CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2011年04月 | Main | 2011年06月»
プロフィール

ウォーターリスクマネジメント協会さんの画像
リンク集
<< 2011年05月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリアーカイブ
最新記事
http://blog.canpan.info/wrma/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/wrma/index2_0.xml
青バイ(水上バイクパトロール艇)進水と試乗 [2011年05月26日(Thu)]

昨日、平塚市リバーポートマリーナ内55ヘブン様にて
青バイ(水上バイクパトロール艇)進水と試乗を行ないました。




ま〜どこからどう見てもレジャー用には見えない
(当たり前ですが・・・)
拡声器&サイレン、青色フラッシュライト等のテストも
行いました。
特に、サイレンの音は、半端なく目立つ・・・


ブレーキ付きのPWCの操作性にも感心。
リバースよりも、ニュートラルがあるのが、安全活動を行う
上で重宝する事が確認出来ました。

すでに、協会の活動スケジュールもパンパンに詰まって
きており、このPWCの出動は、かなり頻度の高いものに
なると思います。


また、本日は、MGマリーン斉藤社長とミーティングをさせて
いただき、斉藤社長の呼びかけで、今年の
「江戸川・水フェスタ in いちかわ」に当協会も協力参加させて
いただく事が決まりました。
レスキューのデモンストレーションを行ないます。
また、青バイ隊の露出の為に、上記の新艇も出動する事に
なりました。
詳細全体会議が、後日あります。
各関係団体・機関様との協調活動は、当協会にとっても非常に
大事なものになります。
PWCレスキュー普及の為、努力を惜しまないつもりです。
このような機会を与えていただきました斉藤社長に感謝いたします。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
PWC(水上バイク)レスキュー認定資格講習会開催のお知らせ
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
1 目的
水上バイクを使ったレスキュー法の普及および、そのレスキュー体制の成熟を目指す。
今まで対応が困難であった救難及び安全啓蒙活動に対し効果的な技術と、その対応
環境を構築し、今まで救えなかった命を救えるよう、各水域での安全管理体制を向上
させる。

2 実施日時
◆6月22日:静岡県立「三ケ日青年の家」にて
◆7月22日:京都府宮津市「NEST」様にて

3 実施内容
◆レスキュアー レベル1
◆レスキュードライバー レベル1

詳細、参加要領は ココをクリック!!
★………★………★………★………★………★………★
NPOウォーターリスクマネジメント協会
★………★………★………★………★………★………★
この度の地震について、まずは、被災者被災地に対して情報共有のご協力から
出来ればと考えます。
何かございましたら、当協会までご連絡下さい。
当協会ブログを使い、各種の情報を公開させていただきます。
こちらのメールフォームをご利用下さい

◆海上保安官、消防職員、警察、自衛隊等の関係機関におかれまして
公務救難活動に従事されている方◆
★「日本財団」様からの助成事業として、海上保安官、消防職員、警察、自衛隊等
の関係機関におかれまして公務救難活動に従事されている方は、当協会主催の
指定講習会においてPWC−R講習会を講習料無料で参加いただける事になりました。
(登録料は別途要)
詳しくは、協会ホームページをご覧下さい!!

【協会主催:PWC−R出張講習会を受け付けます】
当協会では、開催地が遠隔で参加が難しい方や機関の為に、インストラクターを派遣
する出張講習会も実施いたします。
★「日本財団」様からの助成事業として、海上保安官、消防職員、警察、自衛隊等
の関係機関におかれまして公務救難活動に従事されている方は、当協会主催の
指定講習会においてPWC−R講習会を出張講習におきても無料で参加いただける事に
なりました。
(登録料は別途要)
お気軽にご相談下さい。
ご相談は、以下のメールフォームより
【PWC−R出張講習会の申請】と記入いただき送信下さい。

♪━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃NPOウォーターリスクマネジメント協会から2011年度年会費のご案内 ┃
┗━━━━━━━━━━━━♪━━━━━━━━━━━━━━━━━━
協会の海上(水上)安全啓蒙活動の運営は、会費によって賄われております。
2011年度も皆様からのご支援をよろしくお願いいたします。
詳細は、ココをクリック下さい。
NPOウォーターリスクマネジメント協会は、皆様からの会費で運営されております。
皆様のご協力ご理解をよろしくお願い致します。
※賛助会員 随時募集中!!

★海上(水上)安全啓蒙活動を行なう
NPOウォーターリスクマネジメント協会」のホームページ
Posted by WRMA海 at 17:28 | 青バイ隊 | この記事のURL | コメント(0)
プロサーフィン安全管理と大槌町での被災者支援活動 [2011年05月23日(Mon)]

今週末、時期を同じくして
JPSA2011ショートボード第1戦大会ライフガードと
大槌町での被災者支援活動がありました。

手分けして各対応をさせていただきました。
対応いただきました会員の皆様には、心より
感謝いたします。

被災者への支援活動は、今回は炊き出し
及び、今後の活動におけるヒアリング等が行なわれ
ました。
詳細レポートは、担当者から報告書があがりましたら
あらためてブログにて報告させていただきます。




伊豆の今井浜〜多々戸海岸で行なわれた
JPSA(日本プロサーフィン連盟)のプロサーフィン大会
にてビーチと海上(PWC/水上バイク)にての安全管理
活動をさせていただきました。
結果、事故なく大会が終わり、良かったです。


