CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2013年08月14日

【開催報告】赤羽ワーキングマザーサロン8/3が開催されました☆


こんにちは!城北チームサポーターの藤井(しー)です。


しーちゃん.jpg


先月に続き、赤羽にてサロンが開催されました。
満席の10名!
それぞれが信頼できる方に子どもを預けての、全員単身参加でした。

今回のサロンは「保育園」…このキーワードが熱かった!

そして、これは多分個人的にビビッときた部分ですが、
対自分、対職場、対パートナー…
もうぜんぶすべて「コミュニケーションをどう図るか」に尽きる
んだなぁ。
…という発見がありました。



P1060931.jpg P1060930.jpg



短い時間ですごくたくさんのエピソードや思いが引き出されて
ここに書ききることはできないのが歯痒い限りですが、
わたしが心で受け取ったものを中心に記してみます。

【保育園の話】

子どもは案外大丈夫。親の方が揺れる。
預けることについて、親自身がどう納得するかがカギ。
何歳で復帰しても最初大変なのは同じだけれど
子育ては一瞬で、過ぎてみれば大変さもかけがえのない時間。

保育園のとコミュニケーションには、共に子育てしてる心強さがある。
他人の視点から見えるわが子の成長が新鮮。
「そういうものが好きだったんだね」の発見がある。
好奇心満々の子どもを自分だけにつなぎとめておくのも大変。

保育園選び、パートナー(夫)を抜きにして自分ひとりで突っ走ってしまった。
何かあるたびに「お前が決めたことだろ?」って言われてはっとした。
もっと話して、一緒に探せばよかった。そうすれば保育園探し自体をもっと楽しめたと思う。


P1060920.jpg P1060921.jpg


【コミュニケーションの話】

自分の気持ちも産後から少しずつ変化している。
じっくり向き合う時間を持つことで、そういうことにも気づいた。

仕事については、まず本人自身がどうしたいのかが大事。
それがわかっていないと、回りもどうサポートすればよいのか戸惑う。

職場によって、コミュニケーションの文化はかなり違うけれど
やっぱり「自分はこういうひとです」という自己開示が始まり。

パートナーとは業務連絡じゃなくコミュニケーションがしたい。

*******

コミュニケーションのことは
最近の自分のモヤモヤがまさにそこにあったので
そうかーーー!という思いでした。


P1060925.jpg

「わたしはこんなひとです」って言ってみる。
変なプライドを捨てて、強がらず、ダメなところもオープンに、堂々としてみる。

そして、誰かのせい、環境のせいで終わらせず、
自分がどうありたいか、
考え、伝え、擦り合わせていく。

何かできること、とっかかりはあるはずで、
諦めちゃっちゃあ、もったいないんですね。

そして、保育園について…
わたし、このサロンに関わって4年目の今になって、気づいたんです。

子どものいない自分が保育園…と聞いて長年思い浮かべていたのは
「母となってはたらくのに、必要不可欠な場所」
「だけど待機児童数が多くて、思うように入れない」
「条件のいい場所に入れるかどうかが勝負」
っていう、100%はたらく人サイドの発想でした。

そういうのは保育園にまつわるほんの一面でしかないのに、
でも当事者じゃないとそういうところまでなかなかわからないんです。
実感がないから、いつもの仕事アタマの延長で考えてしまう…。
(わたしだけ…?)
今回、点と点がつながるように、今まで聞いてきた話がつながりました。


P1060933.jpg
見えてるつもりでいっぱい抜け落ちてる部分があるんですよね。
自分が知っている世間が意外に狭い…って知るのは大きな一歩で
サロンは常にそういうことを気づかせてくれる場でした。


産前のひとももっとサロンにきたらいいのになーと思います。
自分と違う立場のひとから学べることはたくさんあるし
「いつか」の自分にももっと配慮できるようになると思うから。
産前のひとと産後のひとがもっとつながるといいな。

あらためてそう思いました。

(文責:藤井 忍)


≪連載≫☆私の「ワーキングマザーサロンに参画する思い」☆
第1回:ファシリテーター吉田紫磨子
第2回:オフィシャル・サポーター 竹下浩美
第3回:オフィシャル・サポーター遠山薫
第4回:オフィシャル・サポーター小野寺佳代子
第5回:オフィシャル・サポーター岸かおり
第6回:オフィシャル・サポーター駒崎美紀
 続く...

≪開催スケジュール≫ワーキングマザーサロン城北(練馬、板橋、北区)
 第1回:6/9(日)赤羽<開催報告です>
 第2回:6/25(火)成増<開催報告です>
 第3回:7/2(火)練馬<開催報告です>
 第4回:7/13(土)赤羽<開催報告です>
 第5回:8/3(土)赤羽<開催しました>
 第6回:8/27(火)王子<定員になりました>
 第7回:9/3(火)練馬お申し込みフォーム
 第8回:9/14(土)赤羽お申し込みフォーム

 詳細はワーキングマザーサロンの公式ブログでご確認くださいね☆

2013年08月13日

【9/12木】三鷹にて出張サロン開催します!

