CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2010年08月 | Main | 2010年10月»
プロフィール

WMSプロジェクトさんの画像
WMSプロジェクト
プロフィール
ブログ
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2010年09月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
リンク集
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/wms/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/wms/index2_0.xml
岐阜サロン・男性からのご感想いただきました! [2010年09月30日(Thu)]
こんにちは。NECワーキングマザーサロン・サポーターの山本裕子 です。

京都ではこの夏の猛暑が原因で、なんと桜が“狂い咲き”したらしいです

冬も越してないのに・・・


さて、岐阜サロンに参加された男性(ご参加者のパートナーさん)から、
サロンの感想が届きました!
(注※NECワーキングマザーサロンの対象は女性なのですが、
 このときは付き添いの必要があり特別にご参加いただきました!)


ご本人にブログの掲載OKのお返事をいただきました

私たちの手元だけにとどめておくのはもったいないので、こちらで紹介いたします!


********************************

こんばんは。

NECワーキングマザーサロンに参加させて頂きました●●です。

本日は貴重な機会を頂きまして、ありがとうございました。


イレギュラーな対応をお願いすることとなり、佐藤さんをはじめ、

運営スタッフの皆様には大変ご迷惑をお掛けすることとなってしまいましたが、

おかげさまで、大変良い勉強をさせていただきました。


みなさんのお話を伺っていて感じたことは、主に以下の二点です。

(1)やはり多くのママさんが、子育ては自分(=女性)の仕事であり、

その結果について責任を負うと感じていらっしゃること

(2)パートナーシップという点では、夫のサポートが、まだ十分満足

できるレベルではないということ



これはすぐに解決できる問題ではないかもしれませんが、

かわいい盛りの乳幼児期にさえ育児参加しない夫が、

手がかかる10代の思春期に積極的に育児(子供のメンタルケアなど)に

参加するとも思えません。



そうなると、ますますママさんの負担は増すばかりで、

夫婦仲どころか

家族運営にまで悪影響が出るかも
しれませんので、

やはり、早い時期にパートナーシップの改善・向上に力を入れることが、

「育児」を大きな枠で捉えた際には大切
なのではないかな、

と改めて思いました。


ワーク中、佐藤さんの口から何度か

「パートナーシップ」という言葉が出ていましたが、

まさにそれが肝要であって、

それを抜きに子育てを語ることはできないな
と、同感した次第です。



(以下略)
**************************



今回のサロンは私たちスタッフにとっても、

とても考えさせられるものになりました。

改めて“パートナーシップ”の大切さを痛感すると共に、

長く続く育児だからこそ、

やはり早い段階でパートナーシップと向き合うことの必要性を感じました。

私も産後セルフケアインストラクターとしても、

この部分を端折ることなく、これからもしっかりお伝えしていきたいと思います。



東海地区での当サロンは残すところ、あと2回!!

皆さんも是非この機会に、“働くこと”と切り離すことのできない

“パートナーシップ”
についても、かんがえてみませんか?


(文責:NECワーキングマザーサロンサポーター 山本裕子)
9/26@岐阜☆初開催! [2010年09月28日(Tue)]
こんにちは、NECワーキングマザーサロン・サポーターの山本裕子です。

9月26日(日)、岐阜で初の“NECワーキングマザーサロン”が開催されました。

私もこの日を迎えるにあたって、他のサポーターさんと協力しながら

広報活動をしてきましたが、おかげさまで満席キラキラでの開催となりました。



このサロンのファシリテーターの佐藤友恵さん

彼女もワーキングマザーであり、2児の母です。

はじめに、ファシリテーターになろうと思ったきっかけを語っていましたが、

8月に復職したばかりということで、その言葉には説得力と深みが加わり、

持ち前の人懐っこさもあって、参加者の心を一瞬でグッとつかんでいました。



家事と育児の両立だけでも大変なのに、そこに仕事が加わると、

女性はとにかく時間との闘いで、そりゃもう大変です。

『私がやらなきゃ!私が幸せにしなきゃ』

『小さな子どもを預けてまで働くなんて、私、なんだか後ろめたい・・・』

そんな義務感や罪悪感を感じながら働く女性も多いのではないでしょうか?


また本人だけでなく、

『こんな小さな子を預けて働くなんてかわいそう』

という周りの目があるのも現実だったりします。困った




でも、本当にそうでしょうか? 

