CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 家族 | Main | 子育ては親育ち »
<< 2018年08月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリアーカイブ
最新記事
西日本豪雨たいへんでした[2018年07月14日(Sat)]
西日本豪雨で被災された皆様にお見舞い申し上げます

当法人事務所も正直危なかった

川の上流で土砂崩れがあり川がせき止められ

膝下までの濁流の中を歩いて

市の委託を受けた依頼学校に

デートDV予防教室に向かうという状態だった

都市高がストップしたために一般道は渋滞

公共交通機関は動かず

雨の中を傘をさして3キロ歩いた

だが生徒が登校できず延期となった

昨年も同じ時期に大雨で延期した学校だった

JRは午後には動くというので小倉駅で時間をつぶすが動かず

結局その日は5キロ歩いた

疲れ果てて帰ると他地域の会員から心配する電話

ニュースは北九州の土砂崩れとオウムのニュースばかりだと言う

濁流の中を歩くことがどんなに危険かを思い知った豪雨だった

その後は多くの地域で災害が起きたが

職場が沈没した、床下浸水をしたという周囲からの声も聞こえた

先週末は土砂崩れで流れ着いた赤土や石ころの片付けがあり

今週は都市高が復旧するまで朝から歩くことが多く大変でした

今週末は少し休みたいと思っています
Posted by NPО法人FОSC at 11:15 | NPO活動ぽやき | この記事のURL | コメント(0)
貸借対照表の提示[2018年05月27日(Sun)]
特定非営利活動促進法54条が変更となった

これに伴い 28条の2第1項に規定する

貸借対照表は法人HP場に掲示することとした

早速、昨年度の貸借対照表

法人ホームページのお知らせページに掲載をした

多くの人にご覧いただきたい

今後ともよろして




Posted by NPО法人FОSC at 09:48 | NPO活動ぽやき | この記事のURL | コメント(0)
皆さんからの応援に感謝[2017年12月30日(Sat)]
随分と久しぶりなブログ更新となった

忙しさと持病のぜんそくで滞っていた

日付を見ると今年も明日のみとなり

慌てて今年のご挨拶をと思いネットに向かった

11月25日に福岡県知事より県男女共同参画表彰を受けた

DSC_5106.JPG

これまでの活動実績が認められたことは嬉しく

来年に向けての新たな弾みとなった

本当に多くの皆さんからの応援に感謝する

ありがとうございました

そして皆さん、

良いお年を・・・
Posted by NPО法人FОSC at 13:38 | NPO活動ぽやき | この記事のURL | コメント(0)
NPO活動[2017年08月28日(Mon)]
先日あるNPOの総会に参加した。

また別のNPOの活動報告を聞くことがあった。

共に大切な活動であり、理事長の思いの深さを感じた。

しかし決して財源は豊かではなく

予算は活動費に使われるため人権費はほぼない状態であり

交通費もないままボランティアは動いている。

それは多くのNPOが、そうなのかもしれないとも感じた。

私たちも同じであり、生活のためフルタイムの仕事を持ち

空いた時間を使いNPO活動をしている。

NPO活動で生活ができたらよいと思うがそうはいかない。

でも反対にNPO活動をしていたからこそ

現在の専門職につながった人もいる。

安全確保や守秘義務が重視の活動のため

イベント的なこともできないが

せめて私たちの活動は交通費だけは賄いながら

無償ボランティアにはしないようにはしている。

多くの人たちの応援の言葉を頼りに

これからも悩みながら一歩ずつ歩いていきたい。
Posted by NPО法人FОSC at 06:00 | NPO活動ぽやき | この記事のURL | コメント(0)
九州北部豪雨の後 [2017年08月14日(Mon)]
水害で被害地に住む会員は大丈夫でホッとした

機会があり九州北部豪雨で被害があった

日田と朝倉に行くことがあった

時々通る道で山々の緑は深く森林浴には良かったが

テレビニュースの通りで山肌がえぐれ

まさかこんなになるとは思わなかった

昨年の熊本地震で被災した友人のために

同窓会を日延べして今年行う予定であったが

今年も友人たちの職場関係の被災や

被災地支援で忙しく同窓会は日延べとなった

亡くなられた方の冥福を祈りながら

被災地の名産品を買う応援をした
Posted by NPО法人FОSC at 09:52 | NPO活動ぽやき | この記事のURL | コメント(0)
九州北部豪雨水害[2017年07月10日(Mon)]
被害に遭われた方に

