CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2012年01月 | Main | 2012年03月»
プロフィール

WMSプロジェクトさんの画像
WMSプロジェクト
プロフィール
ブログ
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2012年02月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      
リンク集
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/wms/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/wms/index2_0.xml
ファシリテーターその後の"はたらく" 〜第2回 卜部眞規子さん(東海地区) [2012年02月10日(Fri)]
こんにちは、NECワーキングマザーサロンメールレター編集部の黒木瑛子です笑顔

『NECワーキングマザーサロン』にご参加いただいた方、
サポーター、ファシリテーターの皆さんにお送りしているメールレターでお届けしている
『ファシリテーターその後の“はたらく”』。

第2回目となる今回は、
東海地区(愛知県名古屋市・豊田市・岐阜県)で活動していた
卜部眞規子さん(通称:まっきー)
です。

出産後にパートナーの転勤で退職し、専業主婦となったまっきーは、
ファシリテーターの活動を通して自分の“役割”に目覚め、
どんどん精力的に活動の域を広め、今ではついに
マドレボニータの事務局スタッフとして活動しています。

ここに至るまで、様々な葛藤を乗り越えてきたまっきーの
思いの根底にあったものとは?
ぜひ最後まで読んでみてください。

==========================

−半年間のサロン活動、お疲れさまでした!今の気持ちを教えてください。

駆け抜けた感!」でいっぱいです。

前半は「参加者の方の思いをちゃんと引き出せるかな?どうしよう?」
と緊張感が強く、とにかく必死でした。
それが、後半に入って、リラックスしてできるようになってからは、
よっしゃサロンだ!」みたいな気持ちで取り組めるようになり、
楽しめるようになりました。

全力疾走だったけど、終わってみたら、ほっとしているというか、よく走ったなと。

−5月のファシリテーター研修のときは、自分が専業主婦であることに
コンプレックスがある…と話していましたが、その後その気持ちに変化はありましたか?

ありました。
最初、ファシリテーターに応募した時は、専業主婦である自分が
“母となって、はたらく”というテーマを話すサロンを開いていいものか、葛藤がありました。

マドレボニータのインストラクターの先生にも相談したりして、
「自信を持って!」と励ましてもらったけれど、いざ研修を受けてみると、
ファシリテーターの皆がワーキングマザーであることに衝撃を受けて、
「やっぱり場違いなのでは?」と感じてしまったんです。

みんなは、“はたらく”というステージに立っているのに、自分はまだ
“母となって、はたらく”ということ自体にもやもやしていたから、泣けてきてしまって…。

−でも、あのときまっきーが思いを吐露してくれたことで、
実は皆それぞれなりの悩みや不安があるんだってことを打ち明けたり、
心の中で「不安なのは私だけじゃないんだ」ってホッとしたりっていうきっかけになってたんですよね。
で、実際にサロンが始まってみてからはどうでしたか?


開催し始めたら、ファシリテーターという“役割”があることで、落ち着くことができました。
ファシリテーターをするまでは、専業主婦ももちろん肩書きのひとつだけど、
名刺とかはないし、「今、何をしている人?」と聞かれたときに、
社会とのつながりがないことに、いちいち「ガーン!」となっていたんです。

でも、ファシリテーターをすることで、社会とのつながりを持てて、充実感を感じることが出来ました
変なコンプレックスがなくなっていて、ファシリテーターとして、
“はたらく”もしくは“はたらきたい”と思っている人に、語り合いの場を提供できることが嬉しかったです。

−じゃあサロン中は、気持ちの揺れはなかったんですね。

そうですね。

−そんなまっきーの変化を、パートナーは間近で感じていたのでは?

多分そうだと思います。一番感動したのは、「がんばってね」とは
言わない夫が、会社帰りにTwitterで「うちの嫁さんも大役を果たせた
ようで…おつかれさん」とツイートしてくれていたことです。

−ひそかに、心の中で応援していてくれたんだ!

