CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2016年02月 | Main | 2016年04月»
プロフィール

WMSプロジェクトさんの画像
WMSプロジェクト
プロフィール
ブログ
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2016年03月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
リンク集
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/wms/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/wms/index2_0.xml
【プロジェクト紹介】その3「プロジェクトメンバーの活動ってどんな感じ?」 [2016年03月31日(Thu)]

【プロジェクト紹介】その1「マドレボニータとは?」その2「NECワーキンマザーサロンPJとは?」に続いて、「プロジェクトメンバーの活動」についてご紹介します。

●プロジェクトメンバーの活動ってどんな感じ?

<サロン運営チーム>

地域ごとに、「進行役」と「運営メンバー」から成る「サロン運営チーム」があります。
「進行役」…サロンの進行を行います
「運営メンバー」…サロンの進行以外の開催運営を行います

サロンは「地域でのつながりづくり」も大きな目的の一つなので、
先に募集する「進行役」の地域で、「運営メンバー」を募集し、チームを作ります。
人数はチームによって異なりますが、5〜6名くらいです。
このメンバーで役割分担しながら、サロン開催に必要な活動に取り組みます。

2016y03m31d_122822487.jpg


●具体的な活動内容は…

(1)サロン開催運営

各チーム、月1回以上の開催を基本としています。
開催に必要な活動は、大きく分けてこの3つです。
事前の「準備」、当日の「開催」、終了後の「振り返り」。

2016y03m29d_152019381.jpg

メンバーどうし状況や得意不得意などをふまえて、役割を分担しあっています。
全員が必ずサロンに毎回参加しなければならないわけではありません。これも分担しています。

できる時にできることを、主体的に「持ち寄る」こと、
状況の変化やできないことなども「自己開示」して共有する、
一人で抱え込まず「委ねる」、
…などの姿勢を大切にして、長期間にわたる取り組みが続けられるよう工夫しています。

こうした内容や、具体的な運営について記載した「運営マニュアル」を共有するとともに、チームメンバーで集合しての「運営研修」も各チームごとに行っています。

また、運営研修と同時に、チームづくりのために「チームキックオフサロン」を行っています。プロジェクト参画を機に初めて出会うメンバーもいるので、まずはお互いを知り合い、状況やおもいをシェアし、個人として、チームとして、どのようにやっていきたいか、対話しながら深めていきます。各自がよりよい状態でチーム活動をスタートできることを目指しています。

11167858_773144026131480_8722412843874963094_n.jpg


(2)全国のメンバーでの交流・共有


全国のプロジェクトメンバーの交流や共有のために、フェイスブックグループを使っています。
サロン報告や考察もここで共有しています。


(3)ふりかえり

6ヶ月間の活動期間の中間や最終では、各自参画についての振り返りを行います。

また、これは任意ですが、サロン終了後には、チームごとに半年間の活動をふりかえってまとめた「壁新聞」を作り、翌年1月開催のイベントで展示しています。

12513810_890460331072157_5448958461559276185_o.jpg


また、メンバーが自主的に、活動を振り返る「メンバーズサロン」も開催しています。

12063603_837556409695883_399138842477311364_n.jpg 12573820_10204612313382421_5704785126159056374_n.jpg


*プロジェクト紹介
 プロジェクト全体像のご紹介
 その1「マドレボニータとは?」
 その2「NECワーキングマザーサロンPJとは?」
 その3「プロジェクトメンバーの活動ってどんな感じ?」

【プロジェクト紹介】その2「NECワーキングマザーサロンPJとは?」 [2016年03月31日(Thu)]

【プロジェクト紹介】その1「マドレボニータとは?」に続いて、この「NECワーキングマザーサロン・プロジェクト」についてご紹介します。


●NECワーキングマザーサロン・プロジェクトとは?

働く・働きたい女性たちのクオリティ・オブ・ライブ向上のための取り組みです。
NPO法人マドレボニータ と NEC が、社会貢献のために協働して行っています。

▼NEC の本プロジェクトについてのサイトはこちら
http://jpn.nec.com/community/ja/resources/mother.html?


