CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年04月20日

【届け!想い!】進行役候補から運営メンバー検討中の方へメッセージ 〜清水陽子さん @東京都品川区〜

第10期NECワーキングマザーサロンプロジェクト
進行役研修中の清水陽子です。

秋田県出身です。
仕事の都合から
2017/12/30に東京都品川区に引っ越してきました。

ITエンジニアをしています。

夫、この春から小1の子どもの3人核家族です。
清水陽子

ブログのこのページにアクセスくださり、
ありがとうございます。

以下長文ですが、

1.参画してよかったこと
2.なぜ進行役に応募したのか
3.運営メンバー検討中の方にお伝えしたいこと

を書きました。

是非、最後まで読んでいただけたら、
幸いです。

1.参画してよかったこと
私が第8期、第9期と広報チームに参画してよかったことは
大きく2つあります。

1-1.
全員ボランティアで、
対面・オンラインそれぞれを使いながら
プロジェクトを進めていく。
その可能性や輝きを
直接目にすることができたこと。

私は「ボランティア」を
懐疑的に捉えていた時期がありました。

学費や修学旅行代などの捻出が
苦しかった時があり
金銭自体への執着もありました。

また、価値があることは
金銭に還元されて然るべき
とも考えています。

ですが、
自分自身も、けして自分の力で
だけで生きていくことはできず
今現実的に生きていく上で
金銭だけではあらわせないものがある
とも感じていました。

特にこのプロジェクトは
自発性を大切にしている
と、私は感じています。

自分を主語に、
私が何をしたいかを考えて行動する。

多様な立場の人たちが
それぞれに
「私」を大切に行動し続ける。

そうやって
プロジェクトを運営していく。
実際にやっている人たちがいる。

試行錯誤を共にしていけるプロジェクトに
参画できたそのこと自体がよかったです。



1-2.
就労、未就労、学生、社会人、未妊、既妊問わず、
広く女性を対象としていること。

私の出身地は
農業など一次産業が主流の地域でした。

私が小学生の頃、
その地域では男性は高卒、
女性は中卒ではたらくことが当たり前でした。
大学はごく一部の勉強する意味がある人が行くものでした。

一方で、
当時小学生の私は
神奈川県横浜市内の公立小学校でありながら、
学年の1/3以上が私立中学校受験をする地域とも関わっていました。
その地域では大学進学が当たり前で、
ご家族が一次産業を担っている方はごく少数でした。

小学生の私からみて、
「はたらく」や「当たり前」が、
地域、家庭、人それぞれで異なっていました。

にも関わらず、東京の会社に就職し、
会社員となってはたらき始めてからは
「会社員としてはたらく」
ばかりが
自分の生活にあるようになっていました。

このプロジェクトは
就労、未就労、学生、社会人、未妊、既妊問わず、
広く女性を対象としています。

また全国各地で開催しています。

平成27年に女性活躍推進法が成立し、
様々な取り組みがなされている中でも、
全国で広く女性を対象としているプロジェクトは、
案外と多くはありません。

もちろん、
「学生」「20代後半」「育休中」「未就労」など、
対象を絞るからこそできることもありますが、
広い間口の女性がそれぞれに語るからこそ、
自分の視点からは見えないことに気づくこともあります。

何歳でも、どこにいても、どんな立場でも。
私が母となってはたらくを考えてみたくなった時に参画できる。

参画する過程で、
自分がいつの間にか「当たり前」にしてしまっていたものへの違和感や、
自分が本当に大切にしたいものへの願いに気づく。
その機会になる様々なきっかけが、
このプロジェクトの中にありました。


2.なぜ進行役に応募したのか
首都圏で
18:30-21:30のどこか2時間で
「母となってはたらく」をテーマに
対話するワークショップを開催してみたい。

これが私の進行役応募の一番の動機です。

18:30-21:30が
子育て世帯のゴールデンタイムであることは、
重々承知しています。

私にとってもこの時間帯の捻出は、
平坦なものではありません。

それでも、年に1回程度、
「母となってはたらく」を自分を主語で考えたい時、
その時間帯の選択肢に
夜の時間があってもいいのではないか?

今、私はそう思っています。


3.運営メンバー検討中の方にお伝えしたいこと
運営メンバーは、
6-11月に月1回開催するサロンへの参加は必須ではありません。
サロンには1、2回の参加になりそう、
という方も、
18:30-21:30という時間帯にご興味ありましたら、是非ご検討ください。

第10期は北は北海道北見市、
西は島根県松江市まで、
16人の進行役候補が出ています。

ご興味を持ってくださった方は、
ご覧いただければ幸いです。
長文をここまで読んでくださり、ありがとうございます。
(文責:第10期進行役(研修中!)清水陽子)

