CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2010年10月 | Main | 2010年12月»
プロフィール

WMSプロジェクトさんの画像
WMSプロジェクト
プロフィール
ブログ
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2010年11月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
リンク集
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/wms/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/wms/index2_0.xml
【2010年11月のサロン開催予定】 [2010年11月30日(Tue)]
今年度のサロン開催もあと一ヶ月!11月で終わりです!
保育園の募集も始まり、「はたらく」という言葉も身近に感じられる頃でしょうか。
寒い季節になってきましたが、是非お近くのサロンに足を運んでみてくださいね☆

<<11月の開催予定>> (更新:2010年11月20日)

【終了】11/4(木)10:00-11:45 北区赤羽/赤羽会館
⇒申込先:わくわくプロジェクト ★詳細はこちら

【報告はこちら】11/6(土)10:00-11:45 板橋区常盤台/常盤台地域センター
⇒申込先:わくわくプロジェクト ★詳細はこちら

【報告はこちら】11/6(土)10:30-12:30 世田谷区世田谷/古民家ママス
⇒申込先:Skidamarink ★詳細はこちら

【報告はこちら】11/7(日)9:50-11:50 品川区大井町/きゅりあん≪満席≫
⇒申込先:てんこ盛り090-2932-7508(友岡) ★詳細はこちら

【報告はこちら】11/10(水)13:00-15:00 港区白金台/明治学院大学社会学部付属研究所
⇒申込先:ポーラスター ★詳細はこちら

【報告はこちら】11/13(土)10:00-11:30 荒川区荒川/荒川区立子ども家庭支援センター≪満席≫
⇒申込先:サークル・オブ・レインボー ★詳細はこちら

【報告はこちら】11/13(土)9:50-11:50 岩手県盛岡市/アイーナいわて県民情報交流センター
⇒申込先:てんこ盛り090-2932-7508(友岡) ★詳細はこちら

