CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2017年11月29日

【開催報告_名古屋】御器所•平針サロン

名古屋チーム進行役の山田彩香です。

今回は3日にラストを迎える名古屋チーム!

最後の告知も兼ねて、

11月に2週連続で開催したサロンのご報告です。


御器所サロンも平針サロンも、どちらも笑いありわーい(嬉しい顔)涙ありもうやだ〜(悲しい顔)の温かいサロンとなりました。

DSC_0203.JPG 

力強いアツイ想いも、胸が締め付けられるような苦しさも、
その場の全員で共有していたと思います。

不安な気持ち•悔しい気持ちが堪えきれず溢れてしまう場面、言葉にして人に伝えることで自分に言い聞かせているような様子、話ながら徐々に決心していく様子。

サロンは誰にとっても必要な場だなと毎回強く思います。


サロンの内容についてはこれまでの報告を見ていただきたいと思います。

今回は、参加者の皆さんのアンケートを紹介します。

◯すごい幅広い年齢や職の方がいらっしゃって、とてもよかった。あたたかかった。

◯参加者の中では、とびぬけて子どもの年齢が大きかったですが、子どもが小さかった頃の時の気持ちを思い出しました。
やっとフルタイムで働く決意をしたのに、まだまだ不安もありましたが、皆さんの話をきいて私も、がんばろうと思いました。気持ちの整理ができました。

◯皆さん色々な想いを持って日々過ごされているのが改めて分かり、良い刺激になりました。

◯仕事と子育ての両立についてもやもやしていた気持ちが参加者の方の話を聞くうちに少し整理された気がします。
同じ立場の人の話を聞き、自分の思いを言葉にすることで現状を前向きに捉えることに気付きました。

◯今悩んでいる事が、みなさんの話を聞いて、人生の中ではちっぽけな事なんだと思えました。
ワーママの先輩の意見がすごく参考になりました!(周りには同じくらいの子をもつママはいても、大きい子を育ててるワーママがいません)
今のことだけじゃなく数年後の事も考えてみたい!

◯働く意欲、またさらに湧いてきましたー!上司とも向き合います。
サロンという場、本当にありがたいです。

◯色々なステージの方の、色々な話が聞けて楽しかったです。自分の人生はどこへ向かっているのか、あらためてまた考えていきたいと思いました。
自分の今の素直な気持ちも気づけて良かったです。

◯時短での悩みの方が多かったけど、子供がいる以上フルタイムでも悩みは同じだと思った。そして、フルタイムの自分は仕事、家庭、ともに時短の人より両立できていないなと改めてモヤモヤしてしまった。

◯同じ状況で、同じ立場で働きながら子育てされてるお母さんたちとお話しできて良かったです。

◯専業主婦としてサロンに参加、サロンに参画したこともあり、「母となってはたらく」を考えていたつもりになっていた、、、と今回、仕事を持つ母として参加して気づきました。
”母はこうあるべき”にとらわれ、バタバタと毎日をすごしてきましたが、”手ばなしてみるのもひとつ”、”イライラしたっていい”の言葉にふっと楽になりました。
「私」を大切にこれからをすごしていきたいなって思います。

◯みんな「母として」という部分に同じようにとらわれて苦しさも感じつつも前へ進もうとされている姿がステキだなあと思いました。

◯今の自分にビビッとくる言葉がたくさんありました。
寝ない子ども→それも個性
イライラして子どもにあたってしまう→家庭は素の自分を出して甘えるところ。子どもたちもそんな素の自分を受け止めてくれる

◯育休中で、自分だけの時間がとれないなか、大変貴重な機会でした。

◯他の方の話を聞けてよかったです。手放せるようになりたいと改めて思いました。

◯自分の気持ちを話すことができて良かった。「正解はない」という言葉を聞いて、その時その時の自分の気持ちに正直になっていこうと思えました。

◯なんとなーく参加してみましたが、今年は大変な年だったんだなと気づきました。
仕事復帰後は夫と分担し、また、あまり理想を追い求めすぎることなく、ムリせずやっていこうと思います。

(アンケートはサロン終了後に取ったもので、公開可のものを掲載しています。)



さて!サロンは何かを解決する場ではないですが、こうやって自分や人の希望に触れ、次の一歩を踏み出そうとする場なのかなと、個人的には思っています。

今年も名古屋で開催できて本当に良かったです。
これまでにご参加くださった皆さん、ありがとうございました。

ラストの星ヶ丘サロン、会場は駅近電車です。
星ヶ丘は車車(RV)でもアクセスしやすい場所ですよねexclamation×2
サロンの間、星ヶ丘テラスぴかぴか(新しい)で家族に待ってて貰うのも良いかもしれません。

ぜひご検討ください!お申込お待ちしています。



【残席2】

【第6回 NECワーキングマザーサロン 12/3(日)@星が丘】


●日時:12月3日(日) 10:00〜12:00

●会場:星ヶ丘コミュニティセンター 和室

〒464-0801 名古屋市千種区星ケ丘1丁目3 Googleマップで見る

(地下鉄) 東山線「星ケ丘駅」5番出口より徒歩約3分

(駐車台数)3台

      ※駐車場には限りがあります。満車の場合は近隣のコインパーキング、

        または公共交通機関をご利用ください。


●参加費:500円

資料として「マドレ式・ワーキングマザーの教科書」をお渡しします。


●対象

「母となってはたらく」ことを語り合いたい女性。

既婚・未婚・出産経験の有無は問いません!

就労中・育休中・専業主婦・自営業・会社員 どんな立場でも参加可能です。


●定員:10組

お子さまの同伴は生後210日までのお子さまに限り可となっております。

今回のサロンでは、2017年5月7日以降に生まれたお子さまは同伴可能です。

2017年5月6日までにお生まれのお子さまは、信頼できる方にお預けになって、 単身でご参加ください。


●お申込み

!!!受付中!!!


※ 申込み受付後、折り返しメールでご連絡をさしあげます。




●開催予定

開催スケジュール一覧はここから


●問い合わせ

WMS名古屋



(文責:山田 彩香)

【開催報告_群馬】11/26 今期ラストとなる第6回サロンを開催しました!