今回のサロンでは、

『忙しさの中で、情緒不安定になっている母親よりも、

気持ちが安定しているおじいちゃんやおばあちゃんに見てもらう方が

いいときもあるんじゃないか』


『子どもと接する時間が短いからこそ、その時間を愛おしく思える』

『どんどん周りの人の助けを借りれば、気持ちもうんと楽になる』

『保育園で育ててもらって、(子どもが)いろんなことができるようになった』


・・・などなど、

子どもを持ちながら働くことのメリットや働き方についても

皆さんいろんな意見を出してくださいました。




また、今回は特別に一組、パートナーの方も一緒に参加されたのですが、

そこで話は一気に「男性の習性とは?」という話になりました。


『男は察し・気づき・心配りができない人種。

だからやってほしいことはどんどん言えばいいし、

そこでやれないと言うのであれば、奥さんが嫌だからやらないのではなく

何かの事情があってやれないだけだと思う』
と。


その言葉に、女性陣もブンブン首を振りまくり。

やっぱり『察して欲しい女性と、言わなきゃ分からない男性』なんですね。

で、それを解決するのはやっぱり思いを口にすることしかないということも

話題に上がりました。




今回は、CCN(ケーブルテレビ)の取材も入っていただけました。

カメラマンの男性も小さなお子さんがいるとのことで、

時折カメラを置いて、興味深そうに話を聞き込んでいらっしゃいました。



岐阜での初めてのサロンは、こうしてとても有意義な時間となりました。

個人的にはまだまだいろんなお話も聞いてみたかったですが、

これをきっかけに、岐阜の産後女性を取り巻く環境も少しずつ変わっていくと嬉しいです。

また、皆さんとはどこかでお会いできることを楽しみにしています。



次回、この東海地区でのNECワーキングマザーサロン開催は10月24日(日)です。

詳細はコチラ!

次回はどんなお話が飛び出すのか、今から楽しみにしています。



最後に記念写真。表情が硬かった皆さんを笑わせて、不意打ちのショット☆

私も笑ってしまい、若干ブレてしまいました、すみませんっ(笑)

でも、皆さんキラキラキラキラしてステキな表情ですっ!!



本当にありがとうございました!!


**********************************
【放送日のご案内】

■CCNケーブルテレビ デジタル12CH・110CHアナログ10chで放送

■番組: 生活情報番組 「エリアトピックス」

■放送日:9月29日(水)〜10月5日(火)までの毎日
     6:30、 10:30、 ☆16:30  (☆土日除く)
     20:00、 23:30、 ★3:30  (★デジタルのみ)
    ※期間中は、同じ内容が再放送されます。

岐阜市・羽島市・関市・美濃市・瑞穂市の一部・北方町・笠松町・岐南町・
本巣市一部・各務原市一部の皆さま、是非ご覧くださいませ。

**********************************


(文責:山本裕子/岐阜・名古屋サロンサポーター)
9/24@広島サロン開催しました [2010年09月24日(Fri)]
ファシリテーターの猫田久美子です笑顔

すっかり涼しくなりましたね困った
あの暑かった夏がうそのようです(←忘れるの早すぎ!)

ご報告が遅くなりましたが、
広島では通算5回目、牛田公民館では初めて開催したサロンが
無事終了いたしました!

参加者は大人4名+お子さん1人。
(お子さんお1人は別室で託児でした笑い
集合写真は一緒にパチリカメラ


牛田集合2



  牛田ワーク2

  牛田ワーク3


全員で自己紹介をしたあとは、

1人で紙に向き合い→2人で分かち合い→全体で話す

という流れでサロンが進んでいきます。


サロンの流れは毎回同じですが、
その時集ったメンバーによって大きく変わってくるのが、


全体シェアリング


それぞれの考えや想いを全員でわかちあい、
そこからまたそれぞれで考える。

これがとってもオモシロイんですハート


今回のサロンでは


・職場の環境をかえていくために、上司にどう訴えていくか

・自分のための時間を持っているようで持ててないことに気づいた

・生活がついこども優先になってしまっている



という子育て世代に対し、
少し先行く先輩からは、




・目標を遠くに置くとふっきれるものがあるんじゃないか



という投げかけがありました。


それを受けて

・遠くの目標、目指すものがあるからこそ、目の前の問題も解決していかなきゃいけない。
途中で倒れないように解決していこうと思う。

・見ないフリをしたらたぶんそのままひきずってずっと行きそうな気がする。
自分の中に折り合いをつけて、答えを見つけていかないと
遠くの目標までたどりつけないんじゃないか



という力強い声も



仕事・職場の話からはじまった牛田サロンでしたが、


・小さな社会が家庭にある


という話から、
最後はパートナーシップの話へ。

全員で


向き合って話すことの大切さ



を再確認し、サロンはお開きとなりました


サロンを開催していて感じるのは、


想いを言葉にすることの大切さ


自分一人で考えているだけでは
悶々とするだけで終わってしまうことも、
言葉にすることで改めて見えることもあるし、
他の人の口から自分の抱えてる問題について
ヒントを貰うこともたくさんありますよね。

広島でのサロンは残り2回
「ワーキングマザー」サロンという名称は、
なんだか敷居を高く感じてしまうかもしれないし、
実際、敷居は高いのかもしれないけど!

それでも、

こどもを持つ一人の女性

として、ぜひたくさんの方に参加していただきたいなと思っています。

次回は10月28日祇園公民館にて開催です
みなさまのご参加をお待ちしています

全国のサロンの開催情報はコチラ
【野本由美子さん・その2】ファシリテーターの復職後を追跡取材! [2010年09月23日(Thu)]
ファシリテーター・野本由美子さんの
復職後を追跡取材!第2弾
です。

(その1)8/31〜9/10のツイートはこちら


≪9/11〜9/20のツイート≫ 
☆野本由美子さんのツイッターアカウント:@nomoyumi


9/11●おはようございます!NECワーキングマザーサロン@池袋、10時の開始に向け設営中〜 (9:41)

