CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2009年10月 | Main | 2009年12月»
プロフィール

WMSプロジェクトさんの画像
WMSプロジェクト
プロフィール
ブログ
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2009年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
リンク集
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/wms/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/wms/index2_0.xml
11/30@赤羽3回目 [2009年11月30日(Mon)]
みなさんこんにちは。
赤羽地区ファシリテーターの水口陽子です。

11月30日に無事第3回目を迎えた、赤羽サロンの様子を
ご紹介させていただきます笑い

今回は育児休業中の方が3名参加されたのですが、
翌日12月1日から職場復帰!という方が復帰直前の気持ちを
話してくださり、そこから様々な職業観について話が広がりました。

育休中の方はどなたも自分の職場で前例がないケースの
育休取得者で、「復帰した後どうなるのか・・」という不安の声も。

すると前回から2回連続でご参加の方が、「前回参加したことで
自分のはたらく意義を見つけられた。また前例がないからこそ
後輩への道をつくっていきたい!」という熱のこもった言葉を発し、
不安だった方も「自分にも出来ることがあるかもしれない。」と
刺激を受けていました。

↓そんな熱〜い話の内容をまとめたのがこちらです↓


今回私は書記係としてみなさんのお話を
マインドマップで記録させていただきましたメモ

子どもを持ったからこそより社会への関心も高まるし、
わざわざ預けてはたらくのだから、やりがいのある仕事や働きかたがしたい!
という前向きな発言あり。

人の役に立ちたいという思いはあっても、自分の仕事が
実際にどのように役立っているのかが見えにくい。
モチベーションがはっきりしていないことで家族のことを理由に
仕事をやめてしまう人もいて考えさせられる、といった葛藤あり。

みなさん次々と思いを言葉にされるので、
A4用紙では足りないくらいのギッシリとしたメモになりました!



「ここに来れば有効な解決策が見つかる!」
ということにはならないかもしれませんが、
こうやってお互い本音を出し合いながら
改めて振り返ることで自分の軸がみえてくる
それがNECワーキングマザーの醍醐味だと思います。

ぜひみなさんも自分の軸を見つけに、
お近くのサロンに足を運んでみてくださいね。

次回の赤羽サロンは12月17日(木)です。

(文責 水口 陽子)
11/28@新潟開催報告 [2009年11月28日(Sat)]
11月28日(土)晴天太陽
ワーキングマザーサロン @新潟が

新潟市中央区「クロスパルにいがた」にて開催されました

皆様、お忙しい中、ご参加ありがとうございました


新潟では3回目の開催になりますが
みんな、こういった発言の場を求めているのだ!
しみじみ〜感じました


子育て中(私も・・・ですが)って、

特にお子さんが小さいうちって

なんとなく閉ざされた環境にいると思いがちですよね?



みなさんからいただいたアンケートをまとめたり、
意見を聞いたりしていると

「私も過去に、そう思っていたなぁ・・・」と



育児って24時間×365日、休みナシですものね。



自分自身のことって振り返ったり、考えたりする時間もなく



また、振り返ろうとも、考えようともせず



日々、、目の前に起こることを 処理する毎日。



自分のことって、自分が
いちばんわかっていなかったりするのかもしれません。



アンケートのなかのサロンの感想の中に


「3分間は長いけど、1時間はあっという間でした」

と書いてくださった方が居ましたが



※「シェアリング」(※詳しくはサロンにご参加ください)で、深いテーマについて

3分間“語る”というのは、私も、今でも躊躇するものがあります(笑)


参加された方が、

後日サロンの感想について、こう表現してくださいました。



いきなり、銭湯で一緒になっちゃった感じ!


うまいコトいいます笑い


そのせいか、皆さん短期間でうちとけて、とても心地よい空間でした。



次回開催予定は、

1月23日(土)11時〜12時15分まで
新潟市駅南コミュニティセンターを予定してます。

詳細は・・・
http://ameblo.jp/peachbutterfly/
にて後日UPします。


11/21@保土ヶ谷 [2009年11月22日(Sun)]
11月21日土曜日、NECワーキングマザーサロン@保土ヶ谷を
保土ヶ谷小学校跡地にある「イコットハウス」で開催しました!

