CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2017年09月13日

【開催報告】9/3大山サロン 〜パートナーシップを諦めたくない〜

こんにちは!
北チーム運営メンバーの犬塚夏紀です晴れ
ooyama1.jpg
(左端が私。順に進行役ともちゃん、広報チーム鈴木かおるさんです。)

念願の“満席”で迎えた北チーム第3回目のサロンは、私の地元、板橋区大山るんるん
当日はどなたもキャンセルなく、進行役・運営メンバーを含めて13名の賑やかなサロンになりました。大山での開催を心待ちにしてくれていた方や、8年越しにやっと参加できました!という方もいて、感激ぴかぴか(新しい)地元で開催できてよかったなぁとジーンとしました黒ハート

いつもは赤ちゃんパワーで緊張がほぐれたりするのですが、今回は大人だけ。でも自己紹介の時点で「私、モヤモヤしてます!」と宣言してくださる方もいて、打ち解けた始まりでした。初対面同士の集まりで、そんな風に自己開示できる場ってなかなかないですよね!!「ここではどんな話もできる」 という安心感が一気に高まった気がします。参加者自身が場を作っているのだな、と感じましたぴかぴか(新しい)

ooyama4.jpg

オープンに話せる雰囲気の中、今回のシェアリングでは、様々な「パートナーシップ」の話が出ました。

夫に理解してもらえないと分かっているから、労力を使ってまで理解してもらうのを諦めている、という方からは「離婚」というドキッとするキーワードも。

一方で、「離婚したいほど大嫌いだったけど、あるきっかけで夫をかわいいと思え、今は円満」という方からは、自分の正直な気持ちを素直に伝えたら、相手も素直になって理解しあえた、というエピソードを話してくれました。

このお話しに、「そんなことあるの??」目とみんな驚きを隠せず(笑)

そして、「いいなぁ」という声。

そう、夫婦関係にモヤモヤを抱えていても、諦めているわけではなくて、「良好な関係でいたい」という思いがちゃんとある。
当たり前のことだけど、そのことにハッと気づかせてくれて、確認できた瞬間だったなと思いました。

ooyama2.jpg

我が家もよく「夫婦仲がよくて良いね」と言われるのですが(笑)実際には色々ありますあせあせ(飛び散る汗)
現在娘がイヤイヤ最盛期爆弾夫は帰りが遅いため、平日のワンオペ育児にヘトヘトな毎日。会話がほとんど愚痴になっていて、気持ちを伝えていないかもexclamation&questionと、話を聞いて気づきました。早く帰れないことも知っているので遠慮している気持ちもあるけれど、「娘の難しい時期を一緒にシェアしたい」という思いがある。サロン後、そのことを素直に夫に伝えられて、愚痴を言うよりずっと気持ちが落ち着く気がしましたぴかぴか(新しい)

コミュニケーションを取るって本当にエネルギーを使うことだと思います。実は私の両親は熟年離婚しており、夫婦間の相互理解の難しさと大切さを痛感しています。だからこそ、夫や娘と信頼しあえる関係であるために、難しい時もコミュニケーションを取ることを諦めたくない、という気持ちが根底にあるなと気づかされました。

他の人の話を聞くことで、自分がどういうパートナーシップを築きたいのかをそれぞれが考える時間になったように思います。

話しても聞いても、気づきと変化が生まれるサロン。 やっぱりいいなぁと今回もじんわり感じました。ご参加された皆さま、ありがとうございましたexclamation×2大山でつないだご縁、大切にしたいですぴかぴか(新しい)

ooyama3.jpg

今期のサロンもあっという間に折り返し、北チームのサロンも残り3回となりました。8年越しにいらした方がいるほどです。ちょっと気になっていたという方、ぜひ機会を逃さず、ご参加くださいね。
次回は、10/7(日)にサロン初開催地「台東区」で行います!こちらの告知ブログをご覧ください。

〇北チーム今後の予定
第4回 10/ 7(土)台東区浅草 「台東区生涯学習センター」(申込中
第5回 11/ 3(祝)文京区春日 「文京シビックセンター」 (申込受付開始10月頭予定)
第6回 11/26(日)北区十条  「子育てママ応援塾ほっこり〜の」※最終回

●問い合わせ WMS北:wms2017kita@madrebonita.com

(文責:犬塚夏紀)
posted by WMSプロジェクト at 23:00| WMS2017_北

2017年09月12日

【開催報告_神奈川北城南チーム】9/9(土)第3回サロン開催しました!

こんにちは!NECワーキングマザーサロン神奈川北城南チーム運営メンバーのさっちんです。

第3回目は京橋で開催しました。
アクセスのよい都心での開催、天気も良く過ごしやい陽気の中、様々な区から6名の方が参加してくださいました。

まずは、二人組になりGood&New、引き続きテーマを持ち時間を区切ってワーク。

21687489_1529875840407895_7028243153369418596_n.jpg

参加者さんの思いが言葉になったからかとても和やかな雰囲気の中全体シェアリングが始まりました。

まず話題にのぼったのが「パートナーシップ」
・パートナーと予定を「見える化」している
・育児を二人で一緒にしたいと思っている
・怒らないで伝えるのが難しい
・夫婦二人の時間がない
・もっと仲良くしたい

等々思い思いの気持ちがでてきます。
パートナーと一緒に育児がしたいのに、なかなかうまくいかない。夫婦二人で会話する時間がないよね、と思いを伝えあううちに、仕事では違う立場の方に一度伝えてもなかなか伝わらない、パートナーシップも同じで何度も伝え続けないと伝わらないのではないかひらめきという気づきがありました。

21686026_1529875830407896_1228388042964747877_n.jpg

夫婦二人の時間を努力して作っていきたい、自分の想いを諦めずにパートナーに伝え続けようという言葉にそうだよねーと皆がうなずきあう暖かい空気が流れましたぴかぴか(新しい)

〜最後の一言では〜
自分の人生も生きたい、共感してもらえてすごく嬉しかった、自分の敵は自分なのかもしれない、気持ちの変化を感じた、と前向きな感想が沢山でてきました。どなたもすっきりした笑顔が印象的でした!!