9/12●ベビーカーのお出掛けは不便。駅でも街でも段差がゴマン。エレベーターには長蛇の列。割り込み乗車のオジサマに喝!バリアフリーには程遠いバリアありあり。子連れに厳しい都市TOKYO! say ho!! (11:16)

9/13●帰り道なう。風邪気味の娘を早めのお迎えに〜。今朝は色んな感情があふれて涙が止まらなかったけど、復活。しっかり向き合って前に進もう。も少し体を緩められたらベスト。 (17:54)

9/14●会社帰りなう。仕事に集中しちゃうと頭の切り替えをつけにくくなる。子供に会うまでにクールダウンしなくちゃ。 (18:14)

9/15●会社帰りなう。企業にいると個人では出来ない大きな規模の仕事が出来る。でもお客様の顔が見えないことに違和感。もっとひとりひとりに寄り添ったことがしたいなあ。出来ることからコツコツと。 (17:53)

9/15●貴重な30分! RT @satosantomosan: 切り替え時間とても大事!業務終了時間〜お迎え迄の所要時間に+30分程度のゆとりがオススメ。仕事気分?自分ご褒美 ?子供に早く会いたい?自由に使える!RT @nomoyumi: 仕事に集中すると頭の切り替えしにくい。 (21:11)
@satosantomosan→8月末に職場復帰をした、ファシリテーターの佐藤友恵さん@名古屋。

9/17●おはようございます。3年前の今日、結婚式を挙げました。あの日は快晴で風の強い日でした。これからもパートナーシップと向き合って最高の人生を! (8:05)

9/19●おはようございます!昨日はジャイロトニック初体験。今まで経験したことないユニークなエクササイズでした。肩甲骨周りが筋肉痛 w何故か風邪も治った。今日は家族でベトフェス&ショッピング! (8:02)

9/19●外出から戻り家族全員で昼寝ののち、食事の準備、片付け、洗濯物取り込み、子供のお風呂、寝かしつけ、お風呂掃除まで取り組んだ私に拍手!ネ申!! (21:58)

9/21●おはようございます! 誕生日です。33歳です。支えてくださる皆さんに感謝です。 (12:09)

9/21●帰り道なう。ワークライフバランス、なんて言ったら笑われそうな職場でWMがふつうの存在なるように。やれることを一生懸命やる。という気持ちと同時に、こんな男社会、投げ出したいという感情も。 (18:23)



…つづく^^!

(その1)8/31〜9/10のツイートはこちら

☆野本由美子さんへの応援メッセージはこちらへ→ @nomoyumi


(文責:若菜ひろみ)
【野本由美子さん・その1】ファシリテーターの復職後を追跡取材! [2010年09月23日(Thu)]
こんにちは!NECワーキングマザーサロン事務局の若菜ひろみです。

『ファシリテーターの職場復帰後を追跡取材!』のコーナー、

二人めは、9月1日に職場復帰した野本由美子さん
ツイッターでの声をまとめてみました!


≪8/31(職場復帰前日)〜9/のツイート≫

☆野本由美子さんのツイッターアカウント:@nomoyumi


8/31●【育休復帰のリリック】朝はハリキリ早めに出社 また一緒に働けるご縁に感謝 定時上がり突発休みはご容赦 短く濃く働くよ母ちゃん 目指すは素敵な先輩 続けよ元気な後輩 娘が大人になる未来 もっと楽しい社会にしたい! (19:24)

8/31●お片づけで出た不用品を先ほど一気に処分!!数時間で出来るんだから前もってやっとけよ、オレ!でもこれで、育休中のミッションは100%完了〜。あとは娘とべたべた過ごすぜ! (20:05)

9/1●おはようございます!出勤なう (7:51)

9/1●育休復帰初日の昼休みなう。応援ツイートをくださった皆さん、ありがとうございます!結局異動もなく元の部署に戻りました。しばらくは肩慣らし、と上司も言ってくれてるのでボチボチやっていきます。残念なのは朝礼での挨拶がフツーにまとまったこと。もっと面白いこと言いたかったのにぃ (12:54)

9/1●復職初日終了なう。他の部署のオジサンが、いっぱい休めていいね〜、と。どこにでもいるんだね、こういうこと言う人。 (17:41)

9/1●電話対応とかPCの扱いなんかは体が覚えている感じがした。判断力、決断力の類いが格段に落ちてると痛感。これが仕事のカンというものね。 (18:10)

9/2●育休復帰2日目終了。1年近く休んでいたのが嘘のような、職場の変わらなさっぷり。みんなイキイキしてなくて、色々考えちゃうな〜。サラリーマンなんてそんなもの?だとしたら悲しすぎる (18:15)

9/2●職場に楽しそうに働いている人がほとんどいなくて、愕然とする。私、こんなとこで仕事してたんだ。会社なんてこんなもの?せめて私は楽しく働けるように頑張ろう。育休復帰2日目の夜に思う。 (21:28)

9/3●保育園イコール可哀想、って言う人、結構いるんだな〜、と冷静に感じる。育休中は周りに肯定派が多かったから、これが世の中か、と新鮮。 (14:13)

9/3●寝坊もせず、無事今週が終了〜。 (22:27)

9/4●育休明け初の週末。緊張が切れて疲れがドッと出たので午前中は娘と昼寝。私らしい働き方について悶々なう。 (14:35)