無事に大会が終了するのが最高の事です。
でも、平穏な大会の進行の中では
我々の存在は、一見無駄に見えるかもしれません。。。
しかし、この度の震災からも学んだように
有事の際の事前の取り組みがいかに重要で
あるかを普段から意識していただきたいと
願います。
また、こうしたプロの大会にて安全管理体制の
模範を示すことで、サーフィン界全体の社会的
地位の向上にも繋がると考えます。

今後も、微力ながら協力をさせていただきたいと
思います。

また、今回参加したガードメンバーも
こうした現場での経験が非常に重要になります。
大会進行中の活動も大事ですが、その前後の
準備やかたずけ、船のメンテナンスも重要です。
実際の安全管理活動の中で、このガード活動
前後の方が重要度の大半を占めることに
なります。


また、PWC(水上バイク)を出動させるにあたり
海保、区長、漁協、ローカル関係者への許可等の
根回しも重要ですし、対応に結構な労力と時間を
要します。
このような対応には、多くの方々の協力が無ければ
出来ません。

今回、携わっていただいた全ての方々に心より
感謝いたします。
今後も協会として法人組織として社会的な
責任を果たしつつ着実な成長が出来るように
努力を続けてまいります。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
PWC(水上バイク)レスキュー認定資格講習会開催のお知らせ
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
PWC−R(水上バイクを使ったレスキュー法)認定資格講習会を開催いたします。
1 目的
水上バイクを使ったレスキュー法の普及および、そのレスキュー体制の成熟を目指す。
今まで対応が困難であった救難及び安全啓蒙活動に対し効果的な技術と、その対応
環境を構築し、今まで救えなかった命を救えるよう、各水域での安全管理体制を向上
させる。

2 実施日時
2011年5月28日・29日
午前9時〜午後3時 (午後4〜5時の場合有)
※集合場所/時間 午前8時30分 三保シーサイドホテルを目印

3 実施場所
静岡県三保海岸域

詳細、参加要領は、ココをクリックしホームページをご参照下さい。

★………★………★………★………★………★………★
NPOウォーターリスクマネジメント協会
★………★………★………★………★………★………★
この度の地震について、まずは、被災者被災地に対して情報共有のご協力から
出来ればと考えます。
何かございましたら、当協会までご連絡下さい。
当協会ブログを使い、各種の情報を公開させていただきます。
こちらのメールフォームをご利用下さい

◆海上保安官、消防職員、警察、自衛隊等の関係機関におかれまして
公務救難活動に従事されている方◆
★「日本財団」様からの助成事業として、海上保安官、消防職員、警察、自衛隊等
の関係機関におかれまして公務救難活動に従事されている方は、当協会主催の
指定講習会においてPWC−R講習会を講習料無料で参加いただける事になりました。
(登録料は別途要)
詳しくは、協会ホームページをご覧下さい!!

【協会主催:PWC−R出張講習会を受け付けます】
当協会では、開催地が遠隔で参加が難しい方や機関の為に、インストラクターを派遣
する出張講習会も実施いたします。
★「日本財団」様からの助成事業として、海上保安官、消防職員、警察、自衛隊等
の関係機関におかれまして公務救難活動に従事されている方は、当協会主催の
指定講習会においてPWC−R講習会を出張講習におきても無料で参加いただける事に
なりました。
(登録料は別途要)
お気軽にご相談下さい。
ご相談は、以下のメールフォームより
【PWC−R出張講習会の申請】と記入いただき送信下さい。

♪━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃NPOウォーターリスクマネジメント協会から2011年度年会費のご案内 ┃
┗━━━━━━━━━━━━♪━━━━━━━━━━━━━━━━━━
協会の海上(水上)安全啓蒙活動の運営は、会費によって賄われております。
2011年度も皆様からのご支援をよろしくお願いいたします。
詳細は、ココをクリック下さい。
NPOウォーターリスクマネジメント協会は、皆様からの会費で運営されております。
皆様のご協力ご理解をよろしくお願い致します。
※賛助会員 随時募集中!!

★海上(水上)安全啓蒙活動を行なう
NPOウォーターリスクマネジメント協会」のホームページ
Posted by WRMA海 at 16:48 | 大会ライフガード | この記事のURL | コメント(0)
各種スケジュールが大幅に更新されます☆ [2011年05月15日(Sun)]

5月12日は、午前中から当協会インスタラクター会員の来所
からはじまり、午後からは「(社)日本プロサーフィン連盟」様の
オフィスでのミーティングをさせていただき、本年度の大会
ライフガード活動についての各種確認をさせていただきました。

13日は、午前中より各種の会議資料をまとめ
午後から、日本財団ビルにて「日本青バイ隊」会議が
ありました。
その後、懇親会等があり、今週は、先日の平塚消防本部様へ
の訪問からはじまり、週明けから非常に内容の
濃いスケジュールになり、各種のプロジェクト実施スケジュール
が急速に決まっていきました。

すでにさまざまな関係機関、団体様との協調活動が始まって
おりますので、我々だけの協会運営のペースでは責任を果たせ
ない状況であり、すでに多くの方々のお力をいただきながら
目一杯の時間を使い前に進んでおります。