こんにちは!調布サロンオフィシャルサポーターの北澤ちさとです。
普段はNPO法人マドレボニータの事務局スタッフとして働いています。
Chisato_Profile.JPG

事務局スタッフとして働きはじめてもうすぐ4年。
サポーター歴は4年目となり、自分の住む三鷹や、
近隣の地域でのサロン開催を毎年サポートしています。

さて、今日は調布サロンチームが出張開催する三鷹サロンのご案内です★

8年前に三鷹に引っ越してきて専業主婦となり、出産した私でしたが、
マドレボニータの産後クラス参加をきっかけに
「はたらく」ことを改めて考え、動き出しました。

そんな「母となってはたらく」を育んできた三鷹でのサロンが開催できることは本当に嬉しいです★
中央線沿線のみなさま、お待たせしました!
たくさんのお申込み、ぜひお待ちしております。


****************************
WMS調布 三鷹出張サロン
****************************


日時:9月12日(木)10:00〜12:00
場所 三鷹駅前公会堂 和室2号
 東京都三鷹市下連雀3丁目22−7(アクセス:JR中央線・三鷹駅より徒歩5分)
★地図はコチラからどうぞ

2013年2月14日以降にお生まれの赤ちゃんは一緒にご参加いただけます。
2013年2月13日までにお生まれのお子さまは、
信頼できる方にお預けになって、単身でご参加ください。

お申し込みはこちらの専用フォームから


三鷹市民の方は子ども家庭支援センター・のびのびひろばの一時保育を利用されるのもおすすめです!
私も初めて子どもを預かっていただいたのはこちらでした^^
(平日1時間600円・事前に登録が必要です)

調布チームは9月から11月まで月2回サロンを開催★ぜひお早めにご参加くださいね。
お申込みお待ちしております!

【8月サロンのご案内】
◆日時8月24日(土)10:00〜12:00
◆会場 調布市文化会館たづくり ※残席:3名です
◆アクセス 京王線調布駅から徒歩5分 ★地図はこちら

2013年1月26日以降にお生まれの赤ちゃんは一緒にご参加いただけます。
2013年1月25日までにお生まれのお子さまは、
信頼できる方にお預けになって、単身でご参加ください。

【9月サロンのご案内】
◆日時9月12日(木)10:00〜12:00
◆場所 三鷹駅前公会堂 和室2号
◆アクセスJR中央線・三鷹駅より徒歩5分 ★地図はこちら

2013年2月14日以降にお生まれの赤ちゃんは一緒にご参加いただけます。
2013年2月13日までにお生まれのお子さまは、
信頼できる方にお預けになって、単身でご参加ください。

◆日時9月28日(土)10:00〜12:00
◆場所 調布卸売センター内 ちょこカフェ
◆アクセス:調布駅より調布市ミニバス北路線 「武蔵野市場前」下車 徒歩1分
または小田急バス 調布駅〜三鷹駅間 系56 御塔坂下車 徒歩5分 ★ちょこカフェのご案内はこちら

2013年3月2日以降にお生まれの赤ちゃんは一緒にご参加いただけます。
2013年3月1日までにお生まれのお子さまは、
信頼できる方にお預けになって、単身でご参加ください。

◆ちょこカフェサロンは定員は6名です。
普段より少人数でじっくり語り合うサロンとなります
※参加費+ワンドリンク(200円〜)のオーダーが必要となります。

【各サロン共通のご案内】
定員:10組
   
◆参加費:500円  (資料として『マドレ式・ワーキングマザーの教科書』をお渡しします)

参加対象
 「母となってはたらく」ことについて、
考え、語りたい女性の方ならどなたでも!ご参加いただけます。
育児休業中の方、専業主婦の方、ワーキングマザー、学生さん、
結婚・妊娠・出産の経験がない方でも、どなたでも大歓迎です!


お申し込みはこちらの専用フォームから
折り返し、お受付のメールをお送りいたします。

☆お問合せは
wms調布チームまでメールメール
でお願いします。

---------------------------------------
 調布サロン 開催スケジュール
---------------------------------------

第1回【報告はこちら】6月09日(日) 調布
第2回【報告はこちら】7月27日(土) 仙川
第3回【申込受付中ひらめき】8月24日(土) 調布
第4回 【申込受付中ひらめき】9月12日(木) (ご案内は本ブログ)三鷹駅前公会堂 
第5回【申込受付中ひらめき】 9月28日(土) 調布ちょこカフェサロン 

(文責:北澤ちさと)

2013年08月12日

さいたまチーム・ブログリレー~サロン参画への想い~@しほちゃん

こんにちは!
NECワーキングマザーサロン 埼玉チーム サポーターの清水志保です。
969853_552163371502719_1669443743_n.jpg
かわいい左から2人目、ほんわかした雰囲気ながら、論理的思考のツッコミが冴え渡り、
面白そうなところ、どこにでも行く行動力も兼ね備えたしほちゃん。
パートナーも熱い男で、語るの大好き!
二人でよくしている話は、まさに”人生・仕事・パートナーシップ”だそうです!ぴかぴか(新しい)
(しほちゃん紹介、文責:鈴木美穂(よねこ))

これから埼玉チームでは「なぜサロンに参画しているのか」という内容で、
メンバーがそれぞれの想いをブログリレーしていくことになりました。
名誉あるトップバッターは私からスタートします!

