CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年11月29日

【東京・神奈川夜】12/4(火)@品川 会場:ヒロモリ会場までの経路案内

品川駅から会場の(株)ヒロモリ(ビル名:SOUTH PORT品川)までの経路のご案内です。

<サロン開催詳細>
●日時
2018年12月4日(火)18:30〜20:30(開場18:20)

●会場
株式会社ヒロモリ内 会議室
(東京都港区港南2-12-32 SOUTH PORT品川6階)

●アクセス
JR品川駅 港南口より徒歩10分

------------------------------------------------

JR品川駅 改札を出たら、

@港南口(東口)方面に向かって、自由通路を直進。

港南.JPG

A自由通路を抜け、正面エスカレーターで駅下の「ふれあい広場」に降りてください。

esukare-ta-.JPG

➂ふれあい広場を斜め右側のモニュメントを目指し、直進。富士そば奥の通りを右手に進みます。

駅前モニュメント.JPG

Cこの通りには、左側にビックエコー、右手にローソンがあります。

4番.png

次の信号を左折し、突き当り、「Philips」ビルまで直進。

ビックエコー.jpg


D「Philips」ビルの前の横断歩道を渡り、右折します。

フィリップス前.JPG

E直進し、ビル建設現場を通り過ぎ2棟目のビルが「SOUTH PORT品川」です。

7番.jpg

F入口から入り、右手のエレベーターで、6階まで上がってください。

IMG_2309.JPG

入居している会社の表示看板が進行方向奥にあります。

看板.jpg

6階がヒロモリのフロアです。
右手の入り口からお入りください。

2018年11月28日

【名古屋・豊田】第6回開催報告

NECワーキングマザーサロン 名古屋・豊田チームの的場希実です。

11月18日(日)に758キッズステーションで第6回目のサロンを開催しました。名古屋・豊田チームは今回が最後のサロンとなりました。

1543336703746.jpg

職種や職場環境も様々な方々にご参加いただき、普段とは違う観点から自分の状況を客観的に捉えたり、お互いに新たなものの見方・考え方に触れる場になったのではないかなと思います。

今回が最後のサロンということで進行役のなっちゃんも感慨ひとしおの様子。

1543336708472.jpg

私自身も参加者やスタッフとしてサロンにかかわりながら、「どう働きたいのか」「どんな母でいたいのか」、自分の気持ちに向き合うことを続けてきましたが、その作業もようやく一区切りついたと実感することができた場でもありました。

1543336639556.jpg

私は5年前に第1子、2年前に第2子の育休を経て復職していますが、この5年間、ずっと育児と仕事の両立に葛藤する日々でした。仕事に重心を置けば、子供のことでモヤモヤ。育児に重心を置けば、仕事のことでモヤモヤ。仕事をやめようと本気で考えたことも一度や二度ではありませんでした。

でも、壁にぶつかる度にサロンという場がありました。ここで自分の想いをただただ語ることで自分でも気が付いていなかった自分の気持ちに気がついたり、整理したりするということを何度も繰り返すことができました。

仕事も育児も100点なんて、到底取れません。振り返ってみると、そんな状況の中で、サロンの中でしてきたことは、自分が「本当に大切にしたいこと」は何なのかを見つめることだったのだと思います。

私の母は専業主婦でした。私も母のようにいつもたくさんの品数の美味しいご飯を用意して、バックや洋服を手作りしてあげられるお母さんになりたいと思っていました。そして、そうなれない自分が苦しい時期もありました。

でも、サロンを通じて、たくさんある「大切にしたいこと」の中で本当に大切にしたいことは何かと考えた時、それは子供たちと笑顔でたくさんおしゃべりをすることだと気が付きました。

それ以降は、さほど大切ではないことはどんどん手放していけるようになりました。今では外食もバンバンしますし、お惣菜も買っちゃいます。母が手作りしてくれていたものも、アマゾンで買っちゃいます。

そして、先日、保育園の誕生日会で6歳の息子から、こんなお手紙をもらいました。

「お母さん、いつも僕の話を聞いてくれてありがとう。お母さんがいつも応援してくれるから、僕は体操をいっぱい頑張ることができます」

私は理想のお母さんにはなれていないけど、今大切にしたいことは大切にできているんじゃないかと思うのです。

また、第1子の育休からの復職後、あまりにも仕事に重心を置きすぎてしまったことへの後悔から、第2子の育休からの復職後は、とにかく子供との時間を優先し、仕事に対しては「守り」の姿勢で臨んできました。でも、その一方でもっと仕事で成果を出したい、仕事を通じて成長したいという気持ちに蓋をできない自分もいました。

そんな中で、もう一度、前に進めるよう背中を押してくれたのもサロンでした。夫とも何度も話し合いを重ね、先月からフルタイム勤務に戻しました。産後初の海外出張にも挑戦することができました。

長時間労働をしていたころの働き方にはもう戻らないつもりなので、歩みはゆっくりです。でも、前に進んでいる実感は少しずつ得られるようになってきています。

1543336732059.jpg

改めてこの5年間を振り返り、サロンという場を通じて、自分自身の大切にしたいことに率直に向き合えたことに、今は本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

このような場を提供してくだったNEC様、マドレボニータ様、サロンで出会った方々、そしてサロンを運営してきた仲間たちにこの場をお借りしてあたらめてお礼を申し上げたいと思います。