9/4●保育園に向かう前に、コーヒーを一杯飲むのが日課となりつつある。早く迎えに行け!と言われそうだが、一息入れて頭を切り替えないと動けない私。 (14:47)

9/4●復職後、ネガティブなつぶやきばかりでしたが(笑)でもやっぱりハハでもツマでもない自分がいるって素晴らしい〜と感じています! (18:39)

9/5●今日は予定もないのでノンビリ構えていたら、夫の友達が来るって!それはいいんだけど、お昼前に来るからご飯用意してって。うーんと、用意するのは私だよね?無理〜(涙)休みたい… (22:57)

9/6●最近の娘の寝かしつけはベビマ。お腹から腕にかけてが一番気持ちいいらしくウットリ夢の中へ〜。私もマッサージされながら眠りにつきたいなぁ。 (22:46)

9/7●帰り道なう。今週は留守番でサポート業務。勝手知ったる仕事の補佐なので面白い。この人は指示が的確、とか、お願い上手、とか冷静に分析(笑) (18:06)

9/7●生協、今日も発注間に合わなかった。便利なのか不便なのかわからなくなってきたじょ。 (18:20)

9/8●仕事も育児もして大変ね、と言われる。大変だけど、がっつり考えて自分で決めたことだから。納得してる。何も気にせず飲みに行きたい!とは思うけどw (17:50)

9/9●なかなか来ないメールを待って残業!?かと思いきや、先輩が引き継いでくれた〜。ありがたい。みんなに支えられて働けてます。 (17:55)

9/9●おっぱいおしまいになったら、会社帰りに時々ビールを一杯だけ飲んで帰ってもいいかしら。 (17:58)

9/10●きのうから、キャリア、という言葉が小骨のように刺さっている。私にとってのキャリアてなんだろう。 (5:29)

9/10●営業の仕事って、そもそも雑用みたいなことも多くて何をキャリアと呼ぶべきかわからない。決断力とか判断力とか目に見えないものは確実に向上してるとおもうけど。 (5:34)

9/10●目に見えるものが欲しいのかもしれない。資格とか。コミュニケーションスキルが重要と感じて、その手の勉強ばかりしてるけど、それって資格のようなわかりやすさがなくてもどかしい。万能スキルなんだけどね。 (5:40)



(その2)9/11〜のツイートへつづく

☆野本由美子さんへの応援メッセージはこちらへ!→ @nomoyumi



(文責:若菜ひろみ)
【佐藤友恵さん・その3】ファシリテーターの復職後を追跡取材! [2010年09月23日(Thu)]
ファシリテーター・佐藤友恵さんの、
復職後を追跡取材!第3弾
です。

(その2)9/1〜9/10のツイートはこちら
(その1)8/22〜8/31のツイートはこちら


≪9/11〜9/18のツイート≫ 
佐藤友恵さんのツイッターアカウント:@satosantomosan
9/14●切り替え時間とても大事!決められた業務終了時間〜保育園お迎えまでの所要時間に+30分程度のゆとりがオススメ。仕事気分?自分ご褒美 ?子供に早く会いたい?自由に使える!RT @nomoyumi: 会社帰りなう。仕事に集中しちゃうと頭の切り替えをつけにくくなる。 (13:05)

9/14●私が復職し動けない分、NECワーキングマザーサロン@名古屋・岐阜のサポーターさんたちは、チラシなどのPR・会場探しに積極的に動いてくれます。参加者からの問い合わせについても的確に複数からアドバイスもらえ、とても助かります!みんなで開催するサロンです☆ (13:12)

9/15●昨晩、1歳児夕食前に沈没。夕食後、年長の娘とゆっくりお風呂、久々の母独占ですごく甘えて、寝かしつけるまで大苦戦22時やっと就寝。私も寝落ち。夫23:30帰宅。一旦目覚める。そして1歳児3時起床。5時まで一緒に遊ぶ。1時間睡眠をとり、あと30分で仕事へいく時間。あぁ今日しんどそう (14:20)

9/15●今朝こそ、NECワーキングマザーサロンのファシリテータMLへたまったメールを返信しようと思っていたが…できない。思うようにできないこともある。仕方ない。メンバーはきっとわかってくれる。 (14:23)

9/16●今日は上の娘の誕生日☆今日も一日ガンバロー! (11:04)

9/18●今日は娘達の保育園の運動会。育児休暇中、保護者として積極的に保育園行事へ参加した成果か、年長児のママたちがたくさん声をかけてくれる!0歳児の親子競技でも保護者・職員リレーでもエールをいただきました☆やっぱり自分の存在を認めてもらえるのはうれしい♪ (6:27)


…つづく☆

☆佐藤友恵さんへの応援メッセージはこちらへ!メガホン@satosantomosan

(文責:若菜ひろみ)
【佐藤友恵さん・その2】ファシリテーターの復職後を追跡取材! [2010年09月23日(Thu)]
ファシリテーター・佐藤友恵さんの、
復職後を追跡取材!第2弾
です。