そうですね。

−サロンのことについて、パートナーによく話したりしていたんですか?

じっくり話すことはなかったけれど、ファシリテーターになってからは、
パートナーの話もよく聞き、自分自身も話すようになり、
自分自身もパートナーに対する態度は変わったと思います。
パートナーは忙しく、時間を作るのが難しいのですが、話したいときは、
何とか時間作って、話そうとするようにはなりました。

−そうすることで、パートナーのことも分かるようになった?

そうですね。パートナーも、面と向かってじっくり話し合うのが得意ではないから、
あまり何を考えてるか、サロンの前はわからなかったのに、
自分の気持ちを少しずつ話してくれるようになり、
パートナーの仕事に対する考え方もだんだんと分かるようになりました。

どういう風に働きたいか、とかはあまり考えてなかったようだけれど、
今後の働き方を見直そうと考えるようになったみたいだし。

−まっきーの変化を見て、パートナーも揺さぶられた部分があったということですね。
逆に、まっきーはサロンを通じてどんなふうにはたらきたいと思うようになりましたか?

サロン開催中は専業主婦だったので、色々な人の話を聞きながら
「じゃあ、私の働きたい動機は?」と自問自答することが多かったんですね。
フルタイムなのか?3時間のパートタイムなのか?どういう働き方が
自分にとってのはたらくなのか?考えました。

その中で気付いたことは、どういう働き方であれども、マドレを通じてだったり…
社会に貢献できるような活動をしたい、ということ。
そしてある程度自分に時間・体力がないと難しいということも実感しました。

−まっきーはサロンを運営しながら就職活動もしていたんですよね。
今の職に就く前に、別のところから内定をいただいていたようですが、
その職もやはり社会に貢献したいという観点から選んだのですか?

そうですね、内定をいただいていた仕事は、通信学習の添削の仕事
だったんですが、学生さんとコミュニケーションがとれるというところに
社会的価値があると感じ、いいなと思っていました。

−ファシリテーターをしながら就職活動は大変だったのでは?

夏からエントリーして、1次試験、2次試験を経て、面接だったので、思えば長かったですね。
仕事自体、激務という噂を聞いていたし、ファシリテーターをしながら、
子どもを保育園に預けたり、時間をやりくりすることの大変さを実感していたから、
本当にできるのか?という不安も多少はありながらの就職活動でした。

−そうして内定が出た後に、マドレ事務局への声がけがあったんですね。

そうです。青天の霹靂。
信じられなかったし不安もあったけれど、迷わずに入局することを決めました。

−今も夢見心地ですか?

いえ、今はやるべきことがあるので、目の前のことに一生懸命ですね。

−マドレボニータの英訳プロジェクトや、このメールレターの編集も、
本当によく頑張るなぁというくらい精力的に活動していましたもんね。

たしかに、「いつ寝てるの?」とよく言われましたが、
早起きしてでもやりたいと思うくらい、楽しかったんです。

−実際に、仕事が始まってみてからはどうですか?

今はすごくフレキシブルな働き方をさせていただいているのですが、
まだ時間の使い方が上手くなく、、あたふたしている感じです。
思ったように時間を使えてなかったり、体調を崩してしまったり・・
課題はたくさんあります。

−ファシリテーターを経験する前と後とでは、“母となって、はたらく”
についての考え方は変わったと思いますか?

変わりましたね。というか、ファシリテーター経験前は、正直言って
“母となってはたらく自分の姿”をイメージできていませんでした。
それはつまり、結局自分がどうしたいのかをよくわかっていなかったし、
出産・育児で家にこもるようになり、退職し、社会から離れた存在になることに、
ただただ焦っていた
のだと思います。
だから私自身がサロンを欲していて、どうしても考え語る場が欲しかった
そしてサロンを経験する中で、様々な方のお話を自分自身に置き換えて、
いちいち問いかけていました。

−なるほど。自分自身がサロンを一番欲していたというのは、
多くのファシリテーターが言っていますよね。
自分自身に問いかけることで気付いたことはどんなことですか?