わーい(嬉しい顔)こんにちは晴れ 群馬チームのくみくみです。

11/26に 今期ラストexclamationとなる第6回NECワーキングマザーサロンを開催しました。

会場は第1回と同じ高崎市総合福祉センターです。

始まる前から、泣いてももうやだ〜(悲しい顔)笑ってもexclamation&questionこれがラスト!と感極まるメンバーたち、そして「ラストだから来たかった!ずっと気になっていたんです!」と集ってくださった5名の初参加の方々 計10名で和やかにスタートしました。


24019968_1711978995500004_1285257372_n.jpg


24133477_1711978915500012_1407202677_n.jpg




 今回一番に話題にのぼったのが、パートナーシップについて。

もちろんそこには仕事育児が絡んでくるのですがダッシュ(走り出すさま)、、、。

 私もちょうど前日に些細なことで夫に当たってしまい、反省しつつも、どうして私ばかり家事や育児をこんなに責任を感じながらき受けてるんだろう、、、。ふたりの家、ふたりの子どもなのに、と悶々としていたところでした。
 そんな中、シェアリングで出てきた話題には自然と共感できました。そして、いろいろな言葉や思いを聞いているうちに私の中にまた違った感情も沸いてきたのです。私だって夫の気持ちを察しているのかな?自分の好きなことをしている時に後ろめたさがある・・?
 一見、これらは始めのイライラの元とは相対する気持ちのように思えます。しかしこれは皆さんと思いのキャッチボールをしているうちにフツフツと湧き上がってきた心の奥にある素直な感情・・・。
 私は「自分の中に相対するような感情があっても、それでいいんだひらめき」「どっちも私の素直な気持ち」「間違いじゃない」と思うことができたんです。
 そして、持ち帰ったのが、「やっぱりパートナーに、どう思ってるのかちゃんと聞いてみようexclamation」ということ。自分の気持ちだってわからないことがあるのに、、夫婦のシェアリングも大事ですよね。
 それと、「やっぱり私(母)が元気でなくちゃexclamation×2」ってこと。これはいつも心に留めているつもりなのですが、再々再々・・・認識しましたかわいい。サロンでみんなと確認することに意義があるんですよね。一人で悶々としていたところから、「母となって輝く自分でいる」まさに私のテーマに戻ることのできた場面でした。

 他にもお子さんの成長を楽しみする姿や人生設計について語りあう場面もあり、皆さんが日々お子さんや家族に対して愛情をもち、将来について試行錯誤しながら真剣に思い描いている様子がわかり、うんうん、やっぱりそこに愛の源があるんだなぁ揺れるハートとほっこりした気持ちにもなりました。そして何より、皆さんが真摯に自分の気持ちと向き合い、言葉を紡ぎだしていた姿が、そこから生まれた言霊ぴかぴか(新しい)の数々がとても印象的でした。

 結局のところ、人生・仕事・パートナーシップ、すべての話題に話が波及した今回のサロンでしたが、最後は皆さま明るい笑顔で締めくくれたように思います。参加した皆様が安心してお話ができ、それぞれの「何か」を持ち帰っていただけたのであれば幸いです。


24008781_1711978388833398_1457252092_n.jpg


 ついにラストサロンが終わってしまいましたあせあせ(飛び散る汗)

 こんな風に、仕事も違う、環境も違う、パートナーも違う、子どもも違う、さまざまな背景の母たちがこの場に集い、語り合う。その中で生まれる特別な空間・時・それぞれの思い…。まさにサロンの醍醐味を存分に味わってしまったメンバーたちは、しばし喪失感に襲われてしまいそうです。また、来期も群馬サロンを開催できることを願って、年末の振り帰り会(?)を楽しみたいと思います。


今回はもちろん、これまでの第1回から6回までご参加くださった素敵な母の皆さま、本部・サポート・運営メンバーの皆様本当にありがとうございましたぴかぴか(新しい)

〈文責 藤廣久美子〉


2017年11月27日

【開催報告_横浜】自分の思いを大切に 11月23日(木祝)第7回サロン

こんにちは。

NECワーキングマザーサロン横浜チーム、運営メンバーの門田です。

こちらはサロン終了後、参加者の方々と日吉駅前から見える慶應大学の銀杏並木をバックに撮影した1枚。右から2番目が私です。


182C5FCF-EBA2-4BFF-BBAA-4D73417C1E47.jpeg


あいにくの雨空でしたが、7名の方にご参加頂きました。

中には可愛い赤ちゃんも。愛くるしい姿に場が和みます。

今期最後のサロンは、保育園をお借りしての開催。小さいお子さんの存在が感じられるような温かい雰囲気に運営メンバーのテンションも上がりました。


藤田珠代さん(たまちゃん)のおおらかで落ち着いた進行での自己紹介。

2人組で「GoodNew」のワーク。

参加者の方がリラックスしてくる様子が感じられます。

少し場が温まってきたところで、「母となってはたらく」について語りあうワーク。

最後に締めの全体シェアリングと進みます。


F167FF4D-6CFA-4309-B761-098CF426F1F2.jpeg

自分の思いや価値観の変化、パートナー、親、キャリアなど、全体シェアリングでの話題は多岐に渡りました。


今回はパートナーの転勤に伴い、仕事を辞め国内外の見知らぬ土地に移り住んだ経験のある方が多くいらっしゃいました。自分の意志や努力とは無関係の理由で自らのキャリア転換を迫られ、見知らぬ土地で奮闘された日々。それらを乗り越えた、もしくは現在も奮闘中の方々の姿に女性として、また母としての逞しさを感じました。

転勤などの大きな転換ではなくても、私達は、家族や仕事、お子さんの保育、就学環境など、日常のほとんどの局面で他者と向き合い、自分の思いと相手の思いを考慮しながら、何かを進めていく必要があります。そんな中、自分の思いが二の次になったり後回しにされてしまう事、多いと思います。


だからこそ、自分の思いを大切にする事の価値を改めて感じました。


自分の思いを言葉に出来て良かった

パートナーと向き合い、自分の思いを伝えたい

職場に自分の思いが伝わらない

親との折り合いのつけ方

自分を犠牲にして頑張っているが、もっと自分の思いを大切にしたい


などなど。周囲との関係性の中で皆、「自分の思い」がある。

けれど、


思いを言葉にする難しさ

相手に伝わる伝え方の難しさ

相手に否定される恐怖


など様々な課題があるために、

伝えることを躊躇したり、諦めてしまう現実も確かにあります。


それでも、自分の思いを伝えることを諦めたくないという皆さんから、しなやかで折れない強さを感じました。


ご自分の気持ちや思いを「言葉」として認識し、発信できた事。

自分の思いを大切にするための大きな一歩ではないでしょうか。


家庭で職場で、誰かの為に日々頑張っている私達。

限られたリソースの中で自分の思いに向き合い、大切にする事が、愛する家族や友人、同僚にもきっと何らかの影響を与えると信じています。


このサロンが、自分の思いを大切にするための小さなきっかけになってくれたら。こんなに嬉しい事はありません。


参加者者の皆様、貴重な時間を割いてのご参加ありがとうございました。


迷って、悩んで、そして笑って。

自分が出来る形で、自分の思いを大切に。

一緒に進んでいきましょう。


今期の横浜サロンは終了いたしました。ご参加頂いた皆様ありがとうございました。

他のチームにて開催予定のサロンがございますが、12月3日で今期の全てのサロンが終了となります。参加検討中の方はお早めにお申込み下さい。


(文責門田美和子)

