CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« CANPAN団体情報更新アップ | Main | 発達障害を理解する »
<< 2018年07月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリアーカイブ
最新記事
火災した北九州アパートにいた女性[2017年05月22日(Mon)]
北九州市内のアパート中村荘の火災を知り

そのアパートにいた女性を役所から頼まれて

私どもの宿泊施設に入居させて良かったと思った

もしあのままいたら彼女も焼け死んでいた

生活保護申請をする部屋がなくお金もなかった彼女は

女性はあの場所は不向きという役所の声も聞かず

中村荘に行き一週間過ごしたという

一般的に中村荘は男性に対して役所やホームレス支援のNPOが

簡易宿泊施設として紹介をする場所だと彼女を通して初めて知った

彼女は中村荘を出て混乱をした中で話してくれた内容は

精神的におかしな男性ばかりがいて大声を挙げる人が多かった

台所もトイレも共同で鍵もなかった

男性が入ったトレイは尿が飛び散り

その尿はスリッパに付着したまま廊下や階段を歩く

彼女はスリッパがなく素足で廊下や階段を歩くことになった

簡易宿泊施設である中村荘はアパートではなくホテル変わりのため

彼女は一日1000円と共益費を支払い

使い古しの布団はシーツが洗われず臭くずずこけていた

部屋を見ないまま管理会社に連れて行かれ住むことになったが

怖くて気持ち悪くて横になることもできず役所に飛び込んだ

管理会社からは戻るように脅される電話があり

役所が交渉をして管理会社と縁が切れ私どもの元に来られた

彼女はショックから私どもの元へ来てもしばらくは動くことができす

二週間後にやっと役所保護課に行き生活保護申請をすることができた

彼女は中村荘での一週間は地獄ここは天国と話した

今は新しい住所地に行き生活保護から抜けるために元気に働いている

人間以下の生活をさせる中村荘を紹介していた人が

北九州市内の貧困ビジネスを盛んにしたようだ

火災は起こるべくして起こった人災

焼死した人の冥福を祈る
Posted by NPО法人FОSC at 06:42 | 支援 | この記事のURL | コメント(0)
この記事のURL
http://blog.canpan.info/womanhelpnet/archive/407
コメントする
コメント
プロフィール

FOSCさんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/womanhelpnet/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/womanhelpnet/index2_0.xml