CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2015年06月22日

私のサロンに対する思い〜WMS岐阜サポートメンバー 黒木愛〜【後編】

こんにちは!WMS岐阜サポートメンバーの黒木愛です。

サロンに対する私の思い、前篇に続き、後篇をお届けします!

愛ちゃん.jpg



***
(続き)

皆さんもご覧になったと思いますが、NECワーキングマザーサロン(以下WMS)に関しての記事は

「自分の気持ちを言葉で伝える」というキーワードが随所に形を変えて出てきます。

「これだ!」と思い、すぐ参画を決めました。


NPO法人の活動に参画なんて、あれほど自分には無理だと思っていましたが、

参画して自分も成長したい!変わりたい!という気持ちが大きくて、

何かあっても何とかするんだ!という風にすとんと腹がすわったのです。


夫にも「がんばりたい、物理的にも精神的にもいろいろ助けてもらうことになると思うけど、

協力してもらいたい」と迷うことなく伝えることができ、

365日前向きなわがパートナーは「いいよ〜、具体的に決まったら教えて」と即OK。

ここでも、「自分の気持ちを言葉にする」ことで、物事が前に進んでいくことを実感しました。


実は私、以前、このWMSに参加したことがあります。

初めて産後クラスを受講し、その流れで参加したのです。


その時は長男を出産後の育休中。

会社から長く離れることも、一日中家にいることも、育児以外にも初めてのことばかり。

目の前のことに精いっぱいで、復帰後のことを考えるなんて、遠い先の世界のことの様で

現実感がまったくありませんでした。


今、この記事をご覧になっている方、心にひっかかる何かがありましたか?

きっと「母となってはたらく」ことについて、何か気持ちがすっきりしないところがあって

WMSにたどり着かれた方が多いのだと思います。


ご自身でここまでたどりつかれたこと、それが合図です。

もやもやされている方、サロンでそのもやもやを「言葉にして」みませんか。

サロンに参加してそれが何かを見つけませんか。


FullSizeRender.jpg

(進行役けいちゃんと、サポーターをなぜやりたいのか?を初めてちゃんと言葉にした日)


参加される皆さんが「自分の気持ちを言葉にして」

それをシェアすることで、自分でも気づかなかった自分の思いに気づいたり、

思いもよらなかった方向性が見つかったりします。


私の場合は、「自分の気持ちを口にすると相手が不愉快になって嫌われる」と、

「子育ては母親がメインでするもの、父親はサポーター」という無意識の思い込み、

それがじゃまをして気持ちを言葉にして伝えることがなかなかできませんでしたが、

そこまでいかなくても、パートナーになんとなく言えないことってありませんか?


そう思っていらっしゃる方、どうして言えないのでしょうね。

そこ、サロンで見つけませんか?


皆さんのもやもやを「言葉にする」お手伝いしたいと思っています。

ワーキングマザーサロン岐阜のプロジェクトメンバー一同、皆さんをお待ちしています。


>>第1回の岐阜サロン詳細はコチラからどうぞ。
(※満席となりました)


最後までお読みいただき、ありがとうございました!


<文責:WMS岐阜サポ―トメンバー 黒木愛>

2015年06月21日

【7/25(土)&8/8(土)】長野市でサロン開催します!

こんにちは!
WMS信越チーム、進行役の満尾ひとみです。

10453370_941327139232932_9163896902847054813_n.jpg


いよいよ、信越チーム、第一回目のサロンが来週に迫ってきました〜!!!

6/28 1330-1530@長野市ボランティアセンター

まだまだ、お申込み募集中です☆

そして、7月&8月の詳細も決まりましたのでご連絡です〜^^

【7月】
日時 7/25(土) 1330-1530 
場所 長野市ボランティアセンター
アクセス JR長野電鉄市役所前駅徒歩10分
受付開始 7/1(水)

【8月】
日時 8/8(土) 1330-1530
場所 イベントスペースtorinoco
アクセス JR長野駅より徒歩20分、長野電鉄権堂駅より徒歩5分
受付開始 未定

8月のtorinocoさんは、古民家を改装した、『権堂パブリックスペースOPEN』内にある
イベントスペース!!
個人的に古民家って大好きなんです☆
なぜか懐かしく、ほっと落ち着ける、でもどこか非日常。
そんな空間とサロンでの出会いがどんな化学反応を起こすかなと今からわくわく!

夏の予定がぞくぞく入る頃でしょうが、
ぜひぜひ、スケジュールを調整いただき、
お友達やお知り合いをお誘いの上、
奮ってご参加ください!!!

「就労中」、「育休中」、「専業主婦」、「パート勤務」、「結婚も出産もまだまだこれから!」
状況は問いません。
「母となってはたらく」というテーマに何かビビッときた方のご参加を
お待ちしています。

といっても、「一緒に行く友達もいないし・・・」「話すって初対面の人と!?」
ってドキドキしちゃいますよね。
という私も、情報誌のお知らせ欄を見て、マドレボニータもサロンも何も知らないまま
昨年、単身で飛び込みました!
一年後に進行役としてサロンを開く側になるなんて想像もできなかったです(笑)

そんな自分の経験から、少しでも気になるなーという方には、
ぜひぜひちょこっと勇気を出して、参加していただければなぁーと思っています。

たくさんの方のご参加、お待ちしています!

