CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
紀伊半島災害復興基金第1次助成公募開始! [2011年11月24日(Thu)]
わかやまNPOセンターでは、紀伊半島災害復興基金の第1次助成公募を開始しました。

---------------------------------------------------------------

 この度の台風12号におきまして、被害に遭われました皆様には心よりお見舞い申し上げます。
 わかやまNPOセンターでは、今回の災害におきまして現地の被災者支援にあたる団体に対して、継続的な間接資金支援を行うべく、「紀伊半島災害復興基金」を設置の上、広く寄付募集を行っております。
 今回、復興基金に対する寄付を、NPO・ボランティア団体の専門性を活かした現地の被災者支援に結びつけるために、第一次の助成先を公募いたします。

---------------------------------------------------------------
 今回の災害では地元の和歌山に大きな傷跡を残しました。また被災地域も日高地域から南紀熊野地域に広がり、特に山間部や川沿いに被害が集中しています。これらの復興には長期間かかると想定されます。
 今後の復興に向けては、被災地のみならず、避難されている方々への個別ケアやコミュニティの再生など、支援のニーズはとても広くなると想定されます。このような被災者支援や地域の支援を行うにあたっては、日ごろからの様々な活動や社会的サービスを提供し、生み出しているNPO・ボランティア団体の専門性は必要不可欠であると同時に、重要であると考えます。
 本復興基金を通じて、被災者支援に関わる和歌山のNPO・ボランティア団体が連携・協力し、「被災地に寄りそって支える人を支える」ことで、被災者ひとり一人のいち早い生活再建と地域のつながり・地域コミュニティの再建を目指し、来るべき南海・東南海地震に対しての「地元力」を高めることを目指すものとします。
---------------------------------------------------------------

◆助成対象活動
 ・和歌山県・奈良県・三重県内の台風12号に伴う被災地で行われる支援活動全般
 ・いずれも2011年9月2日以降の活動について対象にします(過去の活動も対象となります)
 ・活動にあたっては必ずボランティア保険に加入してください

◆助成対象団体
 以下のすべての要件を満たす団体(法人格の有無は問いません。個人は対象としません)
 ・和歌山県、奈良県、三重県なのいずれかに事務所、もしくは活動拠点があること
 ・非営利組織であること(営利目的の組織は対象外)
 ・任意の団体にあたっては、団体のメンバーが5名以上いること

◆助成額
 1事業10万円上限。
 助成総額は30万円(3団体程度)を想定しますが、申請額により変動します。

◆公募時期
 2011年11月24日(木)〜12月14日(水)17時必着(メール・郵送・持参含む)

◆助成決定
 2011年12月下旬までに決定(予定)

◆助成団体選考方法について
 ・わかやまNPOセンター理事会内に設置する審査委員会で審査を実施します。
 ・審査基準
  @本基金・助成金の主旨に合致した活動か
  A実現可能な体制、専門性、力を持っているか
  B被災地で暮らす人々の内発的な力を引き出そうとしているか
  Cさまざまな人との協働・ネットワークを組めているか
  Dその他、各審査委員の専門性から見た観点

◆その他詳細含めて募集要項はこちらから。
 http://www.wnc.jp/saigai/1st_yoko.doc

◆申請用紙はこちらから。
 http://www.wnc.jp/saigai/1st_shinsei.doc
新宮災害ボラセン、6日閉所決定 [2011年11月04日(Fri)]
昨夜、新宮市災害ボランティアセンターが11月6日をもって閉所することが発表されました。
大水害から約2ヶ月で和歌山県内すべての災害ボランティアセンターが閉鎖されることになりました。

なお、新宮市災害ボランティアセンター閉鎖後も、「生活復興応援窓口」を設置することとなっています。
那智勝浦町でも登録ボランティア制度を設けて、災害ボランティアセンター閉鎖後の様々なニーズに応える活動をおこなっています。