サロンでも話題にでましたが、パートナーに怒らずに伝えることは難しいですよね。怒っても泣きわめいても諦めずに伝え続ける、そこから道は開けてくるのかもしれないと感じました。仕事では怒ったりしないのにどうして怒ってしまうのでしょう…

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

最後に、今回のサロンに参加しての私の心の動きをお伝えします。

サロンでのワークの中でペアの方にこう思っているんだねと言われた言葉が私の中でストンとおちました。

夫も自分の人生を歩んでいる、楽しんでいることがわかったら、すごく楽になった。その上で一緒に人生を歩んでいきたい

夫が昨日飲み会に参加して、一人で二人の子育てをするのはすごく大変だったけど飲み会楽しかったーと言うのをきいてすごく嬉しかったという話をしたところ、上のような言葉が!!

長らく私ばっかり育児をしているとパートナーに対して不満を抱いていました。
去年、サロンでじっくり皆さんの意見に耳を傾けているうちに、自分に対して「こうあるべきだ」と自分で自分を縛っていることに気づきました。それとともに、もしや自分はパートナーに対しても同じようにあるべき姿を要求しているのではないか?と思うようになりました。

自分に対するこうあるべきの縛りを緩めてみたら、パートナーに対する不満もそこまで感じなくなってきた気がします。今までは、私だって飲み会行きたいのにどこも行けない、ずるい!と思っていた自分が飲み会を楽しんでいるパートナーに対してよかったねと思えるようになったということがとても嬉しい発見でした。

また、小一の壁に身構えすぎていた、月齢が小さいうちに保育園に入れるのにとても抵抗感があったけどそこまで不安に思う必要はなかったという話をきいて
今後の変化に対しては、「身構えすぎない」でいきたいとパワーももらえました!

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

ランチも賑やかで楽しいひと時を過ごすことができました。
参加者の皆様どうもありがとうございました。

21369319_1527360683992744_2010584180004503233_n.jpg

【次回サロンのご案内】

*日時:10月5日(木)10:30-12:30(10:15より受付開始)
*会場:品川区大崎第二区民集会所
(大崎ウエストシティタワーズ貢献施設棟1、2階)
*アクセス:大崎駅南改札口徒歩5分(新西口方面)

【今後の予定】
10/14(土)9:45-11:45 大田区久が原(クオリスキッズくがはら保育園)9/15受付開始
10/28(土)9:45-11:45 川崎市幸区(ミューザ川崎) 
11/11(土)9:45-11:45 フォーラムあざみ野(横浜市青葉区)

たくさんの皆様にサロンでお会いできるのを、神奈川北城南チーム一同楽しみにしています
ありがとうございました。

(文責:細井 沙知)

【北海道】8/19(土)サロンご感想メールより【9/16サロン受付中】

WMS2017北海道関連記事
北海道チーム記事一覧
北海道チーム運営メンバー自己紹介
NECワーキングマザーサロン(NEC公式ページ)
WMS公式フェイスブックページ

皆さんこんにちは!!
NECワーキングマザーサロン北海道チームの堂藤友世(もよちゃん)です。

先月行われた第2回サロンのご感想を、
サロン終了後早々にお寄せいただきました。

『内容を共有したいのですが…』
とお願いした所、
『ぜひ!!』
との返信を頂きましたので
皆さんにも紹介したいと思います。


《Y様からのご感想》(※一部編集、抜粋)

サロンは初参加で、
しかも産後、病院以外で初対面の方たちと話す初めての場で、
それだけでもうドキドキしながらいたのですが、
久しぶりに頭と心を動かせた時間となりました!
いろんなことを考えられ、とても興味深くおもしろかったです☆

今回、ペアでのテーマに選んだパートナーシップ。
自宅への帰り道、車の中でずーっとそのことについて考えていました。

私自身は家事育児が分担されているのが当然で、夫とも対等
という意識が強いのですが、
その発言に対して、進行役のゆみちゃんに
「結婚当初から?育休中の変化は?」

と訊いてもらったことが、すごくいいきっかけでして☆

今まで考えてもみなかったことで、改めて
「言われてみれば…、どうなんだろう??」
と頭が動き出していました。

・どうしてこんな考えを私は自然と持ったんだろう?
・パートナーシップがうまくいっていなかったあのとき…


当初からお互いに家事育児分担の意識があり、
対等な関係であれば、何も問題なくうまくいったのかと思いきやそうでもなかった。

第1子産後は私もガルガル期というやつか、夫にものすごーくイライラする地獄の日々だったのです(T_T)

暗黒の月日だったなという嫌な思い出だけは残っているのですが、
そのまま封印。

私の場合、家事育児分担の不公平感が強かったわけではない。
とするとあのイライラの原因はなんだったのだろうと
5年越しに改めて考えさせられました。

そして、今にして思えばとっても些細なイライラした出来事を
1つ1つ思い返しているうちに、
イライラの共通点に気づきました!

きっとそれは私の地雷で、
今後もそれを踏まれるとイラッとするんだろうなと。


自分でも気づいていなかったのだから、夫も知らないのでしょう…
でも、事前に分かっていれば、予防策も打てそうです♪

自分でも今まで気づいていなかったこと、
考えてもみなかったことに、
サロンでのゆみちゃんの質問、
みなさんの話を機に触れることができました(*^_^*)
ありがとうございました!

実は、今回のサロンへの参加自体、
「育休明けまでまだ時間があるし、産後急いで参加しなくても、数か月後、いや来年でもいいか?」
「今すぐ解決したい、話したい悩みがあるわけでもないし。」
とちらっと思っていました(^_^;)

でも、前回の育休中に何度も参加しようとしたのに
「後で…。」
と思っているうちに、
家の用事や子供の体調不良などで参加できなかったことから、
参加できるチャンスを逃してはならない!と思い直しまして。

さらに、たまたま夜中の授乳中にみたネットニュースに
「1度目の復職が失敗したから、2度目の育休中にすぐやっておくべきこと2つ」
みたいなものがあり、
その1つがNECワーキングマザーサロンへの参加だったのです!

