CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年07月31日

【残席3】【東京・神奈川夜】9月8日(土)18:00〜20:00 麻生市民館 @新百合ヶ丘

こんにちは NECワーキングマザーサロン 運営メンバーの喜多村です。

今回は、私がぜひサロンを開催したかった場所、新百合ヶ丘で開催です。


なぜ、ここでやってみたかったのか? 少し私のことを話をします。


私はこの地で子育てをスタートしました。
家でじっとしていられない性格の私が、家に居ることの方が多い生活が始まりました。
産後数か月は、実家から助けが得られたものの、生活リズムが見えてきて、本格的に子育てがスタートすると、赤ちゃんと二人で過ごすことが多くなりました。


そのころの私は、子育てについての不安だけでなく…社会から切り離され、赤ちゃんの世話をして一日が終わっていくことへの孤独感焦りの感情が大きかったのだと思います。


意思疎通のうまくできない、赤ちゃんとの時間に精神的にも体力的にも疲れ果てた夜、赤ちゃんと寝落ちし、いつの間にか帰宅した夫がすでに就寝ていることに気が付く。
部屋には洗濯物が散乱し…たくさんあるはずの時間の中でできていない家事、今日一日大人と話をしていない…と気づいて涙が出そうになることがありました。


「誰かと話がしたい!」
「今までできていたことができない!」
「自分の時間が欲しい!」



そんな想いを胸に、地域の育休中のママとのつながりを作りたくて、ネット検索を始め、知ったのがNECワーキングマザーサロンでした。


しかし、開催されていたのが、自宅から電車を乗り継いで行く、または車でなければならない場所。
初めての赤ちゃんを連れてのお出かけ。大きな荷物を抱えて電車を乗り継いで、ましてや一人で車で行く勇気がもてませんでした。
なかなか、近所での開催を見つけられず、参加することなく育児休暇が終了してしまいました。



最近、新百合ヶ丘近辺に多くの住宅地ができ、保育園もたくさん開園されてきています。
子育てをしながら働くママたちが確実に増えています。
だからこそ、助け合うことのできる人との出会いや、子育ての情報を交換したり、仕事の悩みを相談したりすることのできる、ママと出会う場がほしいと思っている方が多いはず。



それだけではなく、働くママを取り巻く環境も変わってきています。
「子育ての悩み」はもちろん、子育てをしながら社会と関わり続けるための「自分育て」が必要だと感じる人が増えてきているのではないか?とも感じています。



子育てしながら働くママたちの出会いの場の一つとして、「母となってはたらく」を話すNECワーキングマザーサロンを私のホームグラウンド、新百合ヶ丘で開催してみたい!
そんな想いが今回現実になりました。


開催日程も、あえて家族の協力が得やすいと思われる、週末の夜に設定。
ご家族の協力も欠かせない時間ではありますが、これを機会に、是非、自分のための時間を作ってみませんか?


《9/8(土)18:00〜麻生市民館》

●日時
2018年9月8日(土)18:00〜20:00(開場17:50)

●会場

麻生市民館(第二会議室)
(川崎市麻生区万福寺1丁目5番2号)

●アクセス
小田急線・新百合ヶ丘より徒歩5分

●参加費

500円
※資料として『マドレ式ワーキングマザーの教科書』(A5判冊子)をお渡しします

●対象

就労、未就労、学生、社会人、未妊、既妊問わず「母となってはたらく」ことについて、考え、語り合いたい女性

●定員
10組程度
※生後210日までのお子さまに限り、同伴可能です。
今回のサロンでは、2018年2月10日以降に生まれたお子さまは一緒にご参加いただけます。
2018年2月9日までに生まれたお子さまは、信頼できる方にお預けになって、単身でご参加ください。

●お申込み

お申込みはこちらから
※8月3日(金)13:00頃より受付開始

●お問合せ先

東京・神奈川夜チームまでメールでお問い合わせください
tokyokanayoru@madrebonita.com


<NECワーキングマザーサロン関連書籍>

マドレオンラインストアで購入できます

●別冊マドレジャーナル「NECワーキングマザーサロン」特集
プロジェクトの成り立ちや変遷、考察、メンバーの声などがぎっしりつまっています。

●産後白書2〜子育てしながら働く・働きたい女性1400人のリアル

●マドレ式ワーキングマザーの教科書 (サロンご参加者に配布しています)



<NECワーキングマザーサロン関連サイト>

●公式ブログ http://blog.canpan.info/wms/

●公式facebookページ https://www.facebook.com/wmsalon/


●マドレボニータ公式サイト http://madrebonita.com

●マドレボニータ公式Facebookページ https://www.facebook.com/NPOmadrebonita/


(文責:喜多村佳美)

※満席御礼※【江東・江戸川・中央チーム】8/25(土)第2回東陽町サロンのご案内

*こちらのサロンはおかげさまで満席となりました!