「母となって働く」がテーマのワークショップを、市民の力で、地域で開催しています。
毎年度、このプロジェクトにスタッフとして参画したいメンバーを募集し、
6月〜11月の6ヶ月間、「NECワーキングマザーサロン」(以下、サロン)を開催しています。

2016y03m31d_122846830.jpg



「母となって働く」を語り合う場をつくる
⇒サロンを全国各地で開催することで、参加される方が
 悩みや不安を、課題ひいてはチャンスとしてとらえ活かせるきっかけ、
 地域での語り合える仲間との出会い・つながりのきっかけ、を作ります。

 NECWMS_2.jpg
 
 テーマに関心がある女性なら、年齢、職業や状況などに関わらず、どなたでも参加できます。
 タイトルに「ワーキングマザー」とありますが、ワーキングでもマザーでなくても、
 「母となって働く」ということを考えたい方ならどなたでも参加できます。


●発信する
⇒イベント開催や白書の作成発行を通じて、
 「母となって働く」ことにまつわる問題や当事者の声を発信。
 また、解決策として制度やサービスの拡充だけでなく、
 個々人が問題に向き合い次の一歩を踏み出せるようになることの必要性、
 そのための場の必要性を伝えています。

 10865766_751597938253817_2969860739938808582_o.jpg 082.JPG
 サロン終了後、毎年1月に開催しているイベント「NECワーキングマザーサミット」
 200-sangohakusho2.jpgサロン参加者約1400人の声をまとめた白書

  
●「語り合える場」を作れるようになる
⇒参画メンバーが場づくりや対話について実践しながら考察し知見を深め、
 その後それぞれのフィールドで活かしていくことを目指しています。

スタッフとして参画するメンバー(プロジェクトメンバー)は全員ボランティアで、主体的に活動に関わっています。
サロンを開催するチームは地域ごとにあり、サロンの進行を務める「進行役」と、運営に関わる「運営メンバー」からなっています。
また、その活動全体を支える「全体サポートメンバー」がいます。

2016y03m31d_122822487.jpg


*プロジェクト紹介
 プロジェクト全体像のご紹介
 その1「マドレボニータとは?」
 その2「NECワーキングマザーサロンPJとは?」
 その3「プロジェクトメンバーの活動ってどんな感じ?」

【プロジェクト紹介】その1「マドレボニータとは?」 [2016年03月31日(Thu)]
みなさん、こんにちは。
NECワーキングマザーサロン・プロジェクト本部の高橋葉子です。

先日の【プロジェクト全体像のご紹介】の記事内容を、もう少し詳しく知りたい!という声にお応えして、より具体的にご紹介していきたいとおもいます。こちらは、今年2/21,3/13に開催した「マドレオープンハウス〜NECワーキングマザーサロン編」でもお伝えした内容です。

NECワーキングマザーサロン・プロジェクトをきっかけに、マドレボニータのことを知る方もいらっしゃるとおもうので、まずは本プロジェクトを主催する「マドレボニータ」のことからご紹介しますね。

●NPO法人マドレボニータとは?

マドレボニータは、
「母となった女性が、産後の養生とリハビリに取り組み、
本来持っている力を発揮できる日本社会を実現」することを目指して、
「産後が起点となる社会問題の解決」に取り組んでいる、NPO法人です。

2016y03m31d_123007791.jpg

「産後が起点となる」社会問題ですから、母となった女性の心身のことばかりでなく、
職場復帰や再就職、産後クライシスなどさまざまです。

そんなマドレボニータの活動の、根底にある「理念=不変の価値観」は、
「美しい母文化の追求」です。

2016y03m31d_122952388.jpg

「マドレボニータ」とは、スペイン語で「美しい母」という意味なんです。
「美しい」とは、見た目にキレイでおしゃれで…ということではありません。
「美しい母」とは?「美しい母文化」とは?…上記のように定義しています。

「追求しようとする人」ですから、完璧にできてる!ということでもありません。
苦しみながらも自分自身に向き合おうとする、真の美しさって何だろう?と葛藤する…ということも「追求しようとする」美しい姿ですよね。


具体的な事業としては、
産前産後ケアのプログラム提供
 母となった女性が産後ケアに主体的に取り組めるようにするために、
 教室・講座の開催、講師派遣などを行っています。
認定インストラクターの養成
 より多くの母に、質の高い産後ケアプログラムを届けられるように、
 インストラクターの養成、認定制度、研修を行っています。
研究・開発
 産後ケアの認知を高め、知見を深めるために、
 ・産後ケア研究
 ・出版、普及(オンラインストア)
 ・産後ケア普及のためのアプリ開発
 ・「NECワーキングマザーサロン」プロジェクト(「母となって働く」がテーマのワークショップを市民の力で展開)
 …などを行っています。