詳しくはそれぞれのブログをご覧ください。
新宮も終息近づく [2011年10月31日(Mon)]
昨日30日は本格的な雨となりましたが、新宮市災害ボランティアセンターでは今もなお被災地でのボランティア活動が続いています。
ただこれまでの活動の結果、日によってはニーズが数件、という日もでているようで、そろそろ新宮市災害ボランティアセンターも終息が近づいているような感じです。現在、11月6日までのボランティアを募集していますが、それ以降は未定ということで、6日までの進捗具合をみての判断になりそうです。
したがって、新宮市での活動を希望される方は事前に現地災害ボランティアセンターに確認されることをおすすめします。
電話概ね復旧・その他被災状況 [2011年10月24日(Mon)]
今日、NTT電話回線の不通状態が解消した旨の報道がありました。
これで、水道、電気、電話の主要ライフラインは概ね復旧したことになります。

ただし、いずれも応急的な設備などによる復旧のため、本格復旧には2年程度かかる見込み。また施設は復旧しても、住宅が損壊しているなどの理由で使えない世帯は残されている模様です。

避難は依然として82世帯、180名。
避難箇所は以下の通り。
田辺市 面川集会所、伏菟野小学校 合計26名
新宮市 能城集会所、相賀開館、椋井集会所、玉置口診療所、総合開発センター、福祉センター 合計50名
那智勝浦町 口色川会館、グリーンピア南紀 合計104名

全半壊、床上・床下浸水などの被害を受けた建物は9,583棟。
被害を受けた河川は県の管理河川で970カ所、市町村管理河川で11カ所。
現在も集計が続いており、判明次第数が増えている状況です。

交通機関は高野龍神スカイライン、国道311号線の復旧などでバスの運行再開が相次いでいますが、龍神自動車と熊野交通の一部路線で運休が続いています。

企業からの支援物資提供は現在も続いています。
9月までは様々な企業からの支援物資の提供がありましたが、10月に入ってからは主に大手スーパーが那智勝浦町の避難所に向けてパンや弁当を提供しています。

新宮市災害ボラセン、もうしばらく [2011年10月23日(Sun)]
すみません、、、更新滞っていました。。。

今日23日は、那智勝浦町の市野々小学校で地域住民・県内外のボランティアによる泥かき「泥祭」が開催され、500名ほどの方が参加されたとのことです。また、熊野川町では、東北から届けられたサンマを地元の方に振る舞う取り組みが和歌山大学の学生と中心に開催されたという情報が入っています。

この週末は雨や国道311号線の土砂崩れなどで少し足並みが乱れてしまいました。

新宮市の災害ボランティアセンターでは、さる17日にボランティア活動をいったん中断し、ニーズの再確認を行った結果、60件のニーズが残されていることを把握し、引き続き月内に活動できるボランティアを募集しています。
週末までの情報では、月内に60件のニーズへ対処できるように作業を進めたい、との情報もありましたが、土曜日の雨で少し状況が変化している可能性があります。とはいえ、遅くとも11月第1集には災害ボランティアセンター自体は閉鎖の方向で進みそうな気配です。


問題は、各社会福祉協議会等の災害ボランティアセンターが対処できるもの以外の様々な地域ニーズをどう解決していくか、という点です。また、被災自治体でも、被災されていない観光施設への客足が大幅に減少している点も地域経済を考える上では深刻な課題となっています。

もちろん、被災地の本格的な復興をどう支援していくか、も重要な課題。まだまだ被災地の課題は山積している状態であることを改めて認識いただければと思います。
那智勝浦町も今週末で閉鎖へ [2011年10月11日(Tue)]
今日、那智勝浦町の災害ボランティアセンターが10月17日に閉所されることが発表されました。
この3連休にのべ1000名弱のボランティアが現地入りし、一気に作業が進んだとの情報が入っています。


新宮市の災害ボランティアセンターですが、旧新宮市内は外部からのボランティア受け入れを休止しています。旧熊野川町内も、団体からのボランティア派遣申し入れが増加していることから、すでにボランティアの受け入れを休止する日が出ています。事前にご確認ください。

