CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«「現代ビジネス」に書きました | Main | 阿部恭子出版記念講演会開催【仙台】「家族という呪い―加害者家族になること―」»
阿部恭子新刊1月30日発売『家族という呪い』(幻冬舎新書) [2019年01月24日(Thu)]
1月30日に、幻冬舎新書から新刊『家族という呪い―加害者と暮らし続けるということ』を出版します。

 前作『息子が人を殺しました―加害者家族の真実』(幻冬舎新書、2017)の続編になります。

 本作品は、「事件」よりも「家族」に焦点を当て、犯罪が起きるに至った背景をできるだけ詳細に伝えています。

 アマゾンでの予約が始まりました。

 本作品もどうぞ宜しくお願い致します。

51iVE8E9AzL._SX313_BO1,204,203,200_.jpg
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント