CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2012年08月 | Main | 2012年10月»
プロフィール

WMSプロジェクトさんの画像
WMSプロジェクト
プロフィール
ブログ
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2012年09月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
リンク集
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/wms/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/wms/index2_0.xml
【WMS板橋・荒川】9/8荒川サロン開催報告 [2012年09月30日(Sun)]
こんにちは。
WNS板橋・荒川サポーターの江口佳織です。

秋の訪れがなかなか感じられないですが
日が短くなったり、台風台風が来たり・・・と着実に
季節が移り変わっているようですね。

そんな残暑厳しい9月初旬に実施されました
9月8日の荒川サロンのレポートです。

0908 syugo.jpg

今回の荒川サロンには7名の方に参加いただきました。
「地元(や近所)での開催だったので来ました」と
行ってくださる方が多く、先月も感動しましたが
今回も地元で開催できたことを嬉しく思いましたわーい(嬉しい顔)

0908 saron.jpg

今回のサロンは、みんなが熱く語る、というよりは
それぞれが静かに、丁寧に言葉を紡いでいく
サロンだったように感じました。

・仕事をやめようか、続けようか迷ったこと
・元の仕事に戻りたかったけど、戻れなかったこと
・パートナーの海外転勤がほぼ確実で、自分はどうしようかと迷っていること
・パートナーが単身赴任中で、平日は母子家庭状態
 それでも、第2子を持とうと決意したこと
・自分だけががんばるだけでは上手くいかない仕事もあること
・自分が母となって、改めて自分の母に対して思ったこと

などなど・・・。

それぞれの話や意見に対して、
「私もそう思う」「私はこんな風にしているよ」
など、それぞれの意見を尊重しつつも
自分の思い・考えを出していく・・・なんとも大人な時間が流れていきました。

参加者の方の感想にもありましたが、
サロンの参加者の皆さんの言葉が力強いのは、
皆さんが真剣に「母となって働く」について考え、
実際に社会で母という立場から直面する困難に対し
もがきながらも対応しているからだと思います。


それを自分のなかで留めているのは勿体無い。
言葉にして分かち合うだけで、たくさんの勇気と元気がもらえます。


このサロンで本当にいい時間が過ごせたな、と思いました。

今年度、地元でサロンが開催できて本当に嬉しかったです。
ファシリテーターの宇佐美さん、出張ありがとうございましたexclamation×2

0908 usami.jpg

これからもワーキングマザー人生は続いていくので
また違うステージでサロンに参加できることを楽しみにしていますかわいい

今年度のサロンもあと2ヶ月を残すのみ!
百聞は一見にしかず!
気になる方はぜひご参加くださいねるんるん


(文責:WMS板橋・荒川 サポーター 江口佳織)

=================================
◆◆NECワーキングマザーサロン@板橋◆◆

●日時:10月13日(土) 10:00-12:00
●場所:志村坂上地域センター(板橋区小豆沢2丁目19番15号)
 →アクセス:都営三田線「志村坂上」下車1分
【地図】soon こちらでご確認ください


板橋サロン唯一の「土曜日」開催となります。

●日時:11月12日(月) 10:00-12:00

●場所:成増アクト -和室-(板橋区成増3-11-3)
 →アクセス:東武東上線成増駅 徒歩1分、有楽町線成増駅徒歩3分 
【地図】soon こちらでご確認ください
*11月サロンは9月18日受付開始致します。

●参加費:500円(テキスト『マドレ式・ワーキングマザーの教科書』をお渡しします)

●定員:10名
 *10月(志村サロン):2012年3月17日以降生まれの赤ちゃんはご同伴頂けます。
 *11月(成増サロン):2012年4月16日以降生まれの赤ちゃんはご同伴頂けます。
  それ以外の日に生まれた赤ちゃんは、信頼できる方に預けて単身でお越しください。


【お申込み】soon こちらから

【お問合せ】<板橋・荒川サロン>に関するお問い合わせは↓こちらまで
WMS板橋 wms.wakuwakupro@gmail.com


==============================


【WMS西東京】9/30 第5回西東京サロン@田無公民館、開催報告★ [2012年09月30日(Sun)]
こんにちは!西東京サロンサポーターをしております、太田智子です。
nishitokyo_ohta.jpg


本日9月30日(日)、台風17号が関東地方に接近中でしたが、
第5回西東京サロンを無事開催することができましたぴかぴか(新しい)

ちなみに、前日夜にご参加者全員に、明日5時発表の天気予報を元に開催するかどうかを判断してご連絡します、というご案内をしておりました。
15時過ぎより天候が悪化するという予報でしたので、サロンは開催、サロン後のランチ会は中止という判断をいたしました。