マドレボニータに初めて出会ったのは、今を思い返すこと3年前。
第一子を出産し、復職する直前の3月に赤羽で開催していた産後クラスでした。
妊娠、出産で動かしていない体を、復職前に少しでも前のように戻したい(笑)!
との軽い気持ちで参加した産後クラスで、私はそれまでにない衝撃を受けました。

もちろんその衝撃は、鏡に映った自分のバランスボールでの動きが
「なんて笑える(ロボットみたい!)んだ〜!」という衝撃でもありましたがわーい(嬉しい顔)
なんといっても、1,2回しか会ったことのないメンバーと
「人生、仕事、パートナーシップ」について語ってしまうこと

にありました。

産休ライフは娘を通じて新しい友達もでき、それなりに楽しい時間を過ごしていた私でしたが、
仕事のこと、5年後どうありたいか(これも産後クラスでの話題の一つでした)については、
赤ちゃんを通じて知り合った友達とはなかなか話すきっかけもなく
(確かに、いきなり話されてもびっくりしますよね!)、
時には深く話してみたいなぁと思いつつも、
こういった話題は昔からの友達としかできないのかなと感じていました。

そう感じていた私にとって、
普通のことのように「人生、仕事、パートナーシップ」についての話題が出て、
且つメンバーが真剣に意見を語っていた産後クラスは、目からうろこ!
お互いが深く関わっていく姿勢は、とても新鮮で充実した時間でした。

それからは、復職した後もマドレボニータに関わって行きたい!との想いで、
サポーターに応募し、今回で3回になりました。
当初の参加動機である「語り合う」ことの魅力に加えて、
今では仲間と活動することの魅力にもとりつかれています。


サロンで学んだことは、「仲間と活動することの楽しさ」と「地域とのつながりの大切さ」。
これは母となって気づかされた大事なことでもあり、子供に感謝しつつ、
これからもさらに深めていきたいと思っています。
(文責:清水 志保)

【今後の予定】
8/27(火)@宇都宮*満席です*
9/18(水)@川越*また、こちらのブログにて詳細お知らせします
10/5(土)@川口*また、こちらのブログにて詳細お知らせします
11/2(土)@上尾*また、こちらのブログにて詳細お知らせします
11/30(土)@所沢*また、こちらのブログにて詳細お知らせします

☆お問合せは
wms埼玉チームまでメールでお願いします。

2013年08月11日

☆調布☆9月は2回開催 9/28(土)カフェでサロン開催します♪

こんにちは☆
WMS調布のファシリテーターの向井千文(むかいちふみ)です。

向井千文

毎日暑い日が続いていますがいかがお過ごしでしょうか?
いま夏休み中の方も多いですかね。

さてチーム調布ですが、9月からは月に2回サロンを開催します!
1回は調布市内で開催しますが
1回は中央線沿線(三鷹・阿佐ヶ谷)に出張します♪

今回のご案内は調布市内で9月28日(土)に開催するサロンです。

9月の調布サロンは調布卸売センター
(通称:武蔵野市場)内にある
「ちょこカフェ」で行います。


ちょこカフェとは、調布市内で子育てを支援している
NPO法人ちょうふ子育てネットワーク・ちょこネットさんが運営している
子育てコミュニティカフェです。

武蔵野市場内にある1人でも、友人と一緒でも子育て中に
ほっと一息つけるカフェなのですが
子育て中の方にもからだにやさしい、新鮮な野菜がたっぷり入っている
メニューとなっています。
個人的にも利用していますが、おいしくてお勧めですよ♪

市内のいろいろな子育て中の方にお勧めの情報も見ることもできて
お子様連れでも安心して利用できるお店です。

外観20130323.JPG


そんなちょこカフェさんの一角を今回はお借りしました!
おいしいお茶を飲みながら少人数制のサロンを開催いたします。

おいしいお茶を飲みながら、じっくり母となってはたらくに
ついて語りませんか?
リラックスした雰囲気でコミュニケーションワークをやると
普段とは違う自分の本音が見つかるかもしれませんよ!

お時間がある方はサロン終了後、ぜひちょこカフェオススメの
野菜たっぷりのブランチも召し上がってくださいね

サロンは開催される場所やご参加いただく方によって
まったく話題も異なります。
リピーターさんも大歓迎です!
ちょこカフェ、気になるけど行ったことがない
という方も大歓迎です!

ぜひご参加お待ちしております。

また、8月24日(土)に調布市文化会館たづくりで開催されるサロンも
若干名ですが、お席が空いています。
8月24日は調布市花火大会の日ですが
サロンは午前中開催なので、サロンに参加しても
夜の花火には十分間に合いますよ!

ぜひこちらもお申込みをお待ちしております。

【8月サロンのご案内】

◆日時:8月24日(土)10:00〜12:00
◆会場 調布市文化会館たづくり
◆アクセス 京王線調布駅から徒歩5分

地図はこちら

2013年1月26日以降にお生まれの赤ちゃんは一緒にご参加いただけます。
2013年1月25日までにお生まれのお子さまは、
信頼できる方にお預けになって、単身でご参加ください。

