CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«西日本豪雨関連情報(第1報) | Main | 西日本豪雨関連情報(第2報)»
<< 2018年08月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
http://blog.canpan.info/wnc/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/wnc/index2_0.xml
平成30年7月豪雨被災地に和歌山の梅干しを贈ろうプロジェクト [2018年07月10日(Tue)]
ded793ff03c9e2964f2479c7dc4f668bd408e42b.jpg「平成30年7月豪雨」では、わたしたちが体験したことがないほど広範囲に甚大な被害が発生しました。しかも被災地は厳しい暑さのなかの復興を余儀なくされます。7年前に「紀伊半島大水害」を経験した和歌山県内からできる支援として、和歌山特産でミネラルをたくさん含む「梅干し」を被災地に贈ろうプロジェクトを実施しています。

【クレジット・コンビニ決済はこちらから】
 https://kessai.canpan.info/org/wnc/donation/101875/
【郵便振替の場合】
 口座番号00910-0-188998 加入者名 特定非営利活動法人わかやまNPOセンター へ。なお、住所・お名前と梅干しプロジェクトへの寄附であることを明記ください。
【現金の場合】
 わかやまNPOセンター事務所(和歌山市美園町、月曜から金曜の10時〜17時受付、業務都合で不在の場合があります)
 和歌山県NPOサポートセンター(和歌山ビッグ愛9階 火曜〜土曜の9時〜20時半と日曜の9時〜17時受付)
 田辺市市民活動センター(田辺市民総合センター2階、火曜〜土曜の9時〜18時受付、業務都合で不在の場合があります)
 いずれも、領収書は後日お届けします。

梅干しは県内の障がい者福祉施設で取り扱われているもので、個包装。また軽いことから輸送費もそれほどかかりません、避難所や仮設住宅等でもすぐに小分けができるほか、ボランティアや民生委員さんなどが被災された方の巡回訪問の際にお渡しいただけるなどのメリットがあります。
2年前の熊本地震では、97,000円のご寄付をいただき、梅干しを西原村にお送りし、ご好評をいただきました。
ぜひ、みなさまの温かいお志をお寄せくださいますようお願いいたします。

※ 寄贈先については購入できる個数、必要とする地域の情報を元に選定し、わかやまNPOセンターが責任をもってお届けします。わかやまNPOセンターブログ(http://blog.canpan.info/wnc/)でご報告します。
※ 本プロジェクトへのご寄付は寄付金税制の対象にはなりませんので、ご了承ください。