2015年06月20日

【7/19(日)】埼玉足利チームサロン@さいたま市プラザノースご案内

皆様、こんにちは!
WMS2015.jpg
埼玉・足利チームメンバーの鈴木 美穂(よねこ)です。
↑(左から2番目です)

先週の日曜日、埼玉・足利チームのメンバーが揃い、キックオフミーティングを
開催しました!
これからNECワーキングマザーサロンを開催していくにあたって、まずは運営メンバーが
「NECワーキングマザーサロンをどんな場にしたいのか」
「参加者の方に、どんな気持ちになってほしいか」
を話し合いました。

その中で、足利のたまちゃんの言葉
「サロンに参加して、人の想いを聞いたり自分の想いを言葉にすることで、
今の自分の気持ちに気付いてほしいと思う。
小さな気持ちに気付けたら、大きな力になるかもしれない。
言葉に出ても出なくても」
が印象に残りました。

NECワーキングマザーサロンのテーマは
私たちの「母となってはたらく」を語り、次の一歩へ
このテーマに興味がある女性は、学生、専業主婦、求職中、育休中、就労中・・
どなたでも参加できます!

日々忙しく過ごす中で、つい見過ごしてしまいがちな
「自分自身がどうありたいか、今どんな気持ちなのか」
それをこの2時間で見つめ直してみませんか?

皆様のご参加、お待ちしています!わーい(嬉しい顔)

(文責:鈴木 美穂(よねこ))


===========================================
◆日時:2015年7月19日(日) 9:45~11:45

◆会場: さいたま市北区プラザノース第三和室(さいたま市北区宮原町1-852-1)

◆アクセス:埼玉新都市交通伊奈線・ニューシャトル加茂宮駅より徒歩5分

◆参加費:500円 (資料として「マドレ式ワーキングマザーの教科書」をお渡しします)

◆定員:10名

◆お子様の同伴について:2014年12月21以降に生まれた赤ちゃんはご一緒に参加頂けます。

 12月20日までに生まれた赤ちゃんは信頼できる方にお預け頂き、単身でご参加ください。
           
◆お申込み: こちらの専用フォームよりお申し込みください

◆お問い合わせ:WMS埼玉・足利

2015年06月19日

★満席御礼★【7/14(火)】大田区で平日サロン開催します☆6/22〜受付開始!

★満席になりました!たくさんのお申込みありがとうございました。

みなさま、こんにちは!
NECワーキングマザーサロン大田世田谷チームの稲葉麻由美です
zenninn.jpg
(後列右から二人目)

この度、大田世田谷チームで「平日サロン」を大田区で開催することになりました!

普段は、私を含め、ワーキングマザーのボランティアスタッフで運営していますので、どうしても週末開催になってしまいがちです。
が!いろいろな制約があって、週末のサロン参加は難しい方もいらっしゃいますよね?!

ワーキングマザーサロンのことがずっと気になっていたけれど、週末はちょっと・・・と参加をあきらめていらっしゃった方、この機会に初参加してみませんか?
もちろん、休暇をとって参加したい!という方も大歓迎です

お申込み受付開始は、6/22(月)〜となっています。
みなさまのお越しをお待ちしています!!


-----------------------------------
NECワーキングマザーサロン@大田7/14(火)のご案内

◆日時:2015/7/14(火)10:00〜12:00

◆会場:ライフコミュニティ西馬込 第一和室
(アクセス:都営地下鉄浅草線「西馬込駅」下車(西口出口)徒歩約1分)
http://www.city.ota.tokyo.jp/shisetsu/hall/community/

◆参加費:500円
(資料として『マドレ式・ワーキングマザーの教科書』をお渡しします)

◆参加対象
「母となってはたらく」ことについて、考え、語りたい 女性の方ならどなたでも!ご参加いただけます。
育児休業中の方、専業主婦の方、ワーキングマザー、学生さん、 結婚・妊娠・出産の経験がない方でも、もちろん大歓迎です!

◆定員:10組
生後210日以内のお子様はご同伴できます。
2014年12月16日以降にお生まれの赤ちゃんは一緒にご参加いただけます。
2014年12月15日までにお生まれのお子さまは、 信頼できる方にお預けになって、単身でご参加ください。

◆お申し込み:
こちらの専用フォームからお申し込みください
折り返し、メールでご連絡させていただきます♪

★お問合せ:WMS大田世田谷チーム(wms7otasetagaya@gmail.com)までメールでお願いします。

---------------------------------------

自分の思いを言葉にしてみたい方、もやっとした気持ちをちょっともてあましちゃって・・・という方、自分のことを話したいという方、ぜひぜひ、想いを語りにサロンにいらしてください!

