CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
「NECワーキングマザーサロン」は、「母となってはたらく」がテーマの、対話を中心としたワークショップです。テーマに関心のある女性ならどなたでも(年齢や状況など一切関わらず)ご参加いただけます。

この活動は、産後ケアに取り組む認定NPO法人マドレボニータが主催し、 NECが協賛する、社会貢献プログラムです。
毎年6月〜11月の6ヶ月間「NECワーキングマザーサロン」を全国各地で開催しており、毎年募集する100名におよぶボランティアによって運営されています。
2009年から活動が始まり、この9年間で30都道府県142市区町にて942回のサロンを開催し、のべ6,831名が参加されました。運営メンバーとしてのべ757名が活動に参画しています。

「母となってはたらく」ことに不安や葛藤を抱えるひとたちが、サロンに参加することで、自分に向き合う機会を得て、少しでも自分のおもいを整理したり考えを進められる、きっかけとなることを目指しています。

salon2013.jpg 160-104.jpg

【NEWS!】
第10期「運営メンバー」の再追加募集を開始しました
第10期「全体サポートメンバー」の追加募集を開始しました(一部)
第10期「進行役」の募集を開始しました(〜3/12月締切)
第10期「本部チーム」のご紹介

活動説明会「マドレオープンハウス〜NECワーキングマザーサロン・プロジェクト編」開催
2018年2月17日(土)、3月3日(土)(目黒)10:00〜11:45
オープンハウスイベント用画像.jpg

「安心して対話できる関係をつくる『聴く』講座」開催
2018年2月17日(土)、3月3日(土)(目黒)13:30〜15:30



【主催】 認定NPO法人マドレボニータ 【協賛】NEC
【お問合せ】 NECワーキングマザーサロン・プロジェクト担当  

メールアドレス:wmst@madrebonita.com
【SNS】
・フェイスブック:https://www.facebook.com/wmsalon
・ツイッター: http://twitter.com/wm_salon アカウント:wm_salon

・インスタグラム:https://www.instagram.com/necwms/
【マドレボニータ】ロゴマーク丸型(鮮明).jpg

[ワーキングマザーサロン 公式Facebookページ]



『産後白書2』
 〜子育てしながらはたらく・はたらきたい女性1400人のリアル

 「NECワーキングマザーサロン」の取り組みをまとめた小冊子です
 (2011年3月14日発行/2012年3月22日第2刷)



【第1〜9期の活動記録】
第9期(2017年度)
・「第9回NECワーキングマザーサミット 母となってはたらく〜みんなの復職のかたち〜」」開催
 ⇒報告記事はこちら
「NECワーキングマザーサロン」開催実績はこちら

第8期(2016年度)
・「第8回NECワーキングマザーサミット〜関係性こそが答えのない時代を切り開く、未来をつくる」開催
 └記録映像〔第1部〕〔第2部〕、ブログ報告〔第1部後編〕〔第2部〕
「NECワーキングマザーサロン」開催実績はこちら

第7期(2015年度)
・「第7回NECワーキングマザーサミット〜私たちの〈働き方〉が未来を創る」開催
 ⇒報告記事はこちら
・「NECワーキングマザーサロン」開催実績はこちら

第6期(2014年度)
「第6回NECワーキングマザーサミット」2014/1/23(金)開催 
 └記録映像はこちら⇒〔第1部〕〔第2部〕
「NECワーキングマザーサロン」開催実績はこちら
 └2014年6月〜11月、全90回を41地域(市区)にて開催し、のべ772名が参加されました
第6期プロジェクトメンバーの紹介はこちら

第5期(2013年度)
「第5回NECワーキングマザーサミット」2014/1/24(金)開催 
「NECワーキングマザーサロン」開催実績はこちら
 └2013年6月〜11月、全113回を48地域(市区)にて開催し、のべ880名が参加されました
第5期ファシリテーター&サポーターの紹介はこちら

第4期(2012年度)
「第4回NECワーキングマザーサミット」(2013/1/21月)開催
 └第1部のプレゼン資料はこちら
「NECワーキングマザーサロン」の開催実績はこちら
 └2012年6月〜11月、全115回を43地域(市区町)にて開催し、のべ882名が参加されました
第4期ファシリテーター(15名)の紹介はこちら
・第4期オフィシャル・サポーター(83名)の紹介はこちら↓
 └〔東北・関東〕〔東京23区〕〔東京市部〕〔東海・関西・福岡

第3期(2011年度)
「第3回 NECワーキングマザーサミット」(2012/1/23月)開催
「NECワーキングマザーサロン」開催実績はこちら
 └2011年6月〜11月、全169回を42地域(市区町)にて開催し、のべ1229名が参加されました
第3期ファシリテーター(23名)の紹介はこちら
第3期オフィシャル・サポーター(84名)の紹介はこちら

第2期(2010年度)
「第2回NECワーキングマザーサミット」 (2011/5/20)開催
・「産後白書2」発行(2011/3/14)
・「NECワーキングマザーサロン」開催
 └2010年6月〜11月、全123回を34地域(市区町)にて開催し、のべ761名が参加されました
第2期ファシリテーター(16名)の紹介はこちら この他、サポーターは全国約60名!

第1期(2009年度)
「第1回NECワーキングマザーサミット」(2010/3/8月)開催
 └報告はコチラ
・「NECワーキングマザーサロン」開催
 └2009年9月〜2010年2月、全102回を29地域(市区町)にて開催し、のべ638名が参加がされました
第1期ファシリテーター(19名)の紹介はこちら 




 

2018年04月05日

第10期「進行役」候補者のご紹介

皆さん、こんにちは。NECワーキングマザーサロン・プロジェクト本部の細川朋美です。

第10期NECワーキングマザーサロンの「進行役」として名乗りを上げてくださった、16名の候補者の皆さんをご紹介します。4/1からすでにスタートしている研修に2か月間とりくみ、全過程修了した方が、正式に進行役として活動を開始します。ぜひ応援してください!

【進行役候補者:自己紹介・サロン開催希望地】北〜南順



川辺真美子
川辺 真美子(かわべ まみこ)

北海道札幌市在住の川辺真美子です。
5人家族で、私、パートナー、春から小4と小2の娘、2歳半の息子がいます。
生まれも育ちも愛知県で、転勤族のパートナーと結婚して10年、9回の引越しを経験しています。
その中で、自分の居場所を見つける大変さを感じたり、今後の自分に対していろいろ考えたりすることが増えました。
私は2年前、宇都宮でNECワーキングマザーサロンに出会えたことで、自分自身の生き方に向き合うきっかけや、地域に自分のおもいに向き合うことを支え合える仲間ができました。
私は参加してくださった方が私のように自分自身の生き方に向き合うきっかけになる、そんなサロンを開催したいです。どうぞよろしくお願いします。
《開催希望地》北海道札幌市




堂藤友世
堂藤 友世(どうとう ともよ)

北海道津別町在住、夫と5月で2才になる子ども1人の3人家族です。この春からは子育てを優先しながらですが、夫の家業である農業の仕事をしていきます。産前は別の職業をしていたので、新たな挑戦に緊張がありますがワクワクもしています。この「転職」の決断ができたのもNECワーキングマザーサロンに参加や参画をして、「自分の本当にやりたいことは何か」を自問自答してきたからです。私は出産直前まで別の地域で働き、産休に入ってからオホーツクに引っ越してきました。産後は社会と切り離されたような孤独を感じていましたが、サロンの活動を通してたくさんの地域の仲間に出会えたことで今は生き生きと生活できています。今年度もサロンが安心して自分を見つめられる時間になるようチームで力を合わせていきたいです。 どうぞよろしくお願いします。
《開催希望地》北海道北見市、北見市周辺




矢野間沙世里
矢野間 沙世里(やのま さより)