1543336734666.jpg

(文責:的場 希実)

2018年11月24日

【開催報告】長時間労働が前提の環境で、母たちは「はたらく」をどう考える?(WMS11/16@日比谷)

「NECワーキングマザーサロン」(以下、サロン)は、2018年6月から12月上旬まで開催されているプロジェクトです。詳しくはこちら。12月9日までのプロジェクトなので、開催エリアによって(全国で16チームで開催しています)はそろそろラストの会が近づいていたりしています。


2018-11-16 19.20.13.jpg

私たちは夜の時間帯で開催している「東京・神奈川夜チーム」です(他チームは昼の時間帯での開催がほとんど)。

11月16日(金)夜に日比谷図書文化館でサロンを開催しました。

この日は、チームメンバーが「霞が関でサロンを開催したい」と切望して実現した会でした。詳しくはこちらのブログを見てみてください。


日比谷公園内にある日比谷図書館は、霞が関の官公庁街、ビジネス街のすぐ近く。

この立地で開催することの「意味」をチームメンバーで考えていました。


官公庁やメディア関連など、「長時間労働」を想起させる職種の人たちが働いている近くで開催したい。

それは、「長時間労働に一石を投じたい」ということではなく、「長時間労働を前提とした環境のなかにいる母たちは、どうはたらきたいのか?をともに考えたい」からでした。



ワーキングマザーサロンは、ウォームアップのワークをしてから、ペアで話をし、そこで思ったことや感じたことを全体で共有します。(話したいな、と思った人が話します)


2018-11-16 19.30.03.jpg

対話をすることで、「会社や制度がこうなってくれたら…」という第三者ではなく、「私はこういう気持ちがある」「私はこうしたいと思っている」などと、「私」を主語にして話すことで、今の自分の状況を把握していきます。



この日に参加した母たちも、長時間労働前提の環境ではたらいている方がいらっしゃいました。


時間制約のあるなかで、「習熟度の足りなさを時間で補填できない」、「自分が役に立てているのかわからない」などの不安を口にする方も。


「時間をかけること」「その場所にいること」によっての、わかりやすい評価軸があるとき、時間の制約がある母たちは、たちすくんでしまいます。

時間をかければできるのに…という気持ちが渦巻きつつ、「貢献できていない(と自分で思ってしまう)」状況に焦りを感じる…。


2018-11-16 20.08.45.jpg

参加者全体で話し合っていたときに、

「貢献するというのは、具体的にはどんなことなのかな?」と、自分が抱えている言葉を掘り下げていく場面がありました。「貢献しなきゃ(貢献したい)」という気持ちの先には何があるのでしょうか。みんなで考える時間となっていきました。


また、長時間労働が前提であるように見える環境の中でどうする?には、

「自分の裁量がある程度効くことをやっていく」

「制約がある分、無駄なことはやらない、効率的にやっていく」

と、「今、自分ができること」を共有していく場面も。


そして、参加者から出てきたのは、「信頼関係」という言葉でした。

「まわりの人との信頼関係ができていくと、業務的なものではなく、どういう役割があるかを考えていけるのでは」といった内容の発言に、ハッとするものがありました。


どれだけ効率よくパフォーマンスをあげるのかは、もちろん大切。でも、「わかりやすく」なくても、パフォーマンスを発揮させている何かがあるとしたら…。

そんなふうに考えてみたら、今、見ている風景が変わるのかもしれません。


さらに、「自分は思うところがたくさんがあるが、夫は何も変わっていないように見える」という言葉も。

パートナーにも仕事は頑張ってほしい一方で、「パートナーに(仕事を優先することを)譲ると、際限なく譲ってしまうことになりそうで怖い」。


陣地の奪い合いのようなことをパートナーとしたいわけではない…。でも、そこに自分は怖さを感じている。

「そのこと(怖さを感じていること)も含めて話をしてみては?」という提案もありました。


置かれている環境に、時間の制約のある中で、子育てしていく中で、すべてに順応できるわけではない。

焦りもあるし、不安もある。


そんな自分を会社の上司や同僚、パートナーに出していくことも、次なる一歩を踏み出すきっかけになるかもしれません。


一人一人にぴったりな答えが出るわけではないけれど、対話したり、共有したりすることで、見えてくることがあるんだなとあらためて感じました。


毎回、参加する人、その人たちの状況が違うので、いつもオンリーワンの「場」がそこにひらかれます。リピートする人もいれば、転機になって再度訪れてくれる方も。そんなサロンの引力を感じた会でした。