【報告はこちら】11/13(土)10:00-12:00 長野県松本市/ゆめひろば庄内
⇒申込先:ohana☆nagano(牧内) ★詳細はこちら

【終了】11/20(土)10:00-11:45 豊島区西池袋/池袋勤労福祉会館
⇒申込先:さくらハーモニー (野本) ★詳細はこちら

【報告はこちら】11/20(土)13:15-15:00 千葉市/千葉市ビジネス支援センター
⇒申込先:ミルフィーユちば  ★詳細はこちら

【終了】11/20(土)10:15-12:00 足利市/しゃんしゃん広場
⇒申込先:クレマチスの会  ★詳細はこちら

【終了】11/20(土)10:30-12:30 港区西麻布/西麻布Red Robin@STUDIO TRON
⇒申込先:ポーラスター  ★詳細はこちら

【終了】11/20(土)10:00‐12:00 神戸市/あすてっぷ神戸
⇒申込先:WMS関西 080-4016‐2842(カモタニ) ★詳細はこちら


【終了】11/21(日)13:00-15:00 仙台市青葉区/エル・ソーラ仙台
⇒申込先:Shiningmama (荒木)  ★詳細はこちら

【終了】11/23(火・祝)13:00-15:00 広島市/広島経済大学興動館
⇒申込先:e子育てセンター ★詳細はこちら

【終了】11/25(木)10:00-11:45 北区赤羽/赤羽会館≪満席≫
⇒申込先:わくわくプロジェクト ★詳細はこちら

【終了】11/25(木)13:30-15:30 大田区大森/新井宿会館
⇒申込先:てんこ盛り090-2932-7508(友岡) ★詳細はこちら

【終了】11/27(土)10:00-11:45 埼玉県さいたま市/さいたま市北区プラザノース
⇒申込先:WMSさいたま ★詳細はこちら

【報告はこちら】11/27(土)10:00-11:30 徳島市/ときわプラザ
⇒申込先:カラフル担当:中野 ★詳細はこちら

【終了】11/27(土)10:00-11:45 大阪市/クレオ大阪東館
⇒申込先:WMS関西 080-4016‐2842(カモタニ) ★詳細はこちら

【終了】11/27(土)10:00-12:00 杉並区荻窪/本天沼区民集会所・和室
⇒申込先:WMS事務局 ★詳細はこちら 
 
【終了】11/28(日)10:00-12:00 名古屋市天白区/天白区社会福祉協議会
⇒申込先:ママスタート・クラブ(佐藤) ★詳細はこちら

【終了】11/28(日)10:30-12:30 横浜市港北区/菊名地区センター≪満席≫
⇒申込先:チーム・凸凹(でこぼこ) (吉竹) ★詳細はこちら

【終了】11/28(日)10:00-12:00 杉並区和泉/杉並区永福和泉地域区民センター≪満席≫
⇒申込先:Skidamarink ★詳細はこちら

11/29(月)10:00-11:45 板橋区常盤台/常盤台地域センター
⇒申込先:わくわくプロジェクト ★詳細はこちら

***************************************************************
【対象/定員】
育児休暇中の方、いずれ再就職したいと考えている方、ワーキングマザー…など、子育てや働くことについて考えたい女性、どなたでも。(妊娠中、未妊の方も、もちろんご参加いただけます)/各サロン約10名程度
※生後210日以内の赤ちゃんは、ご一緒に参加できます。

【参加費】
無料。ただし資料代として500円

【お申し込み方法】
↑参加希望されるサロンの「申込先」に、以下の内容をお送りください。
-------------------------------------
◇メールの件名
【申込】WMS@地域名・開催日(お名前)
例) 【申込】WMS@広島11/23(杉並花子)
-------------------------------------
◇メール本文:
1)氏名
2)メールアドレス
3)電話番号
4)お住まいの地域
5)職業・現在の状況
6)参加動機
7)赤ちゃん同伴の有無。同伴されるかたは赤ちゃんの生年月日
-------------------------------------

※もし上記で連絡がつかない場合は、
 NECワーキングマザーサロン事務局 までご連絡ください。
仙台サロンありがとうございました! [2010年11月28日(Sun)]
全国で展開しているこのNECワーキングマザーサロン。
東北でも盛岡、仙台で開催しておりました。
盛岡は道子さんが、仙台では私荒木が担当でした。

夫が転職で仙台に引っ越し、しばらくは二重生活を続けていた私でしたが、
子供が生まれ、育休を仙台で過ごした結果、(この経過はとっても長くディープですが)
復職前に上司と相談の上、仙台へ私も越すことを考え始めました。
そして、いろんな方々のお力添えの上、この秋から仙台で生活を再開しています。

仙台での仕事も年始から決まり、今はそれまでの助走期間です。
仙台と埼玉を往復しながらサロンを開催し、
最終回は新たなホームタウンの仙台で迎えました。

実はこのサロンは仙台で4回目。
これまでなかなか報告でしたでしたが・・・
多くの方に参加していただき、感謝しています。

そして、最終回の11月21日。
仙台駅近くのこんなに景色のいいところで開催しました。




実は・・・この場所いつもは託児室として使われています。
でも授乳室近いし、ベビーカーおけるし、景色もいいし、
ということでここでの開催は2度目でした。

シェアリングでは皆さん前のめりな感じで
真剣に「話し」、「聞く」姿。本気です。伝わってきます。





全体シェアリングでは、
★仲間をつくることの大切さ
★パートナーシップに対する考え方
が話題になりました。

ママ友とも違う、本音で話せる仲間、場は必要という話が出て、
それについては、「不安を一人でかかえこまないこと」というキーワードが
出てきました。
そういう場にこのサロンがなれたら、と考えているので、
やっぱりニーズはあるんだと、私自身改めて感じました。

パートナーシップについて。
家事や子育て、「言えばやってくれる」でも「満足しない」
「次々に要望が出てきて、自分も疲れてしまう」
。。。

これって誰でも経験ありそうなことだと思います。

私も。。。

でもサロンの中では
「パートナーはどう思っているのか?」
 家事や育児に不安を抱えているのはパパだって同じでは?
たしかに、、、。
パパ自体、本音で語れるパパ仲間とはなかなか出会えないのかも。

「パートナーシップを職場の人間関係に例えたらわかりやすい」
 いろいろ細かく指示されると自分で考えなくなってしまう
 自分に同じことを求められたら?