◆12日JPSA様でのミーティングより
現在決まっている、本年度(2011年)のJPSAプロサーフィンツアー
の主な日程を確認させていただきました。
JPSA様のホームページにての大会開催日程発表に合わせまして
当協会のホームページでも発表させていただきます。
基本的に、JPSAプロサーフィン大会にての大会ライフガードは
全戦の参加をさせていただきます。
JPSAホームページは、こちらをクリック

◆13日の日本財団ビルでの「日本青バイ隊」会議

●会議参加団体(順不同・敬称略)
・(財)日本財団
・(NPO)日本青バイ隊
・(NPO)パーソナルウォータークラフト安全協会
・サーフ90藤沢ライフセービングクラブ/サーフ90藤沢 青バイ隊
・浜田青パト水難救助隊(青バイ隊)/(NPO)浜田ライフセービングクラブ
・日本プロウインドサーフィン協会/御前崎ビーチパトロール/渚の交番
・(財)笹川スポーツ財団
・(財)マリンスポーツ財団
・(NPO)ウォーターリスクマネジメント協会(3名参加)


●新艇PWC(青バイ)進水式典について
・伊万里青バイ隊
7月3日 (イマリンビーチ/海開き式と併催)
管轄海保・消防及び関係団体が多数参加
※NPOウォーターリスクマネジメント協会式典参加

・有明青バイ隊
7月17日に開催予定
※NPOウォーターリスクマネジメント協会式典参加

・サーフ90藤沢ライフセービングクラブ/サーフ90藤沢 青バイ隊
5月28日 管轄海保・消防及び関係団体が多数参加
※NPOウォーターリスクマネジメント協会の新艇も同時参加

・浜田青パト水難救助隊(青バイ隊)/(NPO)浜田ライフセービングクラブ
6月26日 行政各位来賓
※NPOウォーターリスクマネジメント協会式典参加


●活動計画
・PW安全協会
@現在実施予定の6月〜8月の各地域での水上安全啓蒙活動にてPWC参加
 協力の報告。
 NPOウォーターリスクマネジメント協会へ平成23年度の各種青バイ隊活動
 (安全管理)においての協力要請をいただく。
Aローカルルールの周知活動を強化する。←青バイ隊からの情報収集協力の
 要請あり。

・伊万里/有明青バイ隊
6月26日:唐津トライアスロンの安全管理有り。
7月3日:海開き(青バイ隊贈呈式)
7月17日:有明青バイ隊贈呈式
7月中旬:伊万里ビーチバレー大会での安全管理
7月3日〜8月20日:土日に向け青バイ隊パトロール活動
8月下旬:海保との合同パトロール
NPOウォーターリスクマネジメント協会へ平成23年度の各種青バイ隊活動
 (安全管理)においての協力要請をいただく。

・サーフ90
6月25日:東日本大震災チャリティーサーフミート 海上レスキュー参加
夏期:サーフ90藤沢ライフセービングクラブ海水浴場監視活動にて青バイ隊常勤

・浜田青パト水難救助隊(青バイ隊)/(NPO)浜田ライフセービングクラブ
夏期、土日祝:パトロール開始
海保・消防合同訓練実施予定

・ウォーターリスクマネジメント協会
5月25日:新艇青バイPWCの試験走行及び、内部訓練
5月28日:サーフ90様進水式 同時参加
5月28日29日:静岡県三保海岸エリアにて認定資格講習会実施
6月5日:伊万里にて認定資格講習会実施
6月25日:東日本大震災チャリティーサーフミート 海上安全管理協力
6月下旬:認定資格講習会実施の調整中
7月11日〜15日:平塚水難救助隊との合同訓練実施
その他、各マリンスポーツ競技会・行事にてウォーターパトロールの
参加の報告。

会議終了後、各機関・団体との懇親会


いよいよ、更に全開で忙しくなります。
来週明けからも、みんなで手分けをして
PWCレスキュー活動から震災復興支援活動まで
努力を続けていきたいと思います。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
PWC(水上バイク)レスキュー認定資格講習会開催のお知らせ
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
PWC−R(水上バイクを使ったレスキュー法)認定資格講習会を開催いたします。
1 目的
水上バイクを使ったレスキュー法の普及および、そのレスキュー体制の成熟を目指す。
今まで対応が困難であった救難及び安全啓蒙活動に対し効果的な技術と、その対応
環境を構築し、今まで救えなかった命を救えるよう、各水域での安全管理体制を向上
させる。

2 実施日時
2011年5月28日・29日
午前9時〜午後3時 (午後4〜5時の場合有)
※集合場所/時間 午前8時30分 三保シーサイドホテルを目印

3 実施場所
静岡県三保海岸域

詳細、参加要領は、ココをクリックしホームページをご参照下さい。

★………★………★………★………★………★………★
NPOウォーターリスクマネジメント協会
★………★………★………★………★………★………★
この度の地震について、まずは、被災者被災地に対して情報共有のご協力から
出来ればと考えます。
何かございましたら、当協会までご連絡下さい。
当協会ブログを使い、各種の情報を公開させていただきます。
こちらのメールフォームをご利用下さい

◆海上保安官、消防職員、警察、自衛隊等の関係機関におかれまして
公務救難活動に従事されている方◆
★「日本財団」様からの助成事業として、海上保安官、消防職員、警察、自衛隊等
の関係機関におかれまして公務救難活動に従事されている方は、当協会主催の
指定講習会においてPWC−R講習会を講習料無料で参加いただける事になりました。
(登録料は別途要)
詳しくは、協会ホームページをご覧下さい!!