(その1)8/22〜8/31のツイートはこちら


≪9/1〜9/10のツイート≫ 

佐藤友恵さんのツイッターアカウント: @satosantomosan

9/3●昨日は時短をとらず、フルで働きました。病棟で医師・看護師とディスカッション、どうすればこの患者さんの今後のために良くなるのか?意見を交わしました。久々のディスカッションで疲れましたが、あぁ私はこういう仕事が好きなんだとも思いました。 (5:39)

9/3●今のところ週に1度だけ時短をとらずフルで働いています。その日は娘2人と夫、そして近所に住む実家の両親の食事を作ることができていません。家族は簡単にできるカレーや外食でよいと言ってくれています。ありがたい。 (5:42)

9/3●がんばって!にこっ RT @nomoyumi: 職場に楽しそうに働いている人がほとんどいなくて、愕然とする。私、こんなとこで仕事してたんだ。会社なんてこんなもの?せめて私は楽しく働けるように頑張ろう。育休復帰2日目の夜に思う。 (5:44)
@nomoyumi→同じく9月から職場復帰をした、ファシリテーターの野本由美さん@練馬。

9/5●そうね。ちなみにばあちゃん達もその世間体と戦っています。我が実家には、保育園へ孫を預けるばあば友が保育園の様子を聞きに来てました。 RT @nomoyumi: 保育園イコール可哀想、って言う人、結構いるんだな〜、と冷静に感じる。これが世の中か、と新鮮。 (1:11)

9/5●母となってはたらく、働き方に一番戸惑うのは自分だったりして。特に元々の部署へ戻るとね。 RT @nomoyumi: 育休明け初の週末。緊張が切れて疲れがドッと出たので午前中は娘と昼寝。私らしい働き方について悶々なう。 (1:41)

9/5●わかるなぁ。私は車中で音楽聴いて、思っていることをぶつぶつ呟いて、駐車場でリセットして保育園へ行く! RT @nomoyumi: 保育園に向かう前に、コーヒーを一杯飲むのが日課となりつつある。早く迎えに行け!と言われそうだが、一息入れて頭を切り替えないと動けない私。 (1:44)

9/8●後輩に新人の頃、どうやって勉強したのか聞かれた。「複数の病院薬剤師が参加する勉強会とメーリングリストで勉強したのよ。一緒に勉強した仲間には、学会でパネリストになったり、専門雑誌で名前が載ってたりする子がいるよ。」「すごいですねぇ」「うん!」「そうなりたいと思いますか?」続く (5:16)

9/8●続き「思わない。たぶん、目標が違うもん」って自分でもびっくりするくらい自然に答えた。以前の私は間違えなく、彼女たちにあこがれ薬剤師として地位も名誉も手に入れようとしていた。今は「夫と一緒に地域貢献のできる薬剤師」「自分の思いを伝えることができる母」「いっぱい会話のある家族」…かな (5:26)

9/10●復職して20日程度経過。5才児の娘がお茶を服の上へこぼしたり、床の上でおしっこしたり、ずっと止まっていたおねしょをするようになった。おねしょは下の娘を出産したとき1カ月程度続いた。娘も気持ちの変化を表現してきている。これを上手にくみ取りどう声掛けしていこうか…悩ましい。 (12:15)

9/10●実家の母は上の娘がさみしいと主張してきているから、甘えさせようとして、夕食の食事介助をしてくれた。しかし、その場にいた夫は・・・不機嫌な様子。年長児でお姉ちゃんだから、こういう時こそしっかりしてほしいと思っているのか?何も話さない夫、察するのは無理、話してねとだけ声をかけた。 (12:19)

9/10●あぁ、こういう時だからこそ、夫婦で子供にはどうあってほしいのか話したい!彼女は信号を出してきている、それにみんなでどう対応していくのか、話し合いたい!まだまだ、夫とコミュニケーション不十分… (12:24)

9/10●私が復職して、積極的に洗濯と夕食の食器を片づけてくれていた夫がついにダウン。妻の復職後は夫も体力が必要なのね。私は元気なのよ。育休中は産後2カ月から週2回の運動してたから体力ついたのかなぁ。 (23:32)



(その3)9/11〜のツイートへつづく
(その1)8/22〜8/31のツイートはこちら

☆佐藤友恵さんへの応援メッセージはこちらへ!メール@satosantomosan

(文責:若菜ひろみ)
【佐藤友恵さん・その1】ファシリテーターの復職後を追跡取材! [2010年09月23日(Thu)]
こんにちは!NECワーキングマザーサロン事務局の若菜ひろみです。

「母となった私たちの“はたらく”」がテーマである、NECワーキングマザーサロンには、
職場復帰を控えた、育児休業中の方も多く参加しています(約4割)
同じく、サロンを開催しているファシリテーターも、16名中、育休中は6名。

そのうちの二人が、8月末と9月はじめに職場復帰しました!
佐藤友恵さん(名古屋市)…8月21日に復職
野本由美子さん(練馬区)…9月1日に復職

二人とも、復帰へのおもいや復帰してからのリアルな気持ちを、ツイッターでことばに残していて、それがとっても興味深い!!
…というわけで、皆さんにも紹介したくて、彼女たちの様子を追跡取材することにしました☆


まずは、8月21日に職場復帰をされた佐藤友恵さんのツイートをまとめて紹介します!