【届け!想い!】進行役候補から運営メンバー検討中の方へメッセージ 〜文野めぐみさん @東京都大田区〜

東京都大田区在住、文野めぐみといいます。
2児の母です。
育休や時短勤務を経験した後に会社を退職して、現在は専業主婦をしています。

megumi.jpg

サロンには7年前、育休中に参加者として初参加しました。
ボランティアとしては昨年2017年に初めて運営メンバーに参画しました。


■私にとってNECワーキングマザーサロンとは

私がサロンに魅力を感じているのは「安心して話せる」を体験出来る場だという点です。

育休中の会社員だった頃、私は初めて参加したサロンで
「あー、会社では言えないようなこんな事、みんなの前で口に出していいんだなー。児童館に行っても全然こんな話出来ないんだよなー。」という不思議な解放感を味わいました。

大人になって親になって「空気を読む」という日常に馴染んでいた自分にとって、その時の体験は「安心して話せる場」の原体験となりました。


■進行役への思い

「あなたの感じていることを、安心して話してもいいんだよ。」とかつての私に伝えてくれた人がいたように、私も誰かにその安心を渡せる人になれたらいいな。という思いがあり、進行役に手を挙げました。

いろいろな状況があっても、困難に出会う日があっても、「人の前で安心して話す」という事に対する信頼感を、もう一度自分の中に取り戻してもいい。
サロンの中にはそんなことの種があるような気がしています。


■運営メンバー参画を検討中の方へ

メンバーに手を挙げてくださる方と一緒に力を合わせて、サロンを開催出来たら何より嬉しいと思っています。
その時々で出来る人が出来る形で力を持ち寄り、お互いを労わり合い、見守り合えるチームになれたらいいなーと思っています。

運営メンバー募集の詳細はこちらです。

一緒に走ってくださる方とお会いできるのを楽しみにしています!

(文責:第10期進行役(研修中!) 文野めぐみ)

2018年04月19日

【届け!想い!】進行役候補から運営メンバー検討中の方へメッセージ 〜金丸亜由美さん @東京都江東区〜

こんにちは。進行役候補生の金丸亜由美です。
夫、長女(年中)、次女(2歳)と4人で、東京都江東区に暮らしです。
昨年春、復職し、現在時短勤務中です。

kanamaru.jpg


■わたしのこと

私の初めての産後は暗黒でした。
出産することがゴールで、その先のことを全く考えていなかった私は、産褥期の身体のツラさ、母乳育児の大変さに「こんなはずじゃなかった…」とヘトヘトになっていました。

でも、「お母さんになったのだから、こんなことで愚痴ってはダメだ」と思い続けていました。

また、復職することは決めていましたが、復職が不安すぎて、毎日スマホで「はたらく 母 不安」「ワーキングマザー 悩み」と検索していました。そんな時に、たどり着いたのがサロンでした。

「母になったのだから、こんなことを口に出してはいけない」と封印してきたことを、サロンの場で、初めて他人に口にすることができ、涙が溢れました。


■なぜ進行役に?

サロンの魅力にはまり、8期は東京東チーム運営メンバー、9期は広報チームのメンバーとして参画してきました。
プロジェクトを通じて、進行役の姿を間近で見て、「決してスーパーな女性が進行役をやっているわけではない。私と同じように、日々悩んだり、迷ったりしてる人がやっているんだ」ということに気づき、今期、進行役に立候補しました。


■運営メンバーを検討中の方へ

全員が、ボランティアで参画しているからこそ、わたしも含め「できること、できないこと」を、素直に口に出し、委ねあえる関係性をつくりあえたらと思っています。

運営メンバー募集の詳細はこちらです。

また、もし迷っていることや、相談したいことがあれば、wmst@madrebonita.comへお気軽にお問い合わせください。

(文責:第10期進行役(研修中!) 金丸亜由美)

2018年04月18日

【届け!想い!】進行役候補から運営メンバー検討中の方へメッセージ 〜小野佳央里さん @東京都台東区〜

初めまして
NECワーキングマザーサロン10期進行役にエントリーしました小野佳央里です。
東京都台東区在住です。
家族は夫と、15歳と3歳の息子の4人で家族です。

小野佳央里


【サロンに参加したきっかけ】

次男を出産後保育園に入れずに待機児童になってしまったときにHPでワーキングマザーサロンのことを知りサロンに参加してみたいと思っていましたが実行せず・・・・。

その翌年に無事に1歳児で保育園入園をしたのですが2か月後長男が体調を崩し学校に行けなくなってしまいました。
その時にとてもとても悩んだのですが誰に相談していいのかわからず、ネットで調べても答えが見つからない・・・・。
とにかく自分のことを責め続け何とかしたい、何ともできないともがいていました。
その時に自分の状態を整えていくことを学びました。

自分の枠を少しずつ外していき自分を大切にして行動していくこと。
心の使い方を学びました。

自分の心が満たされていくとなぜか息子も少しずつ元気になって約半年で元気を取り戻し学校に通い始めました。
そして自分が元気になると素敵な時間が自分だけではなく、周りの人にも訪れるような何かがしたいなと思っているときにサロンに参加しました。


【なぜ進行役に?】

わたしがサロンに参加者として参加したのは、2017年8月6日です。
その時のシェアリングがとても有意義でした。

私が気づいていないことを気づかせてもらうことができました。
腑に落ちるってこういうことなのだなとスッキリしながら帰宅したことが忘れられません。
自分自身が体感し、こういう安心して語れる場を作るということに挑戦したいと思いました。