※残席:3名です

【9月サロンのご案内】
◆日時:9月12日(木)10:00〜12:00
場所 三鷹駅近辺
※近日中に詳細と場所は本ブログでお知らせいたします

◆日時:9月28日(土) 10:00〜12:00
◆場所 調布卸売センター内 ちょこカフェ

◆アクセス:調布駅より調布市ミニバス北路線
     「武蔵野市場前」下車 徒歩1分
または小田急バス 調布駅〜三鷹駅間 系56
御塔坂下車 徒歩5分

ちょこカフェのご案内はこちら

2013年3月2日以降にお生まれの赤ちゃんは一緒にご参加いただけます。
2013年3月1日までにお生まれのお子さまは、
信頼できる方にお預けになって、単身でご参加ください。

◆ちょこカフェサロンは定員は6名です。
普段より少人数でじっくり語り合うサロンとなります
※参加費+ワンドリンク(200円〜)の
オーダーが必要となります。

【各サロン共通のご案内】
定員:10組
   
◆参加費:500円  (資料として『マドレ式・ワーキングマザーの教科書』をお渡しします)

参加対象
 「母となってはたらく」ことについて、
考え、語りたい女性の方ならどなたでも!ご参加いただけます。
育児休業中の方、専業主婦の方、ワーキングマザー、学生さん、
結婚・妊娠・出産の経験がない方でも、
どなたでも大歓迎です!


お申し込みはこちらの専用フォームから
折り返し、お受付のメールをお送りいたします。

☆お問合せは
wms調布チームまでメールメール
でお願いします。

---------------------------------------
 
調布サロン 開催スケジュール
---------------------------------------


第1回【報告はこちら】6月09日(日) 調布
第2回【報告はこちら】7月27日(土) 仙川
第3回【申込受付中ひらめき
8月24日(土) 調布
第4回 (予定) 9月12日(木) 三鷹出張サロン 8月15日受付スタート
第5回 (予定) 9月28日(土)ご案内は本ブログ、調布ちょこカフェサロン  8月15日受付スタート

(文責:向井千文)


2013年08月10日

【9/8日】大田区大森サロン、募集受付開始します☆

こんにちは!城南(大田・川崎)チームのサポーターの
萱沼道子です。
michiko_San.jpg

仕事はマドレボニータの産後セルフケアインストラクターで、
3期連続でワーキングマザーサロンのサポーターとして
サロン開催のお手伝いをしています。
城南地区大田・川崎サロンは、大森・武蔵小杉などで
月に1〜2回ペースで開催しています。

【6/23 第1回大森サロン】
Omori_1st.jpg

「母となってはたらく」を語る場として、
ファシリテーターの司城みおさん・サポーターたちと
正解無き難問(!)に日々チャレンジしています。

プログラムは同じなのに、
出てくる言葉も表情もまるで違うサロン!
楽しいです☆
そして悩んで当然☆
だって、私たち、まだ母となってはたらくを
こんな風に語ったことすら無いのですから…。

【7/7第2回川崎サロン】
musako_2nd_2.jpg

違う価値観に出会えるのも、新鮮!
人が出会い、言葉を交わし合うから生まれるエネルギーは
参加する女性たちの「何かしらの反応」を生みます。
そこがサロンの魅力じゃないかな〜♡ と、
手前味噌ですが…自負しています(^^ゞ

【7/28第3回大森サロン】
omori_3rd.jpg

「パートナーシップの在り方について見つめ直すよい機会になりました。子供が生まれてから、当たり前にように家事・育児に手を貸してくれるパートナー(夫)に改めて感謝できました。」

こんな嬉しいご感想が届きました。

☆,。.:*:・゜'★' '☆,。.:*:・゜'★'*:・゜'☆,。.:*:・゜'

女性は、出産後はどうしても赤ちゃんのお世話で多忙になり、
自分自身の人生について、一人でじっくり考える時間なんて
なかなか作り出せないものですよね。
サロンでともに、考え、言葉にしていきましょう!!
9月のサロン日程も決まりましたので、ご案内します。

☆NECワーキングマザーサロン@大森9/8(日)のご案内☆

◆日時:2013/9/8(日)09:45〜11:45
◆会場:luz大森(入新井集会所)JR大森駅徒歩3分

◆参加費:500円
  (資料として『マドレ式・ワーキングマザーの教科書』をお渡しします)

◆参加対象
  「母となってはたらく」ことについて、考え、語りたい
   女性の方ならどなたでも!ご参加いただけます。
  育児休業中の方、専業主婦の方、ワーキングマザー、学生さん、
  結婚・妊娠・出産の経験がない方でも、もちろん大歓迎です!


◆定員:10組
   2013年2月10日以降にお生まれの赤ちゃんは一緒にご参加いただけます。
   2013年2月9日までにお生まれのお子さまは、
   信頼できる方にお預けになって、単身でご参加ください。

9/8(日)大森サロンへのお申し込みは、
こちらの専用フォームから☆★8/12受付開始!
折り返し、メールでご連絡させていただきます♪

★お問合せ:wms城南チームまでメールでお願いします。

ワーキングマザーサロン城南(大田・品川・港・川崎)で活動しています!
 第1回:6/23(日)大森<開催報告です>
 第2回:7/7(日)川崎<開催報告です>
 第3回:7/28(日)大森<開催報告です>
 第4回:8/18(日)川崎<お申し込み受付中☆>
8/24 土 五反田 <お申し込み受付中☆>
 第5回:9/8(日)大森<お申し込みフォーム>
  詳細はワーキングマザーサロンの公式ブログでご確認くださいね☆

【文責:萱沼道子】

2013年08月08日

【開催報告】7/27 第2回西東京サロン@柳沢公民館、開催しました!