ここでは書ききれないくらい熱い話になりました。

育児や家事での日常生活は忙しい。
忙しく責任も重い生活の中では視野が狭くなりがち。
そうすると細かいところまで気になってしまう。

忙しい毎日にふと息をついてまわりを見渡して視野を広くする、
座る位置を変えて見方を変えてみる。
もっともっと先を見てみる。

そういったことで日常のモヤモヤ感に気付いたり、
モヤモヤが晴れてくるかもしれません。



仙台サロン、そして2回しか開催できませんでしたが越谷サロンへ
ご参加された方々、ありがとうございました。
サポーターの方々にも感謝です。ありがとうございます。

これからもこんな場があったらいいなと切に思います。

産後女性が孤独にならない、そんな環境づくりをサロンを通じて
これからもしていきたいです。
11/23@広島サロン開催しました [2010年11月23日(Tue)]
ファシリテーターの猫田久美子です笑顔

子育て応援イベント2010内で開催した11月サロンが、
おかげさまで無事終了いたしました!

IMG_4732.jpg

(ラストサロンは参加者5名でしたが、お1人、時間の都合で一足お先に帰られました…残念!
   なお、お子さまたちは別室で託児でしたハート


今回は参加者同士は見事に全員が初対面だったので、
最初の自己紹介では、みなさん表情が硬くぎこちない雰囲気でしたクジラ

が、そのままでは終わらせないのが、
このサロンのスゴイところハート

自分の今の状態を少し客観的に見ることができる「Good&New」や、
「母となってはたらくこと」を具体的に自分に引き寄せて考える
「シェアリング」というワークを通じて、

涙あり悲しい笑あり笑い

みなさん、どんどん表情が豊かになっていきましたキラキラ


私自身もそうですが、

・漠然とした不安
・なんだかよくわからない不安

というのが一番、翻弄されてしまうような気がします。


それが、こうしてサロンで話す中で、

なにが不安なのか
どう不安なのか

ということが見えてくる。

そうすると、

じゃあ、どうする?どうやっていく?

という次の具体的なアクションにうつれるような気がするのです。


自分一人で悶々とするのもいいけれど、
こうして

他の誰かに聞いてもらうこと

もっと言えば、

他の誰かにわかるようにきちんと言葉にすること

そうやって想いをかたちにすることが
とても大事なんじゃないかなあと感じています。


…と同時に、今回、強く感じたのは、

悩みきることの大切さ


NECワーキングマザーサロンでは、しばしば


自分の軸をもつ


という言葉が出てきますが、

今回、参加された方を見ていて、
それを私流に言い換えるなら、

「私は今はこれでいい(これがいい)と思えるまで悩みきって、
自分なりの選択の基準を持つこと」


ということなのかなと思いました。

私たちの選択肢は常に無数にあるはずなのだけど、
環境だったり、条件だったり、色々な事情があったりで、
実際は限られた選択肢からしか選べないことも多いですよね。

そういう時に、

「こういう選択肢しかない…落ち込み

とつい思ってしまうけど(私だよ…困った
そうではなくて、

「この限られた選択肢から私はこれを選ぶまる

と思えるかどうか。


そして、そう思えるようになるまで、

悩みきれるかどうか


「私は今はこれでいい(これがいい)!」と思えるまで悩みきるには、
何度も何度も自分に

自分はどうしたいか?どうありたいか?

と問うていくことが必要なのかもしれません。


今回参加された皆様からは、

・他の方の話を聞けて、自分と同じ「不安」でも、
何に対して「不安」なのか?という違いや、
自分が考えつかなかった考えを聞けて、発見の連続でした。
口に出す事の大切さやみんなの話を聞く、という、
こういう機会があってよかったと思います。

・仕事、家族に対する考え方もいろいろあるんだなあと思いました。
自分らしく生きられればという思いをつよくしました。

・自分がどうしたい?とか、これから先のこととか
あまり考えてなかったが、これをきっかけにして考えていきたい。

・「母と仕事」というテーマでも一人一人違う考え方を持っていることに
ビックリした。今後の参考にしたいし、今は目の前のことで精一杯だけど、
先のことを考えたいなという気持ちになった。



という感想をいただきました。

今回もいろいろな想いをたっぷり分かち合った2時間ラブ

ご参加いただいた皆様、
本当にありがとうございましたハート

**

さて、6月から開催してきた
このNECワーキングマザーサロン@広島ですが、

おかげさまでこの11月23日の開催をもちまして、
今年度の予定を全て終了することができました〓

広島ではリピーターも含め、
のべ36名もの方にご参加いただきましたハート
本当にありがとうございました!
(前年度はゼロなので、36倍です拍手すごい!)