【協会主催:PWC−R出張講習会を受け付けます】
当協会では、開催地が遠隔で参加が難しい方や機関の為に、インストラクターを派遣
する出張講習会も実施いたします。
★「日本財団」様からの助成事業として、海上保安官、消防職員、警察、自衛隊等
の関係機関におかれまして公務救難活動に従事されている方は、当協会主催の
指定講習会においてPWC−R講習会を出張講習におきても無料で参加いただける事に
なりました。
(登録料は別途要)
お気軽にご相談下さい。
ご相談は、以下のメールフォームより
【PWC−R出張講習会の申請】と記入いただき送信下さい。

♪━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃NPOウォーターリスクマネジメント協会から2011年度年会費のご案内 ┃
┗━━━━━━━━━━━━♪━━━━━━━━━━━━━━━━━━
協会の海上(水上)安全啓蒙活動の運営は、会費によって賄われております。
2011年度も皆様からのご支援をよろしくお願いいたします。
詳細は、ココをクリック下さい。
NPOウォーターリスクマネジメント協会は、皆様からの会費で運営されております。
皆様のご協力ご理解をよろしくお願い致します。
※賛助会員 随時募集中!!

★海上(水上)安全啓蒙活動を行なう
NPOウォーターリスクマネジメント協会」のホームページ
Posted by WRMA海 at 12:20 | 成果物 | この記事のURL | コメント(0)
平塚消防本部&55HEAVEN [2011年05月12日(Thu)]

午前中、リバーポートマリーナ「55HEAVEN」様に行かせていただきました。
加藤様に時間をいただき、いろいろとお話をさせていただきました。
今回当協会に配備される新艇で本当にお世話になっております。
けしてスタイリッシュな配色ではないですが、艇の使命が
ウォーターパトロールなので、、、
まるで、パトカーです。
これから各種のロゴや装備品が設置されます。


いくら新しいPWCが配備されたとしても、昨年に入手したPWCは
中古であっても、昨年の活動を大きく支えてくれた思い入れのある
艇です。
新しい艇(PWC)に浮かれずに、昨年、大活躍をしてくれた艇(PWC)
にも感謝を忘れずに大事にしていきたいと思います。
この艇(PWC)にも多くの方々の想いがつまっています。


昼からは、田村氏と共に平塚消防本部へPWCレスキュー合同訓練の
打ち合わせに行かせていただきました。


この平塚消防の水難救助隊の方も昨年に当協会のPWCレスキュー講習会に
参加いただいており、ありがたい事に繋がりを持たせていただいております。
消防司令長からも「継続的な実施実現」をとのお言葉をいただきました。
誠に恐縮ですが、力いっぱい努力させていただきます。
担当の方からも平塚だけではなく、近郊管轄の水難救助隊とも連携を
組み活動を広げていきたいというお言葉もいただきました。
益々、責任が増します。
「日本の公的救難機関」「ハワイアンライフガード」「日本のPWC業界」「サーフィン業界」
「ライフセービング界」「その他のマリンスポーツ界」が一体となり大人の連携を構築し
海上(水上)安全啓蒙活動に寄与していきたいと思います。
今回の打ち合わせで、合同訓練の実施見通し時期を7月11日〜15日とさせて
いただきました。
また、具体的に決まった事がありましたら、ホームページやブログで紹介させて
いただきます。

それから、事務局に戻り、各種の事業報告書の作成や今月実施のPWCレスキュー
講習会開催にあたっての管轄海上保安庁に提出する行事届け&協会概要の作成
送付と事務仕事を行いました。
活動が広がってくると、同時にさまざまな事務的作業にも対応しなければいけない
責任が増えます。
まだまだ勉強する事も一杯あります。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
PWC(水上バイク)レスキュー認定資格講習会開催のお知らせ
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
PWC−R(水上バイクを使ったレスキュー法)認定資格講習会を開催いたします。
1 目的
水上バイクを使ったレスキュー法の普及および、そのレスキュー体制の成熟を目指す。
今まで対応が困難であった救難及び安全啓蒙活動に対し効果的な技術と、その対応
環境を構築し、今まで救えなかった命を救えるよう、各水域での安全管理体制を向上
させる。

2 実施日時
2011年5月28日・29日
午前9時〜午後3時 (午後4〜5時の場合有)
※集合場所/時間 午前8時30分 三保シーサイドホテルを目印

3 実施場所
静岡県三保海岸域

詳細、参加要領は、ココをクリックしホームページをご参照下さい。

★………★………★………★………★………★………★
NPOウォーターリスクマネジメント協会
★………★………★………★………★………★………★
この度の地震について、まずは、被災者被災地に対して情報共有のご協力から
出来ればと考えます。
何かございましたら、当協会までご連絡下さい。
当協会ブログを使い、各種の情報を公開させていただきます。
こちらのメールフォームをご利用下さい

◆海上保安官、消防職員、警察、自衛隊等の関係機関におかれまして
公務救難活動に従事されている方◆
★「日本財団」様からの助成事業として、海上保安官、消防職員、警察、自衛隊等
の関係機関におかれまして公務救難活動に従事されている方は、当協会主催の
指定講習会においてPWC−R講習会を講習料無料で参加いただける事になりました。
(登録料は別途要)
詳しくは、協会ホームページをご覧下さい!!