こうした活動を行い、母となった女性が「本来持っている力を発揮できる」ことを目指しています。
もちろん「NECワーキングマザーサロン・プロジェクト」もそのビジョンを目指した取り組みです。


もっと詳しく知りたい!という方はこちらもどうぞ。

▼マドレボニータ公式サイト
http://madrebonita.com
▼マドレボニータ公式FBページ
https://www.facebook.com/NPOmadrebonita/


*プロジェクト紹介
 プロジェクト全体像のご紹介
 その1「マドレボニータとは?」
 その2「NECワーキングマザーサロンPJとは?」
 その3「プロジェクトメンバーの活動ってどんな感じ?」
プロジェクトメンバー募集のご案内(進行役/全体サポート) [2016年03月01日(Tue)]
「NECワーキングマザーサロン」を
 一緒につくる仲間を募集します!

 【第1弾】進行役、全体サポートメンバー 

※「運営メンバー」は4/1〜募集します。
※正式な実施決定は4月のため、現時点では8期実施は「予定」ですが、先行してメンバー募集を行います。

NECWMS_2.jpg

NECワーキングマザーサロン・プロジェクトは、
市民の力で「母となって働く」を語り合える場を地域に作る活動です。
この活動にプロジェクトメンバーとして「参画」したい方を募集します!

「NECワーキングマザーサロン」では、ワークや対話を通じて、
ご参加者が自分自身に向きあい、おもいを言葉にし、ともにわかちあいます。
そうしたプロセスによって、漠然としていた不安や悩みを少しずつ整理でき、
自分で「次の一歩」を踏み出すことができるようになります。

一人ひとりが自分の一歩を踏み出す「きっかけ」となる場を、
みんなで一緒に創っていきませんか?



NECワーキングマザーサロンとは?
「母となって働く」をテーマに、ともに考え語りあうワークショップです。
2009年度から毎年度、6〜11月の6ヶ月間、全国各地で開催しています。
多くの市民の手によって開催運営されていることが特徴です。
⇒【ご参照ください】プロジェクトの全体像

主催するNPO法人マドレボニータは、「母となった女性が、産後の養生とリハビリに取り組み、本来持っている力を発揮できる社会の実現」を目指して、産後が起点となる社会問題の解決に取り組んでおり、本プロジェクトもその一環として行っています。

プロジェクトメンバーとは?
「NECワーキングマザーサロン」をつくっていくボランティアスタッフです。
「進行役」「運営メンバー」「全体サポートメンバー」の3つのカテゴリ(立場・役割)があります。
進行役:サロンの進行を行います。
運営メンバー:サロンの進行以外の、開催運営を行います。
全体サポート:プロジェクト全体に関わる活動を行います。
 「アンケート」「広報」「チームサポート」「研修伴走」という4つの役割があります。

2016y02m29d_220419840.jpg

スケジュール(※予定)
メンバー募集・登録:3〜4月
進行役研修:4〜5月
 (1)オンライン研修:4月1日(金)〜5月31日(火)
 (2)実地研修(合宿):5月20日(金)10:00〜21日(土)17:00(予定)
  会場:国立オリンピック記念青少年総合センター(東京都渋谷区)/参加費:5,460円
チームキックオフサロン、運営研修:5〜6月(各チームごと日程を決めて行います)
「NECワーキングマザーサロン」開催運営:6〜11月(6ヶ月間/月1回以上開催)
「第8回NECワーキングマザーサミット」開催:2017年1月(予定)
 半年間の活動の集大成イベントです。参加は任意です



《募集要項》※今回は「進行役」「全体サポートメンバー」の募集です。

■進行役
地域ごとにつくる「サロン運営チーム」の一員として、サロンの進行を担当します。
4/1〜5/31の2ヶ月間、進行役のための研修があります。
wms7_shinkoyaku.jpg
(NECワーキングマザーサミットにて。第7期進行役たち。ブルーのTシャツがトレードマーク☆)

【募集人数】15名
【募集期間】3/1(火)〜3/18(金)