こんにちは。西東京サロンのサポーターをしております、若林美保です。
人口19万人の西東京市から3年連続ファシリテーターが誕生し、今年度もサロンを開催。
毎年できるってすごいことですよね!
私もサポーター活動3年目となりました。

少し前に西東京チームの紹介文を依頼され、「NECワーキングマザーサロン・メールレター」に掲載されたものを、編集部の了解を得てご紹介します。

Q:チームにサブタイトルをつけるとしたら?
A:「思いをひとつに!あったか舞台を創る、西東京チーム」


Q:その理由は?
A:ファシリテーターのがーこちゃんは、
フリップを見せるのに紙芝居の「舞台」を使います。
(これです↓)


P1030732.JPG

がーこちゃんのあったかいファシリテーションによって
主役である参加者のみなさんがリラックスして自由に言葉を紡げるよう、
サポーターひとりひとりが舞台づくりをしている気持ちで運営しています。
そんな西東京サロンに、ぜひいらしてください★


今年度はこの9人でお待ちしております!(私は後列一番右です)

1044790_391329777644067_2135264703_n.jpg

さて、ご報告が遅れましたが、7/27には第2回目の西東京サロンを開催しました。
赤ちゃん連れの方が3人。市外からの方もいらっしゃいました。
みなさん、お暑いなかありがとうございました。

2人組のシェアリングの辺りから、雰囲気がぐっと和やかになってきました。

P1030737.JPG

全体シェアリングでは、産後間もない方が多かったこともあり、パートナーシップの話題が熱かったです。
はたらくことを考える上では、パートナーシップは避けて通れないですよね。

・「育児を『手伝う』」という言葉は、パートナーに当事者意識がないのでは。子育ては2人でするもの。

・どちらかが我慢していると、子どもがその対等ではないパートナーシップを見て育ってしまう。


また、
・父親は父性が芽生えるのが母親よりも遅いのでは?

という話から、パートナーの子どもへの関わり方についての話も。
うちではこんな風にしてるよ、とか、こんな声かけもいいよ、など。

私は産後もうすぐ6年になります。
6年も経てば産後の大変だった時期の記憶も薄れてきますが、
当時はこれがいつまで続くんだろう…と思いました。
夫の帰宅が深夜、実家も友人も近くにおらず、平日は一人きりの子育て。
マドレボニータの産後クラスには妊娠中から通っていました。
産後も通うことを目標にし、産後にも2クール通ったからこそ、心身の健康を保てていたんだな…と振り返って感じます。

当時は夫と会話する時間もなく、コミュニケーションが取れていませんでした。
でも、産後クラスに通いこのサロンと同じ「シェアリング」をし、パートナーシップを考えたことで、
「今はできていないけど、コミュニケーションを諦めないこと」は、心の根底にずっとあり続けた気がします。
そういう思いがあるかないかで、数年後の今の状況は違っていたのではないかな?と思います。

思いを伝え合う手段は「会話をすること」だけではないはず。
ふたりで一番いい方法を見つけていくのも、産後の楽しみのひとつなのかもしれません。

最後はみなさんで集合写真です。

P1030743.JPG

参加者のかたからサロン後に頂いたメールをご紹介します。

先日のWMSは、パートナーについて仕事について深く考えた時間でした。

夫婦のあり方や2人の子の母である私自身、仕事の両立・・・・・
自分の中で整理するきっかけができました。

ありがとうございました


サロンに参加したら答えがもらえる…?わけではありません。
色々な状況の方が集まって思いを話す、聴く。
自分に照らし合わせて考える、自分とは違うはたらきかたや価値観を知る…。
そんな時間の中で感じたことが、その後の自分自身の答えや選択につながっていくのではないでしょうか。
サロンはご自身の本当の気持ちを知ったり、整理したりするきっかけにもなりますね。

終了後数日、数ヶ月かけてじわじわと感じたり気持ちに変化が起きたりするのも、サロンのいいところです!

西東京サロン、8月も開催します。今年度初めての保谷開催です!
保谷駅前なので、西武池袋線沿線の方もぜひいらしてくださいね。
残席少なくなってきましたのでお早めに!

【今後のサロンのご案内】

◆8月24日(土)10:00〜12:00(残席4

西東京市保谷駅前公民館 (西武池袋線保谷駅南口直結)


アクセスはこちら


※2013年1月26日以降に生まれた赤ちゃんは同伴いただけます。

◆9月19日(木)10:00〜12:00

清瀬市コミュニティプラザひまわり 1F集会室(和室)


(協力:NPO法人ウイズアイ)

アクセスはこちら


※2013年2月21日以降に生まれた赤ちゃんは同伴いただけます。
※2013年2月20日以前に生まれた赤ちゃんは、別料金(2時間1000円)にて
託児がつけられます!託児希望の方はその旨お伝えください!

◆9月29日(日)10:00〜12:00

西東京市谷戸公民館 2F和室

(西武新宿線田無駅・西武池袋線ひばりヶ丘駅よりバス「谷戸小学校前」)


アクセスはこちら


※2013年3月3日以降に生まれた赤ちゃんは同伴いただけます。
※こちらは託児はありませんのでご注意ください。
 3月2日以前にお生まれのお子様は信頼できる方にお預けになってご参加くださいね。

●お申し込みはこちらの専用フォームから●


【参加費】500円(資料として「マドレ式ワーキングマザーの教科書」をお渡しします)

【連絡先】お気軽にお問い合わせくださいね。

 WMS西東京(担当:保坂・吉村)

 wms.nishitokyo@gmail.com


チームメンバー一同、サロンでお会いできるのを楽しみにしております!