たくさんのみなさんと想いを語り合えるのを楽しみにしています!


【文責:稲葉麻由美】

*大田世田谷チームのこれからの予定 ---------------------------------
第1回:6/27土  大田 開催
第2回:7/14火  大田 開催
第3回:7/25土  世田谷 開催

2015年06月18日

7/5(日)島田サロン初開催です♪



こんにちは!

静岡チームサポートメンバーの大隅です。


浜松市ではこの季節に出会える蛍やアサガオも見頃を迎えています♪

川が綺麗な場所もあり、蛍に出会えたり、風情あふれる場所(田舎)があります。

梅雨の時期に入りましたがみなさんはいかがお過ごしですか(^^)



さて、ここでご案内です☆

明日6月19日より、島田市サロンの受付がスタートします。


島田市でサロンを行うのは今年が初めて!


メンバー一同ドキドキ・ワクワクしています♪

チームメンバーの中に島田市在住の方が2人いるんですよ〜(^^)

ゆうこりん(写真右真ん中)とゆかさん(写真右)です☆


今日は、ゆかさんがワーキングマザーサロンに出会って

感じたことを紹介したいと思います。


:::::::::::::::::::::::::::::


こんにちは。島田市在住の北川有香です。

WMSへの想いを少し話したいと思います。

10年以上前からマドレボニータにはお世話になっており

2010年に静岡でWMSが開催されたときに参加しました。

その時に、自分の今後(仕事など)のことについてを

「聞いてくれる人がいる」という体験をしました。

自己肯定感が高まり、嬉しかった記憶があります。

その後の私ですが、仕事に関しては当時と変わらないけれど(進化はしたけど)

やりたいと思っていたことは規模こそ小さいけれど実践できていると思います。

このサロンに参加したおかげかもしれません!

是非、皆さんにも体感して頂けたら嬉しいです。

静岡サロンでお待ちしています!


:::::::::::::::::::::::::::::::




メンバー一同、みなさんにお会いできるのを心よりお待ちしています。


無題.png






「NECワーキングマザーサロン 7/5(日)@島田】

※受付開始日は6/19(金)〜


●日時:7月5日(日)10:00〜12:00



 〒427-0028 島田市栄町4番の19

公共交通機関でお越しの方

(JR「島田駅」北口 徒歩1分)

お車でお越しの方

センターの無料駐車場があります⇒地図はこちら


●参加費:500円

(資料として「マドレ式・ワーキングマザーの教科書」をお渡しします)


●対象:

「母となってはたらく」ことを語り合いたい女性ならどなたでも歓迎です。

既婚・未婚・出産経験の有無は問いません!

就労中・育休中・専業主婦・自営業・会社員 どんな立場でも参加可能です。


●定員:10組

 生後210日以内のお子さまと同伴での参加が可能です。

 2014年12月7日以降に生まれたおこさまは同伴可能です。

 2014年12月6日までにお生まれのお子さまは、信頼できるかたにお預けになって、単身でご参加下さい。


●お申込み



※6/19より、お申込み受付を開始いたします。折り返しメールにてご連絡をいたします。


その他問い合わせなどありましたら、WMS静岡までメールをお願いします。



※第3回目開催は8/2(日)@袋井市です。

※菊川市の開催も計画中です。

楽しみにして下さいね。


【文責:大隅侑子】

私のサロンに対する思い〜WMS岐阜サポートメンバー 黒木愛〜【前篇】

こんにちは。
NECワーキングマザーサロン(以下WMS)岐阜プロジェクトメンバーの黒木愛です。

愛ちゃん.jpg

岐阜県岐阜市在住。
夫と5歳ともうすぐ3歳になる男の子2人の4人で、日々騒がしく過ごしています。
会社員として働いており、毎日が本当に、嵐のように通り過ぎていきます。

私がマドレボニータに出会ったのは、長男出産後の産後ケアクラス。
その後仕事復帰し、再び産休。
次男出産後と仕事復帰前に産後クラスに参加し、復帰後は、体調管理のため、
OGクラスにちょこちょこと参加していました。

IMG_6709.JPG

TOMOSやこのNECワーキングマザーサロン(以下、WMS)のサポーターとして、
マドレボニータの活動に参画するOGを見て
うらやましい、けれど、NPO法人で社会貢献活動なんてすごいこと、
私にはできないなぁと思いながら過ごしてきました。

フルタイムで働き、毎日家事に追われ(それでも家はぐちゃぐちゃ)、
子どもとまともに遊んであげられてない。

そんな私が、毎日をこなすこと以外の時間をとるなんて、不可能だし、
そのために努力するのはとても大変そう。

それに、参画している皆さんは生き生き元気で前向きだけど、
毎日に精いっぱいな私には、そんなエネルギーあまってない。。。

そんな思いを抱えていた私が、このサロンのプロジェクトメンバーに応募してみようと思ったのは、
半年くらい前からのパートナーシップの変化がきっかけでした。

わがパートナーは、常に前向きでエネルギーに満ちています。
子育てはもちろん、家事にも積極的に関わり、失敗もするけれど、
すばやく立ち上がり、次にむかっていける、うらやましい人です。

