CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2010年04月 | Main | 2010年06月»
プロフィール

WMSプロジェクトさんの画像
WMSプロジェクト
プロフィール
ブログ
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2010年05月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
リンク集
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/wms/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/wms/index2_0.xml
【ファシリテーター研修】第2日目報告 [2010年05月24日(Mon)]
WMSプロジェクト事務局の竹下浩美です。

NECワーキングマザーサロン・ファシリテーター研修、
第1日目(5/17)のテーマは、『共有』でした。
第2日目(5/24)は、『おもいの共有』です。

まずは、この日集まった40数名で1つの輪になり、全員がひとりずつ自己紹介。

サポーターの方々は、自分の地域以外の方とは直接関わりないけど、
せっかくこの場に集まって顔を合わせた仲間。
このサロンにどんな方が積極的に関わってくださっているのか...
皆さんの声を聞くことができたのは、とても嬉しかった。

昨年度まではなかった『サポーター』という存在。
ファシリテーターがサロンを開催する中で徐々にサポートしてくれる人がついてくる...
という状態だったのです。
「サポートがあるとないとでは、全然違う!
 吉竹さんがいなければ、こういう出会いは得られなかった!」
…という前年度ファシリテーターの声があったくらい、サポーターは大きな存在。
(この、吉竹さんは今年度ファシリテーターになりました!)

そして、今期は61名(個人・団体含む)が『サポーター』として集まってくださいました。
皆さん、申込みのときのとても熱いおもいを書いてくださってました。

なので、自己紹介のあとは
ファシリテーター・サポーター・スタッフそれぞれの立場で、
『このプロジェクトにどう関わりたい?』というテーマで
サロンと同じように2人1組でシェアリングをしました。

そして、そこで出た気づきやおもいを全体で分かち合います。

(それをマインドマップにひたすらメモする陽子インストラクター)

押さえていた感情が、このワークをやって溢れ出てきた...
という方もいた。
不安な気持ちもある。でも、それを客観的にみることで見えてくることもある。

このNECワーキングマザーサロンは、
同じワーキングマザーであったり、母として「はたらく」を考えている人が
会を進行している、というのがとても大きいんだとおもう。
だからこそ、ノウハウではなく、
その場をつくる人たちの『おもい』が大事。

著名な誰々...ではないからこそ、
その人たちの「おもい」や「人柄」に惹き付けられて、
参加者が集まってくる。

本当にたくさん語り合って、あっという間に午前の部が終了。
みんなで記念撮影です☆


そして午後からはグループに分かれて、
ワークの練習&振り返りをひたすら行いました。


ファシリテーターもサポーターもスタッフも、みんなで取り組みます。
その人のいいところがある。
じゃあその良さを引き出すには?というのを、考えて伝えるダメだし。

全国のサロンが全て同じものでなくてもいい。
『その人らしさ』のあるサロンがいい。
それができるのは、
課題に取り組み、2日間の研修を受けたファシリテーターの皆さんだから。

ファシリテーターの石平さんはこの研修のあと、
「みなさんのことが今まで以上に大好きになりました!」
と仰ってました。
みんなそれぞれお互いのことを尊重しあい、深めあった研修。。。

終了後には皆さんの健闘を称えて、
マドレボニータの吉岡マコ代表から「修了証」がお1人づつ授与されました。
この「修了証」は、マコ先生の手描きです☆

子育てしてれば、晴ればかりじゃなくて、雲も出るし、雨も降る。
そんな母たちの架け橋になってほしい、という願いが詰まっています。
そして今年度は、そこに花も咲いています☆

2日間の研修、本当にお疲れさまでした。ありがとうございました!
ここからがスタートです!
これから半年間のサロン、皆で楽しんで頑張っていきましょう!

6月開催のサロンの詳細、間もなく公開します!
全国各地で皆さんにお会いできるのを楽しみにしております☆


(文責:WMSプロジェクト事務局・竹下浩美
【ファシリテーター研修】第1日目報告 [2010年05月17日(Mon)]
こんにちは。
NPO法人マドレボニータ、
NECワーキングマザーサロンプロジェクト担当、竹下浩美です。

2009年度のサロンは、参加する側でした。
でも、サロンがとても好きでした。
ファシリテーターが、そして参加者がいきいきした表情になっていく...
そんな場所が好きでした。
そこで、今回は積極的に関わっていきたい(!)とおもい、
裏方で働いたり、サロンに顔を出したりしていきます。

私と同じように、サロンに熱いおもいを持っている方たちが、
ファシリテーターにも、サポーターにも、スタッフにも集まっています!

そして、2010年度の大きな一歩...
ファシリテーター研修が行われました(5/17・24の2日間)。
まずは、1日目のご報告から。

大きな一歩...と言っても、
ファシリテーターの皆さんは、この研修の前に5週間(!)
課題に取り組んできました。

だから、この研修1日目も、
都内だけではなく、千葉、神奈川、埼玉、長野、栃木、名古屋、広島、徳島…
から集まっているにも関わらず、初めてな感じが全くしません。
同じ課題に向かって取り組んできた仲間ですもの〜
「やっと会えたーーーー」って、気持ちもありますが...

緊張と不安を抱えているのも、事実。
それが、ここで顔を会わせて、言葉を交わして、
このサロンがどんなものかをこの場で『共有』して...

そう、この研修の1日目は『共有』がキーワードだったと思います。

さて、研修の様子。。。
今回の研修では、姿勢の話もお伝えしました。

見た目ではないんです。見た目ではないんですけど...
少し気をつけるだけで、その見た目は...ぜんぜん違ってくる!
「こんなサロンやってます!」ってご紹介するときに、残念なことにならないように。
(「お母さんたちのオシャベリ会?」って言われちゃったらもったいない!)


そして、サロンでも行う『GOOD&NEW』をつかって、お隣同士で自己紹介。
昨年度のファシリテーター、水口陽子インストラクターのリードで進行。
そんな中、先輩のリードを必死でメモしています。
この研修中、ほんっとに集中して、沢山の言葉を書いていた
ファシリテーターたち。メモは、宝です!!



そして、午後からはサポーターの参加者も。
この研修は、サポーターは任意の参加です。
でも、こうして参加してくださる方、
終日通して参加してくださった方もいらっしゃいました!

そんな方々と、このサロンはどういうものなのか?
何をやりたいのか?私たちが大切にしたいものは?
ファシリテーターもサポーターもスタッフも、
皆で『共有』します。
ここらへんを、実際にお会いして『温度のある言葉』
共有できているのって、とても心強い。
全国のサロンに可能性を感じます!!

ネット社会だけれど、実際会って『温度のある言葉』で語ることの
大きさを改めて感じます。

『シェアリング』の実践も行いました。
今年度も引き続きファシリテーターをしてくれる信田綾子さんのリード。
こんなに大勢の前でも落ち着いた声でしっかり届けてくれました!


昨年度のファシリテーターは、今回、サポーターとして関わってくださる方も
沢山いらっしゃいます!
頼もしい先輩の頼もしい言葉が沢山聞けました!!

2010年度のワーキングサロンを支えてくれる方たちがこんなにたくさん!!


2010年度のワーキングマザーサロン、
6月中頃から開催!まもなく詳細発表です☆

(文責:WMSプロジェクト事務局・竹下浩美

サポーター応募ありがとうございました [2010年05月10日(Mon)]
サロン開催サポーターへのたくさんの応募をありがとうございました!
約60の団体&個人のかたが登録してくださいました☆

これからファシリテーターとチームを組んで、
各地元のサロンをいっしょに盛り上げていっていただければ嬉しいです!

6月から始まるサロン、どうぞお楽しみに☆