≪8/22〜8/31のツイート≫ 

☆佐藤友恵さんのツイッターアカウント: @satosantomosan


8/22●昨日から復職しました!久々の朝早くからの出勤、職場の上司とはいろいろ話したし、業務連絡のメールもずっと読み続けたけど、いざ働くとものすごく変化していて、対応しきれない。そして、忙しい!残業する仲間に頭を下げ、定時で帰路につきました。あぁ、いっぱい迷惑かけてすみません。 (16:16)

8/22●職場から直接下の娘を迎えに保育園へ、その足で上の娘のお稽古へ途中参加。その後、帰宅。下の娘に授乳してから、やっと昼食。3時過ぎている…。保育園への送迎は、母やパートナーに手伝ってもらって、上の娘のお稽古も母に送ってもらって…こんなに助けてもらっているのに、あぁ、やっていけるのか。 (16:20)

8/22●なんて、嘆きましたが、「よかったこと」というテーマで振り返れば、職場の人に笑顔で迎えてもらったし、娘は一緒に練習したエレクトーンの成果がバッチリ出てたし、ウクレレ教本も買えたし、届いたばかりのプラチナ電子ローラーリファも使い心地よかった!うん、気分上昇☆ (17:22)

8/22●がんばりましょ☆RT @nomoyumi: お疲れさま!私も早起きが不安です… RT @satosantomosan: 昨日から復職しました!いざ働くとものすごく変化していて、対応しきれない。そして、忙しい!残業する仲間に頭を下げ、定時で帰路に。 (17:24)
@nomoyumi→同じく9月から職場復帰をした、ファシリテーターの野本由美子さん@練馬。

8/24●昨日は本格的な復帰第1日目、突然ミーティングへの参加命令。資料もなければ時間もない。しかも、時短で退社する予定時刻15分前に始まるんですけど…そして5分遅れでスタート。30分オーバーで帰路につき、保育園の迎えも予定時刻より5分間に合わず、娘がぽつんと待っていました(涙) (5:34)

8/24●久々の臨床現場で会話。家族関係、ご近所との付き合い方…話の随所から感じることができる。突然の入院でよく聞く、家事を一手に引き受けてきたため主婦の悩み、家人は生活できているかな?早く帰らなきゃって。一方で今までの生活を振り替えり、年をとった体で家のことをすべてするのはつらいと… (5:45)

8/24●家の中で、自分の役割があるということは大切。私、パートナー、子供たち、それぞれの役割を尊重し、感謝し手伝いあいながら、生活していきたい。どうしようもなくなった時、スムーズにその役割を代替してあげたい。代替策を出してあげたい。やっぱり家族の会話が大切だわ。 (5:55)

8/25●メールでやり取りしたから、文章と言えば文章かな? RT @nomoyumi: 【緩募】育休復帰あたって、上司や上層部に対し休暇中の経験や今後の仕事への想いを文書で提出した方いらっしゃいますか?そういうのを書きたいんですが、経験談があったらお伺いしたいなと。 (4:19)

8/29●まさに! RT @nomoyumi: どんなに準備したって未知の世界に飛び込む前は不安。出産や育児もそうだけど。始まってしまえば大変ながら楽しみもあるんだろうな。育休復帰まであと4日! (5:11)

8/29●復職して一週間。時短とれずに仕事した日、1日のみ。他は仕事⇒保育園⇒病院⇒夕食…と日常が流れていく。そう!1歳の娘は保育園歓迎の下痢・発熱・じんましんを経験しました。睡眠時間は最低3時間だった…。育休明けは体力がいるわ。 (5:15)

8/29●同じチームで働くワーママ(後輩)から、「先生のいなかったとき、私、がんばらなきゃと思って時短もとらずに仕事してたのに、先生は時短で帰るんですか!」と指摘されました。あぁごめん、上司にはしっかり自分の思いを話したけど、あなたにはあまり話してなかったかも。 (5:19)

8/29●復職して、こんなに忙しいけど、こんな時だからこそ、保育園ママからホームパーティのお誘いがあった。ありがたい。会話は保育園話から、私はあまり興味のない嵐の話…そんな会話で心が和む。嵐で親子コミュニケーションを図っている家庭が多いんだなぁ。今度はみんなでキッザリアへ行く予定! (5:28)

8/29●今日は上の娘と練習を重ねてきた親子フラの発表会です!二人でおしゃれしてがんばって踊ります☆昨日は親子で使えるエコネイルやチーク、待ち時間に食べるおやつを購入!今から衣装へアイロンかけて準備しまーす。準備も楽しい! (5:36)

8/31●楽しい1日になりますように。ちなみに私は最終日に対物事故をしました。やっぱりそわそわしてたんだと振り返っています(笑)RT @nomoyumi: おはようございます!いよいよ育休最終日。朝礼で挨拶する夢を見ました(笑)今日一日楽しく過ごしま〜す☆ (6:00)

8/31●復職して10日、朝の早起きができなくなった…。PC作業時間が思うようにとれない…。もう少し慣れてきたら、時間が取れるかな。 (6:09)



(その2)9月のツイートへつづく☆

☆佐藤友恵さんへの応援メッセージはこちらへ!→ @satosantomosan

(文責:若菜ひろみ)
【吉竹雅子さんの想い・その2】昨年度はサポーター、今年度はファシリテーター [2010年09月23日(Thu)]
ファシリテーター・吉竹雅子さんの想い・その2

>>【その1】はこちら


初めて『NECワーキングマザーサロン』の活動を知った時には、「この活動に参画することはないなー」と思っていた、、、という、ファシリテーターの吉竹雅子さん

昨年サロンに参加して、その魅力を感じ、「この活動を応援したい!」という気持ちが募り、サポーターに。
そして、今年度はファシリテーターとして応募!
今は、サポーターさんとのいい関係をつくって、チームみんなでサロンを開催しています!