(文責:西東京サロンサポーター 若林美保)

☆私の「ワーキングマザーサロンに参画する思い」☆サポーター・みっきーの場合

こんにちは。サポーターの岸香(のい)です。
のい.jpg
サロンも中盤にさしかかってきましたね。毎回いろいろな気づきがあり、
ますます盛り上がっている城北チームです。

今回は私が、ともに活動参画しているサポーターの駒崎美紀さん(みっきー)に、
「サロンに参画する想い」を聞いてきました!

みっきー1.jpg

−−現在は、2人目の育休中のみっきー。サロンに出会ったきっかけは?

 1人目の育休が終了する寸前、復職目前で、とにかく不安でした。
育休中、育児だけでこんなに時間がないのに、これで本当に働けるのだろうか?
両立できるのか?とても不安で、夫に相談し、友人にヒアリングして、
復職後の生活のスケジュールをたてたり、
夫と家事分担や民間のいろいろなサービスについて調べたりしました。
それだけでなく、やはり、同じようなワーキングマザーの生の声を聴きたい!
悩みを共有し、語る場に参加したい!という思いが強くなりました。
そんなとき、マドレボニータの産後クラスを受講した際に教えていただいた
このサロンを思い出し、“コレダーー!!”と思って参加したんです。

−−実際に参加して“コレダーー!!”という想いに間違いはなかったですか?
 
 むしろ参画すればするほど、場の重要性を感じ、ますます熱くなっています(笑)
初サロンの感想は、さまざまな働く女性が参加し、語り合い、
ママ友の雑談とは全然異なるのが、すごく新鮮でした!
復職について悩んでいたこともシェアし、いろいろなアドバイスを受けるとともに、
自分はどうしたいか考えることができて……。
育休中は、子ども中心の毎日で、会話もほとんど子どものことばかり。
児童館などが主催する集まりも、子どもの手遊びなど子ども中心のイベントばかりで、
一社会人として高めあうような、そんな場はなかなかありませんでした。

実は私は、1人目の産後4カ月でマドレボニータの産後クラスを受講。
シェアリングをした際に、
「自分が自分であることを忘れ、この子の母親としてだけ存在してしまっている自分」
気づいたんです。母親であることももちろん大事ですが、
その前に、「自分が一人の女性として、どうしたいか」を考えることが私には必要だと感じました。
復職後は復職後で、そこで生じた想いや悩みなどを語る場が必要ですし、
サロンのような場がまだまだ少ないし、社会的に必要だと強く感じました。

−−もともと、“人のためになるお仕事がしたい”と、公務員として働いていたみっきー。
“私“として語ることの重要性に気づいて、地域のネットワークづくりにもなるような
ワークショップの企画運営に携わるなど、積極的に場をつくる活動をするようになったとか。
ずばり、今回“サロンに参画した理由”は?

 
現在2人目の育休中ですが、育児が忙しい中でも、挑戦をしつづけたいと思いました。
その挑戦の一つが、このサロンのサポーターです。
自分自身、子育てしながら仕事をすることで、働き方への不安もさまざまで、
仕事と育児の両立だけでなく、昇進に対する不安などの壁にぶつかり、
それらを乗り越えるには、対話が必要だと感じています。
幼い子どもたちの育児をする時期は「本来自分がこうありたい」と思う姿を思い描いても、
“やれない、無理”とあきらめてしまいがち。
でも、子どもがいるからって、なりたい自分への自己実現を諦めるのはもったいないし、
それは違うと思う。
語る場は、そうした自己実現にむかう第一歩として、
行動を踏み出す場
であると思っています。
同じような境遇の方が、以前の私のように、このサロンで元気をもらい、
勇気づけられ、仕事や家庭でイキイキと自己実現できますように、そう思って参画しました!


−−私もサロンに出るたびに元気や勇気をもらっています♪
みっきー、ありがとうございました。サロンは11月まで続きます!
ぜひ興味のある方は足を運んでみてくださいね!


【文責:岸かおり(のい)】

≪連載≫☆私の「ワーキングマザーサロンに参画する思い」☆
第1回:ファシリテーター吉田紫磨子
第2回:オフィシャル・サポーター 竹下浩美
第3回:オフィシャル・サポーター遠山薫
第4回:オフィシャル・サポーター小野寺佳代子
第5回:オフィシャル・サポーター岸かおり
第6回:オフィシャル・サポーターみっきー
 続く...

≪開催スケジュール≫ワーキングマザーサロン城北(練馬、板橋、北区)
 第1回:6/9(日)赤羽<開催報告です>
 第2回:6/25(火)成増<開催報告です>
 第3回:7/2(火)練馬<開催報告です>
 第4回:7/13(土)赤羽<開催報告です>
 第5回:8/3(土)赤羽<開催しました>
 第6回:8/27(火)王子<定員になりました>
 第7回:9/3(火)練馬お申し込みフォーム
 第8回:9/14(土)赤羽お申し込みフォーム

 詳細はワーキングマザーサロンの公式ブログでご確認くださいね☆

2013年08月06日

☆西東京☆9月は19日清瀬市(託児あり!)、9月29日谷戸公民館にて!

