下さい。
当ブログを使い、各種の情報を公開させていただきます。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P88217590

こちらのメールフォームをご利用下さい。





☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
PWC(水上バイク)レスキュー認定資格講習会
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


1999年、私たちW.R.M.A(ウォーター・リスク・マネジメント協会)が日本で初めてPWCレス
キューを導入しました。以降PWCレスキューは、急速に国内の各海岸へ普及しています。

安全で機動性に優れたPWCレスキューの普及を図るため、ハワイアンライフガード協会・PW
安全協会の協力の下、プロを育成するためのライセンス講習会を行っています。


詳細・参加要領は、協会ホームページをご覧下さい!!
http://www.geocities.jp/hawaiiansea2000/wrma.html

◆海上保安官、消防職員、警察、自衛隊等の関係官庁におかれまして
公務救難活動に従事されている方へ◆

  「日本財団」様からの助成事業として、海上保安官、消防職員、警察、自衛隊等
  の関係機関におかれまして公務救難活動に従事されている方は、当協会主催の
  指定講習会においてPWC−R講習会を講習料無料で参加いただける事になりました。
  (登録料は別途要)
http://www.geocities.jp/hawaiiansea2000/wrma.koumu.html

◆【協会主催:PWC−R出張講習会を受け付けます】
当協会では、開催地が遠隔で参加が難しい方や機関の為に、インストラクターを派遣
する出張講習会も実施いたします。


♪━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃NPOウォーターリスクマネジメント協会から会員募集のご案内 ┃
┗━━━━━━━━━━━━♪━━━━━━━━━━━━━━━━
協会の海上(水上)安全啓蒙活動の運営は、会費によって賄われております。
2011年度も皆様からのご支援をよろしくお願いいたします。
詳細は、ココをクリック下さい。
NPOウォーターリスクマネジメント協会は、皆様からの会費で運営されております。
皆様のご協力ご理解をよろしくお願い致します。
※賛助会員 随時募集中!!



お気軽にご相談下さい。
ご相談は、以下のメールフォームより送信下さい!!
http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P67720025


Posted by ちょこ at 12:44 | ヒヤリング調査 | この記事のURL | コメント(0)
被災者への心のケアについて、そして「タイ」からの応援メッセージ[2011年03月23日(Wed)]
当協会インストラクターの方からいただきました情報を
ご紹介いたします。

被災者の方々が、震災直後の生き抜く気力で頑張ってこられた
時期から次に向かえる「心」のケアについて
専門(医療関係)者からのさまざまな対応法について紹介されて
います。
被災地へ復興支援に行かれる方、または、今後の自身の為にも
以下のアドレスをクリックいただき、
「日本精神神経学会」「災害支援委員会」のホームページを
ご参照いただければ幸いです。

★http://www.jspn.or.jp/info/2011_03_11info/ms_news.html

今回の震災後、すぐさま「タイ」国の当協会会員から
心配のメールをいただきました。
感謝です。
2009年にYAMAHA様から依頼をいただき
「タイ」国に行かせていただき、レスキュー隊の方々に
PWCレスキューの講習会を行なわせていただいた時の
方々です。
更に、とても素晴らしいメッセージ動画が送られて
来ましたのでご紹介いたします。
「心」が元気になります。




★………★………★………★………★………★………★
NPOウォーターリスクマネジメント協会 震災復興事業部
★………★………★………★………★………★………★


この度の地震について、被災者被災地に対して情報共有のご協力から出来ればと
考えます。何かございましたら、当協会までご連絡下さい。
当ブログを使い、各種の情報を公開させていただきます。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P88217590

こちらのメールフォームをご利用下さい。





☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
PWC(水上バイク)レスキュー認定資格講習会
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


1999年、私たちW.R.M.A(ウォーター・リスク・マネジメント協会)が日本で初めてPWCレス
キューを導入しました。以降PWCレスキューは、急速に国内の各海岸へ普及しています。