   

問い合わせ:WMS横浜 wms2017yokohama@madrebonita.com

お気軽にお問い合わせください。


横浜チーム、インスタグラムで情報発信中

https://www.instagram.com/wms_yokohama/

(アカウント名:@wms_yokohama)


F974D11B-D625-4264-A9C6-00A0036035D5.jpeg

2017年11月23日

【開催報告】【調布】11/5 調布市仙川サロン

こんにちは、調布チームのゆかちんです。

11月5日の午後、調布市仙川で第5回調布サロンを開催しました。とても明るくあたたかな仙川ふれあいの家での開催でした。

今回のサロンは参加者4名とチームメンバー2人、進行役ののそちゃんと7名で1人の赤ちゃんを見守りながらの開催でした。私は運営メンバーとして輪の外から参加しました。

110501.jpg

まだ産後数か月の方から小学生の母まで様々な背景を持つ女性たちが集まりました。

赤ちゃんも活発に声を出していましたが、おんぶされるとすやすや〜。

1105.jpg

シェアリングでは、参加者の現在の状況や今後の希望など様々な思いが語られました。

その中で、子どもに問題が起こったときに

「子どもに問題が起こったのは、自分のせいではないか?」

ととらえがちという話題が出ました。

子どもと自分(母親)は違う人間なのに、どうして一体化して考えてしまうのだろう?
元々へその緒がつながっていたからなのか??
父親(男性)が「自分のせいで子どもがこうなった」というのはあまり聞いたことが無い。
などなど。

これについてサロンが終わってからずっと考えていました。

そんな時にマドレボニータの産後セルフケアインストラクターの萱沼道子さんのフェイスブックで、産後クラスの卒業生さんのお話しが引用されていました。ご了解を得てこちらにも掲載させていただきます。

『子育てに対して、多くの親が、子を持つ以前が恐らく楽観的過ぎではないかと思うのです。自分の子どもに対して子ども自身が持っているかもしれない「弱さ」を全く想定していなかったなと…。それは身体的、精神的どちらも。「弱さ」は道子さんの言葉に置き換えれば「私が認めたくない・受け入れ難い個性」でしょうか。

そして、無意識に子どものいろんな意味での優秀さ(かわいいだったり、こんなことできるだったり、こんなかわいいこと言ってた、などなど)を、その子を産んだ「私の価値」として自分自身に取り込んでいたような。

その思考でいくと、実際「○○も出来ない、△△も出来ない…」となったときに、それは子どもの個性であり、課題なのかもしれないのに、自分自身の課題とすり替え、敗北感すらかんじてしまう。そんな感情さえ生まれかねないのが産後なんですね。


楽観的だった時代、子どもを産んだことを自分自身の価値としてとらえていたのだなーと後になって気が付いた感じです。』

これを読んで、私ははっとしました。確かに私は子どもを産んだことを自分の価値としてとらえているなと。子どもの良いところは子ども自身の価値だし、好ましくない面も子どもの個性。頭ではわかっていても、無意識でいるとつい自分の事のように喜んだり、悲しんだり、怒ってみたり。

サロンでのそちゃんも言っていたけれど、子どもも自分も「個」であることを意識しないと親も子も苦しい思いをすることがあり、常に意識していきたいなと思いました。

サロンでは様々なことが参加者から語られますが、その場で話して・聞いてもらって・スッキリ終わりではなくて、その場で感じた思いを、その後も考えていくきっかけになるのだなと実感しています。

次回の調布チームのサロンは12月2日(土)の午後、府中市で開催です。今期最後の開催となります。気になっていた方、ぜひ府中でお会いしましょう。場所は府中駅直結なので、雨でも濡れずに来られます。メンバー全員でお待ちしています。

以下ご案内です。

調布チーム第6回 ラストサロン!
【NECワーキングマザーサロン 12/2(土)in 府中 】


かわいい申込みはこちら

かわいい日時:12月2日(土)13:00〜15:00(開場12:30)

かわいい会場:府中市市民活動センター プラッツ 6階和室
     (http://www.fuchu-platz.jp/use/1001978.html
      東京都府中市宮町一丁目100番地 ル・シーニュ5・6階 
      京王線府中駅下車 駅直結 徒歩2分

かわいい参加費:500円(テキスト代として)
    資料として、「マドレ式・ワーキングマザーの教科書」をお渡しいたします。

かわいい対象:「母となってはたらく」ことを語りたい女性。
 既婚、未婚、出産経験の有無は問いません。
 就労中、育休中、専業主婦、自営業、会社員 どの立場の方でも参加可能です。

かわいい定員:10名
 お子さまの同伴は生後210日までのお子さまに限り可となっております。
 今回のサロンでは、2017年5月6日以降に生まれたお子さまは同伴可能です。
 2017年5月5日までにお生まれのお子さまは、信頼できる方にお預けになって、 単身でご参加ください。


かわいいお申込みはこちらをクリックしてね
※ 申込み受付後、折り返しメールでご連絡をさしあげます。

*お問い合わせ先 wms2017chofu★madrebonita.com
 (送信する場合は、★を@に変えて送信してください)


〔問合先〕調布チーム
(文責:中村有香)

【開催報告】【杉並・中野・豊島】11/11新中野サロン

こんにちは、運営メンバーのミンヤンですわーい(嬉しい顔)

久しぶりに気持ちいい秋晴れの中、11月11日(土)に中野区では2回目となるサロンが開催されました晴れ

今回は総勢9名+赤ちゃん1名にご参加いただき、有難うございました。
海外出身の方や、子どもが成人されている方も加わり、“笑いあり!涙あり!”の和やかな雰囲気の中、さまざま意見が繰り広げられました。

23472971_523604154660225_787997420013882963_n.jpg
23472785_1806588266042679_4361603871611422494_n.jpg

今回ダントツの話題は、“夫とのパートナーシップ”でした。

■夫とのパートナシップを良くするためには、意図的にコミュニケーションを図る努力が大切!!