栃木県宇都宮市在住、夫と娘(0歳)の3人家族です。サリーちゃんと呼んでください^^現在は人財教育関係の職場を育休中です。
今年2月に栃木に引っ越して早1ヶ月(笑)栃木の皆さんの温かさに感動しています^^
栃木の女性がつながれる場を作りたい!そして私もつながりたい!と思って、参画しました☆
「安心して、自分の心の声を話せる」サロンにしたいな〜、関わる一人一人がその方なりに輝ける場所にしたいな〜と思っています♪
このプロジェクトの期間は、思いもよらない楽しいことや驚くことがたくさん起こる時間になるだろうな〜と今からとてもワクワクしています!どうぞよろしくお願いします!
《開催希望地》栃木県宇都宮市




石上麻似
石上 麻似(いしがみ まい)

こんにちは、埼玉県川口市在住の石上麻似(まにちゃん)です。「母となってはたらく」を通じて、色んな想いを持ち寄れる、それが良くても悪くても明日の自分の活力になっていく、そんなサロンをチームで深めていきたいです。本当は自分はどうしたいのか?をあきらめずに、点と点を結ぶような、自分の軸を確認し大切にしながら、人とのつながりを安心できる地域でコミュニティを作っていくことが目標です。見た目は穏やか、中身は松岡修造みたいな熱いところがウリです。よろしくお願いします。
《開催希望地》埼玉県 川口市、蕨市、さいたま市、東京都北区
※JR京浜東北線沿線、川口・蕨・浦和・赤羽駅近く




金丸亜由美
金丸 亜由美(かなまる あゆみ)

東京都江東区在住の金丸です。現在夫、長女(4歳)、次女(2歳)と暮らしています。仕事は、大学生向けのキャリア教育の企画・運営を行っています。昨春復職し、時短勤務を利用しています。サロンには長女出産後に、初めて参加しました。それまで自分が勝手に「母になったんだからこんなことを言ってはいけない…」と思いこんでいたことを、サロンの場で初めて話すことができ、とても救われました。今年は進行役として、自分の住む近隣地域でサロンを開催し、メンバーとは、サロン当日はもちろん、ちょっとした時に会ったり、助け合える距離で関わっていけたらと思っています。
《開催希望地》東京都江東区(東陽町、豊洲)、江戸川区(葛西)、中央区(月島)
※東京メトロ東西線沿線での開催をイメージしています。沿線の千葉県浦安市(浦安)、市川市(行徳、妙典)、西船橋市(西船橋)もメンバーからの希望があれば開催したいです。




小野佳央里
小野 佳央里(おの かおり)

東京都台東区在住、2児の母です。子供がいながら働くということは少しくらい無理をしたり我慢をしてでも自分が頑張らなくてはいけない!
そうするべきだと思って過ごしていました。
でもその我慢って何だろう??その我慢って誰かがお願いしたことなのかな??本当は自分が勝手に思っていただけなのでは...と気づくことができました。
私と同じように無理をしているお母さんは沢山います。サロンに参加したら「自分の声に耳を傾けられる時間ができた」「もやもやが消えたよ」と思っていただけるお手伝いがしたいです。よろしくお願いします。
《開催希望地》東京都 台東区、墨田区、文京区
※都営浅草線(蔵前、浅草橋付近)、都営大江戸線(蔵前、春日)、総武線(水道橋、秋葉原、浅草橋、両国、錦糸町)周辺を考えています。




青井絵梨香
青井 絵梨香(あおい えりか)

7歳と2歳の男の子と夫と暮らしています。子供の成長について、自分のキャリアについてとあれこれ模索中なのですが、サロンの魅力に取りつかれ今年も参加することにしました。日々もやもやと自分の中に抱えている思いを言葉にさせてもらえる場所に出会ったことで、メンバーがお互いの持っている力を持ち寄って、一人でも多くの母となって働く女性を勇気づけられる場を作っていきたいと思っています。サロンへの気持ちが「なんだか気になる」でも「めっちゃやりたい」でも、一緒に時間を過ごす中で気づきが何かしらあると思います! エントリー、お待ちしてます。
《開催地域》東京都 目黒区、品川区、周辺
※東急目黒線沿線、中目黒、五反田、目黒、武蔵小山、旗の台 他




文野めぐみ
文野 めぐみ(ふみの めぐみ)

東京都大田区在住、7歳と4歳の子の母です。
「空気を読む日常」に馴染んでいた自分にとって、自分の正直な想いを言葉にする事が出来るサロンとの出会いは驚きでした。「あなたの感じていることを、安心して話してもいいんだよ。」とかつて私自身が受け取ったように、私も誰かにそのことを渡せる人になりたいという気持ちがあり進行役に手を挙げました。
「誰でもが安心安全に話せる場所」の探求ができたら嬉しいです。
運営メンバーに参画くださる方とお会い出来るのをとても楽しみにしています!
《開催希望地》東京都大田区および周辺地域
※主に東京都大田区での開催を考えていますが、合わせて周辺の東急線沿線地域でも数回開催出来たらとイメージしています。




蜿タ尚子
柳沼 尚子(やぎぬま なおこ)

東京都荒川区在住、柳沼尚子です。小2、年少の二人の男児の母です。NPO法人マドレボニータで経理の仕事をしています。
昨年運営メンバーとして参画し、サロンの場が参加者だけではなく、運営メンバーにとっても毎回自分自身を振り返る大切な場になることを実感しました。
運営メンバーとの日常のやりとりを大切にし、半年間私もメンバーもそれぞれやりたいことにチャレンジしていける場になればいいなと思います。実験と観察と笑いに溢れたチームを作りたいと思います。
《開催希望地》東京都 荒川区(南千住、町屋)、足立区(北千住)
※上記の他に、日比谷線(西新井〜人形町)、つくばエクスプレス(秋葉原〜北千住)沿線を想定しています。南千住から電車で30分程度の場所であれば、運営メンバーの地元での開催も行いたいです。




吉江沙織
吉江 沙織(よしえ さおり)

東京都葛飾区在住、吉江沙織です。夫と娘(7ヶ月)との3人暮らしで、今は育休中です。
サロンへの参加経験はありませんが、産後ケア教室のシェアリングを通じてそれまで気づいていなかった本当の気持ちを見つけられたことをきっかけに、進行役に挑戦することを決意しました!
初めての子育てに奮闘する最中、新たな挑戦をすることに不安もありますが、お互いを思いやりながら、楽しくアットホームなサロンを作っていきたいと思っています。
サロンに参加したことがある方はもちろん、私と同じように"サロンには参加したことがないけれど産後ケア教室のシェアリングが楽しかった!"という方も、遠慮せず一緒に頑張っていけたら嬉しいです。
《開催希望地》東京都 葛飾区(青砥)、足立区(北千住)、墨田区(押上)
※京成線沿線(主に葛飾区/足立区/墨田区エリアの駅)でのサロン開催を希望しています。
※なるべく多くの女性が参加しやすい環境を整えたいため、同じ場所で回数を重ねるというよりは、いくつかのエリアで開催していきたいと考えています。




貫名友理
貫名 友理(かんめい ゆり)

こんにちは。東京都武蔵野市在住、貫名 友理(ゆりちゃん)です。夫、息子(3歳)と3人家族です。
認定NPO法人マドレボニータでは、産後セルフケアインストラクターとして三鷹・高田馬場で教室を開講しています。安心できるコミュニティを地域でつくりたい、そんな思いからこの度進行役として参画することを決めました。
一緒に活動してくださる運営メンバーのみなさんとは、日々の対話を大切に、思いやりとユーモアを大切にし、共にする時間を惜しみなく楽しみ、味わいたいです。
《開催希望地》東京都 武蔵野市、三鷹市近辺(中央線:吉祥寺・三鷹・武蔵境)
※中央線沿線をイメージしています。
沿線の中野区、杉並区、小金井市、国分寺市(中野〜国分寺)も、メンバーの希望があれば伺って開催したいです。




金子小夜子
金子 小夜子(かねこ さよこ)