【協会主催:PWC−R出張講習会を受け付けます】
当協会では、開催地が遠隔で参加が難しい方や機関の為に、インストラクターを派遣
する出張講習会も実施いたします。
★「日本財団」様からの助成事業として、海上保安官、消防職員、警察、自衛隊等
の関係機関におかれまして公務救難活動に従事されている方は、当協会主催の
指定講習会においてPWC−R講習会を出張講習におきても無料で参加いただける事に
なりました。
(登録料は別途要)
お気軽にご相談下さい。
ご相談は、以下のメールフォームより
【PWC−R出張講習会の申請】と記入いただき送信下さい。

♪━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃NPOウォーターリスクマネジメント協会から2011年度年会費のご案内 ┃
┗━━━━━━━━━━━━♪━━━━━━━━━━━━━━━━━━
協会の海上(水上)安全啓蒙活動の運営は、会費によって賄われております。
2011年度も皆様からのご支援をよろしくお願いいたします。
詳細は、ココをクリック下さい。
NPOウォーターリスクマネジメント協会は、皆様からの会費で運営されております。
皆様のご協力ご理解をよろしくお願い致します。
※賛助会員 随時募集中!!

★海上(水上)安全啓蒙活動を行なう
NPOウォーターリスクマネジメント協会」のホームページ
Posted by WRMA海 at 03:40 | 公的機関との合同訓練 | この記事のURL | コメント(0)
MGマリーン主催「PWCレスキュー」講習会 [2011年05月08日(Sun)]

5月4日に千葉県市川市にある、日本マリーナの老舗である
MGマリーン」さんに行かせていただきました。

この日は、「PWCレスキュー」の講習会をされるという
こともありますが、当協会としても日本のPWC界のパイオニア的
存在である「斉藤社長」とは是非、ご挨拶させていただき
今後の協調活動が出来ればと願っておりましたので
PW安全協会」の事務局長の小林様に仲立ちをお願いし
訪問させていただきました。
小林様、ありがとうございます。

講習会の開始前に、斉藤社長をはじめ、マリーナのスタッフの方々
とご挨拶をさせていだきました。
PWC専門誌「HOT WATER」の編集の方や「BRP」の方も
来られていましたので、ご紹介いただきました。

挨拶をさせていただいてから「PWCレスキュー講習会」の座学から
参加させていただきました。


やはり船(PWC)を長年取り扱ってこられた方々の講習内容は
普段レスキュー講習会をやらせていただいている我々にとっても
非常に勉強になる内容が多く、本当に来て良かったと感じました。

PWCそのものについて、一定の知識は、海保で機関長でもある
高野様からも指導を受けましたが、その時に感じたPWCそのものに
ついての知識の重要性を再認識させていただきました。

レスキューチューブやスレッド等の取り扱いは、さすがに
私達も専門ですが、レスキュー(ライフガード)の立場を通してPWCを
見るのと、船(PWC)の機関関係やPWC操船を通して
レスキューを見るのは、確実に視点が違っていて、双方の
視点を理解する重要性を特に感じる事が出来ました。
たとえが、上手くないかもしれませんが、「魚をさばけない、すし職人」
になってはいけないという感じでしょうか。。。

午後からは、実技講習。
まずは、ロープワークを徹底して行います。
更に、曳航方法、それから救助法と続きます。
曳航方法については、船の専門家ならではの指導で、これも
参考になりました。



救助法については、やはり我々の専門でありますので
少しお手伝いをさせていただきました。


今回の講習会の参加者の皆様にも
飛び入りの参加にも関わらず、気持ちよく
お付き合いをいただき、感謝いたします。


講習会の後は、斉藤社長と私(海)の対談を「HOT WATER」の編集の方に
取材いただきました。
6月ぐらいの発刊で今回の講習会と対談インタビューが掲載されるとの
事です。
何から何まで、この度は、斉藤社長ならびにMGマリーンの皆様に、本当に
お世話になりました。

当協会も今回の講習会で学んだ事も、しっかりと取り入れ
次回の5月28〜29日の静岡県三保海岸での講習会に役立て
たいと思います。

また、これからも、さまざまな機会を持ち、マリーナ様とのお付き合い
も進め、PWCレスキュー法の普及に努めてまいりたいと思います。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
PWC(水上バイク)レスキュー認定資格講習会開催のお知らせ
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
PWC−R(水上バイクを使ったレスキュー法)認定資格講習会を開催いたします。
1 目的
水上バイクを使ったレスキュー法の普及および、そのレスキュー体制の成熟を目指す。
今まで対応が困難であった救難及び安全啓蒙活動に対し効果的な技術と、その対応
環境を構築し、今まで救えなかった命を救えるよう、各水域での安全管理体制を向上
させる。