【運営メンバーを検討中のかたへ】

私は研修を始めてまだ3週間目ですが様々な方々に教えていただき、もやもやを
消しながら元気をいただいています。

地元でも素敵な仲間と出会って、スッキリできる楽しいサロンを開催したいです。
なにか気になることがあったら、ぜひ声をかけてください。

運営メンバー募集記事はこちら

素敵なつながりができますように。

(文責:第10期進行役(研修中!) 小野佳央里)

【届け!想い!】進行役候補から運営メンバー検討中の方へメッセージ 〜吉江沙織さん @東京都葛飾区〜

こんにちは!
第10期NECワーキングマザーサロン進行役候補として研修中の吉江沙織です。
東京都葛飾区に住んでいます。

吉江沙織


【自己紹介】

家族構成は、夫と7ヶ月になる娘との3人家族です。
仕事は、新卒入社後、7年ほどシステム関連の業務を担当していました。
その後、プライベートでキャリアコンサルタントの資格を取得したことがきっかけで、
人事部に異動し、研修や採用業務を担当。
昨秋、第1子を出産し、現在は育休中です。

初めての子育ては、想像以上に泥臭く、産後すぐはヘトヘトでしたが、
生後半年を過ぎて、ようやくこの生活にも慣れてきました。
今は、せっかくの育休期間をなんとなく過ごすのではなく、
家族との時間も大切にしつつ自分の時間も大切にして過ごそう、という気持ちでいます。

私にとって、"自分の時間を大切にして過ごす"内の一つが、
このNECワーキングマザーサロンの活動です!


【なぜ進行役に?】

大きな理由は以下の2つです。

1.マドレボニータ産後ケア教室のシェアリングで、
  "自分の考えや気持ちを素直に話すこと"のパワーを実感したため

私は、キャリアコンサルタントの勉強をしていたこともあり、
これまでも"自分と向き合う"ことはやってきたつもりでした。
ところが、初めてのシェアリングでは言葉が全然出てこず、愕然としたんです。
考えてみれば、産後の会話は娘のことばかり・・・
自分のことなんてほとんど考える余裕はありませんでした。

また、聞き役の方が、私が何気なく発した言葉を丁寧に受け取ってくれたおかげで、
それまで気づいていなかった私自身の本当の気持ちに気付き、
"うっすら抱いていた正体不明のモヤモヤ"が晴れたこともありました。
これを機に、出産後の生活の捉え方がガラッと変わり、
気持ちがすごく前向きになったんです。

そういった経験から、今度は私が
"安心して自分のことを話せる場を作りたい!"
と考えるようになりました。


2.自分の考えや気持ちを素直に話せる仲間が欲しい

産休育休に入ってから、家族以外の人と話す時間がぐっと減り、
少し物足りなさを感じるようになりました。

友達ができたらいいなと思い、児童館に行ってみるものの、
どうしても子どもの話が中心となり、長続きする関係性を築く難しさを痛感。

"私ってコミュニケーション力が低いのかな"なんて反省していたのですが、
産後ケア教室で出会った方々とは、レッスンを重ねていく毎に、楽しく話せたんですよね。
これは、子どもではなく、"私"を主語にして話すシェアリングのおかげだと思っています。

NECワーキングマザーサロンの活動を通じて、
自分の考えや想いを素直に話せる仲間と新たに出会えるのを心待ちにしています!


【運営メンバーを検討中の方へ】

私は、前述の通り、産後ケア教室には通っていましたが、
NECワーキングマザーサロンには参加したことがありません。

また、どちらかというと控えめで、
こういった取り組みに自分から手を上げるような積極的なタイプでもありません。
(今回の進行役への立候補は、私の中ではとても勇気のいる決断でした。。。)

そんな中、不安がまったく無い訳ではありませんが、
他の進行役候補者や本部チーム、全体サポートメンバーの皆さんが、
とても優しく温かい方々ばかりで、安心して研修に取り組めています。

サロンや産後ケア教室への参加有無は問いません。
「母となってはたらく」というテーマに関心のある方でしたら、大大大歓迎です!

みんなで協力して進めていくプロジェクトですので、
あまり重く受け止め過ぎずに、気楽にご応募くださいね。

運営メンバー募集記事はこちらです。

各々の置かれている状況や価値観の異なるメンバーが集まって行いますので、
その違いをおもしろがりながら、また、お互いを想いやりながら
楽しくアットホームなサロンを作りましょう!