西東京市在住の金子小夜子(さよりん)です。夫と2歳8ヶ月の娘、6ヶ月の息子と4人暮らし。結婚して夫の地元、西東京市に来て4年目になります。
第一子出産後、サロンに参加したことをきっかけに働き方を大きく変え、仕事人間を脱却!時短勤務を選択。この4月から2度目の復職で再び働き方を模索中です。
2016年に運営メンバーとしてサロンに参加。安心して話せる場をつくること、母となってはたらく仲間とつながっていけることが楽しくてワクワクしっぱなしでした。昨年第二子を出産、育休中にもっと地元で色々な人とつながっていきたいという思いがムクムクと湧いてきて、、、!進行役になってサロンを開催したいと思い立ちました。メンバーのみなさんとチームで活動出来るのを楽しみにしています!
《開催希望地》東京都 西東京市 周辺(小平市 練馬区)
※西武新宿線上石神井〜小平あたり 西武池袋線石神井公園〜ひばりヶ丘あたり




中里恵梨
中里 恵梨(なかざと えり)

横浜市在住の2歳の息子の母です。サロンに参加するのは2年目で、昨年は運営メンバーとして参加をしました。出産を機に仕事を退職しましたが、働きたい気持ちが募り、今年の4月に営業事務として再就職しました。出産をしてから仕事に対する価値観ががらりと変わり、今までとは違う、自分らしい働き方を模索しているところです。サロンをきっかけに広がる、たくさんの出会いを楽しみにしています!
《開催希望地》神奈川県 横浜市
※東急東横線、みなとみらい線、横須賀線、東海道線沿線あたりを想定しています。




清水陽子
清水 陽子(しみず ようこ)

昨年末に東京都品川区に引っ越してきた清水陽子です。小1のこどもと夫の3人核家族。秋田県出身です。
この数年、首都圏では各種の託児付きのイベントが増え「これが知りたい」「あの人の話が聞きたい」は、しやすくなったように私は感じています。そんな今だからこそ、就労、未就労、未妊、既妊問わず様々な人が、自身に向き合って「母となってはたらく」を語る場に参加してみたく、進行役に立候補しました。
首都圏18:30-21:30あたりでのサロンを主に開催したいです。学生、未妊の方、平日休みや夜勤がある方等、夕方開催の方が参画・参加しやすいケースもあるかもしれません。そのような方々と、この機会につながれたらうれしいです。
《開催希望地》神奈川県 川崎市(向河原駅、武蔵小杉駅)、横須賀線沿線(逗子〜東京)
※エリア自体より、首都圏18:30-21:30のどこかで開催してみたい方を強く募集させてください。

※土日祝日の18:30-21:30は、東京メトロ東西線、みなとみらい線での開催も歓迎です。運営メンバーのみなさまの開催したい想いをぜひお聞かせください。




堀田奈津子
堀田 奈津子(ほりた なつこ)

愛知県豊田市在住、3児の母です。3年半の育休を経て、4月から職場復帰します。自分にとってはたらくとは何か、去年運営メンバーとして参画し、たくさんの人の生の声を聞く中で気付きを得ました。育児中だからといって自分の気持ちに蓋をして我慢するのではなく、やりたいことにチャレンジしたいと思い、今年は進行役に応募します。皆が安心して話せる、仕事と家庭以外の居場所をつくりたいと思っています。ご参加、お待ちしています。
《開催希望地》愛知県 名古屋市内・豊田市内
※メンバーの中で他の周辺地域での開催希望があれば、それも臨機応変に対応したいです。




松本朝子
松本朝子(まつもと ともこ)

島根県松江市在住の松本朝子です。
家族は、私、夫、8ヶ月の娘です。
生まれは愛知県で、2年前まで東京で働いていましたが、島根県雲南市出身のパートナーと結婚を期に移住しました。松江市の地域おこし協力隊の仕事をしています。現在は育休中で5月から職場復帰します。
昨年の出産で愛知に里帰りしていた際に、友人の勧めで名古屋のNECワーキングマザーサロンに出会い、自分の住む島根県でもぜひこういった場で自分自身の生き方に向き合うきっかけ作りに共感する仲間を得たいと思いました。
参加された方やチームのメンバーが、サロンを通じて自分に向き合えたり、子育てや人生に対して気持ちが楽になるような、そんなサロンを目指したいです。どうぞよろしくお願いします。
《開催希望地》島根県 松江市周辺




(文責:プロジェクト本部:細川朋美)

2018年03月09日

追加募集中!【募集のご案内】第10期《全体サポートメンバー》


《追加募集のご案内》4月11日
下記の2チームのみ、引き続きメンバー募集をいたします。なお、下記以外のチームの受付は、4/9に終了しました。

■追加募集するチーム
◆アンケート
《活動内容》
サロン参加者アンケートを作成し、ご参加者のリアルな声を集め、見える化します。アンケート項目検討、データ入力、集約データのチェック、結果まとめ、分析、共有など。
《こんな方を歓迎します!》  
・エクセルを使って集計したりグラフを作成することが好きなかた
・この活動や参加者の声を広く知ってもらえるために、分析したり形にしてみたい!というかた
・アンケートを通じてサロン運営チームと関わりたいかた

◆コミュニティチーム
《活動内容》
6〜11月の活動中、チームが自走するためにサロン運営やチーム運営に寄り添います。
運営面の相談にのったり、サロン運営・チーム運営についてプロジェクトメンバーグループ内でメンバーに向けた情報シェアをしたりします。運営についてメンバー同士が話したり深めたりする場も開催したいと考えています。
《こんな方を歓迎します!》
サロンやプロジェクト全体の意図を理解し、進行役やサロン運営チームメンバーに対して、その人の力を引き出せるような関わりをしたいかた
《応募要件》
NECワーキングマザーサロン運営メンバー経験者(進行役経験は問わず)

■応募受付期間
応募受付は4/19(木)までとなります☆




「NECワーキングマザーサロン」を一緒につくる仲間を募集します!
第10期《全体サポートメンバー》募集のご案内

NECワーキングマザーサロン・プロジェクトは、市民の力で「母となってはたらく」ことを語り合える場を地域につくる活動です。第10期のこの活動に、運営スタッフ「プロジェクトメンバー」として参画したい方を募集します。
今回の募集は、「全体サポートメンバー」です。

※「サロン運営メンバー」の募集は、4月上旬頃〜から開始する予定です。今しばらくお待ちください。
※第10期の活動の正式な実施決定は4月となるため、現時点では「予定」ですが、先行してメンバー募集を行っています。変更となる場合もありますので、ご了承ください。

27867025_1536772409774276_9163218234719783817_n33345.jpg



NECワーキングマザーサロン・プロジェクトとは
「NECワーキングマザーサロン」は、「母となってはたらく」がテーマの、対話を中心としたワークショップです。毎年度6〜11月の6ヶ月間、全国各地で開催しています。
この開催運営にあたっているのは、100名にも及ぶボランティアメンバーです。

この活動は2009年から始まり、今年度で第10期を迎えます。これまでに30都道府県142区市町で942回開催し、6,831名のかたが参加しました。ボランティアメンバーメンバーはのべ757名。
主催の認定NPO法人マドレボニータは、「母となった女性が、産後の養生とリハビリに取り組み、本来持っている力を発揮できる社会」の実現を目指して、産後が起点となる社会問題の解決に取り組んでおり、本プロジェクトもその一環として行っています。


年間活動内容とスケジュール(※予定)
●メンバー募集・登録:2018年2〜4月
●進行役研修:4〜5月(8週間)
 (1)オンライン研修:4月1日〜5月31日
 (2)実地研修(合宿):5月18日(金)10:00〜5月19日(土)17:00
  会場:国立オリンピック記念青少年総合センター(東京都渋谷区)ほか
●チームキックオフサロン+運営研修:5〜6月(各運営チームごとに日程を決めて行います)
●NECワーキングマザーサロン開催運営:6〜11月
●チームクロージングサロン:12〜1月
●「第10回NECワーキングマザーサミット」開催:2019年1月(予定)