2 実施日時
2011年5月28日・29日
午前9時〜午後3時 (午後4〜5時の場合有)
※集合場所/時間 午前8時30分 三保シーサイドホテルを目印

3 実施場所
静岡県三保海岸域

詳細、参加要領は、ココをクリックしホームページをご参照下さい。

★………★………★………★………★………★………★
NPOウォーターリスクマネジメント協会
★………★………★………★………★………★………★
この度の地震について、まずは、被災者被災地に対して情報共有のご協力から
出来ればと考えます。
何かございましたら、当協会までご連絡下さい。
当協会ブログを使い、各種の情報を公開させていただきます。
こちらのメールフォームをご利用下さい

◆海上保安官、消防職員、警察、自衛隊等の関係機関におかれまして
公務救難活動に従事されている方◆
★「日本財団」様からの助成事業として、海上保安官、消防職員、警察、自衛隊等
の関係機関におかれまして公務救難活動に従事されている方は、当協会主催の
指定講習会においてPWC−R講習会を講習料無料で参加いただける事になりました。
(登録料は別途要)
詳しくは、協会ホームページをご覧下さい!!

【協会主催:PWC−R出張講習会を受け付けます】
当協会では、開催地が遠隔で参加が難しい方や機関の為に、インストラクターを派遣
する出張講習会も実施いたします。
★「日本財団」様からの助成事業として、海上保安官、消防職員、警察、自衛隊等
の関係機関におかれまして公務救難活動に従事されている方は、当協会主催の
指定講習会においてPWC−R講習会を出張講習におきても無料で参加いただける事に
なりました。
(登録料は別途要)
お気軽にご相談下さい。
ご相談は、以下のメールフォームより
【PWC−R出張講習会の申請】と記入いただき送信下さい。

♪━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃NPOウォーターリスクマネジメント協会から2011年度年会費のご案内 ┃
┗━━━━━━━━━━━━♪━━━━━━━━━━━━━━━━━━
協会の海上(水上)安全啓蒙活動の運営は、会費によって賄われております。
2011年度も皆様からのご支援をよろしくお願いいたします。
詳細は、ココをクリック下さい。
NPOウォーターリスクマネジメント協会は、皆様からの会費で運営されております。
皆様のご協力ご理解をよろしくお願い致します。
※賛助会員 随時募集中!!

★海上(水上)安全啓蒙活動を行なう
NPOウォーターリスクマネジメント協会」のホームページ
Posted by WRMA海 at 02:16 | PWC−R講習会 | この記事のURL | コメント(0)
東日本大震災支援活動について(活動報告レポート) [2011年05月06日(Fri)]

 当協会NPO法人ウォーターリスクマネジメント協会(以下WRMA)は、
平成23 年3 月11 日午後2 時46 分、宮城県沖で起きた地震と併発
した津波による被災者への支援活動を日本財団ROADプロジェクト
「東北地方太平洋沖地震 災害にかかる支援活動助成」を受け、
支援活動を開始、現時点での中間報告を致します。

▼第1次支援活動メンバー(4名)

▼第1次支援活動内容報告
第1次支援:4月28日〜5月2日
(物資調達、現地ボランティア活動、現地ヒヤリング調査)

物資の提供協力は
「NPO 悟空研究所」様
「NPO 多文化共生教育ネットワークかながわ」様
「NPO 神奈川県難病団体連絡協議会」
「鎌倉 七里ヶ浜自治会」

4月30日(土)
2:30am福島県福島市に到着。
財団法人リファッション協会物資集積所(担当者への連絡
不通の為、受渡不可で宮城県多賀城市に向かう)
5:30am 宮城県多賀城市到着、車内にて仮眠。
8:30am多賀城市ボランティア受付開始。
(他県からのボランティアは通常受け付けていない。)


10:30am手続き、傷害保険等の加入、派遣先決定。
個人宅へのがれき、汚泥の撤去作業の指示を受ける。
自家用車を使用して被災現場に向かってほしいとのこと。
一輪車を乗せるため、福島で引き渡すことができなかった
物資(衣類)と箱ティッシュ60箱を多賀城市で受け取ってもらう。
担当者、柴田光起氏(多賀城市総務部総務課主幹)にお願いする。

【ヒヤリング調査(柴田氏)】
避難所で必要な物資は何という質問に、「物資を送って頂く
タイミングが大事」との回答でした。
外すと不要になる可能性がある。
がれき、汚泥の撤去で土嚢袋は常に品薄になっている。
今後は仮設住宅に必要な備品が必要になってくると思われる。


10:30am  がれきの撤去と汚泥除去の開始。
3:00pm・・作業終了


3:45pm・・多賀城市役所にて道具の洗浄、後片付け。
4:30pm・・宮城県七ガ浜町に住む、仙台サーフショップユニオン
の代表であった、星さんに会いに行く。
現地はあまりの景色の変わりようにそこがどこなのか地図を
見ないと分からないほどの惨状であった。
鎌倉七里ガ浜からの箱ティッシュ60個を七ヶ浜地域の方へと手渡す。


【ヒヤリング内容(星さん)】
七ヶ浜の海岸近くにあった、自分の店は300m以上内陸に流され
破壊されたとのこと。
海岸の堤防付近では3m程度の地盤沈下が起こり、砂浜の砂は
沖合に持って行かれたとのことであった。
浜には、たくさんのがれきの他、コンテナ、漁船、大量のタイヤなど
が流れ着き、完全復旧の見通しがつかないとのこと。
星さん自身、タイヤを300個以上撤去した。
このままでは砂浜にコンテナ漁船などが埋没してしまい取り退くこと
が難しくなると懸念される。
七ヶ浜町は現在救援物資、ボランティアは受け入れていないとのこと。