2018-11-16 21.03.04.jpg



東京・神奈川夜チームの開催は、残すところ1回。

12月4日(火)18:45〜に(株)ヒロモリ内会議室(品川)にて開催します。

http://blog.canpan.info/wms/archive/2445

夜の時間ならではの「気持ち」が出てくる場になるかもしれません。

なにかにピンときた方、参加を検討してみてください。



お問合せ先

東京・神奈川夜チームまでメールでお問い合わせください


また、NECワーキングマザーは東京・神奈川夜だけでなく、

全国各地で12月9日まで開催予定です。

是非周囲の女性にご紹介ください。


【お申し込み方法】

 下記の専用フォーム(地域別)よりお申し込みください。

折り返し、各サロン担当者よりメールにてご案内をお送りいたします。

【北海道】【栃木・埼玉・東京・神奈川】【愛知・島根】



【対象】「母となってはたらく」というテーマに関心のある女性。


就労、妊娠・出産経験、婚姻などの有無、状況や年齢に関わらず、どなたでもご参加いただけます。

※生後210日以内のお子様は一緒にご参加できます。(同伴可能な日にちの確認はこちら


【定員】10組


【参加費】500円


※資料として『マドレ式・ワーキングマザーの教科書』をお渡しします





<NECワーキングマザーサロン関連書籍>


 〜マドレオンラインストアで購入できます


●別冊マドレジャーナル「NECワーキングマザーサロン」特集


 プロジェクトの成り立ちや変遷、考察、メンバーの声などがぎっしりつまっています。


http://madrebonita.shop-pro.jp/?pid=83342440


●産後白書2〜子育てしながら働く・働きたい女性1400人のリアル


http://madrebonita.shop-pro.jp/?pid=27388459


●マドレ式ワーキングマザーの教科書 (サロンご参加者に配布しています)


http://madrebonita.shop-pro.jp/?pid=18639802



<NECワーキングマザーサロン関連サイト>


●公式ブログ http://blog.canpan.info/wms/


●公式facebookページ https://www.facebook.com/wmsalon/


●NECサイト http://jpn.nec.com/community/ja/resources/mother.html?


●マドレボニータ公式サイト http://madrebonita.com


●マドレボニータ公式Facebookページ https://www.facebook.com/NPOmadrebonita/


(文責:東麻吏)

2018年11月21日

【開催報告】母となって働く「罪悪感?!」:東京西チーム 11/17(日) 第5回練馬サロンのご報告

NECワーキングマザーサロン東京西チームの斎藤です!

●NECワーキングマザーサロン(以下サロン)とは…
「母となってはたらく」というテーマについて自分の言葉で(「私」を主語にして)話したり、聴いたりするワークショップです。詳しくはこちら

秋晴れの空気がさわやかな11月17日(日)、練馬文化センターにて5回目のサロンを開催しました!
練馬1.jpg

練馬文化センターはとても大きな施設で到着した時にはちょっと驚きました(汗)
が、サロンを行ったのは「リハーサル室」という地下の和室のお部屋で、静かで広すぎず、良い空間でした☆

赤ちゃんと5名の参加者様、東京西チームのメンバー3人が輪の中に加わり、私は初めて輪の外からサロンに参加しました!

輪の外から見たサロンの景色はどんな感じかな〜とワクワクしつつ、今日も進行役さよりんの優しい声でサロンが始まりました。
練馬2.jpg
さよりんが自己紹介をしながらサロンとの出会いや母となって働く気持ちの変化を話してくれている時には、うんうん(分かる、分かる←ここは私の妄想)と優しくうなずきながら聞いている方が多いのがとても印象的でした。(何だか今日のサロンはいつにもまして雰囲気いいな〜^ ^ いや、外から見たから気付いただけで、いつもこんな感じのかもしれない^ ^)

ペアになってのワークを終えて、ここからは全員が輪の中に入り、思いを共有する時間になります。
皆さんの話を聞いて、今日のテーマはずばり「罪悪感」だった気がします。

●仕事をして帰宅が遅いと、家族に申し訳ない。
●お迎えで帰宅が早いと、会社に申し訳ない。


(あれ、どっちにしろ「申し訳ない」となる…)
「申し訳ない」とまで思わなくても、

●母・妻・社会人として、理想や周りの人の姿と自分の差にモヤモヤ。
●やりたいけど時間的に全部はできない。分かってるけどでもモヤモヤ。


このモヤモヤも「罪悪感」から来る部分が大きいのではないでしょうか。

この環境(状況)は母となって働く上ではずっと続くし、変える事はできない。
ならば!変える事ができるのは自分の考え方や行動!


という事で、今回のサロンでも、
●こんな風にやって行くといいんじゃない?
●こういう形だとやりやすいんじゃない?
●こう考えてみるといいんじゃない?


といった前向きな発言がたくさん出ました!!

それだけでなく、発言を受けて、
●そんな時パートナーはどうしている?
●こういう事もあると思うけどどう?


といった投げかけもあり、さらに皆さんの深い思いに触れる事ができた気がしました。

私はというと…
皆さんの発言から、あれ、、私はそんなに出来ていないぞ…?!(汗)と一瞬罪悪感がよぎりましたが、でも自分の今の姿や思いは大切にしながら、いいなぁと感じた他の方の姿や行動を少しずつ取り入れる事ができればいいのかな!と思えました。

松下幸之助(突然w)が若い頃ある夏、海に落ちて死にかけたが寸前のところで助かったそうで、それを松下は「自分は運が良い。これが冬だったら心臓麻痺で一巻の終わりだった。」と言った、という話を思い出しました。

物事に本来良い悪いはない。もっと悪い状況はいくらでもあるし、その良し悪しを決めているのは自分。

サロンに参加して、環境や状況が変わるわけではないけれど、自分の思いや他の人の思いを共有する事で、ハッと気付かされたり、(やっぱり)そうだよね!と考え方を変えたり、再認識したり、悩みが少しラクになったり、自分の気持ちが前向きに変わる…それがサロンの魅力だと思います。
練馬3.jpg

ぜひサロンの魅力を体験しにいらして下さい!