⇒活動の詳細については、2017年2月の活動説明会の動画資料をご覧ください。


プロジェクトメンバーとは
NECワーキングマザーサロン・プロジェクトに参画するメンバーです。
「進行役」「運営メンバー」「全体サポートメンバー」「本部メンバー」の4つの役割があります。
●進行役:サロンの進行を担います。
●運営メンバー:サロンの開催運営を行います。
●全体サポート:活動全体をサポートします。
「アンケート」「研修伴走・対話」「広報」「コミュニティ」という4つのチームがあります。
●本部メンバー:プロジェクト全体を統括します。
28685820_1821925591173078_3077924394776072756_n.jpg



【全体サポートメンバー募集概要】
全体サポートには、以下の4つのチームがあります。それぞれ応募の期間や条件が異なりますので、よくご確認ください。


募集する役割と応募期間

◆研修伴走・対話チーム
《応募期間》2018年3月9日(金)〜3月21日(水)17時締め切り
《活動内容》
「話す」「聞く」ことを通して、PJメンバー自身が自分のおもいに向き合う場づくりをします。
4〜5月は「進行役研修」に聞き役として伴走します。指導や監督的な立場ではなく、時に話を聞き、時に励ましながら、進行役希望者たちが研修を無事修了できるように応援します。
研修終了後は、進行役に限らずPJメンバーの聞き役・対話の推進役として、11月まで「話す」「聞く」場をオンラインなどで設けながら、自分の思いに向き合う場づくりの実践と考察をしていきます。
《こんな方を歓迎します!》
サロンのプログラムの意図や構造を理解し、進行役やサロン運営チームメンバーに対して、経験をアドバイスするのではなく、聞き役・壁打ち相手として関われる方
《応募要件》
NECワーキングマザーサロン第8期・第9期の進行役または伴走役経験者
※初めて研修伴走・対話チームに参画する方は担当者が面談をさせていただきます。

◆アンケート
《応募期間》2018年3月9日(金)〜4月9日(月)17時締め切り
《活動内容》
サロン参加者アンケートを作成し、ご参加者のリアルな声を集め、見える化します。アンケート項目検討、データ入力、集約データのチェック、結果まとめ、分析、共有など。
《こんな方を歓迎します!》  
・エクセルを使って集計したりグラフを作成することが好きなかた
・この活動や参加者の声を広く知ってもらえるために、分析したり形にしてみたい!というかた
・アンケートを通じてサロン運営チームと関わりたいかた
※初めてアンケートチームに参画する方は担当者が面談をさせていただきます。

◆広報
《応募期間》2018年3月9日(金)〜4月9日(月)17時締め切り
《活動内容》
各地のサロン運営チームに、広報の方法を紹介したり、テンプレートの共有をします。また、メンバー同士でサロン活動の広報について、学び合う場を運営します。
ブログやサロン公式のSNSアカウント、マドレボニータのメルマガへ寄稿するなどして、各地のサロン運営チームの広報サポート、プロジェクトの認知を高めたり、参画者を増やすための定期発信をします。
〈こんな方を歓迎します!〉
・サロンの活動をSNSなどを通じて広めたいかた
・文章作成、イラスト、写真、動画など、表現する事が好きな方、挑戦したい方
※初めて広報チームに参画する方は担当者が面談をさせていただきます。

◆コミュニティチーム
《応募期間》2018年3月9日(金)〜4月9日(月)17時締め切り
《活動内容》
6〜11月の活動中、チームが自走するためにサロン運営やチーム運営に寄り添います。
運営面の相談にのったり、サロン運営・チーム運営についてプロジェクトメンバーグループ内でメンバーに向けた情報シェアをしたりします。運営についてメンバー同士が話したり深めたりする場も開催したいと考えています。
《こんな方を歓迎します!》
サロンやプロジェクト全体の意図を理解し、進行役やサロン運営チームメンバーに対して、その人の力を引き出せるような関わりをしたいかた
《応募要件》
NECワーキングマザーサロン運営メンバー経験者(進行役経験は問わず)
※全員、担当者が面談をさせていただきます。

応募要件
以下すべての要件に該当するかた
<全員>
・「第10期プロジェクト参画およびサロン開催運営のガイドライン」に同意できる。
・メール、zoomまたはスカイプ、フェイスブック、Googleドキュメント及びGoogleスプレッドシートの使用が無理なくできる。

<研修伴走・対話>
・NECワーキングマザーサロン第8期・第9期の進行役または伴走役経験者

<コミュニティ>
・NECワーキングマザーサロン運営メンバー経験者(進行役経験は問わず)



応募方法
応募要件をすべて確認し、第10期
・「ガイドライン@プロジェクト参画について
・「ガイドラインAサロン開催運営について
に同意いただけましたら、以下のとおりお申し込みください。


1,「エントリーシート」をダウンロードし、記入する
 エントリーシートはエクセルファイルです。
 記入にあたっては、『オープンハウス(活動説明会)』(2017年2月版)の映像をご覧いただきます。
《全体サポートメンバーエントリーシート》のダウンロードはこちら

2,「応募フォーム」を送信する
 フォームに必要事項を記入し、エクセルの「エントリーシート」を貼付して、送信してください。
《応募フォーム》はこちら


3,面談
オンライン(スカイプまたはzoom)または対面にて、希望日時に面談を行います。
・コミュニティ:全員担当者と面談をおこないます
・その他チーム:初めてチームに参画する方のみ、担当者と面談をおこないます。
面談は、各チームの担当者と行います。応募いただいてから希望日を調整しあいます。
《チーム担当者》アンケート:八田吏、研修伴走・対話:種井美緒、広報:林理恵、コミュニティ:藤居料実

※応募フォームからエントリーシートが送付できない、自動返信メールが届かないなど、お困りのことがありましたら、下記お問合せ先までご連絡ください。



お問合せ先
wmst@madrebonita.com
NECワーキングマザーサロン・プロジェクト本部チーム
募集担当:土本、細川


※「運営メンバー」の募集は、4月上旬頃〜から開始する予定です。今しばらくお待ちください。
そのほかご質問などありましたら、担当までお問い合わせください。



<NECワーキングマザーサロン関連書籍>

 〜マドレオンラインストアで購入できます

●別冊マドレジャーナル「NECワーキングマザーサロン」特集

 プロジェクトの成り立ちや変遷、考察、メンバーの声などがぎっしりつまっています。


●産後白書2〜子育てしながら働く・働きたい女性1400人のリアル


●マドレ式ワーキングマザーの教科書 (サロンご参加者に配布しています)



<NECワーキングマザーサロン関連サイト>

●公式ブログ http://blog.canpan.info/wms/

●公式フェイスブックページ https://www.facebook.com/wmsalon/



●マドレボニータ公式サイト http://madrebonita.com

●マドレボニータ公式FBページ https://www.facebook.com/NPOmadrebonita/



ご質問などありましたら、担当までお問い合わせください☆
第10期のプロジェクトを一緒につくってくださるアツい仲間をお待ちしております!


