CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 活動報告 | Main | お知らせ»
<< 2019年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
kiyorin
読売新聞「顔」 (08/18) kiyorin
WOH事務所オープン! (08/18) アベキョウ
WOH事務所オープン! (08/17) kiyorin
WOH事務所オープン! (08/17) 阿部 恭子
「みやぎ夢ファンド」中間報告会 (01/17) 聡美
「みやぎ夢ファンド」中間報告会 (01/12)
最新トラックバック
文化放送 斉藤一美ニュースワイドSAKIDORI [2018年10月04日(Thu)]
 9月27日 文化放送斉藤一美ニュースワイドSAKIDORIに電話出演し、加害者家族の現状についてお話させて頂きました。

 「世間学」の佐藤直樹教授のコメントもありました。

 http://www.joqr.co.jp/sakidori/
 
日経新聞「発信」に阿部恭子登場 [2018年10月04日(Thu)]
 2018年8月18日日経新聞朝刊「発信」にロングインタビューが掲載されました。

 写真は、宮城刑務所前です。

 96958A9F889DE1E6E1E0E6E7EAE2E3EBE2EAE0E2E3EA9188EAE2E2E2-DSXMZO3432459019082018CZ8001-PB1-7.jpg
本日の朝日新聞に掲載「東北少年院での活動」 [2018年10月04日(Thu)]
 東北少年院の保護者会での講話が本日の朝日新聞に掲載されました。
 
 現在、NPO法人WorldOpenHeartと大阪を拠点に活動するNPO法人スキマサポートセンターは、ファイザー製薬の助成を受け、「中堅世代の加害者家族」の支援に力を入れています。

 まさに少年の保護者の年代はまさに中堅世代です。

 事件による失職や転職によって収入が減るなかでの損害賠償の負担、少年を自立させることへのプレッシャーなど、経済的・精神的負担に苦しめられている状況があります。

 NPO法人スキマサポートセンターは、加害者家族支援団体ですが、加害者本人への就労支と更生に向けた心理的支援に力を入れており、実績のある団体です。

 加害者本人の自立への支援は、保護者の負担を減らすことにもつながります。

 若年犯罪者の場合、事件の背景に家族病理が潜んでいる可能性も高いことから、「加害者支援」ではなく家族と通したアプローチは双方にとって有効だと思います。

 safe_image.jpg
7月26日河北新報夕刊一面で紹介されました [2018年07月26日(Thu)]
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201807/20180725_13056.html

images (1).jpg
7月24日西日本新聞に九州での活動開始の記事掲載 [2018年07月25日(Wed)]
 本年度、日本郵政年賀寄付金事業助成を受けて、九州・東海地方での相談会や講演活動を行います。

 九州での相談会、8月はすでに予約が埋まりました・・・。

 次回、9月9日(日)に行います。

 8月8日、9日、熊本市内にて相談会を開催します。

 ご相談は、加害者家族に限ります。

 会場は完全非公開で、参加者にのみお伝え致します。

 090−5831−0810までお電話下さい携帯電話

  35546854_1710665272355238_677609302298460160_n.jpg
じっくり聞いたロウ出演! [2018年04月20日(Fri)]
 4月26日深夜のテレビ東京「じっくり聞いたロウ」に阿部恭子が出演します。

 お時間ある方、是非、ご覧になってください。

 宜しくお願いいたしますTV

 ダウンロード (1).jpg


 jikkuri_20180427_04.jpg
被害者の視点 [2018年03月29日(Thu)]
 3月24日、聖イグナチオ教会にて、加害者×加害者家族×被害者を代表する三者対談が行われました。

 講演の様子は、当日の夕方のNHKのニュースで放送されました。(関東だけです)

 加害者家族支援が発展していくうえで、重要なことは、被害者の視点を忘れないことです。

 被害者の立場に立てば、加害者側の支援活動自体に嫌悪感を持つ人もいるでしょうし、その感情は仕方がないことだと思います。だからといって、加害者家族支援を止めるわけにはいきません。

 ただ、加害行為を正当化したり、被害者への中傷を擁護するような、意図的に被害者を傷つける行為をしないことは加害者家族支援の大前提になります。

 加害者家族至上主義に陥らないために、この点を意識して、慎重に進めていきたいと思います。

 PIC_0335.JPG

 
ニューズウィーク日本版で『息子が〜』紹介 [2018年03月28日(Wed)]
 ニュースウィーク日本版(Web)、印南敦史さんによる書評で『息子が人を殺しました』が紹介されていました。

 「誰もが当事者になりうる」という、本書で最も伝えたかったことを書いていただいて、とても嬉しかったです。
「クロワッサン」に阿部恭子インタビュー掲載 [2018年03月25日(Sun)]
雑誌「クロワッサン」4月10日特大号に『息子が人を殺しました』の著者インタビューが掲載されましたぴかぴか(新しい)

宜しくお願いしますハートたち(複数ハート)
中央公論3月号で・・・ [2018年03月08日(Thu)]
 中央公論3月号「目利き31人が選ぶ2017年私のおススメ新書」で『息子が人を殺しました』も紹介されていましたぴかぴか(新しい)

 ありがとうございますハートたち(複数ハート)
| 次へ