東京西チームでのラストサロンは12月9日(日)に田無で開催します!
---------------------------------------------------------------------------------------------
【田無サロンご案内】

●日時
2018年12月9日(日)10:15〜12:15(開場10:00)

●場所
Ripple NishiTokyo

●参加費 500円
資料として「マドレ式・ワーキングマザーの教科書」をお渡しします。

●対象
「母となってはたらく」ことを語り合いたい女性。
既婚・未婚・出産経験の有無は問いません。
学生・就労中・育休中・専業主婦・自営業・会社員 どんな立場でも参加可能です。
初参加の方も、リピーターの方も、同じようにご参加できます。

●定員
10組 お子様のご同伴は210日までのお子様に限らせていただきます。
今回は2018年5月13日以降に生まれたお子様の同伴はOKとなります。
2018年5月13日より前に生まれたお子様は信頼できる方に預けて単身でご参加ください。

●お申込み
お申込みはこちらから←受付中!!

●お問合せ
WMS東京西チームまでメールでお問い合わせください。
【メールアドレス】tokyowest*madrebonita.com(*を@に変えてお送りください)

(文責 東京西チーム 斎藤 優子)

2018年11月20日

【東京東チーム開催報告】11/17(土)駒込の親子カフェhahacoで開催しました

「NECワーキングマザーサロン」(以下、サロン)は、NPO法人マドレボニータが主催するプロジェクトです。

このプロジェクトは、全国各地にボランティアスタッフで構成された16のチームがあり、私が所属する東京東チームにとっては今回が第6回目のサロン開催となりました。
私はこのチームに参画している五藤幸根と申します。

11月17日(土)のサロン開催場所は、駒込の駅から歩いて10分ほどの、街角に佇むかわいらしい親子カフェhahaco。
hahacoのオーナーご自身の子育て経験から「駒込の地に親子が集える場を!」という想いを実現された場所で、地域に開かれたカフェです。
今回私を含めて3名が赤ちゃん連れでの参加でしたが、赤ちゃんを囲んで輪になり、温かい雰囲気に包まれたサロンとなりました。

そして、土曜の午前中という貴重な時間に、自分に向き合おうとこの場に集ってくださった皆さんをみて、私自身出産後初のサロン参加で緊張していましたが、そんな気持ちが吹っ飛んでしまうくらい胸が熱くなりました。
0A1A0A6E-E22C-482F-86C7-3130FABA8BD1.jpg


簡単な自己紹介からウォーミングアップのワークをペアで行います。その後、「母となってはたらく」をテーマに「人生」「仕事」「パートナーシップ」の3つのキーワードから1つ選んでペアで話をしていきます。「人生」というキーワードは、他の2つを内包していますし、どのキーワードを選んでもお互いに関わり合っているので、「仕事」を選んでも「パートナーシップ」もつながってくる、というようなことがよくあります。
46340408_2096668880647716_2555154028111593472_n.jpg



今回のサロンで、”自分にとって大切なものはなんだろう”ということを、今、そしてこれから先も自分に問い続けたいとあらためて感じました。


子どもとのかけがえのない時間、パートナーともっと分かりあいたいと思う気持ち、周りと比べて焦るキャリア・・・など。


境遇は違えど、みなさんからこぼれ落ちてくる不安や希望、そのどの感情にもうなずき、共感の連続でした。子育てにも家族の在り方にも、そしてきっと仕事のキャリアに関しても、誰にとっても100%完璧な正解はないことは十分に理解しているつもりではあるけれど、環境や周りからの声に軸がぶれそうになることがあります。

”自分にとって大切なものはなんだろう”これを自分に問い続けたいと思います。
大切なものを大切にできる自分でいられるように。

出産から2か月が経ちようやく生活が落ち着いてきた私にとって、何か原点に戻ることのできたような、かけがえのない私に向き合う時間になりました。
これからも試行錯誤の連続かもしれないけれど、あーでもない、こーでもない、あっこのほうがしっくりくるな。そんな試行錯誤も楽しみながら、味わいながら、過ごしていきたいと暖かな気持ちで家路につくことができました。

ご参加くださったみなさま、赤ちゃんも!本当にありがとうございました。
46445840_2096669037314367_6850403447628365824_n.jpg

-----------------------------------------------------------------------------------------
次回のサロンは12月2日(日)台東区寿での開催です。
東京東チームの最後のサロンとなります。
メンバー一同、みなさんにお会いできることを心から楽しみにしております!


【12月02日(日)台東区寿区民館サロンのご案内】


●日程:
2018年12月02日(日)10:00〜12:00 (会場:9:45)

●会場:
台東区寿区民館 台東区寿1丁目10番12号

●アクセス方法:
地下鉄銀座線田原町駅から徒歩5分
都営大江戸線蔵前駅から徒歩5分

●参加費:
500円 
資料として「マドレ式・ワーキングマザーの教科書」をお渡しします。

●対象:

「母となってはたらく」ことを語り合いたい女性。
既婚・未婚・出産経験の有無は問いません。
学生・就労中・育休中・専業主婦・自営業・会社員 どんな立場でも参加可能です。
初参加の方も、リピーターの方も、同じようにご参加できます。

●定員:10組
お子さまの同伴は生後210日までのお子さまに限り可となっております。
今回のサロンでは、2018年5月6日以降に生まれたお子さまは同伴可能です。
2018年5月5日までにお生まれのお子さまは、信頼できる方にお預けになって、 単身でご参加ください。

●お申込み:

お申込みはこちらから。
受付完了後、チームよりメールにてご連絡差し上げます。


●お問合せ


WMS東京東チームまでメールでお問い合わせください。



(文責:五藤幸根)

【埼玉・北・豊島】第8回11/17戸田サロン 開催報告 〜ブログリレーE〜

こんにちは!