NECワーキングマザーサロン・プロジェクト本部チーム wmst@madrebonita.com
募集担当:土本・細川

【チーム紹介】本部チーム

NECワーキングマザーサロン・プロジェクトは、一年単位の活動なので、毎年度メンバー募集をしており、運営体制も年度ごとに少しずつ変化をしています。
(※現時点では、第10期の活動は正式決定しておりませんが、活動の準備を行っています。)


■本部チームってなにするの?
プロジェクト全体を見渡してまとめる役割をになっています。
メンバー募集、チームづくり、研修、サロン開催運営、サミット(イベント)企画開催など、
年間の活動全体の計画や運営を担当しています。

<第10期プロジェクト運営体制>
28685820_1821925591173078_3077924394776072756_n.jpg

本部チームは、昨年よりボランティアスタッフが加わるという形に変わりました。
模索した1年を経て、今年はその2年目ということで、メンバーは変わりませんが、
プロジェクトに参画する全てのメンバーそれぞれのチカラが発揮されるような形を、
より一層みんなで模索していきたいと思っています。


■メンバー紹介(五十音順)

高橋 葉子(たかはしようこ)
28782630_1821937471171890_2563886241104625475_n.jpgこのプロジェクトは、一人ひとりが力を発揮して、チームとして力を発揮する、豊かな生態系みたいなコミュニティだなぁ!と感じています。10年目を迎える今年も、どんな出会いがあるか、どんな出来事があるか、とても楽しみにしています!
2009年の第1期からプロジェクト担当をしています。第3期に品川&横浜チームの進行役、第5期に信州チームの運営メンバーとしても参画。

種井 美緒(たねいみお) 担当:研修伴走・対話チーム
28795838_849913715192748_2604545256698195934_n.jpg埼玉県さいたま市に、夫と5歳男の子と3人で暮らしています。運営メンバーとして初参画してから、早5年目の参画になりますが、サロンに関わることで、私自身が毎年大きなパワーをもらっているなと感じています。今年も、どんな出会いがあるか楽しみです☆
このプロジェクトが、持っている力を発揮できるプラットフォームでありたいなと思っていて、そのために自分ができることは何だろう?を、今年も楽しみながらも試行錯誤していきたいなと思っています。どうぞよろしくお願いします!

土本 広美(つちもとひろみ) 
hiro.jpg妊娠中に出会い、参加者として始まったNECワーキングマザーサロンとの関わりも、今年で6年目になります。その経験や出会いは、今、そしてこれからの私を支えてくれるものとなりました。今年は昨年に引き続き本部チームとして、PJ自体を縁の下から支えて行きます。
新たな役割を、模索しながら進めた昨年の経験を経ての今年。
改めて多くのメンバーが関わるこのプロジェクトで、関わる皆さんが安心して活動していけるようにするには何が必要か考え、サロンのご参加者が安心して「母となってはたらく」ということを語れる場を、一緒に作っていきたいと思います。

八田 吏(はったつかさ) 担当:アンケートチーム
28795564_1569729223139619_7692116780451378350_n.jpg1期に目黒サロン進行役としてサロンに関わり始めてから10年目になります。
毎年変化し続けているこのプロジェクトが、今年はどんな感じになるのか、とても楽しみです!
1期、3期目黒サロンの進行役、2期は世田谷チームの運営メンバー、6期以降はプロジェクト担当として関わっています。

林 理恵(はやしりえ) 担当:広報チーム
17352158_1410445765697449_8199154255910750553_n.jpg3期から6期は埼玉のチームメンバーとして、7、8期は全体サポートメンバーとして関わりました。
年々、継続してこのプロジェクトに関わる仲間が増え、ますます一緒に活動する楽しさを感じています。
今期も新たな仲間との出会いが楽しみで、今からワクワクしています!
どうぞよろしくお願いします。

藤居 料実(ふじいかずみ) 担当:コミュニティチーム
28167057_10209503273613370_5646284909619932909_n.jpg私にとってサロンとは「人が自分自身の可能性に気づく瞬間の輝き」がたくさん溢れているところ。サロンという一期一会の場もそうだし、サロンの作り手達がチームですごす活動期間の中にもたくさんの輝きがあります。
ここでさせてもらっている体験と、関わってくれる人達に心から感謝。今年もどうぞよろしくお願いします
参画歴:6期城南チーム運営メンバー、7期東京南・川崎チーム進行役、8期全体サポートメンバー、9期本部

細川 朋美(ほそかわともみ)
17361766_1219496981501822_4843129797608049247_n.jpg今年もこのプロジェクトに関われることにワクワクしています。できる人ができることを持ち寄り活動していくというこの活動の醍醐味を私自身が今年はたくさん味わえたらいいなと思っています。また、サロンの参加者・プロジェクトに関わる人みんなが安心してサロンという場を楽しめるよう活動を支えていきたいと思っています。そしてたくさんの人との出会いを楽しみにしています。どうぞよろしくお願いいたします☆



第9期に引き続き、第10期もこの7名のメンバーで担当してまいります。
どうぞよろしくお願いします!

この活動がより豊かに展開していくことを目指して、昨年度からボランティアメンバーが「本部チーム」に加わる体制を取りました。昨年度は初めての試みで、「本部というのは何をする役割なのか」というところを、メンバーそれぞれが新しい体制の中で模索している段階だった、と感じています。

昨年のこのチーム紹介では、「本部チームのイメージは『縁側(えんがわ)』です」、とお伝えしましたが、振り返ってみると、

「縁側」を一生懸命作っている状態

だったように思います。
そして今年、昨年と同じメンバーでスタートすることになった「本部チーム」。

イメージはやっぱり「縁側」。

縁側が1年かけてやっと完成した!ので、いつも風が通っていて、
お茶飲んだり、日向ぼっこしておしゃべりしたり、
作業したり、ただ通るだけの人もいたり…
そんな場所であると良いな、と考えています。

プロジェクト10年目という節目の年。
より良いプロジェクトにしていきたい、という思いを持って、変わらず前進していけたらと思います。

《NECワーキングマザーサロン・プロジェクト:本部チーム 土本広美》

2018年03月06日

北チーム打ち上げサロン開催報告♪

こんにちは☆WMS9期北チーム運営メンバーの東小薗です。
季節の変わり目で寒暖差が激しい今日この頃ですが、大好きな春がもうそこまで来ていると思うと嬉しくなりまするんるん

さて、私が参画していた北チームで打ち上げサロンを開催しましたグッド(上向き矢印)
と言っても、開催したのは年明けすぐぐらいだったのですが(笑)たらーっ(汗)

打ち上げサロンでは運営メンバー全員が集合!!全員集合出来たのは9月に行ったメンバーズサロン以来。SNSで日々やり取りは出来るとはいえ、やっぱり対面で会えると嬉しいですねぴかぴか(新しい)

打ち上げサロンは、進行役ともちゃんのほっとするあたたかな進行のもと、

1「サロン参画してみてどうだった?」の振り返り
2 2018年、こんな年にしたい!


について、各自マインドマップを作成し、シェアリングするというワークを
行いました。マインドマップの中心にはその内容を表す漢字一文字を書く、というお題でした!

26734055_1667492006664880_9061012509058131865_n.jpg

私が書いた一文字は・・・お披露目するの恥ずかしいですがわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)
サロン振り返り→「共」 2018年→「動」     でした。

初めてのサロン運営への参画、産後真っ只中でどこまでチームの力になれるか、不安もありました。
ですが、このチームの「各自が出来ることを持ち寄って出来る範囲でやろう」という姿勢にとても心が温まり、ここにいて大丈夫、やれる事をやろうという気持ちになれ、サロンという場をチームメンバーと「共に創る」ことの醍醐味を感じる事ができました。

そして、私がサロン運営に参画して本当によかった!と思えたのが、サロンに来られた参加者さんたちの話している時の表情の変化です。最初は自信が無さそうだったり何かに対してイライラしているように話していたのが、他の参加者さんの話を聴き、自分の気持ちと深くつながった後、とても活き活きした表情に変わっていきます。

そんな場面を目の当たりにすると、あー、今日ここでサロンやって良かった〜〜exclamation×2と心の底から思えるんです。そんな素敵な場作りに参画できた事は、私の2017年の一大イベントでしたハートたち(複数ハート)

2018年「動」はここで書くとさらに長くなりそうなので、割愛しますね(笑)

そして、一人一人のシェアの後は、聴き手から話し手へひと言メッセージを渡します。
そして、このメッセージは「永久保存する価値がある!」と言えるほど、とっても励まされるんですかわいい人から貰う言葉の力ぴかぴか(新しい)ってすごいですね。

26230717_1667492699998144_2867809162938812728_n (1).jpg

楽しい打ち上げサロンの最後には、メンバーからともちゃんへのサプライズプレゼントが黒ハート
北チームの活動記録&メッセージを素敵にまとめたアルバムと、これからもともちゃんらしく走り続けてね!という想いを込めたランニンググッズひらめき

最初から最後まで本当にあたたかいアットホームな北チームでした☆
期間中、北チームのサロンに足を運んでくださった皆様、どうもありがとうございました!