影響されやすい私は「これはすぐに参加せねば!」と(^_^;)
でも、本当に早めにサロンを経験させてもらってよかったなと思っています♪


今現在は特に困っていることや悩みがなくても、

サロンやランチでのみなさんの話の中から気づくこと考えさせられることが
たっくさんありました。

復職に向けての土台作りとして、育休中の過ごし方を意識する有意義なヒントをもらった気がします☆


《やえちゃんからの返信》(※一部編集、抜粋)

先日はサロンへのご参加、
そしてご丁寧な感想を送って頂きまして本当にありがとうございました!
沢山の気持ちの詰まったメールを読みながら、
私も改めてサロンを思い返しました(^_^)

ふと目にしたネットニュースがヒントで
今回のサロンへの参加を決めたそうですが、
数ヶ月、来年の予定がかなりの前倒しで実現(笑)
なんと素敵なご縁でしょう!

私はYさんの
「対等」 「結婚する前は一人で生活していたんだから」
というのがとても印象に残っています。
私の夫は家事は全くしないので、忘れかけていました。
そうだ、独身時代があったのよねと(笑)

一般的にパートナーシップって、
お互いの仕事量が「平等、対等」というイメージですよね。

我が家は完全に役割が固定されています。
夫はほとんど仕事のみ、私は家事育児のみ。

だけど「平等、対等」や役割分担も固定する必要は全然無いんですよね。
Yさんは対等で分担制という考え方を持ったのは何故か、見つけられましたか?

産後のガルガル期。
パートナーへのイライラは不対等からくる物では無かった、
自分でも注目していなかった「地雷」だった事。

暗黒時代からの掘り出し物です!

気付けた事で、
これからのパートナーシップで衝突する迂回策や
自分の行動に迷ったり悩んだりした時の解決策におおいに役立つはずです(^^)

日々の生活の中でパートナーシップや自分の人生について、
ゆっくり自分と向き合って考える事はなかなか出来無いですよね。

他の人はどうなんだろう…と、思ってもなかなか聞きづらかったり。

単調とは言え、日々色んなシーンがあると思います。
感じ方も変わります。
逆に気持ちが蓄積されていったり。
またYさんとアツいお話が出来たら嬉しいです!
ご参加をお待ちしております(^^)

《Y様からのご返信》(※一部編集、抜粋)

サロンから半月ほど経ちましたが、
たまに思い出してはみなさんのお話を思い返しています(*^_^*)

ワーキングマザーサロンという名称上、
なんとなく外で働くママを基準に考えがちですが、
だからこそ八重さんのように専業主婦でって話が
私にとっては新鮮で考えさせられることもたくさんありました。

夫婦で家事や仕事の役割分担が固定されていても、
対等なパートナーシップは築けるし、
稼ぎの多さや家事労働の比率の問題じゃないんだな〜なんて。

進行役のゆみちゃんも言っておられましたが、
どんな発言をしても批判されない、
受け止めてもらえるって思えるサロンってステキですよね♪
このような場を作っていただき、本当に ありがとうございました(*^_^*)





Yさん、素敵過ぎるメッセージ!!
後日談も送って頂いて、運営メンバーへの労いの言葉まで…(´Д⊂ヽ
サロンでの思いを大切に、
そして活かしていてくれている事が本当に嬉しいです(^^)
チーム一同大感激の嵐です!
改めてありがとうございました!

専業主婦率が比較的に高い北海道チーム。
私自身も『ワーキングマザー』の名称に気後れしたところがありました。
でも、外にお勤めしてなくても『はたらいて』いるんですよね。

先日話題になった『名も無き家事』。
主婦目線の労働について、話題になるってなんかワクワクしてしまった私でした。

サロンに興味を持ってくれても、自分は条件を満たして無いと思っている方!
テーマに興味や関心があれば、他の条件は必要ありません。
是非ご参加ください(^^)

8.19集合写真修正版.jpg


【WMS北海道2017】9/16(土)北見サロン【第3回】


●日時●

2017年9月16日(土)9:45〜11:45

●会場●

北見市夕陽ケ丘オレンジスタジオ
北海道北見市寿町1丁目6-20(0157-57-1690)
■Facebookページ→コチラ ■地図→コチラ

●対象●

「母となってはたらく」ことについて、
考え、語りたい女性ならどなたでもご参加ください。
育児休業中の方、専業主婦の方ワーキングマザー学生さん、結婚・妊娠・出産の経験の有無に関わらず、どなたでも大歓迎です!

●定員●


10組程度
※生後210日までの赤ちゃんは一緒にご参加いただけます。
2017年2月18日以降にお生まれの赤ちゃんは一緒にご参加いただけます。
2017年2月17日以前にお生まれのお子さまは、信頼できる方にお預けになって、単身でご参加ください
※託児…メールにて要問合せ

●参加費●

500円
資料として『マドレ式・ワーキングマザーの教科書』をお渡しします

●お申込み●
8/22(火)13:00〜受付開始

こちらのサロン専用フォームからお申込みください
※終了後にランチタイムを設けておりますので、参加の有無を申し込みフォームのひと言メッセージ欄に、参加の意気込みと共に添えて下さい。お子さんの同伴も大歓迎です!!