埼玉・北・豊島チーム、通称「ときたまチーム」のさおりんです。


気持ちのいい秋晴れ(もう冬晴れ?)の17日(土)、ときたまチーム8回目のサロンが、初めて!埼玉県戸田市にて開催されました。


戸田サロン集合.jpg



「母となってはたらく」をテーマに語る、このサロン。

ちょうど来年4月の保育園入園申請でそわそわしている人も多い時期ですし、わたし自身も「来年4月の自分の復職、第1子の入学&学童、第3子の入園が重なる不安」を抱えているので、「仕事の話で盛り上がるかな!?」と勝手に思っていたのですが、なんと今回は意外にも「パートナーシップ」の話題で持ち切りでした。


かくいうわたしも、「人生」「仕事」「パートナーシップ」の中から選んだテーマは「パートナーシップ」。

というのも、我が家(というかわたし?)の場合、「パートナーシップがうまくいっていれば万事うまくいく、パートナーシップがうまくいっていなければ万事うまくいかない」から。

来年4月、新たな生活でバタバタすることは目に見えていますが、体力的にどんなに疲れても、精神的にどんなに滅入っても、夫とのパートナーシップが強固であればすべて乗り越えられると思うのです。


戸田サロンシェアリング.jpg


サロンの参加者全員で話し、聴き合うシェアリングでも、みなさんそれぞれのパートナーシップに対する希望や反省や自分の考えや相手の在り方などなど垣間見え、なんだかほっこりとしたあたたかい時間になりました。

やはりそこにあるのは「愛」なのかな!?



それとなーくブログリレーに移りますが、今まさにわたしのテーマは「愛」なのです。

先日夫と「より理想に近い家族になるには、あと何が必要?」という話をしていた時、夫に「あなたの愛が足りない。」と言われて・・・。笑

まさに衝撃!!!!!

わたしとしては毎日お弁当を作ったり健康を気遣ったり、惜しみない愛情を表現していたつもりだったのですが、夫も「それには感謝してるし、そういう愛情は伝わってる」と言うものの、求める愛情表現はこれではなかったのです。

夫は「例えば、朝出掛ける時にお見送りするとか、行ってきますのチューとか(かわいい!笑)、なるべく家族5人で過ごすとかさ。」と。


それを聞いて「あぁ〜、わたしの愛情って全然伝わってなかったんだな〜。」と少し悲しい気持ちもありつつ、正直たくさん反省しました。

長女6歳・次女4歳・長男8ヶ月の3人のこどもを抱えて、朝も「お見送りするより、長男の機嫌がいいうちにとっとと家事を済ませてしまいたい」と思っていたし、休日も夫とお姉ちゃん2人が出掛けてわたしと長男がお留守番になることも多いのですが、朝のお見送りもみんなでお出掛けすることも、やろうと思えばすぐにできること。

それで夫がご機嫌に過ごせてパートナーシップが向上するならとってもいいことだなと思い、自分を改めました。


来年4月まで半年を切り、これから復職までのわたしの課題は「改めて、家族の基盤づくり」。

パートナーシップの向上はもちろん、今のうちに習慣化しておいた方がいいことや生活に取り入れておいた方いいことを試して、家族みんなでパワーアップしておけたらと思っています。


*  * *


今回はわたしの地元戸田市で初開催という、記念すべき、感慨深いサロンになりました。

わたしは今期初参画で、正直最初は「サロンを地元で開催したい」という思いはありませんでした。

でも、ときたまチームの仲間たちが「サポートするから戸田でやってみなよ!」「さおりん自身も参加してくれた方との地域のつながりができるよ!」と後押ししてくれて。

無事に開催できるのかプレッシャーで不安に押しつぶされそうになることもありましたが、

こうして終わってみると、ただただ感謝の気持ちでいっぱいです。

このプロジェクトに関わる方々、チームの仲間たち、当日参加してくださったみなさん、本当にありがとうございました!!

そして、全力でサポートしてくれた夫とこどもたちにも心から感謝♡


*  * *


我がときたまチームで開催するサロンも次回でラストとなりました!

11月24日(土)10:00〜12:00@川口芝南公民館で、なんと!託児付きです!!

詳細はこちら

まだ少しお席ありますので、ぜひ早めにお申し込みください。

※託児の申し込みは終了いたしました。※


また、全国で開催している今期のワーキングマザーサロンも12月9日(日)まで。

開催スケジュールはこちら

みなさまのご参加、お待ちしております♪




☆ときたまチーム サロン全日程☆


(終了)6/23()川口市西公民館 →開催報告


(終了)7/28()ヘルシーカフェのら ※台風のため中止


(終了)8/24()北区ほっこりーの →開催報告


(終了)9/15()和光市本町地域センター →開催報告


(終了)10/3(水)さいたま市美園コミュニティーセンター →詳細案内


(終了)10/20()としま産業振興プラザIKEBIZ(池袋) →開催報告


(終了)10/31()ヘルシーカフェのら(さいたま市) →開催報告


(終了)11/17()上戸田地域交流センターあいパル(戸田市)