今回の参加者は、「家事・育児の関わりがフェアでなく、夫は家事・育児に前向きではない」という家庭と、逆に「夫が家事・育児のスキルが高く、自分は子どもとの関わりが中心」という対照的な家庭をお持ちの方々でした。
仕事、家事、育児に追われ、余裕がない妻に対し、夫は変化に鈍感、何も理解しようとしない、頼れない、イライラさせられる邪悪な存在になっていく切ない現実。。。
 ―他人と比較しても、あまり意味がないことを知りながら、比較してしまう自分。
 ―ついつい夫や子どもにストレスを強くぶつけてしまう自分。
 ―夫婦関係がうまくいかないことは仕方ないと諦めたくない自分。

 今後どうしたら良いのか?という前向きな話に展開したときに、
やっぱり「コミュニケーションしかない!」というキーワードが出没しました。内心気づいてはいるけれど、解決の突破口がわからない、気持ちが付いていかないことも露わになりました。

そこで、次のようなことが具体的に提案されました。
@ 夫婦で話す時間を意図的に作ること。
A 自分の中に余裕を作り出すこと。
B 余裕がない自分に気づけるよう、自分を俯瞰できる物差しを持っていること。


サロンの場で得られた新たな気づきによって、真の自分の気持ちを知ることができたなら、次は“行動する”ビックチャレンジのステージです。
 “自分一人で抱え込まない。他力も使えたら使えばいい。”
 “自ら変えよう!行動しよう!という覚悟と勇気も必要”
と共感し合いました。

私自身、現在3人目の育休中ですが、過去振り返ると、まあ色々ありました。(冷汗)
「何でわかってくれないの?」と訴える私に、「お前は想像力が足りない!」と対抗する夫。
全く解決の糸口はなく、話し合いも平行線をたどり、負のスパイラルを抜け出せない日々。

私もしんどかったけど、きっと夫も同じくしんどかったと思います。

それを変えるキッカケになったのは、「出産前のような夫婦に戻りたい!対話を諦めない!」という自分の心の声だったのかも。

夫婦は時に歩み寄ったり、ぶつかったり、支え合ったりと切磋琢磨しながら、少しずつ前に進むものらしいです。
「この人と人生を共にする!」と決めた以上、パートナーシップは避けては通れない。

相手を動かそうとするパワーに目を向けるよりも、自分がまずは「考え方を変える、そして行動」してみると、見える景色が違ってくるかもしれません。

夫婦のパートナーシップやコミュニケーションは本当に永遠のテーマですよね。
正解がないからこそ、各々夫婦が常にお互いを思いやりながら、丁寧に一歩ずつ進むことが大切なんでしょうね。

最後に、大好きな言葉を皆さんへ捧げます。
 「しあわせはいつも自分の心が決める」~相田みつを~

23472961_1806589132709259_379812248560244201_n-2.jpg


次回は、いよいよ今期最後のサロンです。
サロンに参加したけど全然話し足りない方や、サロンに参加してみたいけど一歩踏み出せてない方、ぜひお申込みくださいね。




★ ☆゜+.*.☆゜ 杉並・中野・豊島チーム ラストサロン!!!゜☆ ゜+.*★゜☆

【NECワーキングマザーサロン 11/26(日)@荻窪】

●日時:11月26日(日) 13:00〜15:00

●会場:こどもコワーキングbabyCo
(東京都杉並区上荻1-24-10 藤野ドエル402号室)Googleマップで見る
JR線・東京メトロ丸ノ内線「荻窪駅」北口より徒歩6分

●参加費:500円
資料として「マドレ式・ワーキングマザーの教科書」をお渡しします。

●対象:
「母となってはたらく」ことを語り合いたい女性。
既婚・未婚・出産経験の有無は問いません!
就労中・育休中・専業主婦・自営業・会社員 どんな立場でも参加可能です。

●定員:10組
お子さまの同伴は生後210日までのお子さまに限り可となっております。
今回のサロンでは、2017年4月30日以降に生まれたお子さまは同伴可能です。
2017年4月29日までにお生まれのお子さまは、信頼できる方にお預けになって、 単身でご参加ください。

●お申込み
残席1 お早めのお申し込みお待ちしています
※ 申込み受付後、折り返しメールでご連絡をさしあげます。
お申込みフォームはこちらです

●問い合わせ
WMS杉並・中野・豊島
wms2017suginakato@madrebonita.com





☆★杉並・中野・豊島チームのサロン開催予定☆★

第1回サロン@永福町(杉並区)
6/25(日)永福和泉地域区民センター【開催報告】

第2回サロン@高円寺(杉並区)
7/19(水)セシオン杉並【開催報告】

第3回サロン@駒込(豊島区)
7/29(土)駒込地域文化創造館【開催報告】

第4回サロン@阿佐ヶ谷(杉並区) 
8/11(祝・金)産業商工会館【開催報告】

第5回サロン@中野(中野区)
9/17(日)中野区産業振興センター【開催報告】

第6回サロン@雑司が谷(豊島区)
10/28(土)雑司ヶ谷地域文化創造館【開催報告】

第7回サロン@新中野(中野区)
11/11(土)中部すこやか福祉センター【開催報告】

第8回サロン@荻窪(杉並区)
11/26(日)こどもコワーキングbabyCo<申込受付中>

2017年11月21日

【開催報告_北チーム】ラスト!な台東区(終わりじゃないよ)

こんにちは。北チームメンバーのよこです。


20170924北チームメンバーズサロン.jpg

写真1番左です。


実はマドレボニータのインストラクターでもあり赤羽教室を担当しています。
サロンへの参画は1期に進行役(当時はファシリテーターという名称でした。)
として参画してから今年で9年目と皆勤賞状態です。
それほどまでに、私にとって「子育てしながら働く」を「言葉にし合いながら考える」
このサロンは、自分と「母」と「働く」を繋いでくれる大切なプロジェクトです。


前の2年間は全体サポートチームに関わっていましたが、
今期はもっとピンポイントで活動をしたいという思いと、
ともちゃんのチームのサポーターになりたい!ということで、北チームへ。
しかし若干(結構)出没回数が少なくなっております^^;



さてさて今回は、かなりご報告が遅くなってしまいましたが
10/6に開催された台東区サロンのご報告と、参加して感じたことを
綴っていきたいと思います。
23794951_1615037458577002_4589397984842366596_n.jpg
今回の会場は、台東区生涯学習センターの和室でした。
会場には産後ケア情報もバッチリ掲載されています☆

実は、記事のタイトルに書いてある「ラスト」とは、
このプロジェクト9年目にして、今回の台東区サロンをもって
東京都23区での開催がコンプリートされたのでした!