みなさまとまたどこかでお会いできることを
楽しみにしております☆

広島での開催を全面的にサポートして下さった
e子育てセンターにもぜひ遊びにいらしてくださいねラブ
11月27日(土)杉並区荻窪にてサロン開催☆ [2010年11月18日(Thu)]
NECワーキングマザーサロン@杉並区荻窪のごあんない
*********************************

日時11月27日(土)10:00〜12:00
   
場所本天沼区民集会所/和室
 (杉並区本天沼2-12-10/JR中央線、東京メトロ丸ノ内線「荻窪駅」北口より徒歩15分)

参加費: 無料 ただしテキスト代として500円いただきます

対象: 「子どもをもってはたらくこと」について考えたい女性のかた
育児休暇中の方、いずれ再就職を考えている方、
ワーキングマザー、専業主婦、妊娠中の方、未妊の方、どなたも歓迎です。

※生後210日までの赤ちゃんは一緒にご参加いただけます。
それ以降の場合は、信頼できるかたにお子さんをお預けになって、
単身でご参加ください。

ファシリテーター信田 綾子(のぶた りょうこ)


お申し込み
下記項目を記入の上、メールにて、NECワーキングマザーサロン事務局までお送りください。
折り返し詳細をご案内いたします。

《件名》 WMS申込:11/27・お名前
《本文》 1)氏名 2)住所 3)電話番号 4)職業や現在の状況、復帰予定など 5)産後年月数 6)参加動機 7)何でこの会を知りましたか? 8)赤ちゃんの同伴の有無。赤ちゃん同伴ありの場合は赤ちゃんの生年月日
11/6@世田谷サロン開催しました [2010年11月13日(Sat)]
みなさまこんにちは。サポーターの近藤友乙です。

今回は古民家mamasで開催されている「週末コモンズ」さんとのコラボレーションが実現し、初の満員御礼となりました

会場となった古民家mamasは、築150年の古民家。世田谷の住宅地にありながら、そこだけタイムスリップしたかのような落ち着いた雰囲気。建物の中は日本家屋独特の静かでヒンヤリとした空気が漂います。



今回は12人の母達が集まり、それぞれの視点から「働く」と言うことだけにとどまらず様々な話題が飛び出しました

育休中、仕事復帰して数年経つワーキングマザー、産後1ヶ月、産後2ヶ月、産後5ヶ月、妊娠5ヶ月のプレママまで!!仕事もフリーランス、会社員、専業主婦と様々です。



ファシリテーターの竹村さんより「仕事だけでなく、大切なものを見つめ直すきっかけになれば」と言う一言からサロンは始まりました。

まずは自己紹介と緊張をほぐすためのワークを行い、「仕事・人生・パートーシップ」のシェアリングに入って行きます。



保育園の募集が始まったこの時期、育休中の母たちからは

子どもを預ける不安や

初めての育児に周りの言葉に振り回されてしまう自分についてや



仕事復帰を果たした母たちからは

子どもを産む前の効率で仕事がこなせないストレス

ワーキングマザーとなって子ども、自分にとってプラスになったこと




ワーキングマザーになって数年経つ母たちからは

自分の限界を知り、何ができるかを見極めることが大切

自分ひとりががんばるのではなく、誰かに頼っていいんだ、頼り上手になる事は大切

管理職になって初めて、自分ひとりでがんばるやり方を本当の意味で変えることができた




それぞれの立場から働くことに関しての意見が交わされました。



母たちの各々異なった視線から語られる言葉には、自分ひとりでは気がつかない新たな発見や、同じ思いを抱えていることによる共感が生まれ、ココロがすっきりとしていくのが事が多いのです。