まだまだ地域で十分な告知ができていないこともありますが、
二名の方にご参加いただき、こぢんまりとピースフルなサロンになりました〜。

今日は(すでに日付が変わっていますが・・・)幸い天気もよく、
会場となったイコットハウスも日差しが入って暖かでした。


参加者のお二人がすでにワークの経験のある方だったこともあり、
全体的にとてもスムーズにワークが進んだあと、
サロン終了予定を過ぎても丸々二時間近く話し込み、
非常に親密度が高く、会話の密度の濃い時間でした。

それぞれのサロンで、様々な会話が繰り広げられていることと思いますが、
今日のサロンでは、こんなキーワードが出てきました。

【微調整/バランス】

【モチベーション】

【つながり/つながる】

フルタイム勤務、パートタイム勤務、主婦、フリーランス、
未婚、既婚、子持ち、独り身・・・状況に関わらず、
すべてのガールズにとって大事なキーワードだと思います。

よんどころない状況の中で【微調整】しつつ、
自分にとって一番【バランス】のいい場所を探すこと。

どんな「はたらく」の形であれ、自分の生活のどこかに
日々の【モチベーション】を駆り立てることのできる
「何か」を持っていたり模索することの重要性。

そして、人との【つながり】、場との【つながり】、
様々な【つながり】の中で、それを生かしていくことの必要性。

そんなキーワードから色々と考えさせられる熱いサロンでした。
ご参加いただいたお二人に感謝です!ありがとうございました〜。



次の保土ヶ谷サロンは実は年明けの予定ですが、まだ日程は未定です。

また、12月は私自身が務めている会社で開催できれば...と調整中です!
11/21@日立 [2009年11月21日(Sat)]
こんにちは。茨城県日立市のファシリテーター矢部美和子です。
11月21日(土)日立で3回目となるNECワーキングマザーサロンが開催されました。

今回は赤ちゃんの参加はなく、大人のみの静かなサロンとなりました。
参加者は、産休中の妊婦さん、働く母、専業主婦、と立場の違う4名の方が参加されました。
今回は参加者みんなが私の友人、知人だったので私自身、緊張しながらも和やかな感じで進行できました。



その中には土曜日ということで、
「初めて旦那さま1人で、1歳半の子どもの面倒をみてもらう」というチャレンジを兼ねて参加された方もいらっしゃいました。
この「初めての壁」って、わりと自分自身や旦那さま、お子様にとっても大きい壁だと思います。けど、この「初めての壁」を超えるとお互いに成長できたりして、覚悟もいるけど得るものも大きいと思います。(私も当日、2歳の娘を朝から旦那の両親に預けての参加でした。だいぶ前、預け初めのころは心配しましたが、お迎えに行き楽しそうに遊んでいる娘を見たとき、ホッとしたと同時に「もっと甘えてみてもらおう」と思い、今では頻繁に預かってもらっています。義理の両親も喜んで預かってくれています。)
お時間を作ってこのサロンに参加されたみなさま、ありがとうございました。ご家族の方へも、感謝致します。

さて、今回は妊婦さんの参加もあったので「出産時の体験談」も飛び出し、終始和やかなサロンとなりました。
今回の話題は、
・義理の両親に仕事の範囲の理解を得るには?
・家のことを何もしない旦那の調教方法?
・日々の生活で自分の時間のつくりかた
・子育てにおいてのしつけや自己の忍耐方法
・料理のできる人になるには?
といろんな方向に話題が飛びました。

働く母も、専業主婦も、産休中の妊婦も、悩みはそれぞれで話し尽きないサロンでした。
最後のシェアリング後は盛り上がってしまい、終了時刻15分オーバーしてしまいました。
時間オーバーした分、実りの多いサロンだったと思います。
(参加した皆さまにはご迷惑おかけしました。すみませんでした。)

こうして母としての話の出来る場は、貴重な存在だと再確認できました。
働く母は、さまざまな顔を持ち、立場が変わればその分悩みも出てくる。それを1人で抱え込むと何処かに支障が出てくるのではないかと思います。そうなる前に、人に自分の話をする。育児中だとそんな時間も取れないかもしれません。そんな方にはぜひ、サロンに参加して頂きたいと思います。そしていろいろ話してすっきりし、忘れていた自分や、理想の自分に近づく一歩を踏み出してもらえれば、と思います。

次回は、初の福島県いわき市(12月8日(火)錦公民館)にて開催致します。
実り多いこのNECワーキングマザーサロンへのご参加、お待ちしております!!

矢部美和子
11/19@品川区 [2009年11月20日(Fri)]
こんばんわ。
今日NECワーキングマザーサロン@品川区を開催しました。
品川区としては初めての回になります。

参加者はママ8名と赤ちゃん4名でした。
寒い中、ご参加頂きありがとうございました!!