●お問い合わせ●

WMS北海道wms2017hokkaido@madrebonita.com
※メール画面が開かない場合はこちらのアドレスをコピーしてご利用ください




【北海道サロン今後の開催予定】
●7/8(土)…開催報告
●8/19(土)…開催報告
●9/16(土) ●10/7(土) ●10/20(金)←NEW ●11/11(土) ●12/2(土)

皆さんのご参加をお待ちしております☆

(文責 WMS北海道 堂藤友世)

【開催報告】調布チーム9/9(土)@調布市 パートナーと本当に分かち合いたいのは「喜び」と「幸せ」

こんにちは!調布チームのふっきーこと、福井裕香です。

wms調布20170909受付.jpg
髪の毛立っちゃってる左の人物が私です。。。(撮影者のそちゃん、教えてよ〜!あせあせ(飛び散る汗)

9/9(土)、秋晴れの心地よい空気の中、調布市文化会館「たづくり」(調布市)にて調布チーム・第3回サロンを開催しました。
今回は、6名のご参加者と、キルトマットの上で楽しそうに見つめ合う2名の赤ちゃんをお迎えして、癒し&和みのムードの中、サロンがスタートしました。
wms調布20170909のそちゃん.jpg
wms調布20170909ワーク中.jpg

「母となってはたらく」について思いを語り合うシェアリングの場面では、ご参加者がこみ上げてくる思いを抑えきれずに涙が溢れる場面がありました。
でも、一転、ドッと笑いが起こることもわーい(嬉しい顔)
喜怒哀楽の感情が、絶え間なくサロン内を巡っているように感じました。

激しくて扱いにくくて、でも、自分の中にある、大事な感情や思い。
それに、サロンの一人一人が、真剣に向き合って共感している。
温かい眼差しで聞き遂げてくれるから、本音で安心して話せる。


そんな空気感をヒシヒシと感じたサロンでした。

私は今回、皆さんのシェアリングを伺いながら、「パートナーシップ」について思いを巡らせました。
産後しばらく専業主婦として過ごして、家のこと、子どものこと、全部一人で責任を持とうとした時期がありました。
でも、どうしてもやりたい仕事と、マドレボニータに出会い、「母親ひとりが全てを担う必要なんてないんだ」と気がつきました。
「育児も家事も夫と二人でやるもの」という考えに切り替わって、私は頼れるようになり、夫も自らどんどん参画してくれるようになりました。
(このサロンの日も、幼稚園説明会に行ってもらいました。)

一方で、

参画してくれるようになったのは嬉しいのだけど、夫はイヤイヤやっていないだろうか?
私はまだ働き始めて間もなくて、一家の大黒柱としての仕事だけでなく家事もやってもらっていることへの若干の後ろめたさ。
そして、「親としての責任」や「私に万一のことがあった時のリスク」を思いながらも、しっくり来ない感じをずっと持っている。


すると、メンバーから一言。

「『喜び』『嬉しさ』を共有したい気持ちはある?」

・・・喜びexclamation×2


私は「夫・親としての義務」を負わせたいんじゃなくて、
パートナーと共に子どもの成長や日常の喜びを分かち合って、嬉しくなって、一緒に幸せを感じていきたい。
だから育児や日常の家事を、私だけ・夫だけがやるんじゃなくて、一緒に協力してやりたいと思っているんだ。


ネガティブもうやだ〜(悲しい顔)な事ばかりが先に立っていたけど、
私の奥にはそんなポジティブな気持ちがあったんだな、とようやく気づけました。
その思いを隠してしまっていたのは、些細な喧嘩、日常の忙しさ、それとも照れ・・・?
ともあれ、自分の根っこにある思いを今回のサロンで気付けて良かったなぁ、と感じました。
この思い、忘れないうちにパートナーに共有しておかなければいけませんねるんるん

サロン終了後の皆さまの笑顔ですグッド(上向き矢印)
wms調布20170909集合写真.jpg

ご参加くださった皆さま、ありがとうございました!
次回調布チームは10/6(金)@府中市(プラッツ)にて、第4回の開催となります。
詳細は下記案内をご覧ください。初の平日開催です!
ご参加お待ちしておりますハートたち(複数ハート)

(文責:福井裕香)




手(チョキ)NECワーキングマザーサロン・調布チーム

第4回サロン@府中手(チョキ)


日時:10月6日(金) 9:45〜11:45

場所:府中市市民活動センター プラッツ 第三会議室
     (府中市宮町一丁目100番地 ル・シーニュ5F、6F)
      オープンしたばかりの新しい施設「プラッツ」ですハートたち(複数ハート)
     詳細はこちら→http://www.fuchu-platz.jp/

最寄駅:京王線府中駅 徒歩約1分(駅直結)
    南武線・武蔵野線府中本町駅 徒歩約10分

◆参加費◆
500円
※資料として
『マドレ式・ワーキングマザーの教科書』をお渡しします

◆参加対象◆
「母となってはたらく」ことについて、考え、語りたい女性の方ならどなたでもご参加いただけます。
育児休業中の方、専業主婦の方、ワーキングマザー、学生さん、結婚・妊娠・出産の経験がない方、どなたでも大歓迎です!


◆定員◆
10組程度

※生後210日以内のお子様はご同伴できます。
2017年3月10日以降にお生まれの赤ちゃんは一緒にご参加いただけます。
2017年3月9日までにお生まれのお子さまは、信頼できる方にお預けになって、単身でご参加ください。


◆お申し込み◆
お申込みは→こちら 手(チョキ)好評受付中です手(チョキ)



〔問合先〕調布チーム



2017年09月11日

【自由が丘】10/1(日) 第5回 湘南・目黒サロン開催のお知らせ

本サロンは満席となりました。
キャンセル待ちをご希望の方は、お申込みフォームにその旨を入力いただき、
送信をお願い致します。
受付担当より返信させていただきます。


こんにちは。
WMS湘南・目黒チーム運営メンバーの岡田令子(写真中央右側)です。
いよいよWMSも第5回目、我が湘南・目黒チームの10月サロン開催地は、自由が丘です!

21430396_1582402391822749_6594895627746666495_n.jpg
お申し込みはコチラから!


湘南地区と目黒地区の離れたエリアで活動している私達、メンバーの居住地もそれぞれです。
IMG_2616.JPG
湘南地区メンバーにとっては日常のこんな風景も、目黒地区メンバーにとってはちょっとしたリゾート!