西東京サロンといえば…
チームメンバー8人みんなで作り上げるニューズレター「マメレ・レガッテ」が有名
(って自ら言っちゃいましたが…。「え、そうなのexclamation&question」という方、ぜひ今からお見知りおきを〜ひらめき)。

nishitokyo0930_1.jpg


その最新号、第6号が今回のサロンからお目見えですー。
今回は増ページバーション、A3表裏にみっちりの内容を2回折ってA5サイズにしております。
ちなみに今回の編集長は第2子育休中のがーこちゃんこと保坂由希さんでするんるん

なお、来月10(土)・11(日)の「西東京市民まつり」にもチームメンバーが「マドレボニータ西東京チーム」としてブース出展exclamation
マメレ・レガッテをバックナンバー含めて配布しますので、
ぜひお近くの方は遊びに来てくださいねぴかぴか(新しい)

***

さて今回のサロンのご参加者は7名、うち赤ちゃん連れは2名でした。
開始前から赤ちゃんを囲み会話が弾みます。

まずはサロンについてのご説明、「美しい姿勢」をみんなでつくり、
進行役こんまりちゃんの自己紹介と、みなさんの10秒自己紹介。

nishitokyo0930_2.jpg


「Good & New」で、「24時間以内あったよかったことを書き出します」と最初聞いた時には
えーそんないいことあったかなあせあせ(飛び散る汗)という表情だったみなさんですが、
ただ箇条書きで書き出すのではない「しかけ」を使って、いろいろ思い出していただくことができました。

続く2人組での「シェアリング」で、いよいよ今日のテーマ「母となってはたらく」について語り始めます。
「人生」「仕事」「パートナーシップ」から1つ選んで、自分の心の中に思いついたことをとにかく言葉にする3分間。
自分の発した言葉にも、相手の話にも、いろんな発見があります。

nishitokyo0930_3.jpg


そしていよいよ最後は時間の許す限り全体で想いを分かち合う「全体シェアリング」の時間。

・ワークライフバランスに悩むのは女性だけ?男性はどう思っているんだろう?
・パートナーと「話し合い」ってできてる?
・自分も仕事をするには、パートナーの支えが不可欠だけど…。

・家事を女性が抱え込みすぎていないか?自分のやりたいことということを、まずは自分の中で決めて、だから家事のこの部分がまわらなくなる、一緒にどうすればいいか考えてほしい…とパートナーに伝えて行ければいいのでは。

・いずれ再び社会に出てはたらきたいと思っている。でも数年後、子どもが学校に入った時にいざ仕事があるかどうか不安。妊娠中まではたらいていたので、仕事がもたらす生きがいややりがいを覚えているので、またそんな生きがいを持てたらいいな。


などと、話が途切れることなくいろいろな話が出ました。

2人目の育休中の方2人が、
「2人目が産まれてからのほうが大変なはずだけど、心の余裕もある気がする。パートナーのサポートも1人目のときよりあるかも…」と口を揃えていらっしゃいましたが、
これは2人目だと自然にそうなる…ということではなく、相当なコミュニケーションの努力があったのでは?と思います。

途中こんまりちゃんが言っていた、
「母となって時間的な制約など狭まったところもあるし、自分がやりたいというだけでは決められないことも多い。でも、育休中にたくさんの母仲間に出会って、組織に属してお金をもらって仕事するだけが『はたらく』ではないということを知ったり、世界が広がった部分もある。その世界をもっと広げて行きたいからサロンをやっているのかな」
という言葉が印象的でした。

nishitokyo0930_4.jpg


また、「仕事じゃない『はたらく』でやってみたいことってありますか?」
とこんまりちゃんが投げかけていたのですが、
みなさん、どんなことをやってみたいですか?

あっという間の2時間、「もっと話したいー!」という声も聞かれました。
残念なことにランチ会も中止となってしまったのですが、
お天気も多少持ちそうだったので、会場での交流の時間を少し長めに取ることができました。
ぜひぜひ今後もつながっていけるといいですよね★

nishitokyo0930_5.jpg


さて、明日からは10月。
今年度のワーキングマザーサロンも残すところあと2か月となってしまいました。

西東京サロンもあと2回です。
毎年終盤は多数のお申し込みをいただき、早々と満席になってしまうケースがございます。
ぜひお早めにお申し込みくださいませ!