23755207_1615037331910348_4867496275387931470_n.jpg
開催前の準備の様子
写真左にいるむっちーが台東区在住と言うことで、
今回のサロン開催に至りました。むっちーありがとう☆


23659574_1615037628576985_4243420782131560336_n.jpg
私はこの人がいるから北チームに入りましたよ!
進行役のともちゃん。前半若干緊張しながらの進行に、
一生懸命な様子が伝わってきました。



22221626_10155576719835155_3383983385741684976_n.jpg

今回の参加者は北チームメンバーも入れて6名。
少人数な分、全体で話す時間もひとりひとりがたっぷり話せました^^


産休や転職活動など働く上での転機を迎えている方もいて、

「これからどうやって働いていきたいか」
「職場など、周りの環境はどうなのか」
「その時に、こどもとはどのような関係でいたいか」

といった話も出てきました。


話を聴いていて感じたことは、私自身がそうなのですが、
何事もひとりでやっていると、どうしても視野が固定されがちだなぁ。。と。

「そういうもの」って思い込んだりしやすいなぁということ。

でも、もしかしたら「そうじゃないかもしれない」ということを、
人と出会うことで、しかも、普段接することがない人との間だから、
より大きい気づきにつながるのだなぁ・・と感じたのでした。


22279870_1178611845604019_2958206691380989022_n.jpg
みんなで集合写真


そして、私は自分がいつも慣れ親しんでいる活動のフィールドを飛び出して、
新たな出会いを楽しみたいし、その出会いから生まれてくる気づきを通して、
自分自身が「本当に大切にしたいこと」を見つめ直すことを、
これからも続けていきたい。そう感じました。


いよいよ北チームのラストサロンは12月3日です。
今年度の最後のサロンに、「私が本当に大切にしたいこと」を
見つけに来ませんか?チームメンバー一同、ご参加をお待ちしています。


★NECワーキングマザーサロン@和光市★

ラストサロンです!ぴかぴか(新しい)【満席になりました】



●日時 2017年12月3日(日)10:00〜12:00






アクセス:東武東上線/有楽町線/副都心線「成増駅」から徒歩18分 駐車場あり


●定員 10組


お誕生日が2017年5月7日以降の赤ちゃんはご一緒に参加できます。

5月6日までに誕生したお子さんは信頼できる方にお預けいただき、単身でご参加ください。



●参加費 500円


資料として『マドレ式ワーキングマザーの教科書』をお渡しします。



●対象


「母となってはたらく」ことについて考えたい女性なら、どなたでもご参加いただけます。今働いていなくても、結婚出産されていない方も大歓迎です!



●お申し込みはこちらの専用フォームからお願いします(11/9 13:00受付開始)。



受付完了後、折り返しメールでご連絡差し上げます。




●その他問い合わせなどありましたら、WMS北までメールをお願いします。


メール(WMS北):wms2017kita@madrebonita.com




*****

【北チーム開催サロン】

北チームサロンの予定・開催報告ブログです。様子を見て頂いて、安心してお越し下さい↓




かわいい10/07 台東区浅草サロン

かわいい11/26 十条サロン(満席ですぴかぴか(新しい)




【北チームメンバー紹介】

北チームってどんな人がいるの?メンバーの様子が分かるブログはこちら↓









(文責:水口陽子)

posted by WMSプロジェクト at 23:08| WMS2017_北

【開催報告 神奈川北・城南チーム】11/11 (土) 第7回 あざみ野サロン 開催しました!

こんにちは。NECワーキングマザーサロン(以下サロン)、神奈川北・城南チームの朋果です。
11/11(土) 横浜市青葉区のアートフォーラムあざみ野にて第7回サロンを開催しました。
サロンは、「母となってはたらくぴかぴか(新しい)」をテーマとした対話型のワークショップです。

3FD4DC4F-76FA-4281-937D-C704B7EE6ACD.jpeg

今回は、7名(赤ちゃん2名)の参加者の方にお集まりいただきました。
全体シェアリングでは、色々な話題が出てきました。

・子供に対し、自分の感情がコントロールできない時がある
・自分が話した事が誰かのきっかけになる
・自分の軸がずれると他人と比較してしまう
・夫へのドス黒い感情
・母になるとリスクが増える


6A1DC291-A1F6-47E3-AC89-2CA59746A9FF.jpeg

私は、サロンに参加して母になった日のことを思い出しました。
それまでは名前で呼ばれていたのに、出産して色んな人に急に「お母さん」と呼ばれ驚きました。
私=お母さん に気持ちが追いつかず、とても違和感がありました。

産後は、母子で家に閉じこもってしまい自分の世界が狭まってしまったと感じた時期もありました。
望んだはずの子育てが想像していたようにキラキラしている訳ではなく、、戸惑いました。

生活の中心が子供になり自分の事を後回しにしたり、やりたい事を諦めていると毎日が楽しくなくなってきました。その結果、気持ちに余裕がなくなり子供にも苛々する事が増えました。
子供も大切だけれど、自分にも関心ひらめきを持ちたいなと感じました。
「母としての自分」だけでない人生の生き方も考えていきたいと思いました。

BB64D3A4-A614-4551-8800-A3EC73EFA067.jpeg

今期サロン開催時期もあとわずかです。
神奈川北・城南チームのサロンは今回が最後となりましたが、
まだこれから開催されるサロンもあります。
考えてみたい・語りたいことがありましたら、ぜひ足をお運びください

(文責 相根朋果)

【岐阜】サロンを終えて&11/18(土)報告

WMS2017岐阜関連記事
岐阜チーム記事一覧
岐阜チーム運営メンバー自己紹介

ワーキングマザーサロンに参加された方の声♪
初めてご参加された方の声
♪ぜひ、こちらを参考に!♪
去年の参加者さんのアンケート結果
去年は総勢700名もの女性にサロンにご参加いただいての、リアルな声です♪



私がワーキングマザーサロンに今期携わって感じたこと。

11-18集合写真2.jpg

ひとことで言うと

「もっとサロンの魅力を伝えたい!

 サロンの参加があなたの行動や未来を変える力になる!!」


と思いました。


サロンには主に3つの「仕掛け」があります。

@話したり、書いたりすることで、行動につなげれます。

A 限られた時間と熟考されたプログラムの進行のため、思わぬ底力が出て、自分の本心に気づけます。

B 出会い=財産!


どんないい本やテレビより、生に会えた一人の人の言葉に勇気や元気を
もらえると思います。また、他の人の話を聞くことで、潜在的に自分にも同じ
思いがあることに気づいたり、相手との感じ方の違いから自分の大事にしている
ことが何か気づけたり。何より同じ地域で縁あって出会えた人なので、励みにな
ります。


そんなサロンで、私が気づいたことは、

【悩みは人それぞれ】
・パートナーシップ
・子どもに時間をかけられないジレンマ
・産後うつだった
・子ども小さいのに働けるかな?という不安

などなど、人の数だけ悩みは違うけれども、

『話すことで、放す!!』ことができ、
・解決しなくても共感してもらい、ねぎらってもらえるだけで元気をもらえる。
・共感、または違う感想もうれしい。
・経験ママのアドバイスを頂けることも!
・違った視点を教えてもらえる。(否定されない安心さ)

というおまけ付きで、

そうなってくると、「悩みも味わい??」と思えます。(笑)

また、

【限られた時間でのプログラム】のおかげで、
・だからこそ、とりつくろえない本音がポロリ!
・書くことで、自分が自分の思いに気づける。自分で自分にビックリしたり!
・脳内フル回転!30秒で出来るなら、習慣化も簡単♪

  と、とにかく!!