そんな私達が開催するサロンは全く同じ地域で2度開催する予定はないので、
その地域のみなさまとの出会いは本当に一期一会、毎回工夫をこらし心を込めています。

サロンは2時間ですがずっと話しているわけではなく、
簡単なワークをやったりちょっとしたアイスブレイクがあったりします。
image1-2.JPG
7月の中目黒サロンでおこなったアイスブレイクの様子。
サロン進行役の元舞台役者あっかちゃん(一番上写真中央左)ならではの仕掛けがまた面白い!

最初はちょっと緊張していたご参加者も、人の話を聞いたり自分も話したりするうちに、色々な気持ちがわきあがってくるようです。
私たちも一緒に参加しながら1回のサロンごとたくさんの気づきやおもいがわきあがってきて、
「ここにいるみんなでもっと話したい!」とおもうほど、
温かい2時間が毎回繰り広げられています。
(サロン後はフェイスブックグループで交流しています)

1ヶ月ごと湘南と目黒を行ったり来たりしてまでサロンを開催すると言う、なかなか稀有な(笑)私たち、
あったかい地元愛、サロン愛に溢れたメンバーです。
21077544_1282464055214478_3594697612610351037_n.jpg
メンバー一同、みなさまのご参加をお待ちしております!


晴れNECワーキングマザーサロン10/1(日)@自由が丘のご案内晴れ

◆日時:10月1日(日) 9:45〜11:45

◆会場:緑ヶ丘文化会館 第8研修室(和室)
   目黒区緑が丘2-14-23
    
◆アクセス:東急線自由が丘駅徒歩7分

◆参加費:500円
 資料として『マドレ式・ワーキングマザーの教科書』をお渡しします

◆参加対象:「母となってはたらく」ことについて、
 考え、語りたい女性の方ならどなたでも!ご参加いただけます。
 育児休業中の方、専業主婦の方、ワーキングマザー、学生さん、
 結婚・妊娠・出産の経験がない方でも、もちろんNECの社員の方でなくても、
 どなたでも大歓迎です!

◆定員:10組程度
 生後210日以内のお子様はご同伴できます。
 2017年3月5日以降にお生まれの赤ちゃんは一緒にご参加いただけます。
 2017年3月4日までにお生まれのお子さまは、信頼できる方にお預けになって、
 単身でご参加ください。

◆お申し込み:コチラからお申込みください。


今後の湘南目黒チームのサロンご案内

第6回サロン@鎌倉 11月19日(日)9時45分〜 JR鎌倉駅界隈
詳細は後日アップします!

(文責:岡田令子)

はじめてのサロン 私が感じたこと(参加感想)

こんにちは!
NECワーキングマザーサロン 広報の橋本 文(ぐんちゃん)です。
千葉県流山市で、夫、3歳女の子、0歳男の子と、4人で暮らしています。

↓後列 左から3番目が私です(^^)
スクリーンショット 2017-08-31 11.47.03.png


広報という役割で運営に参画していますが、サロンには一度も参加したことがなく、
8月6日に開催された押上サロンが、人生初のサロン参加となりました。

「初めてのサロン、行ってみてどうだった?」という感想をシェアしたいと思います!
「参加してみたいけど・・」と気になっている方の参考になれば幸いです(^^)
(押上サロン開催報告はこちら


@大人になっても自分の望みを感じていい


ワークを行う前に、このようなリードがありました。
ここでは現実は一旦置いておき、”こうありたい”という自分の希望を言葉にしましょう」

これを聞いたとき私は 「大人になってもそんなことしていいんだ〜嬉しい!」と感じました。
特に出産してからは、日常生活で考慮すべき点が何かと増え、物事を判断するときにそればかりを考えていました。自分のやりたいことや希望を盛り込む余裕はなく、「現実を考えなきゃ」といつも思っていました。

サロンでは、現実と自分の気持ちを切り離し、自分の気持ちだけにフォーカスすることができました。「私こうしたいんだ」という希望を、自分の中の「現実」に遮られずに、存分に感じることができたと思います。

saron2.jpg


A話を聞いてもらえる


ペアワークでは「1人が話し、もう1人は遮らずにひたすら聞く」ということを行います。
私が望むことを話し、それを聞いてもらえているという実感が、望みの輪郭をよりはっきりさせてくれました。「私の思いは、こんなに強かったんだ!」と自覚することができました。
それに、最初から最後まで聞いてもらえて、とてもスッキリしました!


B自分の立ち位置を確認する


サロン進行の中で何度も出てきたのが、
「自分の望んでいることってなんだろう?」
「自分はどうしたいと思っている?」

という、問いかけです。

サロンは、具体的な答えや解決策を探る場というより、「私」は何を望んでいるか・どうしたいのか、今の自分の立ち位置を確認する場なんだなと感じました。
参加者は10名近くいるのに、みなさんの視線の先は、それぞれご自身の中。
サロンが進むにつれ、自分の中により深く入っていくように感じて、奥行きのある雰囲気だったなと思います。


C等身大の自分でいられる


私はよく「◯◯さんの考え方良いな〜。比べてわたしは・・」と誰かと比べて自分を低く評価してしまいます。自分の中の「こうあるべき」姿と比べてしまっているのかもしれません。

でもサロンでは、こうした自分に対する後ろ向きなジャッジを、しませんでした。

サロンでは自分に向き合っているので「比べる」作業がなく、等身大の自分そのままを、受け入れることができた気がします。
受け入れるというか、自分のサイズを、正確に捉えることができた感覚です。
とても心地よかったです。
saron3.jpg

Dあたたかい雰囲気


進行役のめぐりんの表情や口調がとても優しく、そこに安心感がありました。

ワーク中も「うまく言葉にならなくても、同じことを何度言っても、つまってもどもっても大丈夫。いまのベストでお話してください」と言ってもらえて、今の私のままでいいんだ、受け止めてもらえるんだと、なんだか、とてもあったかーーく感じました。
例えるなら、温泉でじんわーりいい気分(温泉)とか、寒い冬の日のあったかいココア喫茶店・・という感覚です(^^)

話したくないことは話さなくても大丈夫なんだな、とも思えました。


E赤ちゃん連れでも安心・集中できるような配慮


6ヶ月の息子同伴でしたが、参加しやすかったと感じました。
息子は、ワークで使う紙やペンを掴んでなめて、破壊の限りを尽くす勢い。
「連れてきてマズかったかな・・」と思ったのですが、進行役めぐりんが「赤ちゃんはみんなで見守りましょう!」と案内してくださったり、ワーク中は運営チームの方が「ぜひ集中してくださいね!」と息子を抱っこしてくださったり、参加者の皆さんもあたたかい目で見てくださったり、、

とてもありがたかったです。
皆さんのご協力で、安心して・集中して、サロンに参加できました!