6:30pm・・多賀城市に住む目黒さん(WRMA会員、ライフセーバー)、
吉田さん(仙台市民活動サポートセンター)、阿部さん(日本災害救
援隊仙台 代表で荒浜地区を中心に活動)と会って、今後の可能性
について話し合う。

【ヒヤリング内容(目黒氏、吉田氏、阿部氏】
被災者の支援物資に対するニーズは時々刻々と変化してきている。
支援物資は今何が必要かをその都度確認しないと無駄になってしまう
とのこと。
阿部氏の情報だと、福島では障害者などの弱者が避難所に残され、
それらの人に対する支援が必要であるといっていた。

12:00am・・車内にて就寝。

5月1日(日)
7:00am・・起床、朝食
8:00am・・南三陸町に向けて出発。
10:45am・・南三陸町到着。


11:00am・・南三陸町避難所ベイサイドアリーナ
11:15am・・
【南三陸町ボランティアセンターでのヒヤリング調査(担当犬飼さん)】
避難所 約400人
近隣への避難 約1200人
現在ボランティアの活動としては、個人宅の泥出作業が中心となっている。
物資に関しては、効率良く被災者に物が渡る様にシステム作りが課題とな
っている。
町外避難をしている方に物資が届かない状況があり、現在アリーナを中心
にサテライト基地を町の四カ所。
それでも取りに来られない高齢者の人に対して、宅配(クロネコ)を利用する
などで対応している。
炊き出しについては、多くの団体からの参加希望があり、事前の申し出要。

11:40am・・
【南三陸町 町役場物資担当者 ヒヤリング調査(担当佐々木仁一さん)】
必要な物資については常に情報を確認してほしいとのこと。
南三陸町のHPの上位に掲載されている物が、ニーズの高い最新の物となって
いる。
現在は副菜が足らない生活が続いており、生野菜、果物、野菜ジュース、缶詰
などのニーズが高い。また、電気は復旧しているものの、生鮮食品を保存する
業務用冷蔵庫、冷凍庫がなく困っているとのこと。水道は塩害を受けており、完
全復旧は半年後になるため、水は常に必要である。
今後はTシャツなどの夏服が必要になる見込み。
食料品は最低50食以上でお願いしたいとのこと。

13:15pm・・
14:00pm・・気仙沼市(時間が遅くなったためヒヤリング調査はできず)
15:30pm・・一関ICより東北道へ
18:30pm・・福島県安達太良SA
20:00pm・・磐越道で福島県いわき市へ
21:00pm・・常磐道で一路帰途へ

5月2日(月)
15:00pm 横浜市市民活動支援センターにて報告会
今後の支援について意見交換

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
PWC(水上バイク)レスキュー認定資格講習会開催のお知らせ
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
PWC−R(水上バイクを使ったレスキュー法)認定資格講習会を開催いたします。
1 目的
水上バイクを使ったレスキュー法の普及および、そのレスキュー体制の成熟を目指す。
今まで対応が困難であった救難及び安全啓蒙活動に対し効果的な技術と、その対応
環境を構築し、今まで救えなかった命を救えるよう、各水域での安全管理体制を向上
させる。

2 実施日時
2011年5月28日・29日
午前9時〜午後3時 (午後4〜5時の場合有)
※集合場所/時間 午前8時30分 三保シーサイドホテルを目印

3 実施場所
静岡県三保海岸域

詳細、参加要領は、ココをクリックしホームページをご参照下さい。

★………★………★………★………★………★………★
NPOウォーターリスクマネジメント協会
★………★………★………★………★………★………★
この度の地震について、まずは、被災者被災地に対して情報共有のご協力から
出来ればと考えます。
何かございましたら、当協会までご連絡下さい。
当協会ブログを使い、各種の情報を公開させていただきます。
こちらのメールフォームをご利用下さい

◆海上保安官、消防職員、警察、自衛隊等の関係機関におかれまして
公務救難活動に従事されている方◆
★「日本財団」様からの助成事業として、海上保安官、消防職員、警察、自衛隊等
の関係機関におかれまして公務救難活動に従事されている方は、当協会主催の
指定講習会においてPWC−R講習会を講習料無料で参加いただける事になりました。
(登録料は別途要)
詳しくは、協会ホームページをご覧下さい!!

【協会主催:PWC−R出張講習会を受け付けます】
当協会では、開催地が遠隔で参加が難しい方や機関の為に、インストラクターを派遣
する出張講習会も実施いたします。
★「日本財団」様からの助成事業として、海上保安官、消防職員、警察、自衛隊等
の関係機関におかれまして公務救難活動に従事されている方は、当協会主催の
指定講習会においてPWC−R講習会を出張講習におきても無料で参加いただける事に
なりました。
(登録料は別途要)
お気軽にご相談下さい。
ご相談は、以下のメールフォームより
【PWC−R出張講習会の申請】と記入いただき送信下さい。

♪━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃NPOウォーターリスクマネジメント協会から2011年度年会費のご案内 ┃
┗━━━━━━━━━━━━♪━━━━━━━━━━━━━━━━━━
協会の海上(水上)安全啓蒙活動の運営は、会費によって賄われております。
2011年度も皆様からのご支援をよろしくお願いいたします。
詳細は、ココをクリック下さい。
NPOウォーターリスクマネジメント協会は、皆様からの会費で運営されております。
皆様のご協力ご理解をよろしくお願い致します。
※賛助会員 随時募集中!!