<西東京第6回サロン>
●10/28(日)10:00-12:00/谷戸公民館 

アクセス:西武新宿線田無駅/西武池袋線ひばりが丘駅からバス「谷戸小学校」下車すぐ
地図はコチラから。
2012年4月1日以降に生まれた赤ちゃんは同伴いただけます。
2012年3月31日までに生まれた赤ちゃんは、信頼できる方にお預けになって単身でご参加ください。


<西東京第7回サロン>西東京での今年度最終サロンです!
●11/18(日)10:00-12:00/田無公民館 
アクセス:西武新宿線田無駅南口より徒歩3分
地図はコチラから。
2012年4月22日以降に生まれた赤ちゃんは同伴いただけます。
2012年4月21日までに生まれた赤ちゃんは、信頼できる方にお預けになって単身でご参加ください。

【定員】 各回10組
【参加費】500円(資料として「マドレ式ワーキングマザーの教科書」をお渡しします)

【お申込み】
こちらの専用フォームよりお申し込み下さい

【お問い合わせ】お気軽にお問い合わせ下さい
WMS西東京(担当:近藤・太田)
wms.nishitokyo@gmail.com

(文責:WMS西東京サポーター 太田智子)
[WMS横須賀]9/27横須賀サロン開催しました!~次回は10/25(木) [2012年09月29日(Sat)]
こんにちは!
横須賀サロンサポーターの吉竹雅子です。
自己紹介ーマドレブログ

いよいよ10月、衣替えの季節ですね〜。
寒暖の差があり着るものに迷う時期でもありますが..
そして、運動会シーズン到来!
我が家も小学校、幼稚園の運動会ふたつを控え、
とても楽しみな今日この頃です☆

さて、先日9月27日には
4回目の横須賀サロンが開催されました!
CIMG3308.JPG

CIMG3309.JPG

CIMG3304.JPG

今回のご参加者は3名。
専業主婦の方、大学院生、取材を兼ねてご参加の新聞記者の方、と、
年齢も立場も様々でしたが、じっくりとお互いの話に耳を傾けながら、
深く語り合える充実のサロンとなりました。

ファシリテーターの木浪ひとみさんはサロン終了後、

「私も退職後5年間専業主婦だったので、
 ご出産を機に退職された方の『社会とのつながりを持ち続けたい』
 という想いには、とても共感できた。
 
 学生の方は前向きに、女性としての人生を考えてご参加されていましたが、
 私は学生時代、こういうことを考えるきっかけすらなかった。
 今こうやって参加して、色々考えていることは、
 すごく意味のあることだと思う。これからも色々伝えていってほしい!
 こういう学生さんとの出会い、とても新鮮で、良かった。
 お二人とも、とても応援したくなりました。」

と話されていました。


CIMG3306.JPG
恒例のストレッチ。「カラダのことでは黙っていられないのよ〜」という
サポーターの岡田令子さん
(マドレボニータの産後セルフケアインストラクターでもあります☆)
プロのリードにのって上半身をスッキリさせてから、
後半、全員での語り合いに臨みました。


途中、記者の方からの「子どもとずっと家にいると、そんなに行き詰まるものですか?」との質問に、
参加者が皆「はい!!」と、声を揃えて言い切る場面も

サロンならではの、参加者の本音の発言を受けつつ、
翌28日には、新聞を通して今回のサロンを社会に発信していただきました!
横須賀・9-27神奈川新聞.jpg
詳細はこちらでお読みいただけます。

9月27日サロン集合写真.JPG
終了後はこの笑顔☆素敵ですね!

今年度もサロン開催は11月まで、あと2回となりました。
10月は25日(木)に開催いたします!(お申込みは10/1(月)〜)
本音で「母となってはたらく」を語り合ってみませんか。

みなさまのご参加を楽しみにお待ちしております!

【第5回 ワーキングマザーサロン横須賀】

●日時:10月25日(木)10:30〜12:30

●会場:ヴェルクよこすか(勤労福祉会館)5階 第1和室(横須賀市日の出町1−5)
→アクセス:京浜急行 横須賀中央駅東口から徒歩5分
【地図】コチラでご確認ください

wmsyksk.jpg
(こちらは会場入り口です。)

●定員:10組
*2012年3月29日以降に生まれた赤ちゃんは、ご同伴頂けます。
 2012年3月28日までに生まれた赤ちゃんは、信頼できる方に預けて、
 単身でお越しください。

●参加費:500円(『マドレ式ワーキングマザーの教科書』をお渡しします)


【お申し込み】
コチラの専用フォームからお申し込みください。★10月1日よりお受付開始
→折り返し、ご案内をメールにてお送りいたします。

【お問合せ】WMS横須賀 wms.yokosuka@gmail.com まで


横須賀チーム一同、みなさまとサロンで語り合えることを楽しみにしております!

(文責:吉竹雅子)
次回、岩手の開催は釜石です。 [2012年09月29日(Sat)]
岩手県での開催は盛岡から沿岸地区に会場を移しまして開催いたします。

10/15(月)11/5(月)は東日本大震災の被災地でもある釜石で予定しています。


@10月15日(月)
A 11月5日(月) 
10:45-12:45
@ とA 両方でも、どちらかだけでも参加可能です。

【会場】 平田第6仮設 談話室

     釜石市平田5−34−5  平田第6仮設団地24−5



【対象】 育児 休業中の方、いずれ再就職したい方、

     専業主婦、ワーキングマザーなど、職業に関わらず

「子育てをしながら働く」ことについて考えたい方なら

どなたでも。学生さんや妊娠中・未妊娠の方も歓迎!