そんなパートナーに対して、私は、日々の生活でちょっと感じたことや疑問に思ったこと、
こうやってくれたらもっと助かるしうれしい、ということをなかなか言い出せずにいました。

お互い忙しい中で一生懸命やっているのだから、ケチつけてるみたいになって、
関係が悪くなったらいやだなと思い、小さなことは気にしない!と自分に言い聞かせていました。

ただ、やっぱり気になるし、そいういった自分のちょっとした気持ちを伝えないと、
それがいつしか不満になって小さなイライラになるのです。

そしてそれが積もり積もった頃、まったく関係のないときにこどもやパートナーに向けて
爆発するということの繰り返し。
なんでこんなに怒っちゃったのかなあと自分を気持ちをたどっていくと、そこが原因です。

自分の気持ちを言葉にして伝えずに押し込めていたこと

そこで勇気を出して、パートナーの機嫌のいい時に、少しずつ伝えてみることにしました。
本当に小さなことです。

「これ、こうやってくれるともっと助かるな」「朝食のお皿洗う当番だよね、忘れてる?」
「ごめん、今手が回らない。(保育園用の)連絡帳、話すから書いて」
等々。

初めはとてもとても怖かったです。
「私が気持ちを口に出したら不愉快って思うだろうな。怒らせるだろうな」
ものすごくびくびくしていました。

でも当のパートナーは
「おっけ〜」「お!悪い!忘れてた」「ごめん!今おれも手離せない」
などなど、かるーい感じで話が進んでいきます。

私は肩透かしをくらったみたいで、ぽかん。
え?おこらないの。いやな気持じゃないの?
夫にそう聞いてみたら「なんで?」と。
本当にうれしかった。

怖くてできなかったこと、思い切ってやってみたら。。。
嫌われるどころが、物事がスムーズにすすむし、
お互いが本当に助かる。
それに自分のことが受け入れられてるって実感して安心する。


相手の都合もあるので、自分の思い通りに進まないことももちろん多いですが、
その場合は、ではどうすればいいのか?という様に具体的に考えられて、やっぱり前に進む。

自分の気持ちを伝えると、自分の気持ちが晴れる。
そして物事が前に進む!

これが驚きでした。

同じ頃、会社でも同じようなことがありました。
思い切って自分の意見を表明してみたら、意外とあっさり受け入れられ、それについての議論もでき
結果、周りの方との関係が良くなりました。

これ以降、「自分の気持ちを言葉で伝えること」が自分のテーマだと思い、
少しずつ日常の中でトライしていたときに、WMSサポーター募集の記事に出会いました。

…長くなったので、この続きは後編で!

<文責:WMS岐阜サポートメンバー 黒木愛>

2015年06月17日

【北海道】7/18(土)第2回サロンのご案内

みなさま、こんにちは!

NECワーキングマザーサロン北海道チーム
プロジェクトメンバーの川尻沙織(さおりん)です。
6161148841246853250.JPG
現在、2歳男児の育児休職中です。

北海道での初回サロンを6/20(土)に控え、ドキドキしながら
PJメンバーと参加者募集やポスター掲示などなど楽しく準備を進めています。


6/6に開催したキックオフでは、一緒にPJを運営してくれる大好きな仲間とじっくり話しをすることができて、大興奮!!
気持ちの良い疲労感の中、アタマが興奮で冴え渡り、夜中の2時を過ぎても眠れませんでした(^^;

後日皆でさらに感想を共有する中で、メンバーから
「久しぶりに子どもと離れてじっくり話せた1日だった!」
「すっかり産後のぼんやりした頭から目が覚めて、出産前の自分を取り戻した!」
というコメントがあったのが個人的にとっても嬉しかったです。

なぜなら、私も同じように、1年前に参加したサロンで、産後いつの間にか見失っていた自分を取り戻せたことに、とーっても感動したから!^^

慣れない赤ちゃんの世話や「しごと」から離れた生活で、いつの間にか本来の自分の目標や希望を見失ってしまい、隣の芝生ばかり青く見えて苦しんでいる人、1年前の私のような人に、このNECワーキングマザーサロンに出会って、スッキリ一歩を踏み出して欲しい!

そんな期待を抱きながら,北海道の皆さんと「母となってはたらく」ことについて
色々なお話をすることができるのを楽しみにしています♪


さて、今回は7月に開催される、第2回サロンのお知らせです!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●NECワーキングマザーサロン@北海道 第2回北見サロン●


●日時:7月18日(土)10:00〜12:00

●会場:北見市女性センター(美芳町2丁目2番13号)

●対象:「母となってはたらく」ことについて、考え、語りたい女性ならどなたでもご参加ください!