そして、ワーキングマザーサロンに参加してみたい!運営に関わってみたい!など興味がある方は、ぜひFacebookやブログをチェックしてみてくださいね☆
ただいま、サロンの進行を務める「進行役」の募集を行っていますよ!

ワーキングマザーサロンFacebookページ

【募集のご案内】第10期「進行役」(〜3/12まで)


(文責:東小薗 陽子)
posted by WMSプロジェクト at 14:37| WMS2017_北

2018年02月26日

【募集のご案内】第10期「進行役」


「NECワーキングマザーサロン」を一緒につくる仲間を募集します!
第10期「進行役」募集 

第10期NECワーキングマザーサロン・プロジェクトに、「進行役」として参画したい方を募集いたします。

「NECワーキングマザーサロン」は、「母となってはたらく」がテーマの、対話を中心としたワークショップです。
「職場復帰」「ワーキングマザー」「両立」といったテーマの研修やワークショップはこの10年でずいぶん増えてきました。そのなかでこのプロジェクトが立ち上げ期からずっと変わらず取り組んでいるのは、「自分に向き合う」ということです。
「NECワーキングマザーサロン」は、ただひたすらに自分に向き合う機会であり、場です。

この場を、市民の力で地域に展開していく活動が、NECワーキングマザーサロン・プロジェクトです。地域ごとの「サロン運営チーム」で開催運営にあたります。「進行役」は、プログラムの進行をし、自分に向き合うご参加者の言葉を聞きます。そのために事前に2か月間の研修に取り組みます。

※なお、第10期の活動の正式な実施決定は4月となります。現時点では実施「予定」ですが、先行してメンバー募集を行ってまいります。何卒ご了承ください。

2018/3/3(土)活動説明会 ご参加受付中です!話しだけでも聞いてみたい方ぜひどうぞ
オープンハウスイベント用画像2.jpg



NECワーキングマザーサロン・プロジェクトとは
「NECワーキングマザーサロン」は、「母となってはたらく」がテーマの、対話を中心としたワークショップです。毎年度6〜11月の6ヶ月間、全国各地で開催しています。
この開催運営にあたっているのは、100名にも及ぶボランティアメンバーです。

この活動は2009年から始まり、今年度で第10期を迎えます。これまでに30都道府県142区市町で942回開催し、6,831名のかたが参加しました。ボランティアメンバーメンバーはのべ757名。
主催の認定NPO法人マドレボニータは、「母となった女性が、産後の養生とリハビリに取り組み、本来持っている力を発揮できる社会」の実現を目指して、産後が起点となる社会問題の解決に取り組んでおり、本プロジェクトもその一環として行っています。


年間活動内容とスケジュール(※予定)
●メンバー募集・登録:2018年2〜4月
●進行役研修:4〜5月(8週間)
 (1)オンライン研修:4月1日〜5月31日
 (2)実地研修(合宿):5月18日(金)10:00〜5月19日(土)17:00
  会場:国立オリンピック記念青少年総合センター(東京都渋谷区)ほか
●チームキックオフサロン+運営研修:5〜6月(各運営チームごとに日程を決めて行います)
●NECワーキングマザーサロン開催運営:6〜11月
●チームクロージングサロン:12〜1月
●「第10回NECワーキングマザーサミット」開催:2019年1月(予定)

⇒活動の詳細については、2017年2月の活動説明会の動画資料をご覧ください。


プロジェクトメンバーとは
NECワーキングマザーサロン・プロジェクトに参画するメンバーです。
「進行役」「運営メンバー」「全体サポートメンバー」「本部メンバー」の4つの役割があります。
●進行役:サロンの進行を担います。
●運営メンバー:サロンの開催運営を行います。
●全体サポート:活動全体をサポートします(体制は検討中)。
●本部メンバー:プロジェクト全体を統括します。

MadreOpenHouse2017_スライド (1).jpg




「【募集要項】進行役」はこちらへ

●応募期間 2018年2月26日(月)〜3月12日(月)17時締め切り
※エントリーシート送付は、面談の前日17時締め切り

●募集人数 15名(予定)

●応募要件1〜5すべての要件に該当するかた。6は優先事項です
1)認定NPO法人マドレボニータの「正会員」である
2)第10期「ガイドライン@プロジェクト参画について」「ガイドラインAサロン開催運営について」に同意できる
3)進行役研修(オンライン研修および実地研修)に全課程参加できる。(※1)
4)サロン開催期間中、月1回以上、サロン開催できる見込みがある。(※2)
5)オンラインでのメール、zoomまたはスカイプ、フェイスブック、Googleドキュメント及びGoogleスプレッドシートの使用が無理なくできる。(※3)
6)「NECワーキングマザーサロン」(2009年度以降)に参加したことがある。 ※優先
(※1〜3については募集要項をご覧ください)

●応募の流れ
1)「応募フォーム」に必要事項(面談希望日時含む)を記入して送信する。※3月12日(月)17時締め切り
2)「動画課題」に取り組む。
3)「エントリーシート」をダウンロードして必要事項を記入し、メールに添付して提出する。※面談の前日17時締め切り
4)オンラインまたは対面にて、本プロジェクト担当者と面談する。

「募集要項」(上記リンク先)をよくお読みいただき、応募の流れと必要事項をご確認ください。
面談日程のご希望は応募フォームでお知らせいただきます。「応募先着順」にて決めさせていただきます。また、現在終日「○」がついている日でも、面談は1日3名までとさせていただきますので、お早めにご連絡ください。

ご応募お待ちしております!

「【募集要項】進行役」はこちらへ



「運営メンバー」の募集は、進行役候補者とサロン開催候補地がきまってから(4月あたま頃)から開始する予定です。今しばらくお待ちください。
「全体サポート」は役割によって募集時期が異なる予定です。決まり次第情報アップしてまいります。

(文責:プロジェクト本部・高橋)

2018年02月21日

(北チーム進行役)「母となってはたらく〜みんなの復職のかたち〜」を終えて

みなさま、こんにちは。
9期NECワーキングマザーサロン、北チーム進行役を務めました田辺知美(ともちゃん)でするんるん
先月末に行われたイベント「母となってはたらく〜みんなの復職のかたち〜」にて登壇させて頂きました。
サミット.jpg

私が話したのは、NECワーキングマザーサロンの活動に関わっていく中で自分の中に起こった変化について。
この場で、改めてお伝えしたいな、と思います。

《参画を決めた時の自分》
私がNECワーキングマザーサロンの進行役をやろうと思ったのは、サロンという場を必要としている人に届けたい、という思いに加えて「自分に自信をもてるかもしれない」という希望があったからでした。

その時の私は二人目の復職2年たったところ。仕事へのモヤモヤがとても大きく、そんな状態の自分に自信がないし自己肯定感がかなり低い状態。

そんな感じだったので、進行役をやる、というのは私にとってかなり大きなチャレンジでした。


《サロンを開催するようになってからの自分》
サロンでは、参加者の方々のいろんな状況での悩み・希望・葛藤を聞く機会が多くありました。
聞いて行く中で、「私自身はどうだろう?」と自分の事を振り返るきっかけにもなりました。
すると、モヤモヤしている自分の中に、「悲しい」もうやだ〜(悲しい顔)「寂しい」バッド(下向き矢印)「嬉しい」わーい(嬉しい顔)など、色んな感情が潜んでいる事、さらには「こうしたい、こうありたい」ぴかぴか(新しい)と思っている自分がいる事に気付きました。