【応募要件】
・NPO法人マドレボニータ正会員
・NECワーキングマザーサロンに参加したことがあるかた(2009年度以降)
「第8期NECワーキングマザーサロン・プロジェクト参画およびサロン運営のガイドライン」に同意できるかた
・オンライン研修および実地研修に全課程参加できるかた※
・6か月のサロン開催期間中、月1回以上、サロン開催ができる見込みのあるかた※
・PCでのメールのやり取りをはじめ、スカイプ、フェイスブック、グーグルドライブ(以下Gドライブ)などの登録・利用が無理なくできる、または登録・利用する意欲があるかた※
※実地研修(5/20,21)は宿泊を伴います。研修は単身参加です。お子様の同伴はご遠慮いただいております。
※プロジェクト期間中に活動を休止する可能性のある、状況や疾病、妊娠(予定も含め)がある方はご遠慮いただいております。(進行役以外での参画は可能です)
※メンバー間の情報共有や連絡・交流のために、フェイスブックのグループ(非公開)を活用します。

【応募の流れ】
1.「応募フォーム」から必要事項を送信

2.「エントリーシート」をメール添付にて提出
エントリーシート提出時には、進行役研修と同じく動画課題を提出していただきます。この事前課題に取り組むことで、オンライン研修の様子が分かるかと思います。

3. スカイプにて本部メンバー(高橋、八田)と面談
この面談は「選考」のために行うものではありません。ご自身が求めていることと、この活動へ参画することや時期があっているのか、力を発揮できる環境が整えられそうかを確認しあうための場です。

「NECワーキングマザーサロン」の活動は、かなり長期間にわたる活動です。特に「進行役」は約2か月間の研修期間が加わりますので、生活にも大きく影響があることと思います。応募にあたっては、まずはご自身の生活や気持ちや体調に無理のないように、ぜひご家族と一緒に体制を整える相談をなさってください。


【応募方法】
応募要件をすべて確認し、ガイドラインに同意いただけましたら、以下のとおりお申し込みください。応募フォーム、エントリーシートの両方が届いた時点で、受付とさせていただきます。(同時でなくて構いません)

(1)「応募フォーム」送信
必要事項を記入し、送信してください。
★応募フォームはこちら★

※スカイプ面談について
応募フォーム内にて「スカイプ面談希望日程」をご記入頂きます。以下の候補日時より第3希望までお選びください。先着順にて決めさせていただきますので、どうぞお早めにお送りください。
<候補日時>
3月12日(土)9〜17時、13日(日)13〜17時、14日(月)14〜17時、
15日(火)13〜15時、16日(水)14〜15時、18日(金)13〜16時、
20日(日)14〜17時、21日(月)9〜11時、22日(火)13〜15時、
25日(金)13〜17時、26日(土)9〜17時、27日(日)9〜17時
(面談は50分程度を予定しています。3/13はオープンハウス後に対面も可能です。
 上記日程でどうしても合わない場合はご相談ください)

(2)「エントリーシート」送付
エントリーシートを下記よりダウンロードし、必要事項を記入して、メールに添付して、プロジェクト本部までお送りください。エントリーシート作成や動画撮影・投稿にも時間がかかることと思います。どうぞじっくりと時間をかけて取り組んでください。
★「進行役エントリーシート」のダウンロードはこちら

※エントリーシート提出時に必要なこと※

◎動画撮影と投稿
「自己紹介」「Good&Newのワーク進行」を動画で撮影して、提出します。
・「自己紹介」は、1分程度で自由にお話しください。
・「Good&Newのワーク進行」は、「マドレ式ワーキングマザーの教科書」44〜45ページの「Good&New」のワーク(前半)を、相手(カメラ)に向かってお伝えします。撮影する前に、まずはできる限り何度でも「音読」をしてください。テキストを見ながらで構いませんので、実際に相手にワークをやってもらうようなつもりで行い、1分半程度におさめるようにして、動画撮影します。動画はYouTubeにアップして、そのURLをエントリーシートに記入してください。(限定公開で結構です)
動画撮影および提出方法については、こちらをご参照ください。(※準備が間に合わず、第7期の時のものです。すみません!追って差し替えます。)

進行役のオンライン研修は、毎週、練習し、動画の撮影と投稿をし、振り返りをする…という地道な取り組みの連続です。実際に課題に取り組んでみることで、参画の意思を再確認してみてください。
また、この事前課題で、練習〜動画撮影〜投稿にどのくらい時間がかかるか?を計っていただくと、実際の研修取り組みにかかる時間の目安になるかとおもいます。