かわいい11/24()川口市芝南公民館!受付中!→詳細案内




☆ときたまチーム メンバー紹介はこちら☆


どんな人たちがやってるの?と興味がある方はこちらを。

チーム紹介 埼玉・北・豊島チーム




☆メンバーそれぞれが思いを綴った、ブログリレーはこちら☆ 


@新行内清美


A小川千歳<前編><後編>


B赤田久美子


C坪井奈実


D川又浩子



(文責:桐原 沙織)


2018年11月19日

【葛飾】12/9(日)錦糸町サロン開催します

こんにちは!葛飾チームの「めぐりん」こと大森 恵です。

_N1L3810.jpg

(9歳娘・6歳息子・2歳娘の母です。
趣味がアルバム作りなのもあまって撮影大好きです。)

葛飾チームのラストサロンのお知らせです。
ラストサロンとなる錦糸町サロンは、
錦糸町駅徒歩1分のアクセスばっちりな会場です!


サロンに参加したり、運営メンバーとしてPJにかかわってきた
数カ月をちょこっと振り返ってみると
私のキーワードは「場にいること」だったかなと思います。

「場にいる」ことででできること。やりやすいこと。
例えば言葉にしなくても事実を共有できる、雰囲気を味わう。

「場にいない」からこそできること、やりたいと思うこと
例えばどうだったと言葉で確かめる、事前の準備や残作業を率先してやろうとする

どんどん言葉にしていくと、「場にいない、いれなくても幽霊のようにそこに存在してたい」って言葉にしてました。
幽霊っていうのは、たまたま幽霊のようにみえるカードがあったからなのですが自分でもびっくりするような言葉でした。
いないのに、存在してたいって「どんだけ〜、欲張りすぎじゃないの?」ww

って客観的になってみると、私は常に存在してたいって願望がある。
誰でもどこにでもでなくてその矢印は大切な人・チーム・場ということ、

いれないってことをマイナスだと決めがちだけど、
時間や体力は限られているものなのだから
「場にいる」ってことだけにこだわるのって、そこにエネルギーを注ぐのって
ちょっと違うかなとも今は思ってます。

子供のイベントや友達とお茶する/飲むだったり
どうしても「場にいる」ことにこだわりたいところは
これからも諦めたくないけど。

と、結構難しく書いてしまいましたが、
いつもそんなこと考えているかというと全くそんなことはなくて
サロンに参加したり、サロンに関わる人達が興味をもって
「で、本当は何がきになるんだろうね」
「めぐりん、どうしたいんだろね」というような
問いかけをしてくれるから言葉になんとかなってます。

といってもサロンは、デザインされた場なので
参加するときは特に難しく考えずに
言葉にしたり言葉にしなくても
その場で頭に浮かんだことをかみしめたり
してみてほしいな〜と思います。

サロンワーク.jpg
(サロンでの好きな風景の一コマです。押上サロンにて。
ワークの楽しさを表してくれてる気がします)


自分の想いを言葉にするって簡単ではないですよね。
むしろ「何も思ってません」って片付くなっちゃうくらいめんどうなときも・・・
(子供達にはよく要求してしまいますがww)

自分の想いを確かめたり、言葉にしたからって
モヤモヤがすっきりしたり、お悩みすっきり解消なんてことはないけれど
やっぱりきっかけや入口は「自分はどうしたい」という想いに
いつも戻ってくるのかな〜。

ご参加お待ちしています。

【12月9日(日)錦糸町サロンのご案内】

●日時●

2018年12月9日(日)9:30〜11:30(開場9:20)


●場所●


すみだ産業会館


東京都墨田区江東橋3丁目9番10号

(墨田区・丸井共同開発ビル8・9階)


JR / 東京メトロ 錦糸町駅より徒歩1分


●参加費●

500円(資料として「マドレ式・ワーキングマザーの教科書」をお渡しします。)


●対象●

「母となってはたらく」ことを語り合いたい女性。

既婚・未婚・出産経験の有無は問いません。

学生・就労中・育休中・専業主婦・自営業・会社員 どんな立場でも参加可能です。

初参加の方も、リピーターの方も、同じように参加できます。


●定員●

10名

お子さまの同伴は生後210日までのお子さまに限り可となっております。

今回のサロンでは、2018年5月13日以降に生まれたお子さまは同伴可能です。

2018年5月12日までにお生まれのお子さまは、信頼できる方にお預けになって、単身でご参加ください。


●お申込み●

こちらから

※11月19日(月)午後予定です!


●お問い合わせ●

WMS葛飾チームまでメールでお問い合わせください。

katsushika@madorebonita.com


(文責:葛飾チーム 大森 恵)

【開催報告】11/11(日)荏原中延サロン〜自分の大切にしたい事って何だろう?過去の自分を振り返る〜

こんにちは。品川目黒チームの田辺知美です。


現在7歳、4歳の子供と第三子妊娠中(もうすぐ出産!)です。


そんな私が先日参加した荏原中延でのNECワーキングマザーサロン(以下、サロンと略します)、無事開催しましたのでご報告します晴れ


サロンは初めての方、数年ぶりの方、育休中の方から小学生の子を持つ母まで、様々な状況の女性が“母となってはたらく”に興味を持ち、ご参加してくださいました。


また、それぞれ話したい事があったり、参加者の話が聞きたい人など、参加理由も様々です。


さて、今回のサロンで参加者の話を聞き、私は過去の自分を思い出しとってもザワザワがく〜(落胆した顔)していました。

(サロンは問題解決する場所ではないのです、モヤモヤ増えた、とか気持ちがざわつく〜なんてことも多々あります)