 育児休業中の方、専業主婦の方、ワーキングマザー、学生さん、
 結婚・妊娠・出産の経験の有無に関わらず、どなたでも大歓迎です!



●定員:10組程度

  ※お子さまの同伴は生後210日までとしています。

2014年12月20日以降にお生まれのお子さまは一緒にご参加いただけます。
2014年12月19日までにお生まれのお子さまは、信頼できる方にお預けいただき、単身にてご参加ください。

※託児先のご案内もしています。下記お問い合わせ先よりお気軽におたずねください。


●参加費:500円
 (資料として『マドレ式・ワーキングマザーの教科書』をお渡しします)


●お申し込み:

こちらのフォームからお申込みください★


●お問合せ:WMS北海道(wms7hokkaido@gmail.com )
まで、メールにてお問合せ下さい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

たくさんのご参加をお待ちしています!

6161148852044247362.jpg

(文責・WMS北海道 PJメンバー 川尻沙織)

【感動!】第7期進行役合宿2日目をレポート☆

こんにちは!
サロンマニアで全体サポートメンバー広報チームのななちゃんこと光瀬奈々江ですわーい(嬉しい顔)

昨日に引き続き、今日は第7期NECワーキングマザーサロン進行役合宿2日目の様子をレポートします☆

【第二日目はいざ実践!】

合宿の2日目も、全体サポートメンバーでもあり、第5期進行役(世田谷)を務めたひろちゃんこと土本広美さんと、第6期進行役(埼玉)を務めたともみんこと細川朋美さんも進行役研修をサポートにきてくれましたぴかぴか(新しい)

午前中の最初は、サロン冒頭部分〜10秒自己紹介のところまでを、台本なしの一発勝負で進行練習パンチ
CFF55hFUEAEy3lK.jpg


NECワーキングマザーサロンとは?
誰が主催?誰が運営?
NPO法人マドレボニータはどんなことをしている団体?
進行役の自己紹介(どんな思いで進行役という席にいるのか?どんな場にしたいか?)
サロンを安心して話せる場にするために3つのお願い(赤ちゃん、情報の取扱い、写真撮影)
そして参加者全員で10秒自己紹介(お名前、お住まい、職業、産後何ヶ月など)

サロンでは、生後210日以内の赤ちゃんは一緒に参加できます。
210日以降の赤ちゃんは信頼できる方にお預けになってのご参加をお願いしています。
これには理由があります。
赤ちゃんも生後5・6か月頃になると、自我が芽生え、動きも活発になります。サロンは、2時間ワークをしたり、大人の話をする場であり、赤ちゃんにとっては退屈に感じられることもあります。
赤ちゃんはいつでもコミニュケーションを取りたいので、退屈に感じられると泣いてアピールすることでしょう。
以前、赤ちゃん連れでご参加いただいた方からも、「なかなか集中できなかった」とのお声もあります。
210日の意味は、赤ちゃんを一人の人として尊重しているからこそ。

進行役研修でも、サロンに参加してくださる方とその赤ちゃんのことを想定してどんな関わりがいいのかみんなで考察していきます。
ワーク中に赤ちゃんが泣いてしまったら?
泣いているのはコミニュケーションをとりたい証。
できれば、お母さんが赤ちゃんの声に応えてもらいたいのですが、ワーク中だとそうもいかない。
お母さんが手を動かしている間だけ、まわりの参加者やスタッフが代わりに抱っこをする。
でもいきなり抱っこをしてしまうと赤ちゃんを奪われたような気分になる(笑)ので、サロン冒頭部分で「この場では、赤ちゃんも参加者の一人。もしワーク中などに泣いたりしてしまったら、まわりのみんなで抱っこするなど、みんなで見守っていきましょうね。」ということを全員に意識的に共有しておきます。
そうすることで、赤ちゃん連れのご参加者も安心してワークに集中できます。
サロンでは、あくまでもご参加者も赤ちゃんもお互いに豊かな時間が過ごせるよう最大限配慮されています。

サロン冒頭部分のあとは、これまでたくさん練習してきたGood&Newとシェアリングのワーク進行をリレー方式で実践☆

CFFpcaXUUAAT6mI.jpgCFFjW0UUsAAvzLa.jpg

実際のサロンのように輪になってやるのは初めてのはずなのに、もうサロン開催したことがあるかのような堂々とした進行っぷりに私も驚かされました。と同時にすごく努力をされてきているんだなーと感動しました。

CFFvwb2VEAAYxfb.jpg


サロンの大きなテーマは「母となってはたらく」ですが、実際にシェアリングというワークでは、「人生」「仕事」「パートナーシップ」という3つのテーマのどれかを選んで「話す」「聞く」を2人組になってやっていきます。
この3つのテーマは一見別のようで、根っこでつながっている。

3分間という短い時間ではありますが、誰にも邪魔されず、否定もされず、自分がどうありたいか、今思っていること感じていることをどんどん言葉にしていく時間です。
そしてその話を聞いていた方が「こういったお話でしたね」とまとめて返します。その時に、言葉にしていくうちに「人生」について話していたつもりが「パートナーシップ」ばかり話してるなー私!なんてことに気づいたりもする本当に面白いワークです。