子どもができると自分のことをおろそかにしてしまいがちですが、こうして自分の整理のために時間を作ることはとても大切。

自分の言葉で「話す」ことによって、その思いを「放す」事ができ、みなさんの発言によってまた新たな考えを作っていく。 サロンとはそういう場所なのではないか。と改めて感じました。


今回のサロン終了後は、週末コモンズのみなさんによる手作り料理でのランチ会となりました。

おむすび、天然酵母パン、煮物やきんぴら、コロッケなどカラダもココロもリフレッシュするものばかり!母になるとこういうもてなしのありがたさが身にしみてわかったりします。(写真がないのが残念)

食事を取りながらの会話も大変弾み、居心地のよい古民家でついつい長居してしまいました。

百聞は一見にしかず。今年度最後の世田谷サロンは永福町にて

自分を見つめなおすために、積極的に時間を作ってみませんか?

(サポーター:近藤友乙)

twitter @wms_seta

mixiコミュニティ ワーキングマザーサロン@世田谷
ファシリテーター卒業生の活躍☆小林愛子さんの場合 [2010年11月05日(Fri)]
第1期のファシリテーター・小林愛子さんが、さいたま男女共同参画センターからの依頼で、
ワークライフバランスの講演をされました!

小林さんが、そのときのレポートを送ってくださったのでご紹介させていただきます!


●どんな話をしたのか?

私が専業主婦をしていた数年間、夫の転勤(と自分の帯同)や流産、妊娠・出産が
あったりして、働きたいという気持があってもなかなかうまくいきませんでした。
はじめはそういった外部要因のせいで自分の再就職がままならない、
と考えていたのですが、再就職活動をする内に、「自分の軸」が確固たるものでないと
足かせの多い主婦の再就職だからこそ、うまくいかないのだ、ということを痛感しました。

今の時代、女性の生き方は様々で一人ひとり事情は違い、これが正解、
というものはありません。あるのは各人の納得のみ。
その「納得」をふまえるためには、自身のワークライフバランスのことも
当然考えなければなりません。
出産後の私は、自分の子供だけでなく世の中全体の子どもたちに目がいくようになり
子どもたちにとってよりよい社会を作り上げていく仕事がしたい、と思うようになりました。
また、家庭生活にも時間と手間をきちんとかけたい、と考える自分にも気づきました。

なので、再就職活動の始めに考えていたワークスタイル、
「働く=正社員+残業付き」は必ずしもマストではない、という結論がでました。
ワークスタイルから職探しをするのではなくて、
仕事の内容や目指すものが自分の価値観の根底が合うものであれば
雇用形態、業界・業種、職種に関わらず積極的に検討、応募していこう
、と決めました。

そうはいってもそのころの私は次男がまだ生後3か月、
単身の人と違いスイスイ動けるわけもありません。
すぐに行動に移せない代わりに、目に入るもの何でも、
「これを作る・売る・これに携わる」仕事をするとなると、私は納得できるだろうか、と
常に考えていました。それなりに血眼になっていたと思います。

例えば、たまたまスーパーにいて目に入ったのがヤクルト飲料だったら、
この飲料に使われている乳酸菌の発見が医学的にも歴史的にもものすごく価値のあること、
と自分が考えるのであればヤクルトレディの仕事も単なる売り子、
ではないのではないか、といった風に、です。
(あ、これはあくまで一例です。別にヤクルトの回し者ではないですよ〜!)

結局今勤めている団体の、「子育てと仕事、そして自己実現のすべてに誰もが挑戦できる、
しなやかで躍動的な社会」を目指すというビジョンに強く共感、共鳴して
働かせてもらうこととなりました。
勤め先の価値観が自分の価値観と根本で合えば、そこでの仕事はどんなものでも
納得できる、と思ったのです。

私は再就職活動をしていた時には不安や焦りの気持ちが半端でない強さで
散々悩みました。
が、今思うとそういった気持が却って自分の価値観や考え方を
あぶり出してくれたようにも思います。

働いていく上での納得感はとても大事で、単純に「就きやすい仕事」に安易に
飛びつかなかったのはよかったと今でも思っています。

WLBのあり方は十人十色で、答えは単純に出ないことも多々あります。
ですが、常に自問自答していく姿勢をもつ、ということが自分やひいては
周りの人も大切にすることにつながっていくと実感している毎日です。


●やってみてどうだった!?