F2時間て、短ーーーい!!


サロンが進み、「もっと話したいな〜もっと聞きたいな〜」と思った時には、終了の時間がきていました。に、2時間じゃ足りない!><

なので、今回私は参加できなかったのですが、お時間あればその後のランチもぜひ行かれると良いと思います。自分の中に生まれた言葉をさらに紡いだり、他のご参加者とつながったりできると思います(^^)




以上、サロン初参加の感想でした。
いかがでしたでしょうか。
サロンの雰囲気、なんとな〜く伝わりましたでしょうか?


私は、今回のサロンで、自身のやりたい事を強く自覚することができました。
その分、具体的な不安や悩みも出てきて悶々としているのですが、望みの強さを自覚したからこそ、対してどんな現実があるかはっきり意識できたということでもあり、これはこれで良い一歩を踏めたのかなと、思っています。

サロンで解決策が見つかったり、前向きな答えが得られるかといえば、必ずしもそうではないと思います。でも、答えを出すのはいつでも自分自身。
答えを出すためのきっかけや糸口を自分の中に見つけるために、ぜひサロンを活用して
いただきたいと思います!


9月に入り今期のサロンも折り返しです。
参加してみようかな〜という方、ぜひ足を運んでみてください!
→9月のサロン開催日程はこちら
→10月のサロン開催日程はこちら

サロンのインスタグラム・Facebookも、ぜひご覧ください(^^)
★インスタグラム★
★Facebook★


(文責:広報チーム 橋本 文)

☆残席2☆【杉並・中野・豊島】10/28(土)第6回サロン@雑司ヶ谷(豊島区)開催のご案内

こんにちは。杉並・中野・豊島チームのあゆちゃんです!

20708379_10213553956785368_2168670311852985109_n.jpg

↑前回阿佐ヶ谷サロンの様子★


今期6回目の開催地は豊島区『雑司ヶ谷』です!

副都心線だと駅直結、JRからはバスや徒歩、都電なども走っておりアクセス良好です〜☆


母となってはたらくを語るこちらのワーキングマザーサロンでは、私も毎回気づきを得させていただくのですが、毎回気づくことは変わるし、去年と今年では全然違うことを思っていたりするので、自分自身おどろいてしまいます。


復職前・復職後1年・復職後2年・・・これからどう変化していくのでしょう。


はたらく自分を棚卸しする機会がないと流れるように時が過ぎていってしまいます。


サロンに参加して、自分が今何を感じて、みんなの話を聞いて何を想うのか?


自分はどうしたいのか?


家族についてはどうしていきたいのか。


こういう機会を時間を割いてもうけることで、その時の自分を棚卸する。


忙しい皆さんにこそ本当におすすめしたいです!


そして、1度参加された方には、ぜひ複数回継続して参加されることをおすすめします!わーい(嬉しい顔)



私たちのチームの第6回サロンは、豊島区 雑司ヶ谷の開催ですぴかぴか(新しい)


新しい仕事についたり、復職を控えている方、復職後の方、ぜひわたしたちのサロンに遊びにきてください!




★ ☆゜+.*.☆゜ アクセス良好!「東京メトロ 副都心線 雑司が谷駅」2番出口直結゜☆ ゜+.*★゜☆


【NECワーキングマザーサロン 10/28(土)@雑司ヶ谷】


●日時:10月28日(土) 9:45〜11:45

(時間にご注意ください!)



(東京都豊島区雑司が谷3-1-7

千登世橋教育文化センター内)Googleマップで見る

「東京メトロ 副都心線 雑司が谷駅」2番出口直結

「JR山手線 池袋駅」(東口)より徒歩17分

「JR山手線 目白駅」より徒歩10分

「都電荒川線 鬼子母神前駅」より徒歩2分

「千登世橋」停留所より徒歩2分 (池65、池86)


●参加費:500円

資料として「マドレ式・ワーキングマザーの教科書」をお渡しします。


●対象:

「母となってはたらく」ことを語り合いたい女性。

既婚・未婚・出産経験の有無は問いません!

就労中・育休中・専業主婦・自営業・会社員 どんな立場でも参加可能です。


●定員:10組

お子さまの同伴は生後210日までのお子さまに限り可となっております。

今回のサロンでは、2017年4月2日以降に生まれたお子さまは同伴可能です。

2017年4月1日までにお生まれのお子さまは、信頼できる方にお預けになって、 単身でご参加ください。


●お申込み

9/28(木)13時 よりお申込み受付を開始いたします。

※ 申込み受付後、折り返しメールでご連絡をさしあげます。



●問い合わせ

WMS杉並・中野・豊島







☆★杉並・中野・豊島チームのサロン開催予定☆★


第1回サロン@永福町

6/25(日)永福和泉地域区民センター(杉並区)【開催報告】


第2回サロン@高円寺

7/19(水)セシオン杉並(杉並区)【開催報告】


第3回サロン@駒込

7/29(土)駒込地域文化創造館(豊島区)【開催報告】


第4回サロン@阿佐ヶ谷 

8/11(祝・金)産業商工会館(杉並区)【開催報告】


第5回サロン@中野 

9/17(日)中野区産業振興センター(中野区)<満席>


第6回サロン@雑司ヶ谷 

10/28(土)雑司ヶ谷地域文化創造館(豊島区)※こちらのページでご案内しています





(文責:竹中歩)

