CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2010年06月 | Main | 2010年08月»
プロフィール

WMSプロジェクトさんの画像
WMSプロジェクト
プロフィール
ブログ
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2010年07月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク集
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/wms/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/wms/index2_0.xml
7/18@荒川・南千住で開催しました [2010年07月27日(Tue)]
こんにちは。荒川ファシリテーターの江口です。
7月18日にNECワーキングマザーサロン@荒川・南千住を開催しました!



梅雨明けの猛暑のなか、今回は3名の方に参加いただきました。
育休中で8月に復帰を控えている方、専業主婦でこれから再就職を控えている方など
私も含めた全員が、これから「働く」を目の当たりにしている状況でした。

「パートナーに子どもを預けるですら不安だけど…」と惑いながらも
預けて参加してくださった方がいたのは、とても嬉しかったです。

実は私も毎回不安と闘いながら、子どもを一時保育やパートナーに委ねて
サロンを開催しています。
これも自分だけで育児を抱え込まず、「委ねる」練習だ!と思って、乗り切っています。
今後、仕事を始めるようになったら、きっともっと多くの「委ねる」ことが
必要になってくるんだろうな、と思いながら。
今はきっと準備期間なんですね。
参加者の皆さんと、一緒に頑張ろう!と思えました。

さて、今回は少人数でのサロンだったので
たくさん話せて、たくさん聞けて、とても深いサロンになりました。

いくつかトピックを紹介すると…


「こうありたい自分」と「現実の自分」のギャップは誰しも感じる。
ただ、そこで「こうありたい自分」にとらわれすぎず
「自分はどうしたいのか」「どこまでやるのか」という
自分のなかでの評価基準を大事にしたい。



「育休取得も育休後の職場復帰も第1号。
産前と同じように働けない自分を、会社は必要とするのだろうか」
という不安に対しては、
「初めてだからこそ返せることもあるのでは。
一人で頑張るのではなく、みんなで働くことを強みにしていけるのでは」。



夫には家事も育児も、もちろん協力してほしい。
でも具体的に洗濯したり掃除したり…ということよりも
大前提として、自分に何かあったときに対応できるように
家事や育児にはこんなことがある、ということを理解して
準備しておいてほしい。



『3人寄れば文殊の知恵』と言いますが(実際いたのは4人ですが)、
やはり一人ではなく、少人数でもこうして話し合えると
知恵だったり、新しい視点だったり、自分の新たな思いが
出てくるんだなぁと感じ入りました。

「話せてよかった」という感想をいただけたことが
本当に嬉しかったです。
また職場復帰後のご感想など、聞かせてくださいね。


次回は
7月31日(土)@川口
8月21日(土)@浦和
8月27日(金)@文京
の予定です。

ぜひ奮ってご参加ください!!


(文責:江口佳織)
6/25@荒川サロン開催しました [2010年07月27日(Tue)]
こんにちは。荒川区を中心に活動をしているファシリテーターの江口です。
ご報告が遅くなりましたが、6月25日にNECワーキングマザーサロン@荒川を開催しました!



梅雨の合間の蒸し暑い日、今回は6名プラス赤ちゃん2名に参加していただきました。
育休中が3名、現役ワーキングマザーが2名、現役大学院生マザーが1名という構成でした。

まずは自己紹介、引き続き「Good&New」というワークで頭と口と手のウォーミングアップ。
そして、「人生」「仕事」「パートナーシップ」の切り口で自分の思いを語る
「シェアリング」のワークを行いました。





シェアリングの肝は
「自分はどうしたいと思っているのか。どうありたいと思っているのか」という
「自分の思いを口にする」こと。
特に意識していなくても日々の生活はできますが、時折立ち止まって確認することも大事ですね。

ワークの後は話したことでの気付きや自分の思いを、全体でシェア(共有する、わかちあう)します。

今回は、仕事の話、育休中の方からは復帰後の体験談について聞きたい、
パートナーと育児や家事をどう分かち合ってもらうのか、など
途切れることなくたくさんの話題が展開されました。


その中の1つのトピックを紹介します。

「パートナーとの日常では、家事や育児を「手伝うよ」と言われることに違和感。
二人の子どもなのに、私(妻)がメイン、夫がサブという構造になりがちで。
でも、例えば家事の流れを共有するのも時間がないし面倒だし、
どうしたら夫自身がもっと察して、動いてもらえるのか?」