※赤ちゃんの同伴について

生後210日までの赤ちゃんは一緒にご参加いただ けます。

@ 2012年3月19日以降生まれの赤ちゃん は同伴できます。

A 2012年4月9日以降生まれの赤ちゃんは 同伴できます。

【資 料代】 500 円
(資料として『マド レ式ワーキングマザーの教科書』をお渡しします。A5 判全80頁)

【定員】 10名  (定員になり次第締め切ります)

【お申し込み先】 (NPO法人マドレボ ニータのHP)

http://madrebonita.com上記サイトよりお申し込みください(携帯からも可能です)

折り返し、詳細のご案内をお送りします。

直接 ママハウス にて申込用紙に記入することもできます。

~釜石でのサロンは託児もございます~
【託児申込み】 ママハウスまで
【託児締切】 @10月6日(土)  A10月27日(土)


【お問い合わせ先】マ マハウス 電 話&Fax:0193-55-5422
 email :mamahouse_heita@yahoo.co.jp

WMS盛岡事 務局 wms.iwate.sora.2011@gmail.com


(文責:野田綾)

@盛岡第四回目 [2012年09月29日(Sat)]
【開催報告】9/8 第4回盛岡サロン


こんにちは!盛岡サポーターの高橋佳奈です。

わーい(嬉しい顔)ハートたち(複数ハート)
やーっと秋らしくなってきましたね。
食欲の秋、アートの秋、スポーツの秋・・・秋っていいな〜ひらめき

四季を感じられるってしあわせ♪
カラダいっぱいで秋をかんじたいなー!ぴかぴか(新しい)
そんな今日このごろ。
揺れるハート揺れるハート揺れるハート揺れるハート
さて、先日行われた第4回盛岡サロンのご報告です。
盛岡では最終回となったサロン(10・11月は釜石市で予定しています)。

サロン翌日に産後ケア講座もあるということで(盛岡初開催!)竹下浩美インストラクターがサ ポートに来てくださいました。
気さくで笑顔がステキなお方ハート(トランプ) 
◎産後クラスの詳細はコチラ  →(竹下インストラクターのブログ★

今回、何よりうれしかったのは、リピーターさんがお友達を誘って参加してくださったことです!
つないでくださったその想いがとっても嬉しかったな〜わーい(嬉しい顔)

今年、ファシリテーターの悦子さんから、綾さんにバトンタッチした盛岡サロン。
1年目は四苦八苦したけれど、ふらふら2年目はいろんなものが見えてきた。目

こうして、「サロンっていいよね」「必要だよね」って思って下さる方々がいる☆
続けることって大事、サポーター続けてよかったぁ〜って思いました。グッド(上向き矢印)

黒ハート仲間がいるから続けられてるんですよね。
一人だと辛いことも、仲間と分け合えば辛くない。黒ハート

信頼してヘルプーミー!って言ってみる。
仲間が大変なときは手伝おっか?って手を差しのべる。
これって家庭も仕事も子育ても、一緒だな。


さてさてさて。
今回のサロンは涙からスタートでした。もうやだ〜(悲しい顔)


ご本人も「あれ?なんで泣いてるんだろう」って驚いた様子。
話すとドンドン湧き出て来る気持ち。

心のデトックスなんでしょうか。
言葉にするって、本当に大事ですね。

私も最近ずっとモヤモヤを抱えていましたが、サロンで想いを言葉にする中で、やっぱり泣きそうになる 自分がいて。

でも、慌ただしい毎日。
気づかないうちに心にフタをしていて、悲しいツライ泣きたい気持ちにも気づかないことってあるから、 そんな自分に出逢えただけで大 収穫。
想いを聴いてくださった皆さんがいるからこそ出逢えた自分でした。

そして、今回の全体シェアリングで印象的だった言葉。

★(子育てと仕事のバランスをとるのって難しいという声に)バランスが崩れたら、そのときに 修正すれ ばいいんじゃないかな。

→目からウロコの一言でした。
なんてシンプルで当たり前なのに、気付かなかったんだろう!
曖昧に心の中にあったものが、ハッキリ言葉になって、ズキュンと心に響きました。

先のことをあーだこーだと考えても仕方ない。
計画性も大事だけど、「ああ、自分は“今”を精一杯生きたいな」って思いました。

後で後悔することもあるかもしれないけど、「私が決めた、選んだ」という自信が前へ進む力をくれる気 がする。
これって「自分がどうありたいか?」につながってるんですね。

7月に開催した3回目のサロンとまたリンクするところもあり、面白く感じました。
(3回目サロンレポ参照http://blog.canpan.info/wms/archive/844


そして、前回も出てきたこの話題。

★独身時代は自分のやりたいことを「夢」って言えるのに、どうして家庭を持つと「エゴ」に変わっちゃ うんだろう?