(文責:第10期進行役(研修中!) 吉江沙織)

【届け!想い!】進行役候補から運営メンバー検討中の方へメッセージ 〜堀田 奈津子さん @愛知県豊田市〜

皆さん、初めまして。
今期のNECワーキングマザーサロンの進行役候補として研修中の堀田奈津子です。
運営メンバー募集にあたり、どうしようか悩んでいる人に思いが伝われば良いな、と思い文章にしました。

horita natuko.jpg


【わたしのこと】

愛知県豊田市在住、3児の母です。こどもは年長、年少、1歳児。
この4月からフルタイムで職場復帰をしたため、3人が同時に保育園に通っています。
最近、名古屋から豊田に引越して来ましたが、職場は名古屋市内になります。
新生活が始まったものの、まだまだペースがつかめず...パートナーと悪戦苦闘しているのが今の私です。


【NECワーキングマザーサロンのこと】

去年、私はサロンには一度も参加したことがない状態で、参画メンバーに応募しました。
3人目の産後間もなかったのですが、育休期間でモヤモヤする気持ちが溜まってきていたこと、誘ってくれた仲間がいたこともあり参画しました。
結果、このサロンでの気付きはとても大きく、仕事に対する向き合い方を根本的に見直すことになります。
母となっても、自分の気持ちに素直に、やりたいことは挑戦してみよう!という前向きな思いを持つことが出来ました。


【みんなにむけて】

サロンでは、たくさんの人たちの「母となってはたらく」思いに触れることが出来ます。
それは、リアルな生の声であり、自分自身にも跳ね返って自分を見つめ直すきっかけを与えてくれることでしょう。
参画メンバーとなり、一緒にその瞬間を共有してみませんか?
メンバーとの出会いもかけがえのないものになります。


【具体的な募集内容】

名古屋市内、豊田市内を中心にサロンの開催を予定しています。
メンバーで、他の場所でも希望があればできる範囲で対応したいです。

○サロンは土日の昼間を予定。
6月から11月まで月に一度程度、開催していくスケジュールです。
(もちろん、全参加できなくても結構ですし、オンライン上でお手伝いする!というのでも構いません)


私と一緒に、この地域で「母となってはたらく」場をつくってみませんか?
運営メンバー募集記事はこちら
ご応募、お待ちしています。

(文責:第10期進行役(研修中!) 堀田奈津子)

2018年04月17日

【届け!想い!】進行役候補から運営メンバー検討中の方へメッセージ 〜青井 絵梨香さん @東京都品川区〜


はじめまして!

東京都品川区在住の青井絵梨香です。

今期のNECワーキングマザーサロンの進行役候補として研修を受けています。

えりかさん!と元気によんでいただけると嬉しいです。

青井絵梨香


【自己紹介】

6歳と2歳の息子と夫の4人家族です。

生命保険会社のバックオフィスで仕事をしています。2年前に産休から復帰して、今は時短で仕事をさせてもらっています。

仕事から帰って小学1年生と2歳児と過ごす平日は、忙しいですが、時間をやりくりして、家族にも支えてもらいながら研修に取り組んでいます! その他では、乳幼児の発達と保育界隈の勉強を自学していて、子どもの学びやコーチングにも興味を持っています。ハイキング、マラソン(10kmまで)など体を動かすことが大好きです。


【なぜ進行役に?】

第二子出産後に参加した産後クラスと、育休中に参加したNECワーキングマザーサロンに参加しました。そこで毎回もやもやした気持ちを持ち帰っていたのですが、そんなサロンに人が集まるのを不思議に思い、昨年は横浜チームの運営メンバーとして初めてNECワーキングマザーサロンで場を作ることをお手伝いしていました。


参加者の人たちが心の中にある想いを言葉に出していく姿を見て、いいなぁと。想いを自分の外に出せる場、そしてそれを聴いてくれる人がいる場を作ることで、少しでも多くの働く女性が日々の中で置き去りにしがちな自分の中にある思いや希望に気づいてくれたらいいな と思っています♪ 私自身が気づいた一人ですから。


そんな自身の想いと、「母となって働く」を安心安全な場所で言葉にすることに魅力を感じ、進行役になることを決めました。


【運営メンバーを検討中の方へ】

今回、主に住んでいるエリアでサロンをしたいと思っているのは、私の身近な人たちにもサロンを知ってもらいたいからです!

それぞれの持っているものを活かしあう、そんな素敵な人たちがいるのがNECワーキングマザーサロンだと感じています。なので、迷ったりしている気持ちがあれば、相談してくださいね。活動しながら、そのプロセスを一緒に楽しんでいければと思います!

運営メンバー募集記事はこちらお会いできるのを楽しみにしてます☆

(文責:第10期進行役(研修中!)青井絵梨香)

【届け!想い!】進行役候補から運営メンバー検討中の方へメッセージ 〜中里 恵梨さん @神奈川県横浜市〜

はじめまして。
今期のNECワーキングマザーサロンの進行役候補として研修中の中里恵梨です。
神奈川県横浜市に住んでいます。
nakazatoeri.jpg


【自己紹介】

夫と2歳の息子と3人家族です。妊娠、出産を機に仕事を退職して専業主婦をしていましたが
息子の保育園入園が決まり、この春から事務の仕事を週4日始めました。
久々の会社勤めで、仕事をできる喜びを感じつつ、慣れない仕事に毎日緊張していますが、
子供がいきいきと保育園を楽しんでいる様子を見て、勇気を出してやってみて良かったなと思っています。


【参画の経緯】

昨年は運営メンバーとして、横浜チームに参加をしました。
その時の私は、仕事を辞めてしまったことで外との繋がりがなくなってしまったように
感じて強い孤独感を感じていました。
自分には価値がない。そんな思いで苦しんでいたので、何か外に出るきっかけが
欲しくて運営メンバーに応募することにしました。