そのワークをいかにわかりやすく説明し、やってもらうか。
進行役はタイマーやフリップの使い方ひとつとっても丁寧に練習を重ねていきます。

午前中を終えて、全員でランチへ!!
たわいもない話からやっぱりここでもパートナーシップが話題になったり(笑)
やっぱりいいな〜進行役仲間って☆

CFHBD-IUIAAVA-J.jpg


午後は、サロンの肝となる全体シェアリングを実践。
ここは台本もなく一番難しいところ。
そして一日目で学んだ「まるごときく」「共感的にきく」が一番発揮される時間です。

2グループにわかれて一人が進行役、あとの人は参加者役で実践。
私もオブザーバーとしてグループの脇で拝見しました。

CFHCcoyVIAAZW26.jpg

オブザーバー的に外から進行役を俯瞰するのはとても新鮮でした。
進行役や参加者の表情。話の盛り上がり方や収束の仕方などいろいろな場面をみることができ、私にとってもすごく学びの時間となりました。

と、ここで、北海道の進行役・かおりんが飛行機の時間により途中退出。みんなでハグ!!

CFHEqGAVEAAuq-1.jpg


続いて、全員で全体シェアリングについて考察。
進行役はどこに視野を置くか?
一人の話を聞きながらも、体は全体に向いている。全体に意識を置く。マットの真ん中に言葉を置いていくイメージ。
視界に誰までが入っているかを意識する。

最後は、2日間の研修を振り返り、全員でシェアリングのワーク。
横でみていても、みなさんのすごい熱量を感じました。
中には涙ながらに話している方も。

CFHzz6FVIAIfcwJ.jpgCFH1VQ9VEAE2_F-.jpg

そして、全員で輪になり全体シェアリング。

CFH2FOyUMAAfQxD.jpg

(福井・ひろこちゃん)
マドレが知られていない福井での開催。一人でがんばろうとしなくていいと思えた。
みんなと出会いつながれた。
これからがんばって素敵な場を作っていきたい。

(埼玉・たねちゃん)
場がもつ力ってすげえな!と感じた。
ワクワクしている。
意図して作る部分もあるし、意図せず起こることもある。
起こることを楽しんで扱いたい。
サロンを開催することが楽しみに。

(東京南・川崎 かずみちゃん)
場に委ねるということを体感できた。
委ねて大丈夫なんだということ。
手放した先にみえたものは気持ちいいと感じた。 
今までの飢餓感。満たされない感じが埋まって行くような感じがした。
自分ががんばっているから、家族もがんばらなければというような周りに余計なプレッシャーを与えていた。
自分自身のハードルを下げて楽に生きやすくしたい。
何かを成し遂げないといけないものではなく、この場にいるだけでいいんだというのが体感できた。

(岐阜・けいちゃん)
すごい楽しかった!にやにやしてました(笑)
新しく発見できたことあった。
それは、人が成長する、がんばっている姿がすごい好きなんだと気づいた
みんな顔が変わった。表情が変わったのがみることができて、ワクワクにやにや。

(静岡・ゆうこりん)
みんなに会えたたことが嬉しくてしょうがない。
みんなでやればうまくいくとおもっていた。
オンラインでは感じられない温かさをすごい感じた。
場にきて空気で熱で感じた
楽しく教えてくれて、それが勉強になって嬉しかった。
進行役をやります、といった私たちを信頼してくれて応援してくれて
たくさんの暖かさを感じた。感謝したい。
絶対がんばらなきゃと思った。
リアルで伝わってくるものは違う。

(大田・世田谷 みゆきたん)
進行役から受けるキラキラ感。
そのキラキラ感の正体見たり。それが体感できた。
この人たちにはこういうものがあるからそのひとたちが好きなんだ。
安心できるし憧れていたんだとわかった。嬉しい。
7期のメンバーに自分がそこにいる。心からにやにや(笑)

(仙台・やみーさん)
ここにくるまでは、進行役してこうしなければという意識はないつもりだったが、きてみてそういう意識が意外とあったことに気づいた。
昨日泣いてしまって「泣いちゃいけないと思っていたんだね」と言われ、えそうなの?と価値観がひっくり返るようなかんじがあった。
自分のことを受け入れられれば他人も受け入れられるのかなと思った。
ここにきてよかった。

(信越・ひとみさん)
孤独だったんだなーと感じた
産休入って引っ越した土地での子育て。
現状変えたいと思い進行役に。
研修の最後の動画投稿できないままここにきてしまった。
ぶっちゃけ、最後モチベーションがわからなくて。
コメントしあうけど、それだけで安心できなかった。
いつでも言ってねと言われると、何から話していいかわからない・
不安だった。
場を共有して話すことにすごいパワーを感じた。
下がっていたモチベーションがあがりがんばりたいと思った。