という極めて具体的、かつ「私も〜〜〜」と身悶えてしまうような話が。
家事や育児で「こんなに大変な自分」をもっと理解してほしいし
実際に手も動かしてほしいのが人情ですよね。

エスカレートすると「夫操縦術」なんて話にもなりそうなところ、
別の参加者からこんな発言が。

「私もよくそういうことで夫と喧嘩した。でもそこで夫に言われたことは
あなたと私は違う人間で、だからこそパートナーになった。
あなたと同じ人間は二人も要らないでしょ
』と」

思わず「ガツーーーン」と声に出してしまった方がいた程、ガツーーーンな一言でした。


自分とパートナーは別の人間。
違いを認め合ったうえで、どういう関係性を築いていくか。

きちんと向き合うのにはエネルギーも時間もかかりますが、
これからの長い「人生」や「仕事」を続けていくためにも、本当に必要で大事です。
私も痛感しました。

答えは簡単に出せないし、実際に何かの行動に移せるまでは
やっぱり時間がかかるかもしれません。
でも自分の気持ちと向き合い、もやもやしつつも考え続けることは、
ぜひ続けていって欲しいし、私もそうしていきたいと思います。


さて、時間いっぱいまで盛り上がり、最後は記念撮影でサロンは終了。
私自身、初回のサロンということもあって、たどたどしい部分は多々あり
反省点もたくさんでした。

ですが、こういった膝を付き合わせて「母となって、はたらくこと」を語れる場を
ファシリテーターとしてこれからもたくさん開催できることに、
大きな楽しみと期待を抱いています。

このNECワーキングマザーサロンでは、ありがたいお話が聞けるわけでも、
答えがすぐに見つかる場でもありません。
少しだけ、自分を見つめなおして、「これから」のことを考える場として
サロンを活用してもらえたら、嬉しいです。

もちろん私も、もやもやしながら「これから」のことを考えています。
サロンは11月まで開催されますので、「これから」のことを考えたい方、
一緒に(時にはもやもやしながら)考えていきましょう!

たくさんの方とお会いできることを楽しみにしています。


(文責:江口佳織)
7月17日@杉並サロン「爆発するパートナーシップ!?」 [2010年07月23日(Fri)]
サポーターの田口愛乃です。
7月17日、杉並区の本天沼区民集会所和室にてWMS@杉並Vol.2開催いたしました。

参加者は7名。うち、2名の方が赤ちゃんと一緒に来場。
プラス、マドレボニータ事務局の北澤さんもサポーターとして同席してくださいました。

サロンが始まる前から参加者同士で自己紹介が始まり、盛り上がりそうな予感★

まずはファシリテーター信田さんがサロンの説明と自己紹介。
「(子育てをしながら働くを語り合える)みなさんと出会いたかった」という言葉に誰もが「うんうん」とタテノリ……うなずいていたのが印象的でした。

今回ご参加いただいた皆さんのおかれている状況は、第一子妊娠中、育休中、すでに復職、母であり大学生など、バラエティ豊かな面々です。静岡県の御殿場からお越しくださった方も(朝早くからありがとうございます)!

今サロンでは「パートナーシップ」について暑く、熱〜く語り合いました。
出産経験のある方々(私も含め)から自然と「爆発」というフレーズが飛び交い、お昼前から(!)刺激的な一面を見せたこのテーマ。どこのお宅でも産前と産後では妻と夫で、お互いの在り方に差が生じてしまうことが多いようです。

「夫は私が仕事をすることを応援してくれていて、育児にも協力してくれている」という、端から見ると理想の夫婦像を地でいってそうな方でも
「昔ほど仕事命! ではなくなった自分に夫は気付いていないかも」
「夫婦というより、【チーム育児】という仕事上のパートナーみたいな関係性になってきた気がする」
というような産前にはなかった違和感を抱えていることを吐露してくださいました。

これにちなんで、「産後も産前もしくは恋人時代のようにラブラブでいられることは可能?」といったトピックも出て、サロンはとても盛り上がり、あっという間にお開きの時間(それでもなかなか終わらなかったんです)。

終了後にお答えいただいたアンケートに
「もっと話したかった」
「このメンバーであと数時間は語れる!」
という感想があり、サロンの本意が達成できている手応えを感じられました。

