CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2019年04月 | Main | 2019年06月»
プロフィール

ウォーターリスクマネジメント協会さんの画像
リンク集
<< 2019年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリアーカイブ
最新記事
http://blog.canpan.info/wrma/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/wrma/index2_0.xml
水上オートバイレスキュー活動報告 2019年4月上旬編 VOL、4 [2019年05月02日(Thu)]

4月8日〜
今日は、磐田市消防署福田分遣所さんへ
NSA(一社)日本サーフィン連盟 ジュニアマスターの大会で豊浜ポイントの管轄消防機関である磐田市消防署福田分遣所さんに大会の中でブースを出し一次救命・応急処置の講習を選手や観客の皆様にしていただけないかというお願いをしに参りました。

日頃、一番海で過ごすサーファーの皆様に少しでも一次救命の技術と知識と意識を持っていただければと願っております。
その一助となればと思い、日頃から深く(一社)ウォーターリスクマネジメント協会とお付き合いを頂いている消防機関(公務救難機関)の方々のお力をお借りしお役に立てれればとお願いに参りました。

ただ、この施策についてはあくまでも大会開催時に実現できれば意味がるのではないかという一考案に向けた下準備段階でありますので、正式な発表はNSA(一社)日本サーフィン連盟から別途行われるものですので、あえて付け加えさせていただきます。

もし正式に運用される運びになりましたら、試合の合間の時間で結構ですので、是非、一人でも多くの選手や応援の皆様にご参加いただきますようお願いいたします。

(一社)ウォーターリスクマネジメント協会

62 *.jpg

63.jpg

4月9日〜
今日は、長年の想いがひとつ達成できた日。
ハワイから日本に帰ってきてからマカハのサーフィン大会でお会いした伊良湖のローカルサーファーに誘われて、ここ伊良湖に訪れ早くも15年。

3年間伊良湖ロングボードクラシックでスポンサーもさせていただいたこともあり、その後もJPSA(日本プロサーフィン連盟)さんやNSA(日本サーフィン連盟)さん、JPBA(日本プロボディーボード連盟)さん、そして昨年のISA(インターナショナルサーフィンアソシエーション)のワールドサーフィンゲームスで毎年複数回、10年間をウォーターパトロール(大会安全管理)で来させていただき、とても多くの経験と実績を積ませていただいた深い縁さえ感じるこの田原市赤羽で、とうとう田原市消防本部にてレスキュー用の水上オートバイが配備導入されることになり、更には水上オートバイと水難に特化した機能別消防団員の結成されることとなり、(一社)ウォーターリスクマネジメント協会がこの発起に際し協力をさせていただける運びとなりました。

そして、本日と明日は、同消防本部と機能別消防団に向けての水上オートバイレスキュー法の資格講習会を実施させていただいております。

要救助者のピックアップ法だけではなく、スロープで水上オートバイを下ろす際、今までの各地で経験してきた最干潮時での滑りやすい環境下での工夫した下架方法や使用後の水上オートバイのメンテナンスで見えるところや見えないとこのメンテナンス法等、水上から陸上対応にも及ぶ指導を細かくやらせていただきました。

日本屈指のこのサーフィンエリアの公務救難機関が水上オートバイレスキュー法を導入いただけるのは、上記にもあります私の個人的な感情も相まって本当に感慨に満ちるもので弊協会メンバーと歩んできた今までの実績とこれからの未来に向け勇気に繋がるものであります。

(一社)ウォーターリスクマネジメント協会

16 伊良湖.jpg

17.jpg

18.jpg

19.jpg

20.jpg

21.jpg

22.jpg

23.jpg

24.jpg

25.jpg

26.jpg

27.jpg

28.jpg

29.jpg

(一社)ウォーターリスクマネジメント協会のホームページアドレスが変わりました!
ブックマークの変更等をお願いいたします。

順次、更新していきます!
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
PWC(水上バイク)レスキュー認定資格講習会開催のお知らせ
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
1 目的
水上バイクを使ったレスキュー法の普及および、そのレスキュー体制の成熟を目指す。
今まで対応が困難であった救難及び安全啓蒙活動に対し効果的な技術と、その対応
環境を構築し、今まで救えなかった命を救えるよう、各水域での安全管理体制を向上
させる。

2 実施日時
◆講習日程や場所については、協会ホームページのスケジュールページ
 をご覧ください。
協会スケジュールは、ココをクリック

詳細、参加要領は
ココをクリック
★………★………★………★………★………★………★
協会の活動(講習会等)スケジュールや今までの活動について
★………★………★………★………★………★………★
一般社団法人ウォーターリスクマネジメント協会活動スケジュールは
ココをクリック
★………★………★………★………★………★………★
◆消防職員、警察、自衛隊等の関係機関におかれまして
公務救難活動に従事されている方、また、青バイ隊隊員の方◆
★「日本財団」様からの助成事業として、海上保安官、消防職員、警察、自衛隊等
の関係機関におかれまして公務救難活動に従事されている方及び青バイ隊隊員の方は、
当協会主催の指定講習会においてPWC−R講習会を講習料無料で参加いただける事に
なりました。
(登録料は別途要)
詳しくは、
ココをクリック

【協会主催:PWC−R出張講習会を受け付けます】
当協会では、開催地が遠隔で参加が難しい方や機関の為に、インストラクターを派遣
する出張講習会も実施いたします。
★「日本財団」様からの助成事業として、海上保安官、消防職員、警察、自衛隊等
の関係機関におかれまして公務救難活動に従事されている方及青バイ隊隊員の方は、
当協会主催の指定講習会においてPWC−R講習会を出張講習においても無料で参加
いただける事になりました。
(登録料は別途要)
お気軽にご相談下さい。

ご相談は、以下のメールフォームより
【PWC−R出張講習会の申請】と記入いただき送信下さい。
ここをクリック
♪━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃一般社団法人ウォーターリスクマネジメント協会から2019年度年会費のご案内 ┃
┗━━━━━━━━━━━━♪━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
協会の海上(水上)安全啓蒙活動の運営は、会費によって賄われております。
2019年度も皆様からのご支援をよろしくお願いいたします。
詳細は
ココをクリック
一般社団法人ウォーターリスクマネジメント協会は、皆様からの会費で運営されて
おります。
皆様のご協力ご理解をよろしくお願い致します。
※賛助会員 随時募集中!!

★海上(水上)安全啓蒙活動を行なう
「一般社団法人ウォーターリスクマネジメント協会のホームページ
ここをクリック

*****************************
一般社団法人(非営利型)ウォーターリスクマネジメント協会
事務局

〒105-6027
東京都港区虎ノ門4-3-1
城山トラストタワー 27階
【電話】
03 5403 3488
【E-mail】
 hawaiiansea@ked.biglobe.ne.jp
【ホームページ】
(一般社団法人 ウォーターリスクマネジメント協会)
 http://pwcr-wrma.org/
(メインブログ)
http://blog.canpan.info/wrma/
(フェイスブック)
https://www.facebook.com/wrma.pwcr
【入会・協会支援のお願い】
http://pwcr-wrma.org/wrma.bosyu.html
*****************************
Posted by WRMA海 at 08:00 | 成果物 | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