CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«当協会は、現場実績が命!そして、そのシーズンがやってきた!!! | Main | さ〜事業活動に加速がついてきましたよー!!!»
プロフィール

ウォーターリスクマネジメント協会さんの画像
リンク集
<< 2019年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
カテゴリアーカイブ
最新記事
http://blog.canpan.info/wrma/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/wrma/index2_0.xml
ライフガードは、現場が命! [2014年05月19日(Mon)]

5月8日〜
今は、伊豆白浜に居ります(^_^;)
昨日まで、山形県をウロウロしていた
のが嘘のよう。
明日から、NSA日本サーフィン連盟の
級別選手権大会の大会ライフガードです。
それにしても、車の運転しまくり
(>_<)
どこでもドアが、欲しいー
1.jpg

5月9日〜
今日から3日間、NSA日本サーフィン連盟様の
級別大会。
その第1日目。
メチャクチャに天気良い!
海水の透明度も良い!
途中から風が強くなったので、海上での
水上バイク待機ポジショニングに苦労しましたが、
事故なく1日目を終えることが出来ました。
明日からは、あえて、私が全体指揮をとらず、
メンバーに全ての指揮を任せ、今後の別働隊活動
に備え訓練を行います。
指揮をとる方も、私以外の同列のメンバーに指揮を
受ける方もいろいろな意味で訓練になります。
チームワークが大事ですからね。
順を追って、粛々と独立していけるようにいかな
いと、私の身体がもたない
2.jpg

3.jpg

4.jpg

5.jpg

5月10日〜
2日目は、少し変則的な進行。
白浜海岸にて、2ポイント。
少し離れた、多田戸浜にて、1ポイントという
形態で進行。
その分、当協会の大会ライフガードの対応は、複雑に
なりますが、3名と2名に分かれて同時対応しています。
私は、出来るだけ口を出さないように、メンバーの
自主性を見させていただいております。
6.jpg

7.jpg

5月11日〜
3日目
連日の晴天!
波は、、、
まーこれは
自然相手の競技なので、仕方がないー
最後まで、事故なく。
大難を小難へ
小難を無難に。
下田ライフセービングのメンバーが、海練習を
していたので、少し話して、ジャンケンで勝った
2名をPWCレスキュースレッド体験をしてもらい
ました
8.jpg

9.jpg

10.jpg

11.jpg

5月12日〜
級別選手権大会終了ー
とにかく無事に終わった。
我々が、無駄に見えている時が、平和な証拠
(⌒-⌒; )
帰り、関東組メンバーで焼肉でパワー補給。
さー今週は、隅田川安全航行パレードの会議に
はじまり、栃木県でのBRPのATV(4輪バギー)
メカニックキャンプ、そして、千葉県南房総の
千倉でのJPSA日本プロサーフィン連盟の
大会ライフガードと横浜国際トライアスロン。。。
まだ、本年度は、はじまったばかり
12.jpg

13.jpg

14.jpg

15.jpg

5月14日〜
隅田川安全航行協議会の会議に出席させて
頂きました。
警視庁、屋形船組合、水上バス会!マリーナ
事業協会等の濃いメンバーに混ざってきさた。
会議会場は、屋形船内ー
水上バイク関係者としては、完全アウエーか…
しかし、屋形船組合の会長、理事長は、凄く
好意的に接して頂き、逆に責任と緊張感が
高まりました。
今は、ATV4輪バギーのメカニック講習会の為、
栃木県に移動中
yakata1.jpg

5月15日〜
ATV4輪バギーのメカニック講習会に参加させて
いただいております。
(一社)ウォーターリスクマネジメント協会で導入
した限りは、一定のメカニック知識が必要と思い、
参加させて頂いております。
水上バイク(PWC)も同じですね。
ATV1.jpg

ATV2.jpg

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
PWC(水上バイク)レスキュー認定資格講習会開催のお知らせ
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
1 目的
水上バイクを使ったレスキュー法の普及および、そのレスキュー体制の成熟を目指す。
今まで対応が困難であった救難及び安全啓蒙活動に対し効果的な技術と、その対応
環境を構築し、今まで救えなかった命を救えるよう、各水域での安全管理体制を向上
させる。