◎「マドレ式ワーキングマザーの教科書」を使います。
お持ちでない方は、マドレオンラインストアにてご購入ください。
サロンご参加者の声をまとめた「産後白書2」、プロジェクトの成り立ちや変遷、考察、メンバーの声などがぎっしりつまった「マドレジャーナル30号WMS特集」もぜひあわせてお読みください。
 
送付先・連絡先:wmsalon.pj@gmail.com
NECワーキングマザーサロン・プロジェクト本部(担当:高橋、八田)
・メールの件名:【氏名】第8期進行役応募
・本文記載事項:氏名、地域、ひとことメッセージ ※エントリーシートを添付
   
※エントリーシートの内容に不備や不足がある場合は、再提出をお願いすることがあります。




■全体サポートメンバー 
サロン運営チームには所属せず、プロジェクト全体を支える活動です。アンケートや広報に特化するチームは、プロジェクトに初めて参画する方も歓迎しています。
wms7_menbers.JPG
(第7期進行役合宿にて。全体サポートメンバーも公開講座に参加しました)

【募集期間】3/1(火)〜3/25(金)

【募集する役割】
アンケート
サロン参加者アンケートを作成し、ご参加者のリアルな声を集め、データ化(見える化)します。データ入力、集約データのチェック、結果まとめ・分析など。
〈こんな方を歓迎します!〉
 ・エクセルを使って集計したり、簡単なグラフを作成できる
 ・「アンケート作成は得意」「分析好き☆」「仕事での知識を生かせそう!」というかた

広報
この活動をより多くのかたに知っていただくために、サロンの様子やそこに集まる人たちの声などを、Facebookページやブログで情報発信します。
〈こんな方を歓迎します!〉
 Facebookで投稿するのが好き!、活動の様子を広く知らせたい!というかた

チームサポート
サロン運営チームの活動をサポートします。運営面での助っ人、メンバーの話の聞き役、振り返りでの考察のお手伝いなど。
〈こんな方を歓迎します!〉
 ・進行役経験者
 ・サロンプログラムの意図や構造を理解し、サロン運営チームメンバーに対して、経験をアドバイスするのではなく、進行役的(聞き役)に関われるかた。

進行役研修伴走 ※4〜5月
4〜5月の進行役研修に伴走します。指導や監督的な立場ではなく、隣で走りながら見守り、進行役希望者たちが研修を無事完修了できるよう応援します。
〈こんな方を歓迎します!〉
 ・進行役経験者
 ・サロンプログラムの意図や構造を理解し、進行役に対して、経験をアドバイスするのではなく、進行役的(聞き役)に関われるかた。


【応募要件】
<全員>
「第8期NECワーキングマザーサロン・プロジェクト参画およびサロン運営のガイドライン」に同意できるかた
・PCでのメールのやり取りをはじめ、スカイプ、フェイスブック、グーグルドライブ(以下Gドライブ)などの登録・利用が無理なくできる、または登録・利用する意欲があるかた
<チームサポート/研修伴走のみ>
・NECワーキングマザーサロン進行役経験者

【応募方法】
応募要件をすべて確認し、ガイドラインに同意いただけましたら、以下のとおりお申し込みください。応募フォーム、エントリーシートの両方が届いた時点で、受付とさせていただきます。(同時でなくて構いません)

(1)「応募フォーム」送信
必要事項を記入し、送信してください。
★応募フォームはこちら★

(2)「エントリーシート」送付
エントリーシートを下記よりダウンロードし、必要事項を記入して、メールに添付して、プロジェクト本部までお送りください。
★「全体サポートメンバーエントリーシート」のダウンロードはこちら

送付先・連絡先:wmsalon.pj@gmail.com
NECワーキングマザーサロン・プロジェクト本部(担当:高橋、八田)
・メールの件名:【氏名】第8期全体サポートメンバー応募
・本文記載事項:氏名、地域、ひとことメッセージ ※エントリーシートを添付




「運営メンバー」の募集は、4/1〜行います。今しばらくお待ちください。

そのほかご質問などありましたら、担当までお問い合わせください☆
第8期のプロジェクトを一緒につくってくださるアツい仲間をお待ちしております!

NECワーキングマザーサロン・プロジェクト本部 wmsalon.pj@gmail.com
担当:八田・高橋
wms_honbu.jpg