私自身、現在求職活動中でもあって、
保育園探しに仕事探し・・・色々動いてみるものの、
最終的にたどり着いた疑問が
「なぜ、ここまでして働きたいんだっけ?」というところ。
そう、まさにこのサロンのメインテーマに
ファシリテーターである私自身もぶつかっている中でのサロンでした。

そういう意味で、他の参加者の色んな意見や考えから
私自身も刺激を受け、学ばせていただいた会でした。




サロンのメインテーマである「はたらく」について色んな意見が出ましたよ。

そもそも「なぜ、はたらきたいのか?」

・自分の分は自分で稼ぎたいから
・生きるために必要なことだから
・ずっと家に子どもと2人でいるのに疲れたから
・もう1つの自分の居場所を作りたい
・親が共働きだったので、その影響が強くて

結構自分の母親の影響って大きいんですよね。
人それぞれこれだけの動機があるのですが、
「子どもが寂しがるのでは?」「ぐれちゃったらどうしよう!」
「保育園に預ける事に対して世間の目が勝手に気になってしまう」
といった不安もあるんですよね。

でも、ここで出てきたのが
「案外、自分の中でのみハードルを作っていることが多い!」という意見でした。

「保育園に預けてみると実際子どもはものすごく楽しんでるし、大丈夫なもの。」
「保育園に預けることでむしろ親である私たちも育てられる。」
「保育園に預けたからって自分が親を辞める訳ではない。」

経験者の言葉は説得力がありました。
結構自分の中でイメージを勝手に作ってあきらめていることって多くないですかね!?
この「はたらく」以外のことでも当てはまることって多いような気がします。

決して、「ワーキングマザーになりましょう」、「保育園預けましょう」
ということではないので誤解なく。
ただ参加者の言葉を借りるのであれば、
「自分の魂の成長のために」何をするのかということが大事だと思います。
それが「企業ではたらく」という人もいれば、
「ボランティアをする」という人もいるし、
「専業主婦になる」という人もいるってことですよね。

受身ではなく、自ら選ぶ道。
子どもを主語にして考えるのではなく、自分が主語になって考え、決意する。

それが母になっても大切なことだと思いました。



と、熱くなってしまいましたが、
また品川区・大田区で開催したいと思っているので、
是非お近くの人は遊びに来てください!






11/18@池袋 [2009年11月18日(Wed)]
こんにちは!
池袋ファシリテーターの小林愛子です!

11月18日にNECワーキングマザーサロン@池袋を豊島区勤労福祉会館にて開催しました。

前日冷たい雨が降って心配になりましたが、当日は幸いお天気にも恵まれました。
参加者の皆さま、お越しいただきありがとうございました!

参加者は4名(&赤ちゃん4名)、プラスサポーター2名となり
アットホームな雰囲気でのスタートとなりました。

4人中3人の方は育休中であることから、職場復帰が前提となっており、
「どんなふうに働きたいのか」ということについて
「他の人はどうなのだろう、」と思うところが参加動機として大きかったようです。

終了後頂いたアンケートには、

・同じような状況の女性でも具体的には悩みは個別に違い、でも近いことを考えている
んだ、と共感できた
・自分の言葉で話す場所に参加し、少しずつ自分の考えが整理出来てきました。
・みんな悩みながら頑張っていると心強く感じました。
・今後の展望から戻って今を考えなおしてみようと思えた。
・自分とは違う働き方のお話を伺って、自分には足りないもの、恵まれていることにも
気づくことができました。がんばるぞー!!とやる気がでました。

とありました。

私自身、人生やパートナーシップについて改めて考えるといったことを、
近頃全くしていませんでした。
職場と家との往復でバタバタ、仕事とこのサロンのこと、育児や家事など目の前の仕事
をこなしていくのに精一杯だったのです。
「超多忙レベルに設定された自分の日常生活」の中に、自分が放り込まれ、
振り回されているような、完全な受身感がありました。
出産も子供をいながらでの再就職も自分で決めたことの筈だというのに・・・。

なので、サロンで語られることには一つ一つ納得しつつ、
それこそ相槌をうちながら聴きました。

シェアリングの時に、
「(夫が育児にあまり参加しない、できない、でも出来る範囲では子育てに関わろうと思ってくれている)
’マインド’があるだけでもいいかな、と思えるようになった、」
という発言があり、妙に納得してしまいました。
自分の状況が変わっていなくとも、その受け止め方一つで如何様にも自分の状況は変わってくるわけですから・・。
(ここでは’マインド’を受け止めたのですよね・・・)