先ほどの話にも近くなりますが、自分がしたいことというのは、
自分が関わることで社会が、人が喜び、元気になること”だというのが
はっきりしてきました。
実は前職で、私がよく心の中で疑問符を抱えていたことが、
今私がやってる仕事は、誰が喜んでくれてるのか?誰かを幸せにしてるのか?」ということ。
もがいていた自分を思い出し、やはりこれが満たされないと、
いつか行き詰まってしまうと気づきました。

−うんうん、分かります。

言葉にするとクサいかもしれませんが(笑)、
“愛”を提供する仕事がしたい!と。
ファシリテーターに手を挙げようと思ったのも、その思いが根底にあったからだと思います。

−お〜。すべては“愛”から来ていたんですね〜。
では最後に、これからの目標を聞かせてください!

ファシリテーターとしての活動を通じて、いろんな方との出会い、つながりが生まれました。
これからもそのつながりを大切にしていきたい!
具体的には、マドレボニータ東海チームに加入したので、
地域の母たちにこうした活動をもっと知ってもらえるように、広報活動をしたいと思っています。

−サロンが終わったあとも、地域での活動も続けていくんですね!
頼もしいです。

はい、ありがとうございます。
あと、仕事が始まり本当に毎日が充実していますが、
同時に子どもとの向き合い方についてしっかり考えたいなという思いが常にあります。
まだまだ、“母となって、はたらく”は考えても尽きることがありません!
これからも自問自答を繰り返していくと思います。

==========================

今回、インタビューに答えてくれた、卜部眞規子さん(東海地区)の
これまでのサロンの活動は、以下のアドレスからご覧になれます☆
http://blog.canpan.info/wms/category_35/

「“愛”を提供する仕事がしたい!」という根底の思いに気付いたまっきーは
きっとどんどんパワーアップしていくのだろうと思うと、
ますます今後が見逃せません。

私自身の「仕事がしたい」思いの根底にあるのはどんな思いなのだろう?
と、改めて考えさせられたインタビューでした。


(文責:NECワーキングマザーサロンメールレター編集部/黒木瑛子)
〜復職前のパートナーシップ 小川恭子さん〜 [2012年02月10日(Fri)]
NECワーキングマザーサロンメールレター編集部の若菜です。

メールレター編集部のスカイプミーティングでの一コマ。
その中で「お互いに余裕があるときは察し合えるけど、忙しくなったら!?」
という話題になり、4月に職場復帰を控えたおがきょん(小川恭子さん)が
「復帰した直後はぶつかるんじゃないかな!?そろそろ話をつめなくちゃ。
今は察しあって動いている。察することができなくなったら…。
私もそこが課題」とお話しされていました。

「この話、もっと聞きたい!!」と思ったので、後日おがきょんと
まっきー(編集部員:卜部眞規子さん)とスカイプをつなぎ、
“復職前のパートナーシップ”について語っていただきました。
今回は、そのおがきょん夫妻のパートナーシップについての特集です!
これから復職されるご予定の方、必見です☆

=====================================================

若菜:この前の編集部ミーティング、おもしろかったですねー!
そうそう、おがきょんのパートナーシップについて
聞きたいと思っていたんですけど〜。

小川:保育園も決まっていないので、
本当にぼやーとした感じ・・・。いろいろ考えてはいますけど、
決まるまで動きようがないみたいな感じもありますね。

夫としては、今家事をかなりやってくれるのは
私の復帰を見据えてやっていたそうなんです。
2年後には絶対復帰するし、今から家事やっとかないと
復帰した後に急にやれって言われても絶対無理だから
とおもってやっていたらしいんですね。