それまで、母となったことで自分の好きなことができなくなったり、自分の世界がどんどん
狭くなっていくと思っていましたが、ワーキングマザーサロンに出会って、自分の知らなかった
新しい世界や出会ったことのない人たちに出会えたことが自分にとってはとても大きな刺激となりました。


【運営メンバーを検討中の方へ】

私自身、運営メンバーに応募するときも、今回の進行役に応募するときも自分に出来るのかと不安で迷いました。
でも勇気を出して新しい挑戦をすることで、自分の視野がとても広がり、人生が豊かになっていくことを感じています。

ぜひ、みなさんも運営メンバーとして、一緒に地域で活動してみませんか?
運営メンバー募集記事はこちら


みんなで得意なことを活かして、大変な時には助け合う。そんなチーム作りがしたいと思っています。
たくさんの新しい出会いを楽しみにしています!

(文責:第10期進行役(研修中!) 中里 恵梨)

2018年04月16日

☆チーム紹介☆ 全体サポート【研修伴走・対話チーム】

運営チームのメンバーも続々と集まり、第10期NECワーキングマザーサロンの活動もいよいよ本格的に始動していきます!

さて今日は、そんなプロジェクトの中で一足先に活動を開始している、
全体サポートチームの中の【研修伴走・対話チーム】をご紹介しますぴかぴか(新しい)

28685820_1821925591173078_3077924394776072756_n.jpg

■研修伴走・対話チームって何をするの?

研修伴走・対話チームは、「話す」「聞く」ことを通して、プロジェクトメンバー自身が自分のおもいに向き合う場づくりをします。
4〜5月は「進行役研修」に聞き役として伴走します。指導や監督的な立場ではなく、時に話を聞き、時に励ましながら、進行役希望者たちが研修を無事修了できるように応援します。
研修終了後は、進行役に限らずプロジェクトメンバーの聞き役・対話の推進役として、11月まで「話す」「聞く」場をオンラインなどで設けながら、自分の思いに向き合う場づくりの実践と考察をしていきます。

■メンバー紹介(五十音順)

29694807_1784190571643929_631036822138728067_n.jpg田坂 あす香(たさか あすか)
5歳と3歳の子供たち4人家族で神奈川県逗子市に住む、あっかです!産前まで俳優をやっていて、今は都内などで演劇のワークショップを開いています。第9期進行役でした。
子育てや仕事をする中で、普段自分を主語に語る機会は少ないと思います。母になる前は自分の夢や自分の好きなこと、もっともっと話す場所があったような気がしたのに・・・と思う人は私だけじゃないはず。母になって「私」を語れる場を多く作り出すために、NECワーキングマザーサロンの進行役に伴走していきます。どうぞよろしくお願いします!


30124473_1669865019770765_2658878805302107205_n.jpg藤田 珠代(ふじた たまよ)
7歳と3歳の子供たち+夫と4人家族で、横浜市に住んでいます。
第8期は運営メンバー、第9期は進行役としてサロンに参画していました。
自分自身と向き合い思いを言葉にすることは、ときに難しいこともあるけれど、人生を豊かにすると信じています。
一人でも多くの方に「私」を主語にして語る場をあじわっていただきたい気持ちでいっぱいです。今期は本チームのメンバーとして、話す聴くの対話を通じて進行役と自分自身、そしてサロンにかかわる皆さんに向き合っていきたいです。


29792652_1662019193866226_77795224315222022_n.jpg藤原 基子(ふじわら もとこ)
子(2歳)と夫と品川区に住んでいます。第8期に進行役をしていました。
サロンに関わるおひとりおひとりの思いに触れられることが本当に楽しみです。やりたいことがある人だけでなく、まだ自分の希望が言葉にならずにもやもやしている人の「誰かに聞いてほしい」という気持ちに応えられる安心安全な場を整えます。ご本人が話しながら整理したり着想を得る現場に立ち会う醍醐味を、運営メンバーを支えながら堪能したいです。


30123821_1666548110067848_6275276892555706368_n.jpg村松 智子(むらまつ ともこ)
静岡県袋井市在住、小学生男児2人の母です。専業主婦期間を経て、働く母歴はもうすぐ6年です。「静岡県内でもサロンを広めたい」と思って昨年進行役として参画しました。6回のサロンでは多くの方にご参加いただき嬉しかったです。また、無事に進行役を全うできたのは、多くのプロジェクトメンバーから有形無形の励ましがあったからこそと思いました。今年はその恩返しとして私が次の進行役を支えていけたらと思い、伴走チームの参画を決めました。また、地域のチームに所属しないかわりに、全国のメンバーとの交流も楽しんでいきたいです。サロンの現場を作るメンバーを支えることで、安心安全な場作りに関っていきたい思っています。


29683589_10211663790018389_5976831532618046692_n.jpg山ア 彩子(やまさき あやこ)
横浜市在住、2人の子(7歳、3歳)がいるワーキングマザーです。
サロンへの参画は3年目になります。第9期に進行役を経験しました。
私が働く母を続けていられるのは、「思いを言葉にする」「話を真剣に聞いてもらえる」サロンの存在があるからだと考えています。
第10期はサロンの時間や運営をより良くするために、プロジェクトのみんなをサポートしたいです。
そして誰よりも自分自身がプロジェクトへの参画を楽しみたいと思っています。


この頼れるメンバー5名と、本部より種井で、【研修伴走・対話チーム】として活動していきます。
よろしくお願いします!