こんにちは。NECワーキングマザーサロン江東・江戸川・中央チームの深澤 麻衣です。

第2回目のサロンは、8/25(土)東陽町にて開催いたします。(詳細は末尾をご覧ください)


私とNECワーキングマザーサロンとの出会いは、今から2年前、第一子を出産してから半年経った頃でした。


産前の私は、出産したら仕事を辞めて、育児に専念しようと決めていました。「出来るだけ子どもの側にいてあげたい」「子どもができたら出張は残業はできないから、自分のやりたい仕事はできない」を思い込んでいたからです。


それでも社会との繋がりを失いたくないと思い、産後3ヵ月の頃在宅ワークを開始。子どもがよく寝てくれる時期は週10時間程度の時間を確保することができていましたが、生後半年頃、ママが側にいないとギャン泣き。急な発熱や嘔吐…子どもの要求に応えながら、目の前の家事をこなす時間を捻出しなければならず、週10時間の時間はゼロ、仕事も一時辞めざるを得なくなりました。産前の計画どおりに物事が進まず、イライラと漠然とした不安が募る日々…ちょうどこの頃に参加したのがNECワーキングマザーサロンでした。


サロンでは「〇〇くん、〇〇ちゃんのママ」「〇〇さんの奥さん」としてではなく、「私」を主語として、2人組のコミュニケーションのワークやシェアリングをしていきます。自分の話に善悪つけず、「話す、聞く、整理する」というプロセスを通じて、イライラと不安の原因が徐々に言語化されていきました。


1回のサロン参加で全て解決した訳ではありませんし、環境の変化に応じて、その時に出した答えが変化していったこともありました。それでも自分の想いを言語化する方法や場を持つことができたことは、人生・仕事・パートナーシップについて考えるキッカケになったと感じています。


「NECワーキングマザーサロン」という名前が、働いている人、育休中の人、意識高い系の人(!?)が集いそうで敷居が高いなぁ…と思われることもありますが、「母となってはたらく」ということを語り合いたい女性ならどなたでもご参加いただけます。かつての私のように働くか辞めるか迷っている方も含め、学生、就労中、育休中、専業主婦、立場や肩書には関係なくどなたでも大歓迎です。様々な価値観や悩みを持った人が語り合うからこそ、自分の本当の価値観や想いを見つけられると考えています


江東・江戸川・中央チーム一同、皆さまとお会いできるのを楽しみにしています。

長くなってしまいましたが、以下第2回目のサロンのご案内です。




【第2回 NECワーキングマザーサロン 8/25()@東陽町】


【日時】 2018825日(土)9:4511:45(開場9:30 
【場所】 江東区文化センター(江東区文化センターへのアクセス

       東京メトロ東西線「東陽町駅」より徒歩5

【参加費】500 
     ※資料として『マドレ式ワーキングマザーの教科書』(A5判冊子)をお渡しします。 
【対象】「母となってはたらく」ことについて、考え、語りたい女性の方ならどなたでも!
     育児休業中の方、専業主婦の方、ワーキングマザー、学生さん、
     結婚・妊娠・出産の経験がない方でも、どなたでも大歓迎です!
【定員】8組程度
    ※生後210日までの赤ちゃんは一緒にご参加いただけます。
    2018127日以降にお生まれのお子さまは一緒にご参加いただけます。
   2018126日以前にお生まれのお子さまは、信頼できる方にお預けになって、単身でご参加ください。


【申込方法】お申込みはこちらから

      81() 午後1時頃から受付開始予定。

      受付完了後、チームよりメールにてご連絡差し上げます。

      

【問い合わせ先】江東・江戸川・中央チーム


江東・江戸川・中央チームについて

江東区・江戸川区・中央区在住のメンバー4名で運営しています。
7
12月まで、毎月1回のペースでサロン開催予定です。開催日時決まり次第、随時お知らせいたします。
チームメンバーのご紹介はこちら


(文責:江東・江戸川・中央チーム 深澤 麻衣)