『2時間の中身が濃い!!』
・積極的に参加して、最初の方で発言すれば、皆の話題に取り上げてもらえることも多い
・抽象絵もこれを描くことで、自分の実現したいことを知り、逆算してどうやって実現すればいいかも考えれちゃう。
・限られた時間なのに、「私が求めていることに気づけるワーク」

なのです。こんなお得な2時間を過ごせるのだから、参加しなきゃ損!!


そして、やっぱり【沢山の人との出会いと想い出】を貰えました♪
・参加者の皆さんお一人一人
・チーム内外の運営メンバーの人々
・その他にもサロンのおかげでお世話になった方々

きっと100人以上の人とネットやリアルで出会えたんじゃないかな。

いろいろ初めての苦労もありましたが(笑)、とにかくこのプロジェクトで沢山の
熱くて素敵な面白い人にお世話になり、今は感謝でいっぱいです。

  
***************************************


と、遅くなりましたが、11月18日(土)のサロンの報告です。

本日のサロンは、土曜日開催ということもあり、全員ワーキングマザーでした。

場所は、岐阜市の西にある市橋コミュニティセンター
の2階和室にて開催しました!!

11-18サロン準備.jpg

この日は、冷たい雨の降る肌寒い日でした。

が!!

運営メンバーのふうちゃんの計らいで、一人ひとり座布団2枚重ねのふかふか座布団
ご用意。(笑)

「しっかり座らないと倒れちゃいそう〜!!」

「意外とふわふわで長時間でもお尻痛くないかも?」

朝から笑いが起こる岐阜サロンですー♪

11-18二重座布団.jpg


話題になったのは、やはり「パートナーシップ」

仕事と家庭を両立するために、本音はパートナーにもっと協力してもらいたい。
でも、何となく子どものことは妻が担当と最初に話し合ったため、
なかなかその不満も夫に打ち明けられない。


その一方で、夫婦で「平等でありたい」と工夫せざるを得ない環境もあり、
出来る方が家事や送迎を担うなどやり繰りをして、今は、お互い息抜きも上手に
夫婦でごはんの時間も取れている方も。


以前、私が働いていた時、夫が単身赴任という物理的に平日頼れない実情
だった時のことが頭をよぎります。夫は、仕事することには賛成してくれましたが、
しばらくすると「仕事をやるということは、自分で家事・子育てをしながらも
無理ない範囲で仕事が出来ると判断したってことだから、他に影響をかけない
ように。」と普通に言うので、最初は仕事の大変さも愚痴も言えないと必死で
堪えていました。私の場合は、あまりに悲壮感を漂わせて仕事をしている私に
察するものがあったらしく、旦那が土日や長期休みは、ずいぶんサポートして
くれました。

また、夫婦でお互いが機嫌のいい時に、いろいろ話し合うことが大事だなと
思いました。ついつい、しんどい時に不満を爆発するような言い方は、売り言葉に
買い言葉
で余計に傷つけあってしまったり、つらくなってしまいます。
楽しい時に「あの時のことだけど・・・」と軽く言う分には相手も受け入れやすい
かな、と思いました。

11-18ペアでシェアリング.jpg

また、今回はお子さんを成人まで育て上げられた女性もご参加くださっていました。

「昔は暗黙の了解で、旦那が経済的負担、妻が子育て全責任という感じでしたが、
今のママは、経済も半分担うし、仕事と子育てのバランスも自分で考えないといけ
ないので、制度的には学童やいろいろ環境も恵まれてると思っていましたが、
大変な面もあるんだなぁと改めて感じました。」

なるほど、たしかにバランスを考えて分担する難しさが今時のママにはあるのかも。


その他にも、産後うつ2人目の子育ての話題仕事の話、などなど本当に
多岐にわたる話題があり、笑いあり、涙ありでした。


印象的だった言葉も沢山あります♪

・自分のバランスについて、何を優先すべきか考えたいと思った。
・自分の思っていることをどんどん棚卸し出来て良かった。子ども、旦那とも共有したい。
・100%をのぞまなくてもいいと気づいた。
・子育て中の忙しかったことを今客観的に振り返っている。10年後には、新たな
ステージが来る!今を楽しんで。
・いろんな人の話が聞けて面白かった。
・毎回サロンで泣いてしまう。いつもパートナーシップで悩んでいたけれど、今回
パートナーシップの悩みは自分の中で少し終わったと成長を感じた。
・こうあるべきとガチガチだった。いろんなやり方聞けて、ストレッチも出来て、これから
向き合えそう。


あいにくのお天気でしたが、皆さん晴れ晴れといいお顔でした!!


11ー18集合写真1.jpg


東京から仕事にかこつけて前日入りで岐阜サロンに参加してくれたのそちゃん。


11-18のそちゃんとさえちゃん.jpg

のそちゃんがこの日ここに居てくれたおかげで聞けた話が、参加者さんに本当に
ストライクゾーンで、本当に縁あって皆さん出会われているのね、と感じました♪


古民家カフェで振り返りランチ〜♪

11-18古民家カフェにて振り返り中.jpg



また、後日談ですが、参加者のお一人と偶然出会う機会がありまして、
私は待ち合わせに遅刻して大慌てで一瞬そうかな?と思いつつ、
素通りしてしまったのですが(笑)、追いかけてきてくださって
「この間のサロン、本当に行って良かったですー!!ありがとうございます!!」
と、飛び切りの笑顔で言ってもらえて、本当に感激しました。
進行役のさえちゃんあっての岐阜チームだけれど、
運営メンバーなのに、ちゃんと覚えてくださって走ってきてくれて!!(笑)
スペシャルなご褒美でした!!

サロンを皆で頑張ってきて、本当に良かったなと思いました。



お問い合わせ
WMS岐阜wms2017gifu@madrebonita.com



【岐阜サロンの開催スケジュール】
●7/14岐阜市サロン…開催報告

●9/8岐阜市サロン…開催報告

●10/14(土)一宮サロン…開催報告 

●10/27(金)岐阜市サロン…開催報告 

●11/18(土)岐阜市サロン⇒このページが開催報告となります♪

●12/3(日)岐阜市サロン⇒ 近日報告予定♪


ご参加くださった皆さん、
ここまで拙いブログを読んでくださった皆さん、
本当にありがとうございました♪


今期のサロン開催は終了しましたが、
まだ!サロンを体感できる素敵なイベントがありますー!!