→これは、もちろん全てがエゴになってしまうわけではないですが・・・
周囲でそういう風に見る人もいるかもしれないし、なにより自分自身が後ろめたい、申し訳ない気持ちに なってしまうんですよね。

自分の好きなことをやりたい気持ち。
でも、それと同じくらい家族を大切にしたい気持ち。

仕事だったり趣味だったり、好きなことを追い求めることで、誰かを犠牲にしなければいけないときもあ る。
「犠牲」って言葉にするとちょっと重いですが。。。

ファシリテーターの綾さんから、★の言葉を投げかけられたとき、みんな「うーん、どうしてだろ う?」って答えは出ませんでした。

そして、ちょっと時間を置いてから「しょうがないよね」って 他の方からポロリンと。

・・・って言っても、諦めじゃなくて納得した上で、プラスに作用する方の「しょうがない」。

周りがどう見ているかはさて置いて・・・
私自身は、どんなことであれ自分で選んで、納得すればいいのかな、と思います。
ときには選ぶこともできずどうにもならないこともありますが、これが今の最善!と思うかな。

迷っている姿や申し訳ない気持ちで家族を不安にさせるより、自信を持って「かぁちゃんこうだよ」って 姿を見てもらいたい。
申し訳ないと思うこともあるけど「こんな私だけどさ、一緒にがんばろうね!」って言えたらいいなぁ。

あ〜〜〜ちょうど、そんなことを考えさせられる今日でした。
家族の気持ちに寄り添いながら、でも現実も上手く伝えながら前に進んでいきたいな。

なんつって、何だか私の決意表明みたいになっちゃいましたが!!

皆さんは「夢」と「エゴ」どう思われますか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


4回目のサロンも無事終了!
10/15(月)、11/5(月)は東日本大震災の被災地でもある釜石で予定しています。


@10月15日(月)

A 11月5日(月)10:45-12:45

@ とA 両方でも、どちらかだけでも参加可能です。

【会場】 平田第6仮設 談話室

釜石市平田5−34−5  平田第6仮設団地24−5



【対象】 育児 休業中の方、いずれ再就職したい方、

専業主婦、ワーキングマザーなど、職業に関わらず

「子育てをしながら働く」ことについて考えたい方なら

どなたでも。学生さんや妊娠中・未妊娠の方も歓迎!

※赤ちゃんの同伴について

生後210日までの赤ちゃんは一緒にご参加いただ けます。

@ 2012年3月19日以降生まれの赤ちゃん は同伴できます。

A 2012年4月9日以降生まれの赤ちゃんは 同伴できます。

【資 料代】 500 円(資料として『マド レ式ワーキングマザーの教科書』をお渡しします。A5 判全80頁)

【定員】 10名  (定員になり次第締め切ります)

【託児申込み】 ママハウスまで

【託児締切】 @10月6日(土)  A10月27日(土)



【お申し込み先】 (NPO法人マドレボ ニータのHP)

http://madrebonita.com上記サイトよりお申し込みください(携帯からも可能です)

折り返し、詳細のご案内をお送りします。

直接 ママハウス にて申込用紙に記入することもできます。



【お問い合わせ先】マ マハウス 電 話&Fax:0193-55-5422
 email :mamahouse_heita@yahoo.co.jp

WMS盛岡事 務局 wms.iwate.sora.2011@gmail.com





ぜひご参加ください☆



(文責:サポーター高橋 佳奈)

9月19日豊田サロン開催しました! [2012年09月29日(Sat)]
こんにちは 東海地区サポーターの有子姐さんこと神谷有子です。
0919-4.jpg

さて、まだまだ暑い9月19日に豊田市でワーキングマザーサロンが行われました。
今回はファシリテーターのいくちゃんとサポーターの私の二人体制で、なかなかバタバタしましたが、なんとか無事に終了することができました。

こちらは終わった後の集合写真☆ みなさん素敵な笑顔ですねー!

0919-7.jpg

今回は7名の参加者と4名の赤ちゃんで、楽しく熱く語りました。
私も久々にサロンに入り、グッド&ニューやシェアリングをさせて頂き、普段サポーターとしてなかなかしゃべれないうっぷん(笑)を大いに発散してきました(#^.^#)
0919-2.jpg

0919-6.jpg

全体シェアリングでは、
いろいろな所で自分が必要とされている存在意義はあり、うれしい気持ちもあるけど
仕事も家庭も100%でいられるのは難しい。

お互いの実家が遠くサポートがいない。子供と二人でいると世界から孤立してしまっているように感じてしまい、働かないと!とあせりを感じる。

まだ復帰してないので何も考えられない。子育てがこんなに思い通りにならないとは思わなかった! 

