CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年07月17日

「NECワーキングマザーサロン」6/29(金)夜に表参道で開催しました

IMG_0584.JPG

「NECワーキングマザーサロン」(以下、サロン)は、NPO法人マドレボニータが主催するプロジェクトです。詳しくはこちら

6/29(金)のサロンは、表参道で夜に開催されました。このプロジェクトは、全国各地にボランティアスタッフで作るチームがあり(今年は16チーム)、各チームごとに地元エリアを中心に開催しています。

この日に開催したのは「東京・神奈川夜チーム」。私は、このチームにスタッフとして参画している東麻吏と申します。今回は、私たちチームの第1回目のサロンとなりました。(サロンは各チームごとに11月までに6回くらいずつ開催します)

私たちのチームのことについて、少し書かせてください。このチームは「エリア」ではなく、開催する「時間帯」しばりで集まりました。

それは、平日の夜。母親にとって、夜に単身で外出するのは、難しいと思う人もいるかもしれません。実際、サロンの開催は、多くが土日の昼の時間帯です。しかし、あえて平日夜に開催してみることで、新たな参加者に出会えるのでは?と期待をしつつ、会場でお待ちしていました。

IMG_0567.JPG


会場は、表参道駅からほど近い、東京ウィメンズプラザ。会社終わりに急ぎ足で駆けつけてくれた参加者とともにサロンがスタートしました。

金曜夜の開放感あふれるオーラを身にまとって来てくれた参加者のみなさん。「母となってはたらく」をテーマに、自分のために話をする時間を取る。それを選んできてくれた方々を見て、胸がいっぱいになりました。

自己紹介から、ウォーミングアップのワークと続いて、ペアになって話を聞いたり、聞いてもらったりします。そのあと、ペアワークで感じたことなどを全体でシェアしていきます。

IMG_0587.JPG


「母となってはたらく」をテーマにしているのですが、ペアワークの際に3つのキーワードから一つ選んで話をします。それは「人生」「仕事」「パートナーシップ」。どれもつながっていることなので、仕事のことを話しているつもりがパートナーシップの話になったりします。

じゃあ、どれを選んでも同じでは?と思うかもしれませんが、このキーワードがあることがとても重要だなあといつも思うのです。
キーワードがあることで、それが気持ちを話すきっかけとなり、ダムの放水のように思いが流れ出すということがよくあります。決まった時間で話をするときに、とても役立ってくれます。

IMG_0592.JPG


今回のサロンでは、全体で話をしたときにいろいろな人にとっての「はたらく」があるんだ、ということをあらためて感じました。

子どもが生まれてから仕事観が変わったという方もいれば、「はたらく」の場でもしっかりしない自分でいてもいいじゃない?という方、自分の楽しい、知りたいの先に「はたらく」があったらいいなという方。

それぞれが自分にとっての「はたらく」を真摯に考え、「私はこうありたいんだ、こうしたいんだ」と気づいていくのを見て、私は自分自身もここにいていいんだと、自分もこのありようでいいんだ、とどこか「認められた」ような気分になりました。

必死に参加者のみなさんの言葉を追いながら、その不安や希望に共感しました。また、みなさんがいろんな視点で世界を感じているように、一つのものさしで何かを判断するのではなく、いくつものアプローチでものごとを捉えたいなと思いました。

IMG_0602.JPG

「母であること」、「はたらくこと」、誰一人同じスタンスではありません。
だからこそ、誰かのストーリーをトレースするのではなく、自分だけの物語をつむいでいくことをやっていきたい。そのために、「私を主語にして話す時間」と「安心して聞いてもらえる場」が大切だし、必要なんだと、しみじみと感じました。


サロン終了後は、参加者の皆さんで懇親会&カンパイ。金曜夜だと、とくにウキウキしますね。限られた時間で話をするよさを体感した後に、仲間たちと脈絡なく話をする心地よさも感じて、ホクホクした気持ちで家路につきました。

IMG_0605.JPG

------------------------------------
次回の東京・神奈川夜チームのサロン開催は8月31日。
小学生母にはちょっと(じゃない?)ハードルの高い、夏休み最終日です。
(私も小学生母です…。^^)

夏の終わりに、自分を振り返る時間をもつのはいかがでしょう?
長年残してきた「宿題」があることに気づくかも?


《8/31(金)18:30〜東京ボランティアセンター@飯田橋》

●日時
2018年8月31日(金)18:30〜20:30(開場18:20)

●会場
東京ボランティア・市民活動センター
(東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1 セントラルプラザ10階)

●アクセス
JR総武線・飯田橋駅に隣接
地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線)「B2b」出口より直結

●参加費 500円
※資料として『マドレ式ワーキングマザーの教科書』(A5判冊子)をお渡しします

●対象
就労、未就労、学生、社会人、未妊、既妊問わず「母となってはたらく」ことについて、考え、語り合いたい女性

●定員 10組程度
※生後210日までのお子さまに限り、同伴可能です。
今回のサロンでは、2018年2月2日以降に生まれたお子さまは一緒にご参加いただけます。
2018年2月1日までに生まれたお子さまは、信頼できる方にお預けになって、単身でご参加ください。

●お申込み
※詳細案内準備中
※7月31日(火)13:00頃より受付開始

●お問合せ先
東京・神奈川夜チームまでメールでお問い合わせください。
tokyokanayoru@madrebonita.com


<NECワーキングマザーサロン関連書籍>

 〜マドレオンラインストアで購入できます

●別冊マドレジャーナル「NECワーキングマザーサロン」特集

 プロジェクトの成り立ちや変遷、考察、メンバーの声などがぎっしりつまっています。

 http://madrebonita.shop-pro.jp/?pid=83342440

●産後白書2〜子育てしながら働く・働きたい女性1400人のリアル

 http://madrebonita.shop-pro.jp/?pid=27388459

●マドレ式ワーキングマザーの教科書 (サロンご参加者に配布しています)

 http://madrebonita.shop-pro.jp/?pid=18639802


<NECワーキングマザーサロン関連サイト>

●公式ブログ http://blog.canpan.info/wms/

●公式facebookページ https://www.facebook.com/wmsalon/

●NECサイト http://jpn.nec.com/community/ja/resources/mother.html?

●マドレボニータ公式サイト http://madrebonita.com

●マドレボニータ公式Facebookページ https://www.facebook.com/NPOmadrebonita/

(文責:東 麻吏)