CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 出版・論文 | Main | おススメ本・映画»
<< 2019年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
kiyorin
読売新聞「顔」 (08/18) kiyorin
WOH事務所オープン! (08/18) アベキョウ
WOH事務所オープン! (08/17) kiyorin
WOH事務所オープン! (08/17) 阿部 恭子
「みやぎ夢ファンド」中間報告会 (01/17) 聡美
「みやぎ夢ファンド」中間報告会 (01/12)
最新トラックバック
日産自動車での講演 [2018年07月09日(Mon)]
 7月3日、日産自動車横浜工場で「加害者家族と交通事故―飲酒運転撲滅に向けて」と題して講演を行いました。

 2015年に、現代人文社から『交通事故加害者家族の現状と支援―過失犯の家族へのアプローチ―』を上梓しました。

 本書では、加害者家族の中でも交通事故案件に焦点を当て、交通事故加害者家族が抱える問題と支援の在り方について検討しました。

 200件近くの交通事故案件から、家族を通して、加害者が事故を起こすに至る原因も明らかとなっています。

 事故が起こった後に、家族は、会社は加害者に対して何を行うべきか。現在、飲酒運転に対する社会の目は厳しく、それにも関わらずにルールを破ってしまったのですから、それ相応の「罰」が課されることはやむを得ないと思われます。しかし、罰だけで、加害者は変わりません。事故を起こす背景に何があったのか、加害者の心理にアプローチする必要があります。

 私は、加害者対応にもケアの視点が必要だと考えています。事件後の強制的な「事情聴取」では、加害者の本音を導き出すことは難しいと思います。カウンセリングを重ねる中で、職場でのストレス、家庭でのストレスが過剰な飲酒に繋がっていたり、依存症が発見されるケースが多々ありました。

 逮捕は、会社にも家族にも大きな影響を与えます。それゆえに、会社も家族も二度と同じことが起こらないようにと加害者への視線が監視的になりがちです。家族も会社もダメージを受けたわけですから、監視的対応になる心境も当然だとは思いますが、過剰になると加害者は問題を隠すようになり、人間関係はギスギスしたものになるでしょう。

 会社も家族も、WOHのような外部の相談機関等と連携し、「ケアの視点」を含めた再発防止策を講じる必要があると思われます。

 41JKAcbFx6L._SX348_BO1,204,203,200_.jpg

 

 

 
台湾で講演します [2017年10月03日(Tue)]
 2017年10月5日、韓国に続き台湾で講演させて頂くことになりました。

 現在、トヨタ財団国際助成を受けて、日本・韓国・台湾の三カ国での加害者家族支援ネットワークの構築に関する実践研究を始めました。

 家族連帯責任意識の強い傾向のあるアジア諸国では、個人主義を基本とした欧米諸国の加害者家族支援とは異なるアプローチが必要なのではないかと考えています。

 研究成果は来年、書籍にて・・・・。Agenda.docx
9月27日広島で講演します! [2017年09月08日(Fri)]
jinken-keihatsu-renzoku-kouza-chirashi-omote-_1.jpg__720x1000_q85.jpg
お盆は大阪で会いましょう!スキマサポートセンターシンポジウム開催 [2017年07月22日(Sat)]

スキマ シンポ1708裏 最終 アウトライン.pdf

日時:8月13日(日)14時〜16時
会場:ドーンセンター 大会議室1
地下鉄谷町線「天満橋駅」、JR東西線「大阪城北詰」下車
http://www.dawncenter.jp/shisetsu/map.html
美祢社会復帰促進センター講演 [2015年11月28日(Sat)]
 2015年9月26日、山口県の美祢社会復帰促進センターにて、加害者家族の現状と支援について講演をさせて頂きました。

 センターさんのホームページにも掲載頂いております。

 http://www.mine-center.go.jp/p.php?p_act=2&p_page=1#news-126

 
日本臨床心理士会主催 司法矯正領域研修会にて講演 [2015年10月21日(Wed)]
 2015年10月18日(日)東京ビックサイトにて、日本臨床心理士会主催の司法矯正領域研修会にて「加害者家族支援」について講演をしました。

 「加害者家族の現状と支援」として、私、WOH代表の阿部恭子が報告しました。

 その後、「加害者家族の心理的支援」として、臨床心理士の駒場優子先生から、加害者家族への心理的介入について事例をあげて解説していただきました。

 駒場先生は、府中刑務所の処遇カウンセラーとして受刑者の更生プログラムの実施にも携わっています。
 
 『加害者家族支援の理論と実践』(現代人文社、2015)の第4部「加害者家族への心理的支援」を相澤先生と一緒に執筆頂きました。

 心理職の皆様に、是非読んでいただきたい章です。

 よろしくお願い致しますハート
韓国で講演します! [2015年10月20日(Tue)]

韓・日の加害者の子供と家族の支援に関する実態と課題のセミナー

■ 日程 : 2015年 11月 6日(金) 午後 2時 〜 5時 30分
■ 場所 : 国会議員会館
■ 目的
1) 韓国社会における加害者の子供と家族の実態および現況を通した統合的な支援体制の必要性
2) 日本における加害者の子供と家族の実態および支援状況を通した韓国社会での適用ポイントの
検討
3) 加害者の子供と家族の支援のための韓日ネットワークづくり
4) 加害者の子供と家族を支援している関連団体の事例を通した統合的支援体制の構築

■ 主催 : 社団法人児童福祉実践会セウム・ユ スンヒ国会議員
■ 共同主管 : 社団法人児童福祉実践会セウム研究所・アジア矯正学会
■ 後援 : 日本交流文化財団・ ソムエンソム出版社

基調講演2. 日本における加害者の子供と家族への支援状況および事例 : 阿部恭子(World Open Heart 理事長)
阿部恭子お話させて頂きます【ハジマルフクラムプロジェクト】 [2015年08月06日(Thu)]
「ハジマルフクラムプロジェクト―市民活動って、知っていますか?」

主催:仙台市市民活動サポートセンター

日時:2015年8月29日(土)13:30〜15:30

会場:仙台市市民活動サポートセンター B1階市民活動シアター

お問い合せ&お申込みはこちらからhttp://sapo-sen.jp/event/2064/

 最近、専門家や矯正施設など対象者が限定された場所でお話させて頂く機会が増えていて、市民を対象としたイベントでお話させて頂くのは久しぶりです!

 皆さん、是非、この機会をお見逃しなく!!

 どうぞよろしくお願い致しますキスマーク
7月18日学会報告 [2015年07月14日(Tue)]
 7月18日(土)の夕方、山形大学で開催される日本家族心理学会の自主シンポジウムにて、加害者家族支援についてお話させて頂きます。
 阿部恭子編著・草場裕之監修『加害者家族支援の理論と実践―家族の回復と加害者の更生に向けて―』(現代人文社、2015)の第4部 心理的支援の章を執筆頂いた駒場先生・相澤先生からお声掛けいただきました。
 私からは、支援している事件や相談者の傾向、心理的支援の具体的ニーズについてお話させて頂く予定でおります。
 関心のある方は、下記のサイトで日程及び参加方法などをご確認ください。
 http://www.e.yamagata-u.ac.jp/~jafp2015/#7
 よろしくお願い致します。

                            阿部恭子
NPO夜学 [2015年02月14日(Sat)]
2015年2月21日(土)みやぎNPOプラザさんの夜学で阿部恭子がお話させていただきます。

よろしくお願いします!

http://www.miyagi-npo.gr.jp/plaza/jigyou/npoyagaku_201502221.html
| 次へ