育児休暇をとってのキャリアアップはとても難しい…後輩に抜かれていくのも嫌だ。いっそ辞めてしまおうかとも思ったが、辞める勇気もない。

など切実な意見がたくさん発言されました。

0919-5.jpg

そんな中、5年間続けた会社を辞め、今はとりあえず専業主婦になった方からこんな意見がありました。

自分は会社を辞めるときとても勇気がいり2年もかかった。それまでは給料も貰えるし、やりたいことも色々できたが、子供ができて現状の仕事を続けるのが難しく退職という道を選ばざるを得なかった。悩みもしたし、積み上げたものもたくさんあったけど、いったん全部フリーにしたら、他にも色々選べることがあるという事に気づいた。今の自分を見つめなおすきっかけにもなった。

このご意見に参加者みんなで<なるほどー!>となり、
それからは

子供の成長に合わせて働き方を考えたい。
自分自身を楽しむこと、人生を楽しむこと、
それが仕事につながる。
いろいろな意味でリスタートも必要だと思う。


と、意見がどんどん飛びだし、あっという間にサロンの終了時間がきてしてしまいました。

参加していただいた皆さんの感想は

なんだか前向きな気持ちになれた
フレキシブルに対応することも大切
参加してよかった 明るい気分になった


などなど、前向きな意見を述べていただき、
私自身も多くの気付きがあった充実のサロンでした♪

0919-3.jpg

振り返りのときもいくちゃんと、今日のサロンはスッキリで後味よかったねー!と
思わす美味しいケーキを食べてしまう私たちなのでした!


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今年度も残すところ、あと2回です!
10月と11月の豊田サロンも受付中です〜〜〜☆

詳細はこちらのページをご覧ください!!

みなさまのご参加をお待ちしています晴れ晴れ


(文責:神谷有子)
【WMS板橋・荒川】ワーキングマザーサロンのココロ。 [2012年09月28日(Fri)]
こんにちは!WMS板橋・荒川チームサポーターの荒木(アラーキー)です。
昨年、一昨年と仙台やサイタマの越谷でファシリテーターをさせていただきました☆

な・の・に、なぜ、板橋・荒川チーム?と思われるかもしれませんね。
これには深いお話がある訳ですが、その一つに
ファシリテーターのかのさんこと宇佐美香乃子さんと私の
共通点に【マラソン】があったからなんです。
とはいえ、二人とも東京マラソンの抽選には落選あせあせ(飛び散る汗)・・・
私は他で走れるところがないか、検討中です。

さて、前置きが長過ぎましたが、このプロジェクトも残り2ヶ月となりました。
私がサポーターを志した理由の一つに「地元・新浦安での出張開催」がありました。
が、諸事情により次年度以降の夢につなげることにしました。
主に会場確保に苦戦したからですが、公民館の担当の方(男性)が
熱心にこのプロジェクトのこと、マドレボニータのことを聞いてくれて、
これは一歩前に進んだと考えていいのかも、とポジティブに捉えています。

ぴかぴか(新しい)千里の道も一歩からぴかぴか(新しい)
マラソンもこういうプロジェクトも、パートナーとの関係も
子育ても、仕事もみんな共通して言えることだと思います。
だれもがその初日を経験している、と思います。
何年たっても、いつも順調ってわけではなく、悩むことだってあります。

このサロンのココロ、醍醐味は「いつも順調じゃない」ってことも前提で、
だからといって「じゃ、こうするといいよ」という方法(論)を共有するのではなく、
その場にいるみんなでそれぞれに感じていることに向き合い、それを共有する
そんなプロジェクトです。

何事も「ノウハウ」だけじゃ乗り越えられないこと沢山あります。
子育ては特に「ノウハウ」にこだわっちゃうと「〜べき」という
考え方に支配されがちではないでしょうか?

そこを「なぜ私はそうするのか」「「私」はどうしたい、どうなりたい?」
自分自身や他の参加者とともに思いを共有していきます。

初めての方も、リピーターの方もぜひお越しくださいませ。
同じサロンは一つとしてありません。
ぜひぜひその「ココロ」を肌で感じていただきたいと思います。
=================================
◆◆NECワーキングマザーサロン@板橋◆◆

●日時:10月13日(土) 10:00-12:00
●場所:志村坂上地域センター(板橋区小豆沢2丁目19番15号)
 →アクセス:都営三田線「志村坂上」下車1分
【地図】soon こちらでご確認ください


板橋サロン唯一の「土曜日」開催となります。

●日時:11月12日(月) 10:00-12:00

●場所:成増アクト -和室-(板橋区成増3-11-3)
 →アクセス:東武東上線成増駅 徒歩1分、有楽町線成増駅徒歩3分 
【地図】soon こちらでご確認ください
*11月サロンは9月18日受付開始致します。

●参加費:500円(テキスト『マドレ式・ワーキングマザーの教科書』をお渡しします)