こんにちは☆
今年度、WMS西東京のファシリテーターの保坂由希(ほさか ゆき)です。
保坂由希


西東京でサロンが開催されるのは今年で3年目に
なるのですが、
西東京チームでは「マメレ レガッテ」(ルーマニア語で
つながる母たちの意)というニューズレターを発行
しています。
mamerega.jpg

毎回、個性が光る☆読み応えのあるNLになってます!
最新のものはNO.7号で”サロンの魅力”について、
掲載させてもらっています。
サロンでお配りしておりますので、
サロンのご参加とあわせてこちらもぜひ要チェックでお願いします☆


そして、この度、清瀬市での開催に尽力してくれた西東京サポーターであり
チーム清瀬のタミーちゃんへのインタビューも収録。(BYサポーターみほちゃん)


そうです、9月には西東京市を飛び出して、
清瀬市で開催させていただきます!

そしてなんと、今回は平日開催ですが、きょん先生がクラスも持つ
NPO法人ウィズアイさんのご協力で
プロの託児をつけていただけます!


行きたかったけれど、お子さんが210日を過ぎてしまい、
機会を逃されている方、

今でしょ!

(わ、言いたかったけど、もう、下火かしら)

ぜひお申し込みお待ちしております。



また、西東京市でも市内キャラバン的に場所を変えて
開催中です。

谷戸公民館は和室のお部屋ですので、リラックスしながら、
みんなで語り合いましょう!

毎回、所変われば、人変われば、まったくトピックも変わる
ワーキングマザーサロン。
リピート参加もぜひお待ちしております!


【9月サロンのご案内】

◆9月19日(木)10:00〜12:00
場所 清瀬市コミュニティプラザひまわり 1F集会室(和室)
 
アクセスはこちら

※2013年2月21日以降に生まれた赤ちゃんは同伴いただけます。

※集中してお話したいという方、それ以降にお生まれの赤ちゃんも託児していただける、
 とのことですので、月齢にかかわらず、まず気軽にお尋ねください。

 (託児ご希望の方は一言の欄に託児希望である旨お書き添えください!
  wms.nishitokyo@gmail.comにお問い合わせいただいても結構です!)


◆9月29日(日)10:00〜12:00
場所 西東京市谷戸公民館 2F和室
 
 アクセスはこちら

※2013年3月3日以降に生まれた赤ちゃんは同伴いただけます。
※こちらは託児はありませんのでご注意ください。
 3月2日以前にお生まれのお子様は信頼できる方にお預けになってご参加くださいね。

お申し込みはこちらの専用フォームから

【参加費】500円(資料として「マドレ式ワーキングマザーの教科書」をお渡しします)

【お問い合わせ】お気軽にお問い合わせ下さい
 WMS西東京(担当:保坂)
wms.nishitokyo@gmail.com

(文責:保坂由希)

2013年08月05日

【9/14 土】桜木町(横浜市中区)にてサロンを開催します!

こんにちは。WMS横浜、ファシリテーターの相模です。
相模志乃

チーム横浜、第5回の開催地は「桜木町(野毛町)」です!

ワタクシ、第2子がお腹にいたころは、桜木町で働いておりました。

ランチでクイーンズスクエアへ行くと、観覧車が見えたりして、
「いつかこの子と一緒に乗るのかなー」などと考えたりしておりました。

また、桜木町には、そのお土地柄か、色んな国籍の方がいらっしゃいました。
色んな国籍の「はたらく母」も多く見かけました。

そして、桜木町は高層ビル/マンションの並ぶ都会的な街だけれど、
一方、駅の反対側、野毛町は「横浜の下町」を誇る、生粋の下町。
年齢層も幅広いな、と感じていました。

サロンを開催すると、どんな方がいらっしゃるのだろう?と
今からとても楽しみにしています。

サロンの醍醐味の一つは、「多様性」だと思っています。
色々な視点から「母となってはたらく」ことについて
みなさんとじっくり楽しく真剣に語り合いたいと思っています。

是非ご参加下さい!

☆NECワーキングマザーサロン@桜木町☆

◆日時:2013年9月14日(土)09:50〜11:50
◆会場:野毛地区センター 和室
   (JR桜木町駅 徒歩10分/京急日ノ出町駅 徒歩5分 )
◆参加費:500円
  (資料として『マドレ式・ワーキングマザーの教科書』をお渡しします)
◆参加対象
  「母となってはたらく」ことについて、考え、語りたい女性の方ならどなたでも!ご参加いただけます。
  育児休業中の方、専業主婦の方、ワーキングマザー、学生さん、
  結婚・妊娠・出産の経験がない方でも、どなたでも大歓迎です!
◆定員:10組
   2013年2月16日以降にお生まれの赤ちゃんは一緒にご参加いただけます。
   2013年2月15日までにお生まれのお子さまは、
   信頼できる方にお預けになって、単身でご参加ください。

☆お申し込みはこちらから☆
折り返し、メールでご連絡させていただきます。

☆お問合せ☆WMS横浜までメールでお願いします。お気軽にどうぞ〜

■ワーキングマザーサロン横浜で活動しています!■
 第3回:8/10(土)緑区長津田 <こちらも受付中★>
 第4回:8/29(木)千代田区九段下 <キャンセル待ちです>
 
【文責:相模 志乃】

2013年08月04日

【開催報告】7/28(日)大田区大森にて第3回サロン開催しました!