思い出していたのは第一子復職後、いわゆるマミートラックのような状態でモヤモヤしっぱなしの自分でした。

そして今後第三子出産、育休取得後、また私はそういう状態になってしまうかも?!と・・・


ただ、サロンの醍醐味は自分一人でなく、他の参加者の話を聞くことが出来、そこから“じゃあ自分はどうしたい?”の思考になっていける事。


今回私は参加者の話を聞きながら、“自分はあの時と変わっていないのか?”などを思い返していました。


そんな事を考えて出てきたのは

“私はあの時(第一子復職時)と同じではない”

“仕事も大事だし、家族も大事。これが今の私にとっていいと思えるバランスなんだ。(だから、どちらも中途半端な感じがしてモヤモヤしたりするけど)”


周りに振り回されてしまうこと、“だめだ〜”って思うこともまだまだたくさんあるけれど、

“自分がどうしたいか”、“自分が大切にしたいこと”を選択できたときは“やった!”と思えたし、次のステップに進もうと前向きになれている気がします。


日々の生活に流されがちな時に、こうやって以前の自分を振り返り、立ち止まれたサロンの時間はとても貴重でした。


ご参加者それぞれの中でも振り返った方、今後どうしたいかなどなど、それぞれご自身の気持ちに触れることが出来たのではないでしょうか。

ご参加してくださったみなさま、ありがとうございました!

荏原中延11月.jpg


品川目黒チームのサロンは残り1回です。

“母となってはたらく”について話せる場にぜひご参加ください。


今後復職を控えている方、復職してみて今の自分を振り返りたい方、他の参加者の話を聞きたい方などなど、ご興味がある女性はどなたでも参加できます。


みなさまの参加をメンバー一同お待ちしております!



【品川・目黒チーム 第8回(最終回)武蔵小山サロン】

●日時
2018年12月2日(日) 9:45-11:45(開場9:30)

●場所
荏原第一区民集会所 (品川区小山3-22-3)
アクセス:東急目黒線武蔵小山駅より 徒歩5分

●対象
就労、妊娠・出産経験、婚姻などの有無、状況や年齢に関わらず
「母となってはたらく」ことについて、考え、語り合いたい女性

●定員
10組まで
※生後210日までの赤ちゃんは同伴可能です。
今回のサロンでは、2018年5月6日以降に生まれたお子さまは一緒にご参加いただけます。
2018年5月5日までに生まれたお子さまは、信頼できる方にお預けになって、 単身でご参加ください。

●参加費
500円
※資料として『マドレ式・ワーキングマザーの教科書』をお渡しします

●お申込み

●お問合せ先
WMS品川・目黒チーム までメールでお問い合わせください。

≪文責:品川目黒チーム 田辺知美≫

2018年11月17日

【東京・神奈川夜】開催報告 10/12(金)飯田橋にて開催しました

NECワーキングマザーサロン東京・神奈川夜チームの辻沙紀子です。

10/12(金)に、飯田橋で2回目のサロンを開催しました。チーム初となる赤ちゃんも2人参加し、会議室ではありますが畳の上、総勢16名の場となりました。
(備品としてしっかりした畳があるんです、すごい!)

44110694_2051371618247905_4873253289145139200_n.jpg

自身は育休からの復職2年目。「はたらく」ということが自分の時間と気持ちを良くも悪くも拘束するという現実のもと、日々モヤモヤと格闘しています。

特に女性の「はたらく」ことへの進出は、世間の仕組みがまだ追いつけていないことも多々あり、その中でどうしなければいけないのか、自分はどうしたいのかということは意志をもってある程度の方針を決めないといけないわけで、当然不安がありました。

ただ、「母となってはたらく」からこそできることもあるので、
それを自分の自信に昇華して子育てやパートナーシップに生かしていけたら素敵だなあと思いつつ、
じゃあ自分がそれをできているかというとまだまだだなあ…とも思ったり。
でもその、格闘する中で少しでも自分の理想の「はたらく」を進化させていきたいし、その歩みは止めたくない。
そんなことを感じた今回のサロンでした。

44108549_2051372028247864_6712379283387449344_n.jpg

東京・神奈川夜チームの開催は、残すところ1回のみとなりました。

12月4日(火)18:45〜に(株)ヒロモリ内会議室にて開催します。
http://blog.canpan.info/wms/archive/2445

お心あたりございましたら是非ご紹介ください。

お問合せ先
東京・神奈川夜チームまでメールでお問い合わせください



<NECワーキングマザーサロン関連書籍>

 〜マドレオンラインストアで購入できます

●別冊マドレジャーナル「NECワーキングマザーサロン」特集

 プロジェクトの成り立ちや変遷、考察、メンバーの声などがぎっしりつまっています。

 http://madrebonita.shop-pro.jp/?pid=83342440

●産後白書2〜子育てしながら働く・働きたい女性1400人のリアル

 http://madrebonita.shop-pro.jp/?pid=27388459

●マドレ式ワーキングマザーの教科書 (サロンご参加者に配布しています)

 http://madrebonita.shop-pro.jp/?pid=18639802


<NECワーキングマザーサロン関連サイト>

●公式ブログ http://blog.canpan.info/wms/

●公式facebookページ https://www.facebook.com/wmsalon/

●NECサイト http://jpn.nec.com/community/ja/resources/mother.html?