(文責:第10期 本部チーム 種井美緒)

2018年04月05日

第10期「進行役」候補者のご紹介

皆さん、こんにちは。NECワーキングマザーサロン・プロジェクト本部の細川朋美です。

第10期NECワーキングマザーサロンの「進行役」として名乗りを上げてくださった、16名の候補者の皆さんをご紹介します。4/1からすでにスタートしている研修に2か月間とりくみ、全過程修了した方が、正式に進行役として活動を開始します。ぜひ応援してください!

【進行役候補者:自己紹介・サロン開催希望地】北〜南順



川辺真美子
川辺 真美子(かわべ まみこ)

北海道札幌市在住の川辺真美子です。
5人家族で、私、パートナー、春から小4と小2の娘、2歳半の息子がいます。
生まれも育ちも愛知県で、転勤族のパートナーと結婚して10年、9回の引越しを経験しています。
その中で、自分の居場所を見つける大変さを感じたり、今後の自分に対していろいろ考えたりすることが増えました。
私は2年前、宇都宮でNECワーキングマザーサロンに出会えたことで、自分自身の生き方に向き合うきっかけや、地域に自分のおもいに向き合うことを支え合える仲間ができました。
私は参加してくださった方が私のように自分自身の生き方に向き合うきっかけになる、そんなサロンを開催したいです。どうぞよろしくお願いします。
《開催希望地》北海道札幌市




堂藤友世
堂藤 友世(どうとう ともよ)

北海道津別町在住、夫と5月で2才になる子ども1人の3人家族です。この春からは子育てを優先しながらですが、夫の家業である農業の仕事をしていきます。産前は別の職業をしていたので、新たな挑戦に緊張がありますがワクワクもしています。この「転職」の決断ができたのもNECワーキングマザーサロンに参加や参画をして、「自分の本当にやりたいことは何か」を自問自答してきたからです。私は出産直前まで別の地域で働き、産休に入ってからオホーツクに引っ越してきました。産後は社会と切り離されたような孤独を感じていましたが、サロンの活動を通してたくさんの地域の仲間に出会えたことで今は生き生きと生活できています。今年度もサロンが安心して自分を見つめられる時間になるようチームで力を合わせていきたいです。 どうぞよろしくお願いします。
《開催希望地》北海道北見市、北見市周辺




矢野間沙世里
矢野間 沙世里(やのま さより)

栃木県宇都宮市在住、夫と娘(0歳)の3人家族です。サリーちゃんと呼んでください^^現在は人財教育関係の職場を育休中です。
今年2月に栃木に引っ越して早1ヶ月(笑)栃木の皆さんの温かさに感動しています^^
栃木の女性がつながれる場を作りたい!そして私もつながりたい!と思って、参画しました☆
「安心して、自分の心の声を話せる」サロンにしたいな〜、関わる一人一人がその方なりに輝ける場所にしたいな〜と思っています♪
このプロジェクトの期間は、思いもよらない楽しいことや驚くことがたくさん起こる時間になるだろうな〜と今からとてもワクワクしています!どうぞよろしくお願いします!
《開催希望地》栃木県宇都宮市




石上麻似
石上 麻似(いしがみ まい)

こんにちは、埼玉県川口市在住の石上麻似(まにちゃん)です。「母となってはたらく」を通じて、色んな想いを持ち寄れる、それが良くても悪くても明日の自分の活力になっていく、そんなサロンをチームで深めていきたいです。本当は自分はどうしたいのか?をあきらめずに、点と点を結ぶような、自分の軸を確認し大切にしながら、人とのつながりを安心できる地域でコミュニティを作っていくことが目標です。見た目は穏やか、中身は松岡修造みたいな熱いところがウリです。よろしくお願いします。
《開催希望地》埼玉県 川口市、蕨市、さいたま市、東京都北区
※JR京浜東北線沿線、川口・蕨・浦和・赤羽駅近く




金丸亜由美
金丸 亜由美(かなまる あゆみ)

東京都江東区在住の金丸です。現在夫、長女(4歳)、次女(2歳)と暮らしています。仕事は、大学生向けのキャリア教育の企画・運営を行っています。昨春復職し、時短勤務を利用しています。サロンには長女出産後に、初めて参加しました。それまで自分が勝手に「母になったんだからこんなことを言ってはいけない…」と思いこんでいたことを、サロンの場で初めて話すことができ、とても救われました。今年は進行役として、自分の住む近隣地域でサロンを開催し、メンバーとは、サロン当日はもちろん、ちょっとした時に会ったり、助け合える距離で関わっていけたらと思っています。
《開催希望地》東京都江東区(東陽町、豊洲)、江戸川区(葛西)、中央区(月島)
※東京メトロ東西線沿線での開催をイメージしています。沿線の千葉県浦安市(浦安)、市川市(行徳、妙典)、西船橋市(西船橋)もメンバーからの希望があれば開催したいです。