安全で機動性に優れたPWCレスキューの普及を図るため、ハワイアンライフガード協会・PW
安全協会の協力の下、プロを育成するためのライセンス講習会を行っています。


詳細・参加要領は、協会ホームページをご覧下さい!!
http://www.geocities.jp/hawaiiansea2000/wrma.html

◆海上保安官、消防職員、警察、自衛隊等の関係官庁におかれまして
公務救難活動に従事されている方へ◆

  「日本財団」様からの助成事業として、海上保安官、消防職員、警察、自衛隊等
  の関係機関におかれまして公務救難活動に従事されている方は、当協会主催の
  指定講習会においてPWC−R講習会を講習料無料で参加いただける事になりました。
  (登録料は別途要)
http://www.geocities.jp/hawaiiansea2000/wrma.koumu.html

◆【協会主催:PWC−R出張講習会を受け付けます】
当協会では、開催地が遠隔で参加が難しい方や機関の為に、インストラクターを派遣
する出張講習会も実施いたします。


♪━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃NPOウォーターリスクマネジメント協会から会員募集のご案内 ┃
┗━━━━━━━━━━━━♪━━━━━━━━━━━━━━━━
協会の海上(水上)安全啓蒙活動の運営は、会費によって賄われております。
2011年度も皆様からのご支援をよろしくお願いいたします。
詳細は、ココをクリック下さい。
NPOウォーターリスクマネジメント協会は、皆様からの会費で運営されております。
皆様のご協力ご理解をよろしくお願い致します。
※賛助会員 随時募集中!!



お気軽にご相談下さい。
ご相談は、以下のメールフォームより送信下さい!!
http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P67720025

Posted by ちょこ at 12:36 | ヒヤリング調査 | この記事のURL | コメント(0)
地震 支援物資発送 等の情報[2011年03月15日(Tue)]
神奈川県民活動サポートセンターに行ってきました。

東北地震ボランティアですが、現状では出来る状態ではないと思われます。おおよそ、2〜3週間後に現地で災害ボランティアセンターが発足し、それから活動が検討のではないかとの事でした。

しかし、原発の行方でどうなるか不透明だと思っています。

ボランティアをお考えの皆様決して無理をなさらないよう、お願い申し上げます。

またメディアで物資が足りないと放送されていますが、小口で多くの人が
送ってしまうと現地の郵送手段に混乱をきたす恐れがあるとの事でした。

せっかく、救援物資を送っても現地の邪魔になってしまう事もあるとのことです。
今はやはり募金が一番有効な手段だと思われます。

★………★………★………★………★………★………★
NPOウォーターリスクマネジメント協会 震災復興事業部
★………★………★………★………★………★………★


この度の地震について、被災者被災地に対して情報共有のご協力から出来ればと
考えます。何かございましたら、当協会までご連絡下さい。
当ブログを使い、各種の情報を公開させていただきます。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P88217590

こちらのメールフォームをご利用下さい。





☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
PWC(水上バイク)レスキュー認定資格講習会
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


1999年、私たちW.R.M.A(ウォーター・リスク・マネジメント協会)が日本で初めてPWCレスキューを導入しました。以降PWCレスキューは、急速に国内の各海岸へ普及しています。

安全で機動性に優れたPWCレスキューの普及を図るため、ハワイアンライフガード協会・PW安全協会の協力の下、プロを育成するためのライセンス講習会を行っています。


詳細・参加要領は、協会ホームページをご覧下さい!!
http://www.geocities.jp/hawaiiansea2000/wrma.html

◆海上保安官、消防職員、警察、自衛隊等の関係官庁におかれまして
公務救難活動に従事されている方へ◆

  「日本財団」様からの助成事業として、海上保安官、消防職員、警察、自衛隊等
  の関係機関におかれまして公務救難活動に従事されている方は、当協会主催の
  指定講習会においてPWC−R講習会を講習料無料で参加いただける事になりました。
  (登録料は別途要)
http://www.geocities.jp/hawaiiansea2000/wrma.koumu.html

◆【協会主催:PWC−R出張講習会を受け付けます】
当協会では、開催地が遠隔で参加が難しい方や機関の為に、インストラクターを派遣
する出張講習会も実施いたします。


♪━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃NPOウォーターリスクマネジメント協会から会員募集のご案内 ┃
┗━━━━━━━━━━━━♪━━━━━━━━━━━━━━━━
協会の海上(水上)安全啓蒙活動の運営は、会費によって賄われております。
2011年度も皆様からのご支援をよろしくお願いいたします。
詳細は、ココをクリック下さい。
NPOウォーターリスクマネジメント協会は、皆様からの会費で運営されております。
皆様のご協力ご理解をよろしくお願い致します。
※賛助会員 随時募集中!!



