CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2017年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
http://blog.canpan.info/wnc/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/wnc/index2_0.xml
【法人化15周年事業】地域フォーラム、スタート! [2017年10月21日(Sat)]
 わかやまNPOセンターの法人化15周年記念事業の一環として、和歌山県内で地域づくり・人づくりをおこなう事業を共催させていただく「地域フォーラム事業」の募集に9件のご応募をいただきました。
 すばらしい案件が多かったのですが予算の都合上、5件を採択させていただきました。

 その事業の第1弾が、今朝、NPO法人南海せとうちジオガーデンで開催されましたのでご報告します。

DSC_0097.jpg

 NPO法人南海せとうちジオガーデンは、和歌山市大川地区で環境保全のほか、地域づくりに関する活動をおこなっている団体です。今回は「和歌山県内への移住・定住推進」と、「人と人・人と自然の共生」を両立する新たなモデルづくりに向けたミニシンポジウムを開催しました。

 名古屋市と岐阜・下呂市の山奥の二拠点生活をおこなっている、山内 崇嗣さんは、ソーシャルワーカとして障がい者の就労支援にも取り組みながら、新制度に基づく民泊事業を準備されています。
 移住はいいこと(農業はしほうだい、住居は格安、地域の方によくしていただける、静かでニーズが有る分野での起業がしやすい)ばかりでもなく、悪いこと(店が少ない、労働の機会が少ない、一定の地域活動への参加が必要、保守的考え方が多い、縁が重要視される側面がある)ばかりでもない、ということが指摘されました。また「移住する側にも柔軟性が大切で、ゴリ押しはNGである」という指摘も。
 また、現在の農村は人口・資本・技術にとぼしく、従来の資本主義的経済の考え方がそもそも成り立たないところが大きな課題であるという指摘があり、農村・過疎地域への移住を行う際には「小さな商いを並立させることが重要だ」と結ばれました。

 広島県の大崎上島に移住された、平間 匠さんは、友人が使っていた家を譲り受け、季節労働をしながら、秋に限っては自由に暮らす、という生活を送られているそうです。大崎上島は造船業など一定の産業があるほか、出身者のUターンが多く、人口の社会増加率は全国トップクラスなのだそうです。
 統計を分析すると、2019年頃から全国的に世帯数が減少に転じる反面、新築の家に住みたいというニーズは変わらず、空き家が加速度的に増加する懸念があると指摘。いわゆる「空き家特措法」でどうなるかに注目する必要があるとされました。空き家を活用するには大きさや転売や解体なども視野にいれるべきという経験に基づいたお話も。
 最近は「ミニマリスト」という考え方も流行していますが、上手に生活すれば、年収50〜70万円程度でも生活は可能だといいます。その代わりに、収入先を複数持つこと、人間関係を豊かにして、みなさんで様々なものをシェアすることなどが大事だといいます。平間さんはわな猟の免許を持ってらっしゃる関係で、さばききれないイノシシ肉を譲ってもらうなど「現金以外の収入」を上手に得て生活水準を維持しているそうです。


 南海せとうちジオガーデンでは、今後、和歌山県への移住と農業などを組み合わせた生活スタイルの実践を支援し、低収入・低支出で暮らせる仕組みづくりも進める予定。新しい生活スタイルとして注目したいです。
サイバー探偵団「シニア塾」 [2017年10月19日(Thu)]
初めてでも安心!いきなり使える!モバイルツール
【日 時】 11月15日(水)14:00〜15:00
【場 所】 和歌山県立情報交流センターBig・U研修室4
【内 容】 パソコン・タブレット・スマホの購入時のアドバイス
      対象シニアの方。先着40名、参加費無料
【主 催】 NPO情報セキュリティ研究所
      http://www.riis.or.jp/
東京藝術大学「早期教育プロジェクト2017in和歌山」 [2017年10月19日(Thu)]
【日 時】 12月25日〜3月17日レッスン及びアンサンブル修了演奏会
【場 所】 和歌山県立図書館
【内 容】 連携プログラムメンバー募集
      日本最高峰の音楽指導のもとに、和歌山の子どものためのアンサンブル
      の演奏会を行います。
      参加費無料、応募資格県内在住の小学5年〜高校2年生で現在師事してい
      る先生の許可を事前に得る事。
      応募締切11月24日(金)必着
【主 催】 和歌山県立図書館文化情報センター 
      https://www.lib.wakayama-c.ed.jp/bunjyo/index.html
出張!商店街映画祭in和歌山 [2017年10月19日(Thu)]
【日 時】 11月12日(日)13:00〜17:00
【場 所】 和歌山県立図書館メディアアートホール
【内 容】 映画「替わり目」をはじめとした、映画祭受賞映画上映
      入場無料
【主 催】 わかやま楽落会
      https://nope1996.jimdo.com/
よくばり秋フェスこんなんやって〼 [2017年10月19日(Thu)]
【日 時】 11月12日(日)10:00〜16:00
【場 所】 森の中フィットネス(和歌山市)
【内 容】 ボールすくい、やきいも、輪投げ、
      ヨガ、トランポリンエクササイズ他
【主 催】 NPO法人わかやまストレッチ協会
      TEL:073-478-0228(担当わさか)
平成30年度地球環境基金 [2017年10月19日(Thu)]
【内 容】 環境保全に関する幅広い分野
      50万円〜1200万円 (1年間)
【締 切】11月13日(月)〜12月11日(月)
【主 催】独立行政法人環境再生保全機構 地球環境基金
     http://www.erca.go.jp/jfge/subsidy/application/h30_info.html
パンを買って子どもへの暴力防止へ 第3回「キフパン」キャンペーン間もなく! [2017年10月19日(Thu)]
和歌山ではおなじみとなりましたでしょうか。パンの売上の一部が、子どもへの暴力防止プログラム「CAP」ワークショップ運営経費に役立てられる「キフパン」。
20171019.jpg
ちゃんとロゴもあるんですよー。