その他に、私が育児がんばってくれてるから、自分もがんばんなきゃ!
っていう風にやってくれていた んですけど、
すごいがんばり過ぎちゃうっていう節があるんですよね。
一回、夫が産後うつになりそうなときもあって。
それは、本人が「オレ、うつになりそう」って言いだしてきたんで
「こりゃやべー」とか思って。
一生懸命やりすぎちゃって、限界まで来ちゃって。でも、
他の人に…誰に話すわけでもなく、ため込んでしまったらしく、
力の抜きどころがあんまりわかんなかったらしいんですね。
私は授乳とか、初めてのことで…夫はそばでそれを見ていたんで
サポートしなきゃって感じで、かなり家事をやってくれてたんです。
私もそれに「ありがとねー」って感じだったのも悪かったなぁって・・・。

でもそれから意識するようになりました。
向こうも力の抜きどころを覚え てきたし、私も気分転換するときは気分転換してね〜みたいな感じで、夫にも自分の時間を
作ってもらえるように意識するようになりました。
育児への慣れもあると思うんですけど、ぶつかりも減ってきたし、
言いたいことあったら言うようにしてきました。

夫は、「がんばっている自分をほめて欲しい」みたいなところもあって
誰も褒めてくれないから…自分ばっかりが大変!ってなっていたらしいけど、
それは違うんだなって気が付いたって本人は言ってて。
私も産後色んな変化があったけど、夫は夫で本当に色々変化があったんだなって。
あと、同じ子育てしている年代の人と話す機会がない。
話さなくていいとか言っているんだけど、比べる対象がないから
よく分かんないって言っていて。

かといって話す機会を設けたとしても、サロンみたいにわ ーっと話をしたい!
という風にはならなさそうな性格なので。。
私は、他の子育て世代の男性ともうちょっと話す機会があるといいんだろうなーって
思うんですけど、本人がちょっと望んでない感じなんですよね。
私との話し合いだけで来ちゃっているから。。。
復職後にどう変わってくるんだろうなー、
家事とか育児は今まで通りやってくれると思うんだけど、
今の状況は私が一日中家にいるのは、本当あとちょっとだから、
多分バタバタしちゃうと思うから、そのときにどういう風になるっていうのが
お互い見えてない。
向こうはどうだかわかんないんですけど…。
私も何となくなら想像できるけど、
そういうところをどうすり合わせていっているのか、むしろまっきーに聞き たい!みたいな^^!

=====================================================

この後も、まだまだ話は続いたのでした笑顔
機会があったらご紹介させていただきますね!


(文責:NECワーキングマザーサロンメールレター編集部/若菜ひろみ)
2012年度ファシリテーターを検討されている方へ〜募集条件とは? [2012年02月05日(Sun)]
こんにちは、NECワーキングマザーサロン事務局の高橋葉子です。


1/23のサミットの余韻が未だ冷めやらぬなか、
来期(2012年度)の活動に向けて、検討&準備の日々です。

すでにお問合せもいくつかいただいておりますが、
「ファシリテーター募集」の正式なご案内は、
22日(水)に、対象となる「マドレボニータ正会員」の皆さま宛のメールレターで
お送りできるようにしたいと思っています。もう少し、お待ちくださいね!!

ただ、今か今かとソワソワしている方もいるかと思いますので ウインク
できるだけ進捗状況をこちらでお伝えしていきます☆


≪スケジュール≫は、まだ「予定」のため、今後変更になる可能性もありますが、
おおよそ下記のようになるかとおもいます。
関心のある方は、どうぞ参考になさってください。
=============================================

◆2/22 ファシリテーター募集告知
  (マドレボニータ正会員の方にメールにてお知らせ)

◆3/8〜16 ファシリテーター応募

◆3/19〜30 選考、ヒアリング、登録

◆4/2〜 オンライン研修

◆4月〜5月 オフィシャル・サポーター募集

◆5月中旬 ファシリテーター研修
 ※日程と会場が決まりました。
  日時:5/11(金)10:30〜5/12(土)16:30 (合宿形式)
  会場:国立オリンピックセンター記念青少年総合センター(渋谷区代々木)

◆6月〜11月サロン開催


=============================================


≪ファシリテーターの募集条件≫についても、あらためて検討をしています。
ファシリテーターは、NPO法人マドレボニータの正会員から募集をしますが、
条件としては、下記を予定しています。
=============================================