お気軽にご相談下さい。
ご相談は、以下のメールフォームより送信下さい!!
http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P67720025


Posted by ちょこ at 12:17 | ヒヤリング調査 | この記事のURL | コメント(0)
被災者からの声[2011年03月14日(Mon)]
今回、入手しました千葉県飯岡市内の画像です。
この地域の情報が報道であまり取り上げられていないので
ここにご紹介いたします。








非常に重要な被災現場からのメールをいただきましたので
ご紹介します。
本文そのままは差し障りありますので要訳して記載します。
・気持ちはありがたい(何か協力しようとしている人達に対し)
・今来られても、正直言って困ります。
・現在の被災状況(とりわけ深刻なエリア)は人力では歯が立たない。
被災者は個々に自分の事を考えることで精一杯。
・実際に被害状況を見に来る人や安否情報を求める人で、それでなくても
瓦礫で混雑を起こしている道が、更に混雑を発生させている。
・被災エリアで給油する他県ナンバーの人がおり、車上生活をしている方々
から見れば逆に反感をかってしまう。
・一部、給電が再開してきていますので、被害のなかった地域にお住まい
のかたは、エネルギーの節減に努めて下さい、お願いします。

以上が、被災現場からの大事な友人からのメッセージでした。
もちろん、他にも違った気持の方もいらっしゃるとは思いますが
今回の震災への対応は、今までにない長期の対応が必要と思われます。
規模の大きな、しっかりとした体制を持つボランティア団体等の発表を
よく調べ、活動出来る時期と内容を精査して、その時に備えましょう。











★………★………★………★………★………★………★
NPOウォーターリスクマネジメント協会 震災復興事業部
★………★………★………★………★………★………★


この度の地震について、被災者被災地に対して情報共有のご協力から出来ればと
考えます。何かございましたら、当協会までご連絡下さい。
当ブログを使い、各種の情報を公開させていただきます。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P88217590

こちらのメールフォームをご利用下さい。





☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
PWC(水上バイク)レスキュー認定資格講習会
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


1999年、私たちW.R.M.A(ウォーター・リスク・マネジメント協会)が日本で初めてPWCレスキューを導入しました。以降PWCレスキューは、急速に国内の各海岸へ普及しています。

安全で機動性に優れたPWCレスキューの普及を図るため、ハワイアンライフガード協会・PW安全協会の協力の下、プロを育成するためのライセンス講習会を行っています。


詳細・参加要領は、協会ホームページをご覧下さい!!
http://www.geocities.jp/hawaiiansea2000/wrma.html

◆海上保安官、消防職員、警察、自衛隊等の関係官庁におかれまして
公務救難活動に従事されている方へ◆

  「日本財団」様からの助成事業として、海上保安官、消防職員、警察、自衛隊等
  の関係機関におかれまして公務救難活動に従事されている方は、当協会主催の
  指定講習会においてPWC−R講習会を講習料無料で参加いただける事になりました。
  (登録料は別途要)
http://www.geocities.jp/hawaiiansea2000/wrma.koumu.html

◆【協会主催:PWC−R出張講習会を受け付けます】
当協会では、開催地が遠隔で参加が難しい方や機関の為に、インストラクターを派遣
する出張講習会も実施いたします。


♪━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃NPOウォーターリスクマネジメント協会から会員募集のご案内 ┃
┗━━━━━━━━━━━━♪━━━━━━━━━━━━━━━━
協会の海上(水上)安全啓蒙活動の運営は、会費によって賄われております。
2011年度も皆様からのご支援をよろしくお願いいたします。
詳細は、ココをクリック下さい。
NPOウォーターリスクマネジメント協会は、皆様からの会費で運営されております。
皆様のご協力ご理解をよろしくお願い致します。
※賛助会員 随時募集中!!



お気軽にご相談下さい。
ご相談は、以下のメールフォームより送信下さい!!
http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P67720025








Posted by ちょこ at 23:40 | ヒヤリング調査 | この記事のURL | コメント(0)
プロフィール

NPO ウォーターリスクマネジメント協会 東日本震大災復興支援事業部さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/wrmhukkosien/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/wrmhukkosien/index2_0.xml