「もっと話したかった」
「あっという間だった」
と消化不良気味な方、リピート参加大歓迎です!(都度、資料代はかかりますが、その資料は是非、友人知人親戚にプレゼントくださいませ)
参加者の顔ぶれが変わる分、新しい気付きもあります。自分の軸をさらに固めるチャンスにもなりますよ。

【追加情報】
マドレボニータ東京支部が開催していている「マドレ・ネットワークサロン」に杉並区ファシリテーターの信田綾子さんが夫婦でゲストスピーカーとして登場! テーマは「母となった私たちの『パートナーシップ』〜男性の口からも聞いてみたい!!」。
日時:8月28日(土)※時間は未定
場所:高井戸地域区民センター
詳細はhttp://kokucheese.com/event/index/2846/
ぜひぜひ、足をお運びくださいね。夫婦で参加大歓迎!

文責:田口愛乃


7/16@広島 開催しました! [2010年07月16日(Fri)]
こんにちは!
ファシリテーターの猫田久美子です。

7月16日にNECワーキングマザーサロン@広島を開催しました!



参加者は大人7名+子ども2名。
(写真には別室で一時保育を利用されていたお子さんたちもハート

+団体サポーターでもあるe子育てセンターから、スタッフKさん、
そして、NPO法人マドレボニータから、WMSプロジェクトのリーダーでもある
高橋葉子さんも応援に駆けつけて下さって、今月もにぎやかなサロンとなりました笑顔


まずは全員で簡単な自己紹介。





今月の参加者は育児休暇中の方、求職中の方、
専業主婦の方、WMを経験後、退職された方などなど、それぞれの状況が実に多様!

だからこそ、この場に集った想いを語り、聴きあうところから、サロンがはじまりますラブ


自己紹介のあとは、コミュニケーションワークを用いながら、
少しずつ自分の想いと向き合っていきます。





まずは一人、次は二人、そして全体で向き合う、という段階を経るうちに、
少しずつ自分の想いが見えてきた方も。


みんなで向き合う「全体シェアリング」では、


・子どもが病気になった時にセーフティネットをどのように構築するか、

・自分が働くこと、仕事を辞めることについて、
 パートナーとの意見の相違をどう擦り合わせるか、

・自分は何を大事にして働くのか



といったテーマがあがっていました。
こういう深い話初対面の人ともできてしまうのが、このサロンの魅力ハート


また、育休→復職経験のある方からは、


「復職後はこう!と思ってもそのとおりにはならなくて、絶対にもやもやする。

これだ!とは決められないけど、やってみれば答えはみつかる。

だから、もやもやする覚悟を決める



という声もありました。
頼もしい!!!


今月のサロンで個人的に特に印象に残ったのは、
「わりきる」という言葉。


子育てはままならないことだらけ。
参加された方の中にも
「子どもが病気になって一ヶ月保育園を休み続けた」困った
という方も。

そういうままならないことに直面した時に、


どう「わりきる」か


というのは大きいだろうなあ…と感じました。

これも自分への課題!と腹を括って、できないことを思いきって手放すのと、
想いを残したまま仕方がない…とあきらめるのとでは、結果も大きく違ってきそうな気がします。

…でも、そうは言っても、思っていても、できないこともたくさんある!!