小野佳央里
小野 佳央里(おの かおり)

東京都台東区在住、2児の母です。子供がいながら働くということは少しくらい無理をしたり我慢をしてでも自分が頑張らなくてはいけない!
そうするべきだと思って過ごしていました。
でもその我慢って何だろう??その我慢って誰かがお願いしたことなのかな??本当は自分が勝手に思っていただけなのでは...と気づくことができました。
私と同じように無理をしているお母さんは沢山います。サロンに参加したら「自分の声に耳を傾けられる時間ができた」「もやもやが消えたよ」と思っていただけるお手伝いがしたいです。よろしくお願いします。
《開催希望地》東京都 台東区、墨田区、文京区
※都営浅草線(蔵前、浅草橋付近)、都営大江戸線(蔵前、春日)、総武線(水道橋、秋葉原、浅草橋、両国、錦糸町)周辺を考えています。




青井絵梨香
青井 絵梨香(あおい えりか)

7歳と2歳の男の子と夫と暮らしています。子供の成長について、自分のキャリアについてとあれこれ模索中なのですが、サロンの魅力に取りつかれ今年も参加することにしました。日々もやもやと自分の中に抱えている思いを言葉にさせてもらえる場所に出会ったことで、メンバーがお互いの持っている力を持ち寄って、一人でも多くの母となって働く女性を勇気づけられる場を作っていきたいと思っています。サロンへの気持ちが「なんだか気になる」でも「めっちゃやりたい」でも、一緒に時間を過ごす中で気づきが何かしらあると思います! エントリー、お待ちしてます。
《開催地域》東京都 目黒区、品川区、周辺
※東急目黒線沿線、中目黒、五反田、目黒、武蔵小山、旗の台 他




文野めぐみ
文野 めぐみ(ふみの めぐみ)

東京都大田区在住、7歳と4歳の子の母です。
「空気を読む日常」に馴染んでいた自分にとって、自分の正直な想いを言葉にする事が出来るサロンとの出会いは驚きでした。「あなたの感じていることを、安心して話してもいいんだよ。」とかつて私自身が受け取ったように、私も誰かにそのことを渡せる人になりたいという気持ちがあり進行役に手を挙げました。
「誰でもが安心安全に話せる場所」の探求ができたら嬉しいです。
運営メンバーに参画くださる方とお会い出来るのをとても楽しみにしています!
《開催希望地》東京都大田区および周辺地域
※主に東京都大田区での開催を考えていますが、合わせて周辺の東急線沿線地域でも数回開催出来たらとイメージしています。




蜿タ尚子
柳沼 尚子(やぎぬま なおこ)

東京都荒川区在住、柳沼尚子です。小2、年少の二人の男児の母です。NPO法人マドレボニータで経理の仕事をしています。
昨年運営メンバーとして参画し、サロンの場が参加者だけではなく、運営メンバーにとっても毎回自分自身を振り返る大切な場になることを実感しました。
運営メンバーとの日常のやりとりを大切にし、半年間私もメンバーもそれぞれやりたいことにチャレンジしていける場になればいいなと思います。実験と観察と笑いに溢れたチームを作りたいと思います。
《開催希望地》東京都 荒川区(南千住、町屋)、足立区(北千住)
※上記の他に、日比谷線(西新井〜人形町)、つくばエクスプレス(秋葉原〜北千住)沿線を想定しています。南千住から電車で30分程度の場所であれば、運営メンバーの地元での開催も行いたいです。




吉江沙織
吉江 沙織(よしえ さおり)

東京都葛飾区在住、吉江沙織です。夫と娘(7ヶ月)との3人暮らしで、今は育休中です。
サロンへの参加経験はありませんが、産後ケア教室のシェアリングを通じてそれまで気づいていなかった本当の気持ちを見つけられたことをきっかけに、進行役に挑戦することを決意しました!
初めての子育てに奮闘する最中、新たな挑戦をすることに不安もありますが、お互いを思いやりながら、楽しくアットホームなサロンを作っていきたいと思っています。
サロンに参加したことがある方はもちろん、私と同じように"サロンには参加したことがないけれど産後ケア教室のシェアリングが楽しかった!"という方も、遠慮せず一緒に頑張っていけたら嬉しいです。
《開催希望地》東京都 葛飾区(青砥)、足立区(北千住)、墨田区(押上)
※京成線沿線(主に葛飾区/足立区/墨田区エリアの駅)でのサロン開催を希望しています。
※なるべく多くの女性が参加しやすい環境を整えたいため、同じ場所で回数を重ねるというよりは、いくつかのエリアで開催していきたいと考えています。




貫名友理
貫名 友理(かんめい ゆり)