10月24日以降のボランティア活動についてはニーズを見極めてから、来週18日火曜日に受付を実施するかどうか検討する予定です。
田辺市災害ボラセン9日閉所へ、新宮は3連休の新規受け入れ中止 [2011年10月07日(Fri)]
田辺市災害ボランティアセンターが9日で閉所することが発表されました。
今週は平日はニーズ調査を実施しボランティアの派遣は中止されていましたが、8日からの連休に向けて事前登録のあったボランティアで現状のニーズが充足できることから閉所となった模様です。

日高川町も10日で災害ボラセンを閉鎖することから残る新宮市と那智勝浦町になります。
両自治体とも依然として泥だしのニーズが残されており、当面はボランティアの活躍が期待されています。

今週末、来週末は京阪神からの民間・大学によるボランティアバスが続々現地入りする予定です。このため、新宮市災害ボランティアセンターでは8日〜10日の3日間のボランティアの新規受付を中止することを決定しました。
この3連休、ボランティアを、と考えてらっしゃった方は那智勝浦町へ、または、11日以降に日を変えてお申し込みください。


なお、那智勝浦町や新宮市熊野川町では避難所での足湯などのボランティアも本格的に動き出しました。避難所の情報はほとんど聞こえてきませんので、こういうところで拾えた声が地元自治体や災害ボラセンに伝わり、次の動きにつながればいいですね。
道路・鉄道復旧情報 [2011年10月04日(Tue)]
通行止めが続いていた国道311号線の田辺市中辺路町の区間が今朝、仮設道路で復旧しました。国道と富田川の河川敷に堆積した土砂を活用して約200mを整地し、片側1車線の道路を整備したとのことで大型車両の通行も24時間可能になります。
しかし、一定の雨量に達した場合は通行止めになるとのことです。5日から6日未明にかけて雨が予想されており、心配です。

和歌山放送のニュースによると、国道371号線・高野龍神スカイラインは10月8日に龍神村〜護摩壇山が、10月20日には高野山〜護摩壇山が仮復旧する見通しで、紅葉シーズンを前に全線復旧となります。

新宮市中心部と新宮市熊野川町を結ぶ国道168号線は10月30日頃復旧予定となっています。


また南海高野線の橋本−紀伊清水間の紀ノ川橋梁の修復工事が終わり、今日から通常運転が再開となりました。
災害ボラセンの状況 [2011年10月04日(Tue)]
日高川町の災害ボランティアセンターが来週10日月曜日に閉所することが発表されました。

なお、田辺市、新宮市、那智勝浦町では引き続きボランティアセンターを開設し、ボランティアの受け入れを実施中です。

今日は、田辺市と新宮市(熊野川地区を除く)は、ニーズ調査・確認作業をおこなっています。田辺市では今週末の3連休、新宮市中心部は明日から、ボランティアの受け入れを実施予定。

新宮市熊野川地区と那智勝浦町は今日もボランティア活動を実施中。
今すぐ行ける!という方は熊野川地区、那智勝浦町でのボランティア活動へご協力をいただければと思います。

和歌山県・和歌山県社協のボランティアバスは次の3連休までの延長が発表されています。
http://wave.pref.wakayama.lg.jp/news/kensei/shiryo.php?sid=14104
新宮市社会福祉協議会ブログ開設 [2011年10月03日(Mon)]
新宮市社会福祉協議会が災害ボラセンのブログとは別に、協議会としての情報発信ブログを開設しました。
http://blog.canpan.info/s-syakyo/

社会福祉協議会全般の話題を取り扱いますが、当初は災害ボランティアの話題が中心となっています。

ボランティアバスを企画している方向けのページ
http://blog.canpan.info/s-syakyo/archive/9

新宮市までのアクセス(ルートマップつき)
http://blog.canpan.info/s-syakyo/archive/5

被災地の様子(Picasaウェブアルバム)
https://picasaweb.google.com/shiba.hisaki/KgTrBI?authuser=0&feat=directlink
| 次へ