自分の事を気づくというのは不思議な感じですが、まさにその通りでした。
そして、そこから「今のままの自分を受け止めよう、受け止めたい」と思えるようになってきました。
そんな風に自分を受け止められるようになると、出来てない自分以外の自分にも目を向けられるようになり、

“自分にはまだ色んな可能性があるのかもしれない、(可能性が)あることを信じたい”という気持ちの変化も感じられるようになっていました。


《サミットで登壇したその後》
少し話がズレますか、サロンを開催する中で印象的だったことの1つに、参加者の方が言葉にして行く中で力強くなっている気がする、ということがありました。

サロンの中では進行役という立場のため、中々自分の事を話す、という機会はなかったのですが、今回のイベントで多くの参加者の方々の前で話してみて、不思議と力が湧いてきている自分がいました。

まさにサロンで見た言葉を紡ぎながら力強くなる参加者を自分で体験した感じです。

ただ、これはどこで話してもいいわけじゃなくて、イベントがサロンのような安心して話せる場だったから、だとも思っています。
改めて、サロンという場がもたらす大きな変化に魅了されています。


今期のサロンは終了しましたが、次期も引き続き多くの人にサロンという場が届く事を願っていますし、ぜひ興味のある方には参画して、参画側の楽しさやその中で起きる自分の気持ちの変化を味わってほしいです黒ハート

*******************************************************************
NECワーキングマザーサロンの活動に興味のある方、活動説明会へぜひご参加してくださいグッド(上向き矢印)

3月3日(土)10:00〜11:45 JR目黒駅徒歩7分
詳細はこちら→ http://blog.canpan.info/wms/archive/2200
********************************************************************
(文責:田辺知美)

2018年02月07日

(栃木チーム進行役みいちゃん)「母となってはたらく〜みんなの復職のかたち〜」を終えて

今回のサミットでは、第一部に登壇させて頂きました、
みいちゃんこと永井美衣です。

27849352_1207380086060806_1815552562_n.jpg

第一部で登壇させて頂いた中で、コミュニケーションの話になった時、

「子育てを通して、『相手にも意思がある』と思えるようになり、
会社でもコミュニケーションが円滑にいくようになったと感じている。」


という内容をお話させて頂きました。

27073316_1518777674907083_956642981747815041_n.jpg

例として、会議中に肘をついてダラッとしている人がいたら、以前は

「あの人、この仕事やりたくないんだな。」

と思ってしまっていたが、復職後は

「体調が悪いのかも知れない。」とか
「いつもああいう姿勢なだけなのかも知れない。」
「実は言いたい事があるのに言えずにいるだけかも知れない。」

と思えるようになり、フラットに接する事が出来るようになった。
といったニュアンスでお伝えしたと思います。

これって実は、2回目の育休中に挑戦した、NECワーキングマザーサロンの進行役の研修の中で
つかさっちん(”聞く”研修担当の方)が取り上げて下さった、

「事実と判断を切り分ける」

という内容を、子育てを通して実感して行った結果なのです。
上の例で書くと

事実→会議中に肘をついている
判断→やる気がないのだろう

と、切り分けることで、自分の価値観でものを見ている事に気付く、という事です。
研修で得た知識はこれに留まりません。


そして、こんな素晴らしい内容の研修、このプロジェクトでは、
運営メンバーにも広く開いていて、プロジェクトに参加していれば誰でも聞けるんです!!!

「サロンを安心安全な場にする」

という明確な目的のために。
私は3年前にサロンに参加者として参加してマドレボニータを知り、
2年前はサロン運営メンバーとして参画し、サロン期間中にメンバーに見守られながら出産(立ち合いって意味ではないです(笑))、そして1年前に進行役として参画する、という経験を通して、
本当に成長させて頂いたと感じています。

また先日のサミット終了後、参加者さんから、

「第一部の中で、『2回目の育休中は自分に投資した。』とおっしゃってましたが、
具体的には何をしたのですか?」


とご質問頂きました。本当に色々やったので、その場では一部しか答えられませんでした。
この機会に、ここでも回答させて頂きます。

・NECワーキングマザーサロンの進行役に挑戦

・産後ケア教室に産後210日ギリまで3ターム(4回クラスx3か月)通った。
(産後ケア教室に参加する人は本当に面白い人が多く、卒業した今も深く繋がっています。
母親になってから知り合った友人で、子供の名前を後になって知る関係って意外となくて、めっちゃ貴重!)

・マドレ繋がりで知り合ったたねちゃんこと種井さんがやっている、
「フランクリンメソッド」
という身体について深く学べるワークショップに参加。
(これは単身で参加していたので、子供は託児所へ。一人目では産後半年も経たずに、というか保育園以外に子供を預けるなんて考えつかなかったけれども、ちょっと勇気を出してやってみると、プロの保育士さんに子供を見て貰えるし、子供にとっても信頼出来る大人がたくさんいるんだと思える経験はとても豊かなんだと感じました。
子供の個性によるところも大きいと思うけれども、こんな経験のお蔭で、2人目は慣らし保育もスムーズで、結果、お互いのストレスが軽く済んだな、と実感しています。)

・上記の体験で託児のハードルが下がった事で、単身参加のセミナーにも多数出席

・マドレボニータ繋がり(一昨年の進行役ゆきちゃんこと石井さん)主催の講座や読書会に参加
(お金に関する講座、ナチュラルクリーニング講座、ライフシフト読書会←これは本当に視野が広がる素晴らしい会でした! 等)

・コーチングを受けた(復職して色々悩むだろうから、自己基盤が大切だと思ったので)

・”ストレングスファインダー”というアセスメントツールの勉強会を自主開催

・マドレで知り合った友人達繋がりでパン教室に通う、パーソナルカラー診断を受ける、骨格診断を受ける

などなど。

引きこもりだった第一子育休とは雲泥の差です。

(ちなみに、第一子産後は、”産褥期”という言葉すら知らず、産後ハイで退院直後から動き回り、
産後2か月で体力が底をつき、それ以来毎日泣いて過ごす・・・そして引きこもり・・・でしたorz)

1回目復職は引きこもりからズルズルと這い出した感じでしたが、
2回目は会社と家の往復だけでは知り合えなかった人との繋がりも充実し、本当にパワーアップして、復職が楽しみになる位でした。

育休は、自分の可能性を拡げてくれる”第3の場”と出会える貴重なチャンスだと思います。
マドレボニータは、”第3の場”をつくるきっかけをくれる場だとも感じています。
幸いにもマドレボニータの存在を知れた皆さんには、私も経験した、

「パワーが充填される感覚」

を各々の感覚で味わって貰えたら、本当に嬉しいです!

ありがとうございました。

【文責:永井美衣】

27459826_1102253343245156_1548911582899302487_n.jpg
(イベント前に全国から集まった進行役は研修を行っていました)

****

家庭や職場、地域などで、まわりの人とのコミュニケーションをより良いものにしたいな、と思っている方のために、対話の基本となる「聴く」ことの基礎を学ぶ講座を行います。
文中にも出てきた、つかさっちんこと八田吏さんが講師をつとめます。
相手との豊かな関係性をつくりたい、その糸口をみつけたい、練習場所や仲間がほしかった!…という方、ぜひご参加ください。お待ちしております。


【安心・安全を高める聞き方・あり方】編
・日時:2018年2月17日(土) 13:30〜15:30 (開場13:15)
・会場:大崎第一 区民集会所 第4集会室(和室) ※JR五反田、目黒より徒歩10分
▼お申し込みフォーム
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSeXlxBe4Y_5t22BpXzkCm7yL9Sqpr6CjgHxLpYnp2p2Y7FrIg/viewform

【人はなぜ問題を抱えるのか?なぜ「聞く」が効くのか?】編
・日時:2018年3月3日(日)13:30〜15:30 (開場13:15)
・会場:田道住区センター三田分室 第3会議室(和室) ※JR目黒より徒歩7分
▼お申し込みフォーム
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdixD1PdNTcx6OKAaEM1hCHkENe2Z9MDBuOa4iep1lmggs_tg/viewform