◆オンライン研修および実地研修に全参加できるかた

◆原則として、6か月間の活動期間中、月1回以上サロン開催できるかた

◆プロジェクト参画のガイドライン
(※準備中)に同意できるかた

PCでのメールのやり取りをはじめ、スカイプ、フェイスブックの利用、Word, Excel, PDFなどの基本操作が無理なくできる(または取り組む意欲がある)かた

◆NECワーキングマザーサロンに参加したことがあるかた
(2007,2008年度のセミナーは除く)

◆開催を予定している地域に協力者(=オフィシャル・サポーター候補)がいるかた


=============================================


これらの「募集条件」について、

「○○が該当しないのですが、応募できないでしょうか?」


とご質問される方もいらっしゃいますが、
ぶっちゃけ…非常にお答えしにくい質問です(^^;
なぜなら、それはこちらで決めることではなく、ご自身がどうしたいか、だからです。


例えば、
「サロンに参加したことがないのですが、絶対ダメですか?」という質問があります。

応募自体ができないということはありませんが、
その点は考慮して選考しますので、見送りとさせていただく場合もあります。

これは、募集の条件だから、ということではなく、
体験したことがないものをつくるのはとても難しい、ということを
これまでの実例を見てきて、実感しているからです。

また、ファシリテーター研修は2日間と非常に限られた時間ですので、
サロン全体の流れがどういうものかは
わかっていることを前提で進めていきたいと思っております。
(そんなことに時間を費やしている場合ではない!というくらい、
 もっと取り組みたいことが出てきており、研修の内容は年々変化しています)


応募される場合には、その点についてどのようにカバーしていくのか、
ぜひご自身でお考えになってみてください。


また、
「そもそも、マドレボニータの正会員でなければダメなんですか?」という質問もいただきます。

この活動は、3年の積み重ねを経て、少しずつ関心を持ってくださる方が増えてきました。
サロン自体に、NPOと企業の協働事業に、「ファシリテーター」に、
まずは興味を持たれる方も多いのではないかと思います。

しかしそれらは一部分であって、その根底にあるのはマドレボニータの活動・おもいです。

ファシリテーターもサポーターも、
表に見える成果や感動的な部分は、とても魅力的(!)ですが、
その裏には、地道な作業の連続があり、苦しい葛藤もあります。

長い期間、決して楽とは言えないこの活動に、ボランティアで、
仕事も抱え、小さな子どもを育てながらも取り組んでいるのは、
「NECワーキングマザーサロン」を通じてマドレボニータの活動の柱となりたい、
というおもいを強く持っているからだとおもいます。


もしマドレボニータ正会員という点が少しでも疑問だったり、ハードルだなぁという方は、
まずは「オフィシャル・サポーター」として参画していただけたらとおもいます。

オフィシャル・サポーターは、単なるお手伝いではなく、
ファシリテーターとともにサロンをつくり、開催運営し、地域のつながりを作っていく仲間です。

2011年度は、オフィシャル・サポーターとして全国で84名の方が参画してくださいました。
そうやってサロンに関わってきたなかで
もっと主体的に関わりたい!マドレボニータを応援したい!と、正会員になり、
来期のファシリテーターに応募しようと準備してくださっている方もいます。

地域にファシリテーターがいなくても、出張開催という例もあります。
開催運営を通じて、このサロンがどういうものかもわかりますし、地域に仲間も作れます。

今期のファシリテーターも、昨年はサポーターとして参画した人が多く、
その積み重ねがあったからこそ、充実した取り組みがたくさん生まれました!

そうやって地道に、真摯に、でもそれを楽しんで☆活動している方がたくさんいることが、
私たちマドレボニータの誇りぴかぴか(新しい) です。
またどんな出会いと化学変化があるのか、ワクワクしています!!



(文責:NECワーキングマザーサロン事務局・高橋葉子)