2017年09月10日

【広報】【参加者としての感想】〜自分の気持ちを整理する場としてのサロン〜6/24


こんにちは。
NECワーキングマザーサロン広報チームの、のだま(石多 真菜)です。

今回初めて広報チームに参画していますが、サロン未参加だったので、
まずはサロンがどんなところなのか参加者として知りたい
と思い、6月24日に横浜チームが開催した東神奈川サロンに参加しました。
(横浜チームによる開催報告)

2か月以上経ってしまいましたが、参加時はまだ妊娠中で、
なんとサロンの翌日に出産したので、感想を書くのが随分遅れてしまいました。

参加した時の妊婦としての気持ち、産後のいま振り返った時の気持ちについて書きたいと思います。

6.24横浜1.jpg

そもそも「母となってはたらく」ことについてあまりいいイメージがありませんでした。
私の勤務する会社の風潮でもありますが、とにかく仕事優先で、子どもとの時間が取れていないお母さんがあまりにも多いので、それはいやだなぁと漠然と思っていました。
いざ自分が母になった時、果たしてどんな「はたらく母」になりたいのか、あまりはっきりしないまま出産が近づいているという状況でした。

サロンでは、
・10秒自己紹介
・Good&Newのワーク
・2人組で自己紹介
そして「母となってはたらく」について語りあうワークをしました。

参加されていたのは、この春復職したばかりの方や、お子さんがちょっと大きくなってきて自分のことを考える余裕が出てきた方などさまざま。

子どもより仕事に気持ちが向き始めていたり
仕事をしているのに母親というフィルターをかけられることに疑問を感じていたり
子どもへの接し方になにか欠乏しているのではと悩んでいたり…


他の方の話を聞くにつれ、
私はまだ「母」なっていないんだ…
とちょっと疎外感のようなものを感じました。

まだ子どものいる暮らしを体験していないので、こうしたいと思っている気持ちがすべて夢物語のように見えてきてしまいました。


他の方と悩んでいることの次元が違うなぁと、少し困惑しながらも、
私は産後のパートナーシップについての不安
(夫がどのくらい育児参加してくれるのか、暮らし方のイメージの差をどう埋めていくか…など)
を共有しましたが、この時いろいろな感動が…!

・まずは私の話だけを聞いてもらえて、しかも否定されない!

・そして客観的にまとめてもらうことで、気持ちが整理される!

・さらに、いろいろな意見をもらうことで、対策のような答えのようなもの…が見つかりやすい!


特に、気持ちが整理されるというのは私にとって一番うれしいことでした。

また、産後、実際にパートナーシップで悩んだことがありましたが、サロンでもらった
「自分から自己開示することが、相手とわかりあえるきっかけになる」
という言葉をもとに行動してみたらあっさり解決…!
 
自分の気持ちを言葉にすることの必要性を実感しました。

自分一人で漠然と考えていることを、
人と共有することで整理される。


一度整理されたものを持ち帰って、サロン後に改めて振り返ることで、余裕をもって自分の気持ちに接することができる。
余裕ができると、ポジティブに行動できる…かも。
そんな効果がサロンにはあると感じました。

ぜひ産前でも、産後でも臆することなく参加してもらいたい!

きっと自分の位置を見直すきっかけになると思います。

6.24.jpg



【NECワーキングマザーサロンは全国13か所で開催中】
9月の各サロン開催日程はこちらです
10月の各サロン開催日程はこちらです

(文責:広報チーム 石多真菜)

【岐阜】10/14(土) 第3回サロンのご案内 ※9/14受付開始です!

こんにちは!

NECワーキングマザーサロン岐阜チーム 運営メンバーの 丹羽 仁子(にわ きみこ)です。


集合写真2.jpg

(写真は、第1回岐阜サロンの集合写真でするんるん

 前列左から3番目が、進行役のさえちゃんぴかぴか(新しい) さえちゃんの左にいるのが私です。

 実は私、今までサロンの存在を知らなかったのですがあせあせ(飛び散る汗)高校の同級生のさえちゃんに「進行役にチャレンジするから、運営メンバーをやってみない?」と声をかけてもらったことがきっかけで、参画にチャレンジしています手(グー) 小学生・保育園児・在宅児の3児の母で、現在第3子の育児休暇中です。)


子どもたちの、そして母の、長ーい夏休みが終わりましたね!

今年は、今年から小学生になった第1子とともに、自分が学生だった以来の○十年ぶりかにどんっ(衝撃)ロング夏休みを過ごしましたダッシュ(走り出すさま)

ようやく、無事に新学期が始まって、ホッとしているところですふらふら

小学生と保育園児は、今は運動会に向けて毎日練習をがんばっているようですぴかぴか(新しい) 


新学期、運動会。日中はまだまだ暑く、セミの声が聞こえる日もありますが、もう秋ですね!

みなさんの秋といえば? 「スポーツ」「読書」それとも「食欲」でしょうか?

今年の我が家は・・・「保活の秋」です!


来年からの職場復帰にあたって、子どもの保育園の入園申し込みがいよいよ来月に迫ってきました!

第2子と同じ保育園に入れたいグッド(上向き矢印)けど、どうなるかな・・・

さらに、第1子は今年から小学生になったので、放課後児童クラブの利用申し込みもしなければ!

2年生からだけど、利用できるのかな・・・ 色んなことがドキドキです・・・


そして、子どものこともだけど、それ以上にドキドキなのが、自分の職場復帰のことexclamation

第1子・第2子と連続して育児休暇をいただいたので、2度目の復帰になりますが、

最初の復帰の時は、何も分からないゆえの不安でいっぱい

今回は、復帰後の生活を経験して分かっているゆえの不安で、ドキドキ、モヤモヤいっぱい・・・


   *  *  *  *  *


第1回目の岐阜サロンに、私も参加させていただきました!