●マドレボニータ公式サイト http://madrebonita.com

●マドレボニータ公式Facebookページ https://www.facebook.com/NPOmadrebonita/


また、NECワーキングマザーは東京・神奈川夜だけでなく、
全国各地で12月9日まで開催予定です。
是非周囲の女性にご紹介ください。

【お申し込み方法】
 下記の専用フォーム(地域別)よりお申し込みください。
 折り返し、各サロン担当者よりメールにてご案内をお送りいたします。
【北海道】 【栃木・埼玉・東京・神奈川】 【愛知・島根】 


【対象】「母となってはたらく」というテーマに関心のある女性。

就労、妊娠・出産経験、婚姻などの有無、状況や年齢に関わらず、どなたでもご参加いただけます。
※生後210日以内のお子様は一緒にご参加できます。(同伴可能な日にちの確認はこちら

【定員】10組

【参加費】500円

※資料として『マドレ式・ワーキングマザーの教科書』をお渡しします


(文責:辻沙紀子)続きを読む・・・

2018年11月15日

※満席※【江東・江戸川・中央チーム】12/9(日) 清澄白河サロン(最終サロン)開催のご案内

お申込みはこちらから

※12/9(日)6:00時点 おかげさまで清澄白河サロン、満席となりました。

こんにちは。江東・江戸川・中央チームの藤田澄恵です。

変更になった最終サロンのご案内です。


いつのまにか6回目、最後のサロン開催になってしまいました。

早いなあ。


私自身はこれで通算5期目の参画が終わりを迎えようとしているのですが、育休や復職、その後の妊娠と退職や引越しを経験してきました。完全に自分を見失い、これからどうしようと悩んでこうやってサロンで自分に向き合っていく中で出た結論、私ってサブカルクソ女だ…!ということを再発見、再認識して妙な自信が湧いてきました。


新しいことをすぐできるようにならないし、なんだかんだ外の人に文句を言えず溜めるところあるし、人生ぐるぐるだけどこれが私、これでいいんだ、と最近ようやっと自分を受け入れられるようになりだしています。


そんな私のここ3年にハマったサブカル要素を勝手に(開催案内とは全く関係なく)公開してみようと思います。


3位:婦人倶楽部

…新潟県佐渡市の主婦たちで作られたえらくイカしたグループです。CDを注文すると、婦人たち自ら佐渡からCDが発送されます。曲も歌詞もイカしています。最高です。




婦人倶楽部


2位:クイクイ

…新潟市北区に秋冬に飛来する渡り鳥・オオヒシクイのキャラクター。ちょうど今、福島潟にもたくさん飛来しているようです。オレンジ色のクチバシが可愛いですよね〜!ゆるキャラグランプリ2018でも連日投票ボタンを連打しておりました。




クイクイ


1位:コイス

…鯉の怪獣コイス!裂けたお腹から魚卵を投げつけてます。カエルやウサギのポンチョ、販売店限定ソフビなど色々な切り口でハート鷲掴みです。作者の石川さんとファンの皆さんとの距離が近いのも嬉しいポイントです。




コイス


…なんの紹介か、脱線しすぎましたのでここらで本題に戻りましょう。


学校を卒業して働いていく、その中で随分自分自身が何が好きでどんな人間であったかを忘れていたことに気づきました。サロンは子供を持って生活しながら働く中で、自分自身を再認識して取り戻していく作業にもなりました。

何がしたかったんだっけ、そんな風に思っていたとしたら、サロンがいいきっかけになるかもしれません。


よかった。着地した気がしますたらーっ(汗)。。


以下、清澄白河サロンの詳細ご案内です。


++++++++++++++++++++++++++


【第6回 NECワーキングマザーサロン 12/9(日)@清澄白河】


【日時】 2018年12月9日(日)14:00~16:00(開場13:30)



【場所】 江東区森下文化センター


     都営地下鉄新宿線・大江戸線「森下」駅 A6出口より徒歩8分

     都営地下鉄大江戸線・東京メトロ半蔵門線「清澄白河」駅 A2出口より徒歩8分


【参加費】500円

     ※資料として『マドレ式ワーキングマザーの教科書』(A5判冊子)をお渡しします。



【対象】「母となってはたらく」ことについて、考え、語りたい女性の方ならどなたでも!

     育児休業中の方、専業主婦の方、ワーキングマザー、学生さん、

     結婚・妊娠・出産の経験がない方でも、どなたでも大歓迎です!


【定員】8組程度

    ※生後210日までの赤ちゃんは一緒にご参加いただけます。

    2018年5月13日以降にお生まれのお子さまは一緒にご参加いただけます。

    2018年5月12日以前にお生まれのお子さまは、信頼できる方にお預けになって、単身でご参加ください。


【申込方法】お申込みはこちらから

      受付完了後、チームよりメールにてご連絡差し上げます。


【問い合わせ先】江東・江戸川・中央チーム


◆江東・江戸川・中央チームについて

江東区・江戸川区・中央区在住のメンバー4名で運営しています。

2018年7月から、毎月1回のペースでサロン開催してきました。チームメンバーのご紹介はこちら



+++++++++++++


(文責:江東・江戸川・中央チーム 藤田澄恵)