だからこそ、


「わりきれなくても自分を責めない」


のも大事なんですよね。
(私もすぐ自分を責めて満足しちゃうタイプなので、気をつけよう…困った


今月は私自身もワークに入ったせいか、あらためて自分自身はどうありたいのか?
ということを深く考えました。

みなさんの話を聞いて、やっぱり母となってはたらくことは、
自分のことだけ考えては決められない。

子ども、パートナー、子育てをサポートしてくれる家族や友人、
保育園や幼稚園、地域の子育てサポーター…

私たちのまわりにはたくさんの人が関わっていて、
だからこそ、誰も犠牲にならない働き方がしたい。

あらためてそんなことを感じました。


余談ですが、今回の広島サロン。
前々日まで広島地方は大雨!!で、地域によっては4日間休校になったところもあったぐらい困った

会場の祇園公民館近くの川も増水し、床下浸水の被害が出ており、一時は開催も危ぶまれましたが、
当日は見事に晴れ太陽


きっと参加して下さった方のおこないがよかったんでしょうね!
みなさま、本当にありがとうございました笑い

**

次回は8/26(木)10:00〜12:00 祇園公民館にて開催です。
(詳しくはコチラ

たくさんの方にお会いできるのを楽しみにしています星

(文責:猫田久美子)
7/15@足利開催報告 [2010年07月15日(Thu)]
7月のWMS@足利の報告をさせていただきます。サポーターの岡島です。

参加者2人と少ないだけに、全員がたっぷりと話し、聴き、考えることができました。

ファシリテーターの下山さんもまだ2回目とは思えない落ち着きっぷりで
自然なリードでした。



梅雨にもかかわらず、爽やかな後でした。

理由は発言がとってもポジティブだったこと。

もがくことも、あがくことも、ありありの産後ですが、
「ありあり」を前提にしつつも、とにかく前向き!



「子どもを理由に休めない職場だとしても、自分が切り拓いていく!」

「子どもを保育所に預けてみて、他の子とおもちゃを取り合ったり、
先生たちをちゃんと覚えていたり、
新しい環境に適応して人間関係を作っていく
我が子の姿に、励まされ、復帰へ向けて勇気をもらった」

「子育てに専念しようと決めたのに、
早く復帰しないと社会から取り残されちゃう、と内心焦って
心が定まらないでいた。
サロンに参加して自分がどうしたいか、何に焦っているのかが分かった。
できたらもう1人子どもを授かって、その子の育児が一段落してから復帰を目指します」

「産前はちゃんと時間を守れてた。
今は子どもが、うんちしちゃった、とかで仕方ないなーって当たり前に遅れたりしてた。
でも、それって当たり前じゃないって気付きました。まずは、この甘えを変えていきたい」



たくさん話して爽やかな笑顔。


次回は8月26日(木)10:15〜12:00です。

ドロドロした思いも、語ってみれば意外と爽やかに突き抜けちゃうかも。

お申込みはこちらまで!

(文責:岡島)
7/11菊名サロン開催 [2010年07月12日(Mon)]


こんにちは、NECワーキングマザーサロン@菊名のファシリテーター、吉竹です。



きのうは、曇り空の中、今年度2回目の菊名サロンが開催されました。
(前回の模様はこちらです)







ご参加者3名は、就業中、育児休業中、専業主婦と、立場も状況も様々。




子育て支援に携わる方の、見学を兼ねたご参加もあり、

子育て真っ最中の私たちと、産後15〜30年という働く母としての先輩たちとが、

本音で語り合う会となりました。







自己紹介のあとのコミュニケーションのワークでは、

それぞれがマインドマップを描き、自分としっかり向き合ったあと、

二人組みになって、相手の方に自分の思いをお話していきます。




赤ちゃんも一緒に☆




ご参加者からは、


「自分のことを話すのは、難しい。普段子どもに難しいことを要求していたとわかった」

「相手に話し、まとめて返してもらうことで、自分のやりたいことを確認できた」

「いくつになっても、自分のことを振り返る機会は必要」、などの声があがりました。





わたしたちは、家事に、育児に、仕事に忙しい毎日ですが、

出産して、大きく人生が変わった今だからこそ、

自分を振り返ることが大切だと、

わたしも、改めて気づかされました。






その後は、それぞれの今の状況のなかで、これからどうしていきたいか、

また、地域や保育園との関わりのなかで子育てすることの良さについてなど、

話は膨らんでいきました。





こどもを持った自分が、これから、会社に、社会にどのように貢献し、

社会とどのように関わっていきたいのか、という思いを、

もっともっとお聴きしたかったのですが、

時間を少しオーバーして、サロンは終了。




アンケート最後のご感想には、

「母になってから、こんなふうに仕事について考える機会がなかった」

「これから、を考えられるきっかけになった」

「様々な年代の方と話ができて、よかった」

と、ありました。






まだまだ未熟な進行役ではありますが、

サロンが良い出会い場、本音で話せる交流の場であることは、

間違いないと思います。







ご参加くださった皆様、本当にありがとうございました。

きのうの気づきや、ワーキングマザーの教科書に書いてあることを、

是非パートナーやご家族、同僚など周りの方と分かち合ってくださいね。




美しいはたらく母が増えることを願って、引き続きわたしもがんばります☆



※次回の菊名サロンは、8月22日(日)10時半〜です。
 (詳しくはこちら) みなさまのご参加、お待ちしております!