調布運営メンバーのふっきーの文面をお借りしまして、告知させていただきます!
(ふっきー、ありがとう!!)

(文責 WMS岐阜 椎名 理恵)





今期のサロン開催は終了しましたが、
年明けの1月27日にはNECワーキングマザーサロンサミットとして、下記のイベントが開催されます。
これから復職を控えている皆さん、復職後の生活を思い描けていますか?
不安が募る一方だ、働き方を変えなきゃいけないかなぁ・・・と考えていらっしゃる方、
一緒に考えてみませんか?

ぜひご参加をお待ちしています。


四つ葉母となってはたらく〜みんなの復職のかたち四つ葉
(1/27(土)@池袋)

http://wmst9.strikingly.com/


「子育てしながら、前と同じように仕事できるんだろうか…」
「心の余裕がなくなりそう」
「職場の人に迷惑かけないかな…」
「子どもに何か影響があったらどうしよう…」


ふと、そう感じた経験はありませんか?

母となってはたらくひとたちは、実際どのように「復職」の壁を越えているのでしょう。どんなふうに働き、どんなふうに日々の育児や家事をしているのでしょうか。

さまざまな働き方・暮らしをしている、“ごく普通の”女性たちにお話を伺い、同じように不安を抱える人たちと話したり、私のおもいを言葉にしてみながら、私にとっての「母となってはたらくかたち」を探していきませんか?

これから子育てをしながら働こうとしている方、是非ご参加ください。

ーーーーーー

<開催概要>

◆日時:2018年1月27日(土) 13:30〜16:30 (開場13:00)

◆会場:生活産業プラザ 大会議室
東京都豊島区東池袋1-20-15
「池袋駅」東口より徒歩7分(JR、東京メトロ丸の内線・有楽町線・副都心線、西武線、東上線、都バス、民営バス)
↓地図
https://goo.gl/maps/CjWGrpL1kQo

◆対象:どなたでもご参加いただけます
産休・育休中で「子育てしながら働くこと」に関心がある方、ぜひご参加ください。
カップルでのご参加も歓迎です。
性別、職業、年齢、子育て経験の有無は問いません。
※生後150日以内(※2017年8月30日以降生まれ)のお子様は一緒にご参加いただけます。

◆参加費:500円
小冊子『産後白書2〜産後から考える働き方』(A5版全44ページ)をお渡しします。
カップルでご参加の方には、『産後白書3〜産前産後のパートナーシップを語る』とのセットでお渡しします。

◆定員:70名 (要予約)
※満席となり次第、受付終了

------------------------------------
◆お申込み
http://wmst9.strikingly.com/
------------------------------------


<プログラム>

第1部:パネルディスカッション
 〜みんなの復職のかたちを知ろう

第2部:シェアリング
 〜わたしの「母となってはたらく」を考えよう

第3部:活動紹介
 〜「母となってはたらく」を語りあう場、支えあう人たち

主催:認定NPO法人マドレボニータ
協賛:NEC
[FBページ]https://www.facebook.com/wmsalon
[ブログ]http://blog.canpan.info/wms/
[Twitter]https://twitter.com/wm_salon
[Instagram]https://www.instagram.com/necwms/

===================
ご参考までに。
2016年7月から2017年3月まで実施された内閣府「社会的インパクト評価の実践による人材育成・組織運営力強化調査」に、社会的インパクト評価を自ら実践してみる社会的企業3法人の1つとして参画し、評価結果が「インパクトレポート」として内閣府にて公表されています。
https://www.npo-homepage.go.jp/toukei/sonota-chousa/social-impact-chousa-h28/social-impact-chousa-h28-4




(文責:福井裕香)

2017年11月16日

【開催報告_横浜チーム】11/13(月)五反田サロン開催しました

こんにちは。
横浜チームのえりかです。

「もう一回追加する?」「平日の方が参加しやすい人もいるかな?」という、なんとなく気になっていた気持ちをメンバーが言葉にしたことから、開催することができたサロンでした。
しかも嬉しいことに満員!

平日開催のため、開催する側の私たちも仕事や家族とのあれこれを調整したり、自身が今回のサロンへどのように関わるか考えたりと、準備段階から今までと違った刺激を受ける機会となりました。

IMG_5805.JPG
今回のサロンには、妊娠中、第一子育休中、産後10年目など、幅広い子育てステージのかたが参加してくださり、様々な働き方があって、仕事や子供への向き合い方も様々あることを共有することができました。まだ見ぬ仕事復帰後の生活に大きな不安を抱えた人、それを自分なりに乗り越えた人、二人目が生まれて考え方も仕事に対する気持ちが逆転した人、自分に合った働き方を選んだ人、自分で何をするか選択肢を持てるステージにいる人、どの人もぶつかった課題に不安を感じたり、悩んだり、突破口を探したり、進もうとする力強さを内に秘めているなと私は感じました。

「誰かが自分を応援してくれている、それだけで勇気が出る。」
あれもしたい これもしたい もっとしたい もっともっとしたい
という歌の歌詞のように、働きたい、キャリアほしい、食事だって作ってあげたい、子育てだってしたい、やりたいことをしたい! でも、できる人と比べると自分はできない、できる状況ではない、いやなお自分になりたくない、いやなお母さんになりたくないという気持ちも湧いてくる。それにどうやって向き合うか、どのように寄り添うかについて、各々の体験を持ち寄る場にもなりました。まるでお互いを応援しあうようで、心強い気持ちになれました。

「どうやってバランスを取っていこう?」
人生は、何かを天秤にかけるものでもなく、棒グラフのようなものかもしれない。
でもその長さや太さ、いくつに色分けされているかは人それぞれで、その色は2色だけではなく、家族や周りの人とのかかわりで増えたり、変化したりするものかもしれないという話が印象的でした。時には人に助けを求めてもいい、自分だけの人生ではない、という少し広い視野で考えることも、サロンのような場で人と話すことで生まれる視点の一つなのかもしれないですね。

IMG_5792.JPG
参加してくださった皆さん、3名の赤ちゃん、
ありがとうございました!

さて、次回が横浜チーム最後のサロンとなります。
横浜チームのサロンにまた行きたいと思っている方も、行けそうかもとふっと思った方も、行こうかなどうしようかなと迷っている方も、お待ちしていますよ!