自分の日常生活を振り返り、自分の仕事や子供、パートナーに対し思いを馳せる、そして今一度「私は人生で何を求めているのか・・」と考えてみる、といったことが大事なのかもしれません。
特に、不満に思ったり不安に感じたりした時こそ、
「何で私はこんな風に思うのだろう?」と考えてみたら

自分の状況を掘り下げられるのだろう、と思いました。



次回のWMS@池袋、12月9日(水)10時〜11時30分 に開催します!
また「母として」明るく深ーく語り合いましょう!
皆さまにお会いできるのを楽しみにしております!

11/17@杉並 [2009年11月17日(Tue)]
杉並区のファシリテーターの中島佐知子です。
NECワーキングマザーサロン@杉並を永福町にて開催しました!!

朝から冷たい雨の降りしきる中、
4名の母と2名の赤ちゃんにお集まりいただきました。

参加者の皆さまの声をお届けします!
(サロン終了後のアンケートより)

-------------------------------------------
とても有意義でした!

-------------------------------------------
育児中、いろいろ迷い悩む(考える)ことがありました。
自分の意見を聞いてもらえることも とてもよかったです。
すっきりしました。

いろいろな立場の方のご意見が聞けて、
これからがんばろうという思いを持つことができました。

ありがとうございました。

-------------------------------------------
これから自分がどうしていきたいかを考える上での
いいキッカケになりました。

ついつい毎日1日1日を無駄に過ごすことが多いので、
働くことを考えることができてよかったです。

-------------------------------------------
「で、何の話だっけ?」になるような話ができること、
また、そういう話を聞けたことでスッキリしました。

-------------------------------------------

そうそう、今回は一人ひとりがご自分の思いを
とても熱く語ってくださって(私も語りました!)、
話し終わったとき、話していた本人が、
「で、何の話だっけ?」
になることが多かったのでした(笑)

それだけ、みんな吐き出したい思いを持っていて
それを他の全員が「うん、うん」とうなずき
共感しながら聞くワーキングマザーサロン、
とても温かくて、そしてエネルギッシュな場です!

参加者の皆さま、ありがとうございました!!



11/14@新小岩 [2009年11月14日(Sat)]
NECワーキングマザーサロン11月終了しました!

新小岩のファイシリテーター山中真理子です。

ご参加いただいたかたありがとうございます。
今回は残念ながらお休みの方もいらっしゃって
4名での開催でした。


土曜ということもあってすでに復帰した方が
2名もご参加くださいました。
こういうところが土曜日開催いいですよね。

それぞれの現在の会社での話も出てきたのですが、
女性が働きやすい環境にするためには、
女性への支援や制度を整えるだけじゃダメで
男性も会社も含めて「働くことについて考える」
必要があるんだ!と思いました。



こどもが病気でも男性が休みをとりづらい、
人員削減により休むとそれをカバーする人がいない
残業しないで帰ると周りの目が厳しい


特にHさんの復帰したら社員が半分になってた!
というのはまさに時代を象徴してますよね。しかも
人が少なくなってもやらなくてはならないことが減って
いない。おのずと個人が負担する部分が増えていく。

せっかくこどもが生まれたのに、起きてる時間には
帰れない・・・・

共働き家庭にとっては、女性は子供のお世話から
家事を一人で担うことになり、仕事では年を追うごとに
責任を任されていく。


9月にサポートで参加したサロンでの

「女性は荷が重い」というある参加者の方の言葉を
まさに思い出しました。そしてもちろん「男性も荷が
重い」
のです。


Hさんはシェアリングで話してみて、自分が二人目を
生むかどうか迷っていたのは、産んだ後のもっと先の
ことが不安だからだとわかりました。
と話してくださいました。

こどもを産みたい人が産める社会、
皆が希望をもって生きることの出来る社会に

なるといいなぁと思います。

そしてそれは>誰かがやってくれるのではなくて
自分達で改革していかないといけないのだと
思います。

このサロンでは働くことをテーマに自分と向き合います。
そしてそこで感じたこと思ったことをシェアすることで
学びあう場です。

そしてその学びが社会を動かす第一歩につながるといいなと
思っています。


次回の新小岩でのサロンは
12月2日水曜日です。

お申し込みはこちら
母の会 事務局
hothaha1234@gmail.com  まで
11/7@中央区Vol.2 開催報告 [2009年11月07日(Sat)]
築地市場のある中央区でのWMS、第2回目が開催され、無事に終了いたしました!