(吉竹雅子)























6/27@世田谷 初回開催! [2010年07月06日(Tue)]
サロンサポーターのもこです。



6月27日(日)、記念すべき第1回目のサロンが開催されました!
心配していた雨も何とか降らず、幸先いいスタート★

今回はサポーターを含めて8名が参加。
ワーキングマザー、育休中の方、専業主婦、
そして結婚されて間もなく、いつかはワーキングマザーに!とお考えの女性もいらっしゃいました。
赤ちゃん連れの方は1名。マットを広々使っていただきました。


ファシリテーター竹村智恵さんの気さくで柔らかな語り口で、
一通りの自己紹介が終わるころには緊張も解けてきます。

まずはペアになって、2つのワーク
テーマにつながる話題の切り口で、お互い思うことを話し、聴きます。
自分に向き合って、言葉を紡ぐ機会も時間もなかなかない母たち、
いきなりのことに何を何から話せばいいの?と戸惑ったのも一瞬で、
設けられた時間がいっぱいになるころには、
話が止まらないくらい盛り上がるペアもちらほらありました。




その後はみんなで「全体シェアリング」
真っ先に挙手したのは赤ちゃんでした。笑

全体シェアリングでまず話題になったのはパートナーとのコミュニケーションについて。
子どもが生まれると、「大人の話」をする相手がいない・・・。
一番身近なパートナーとも、気づけば子どもを介した、子どもに関する話しかできてなかったり。
パートナーの仕事の話を聞いても悶々としてしまうだけで、
きちんと聞けてないことに後ろめたさを覚えたり。

「母となって、はたらく」には、パートナーとのコミュニケーションはとても大切です。
既に復職している場合はもちろん、
育休中でも、今は専業主婦だけどいつか働きたいと思っている場合でも。
もちろん、コミュニケーションの「スタイル」は人によってさまざまでいいんですよね。
がっつり面と向かって、
サロンで行ったワークのようなツールを使って、
まずはメールや手紙で思っていることを伝えて・・・。


大人の話、仕事についての話ができる相手は、パートナー以外にも欲しい!
誰とそういう話をしていますか?という投げかけにもいくつかの発言がありました。
将来再び働きたいと思っている専業主婦にとって、
ワーキングマザーの相談相手は?職場にロールモデルとなるような女性はいるの?
・・・というあたり、とっても気になります。


こうやってシェアリングをしていると、
他の人に発言に、自分の抱えている問題のヒントがあることに気づいたり、
自分の発言の中に、自分が大切にしていることを見つけたり、
悩みもがいているのは自分だけじゃないんだってことに勇気付けられたりします。
あっという間の2時間、興奮冷めやらぬ中、初回のサロンは終了しました!

ファシリテーターの竹村さんも言っていましたが、
後から効いてくるのがワーキングマザーサロン。
日常にもどってしばらくして、ふと何か気づき、少しアクションが変わったり。
世田谷サロンでは、そんな「後日談」もみんなで共有できるような、
「サロン当日だけでは終わらないサロン」のために、いくつか仕組みを企画中です。


そして次回開催が決定しています!
7月26日(月)、今度は平日です。
会場の最寄り駅は小田急線千歳船橋駅。
開催概要はコチラからご確認ください。



左側の地図は、これから参加者のみなさんに、
お住まいの場所をシールで貼っていただくためのもの。
11月にはまっかっかになるはず!!


ちなみに・・・。
会場へはぜひあぐらをかける服装でお越しください!
実は私、パートナーがムスメ(生後6ヶ月)をみていてくれることになり、
単身ででかけられる身軽さがうれしくて、
とんとご無沙汰していたスカートをはいていったのですが、
会場は和室で車座になることをすっかり忘れていました
2時間正座はつらいし、横座りは姿勢が悪くなるし・・・。
これからはぜったいパンツで行くぞと誓ったのでした。


***
Twitterでもつぶやき中!
ぜひフォローしてください。
開催告知のリツイートもじゃんじゃんお願いします。
http://twitter.com/wms_seta

(サポーター:太田智子)
7/3@港区【ポーラスター】 [2010年07月03日(Sat)]
『7/3(土)@港区ポーラスター サロン<第2回目>開催レポート♪』

 港区の第2回目のサロンは、『西麻布』にあるRedRobin@STUDIO TRONにて開催されました笑顔



今回は、リピーター参加者と初参加者が半々だったワーキングマザーサロン。

前回は<子育て>について語ることが目立ちましたが、

今回は<仕事について>語る方の多いサロンでした。

リピーターの方も

「同じ進行・同じ内容なのに、参加する方でこんなにも違う話が出てくるとは思っていなかったので、また初めて参加したような気持ちになりました♪」という声を頂きました♪



本当に不思議なのは、「同じサロンは1つも存在しない」ということです。

もし、このブログを見た方は リピート参加 してみてください!