★海上(水上)安全啓蒙活動を行なう
NPOウォーターリスクマネジメント協会」のホームページ
Posted by WRMA海 at 13:41 | 震災復興支援活動 | この記事のURL | コメント(0)
くらしまちづくりネットワーク横浜〜東日本大震災復興プロジェクト [2011年05月03日(Tue)]

昨日は、午前中から税務署に行き
種々の手続きを行いました。
皆様に支えられる協会にする為には
各種の法人運営対応をきっちりとしていかなければ
いけません。

また、活動を支援いただくにも
こういう地道な作業をしっかりとやっていく事が
大事だと思います。
けして、楽しい作業ではなですが・・・


昼からは、
「くらしまちづくりネットワーク横浜〜東日本大震災復興プロジェクト」
の会議がありました。
復興支援を行っている、横浜の各団体様と連携を組みながら
精度の高い支援活動が出来るように情報を共有し
また、各団体の特異な分野を活かし、協力して実行していきます。
本当に幅広い情報をいただき勉強になります。

ちょうど、昨日、復興支援活動から帰ってきた当協会のメンバー
からも、現地の情報を発表させていただきました。


今回の震災復興支援活動の内容詳細は、成果物として
明日、このブログでUPさせていただきます。




そして、本日は、神奈川県平塚市にあるマリーナ
「55HEAVEN」さんに行かせていただきました。
当協会に加わる新艇PWCの塗装が出来たとの事で
挨拶を兼ねてです。
スレッド装着用のアイの位置やスピーカー等の
備品の装着位置等の確認もさせていただきました。
日本財団様をはじめ、PW安全協会様、BRP JAPAN様
55HEAVEN様の多大なご支援、心より感謝いたします。

(資料映像)

明日は、MGマリーン様に行かせていただきます。
各方面の方々にご挨拶させていただき
これから、更に協調した活動が出来るように
努力させていただきます。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
PWC(水上バイク)レスキュー認定資格講習会開催のお知らせ
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
PWC−R(水上バイクを使ったレスキュー法)認定資格講習会を開催いたします。
1 目的
水上バイクを使ったレスキュー法の普及および、そのレスキュー体制の成熟を目指す。
今まで対応が困難であった救難及び安全啓蒙活動に対し効果的な技術と、その対応
環境を構築し、今まで救えなかった命を救えるよう、各水域での安全管理体制を向上
させる。

2 実施日時
2011年5月28日・29日
午前9時〜午後3時 (午後4〜5時の場合有)
※集合場所/時間 午前8時30分 三保シーサイドホテルを目印

3 実施場所
静岡県三保海岸域

詳細、参加要領は、ココをクリックしホームページをご参照下さい。

★………★………★………★………★………★………★
NPOウォーターリスクマネジメント協会
★………★………★………★………★………★………★
この度の地震について、まずは、被災者被災地に対して情報共有のご協力から
出来ればと考えます。
何かございましたら、当協会までご連絡下さい。
当協会ブログを使い、各種の情報を公開させていただきます。
こちらのメールフォームをご利用下さい

◆海上保安官、消防職員、警察、自衛隊等の関係機関におかれまして
公務救難活動に従事されている方◆
★「日本財団」様からの助成事業として、海上保安官、消防職員、警察、自衛隊等
の関係機関におかれまして公務救難活動に従事されている方は、当協会主催の
指定講習会においてPWC−R講習会を講習料無料で参加いただける事になりました。
(登録料は別途要)
詳しくは、協会ホームページをご覧下さい!!

【協会主催:PWC−R出張講習会を受け付けます】
当協会では、開催地が遠隔で参加が難しい方や機関の為に、インストラクターを派遣
する出張講習会も実施いたします。
★「日本財団」様からの助成事業として、海上保安官、消防職員、警察、自衛隊等
の関係機関におかれまして公務救難活動に従事されている方は、当協会主催の
指定講習会においてPWC−R講習会を出張講習におきても無料で参加いただける事に
なりました。
(登録料は別途要)
お気軽にご相談下さい。
ご相談は、以下のメールフォームより
【PWC−R出張講習会の申請】と記入いただき送信下さい。

♪━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃NPOウォーターリスクマネジメント協会から2011年度年会費のご案内 ┃
┗━━━━━━━━━━━━♪━━━━━━━━━━━━━━━━━━
協会の海上(水上)安全啓蒙活動の運営は、会費によって賄われております。
2011年度も皆様からのご支援をよろしくお願いいたします。
詳細は、ココをクリック下さい。
NPOウォーターリスクマネジメント協会は、皆様からの会費で運営されております。
皆様のご協力ご理解をよろしくお願い致します。
※賛助会員 随時募集中!!

★海上(水上)安全啓蒙活動を行なう
NPOウォーターリスクマネジメント協会」のホームページ
Posted by WRMA海 at 17:21 | 震災復興支援活動 | この記事のURL | コメント(0)