Junchan.jpg
こんにちは。 「ワーキングマザーサロン(以下WMS)品川・大田・川崎」チーム サポーターの益岡潤子です。

7月28日(日)にLuz大森で開催された第3回品川・大田・川崎サロンの様子をお伝えします。


Mio san.jpg
ファシリテーターは6月に2回目の職場復帰をしたばかりの司城みおさん。






私は昨年の育休中にマドレボニータの産後クラスやWMSに参加し、仕事、パートナー、子どもに対して自分がどうありたいか、考えるいい機会になりました。

昨年11月に職場復帰をし、娘も今や1才4カ月。ファシリテーターのみおさんのお役に少しでも立ちたくて今年はサポーターとして参加しています!

今回のサロンはうれしいことに満員御礼の10名参加、うち3名が赤ちゃん連れ、1名が妊婦の方。お住まいは品川区5名、大田区2名、港区2名、目黒区1名と、遠方からもご参加いただきました!すでに職場復帰をしているかたもいましたが、育休中なので今のうちに、子どもがいて働くということがどういうことか、職場復帰に向けてイメージづくりをしたい、と先を見越して準備をしておこうというかたが多かったです!

自己紹介や2人1組のペアワークでウォーミングアップをした後に全員で輪になりシェアリングをします。
omori_1.jpg

全体シェアリングでは

●みんなどうやってパートナーとの家事、育児の分担をしているの?

●パートナーに自発的に子育てに参加してほしいが、あまり積極的ではない

●育休中なので家事のほとんどを自分がやっているが、復帰した後もこの調子で家事をまかされるのではないか、、、

といった悩みが挙げられ、それに対して「うまく巻きこんで、まかせる」など、アドバイスや具体例がでました。また、夫婦で育児講座に参加したかたの話があり、その講座でパートナー達が今子育てに参加していないと熟年離婚につながると言われていた、と話した瞬間赤ちゃんが泣きだしてしまい、みんなで大笑いするハプニングも(笑)

さまざまな話が出た後に、最後には「伝えきれていないことが多いと気付いたのでさっそく帰ったらパートナーと話す機会を作りたい」「うまくパートナーを巻き込んで自発的に子育てに参加してもらえるようにしたい」と前向きな発言が多く出ました。この「伝える」「巻き込む」がキーワードのようです!

またすでに職場復帰をされた参加者のひとりから「子育ては思い通りにならない、ということが仕事にプラスに働いた。時間に余裕を持っておくことや、人それぞれ大事にしたいことが違うと気付いたことが大きかった」という印象深い話が。子育てをしながら働くことでマイナス面が取り上げられがちだけど、より柔軟な働き方ができ、相手が何を欲しているか察する力もつくのは、子を持つ女性ならでは。その上でもっと自分がしたい働き方を主張していいんですよね。私にとって新しい気付きでした!

omori_2.jpg

輪の外で話を聞きながら思ったのは、みんなはパートナーとよりよい関係を築きたいからこういう場に来ているのだなということ。1人で考えていても悶々としてしまいがちですが、漠然とした不安を箇条書きにして書いてみるだけでも何に対して不安なのか、それを解消するには何をしなくちゃいけないのか、が見えてきます。大切なのはよくワイドショーなどで取り上げられるような「夫をうまく使うコツ」みたいな小手先のテクニックではなく、いつも対話をしようと心がけることや、パートナーと子どもと一緒にこうありたいという未来を思い描いていることなのかな、と思いました。そして専業主婦を選んでも仕事を選んでも「自分がどうしたいか」、を常に考えておくことはやっぱり大事!サロンに参加すると、忙しい毎日で忘れそうになることを再度思い起こさせてくれます。

ちなみに今回私は受付担当で、輪の中に入っていないので、赤ちゃん連れのかたがメモを取る時などに、ちょっとの間赤ちゃんを抱っこさせてもらいました。4カ月の赤ちゃん、懐かしくうれしく、これもサポーターの特権だなぁ〜なんて思ってしまいました。

サロン後のランチは大盛り上がりをみせ、みなさん連絡先を交換し、職場が近い方同士が平日ランチ会を企画するなど、ネットワーキングがさかんに行われていました。ご参加されたみなさま、ありがとうございました!
Omori_3.jpg
サロンは12月1日まで各地で開催中です!

「母となってはたらく」を語りたい人ならどなたでも参加できます!

大田・品川・川崎チームの第4回目となる次回のサロンは8月18日(日)、川崎市産業振興会館にて開催!ラゾーナ川崎プラザの隣なのでサロンの後にお買い物も楽しめますよ〜!

詳細はこちら

【文責:益岡潤子】

◆城南地区のサロン開催予定◆(WMS品川・港/WMS品川・大田・川崎)
8/18 日 0945-1145 川崎市川崎(川崎市産業振興会館)
8/24 土 0945-1145 品川区五反田(大崎第一区民集会所)
9/08 日 0945-1145 大田区大森(luz大森・入新井集会所)