●定員:10名
 *10月(志村サロン):2012年3月17日以降生まれの赤ちゃんはご同伴頂けます。
 *11月(成増サロン):2012年4月16日以降生まれの赤ちゃんはご同伴頂けます。
  それ以外の日に生まれた赤ちゃんは、信頼できる方に預けて単身でお越しください。


【お申込み】soon こちらから

【お問合せ】<板橋・荒川サロン>に関するお問い合わせは↓こちらまで
WMS板橋 wms.wakuwakupro@gmail.com


==============================


【WMS茨城・栃木】仕事の価値は誰が何を基準に決めている?『つくばサロン開催』 [2012年09月27日(Thu)]
こんにちは!
キタカンイーストサイドチーム、サポーターの佐藤直子です。
9月に栃木県初のマドレボニータの産後セルフケアインストラクターとして
デビューしました手(チョキ)

サロン用.jpg

さて、9月25日(火)『NECワーキングマザーサロン@つくば市』
サポーター+一参加者として参加するために行って来ました。

人生初つくば市!
お約束通り(!?)高速道路のJCTで間違え
いったん水戸に行ってから、戻ってつくばに到着しました
JCTで、『え?東京方面?いわき方面?どっち?』と一瞬混乱し
そりゃ茨城は北関東だからいわき方面でしょ〜!と思ったら
違ったっていう。。。 ただ単に私の地理感覚のなさですね。

そんな私のイタイ話はさておき、
このつくば市サロンのファシリテーター(進行役)は
よっしこと大木佳子さん

100-02ookiyoshiko.jpg

今回のご参加者は全て単身でご参加された5名の方たち。
9月22日掲載の『常陽リビング』に掲載された記事をご覧になって
当日来て下さった方も!

こんなに安心して本音を言える場。
これはよっしの人柄なんでしょうね。よっしが自己紹介をすると
皆さん安心した表情をされ、リラックスされていました。

参加者同士自己紹介した後は、『GOOD&NEW』というワークで
ウォーミングアップ。
その後はマインドマップの手法を使って、まずは自分と向きあい
それを2人組になってシェアし、最後は参加者みんなで語りあいます。

120925つくばサロン.JPG

今日のサロンで印象に残っている言葉を紹介します。

『子育てしながら働くには、心の安定が必要。
そのためには、自分の悩みや思いを吐き出せる場があること。』

『育児休業中の今、職場復帰への不安があり、
母と子が集う所にっても話せないし、不安を話せる場がない。。』

『子どもが病気の時は、やっぱり母親がそばにいるべき』
『本当に母じゃなきゃだめ?じゃあ、父子家庭の場合は?』
『子どもといる時間の長い方が一緒にいた方がいいってこと?』

『そもそも子どもを預けてまでやる価値のある仕事か悩む・・』
『じゃあその価値は何を基準に誰が決めているの?』

『出産を機にリセットをし、個人事業主の道を選んだ。』

『子どもを預けて働くのはかわいそうと思うのはなぜか・・
結局は周りから言われる3歳児神話だった。
でも保育園は想像以上にいいところで、
子どもにとっても良い環境だと思っている。』などなど、

母となってはたらくについて、ファシリテーターのよっし、
ご参加者同士の問いかけで
どんどん掘り下げていきました。

最後には、『じゃあ、私にとってのはたらくってそもそも何か』
『それが分かった上で、どうしていきたいか。』をお一人おひとり
言葉にできました。

いろんな価値観に触れながら
自分はどうしていきたいかに向き合えた2時間。

最後は記念写真。
この笑顔から、充実の2時間だったことが伝わるはず!
皆さん終わってからも、歩きながら、そして最後は立ち話をし(笑)
会場を後にしました。

つくば記念写真.jpg

ワーキングマザーだけではなく、働きたいと思っている人に
出会いたいというよっし!
そんなよっしのサロンに参加して、自分にとってのはたらくとはを
見つめてみませんか?

今後の茨城・栃木サロンの予定は下記の通りです。
--------------------------------------------------------

【NECワーキングマザーサロン@茨城・筑西】

【日時】10月10日(水)10:00〜12:00
お申込、受付中です。

【会場】茨城県筑西市伊讃公民館 (茨城県筑西市外塚720) 
 電車アクセス:JR水戸線下館駅 徒歩20分
県道294号線ココス近く

【定員】各回10組程度 
※生後210日までの赤ちゃんはご一緒に参加できます
(筑西サロンは、2012/3/14以降に生まれた赤ちゃんまで)
期間までにうまれた赤ちゃんは、信頼できる方にお預けいただいて、単身にてご参加ください。

--------------------------------------------------------
【NECワーキングマザーサロン@茨城・つくば】

【日時】11月10日(土)14:00〜16:00
お申込、受付中です。

【会場】茨城県つくば市カピオ・4F和室 (茨城県つくば市竹園1-10-1) 
 電車アクセス:つくばエクスプレス・つくば駅より南へ800M、大清水公園そば

【定員】各回10組程度 
※生後210日までの赤ちゃんはご一緒に参加できます
(11月つくばサロンは、2012/4/14以降に生まれた赤ちゃんまで)
期間までにうまれた赤ちゃんは、信頼できる方にお預けいただいて、単身にてご参加ください。