自分自身の気づきも、また違う視点から考えさせられて、またもう1つ自分のことを深く掘り下げられますよ!!

=======☆☆☆==========☆☆☆==========☆☆☆=======


今回のサロンの全体シェアリングの中で、印象に残ったコトバを皆さんと共有したいと思います笑い

<参加者の気づき>

   ・ 文字(コトバ)にして落とすことで、自分の考えや気持ちが整理されることに気づいた。                
         (これは、リピーターも初参加も同意見でした♪)

   ・ 様々な環境(自営業者、会社員、未妊、2児の母など)の方とお話してみて、
     環境が異なっても同じ悩みを抱えている等 共感 できることがあった。

<仕事について>

  
   ・ やりがいのある仕事をして、活き活きと仕事をしている背中を子供や家族に見せたい♪(多かった意見)

   ・ 「自分に向いている仕事」と「やりたい仕事」は違うもの。

   ・ 今まで(産前)の仕事から、今後自分がどうありたいかを考える時間(育休中)を経て、
     復職したら少し違う仕事や今の仕事の第二ステップを踏み出したいと考えている。
     
     ・・・しかし、不安もある。 

    [不安 理由]
      1、時間の管理が出来るか?(フルタイム or 時短)
      2、お給料と仕事内容のバランス
      3、子供に寂しい思いをさせてしまうのでは??

   ・ 子供をもって仕事をすることで、「仕事をする」という本当の理由は、
    「自分の為に必要なことだった」ということに気がついた。 

≪その他の気づき≫
   
   ・ 時間の管理については、<割り切り>が必要!
     (とことん育児タイム⇔とことん仕事タイム でバランスをとる)

   ・ パートナーに委ねるということが重要だと気づいた。(パートナーシップの重要性)

   ・ 家庭の中の母の立場はとても重要で、「母の気持ちの持ちようなんだな」と感じた。

   ・ 母がいつも笑顔でいる為には?

   →自分自身がどうありたいか?という土台をしっかり持つことが大事だと思った。

=======☆☆☆==========☆☆☆==========☆☆☆=======

そして、ワーキングマザーサロン終了後は・・・ドキドキ小

併設されているイタリアンでの楽しいランチタイムです乾杯


六本木ヒルズで遊んでいたご主人と息子さんも合流して、皆で仲良く美味しいパスタを食べましたキラキラ

前回のリピーターさんの中では、
「次のサロンには美味しいパスタがついてくるラブという情報をキャッチし、今回のサロンは、そんな邪念(?)を持って参加しました(笑)」

と最初の10秒自己紹介でお話されている方もいらっしゃいました(笑)

次回の港区開催は、
                8/1(日) AM10:00〜AM11:30 
        ≪場所≫港南健康福祉会館(ゆとりーむ)  多目的室  です♪


皆様のご参加をお待ちしております♪♪♪


詳しくはこちら→港区ポーラスターブログ

≪文責:河野 亜実≫
【2010年7月のサロン開催予定】 [2010年07月01日(Thu)]
暑い季節になりますね〜。そんな時こそ『自分の軸』をさがしに
出かけてみませんか?        (更新:2010年7月16日)