そんな吉竹さんが、「なぜ、ファシリテーターになったのか?」というところから、またまたツイッターにびっしり書いてくれました。まとめて紹介します!


●【今年ファシになったわけ】昨年のサロンが無事終了した後、3月に再び@AyanoMastyと振り返り(と称したおしゃべり会^^)をした。
このとき既にファシに興味を持ち始めていたけれど、それまで進行役などしたことがなくファシをやる自信がなかった。

●【今年ファシになったわけ】自信はなかったけれど、地元で継続してサロンを開きたいと思った。マドレのやっていることを、身近なひとに知ってもらいたい、とずっと思っていたから。

●【今年ファシになったわけ】マドレの活動のどこに共感しているのかというと、若いときに心身の健康を害し、産前産後でまた調子を崩し、自分の心と身体に向きあわざるを得なかった経験があった。そして、自宅で寝っぱなしの父の元で育ったので、病気の「予防」に関心があったから。

●【今年ファシになったわけ】病気の家族がいると、どんな生活になるのか、他の家族がどんな思いで過ごすのか、身をもって体験していたから、世の中の人は皆元気でいて欲しい!って思ってた。母となった女性には特に。

●【今年ファシになったわけ】人生のスタートに、子どもの一番身近にいるのは母親。
その母親が心身共に健康であれば、子どもはきっと健やかに育ってくれる。

今年度のサロンでも、何人かのご参加者方が「産後うつになった」「子どもにあたってしまう」と言っていました。

●【今年ファシになったわけ】産後の心身の不調には個人差があるけれど、サロンで行うコミュニケーションのワークは、産後女性ならきっと皆「やってよかった!」と思うワークであると思う

●【今年ファシになったわけ】マインドマップを描くことも、初対面のひとに自分の話をすることも、普段やり慣れないことだけれど、ワークで自分を客観視して、自分を主語に語ることを繰り返したら、いろんなことに翻弄されない人になれるはず。

●【今年ファシになったわけ】翻弄されない人生が送れたら楽しいし、家族や同僚周りの人と良好なコミュニケーションがとれるはず。

●【今年ファシになったわけ】とにかく、頑張っている人を応援したい!
ワーキングマザーも、これから働こうとしている方も...サロンに来てくださる方は皆。
他の方の話を聞き、自分と向き合い、前を向いて歩こうとしている人...そういう方々とこれからも出会いたい!

●【サポーターさんとの関係】横浜のサポーターさんは5名。皆、本当に落ち着いていて大人。4、5歳児の母も多いから、時間的余裕もあり、それぞれ良いペースでサロンに関わってくれている。

●【サポーターさんとの関係】 1期ファシ@AyanoMasty@keitanmomは、もう何も言わずとも、すべて察して動いてくれる。
※@keitanmom⇒昨年度のファシリテーター石川佳子さん

●【サポーターさんとの関係】@hossy_ykとアサコさんは5月のファシリテーター研修にオブザーバー参加してくれた。このPJへの思いがあり、サポーターに応募してくれた人たち。

●【サポーターさんとの関係】ケイコさんは、息子の幼稚園の母友。私がニューズレターを渡したことをきっかけに、マドレに興味を持ってくれた。お互い「幼稚園母にもこういう人いたんだ!」とびっくり!そして感動。誰よりも早く子どもを登園させ、帰りはさくさく帰る私たち。タムロしてる時間はなーーーい。

●【サポーターさんとの関係】この活動への思いは皆それぞれ。
わたしはマドレ正会員歴が長いし、心はかなり熱いと思う。でも頭のなかはクールでいたい。
自分の思いは語るけど「できる範囲で関わって」とサポーターさんに伝えている。

●【サポーターさんとの関係】昨年のように、2人でやるのは気楽と言えば気楽だったかも。
今年の春、ボリュームのある課題に取り組みながら、サポーターさんと連絡を取り合うのは、最初は正直大変だった。

●【サポーターさんとの関係】サポーターさんが多いところのファシは、もっと大変だっただろうな。でも、それも最初だけ。やった分の何倍にもなって、今還ってきている。感謝!!



>>【その1】はこちら

☆吉竹雅子さんへの応援メッセージはこちらへ→ @hamanomako

(文責:竹下浩美)
【吉竹雅子さんの想い・その1】昨年度はサポーター、今年度はファシリテーター [2010年09月23日(Thu)]
こんにちは、NECワーキングマザーサロン事務局・竹下浩美です。

今期から新しく始まった『サポーター』という制度。
61名(個人・団体含む)もの方々が登録してくださって、一緒に『NECワーキングマザーサロン』を盛り上げています!