【NECワーキングマザーサロン 11/23(木祝)@日吉】
日時
11月23日(木祝) 9:45〜11:45

会場
まなび家保育園日吉

アクセス
東急東横線・東急目黒線・横浜市営地下鉄グリーンライン日吉駅徒歩15秒

参加費
500円
資料として「マドレ式・ワーキングマザーの教科書」をお渡しします。

対象
「母となってはたらく」ことを語り合いたい女性。
既婚・未婚・出産経験の有無は問いません!
就労中・育休中・専業主婦・自営業・会社員 どんな立場でも参加可能です。
まなび家保育園日吉以外の園に登園の方、もちろん歓迎です。

定員
10組
お子さまの同伴は生後210日までのお子さまに限り可となっております。
今回のサロンでは、2017年4月27日以降に生まれたお子さまは同伴可能です。
2017年4月26日までにお生まれのお子さまは、信頼できる方にお預けになって、単身でご参加ください。
当日、会場(保育園)での一時預かりはありません。

お申込みお申込みフォームはこちらです。

問い合わせ
WMS横浜 
wms2017yokohama@madrebonita.com
      お気軽にお問い合わせください。


★今後のサロン開催予定★
11/23(木祝)まなび家保育園日吉

★横浜チーム、インスタグラムで情報発信中★
https://www.instagram.com/wms_yokohama/
(アカウント名:@wms_yokohama)

(文責:青井えりか)

北チームブログリレーDなっちゃん 〜次への勇気をもらったサロン〜

こんにちは。北チーム運営メンバー犬塚夏紀(なっちゃん)です。


この北チームリレーブログでは、チームメンバーがサロンへの想いを順番に綴っています。

私で第5走者。サロンも終盤を迎えてどのチームも盛り上がっていますがグッド(上向き矢印)、初心に戻って思いを綴りたいと思いますぴかぴか(新しい)

どうぞよろしくお願いします。

20170924北チームメンバーズサロン.jpg

(北チームのメンバーズサロンの写真です。左から2番目が私です。)


***


私は来年4月復職予定なので、まだワーキングマザーとしてはデビューしていないのですが、サロンには昨年度は進行役として、今年度は運営メンバーとして、2年間関わっています。


サロンとの出会いは、産後3ヵ月。マドレボニータの産後クラスの友人たちが参加しているのを知って、どんなものなのかなと興味本位で参加したのがきっかけでした。


復職まで時間のある私(育休は当初は2年を予定していましたが、事情により3年に延長しました)は、当時「母となってはたらく」ことなどほとんど考えていませんでした。でも周りが復職に向けた準備をしているのを見て、自分だけのんびり過ごしていて大丈夫なのだろうかたらーっ(汗)と不安になったり、保育園事情が悪いことがだんだん分かってきて、長い育休を後悔したりバッド(下向き矢印)と、気持ちは不安定でした。


そんな中で参加した初サロン。ワーキングマザーと名がついていたので、みんなバリキャリで私はお門違いだったらどうしよう…あせあせ(飛び散る汗)と直前までドキドキしていました。


でも想像したほど意識高い系じゃなくて(笑)、共感できることも多く、どんな状況でもみんな悩んでいるんだと知ることができて、とても安心しました。


でも私が一番衝撃を受けたのは、実は終わってからのこと。後からじわじわ余韻が湧いてきて、何とも言えない充実感があり、気づいたら気持ちが前向きになっていたのですexclamation×2

その理由を、最初はわからなかったのですが、よく考えたら「自分の悩みを人に話す」ということをこれまで経験したことがなく、その衝撃の余韻だと気づきました。でも話したのはペアワークの3分間だけ。「話す」ことの力を感じた瞬間ぴかぴか(新しい)でした。


その1か月後に誘われて再参加。もう話すことなんて無いのになぁと思っていたら、全体シェアリングで自分の話をすることに。私の小さな悩みを、参加者全員がうんうんと聞いて、一緒に悩み、考え、受け止めてくれたことがとても嬉しくて。

どんな自分でも受け止めてくれる人がいるという安心感

悩んでもいいんだという気づき

それは私にとってものすごく大きな勇気になりました。

そして、「聞く」ということに関心を持ったきっかけでもありました。


「話す、聞く」日常的に行うことなのに、こんなにも力のあるものなのかひらめきという気づきが、

進行役への挑戦につながりました。

サロンで得た前向きな気持ちは、長い育休を悔やむのではなく、いかに活かすかという思考に変化し、新たな挑戦への勇気をくれました。

その後、ママボノに参加したり、地域活動に力を入れるようになったのも、サロンで得た気づきと勇気によるところが大きいと思います。


今、復職に向けて再び不安定な気持ちです。娘は2歳4ヶ月のイヤイヤ真っ盛り。復職準備の時間が取れないもどかしさ、焦り、不安。先日の春日サロンでは一参加者として3分間その話をしました。問題は何も解決していないけれど、ただ話すだけ、聞いてもらうだけで気持ちは落ち着きました。温かい場ですぴかぴか(新しい)


心の中にあるもの、それはうまく表現できないこともたくさんあると思います。時には沈黙もある。でも、それさえ受け止めてくれる場です。そんな場って他にないような気がします。


私はいつも、サロンは「心を解放する場」だなと感じます。

日々「私が頑張らなくちゃ」と懸命に努力していると、自分の気持ちは心の奥へ奥へ行ってしまって、なかなか取り出すのが難しいように思います。でも自分の奥にある思いを吐き出すって、とっても気持ちがいいです!少し勇気がいるかもしれませんが、その効果は自分が思う以上のものがありますぴかぴか(新しい)


サロンは私にとっても救いの場。今後復職すれば、ワーキングマザーとしての悩みをたくさん抱えると思いますが、「安心して語れる場がある」ことはとても心強いです。すでに来年参加する気満々でするんるん


なんて来年の話をしていますが、今期もまだまだ開催していますexclamation×2

気になっていたけど…という方、ぜひ☆

「8年越しにやっと参加できました」という方もいらっしゃいましたよ。

みなさまにお会いできることを楽しみにしていますハートたち(複数ハート)



【北チームの今後の予定】残り2回となりました!!ラストチャンスをお見過ごしなく!

第6回 11/26(日) 北区十条 「子育てママ応援塾ほっこり〜の」【満席です】

 昨年度に引き続き、ほっこり〜のさんでの開催が実現しました☆


第7回 12/3(日) 埼玉県和光市 「和光市・白子コミュニティセンター」【満席です】

 ラストサロンです!!


●お問い合わせ WMS北:wms2017kita@madrebonita.com


(文責:犬塚夏紀)
posted by WMSプロジェクト at 00:00| WMS2017_北