毎年11月の児童虐待防止推進月間に合わせて、和歌山市北部の4つのパン屋さんが連携して「キフパン」の販売を実施します。先日、今年のキフパンのお披露目がありましたので行ってまいりました!

DSC_0091.JPG
これが今年の「キフパン」です。

左側から時計回りに並んでいるのは「Fields R」さんの塩バターパン(1個 税込み129円)とメロンパン(1個 税込み140円)。
右奥が「パン・ド・パニエ」さんのメロンパン(1個 税込み140円)。
右側が「パンプラス・クルトン」さんのおとふちゃん(4個 税込み216円)
手前にあるのが「ボナペティ・ヤナギヤ御坊店」さんの赤ワインパン(1個 税込み129円)

11月1日から30日の間にこれらのパンをお求めいただくと、税抜き金額の10%が子どもへの暴力防止をよびかけるワークショップ「CAP」の開催経費として、御坊市に拠点を置く「HML(ハミル・Happy Mama Life)」さんに寄附されることになっています。昨年度は22,702円が集まり、箕島小学校でのCAPワークショップが実現しました。

今年もみなさんのご協力をお願いします!

DSC_0092.JPG
左から、ボナペティ・ヤナギヤの宮所オーナー、Fields Rの坂口オーナー、クルトンの山本オーナーです。パン・ド・パニエの東オーナーは遠方ということでお披露目会には欠席でした(^^;

お店の場所をご紹介しておきますね。Fields Rさんは毎週土曜日のみの営業なのでご注意を。

Fields R http://fields.ikora.tv


パン・ド・パニエ http://pain-de-panier.com


パンプラス・クルトン http://crouton-pain.com


ボナペティ・ヤナギヤ御坊店 http://www.bn-yanagiya.com/
全日本社会貢献団体機構2018年度助成 [2017年10月19日(Thu)]
【内 容】 @ 子どもの健全育成支援 A災害復興コミュニティ支援
      @A共に助成限度額:1件300万円
【締 切】 11月13日(月)〜12月15日(金)17:00
【主 催】 全日本社会貢献団体機構
      http://www.ajosc.org/subsidy/application.html
平成29年度芸術文化振興基金助成事業 熊野古道・万葉ウオーク&Musical有間皇子 [2017年10月19日(Thu)]
◎熊野古道・万葉ウオーク
【日 時】11月2日(木) 
【コース】 9:00〜海南駅〜藤代神社万葉歌碑〜熊野古道松代王子〜
名草戸畔ゆかりの千種神社〜万葉の丘〜16:00宇賀部神社へ
     (専用バスで和歌浦へ)〜和歌浦で万葉交流会18;30(木村屋)
     ★講師(敬称略)村瀬憲夫(近畿大学名誉教授)
      ・馬場吉久(全国万葉協会理事)・山元晃(紀伊風土記の丘)
◎きのくにの歴史をたずねて、和歌山市内の寺と神社めぐりとミュージカル公演
【日 時】 11月3日(金・祝)
【コース】 9:00〜JR和歌山駅〜太田城水攻址〜無量光寺〜報恩寺〜和歌山城
       〜県民文化会館小ホールで劇団KCM公演「有間皇子」を観賞します。
      ★案内 KIGA熊野・高野国際語り部の会
上記いずれも-----------------------------------------------------
【参加費】ウオークのみの参加は500円(2日間)/万葉交流会6000円(要予約)
     /ミュージカル有間皇子入場予約券1500円
【主 催】海南・万葉の会
【申 込】/fax:073-478-2711
     メール:kiga@silk.plala.or.jp /http://ariskiga.exblog.jp/
JR西日本あんしん社会財団 平成30年度公募助成 [2017年10月17日(Tue)]
心身のケアなど事故や災害に起因する身近な「いのち」を支える活動及び研究を応援します
【内 容】 ・事故、災害や不測の事態に対する備えに関する活動及び研究
      ・事故、災害や不測の事態が起こった後の心身のケアに関する活動及び研究
      *詳細は下記をご覧ください。
      http://jrw-relief-f.or.jp/
【助成額】 活動1件70万円以下、研究1件200万円以下
【締 切】 11月15日(水)必着(厳守)
【主 催】 公益財団法人JR西日本あんしん社会財団
      TEL:06-6375-3202
      メール:info@jrw-relief-f.or.jp
Posted by 和歌山県NPOサポートセンター at 10:37 | 助成金・公募情報など | この記事のURL
| 次へ