(WMSプロジェクト本部・つかさっちん)
みんなに「ありがとう」ということしかない。
1期と3期と進行役やって今もこのプロジェクトが続いている奇跡。
大変だけどやってみたいとか。
そこにほしいものがあるはずと信じてきてくれて感謝してもしきれない。
これから何があるのかなと思うとすごい楽しみ。色々きけそうだなという楽しみ。

最後の最後は全員で輪になり、手をつなぎ、エネルギーを感じて終了。
私も感動して涙が止まりませんでした。

CFH74JPUkAI94Ty.jpg
CFHBq29VEAARNfC.jpg

こんなアツい場は他にはない!!
アツい心をリアルで体感した進行役たちがチームメンバーとともに全国各地のサロンでお待ちしています。
いよいよ20日からサロンがスタートします!!お見逃しなく!!


次項有1日目の記事は→こちら
◎WMS北海道@北見市(6月20日)詳しくは→こちら
◎WMS福井@鯖江市(6月20日)詳しくは→こちら

(文責:全体サポートメンバー広報チーム 光瀬奈々江)

2015年06月16日

【潜入!】第7期進行役合宿1日目をレポート☆

こんにちは!
サロンマニアで全体サポートメンバー広報チームのななちゃんこと光瀬奈々江ですわーい(嬉しい顔)

いよいよ今週末から、北海道福井を皮切りに全国各地でNECワーキングマザーサロンが開催されます!!
満席となっている地域もありますのでお申し込みはお早めに!!

記念すべき第1回目のサロンは北海道と福井県で行なわれます。

◎WMS北海道@北見市(6月20日)詳しくは→こちら
◎WMS福井@鯖江市(6月20日)詳しくは→こちら


さてさて、今日はちょうど1ヶ月前に第7期NECワーキングマザーサロン進行役合宿が行なわれました。
あっという間に1ヶ月が経ちましたが、あの時肌で感じた進行役のみなさんの熱量がいまだによみがえってきます。

【第一日目は初の試み!公開講座】
合宿の一日目は、今期初めての試みで、NECワーキングマザーサロンやおもいを語り合う「場作り」に興味のある方に向けて講座の内容を公開しました。

午前中の最初は、アイスブレイク。
NPO法人マドレボニータ代表吉岡マコさんと自己紹介をしながら一緒に体を動かします。
(体を動かすことで緊張もほぐれ言葉も出やすくなります!)

CFAqPAsVAAAviHZ.jpg-medium.jpeg


NECワーキングマザーサロンとは?
プロジェクトの概要と進行役の役割について。
「安全で安心な場」を作ることが進行役の役割、ということで「安全で安心な場」を作るための「きき方」について実際にまずは3人組になってお互いの話しを聞きます。


お昼には、なんとマドレTVによる潜入取材が!!
その様子はこちら↓↓↓
☆第3回マドレTV
「潜入!NECワーキングマザーサロン進行役研修合宿」
前半
https://youtu.be/rf3jSqC5CAA
後半
https://youtu.be/RKy7ANl_y_8
(ネットワーク接続状況が良くないため、一部音声のみになる箇所があります。)

CFBqjYLUIAEZhJt.jpg-medium.jpeg

午後からは「その人の本当に話したいことをきく」について、やはり3人組になって「話す」→「きく」を繰り返し、それをみていたオブザーバーがみえてきたもの、感じたもの、をフィードバックしていきます。

CFBec7wUIAA5b8x.jpg-medium.jpeg
この時話していたテーマは「怒っていること」

講師の八田吏さん(WMSプロジェクト本部)は、「みなさん怒っている話しをしているのに、なぜか笑っているようにみえた。人は怒りの感情を認めたくない。触れたくない。そこにいかないように「笑う」」とフィードバック。

岐阜チームのけいちゃん(上松恵子さん)からはこんな感想が。
「テーマは怒りだったのが、自分が話しているのは不安だったと気づいた。不安を言葉にできているつもりができていなかった。不安を安心して話せる場所がサロンだったらいいなと感じた。不安を言葉にできたらすごい進歩。」

「その人が本当に話したいこと」「望み」をきくのはとても難しい。
基本的な聞き方は、レスポンスリフレクションの繰り返し。「思考」から「感情」へ、さらに進むと「望み」にたどりつく。
サロンでは、思考中心だった人が、感情の部分にたどりついただけでも、とても大きな一歩となる。

そんな気づきを得たあとは、「自分の価値観の扱い方」
「自分の感情を脇に置く」とは?