≪感じたこと≫
人の前で表現する、ということの重大さ、大げさに言うと怖さ、というものを感じました。
単に緊張した、という意味ではないのです。
価値観が多様化している今の時代、私(のような人間)が前に立って発言する内容、
もしくは発言することに対してもいろんな反応があるのだ、痛感しました。
すごく共感しました、と言ってきて下さる方、
下記(≪参加者からの質問≫をご覧ください☆)のような質問をされる方、
など様々ですが、自分がブログのような発信経験が皆無だった分、
ダイレクトな反応をこのたび受け止めることがとても大きな体験となりました。

≪参加者からの質問≫
Q 「(登壇者コバヤシの子供が0歳であったにも関わらず)どうしてそんなにまでして
   働きたいのか?」
Q 「職場は戦場、自分たちは戦士、と心得ており、女性は巻き込みたくない。
   なので、自分の妻には働かせなかったが、どう思うか」
Q 「そんなに働きたいのにどうして(二人目の)子供作ったの?」などなど。

→WMSみたいな集団の中にいるとまず縁のない価値観に触れることができて、
 世間ってまだまだ広いんだ、と目が覚める思いでした。


小林さん、講義当日を振り返ってのレポート、
どうもありがとうございました!!



10/31横浜サロン開催しました [2010年11月03日(Wed)]



みなさまこんにちは!横浜サロンのファシリテーター・吉竹です。


10月31日に、今年度5回目の菊名サロンが開催されました。




今回は、はじめての育児休業中の方、2回目の方、妊娠中の方、

再就職を希望されている方、など様々な状況の方が9名、参加されました。

(なんと!静岡からのご参加も。ありがとうございます〜)



10/31 集合
みんないい笑顔☆



10・31 ワーク1
まずはふたり組みになって、自己紹介のワークでウォーミングUPをします






手や口を使って、脳にエンジンをかけて準備をした後は、

再び描いて、書いて、話して、聞いて、

子育てしながらはたらく自分にしっかり向き合い、

その後、全員で語り合います。




「産後は心も身体も何もかも変わる。

戻れる場所もなく、あったのは絶望感」



と、一人目のお子さんの産後を振り返られた方も。



でもそんなときパートナーに、

「あなたは何も変わっていない。育児で大変なのは10年だけ。

また、もとのあなたにきっと戻れる」と言われたそうです。



戻れる・・・、なるほど。


母となったわたしたちが、新しいキャリアを作り上げることができる、

とも言えるかもしれませんね。



そして、わたしがこのサロンでいつも皆さんにお聴きしたいと思っていることを、

参加者の方が問いかけてくださいました。



「なぜ、わたしは働くのか」



少し抽象的に感じられることかもしれませんが、

様々な情報に振り回されないためにも、

自分が働く理由を掘り下げることは、

とても大事なことです。



皆さんからは、こんな答えが聞かれました。



・世の中のいろいろなことに興味があり、人とのふれあいも大切にしたいので、
 こどもや家が中心の世界と、仕事の世界、2つの世界を持っていたい。


・働いて充実している自分の姿を、子どもに見せたい。


・人生を通して自分自身を好きでいたい。
 そのためには仕事が必要なのかな、と思う。


・WMだった母が、退職後も旅行に出かけ、生き生きとしている。
 自分もそうでありたい。


・自分が働くことで家計に余裕ができ、家族での楽しみが増える。


・単身のときのように、仕事を通して生き生きとしていたい。




すぐにはなかなか答えが出ない、ということもあります。



ても、こうして本などでは得られない生の声を聞いて自分を見つめなおし、

家に帰ってからも、その先もずっと、

何かしらの余韻を感じていただけたらいいのかな、と思います。




ご参加くださった皆様、本当にありがとうございました



またお会いできる日を楽しみにしています!



(文責:吉竹雅子)