※両日 異なる内容を扱いますが、連続講座ではありませんので、単発受講も可能です。
※ワークを挟んで実際に体験しながら学んでいきます。

・参加費:3,240円(税込)/各回
・定 員:15名 ※お子さまの同伴はご遠慮ください。単身でのご参加をお願いいたします。
・対 象:テーマに関心のあるかたどなたでも
・講 師:八田 吏(はった つかさ) NPO法人マドレボニータ研究開発事業部長
・問合先:wms@madrebonita.com (担当:高橋)

NECワーキングマザーサロン・プロジェクト
[ブログ] http://blog.canpan.info/wms/
[FBページ] https://www.facebook.com/wmsalon
[Instagram]https://www.instagram.com/necwms/

【プロジェクト担当:高橋葉子、八田吏】

2018年02月04日

(湘南目黒チーム進行役あっか)「母となってはたらく〜みんなの復職のかたち〜」を終えて

先日1/27に、2017年のNECワーキングマザーサロン第9期の活動をまとめ、「母となってはたらく」に興味を持つみなさんと復職について考えるイベントが無事開催されました。

私は湘南目黒チーム進行役としてグループシェアリングの進行と、全体に向けて「今期の活動を支えた人枠」でお話をさせてもらいました。
真剣な眼差しで聞いてくれている方、ウケてくださっている方、ブンブンと頷いてくださる方、いろいろな表情が見えましたが、この大人数の中でも「聞く」ことを大事にしている場なんだなあと話している最中に嬉しくなりました。

私が話したことは、プロジェクトメンバーとのチーム作りを通してかけがえのない仲間たちに出会えたことと、「参画することで挑戦し、それが自分の力にかわる」というチャレンジすることの楽しさについてです。
27398462_1420328218094727_253170797_o.jpg

得意ごとを持ち寄り、相手を信頼したチーム作りで、いつしか仲間同士応援し応援されるものになっていきました。メンバーの「初めての挑戦」に立会い応援し、自分も一歩踏み出す勇気をもらえる。

サロンの場で起こったことは必然、と進行研修を担当してくれたつかさっちんは言っていました。
「やってみよう」の気持ちから行動に移すとき、それはとても勇気のいることです。失敗したらどうしよう、そんな考えが頭をよぎります。しかし時には失敗しても、次また挑戦すればいい。
NECワーキングマザーサロン本部の厚いバックアップ体制も、自分のチームの応援し合う気持ちが、私に新しい挑戦をもたらしてくれていたと思います。

第3の場だからこそ挑戦できる。

母となってはたららくのイベントも運営側はみんなそれぞれの挑戦をして、その場にいました。普段は事務職や営業職、SEなど多彩なバックグラウンドの人たちが、母となってはたらくを伝えるために自分の仕事とは違ったアプローチで挑戦したのです。
たくさんのキラキラした想いの詰まった場になっていたかと思います。

来期の説明会ももうすぐ始まりますね。NECワーキングマザーサロンが、多くの人の素晴らしい挑戦の場となりつづけることを願ってやみません。
(文責 湘南目黒チーム 田坂あす香)

2018年01月30日

第9期(2017年)の活動まとめ




イベント「第9回NECワーキングマザーサミット
 母となってはたらく〜みんなの復職のかたち〜」
開催しました
2018年1月27日(土)13:30−16:30 生活産業プラザ(東京都豊島区)
(湘南目黒チーム進行役あっか)「母となってはたらく〜みんなの復職のかたち〜」を終えて
(栃木チーム進行役みいちゃん)「母となってはたらく〜みんなの復職のかたち〜」を終えて
(北チーム進行役)「母となってはたらく〜みんなの復職のかたち〜」を終えて
ツイッター中継まとめ



第9期サロン開催

開催期間 :2017年6〜11月(6か月)⇒開催スケジュールはこちら

開催地:※地域ごとのチームでサロンを開催運営しています。
<北海道・関東>
【北海道チーム】 北海道北見市
【栃木チーム】栃木県宇都宮市
【群馬チーム】群馬県高崎市、前橋市
【杉並中野豊島チーム】東京都杉並区、中野区、豊島区
【北区チーム】東京都北区、周辺地域
【葛飾チーム】東京都葛飾区、足立区
【調布チーム】東京都調布市、府中市、稲城市
【横浜チーム】神奈川県横浜市
【神奈川北城南チーム】神奈川県横浜市、川崎市、東京都中央区、品川区、大田区
【湘南目黒チーム】神奈川県逗子市、鎌倉市、東京都目黒区
<東海>
【静岡チーム】静岡県袋井市、島田市、浜松市
【岐阜チーム】岐阜県岐阜市、周辺地域
【名古屋チーム】愛知県名古屋市



第9期の活動
・2018/1/25「第9回NECワーキングマザーサミット」開催
・2017/6-11「NECワーキングマザーサロン」開催(終了)
・2017/4/1-5/31 進行役研修実施(終了)
・2017/3- 第9期プロジェクトメンバー募集(締切)
「運営メンバー」募集(締切)
「全体サポートメンバー」募集(締切)
「進行役」募集(締切)

2018年01月29日

「安心して対話できる関係をつくる『聴く』講座」を開催します2/17、3/3

NECワーキングマザーサロン・プロジェクトでは、毎年100名にも及ぶボランティアメンバーが力を合わせて活動しています。こうしたプロジェクト実施の原動力となるのが、メンバーひとりひとりの中に育まれている「対話の力」と、「対話できる関係性」です。

この「対話」のもつパワーについてお伝えする場をつくりたいと思い、このたび、「安心して対話できる関係をつくる『聴く』講座」を企画いたしました。

「夫婦で共有したいことがたくさんあるのに、話せていない」
「復職して、職場でどう思われているか心配」
「ボランティア仲間と足並みが揃ってない気がして不安」
「ああ、もう少しコミュニケーションがとれればなあ」という思いをもつかたにこそ、ぜひお届けしたい内容です。

今回の講座は、NECワーキングマザーサロン進行役研修の内容をベースとした内容で、自分のまわりの関係をより豊かにするための「聴く」の基礎を学びます。
家庭や、職場や、ボランティア活動などで、聞きあう関係性をつくりたい!と思っているかた、その糸口をみつけたい、練習場所や仲間がほしかった!、という方、ぜひぜひご参加ください。お待ちしております☆

13254773_962304943887695_3884657931490593982_o.jpg

《ご案内》
―――――
■安心して対話できる関係をつくる「聴く」講座
―――――
家庭や職場やボランティア活動などで、聞きあう関係性があればもっと豊かになる。
自分の場でそういう関係性をつくりたい!と思っているかた、ぜひご参加ください。

<開催概要>
内容・日時・場所・お申し込みフォーム

@「安心・安全を高める聞き方・あり方」
2018年2月17日(土) 13:30〜15:30
JR五反田駅およびJR・東急目黒駅より徒歩10分、東急目黒線不動前より徒歩5分
お申し込みフォームはこちら

A「人はなぜ問題を抱えるのか?なぜ「聞く」が効くのか?  」
2018年3月3日(土)13:30〜15:30

JR目黒駅より徒歩7分
お申し込みフォームはこちら

※両日 異なる内容を扱いますが、連続講座ではありませんので、単発受講も可能です。
※ワークを挟んで実際に体験しながら学んでいきます。

●参加費:3,240円(税込)/各回 ※当日ご持参ください。

●持ち物:筆記用具、飲み物

●定員:15名(満席になり次第受付終了します)
※お子さまの同伴はご遠慮ください。単身でのご参加をお願いいたします。

●対象:テーマに関心のあるかたどなたでも

●講師:八田 吏(はった つかさ) NPO法人マドレボニータ研究開発事業部長

●問合先:wms@madrebonita.com (担当:高橋)

●主催:認定NPO法人マドレボニータ
posted by WMSプロジェクト at 10:52| おしらせ