CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«9月NPOおはなしサロンを開催しました | Main | NPOサポートセンターのなりすましメールの存在を確認しました»
<< 2018年05月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
http://blog.canpan.info/wnc/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/wnc/index2_0.xml
サポートセンター内機器のご利用に関するQ&A [2013年09月29日(Sun)]
和歌山県NPOサポートセンター内の機器のご利用に関するQ&Aを集めました。

■長尺プリンタで使えるデータ形式は?(2014年7月改定)
A1までのA判サイズの場合
 A4やA3で作成されたWord・Excel・PDFファイルをA1・A2判に拡大印刷することが可能です。また、A1までのA判サイズで作成されたAdobePDFファイルを等倍・拡大印刷することができます。なお、フォントの互換性の問題がありますので、一般的なフォントを使われるか、PDFの場合は、あらかじめアウトラインを取っていただいた形でPDF変換いただけますようお願いします。


A1サイズを超える長いものの場合
 長尺プリンタを接続しているパソコンでWordまたはPowerpointから直接長尺ものの作成・印刷が可能です。
 長尺もののPDFの出力もできますが、文字化けや画質の低下が起こりうる可能性があり、すべてのPDFの出力を保証するものではありませんのであらかじめご了承下さい(IllustratorからPDF変換する場合はフォントのアウトラインを取ってください)。
 

■長尺プリンタの使用方法がわからない
 原則として、お客様の自己責任によるご利用となりますが、長尺プリンタご利用ガイドを備え付けておりますし、必要に応じてスタッフがご案内することもできます。


■利用にはどれくらい時間がかかるの?
 講演会などの垂れ幕はひな形をご用意していますのでそれを使うとデータの作成は10〜15分程度でできることがあります。スムーズな作成のためにも、あらかじめ印刷物の大きさ・長さを含めた完成イメージを作成されてからご来館されることをおすすめします。
 プリントに際してはプリント領域の広さにもよりますが、1mあたり1分弱が目安です。
 

■印刷機(輪転機)のメリットは?
 インクを版を通じて載せる印刷機は、トナーを焼き付ける形の一般コピーよりも印字品質は落ちますが、安く大量に印刷する際にはたいへん便利です。
 単色は黒、赤、青が利用できます。また、同時に2色まで印刷できます(黒+赤、黒+青、赤+青の組み合わせが可能)。
 

■単色印刷の原稿はどのようなタイプがよい?
 明暗がはっきりしたモノクロの原稿が印刷に向いています。モノクロレーザープリンターでプリントしたものが最適。カラーの原稿は一度モノクロコピーされることをおすすめします。
 同じモノクロでも、インクジェットプリンタやカラーレーザープリンタのモノクロモードでプリントしたものは濃淡が細かすぎて逆に製版がうまくいかないことがあります。
 

■2色印刷するには?
 一般にはある色で印刷したい部分を製版し、その後別の色で印刷したい部分を製版し、その後2色同時に印刷する工程となります。
 もともとの原稿が黒と赤、黒と青、青と赤のみで構成されている場合は自動認識することができますが、細かいところは対応しきれないことがあります。また、原稿を読み込んだあと、液晶ディスプレイ上で色を変えたい部分を長方形や円で範囲指定することができますが、この場合も細かいところまでは対応できませんので、タイトルやイラストなど、明確に区別できるように配置しておくことをおすすめします。
 

■印刷速度は?
 製版はその日の初回の起動時などの際はスタートアップ動作がありますので2分少しかかりますが、それ以降は1回1分少しで製版できるようになります。
 印刷スピードは6段階に設定可能ですが、標準スピードでA4横置きの場合は概ね1分100枚が目安です。単色の場合は、A4縦置きでやや速度を上げることができます。
 

■よく紙が詰まる
 ホームセンターなどの量販店で販売されている格安のコピー用紙は毛羽立っていることがあり、紙送りに失敗することがあります。印刷前に紙と紙の間に空気を入れるような感じで十分捌いてから印刷されると詰まることが減ることが期待できます。
 両面印刷の場合は、表面の印刷が終わってからしばらく時間をおいて、改めて紙をよく捌いてから裏面を印刷して下さい。
 紙送りにはゴム製のローラーを用いています。1度に大量の紙を載せますと紙送りのバランスが崩れて紙詰まりが増えますので、1度に用紙トレイに載せるのは概ね200枚以内を目安にお願いします。