<<7月の開催予定>>  

【報告はこちら】7/3(土)10:00−11:30 福岡市/ふくふくプラザ
⇒申込先:中野潤子 ★詳細はこちら

【終了】7/3(土)10:30-12:00 港区西麻布/西麻布Red Robin@STUDIO TRON
⇒申込先:ポーラスター ★詳細はこちら

【報告はこちら】7/10(土)10:00ー11:45 大田区大森/大田文化の森
⇒申込先:てんこ盛り  090-2932-7508(友岡) ★詳細はこちら  

【終了】7/11(日)10:30−12:30 横浜市港北区/菊名地区センター
⇒申込先:チーム・凸凹(でこぼこ)(吉竹) ★詳細はこちら 

【報告はこちら】7/15(木)10:00−11:45 板橋区板橋/常盤台地域センター
⇒申込先:わくわくプロジェクト ★詳細はこちら 

【終了】7/15(木)10:15−12:00  足利市/しゃんしゃん広場
⇒申込先:クレマチスの会 ★詳細はこちら

【報告はこちら】7/16(金)10:00ー11:45  北区赤羽/赤羽会館
⇒申込先:わくわくプロジェクト ★詳細はこちら≪満員御礼≫

【終了】7/16(金)10:00ー12:00 広島県広島市 /祇園公民館
⇒申込先:e子育てセンター ★詳細はこちら≪満員御礼≫

【終了】7/17(土)10:00ー11:45  大阪市中央区
       ドーンセンター(大阪府立男女共同参画・青少年センター)
⇒申込先:WMS関西(鴨谷) ★詳細はこちら

【終了】7/17(土)10:00ー12:00 杉並区荻窪/本天沼区民集会所
⇒申込先:信田綾子  ★詳細はこちら 

【終了】7/18(日)10:00ー11:30  荒川区南千住/南千住駅前ふれあい館
⇒申込先:サークル・オブ・レインボー(江口) ★詳細はこちら

【終了】7/18(日)10:15ー12:00  仙台市青葉区/エル・パーク仙台
⇒申込先:Shining mama@仙台 ★詳細はこちら

【終了】7/19(月祝)10:00ー11:30  練馬区/練馬文化センター
⇒申込先:さくらハーモニー ★詳細はこちら    

【終了】7/20日(火)10:00ー12:00 長野県松本市/松本市中央公民館(Mウイング)
⇒申込先:ohana☆ nagano(牧内) ★詳細はこちら

【報告はこちら】7/21日(水)10:15ー12:00 千葉県千葉市/高洲子育てリラックス館ひろば2
⇒申込先:ミルフィーユちば ★詳細はこちら

【報告はこちら】7/23日(金)10:15ー12:00 名古屋市昭和区/昭和区社会福祉協議会2F
⇒申込先:ママスタートクラブ(佐藤) ★詳細はこちら≪満員御礼≫

【終了】7/24(土)10:00ー11:45 大田区大森/大田文化の森
⇒申込先:てんこ盛り  090-2932-7508(友岡) ★詳細はこちら 

【報告はこちら】7/25日(日)14:15ー16:00 千葉県千葉市/千葉市子育て支援館多目的室
⇒申込先:ミルフィーユちば ★詳細はこちら

【終了】7/26(月)10:30ー12:30 世田谷区桜丘/笹原小学校 和室
⇒申込先:Skidamarink ★詳細はこちら   

【終了】7/27(火)10:00ー11:45  神戸市(三宮)/神戸市青少年会館
⇒申込先:WMS関西(鴨谷) ★詳細はこちら

【終了】7/30(金)10:30ー12:00  西東京市ひばりが丘/ひばりが丘公民館
⇒申込先:さくらハーモニー ★詳細はこちら 

【終了】7/31(土)10:00‐11:30  川口市/川口市中央ふれあい館
⇒申込先:WMSさいたま ★詳細はこちら≪満員御礼≫ →追加申込み受付中


8月の予定はこちら☆   

***************************************************************
【対象/定員】
育児休暇中の方、いずれ再就職したいと考えている方、ワーキングマザー…など、子育てや働くことについて考えたい女性、どなたでも。(妊娠中、未妊の方も、もちろんご参加いただけます)/各サロン約10名程度
※生後210日以内の赤ちゃんは、ご一緒に参加できます。

【参加費】
無料。ただし資料代として500円

【お申し込み方法】
↑参加希望されるサロンの「申込先」に、以下の内容をお送りください。
-------------------------------------
◇メールの件名
【申込】WMS@地域名・開催日(お名前)
例) 【申込】WMS@福岡7/3(杉並花子)
-------------------------------------
◇メール本文:
1)氏名
2)メールアドレス
3)電話番号
4)お住まいの地域
5)職業・現在の状況
6)参加動機
7)赤ちゃん同伴の有無。同伴されるかたは赤ちゃんの生年月日

-------------------------------------

※もし上記で連絡がつかない場合は、
 NECワーキングマザーサロン事務局 までご連絡ください。