この『サポーター』制度を、今期取入れていこうと思ったのは、
昨年度、ファシリテーターを応援し、支えてくださった方がいたから!でした。。。


そんな一人、昨年はサポーターとして、今期はファシリテーターとして活躍している、
吉竹雅子さんが、
昨年からこの活動に関わっての熱〜い想いをツイートしています!

皆さんにもご紹介したくて、こちらにまとめてみました!


吉竹雅子さんのツイッターアカウントはこちら
@hamanomako




まずは「昨年度サロンへ参加⇒サポーターとしての活動」について、です!


●先月のサロンの振り返りで、@AyanoMastyから「仕事をすると、家事育児しているときと違うアドレナリンが出る。よっしーさんも、今きっと出てる」と言われた。
※@AyanoMasty⇒昨年度、横浜でサロンを開催していたファシリテーター熱海綾乃さん

●うん、WMSの手伝いはじめてから、この1年で随分変わったと思う。

●昨年度は、チラシ配りますよ!⇒サロンも参加します⇒地元の会場取りましょうか⇒告知はまかせて!⇒振り返りも同席して...⇒もっと関わりたい!⇒一緒にやりましょう!
そんな流れでサポーターになった。

●【サポーターになったワケ】@AyanoMastyのサロンに参加したら、応援したくなった。
もっと沢山この人と話をしたいとも思った。

●【サポーターとして】サロン前後は、@AyanoMastyと毎日のようにメールでやりとりしていた。
申込状況、会場利用の注意点、予約状況、当日サポートのことなど、どんな細かいことでも共有した。

●【サポーターとして】初サポートの港北サロンで、@AyanoMastyから「申込ありました!」と連絡があったときは、すごく嬉しかった!@AyanoMastyさんも同じ思いだっだはず。
ファシになって思うけど、サロンのことで喜びを分かち合える相手がいることは、心強いし幸せ

●マドレの正会員で、何かしらの形で活動に参画したいとずっと思っていたけれど、昨年『NECワーキングマザーサロン』PJ始動を知ったときは、「この活動に参画することはないなー」と思っていた

●上の子が7か月ころ、ただただ社会に出たくて、新しい仕事を探して、保育園を決めて、パートの仕事で社会復帰した。

●見切り発車でスタートしたWM生活。保育園の母たちの職業は、CA、医者、薬剤師、教師...わたしはコールセンターのバイト。研修中には先輩に「だれでもできる仕事だから」と言われる始末。子育てしながら働く体力もなく、1歳になったばかりの子どもを預けることへの後ろめたさもあった。

●キャリアも、自信も、体力もなく、「どうして今、こんな大変な思いをしてまで働くのだろう?」と、このときはじめて「母となってはたらく」ことに向き合い始めた

「単身ではたらくこと」と「母となってはたらくこと」は別物
簡単に見つかる仕事では、簡単に辞められるし、簡単に辞めさせられることもある。

●収入の多い少ないはひとまず置いておいて、一生社会と繋がっていきたい。
細く長く、やりがいを感じることを続けていきたい
。と思っていた。

●産後SCIになりたい!と思った時期もあった。産後クラスは3クール、集中講座やボール講座にも参加した。今振り返ると「産後」でしたね、ハイ。上が3歳、下が1歳、怒涛の育児期で、ストレスがドカーンとかかっていたときだったから、跳ね除けようとする力が大きかったんだと思う。

●でも、イントラになるために、ニューズレターやブログを書き、身体を動かし、今の自分に足りないものを掘り下げていくうちに、徐々に自分の軸が固まっていった。

●特に、ワークで今の自分を何度も客観視し、繰り返し自分を主語に語ることがよかったのだと思う。これからどうしたいのかという「核」ができて、ブレなくなった

●サポーターになったのは、そんなとき。上の子は幼稚園年中、下の子は一時保育に通い始めており、「今は、専業主婦でいい。子どもの成長を見守りつつ、ひろばのボランティアをしながら、徐々にやりたいこと、やれることを固めていこう。」と思っていたころ、 @hacotからメールをいただいた。
※@hacot⇒NECワーキングマザーサロンPJリーダー高橋葉子

●【サロンに初参加】昨年11月。メンバーは、参加2回目の育休中の方、ファシの@AyanoMastyさんと私。
他の人とワークをやるのは、1年ぶりだった。少人数でじっくり、じんわり、専業主婦の今を見つめるよい時間になったが、正直、このときはまだ「お客さん」気分だった。

●【昨年のサロンで】2回目のサロンは、WMと育休中の方ばかり!輪の中に入ってワークに参加したが、納得して専業主婦を選択した時期だったので、一瞬、場違い?と思ったが「いや、でもこの先働きたいのなら、皆さんの話は参考になる、聞いておこう」と思い直した

●【昨年のサロンで】3回目のサロンは、WM・育休中の方・専業主婦の方・会社員ではなく自宅で仕事している方もいて、前回とは全く違う雰囲気だった。
回によってカラーが違う面白さを感じ、「はたらく」という同じテーマを持ちつつも、様々な立場の方々が交流するサロンに魅力を感じた



>>【吉竹雅子さんの想い・その2へつづく

☆吉竹雅子さんへの応援メッセージはこちらへ→ @hamanomako

(文責:竹下浩美)
| 次へ