お見舞い申し上げます



4日の台風の後の雨は酷かった

5日は夕方出先から帰れるのかを心配した

北九州市内は6日から7日にかけての大雨で

電車も高速道路もストップしたため一般道を使い

出先から渋滞に巻き込まれながら

北九州市から委託を受けた学校に向かった

夏休みに入る前のこの時期は自治体から委託を受けた

大学や専門学校、高等学校での啓発活動に忙しく

明日は午後から福岡市内に向かうため天気が心配だ

別内容で委託を受けている福岡県の担当部署からも

スタッフは大丈夫かと心配の連絡を受けた

法人会員の方の中にも二軒隣の家が冠水した

自営業の会員は従業員が帰れなくなった

職場が避難所になった会員もいる

メールや電話で会員の安否確認に忙しい

週末に福岡県から取材を受けることになっているが

その場所が避難先となっていることがわかり

ロビーでの打合せが可能かと心配している

とにかく早く雨が止むこと

復旧作業が速やかに行われること

NPOにとっても活動上重要なことだ

今しばらくは安全確保に努めながら活動をしていく
Posted by NPО法人FОSC at 05:14 | NPO活動ぽやき | この記事のURL | コメント(0)
CANPAN団体情報更新アップ[2017年05月08日(Mon)]
CANPAN団体情報更新をアップした

総会前のために承認されるかが不安であるが

数字に大きなミスはないため承認されると感じる

かつて小さなミスがあり総会前に気づき

説明をして総会を乗り切ったことがある

総会準備に慌てていると起こってしまうこともあり

ゆとりをもって準備をするようになったが

総会前は常に不安である

会員の方は色々な団体に関わっており

この時期はあっちの総会、こっちの総会を駆け回り

どの団体の報告だったかと考えることもあり

会員の方が総会で困らないような工夫を

と事務局としてはいつも考えている
Posted by NPО法人FОSC at 12:16 | NPO活動ぽやき | この記事のURL | コメント(0)
CANPAN団体情報更新[2017年04月24日(Mon)]
新年度が始まると関係機関の担当者が移動する

それに伴って挨拶メールが届いたり

一度ご挨拶に伺った場合がよいと思う時もある

新しい担当者との引継ぎも含めて慌ただしいが

3月31日締めの決算報告と事業報告作成にも忙しい

特に新年度の予算申請を考えると

急ぐ決算のみ行い法人全体の決算は後回しとなる

早くCANPANにも団体情報の更新をとも思うが

後回しになってしまう

それでなくても今年は役員改選時期のため

次期役員をどうするかで頭を抱えてしまう

この人は役員に適任と思っていても

家庭の事情を考えると無理が言えない場合もある

来週にはCANPAN団体情報更新ができそうだ

それまで何とか待って頂きたいと思う
Posted by NPО法人FОSC at 19:49 | NPO活動ぽやき | この記事のURL | コメント(0)
新年度のご挨拶[2017年04月03日(Mon)]
新年度が始まりました。

NPOの新年度は超多忙

昨年度の事業報告や決算報告、

今年度の事業計画や予算案

総会準備と会報発行準備・・・

特に最近はスタッフの出張が多く

ブログを書く時間が無くなっています。

当初は週2回と決めていたブログも

何を書こうかと迷っている内に週1回となり

今年度からは月2回のブログアップとさせていただきます

それでもどうぞ活動への応援を

よろしくお願いいたします。
Posted by NPО法人FОSC at 14:07 | NPO活動ぽやき | この記事のURL | コメント(0)
あれから6年[2017年03月13日(Mon)]
あれから6年がたったのだとニュースで感じた

あの頃は調査の仕事のために二か月に一回は首都圏まで通っていた

あの日は事務所で調査の集計を行って折ネットのニュースで知った

何分にも親族が帰宅難民となり苦労をした話を聞いているだけに

あの時に首都圏に行っていなくて良かったとホッとする

国の依頼で心理カウンセラーとして某団体を通して福島に入った

東電の保障について相談をされた方は受け取れただろうか

避難所生活に苦労していた方は元気だろうか

家族を失なったあの方は今はどうしているだろうか

首都圏に引っ越した方は生活の立て直しができただろうか

家が流された方は今はどこで生活をしているのだろうか

現地の支援員はストレス貯めずにやっているだろうか

支援のいき詰まりを感じていたあの方は大丈夫だろうか

当時出会った人たちに思いが巡る

街は必ず再建されるが、福島の状況は例えようもなく困難だ

その中で精一杯生きている人たちに忘れないよと言いたい
Posted by NPО法人FОSC at 13:33 | NPO活動ぽやき | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ
プロフィール

FOSCさんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/womanhelpnet/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/womanhelpnet/index2_0.xml