--------------------------------------------------------
【NECワーキングマザーサロン@栃木・足利】

【日時】11月20日(火)10:00〜12:00
お申込、受付中です。

【会場】栃木県足利市・しゃんしゃん広場 
(栃木県足利市田中町943-11 しらゆり幼稚園学童棟3階) 

 

【定員】各回10組程度 
※生後210日までの赤ちゃんはご一緒に参加できます
(足利サロンは、2012/4/24以降に生まれた赤ちゃんまで)
 それまでに生まれた赤ちゃんは、信頼できる方に預けてお越しください。

※しゃんしゃん広場にて、託児ご希望の方は、1週間前までにご連絡ください。
(託児費【足利サロンのみ】:お子さん1人につき、1時間500円)





両サロンとも
  ↓
【対象】育児休職中の方、いずれ再就職を考えている方、専業主婦の方、ワーキングマザー、学生さん...
「母となってはたらく」ことについて考えたい女性なら、どなたでも!
(もちろん、妊娠・出産されてない方、結婚されてない方も歓迎です)
    
【参加費】500円
    (テキスト『マドレ式・ワーキングマザーの教科書』(A5版/全80頁)をお渡しします)
 ※託児費は、お子さん1人につき、1時間500円。別途希望される方のみ。

【内容】コミュニケーション・ワークを活用し、「母となってはたらく」をテーマに
     みんなで考え・語りあうワークショップです。

【お申し込み】こちらの専用フォームからお申し込みください
              折り返し、ご案内をメールにてお送りいたします。

【お問い合わせ】WMS茨城・栃木:wms.ibaraki@gmail.com(大木)
::::::::::::::::::::::::::::::::::

宇都宮でも10月30日(火)に10:00〜12:00
パルティとちぎ男女共同参画センターで
NECワーキングマザーサロンを開催することが決定しました
ぴかぴか(新しい)

宇都宮サロンのお申込みは10月1日〜です。
もうしばらくお待ち下さいませ。

(文責:WMS茨城・栃木/サポーター佐藤直子)
9/26毎日新聞に掲載されました [2012年09月26日(Wed)]

9月26日の毎日新聞(茨城版)25面にて、
9月25日開催のつくばサロンの様子が掲載されました。

400-wms2012_0926_tsukuba.jpg

(NECワーキングマザーサロン事務局)
【福岡】産後の心と体のセルフケア講座in福岡 10/12開催! [2012年09月26日(Wed)]
こんにちはexclamation
福岡サロン・ファシリテーターの寺田佳子(てらりん)です。

WMS寺田佳子.jpg

今回はサロンではなく、「産後セルフケア講座」のご案内です。

なんと!産後セルフケア講座が九州に初上陸します!

セルフケア写真@.jpg

来たる10月12日(金)に、東京からインストラクターを招いての開催です。
竹下インストラクターは、ダンサーの経験もある実力派!
実は、翌日13日(土)の10月サロンに合わせて来てくれます。

私も去年春、東京に住んでいた産後6か月の時に、
この「セルフケア講座」の単発講座に参加しました。
体を動かすことを忘れていた頃だったので、とにかく体がガチガチなのに
気付かされた時間だったのと同時に、すごくスッキリしたのを覚えています。


体を動かすのが久しぶりの方、赤ちゃんがいて運動する時間がない方、腰痛に悩まされている方(私だ!)などなど・・・ぜひ、バランスボールを使った有酸素運動をご体感ください!
きっとココロも体も気持ちいい時間を過ごせますよ!


★産後の心と体のセルフケア講座in福岡★

■日時:10月12日(金)13:30〜15:30
■場所:福岡市男女共同参画推進センター アミカス 軽運動室B
■受講料:2500円
■対象:産後女性・妊婦(12週〜臨月までの運動可能な方)
※生後210日以内のお子様はご一緒にご参加いただけます。
それ以降のお子様は信頼できる方にお預けになってご参加ください。
■内容:産後の女性はもちろん、妊婦さんも参加できるバランスボールの講座です。
マドレボニータの産後クラスの3本柱である
@ バランスボールエクササイズ
A コミュニケーションワーク
B セルフケア〜平らなお腹の作り方   を体験できるお得な講座です。

■講師:竹下浩美(NPO法人マドレボニータ認定 産後セルフケアインストラクター)

セルフケア写真A.jpg

■お申込み
こちらの専用フォームからどうぞ♪

一緒に楽しく弾みましょう〜わーい(嬉しい顔)


(文責:福岡サロン ファシリテーター 寺田佳子)
| 次へ