こんにちは。東京都武蔵野市在住、貫名 友理(ゆりちゃん)です。夫、息子(3歳)と3人家族です。
認定NPO法人マドレボニータでは、産後セルフケアインストラクターとして三鷹・高田馬場で教室を開講しています。安心できるコミュニティを地域でつくりたい、そんな思いからこの度進行役として参画することを決めました。
一緒に活動してくださる運営メンバーのみなさんとは、日々の対話を大切に、思いやりとユーモアを大切にし、共にする時間を惜しみなく楽しみ、味わいたいです。
《開催希望地》東京都 武蔵野市、三鷹市近辺(中央線:吉祥寺・三鷹・武蔵境)
※中央線沿線をイメージしています。
沿線の中野区、杉並区、小金井市、国分寺市(中野〜国分寺)も、メンバーの希望があれば伺って開催したいです。




金子小夜子
金子 小夜子(かねこ さよこ)

西東京市在住の金子小夜子(さよりん)です。夫と2歳8ヶ月の娘、6ヶ月の息子と4人暮らし。結婚して夫の地元、西東京市に来て4年目になります。
第一子出産後、サロンに参加したことをきっかけに働き方を大きく変え、仕事人間を脱却!時短勤務を選択。この4月から2度目の復職で再び働き方を模索中です。
2016年に運営メンバーとしてサロンに参加。安心して話せる場をつくること、母となってはたらく仲間とつながっていけることが楽しくてワクワクしっぱなしでした。昨年第二子を出産、育休中にもっと地元で色々な人とつながっていきたいという思いがムクムクと湧いてきて、、、!進行役になってサロンを開催したいと思い立ちました。メンバーのみなさんとチームで活動出来るのを楽しみにしています!
《開催希望地》東京都 西東京市 周辺(小平市 練馬区)
※西武新宿線上石神井〜小平あたり 西武池袋線石神井公園〜ひばりヶ丘あたり




中里恵梨
中里 恵梨(なかざと えり)

横浜市在住の2歳の息子の母です。サロンに参加するのは2年目で、昨年は運営メンバーとして参加をしました。出産を機に仕事を退職しましたが、働きたい気持ちが募り、今年の4月に営業事務として再就職しました。出産をしてから仕事に対する価値観ががらりと変わり、今までとは違う、自分らしい働き方を模索しているところです。サロンをきっかけに広がる、たくさんの出会いを楽しみにしています!
《開催希望地》神奈川県 横浜市
※東急東横線、みなとみらい線、横須賀線、東海道線沿線あたりを想定しています。




清水陽子
清水 陽子(しみず ようこ)

昨年末に東京都品川区に引っ越してきた清水陽子です。小1のこどもと夫の3人核家族。秋田県出身です。
この数年、首都圏では各種の託児付きのイベントが増え「これが知りたい」「あの人の話が聞きたい」は、しやすくなったように私は感じています。そんな今だからこそ、就労、未就労、未妊、既妊問わず様々な人が、自身に向き合って「母となってはたらく」を語る場に参加してみたく、進行役に立候補しました。
首都圏18:30-21:30あたりでのサロンを主に開催したいです。学生、未妊の方、平日休みや夜勤がある方等、夕方開催の方が参画・参加しやすいケースもあるかもしれません。そのような方々と、この機会につながれたらうれしいです。
《開催希望地》神奈川県 川崎市(向河原駅、武蔵小杉駅)、横須賀線沿線(逗子〜東京)
※エリア自体より、首都圏18:30-21:30のどこかで開催してみたい方を強く募集させてください。

※土日祝日の18:30-21:30は、東京メトロ東西線、みなとみらい線での開催も歓迎です。運営メンバーのみなさまの開催したい想いをぜひお聞かせください。




堀田奈津子
堀田 奈津子(ほりた なつこ)

愛知県豊田市在住、3児の母です。3年半の育休を経て、4月から職場復帰します。自分にとってはたらくとは何か、去年運営メンバーとして参画し、たくさんの人の生の声を聞く中で気付きを得ました。育児中だからといって自分の気持ちに蓋をして我慢するのではなく、やりたいことにチャレンジしたいと思い、今年は進行役に応募します。皆が安心して話せる、仕事と家庭以外の居場所をつくりたいと思っています。ご参加、お待ちしています。
《開催希望地》愛知県 名古屋市内・豊田市内
※メンバーの中で他の周辺地域での開催希望があれば、それも臨機応変に対応したいです。




松本朝子
松本朝子(まつもと ともこ)

島根県松江市在住の松本朝子です。
家族は、私、夫、8ヶ月の娘です。
生まれは愛知県で、2年前まで東京で働いていましたが、島根県雲南市出身のパートナーと結婚を期に移住しました。松江市の地域おこし協力隊の仕事をしています。現在は育休中で5月から職場復帰します。
昨年の出産で愛知に里帰りしていた際に、友人の勧めで名古屋のNECワーキングマザーサロンに出会い、自分の住む島根県でもぜひこういった場で自分自身の生き方に向き合うきっかけ作りに共感する仲間を得たいと思いました。
参加された方やチームのメンバーが、サロンを通じて自分に向き合えたり、子育てや人生に対して気持ちが楽になるような、そんなサロンを目指したいです。どうぞよろしくお願いします。
《開催希望地》島根県 松江市周辺




(文責:プロジェクト本部:細川朋美)