育児休暇から数えると2年のブランク。

年だけ重ねてるけど、期待されているだけの仕事ができるかな?

子どもの生活習慣・リズム、やりたいこと・習い事、気持ち。子どものことは一番に大切にしたい。

でも、今の仕事でそれができるかな?

そもそも、私にとって「はたらく」って何なのかな?


考えを巡らせる。

普段の生活の中では決して知り合えなかったであろう、色んな立場の方のお話を聞く。

自分の言葉で語る。


サロンの時間の中で、今まではぐるぐると堂々巡りだった頭の中を、ガツンパンチと打ち砕かれる一瞬がありましたexclamation もやがかかった頭の中が、スーっと晴れる瞬間でしたぴかぴか(新しい)


サロンが終わった後も、「マイサロン」が続いています。

行ったり来たりの堂々巡りは変わりませんが、でも今までとは違って、前向きに建設的に考えている自分がいる気がしています。。。


   *  *  *  *  *


専業主婦(新たなチャレンジ中・何年ぶりかに働きたい)、パート、自営業、正社員(育休復帰ホヤホヤ)、そして育休中。

私たちと一緒に「母となってはたらく」を考え、語ってみませんかぴかぴか(新しい)

岐阜チームメンバー一同、みなさまのご参加をお待ちしています揺れるハート



ー*ー*ー*ー*ー*ー


かわいい次回の岐阜サロンのご案内

岐阜チーム初の土曜日開催ぴかぴか(新しい)

そして初の市外・県外遠征ぴかぴか(新しい)

今回は愛知県一宮市の、さえちゃん縁のステキな古民家です!


【第3回 NECワーキングマザー岐阜サロン】


●日時●

10月14日(土) 10:00〜12:00(9:45開場)


●会場●


〒493-0001 愛知県一宮市木曽川町黒田字宝光寺5‐2

アクセス JR「木曽川駅」徒歩8分・名鉄「新木曽川駅」徒歩5分

駐車場は台数に限りがありますので、ご協力をよろしくお願いいたします。


●参加費●

500円

資料として「マドレ式・ワーキングマザーの教科書」をお渡しします。


●対象●

「母となってはたらく」ことを考え、語りたい女性

既婚・未婚、妊娠・出産経験の有無 問いません!

就労中、産前・産後・育児休暇中、専業主婦、学生 どんな立場でもOKです!


●定員●

10組

※生後210日以内のお子さまと同伴での参加が可能です。

 今回のサロンは、2017年3月18日以降にお生まれのお子さまは一緒にご参加いただけます。

 2017年3月17日以前にお生まれのお子さまは、信頼できる方にお預けになって、単身でご参加ください。


●お申し込み●

こちらからお申し込みください。

9月14日から受付開始です!

受付後、折り返しご連絡のメールをお送りいたします。


ー*ー*ー*ー*ー*ー


かわいい岐阜サロンかわいい 今後の開催予定


11月12日(日) アピセ関 @関市

11月18日(土) 市橋コミュニティセンター @岐阜市(予定)

12月 3日(日) 中央青少年会館 @岐阜市


ー*ー*ー*ー*ー*ー


【お問い合わせ】

WMS岐阜チーム wms2017gifu@madrebonita.com(文責 丹羽仁子)

【横須賀サロン開催報告】8月26日開催、湘南目黒チーム3回目サロン

湘南目黒チーム、進行役のあっかです。今日は、先日開催した横須賀でのサロンについて報告いたします晴れ

21077544_1282464055214478_3594697612610351037_n.jpg
湘南・目黒チームを運営している面々です。

このチームの特徴としては「それぞれの人が持ち合わせたリソースを最大限に生かし、そのスキルをみんなが理解し刺激を受けていく」という循環が見えることです。
私たち、もしかしてこのプロジェクトの活動を通していろんなこと得ちゃってるんじゃない!?というこの雰囲気は、まさに私が考えるボランティア活動の理想形のような気がしています。持っている特技を生かして、新しいスキルを得たり、気づかなかった自分の魅力もどんどん知っていくこと。私はそういったことを体現しつつあるチームのメンバーにとてもとても感謝しています。

さてさて、身内自慢で前置きが長くなってしまいましたが(どうしても書きたかったんだもん!)、8月の横須賀サロンを振り返ってみましょう。

当日は横浜にお住いの方から地元・横須賀の方まで、広く神奈川の人たちが参加してくれました。

私の心に残っている当日の参加者の言葉の一つに、「自分軸で考える」というものがあります。

自分軸・・・そうですよね、特に産後は様々な軸が自分の周りに乱立する感じがします。自分を支えてきたいくつもの「好きなこと」が遠ざかり、そのかわりに「家族」「生き方の選択」など新しいものがニョキニョキと生えてくる感じ。
こっちの支え木にならねば、あちらも支えねばとやっているうちに自分本来の軸が見えなくなる方も多いのではないでしょうか。
私も、そう。

サロンの会話一つ一つに私自身大きな気づきを得られ、「働くを語る」というテーマのもと集った多様なバックグラウンドの女性たちみんなにエンパワメントされています。
横須賀サロンにご参加いただいた皆様、どうもありがとうございました!

「私」をしっかり持って、その上で新たなライフステージに向かっていけばいい。それはそんなに簡単なことではありません。新しいライフステージに立った「私」をもう一度見つめ、自身の今の価値観に気づき、そこから一歩歩き始めること。
それを、対話で始めてみませんか。


次回サロン予定
★NECワーキングマザーサロン10/1(日)@自由が丘のご案内★
◆日時:10月1日(日) 9:45〜11:45
◆会場:緑ヶ丘文化会館 第8研修室(和室)目黒区緑が丘2-14-23
受付URL⇨https://goo.gl/LMcvpe
(受付開始は9/11(月)13:00-)

★第6回サロン@鎌倉 11月19日(日)
(詳細は後日発表)

ご参加、お待ちしています!
(文責:田坂あす香)