今回、5名の方にお申し込みいただいていたのですが体調を崩しやすい季節、2名の方の来場が叶わず、参加者3名+赤ちゃん1名でスタートいたしました。

前回の参加者は6名だったのでちょうどハーフサイズとなったわけですが、参加者同士、顔と名前と現在の状況がすぐに一致したため、すぐに和やかな雰囲気に。

また、三者三様(すでに復職/育児休暇中/これから子どもを持ちたい)だったため、それぞれの話がとても新鮮! 立場が異なると見えてくるものも変わってくるのだな〜と実感。

<はたらく>についても
★「就職する」というより、「好きな仕事に就いた」という感覚ではたらき始めたので、産後も仕事を続けるのは当然のことだった。
★職場では「○○ちゃんのママ」ではなく名前で呼ばれる。自分の存在を強く認識できる。
★子どもが親を必要としなくなった時、自分の軸が育児だけだとその先が大変かもと思った(他者からも同様のアドバイスを受けた)
★出産前は自分の仕事を発展させることにやりがいを感じていたけれど、産後は攻めの気持ちで仕事をするのは難しいと感じている。
★復職後はいきなり以前と同じような働き方ではなく、ゆるやかにペースを戻して行く過程を経ることもアリだと思う。頑張りすぎるといずれ心身がもたなくなる。
などなど、皆さん自分の内面をていねいに吐露してくださいました。

多くの女性にとって「はたらく」ということは自分の軸を意識し、自分の可能性を発揮できる大きくて適切な機会なのだなと感じました。

また、「これから子どもを持ちたい」という気持ちで参加された方からは
「このタイミングでサロンに参加できて、今後自分がすべきことが見えてきました★」
とおっしゃってくださいました。

サロンの感想でも
「全国展開、世界展開して欲しい」
とあったのはとても嬉しかったです。3回目の開催にむけて大きな励みになりました。

WMS@中央区、次回開催決まり次第お知らせいたします!

いやぁ、参加者が少ないと一人一人への時間がある分、深いぃ〜話ができるものなのだなと実感。とても暖かいサロン(室温でなく!)だったと自負しています。

参加いただいた皆様ありがとうございます。やむなく欠席となってしまった皆様、どうか無理なさらずに。次回ぜひお会いしましょう!

文責:田口愛乃
11/6@足利 [2009年11月06日(Fri)]
11月開催、先頭を切りました足利でのワーキングマザーサロン報告です。
来年復職される方、お子さんの入園を期に再就職される方、
出産退職したけれどまた働くことについて考えている方・・・
それぞれ立場の違う3名がご参加いただきました。

幼稚園、実家、地域の保育サポートに
それぞれお子さんを預けて、単身での参加。

預ける、という第1関門をクリアして集まったみなさんは
最初の自己紹介から、ご自身の悩みや課題が整理されていて、
ワーク無しで、すぐに本題に入れそうでした。

それでも、自分の深いところを探ってもらうために
イメージや希望を描き、書き、語り、聴きます。

今回の全体シェアリングで出たテーマは「仕事と自己実現」
他者から照らされて輝く「月」ではなく、
自ら輝く「太陽」になりたい。
そのために、はたらきたいけど、そのとき子どもは家庭はどうなるんだろう。
私は、その激務に耐えられる?
ちゃんと仕事はできるのか?

多様な生き方を選択できる女性ならではの悩みなのかもしれません。
だからこそ、揺れる。

和やかな談笑風景ですが、手にはハンカチが!

働き続けたいけど不安な方も、
いったん辞めて再就職する方も、再就職を考えている方も、
それぞれが、それぞれの語る、揺れや不安や希望を聴くことで
自らの生き方をもう一度考え直す機会になったのかなーと思います。
正解は一つじゃない。チャレンジして失敗することもある。
でも、今日、ここで話したことは、この先の人生で
きっと栄養たっぷりの土になる!と熱く思いながら今日のサロンを終えました。

お互いを応援したくなって、自分も内からパワーが湧いてくるWMS。
明日は多摩区と中央区で開催されますよ。
足利は12月9日 10時半〜12時 しゃんしゃん広場で開催。
思いがどろどろしてるときこそ、参加しなくちゃもったいない!
                                    (文責:岡島)
| 次へ