2 実施日時
◆講習日程や場所については、協会ホームページのスケジュールページ
 をご覧ください。
協会スケジュールは、ココをクリック

詳細、参加要領は
ココをクリック
★………★………★………★………★………★………★
協会の活動(講習会等)スケジュールや今までの活動について
★………★………★………★………★………★………★
一般社団法人ウォーターリスクマネジメント協会活動スケジュールは
ココをクリック
★………★………★………★………★………★………★
◆海上保安官、消防職員、警察、自衛隊等の関係機関におかれまして
公務救難活動に従事されている方、また、青バイ隊隊員の方◆
★「日本財団」様からの助成事業として、海上保安官、消防職員、警察、自衛隊等
の関係機関におかれまして公務救難活動に従事されている方及び青バイ隊隊員の方は、
当協会主催の指定講習会においてPWC−R講習会を講習料無料で参加いただける事に
なりました。
(登録料は別途要)
詳しくは、
ココをクリック

【協会主催:PWC−R出張講習会を受け付けます】
当協会では、開催地が遠隔で参加が難しい方や機関の為に、インストラクターを派遣
する出張講習会も実施いたします。
★「日本財団」様からの助成事業として、海上保安官、消防職員、警察、自衛隊等
の関係機関におかれまして公務救難活動に従事されている方及青バイ隊隊員の方は、
当協会主催の指定講習会においてPWC−R講習会を出張講習においても無料で参加
いただける事になりました。
(登録料は別途要)
お気軽にご相談下さい。
ご相談は、以下のメールフォームより
【PWC−R出張講習会の申請】と記入いただき送信下さい。
ここをクリック

♪━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃一般社団法人ウォーターリスクマネジメント協会から2014年度年会費のご案内 ┃
┗━━━━━━━━━━━━♪━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
協会の海上(水上)安全啓蒙活動の運営は、会費によって賄われております。
2014年度も皆様からのご支援をよろしくお願いいたします。
詳細は
ココをクリック
一般社団法人ウォーターリスクマネジメント協会は、皆様からの会費で運営されて
おります。
皆様のご協力ご理解をよろしくお願い致します。
※賛助会員 随時募集中!!

★海上(水上)安全啓蒙活動を行なう
「一般社団法人ウォーターリスクマネジメント協会のホームページ
ここをクリック

★★★★★★★★★ ハワイの海より ★★★★★★★★★★★★★★★
ハワイでも、海上安全活動の一環として、毎日「ハワイの海」サーフィンガイド
とサーフィンレッスンを実施しています!
「海」さんが、日本で各種の活動をしている間は、ハワイサーフィン界の
重鎮「ロイ」さんが、バッチリとみなさんをサポートしますので、みなさん
参加して下さいね☆
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
☆「ハワイの海」のハワイサーフィンガイドツアーについてはこちらです☆
  ↓↓↓
http://www7a.biglobe.ne.jp/~hawaiinoumi/index.surftrip1.html

☆「ハワイの海」のハワイサーフィンレッスンについてはこちらです☆
  ↓↓↓
http://www7a.biglobe.ne.jp/~hawaiinoumi/index.lesson1.html

☆◆日本でも「ハワイの海」サーフィンレッスンを催行しています◆☆
  ↓↓↓
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Ocean/9717/kokunailesson.html

*****************************
一般社団法人(非営利型)ウォーターリスクマネジメント協会
事務局

〒106-0032
東京都港区六本木4丁目12番8号第6DMJビル3階
【電話】
 03-5772-3231
【E-mail】
 hawaiiansea@ked.biglobe.ne.jp
【ホームページ】
(一般社団法人 ウォーターリスクマネジメント協会)
 http://www.geocities.jp/hawaiiansea2000/wrma.html
(メインブログ)
http://blog.canpan.info/wrma/
 http://hawaiiansea.at.webry.info/
(震災復興支援活動ブログ)
 http://blog.canpan.info/wrmhukkosien/
(フェイスブック)
http://facebook.com/umihawaii

【入会・協会支援のお願い】
http://www.geocities.jp/hawaiiansea2000/wrma.bosyu.html
*****************************
Posted by WRMA海 at 12:34 | 活動報告 | この記事のURL | コメント(0)
コメントする
コメント