どうしても、人の話をきくときに、共感できないことがあると心がざわつくことってありませんか?
進行役は、その「ざわつき」に気づくことがとても重要
話に共感できなくて心がわついたり、イラっとするのは、自分の中の「〜すべき」「〜しなくては」という自分の中の価値観に触れたから。
この場では、それは流すことが大事。
あくまでも参加者のための場だから。

でも、自分の中で起きていること、感情を素直に言葉にしてもいい。
そこからつながることもある。

例えば、自分が場の中の発言が気になってしまって、何度もやりとりが生じてしまったら自分の中の価値観に触れているので中止する。
そこでやりたいことは自分がすっきりしたいこと。

進行役で、大事なことは、「まるごと聞く」「共感的に聞く」こと。
一人の話をじっくり聞く。
本当に大事にしたいことは何か?
本当に大事にしたいことがみえてきているとき、場に一体感が生まれる。


また、全体シェアリングの中で、途中要約したり、これまで出て来た話をまとめるのも進行役の役目。要約すると場が活性化する。

CFCD4NSUkAAGx3T.jpg-medium.jpeg


仙台チームのやみーさんからは
「進行役は泣いていいのか?」という質問が。
それに対し、講師の八田吏さんからは「ネガティブの感情を出したら収集つかなくなるのではと思ってしまう。その感情を隠して平気な顔をしてやるのと、泣きたい気持ちを素直に出したのとどっちが得られるものがあるか」

私は、昨年のサロンで、思わずもらい泣きをしてしまった時がありました。
正直、泣いたことで進行できなくなってしまいましたが(笑)、振り返りでは、その姿が「素」で良かったと言われました。

どこか「進行役とはこうあるべき」にとらわれてしまうと、集中して話しをきけなくなります。
自分の感情を脇におき、まるごときく、共感的にきく」は、ありのままの自分で素直にきくことなのかなとあらためて感じた一日目の研修でした。

CFB5aU4VEAA8kcc.jpg-medium.jpeg
☆一日目最後に記念撮影☆

さらにレポートは2日目に続きます!(笑)

(文責・全体サポートメンバー広報チーム 光瀬奈々江)





2015年06月10日

【6/20参加者募集中!】北海道チームキックオフサロン開催しました!

こんにちは!
WMS北海道チーム進行役・永野間(ながのま)かおりですわーい(嬉しい顔)

土曜日、NECワーキングマザーサロン北海道チームのキックオフサロンを開催しました。

o0661049613332196005.jpg

みんな産後クラス@北見@網走の卒業生。今年度はこの5人で北海道サロンを運営します^^


キックオフサロンでは、
「NECワーキングマザーサロンに参画すること」をテーマに
サロンと同じようにシェアリングをしました。


知り合ってから1年、半年と経っていても、こうしてテーマをもって話すことで
初めて知る仲間の経験、おもいがたくさんありました。
聴けば聴くほど、相手をもっと知りたくなるんです。

o0640048013332196006.jpg

そして、話せば話すほど、自分のおもいにもっと正直に向き合って、
いま感じていることを、どうにかピッタリのことばにしたいと思えてくる。


メンバーのみんなもね、帰宅後、犬の散歩したり、子どもの世話しながら
シェアリングのことを振り返って、
「あんなことも話したかった」「こんなことも・・・」って思ってたそう。

「体は疲れてるのに、シェアリングで話したことを考えてたら、興奮して寝られなかった!」

そんなメンバーもいました^^

o0640048013332196004.jpg


私も、今まで誰にも話したことがないことも、ポロッと話したりしました。

「これを言っても、きっとこの人たちは引いたりしない。
 非難も否定もせず、そういうこともあるよねと、きっと受けとめてくれる」


そんな風に、自然におもえたからだとおもう。



子育ての悩みは、いろんなところで話すことができる。

でも、子育てする「私」の話、とりわけ「母となってはたらく」ことを
「どう思われるかな?」「こんなこと言って、引かれない?」
なんておもわずに、安心して話せる場は、なかなかないんじゃないかな?


NECワーキングマザーサロンは、地域で「母になってはたらく」をテーマに
話したい方たち同士が、安心して話したり聴いたりできる場づくりをしていきます。

6月20日(土)北見サロンはただいま参加者募集中!

o0691049613332196007.jpg

●NECワーキングマザーサロン@北海道 第1回北見サロン●


●日時:6月20日(土)10:00〜12:00

●会場:北見市女性センター(美芳町2丁目2番13号)

●対象:「母となってはたらく」ことについて、考え、語りたい女性ならどなたでもご参加ください!

  育児休業中の方、専業主婦の方、ワーキングマザー、学生さん、
  結婚・妊娠・出産の経験の有無に関わらず、どなたでも大歓迎です!


●定員:10組程度

  ※お子さまの同伴は生後210日までとしています。

2014年11月22日以降にお生まれのお子さまは一緒にご参加いただけます。
2014年11月21日までにお生まれのお子さまは、信頼できる方にお預けいただき、単身にてご参加ください。

※託児先のご案内もしています。下記お問い合わせ先よりお気軽におたずねください。


●参加費:500円

  (資料として『マドレ式・ワーキングマザーの教科書』をお渡しします)


●お申し込み:

★こちらのフォームからお申込みください★


●お問合せ:WMS北海道(wms7hokkaido@gmail.com )まで、メールにてお問合せ下さい。

(文責・WMS北海道 進行役 永野間かおり)