CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2017年09月12日

【開催報告_神奈川北城南チーム】9/9(土)第3回サロン開催しました!

こんにちは!NECワーキングマザーサロン神奈川北城南チーム運営メンバーのさっちんです。

第3回目は京橋で開催しました。
アクセスのよい都心での開催、天気も良く過ごしやい陽気の中、様々な区から6名の方が参加してくださいました。

まずは、二人組になりGood&New、引き続きテーマを持ち時間を区切ってワーク。

21687489_1529875840407895_7028243153369418596_n.jpg

参加者さんの思いが言葉になったからかとても和やかな雰囲気の中全体シェアリングが始まりました。

まず話題にのぼったのが「パートナーシップ」
・パートナーと予定を「見える化」している
・育児を二人で一緒にしたいと思っている
・怒らないで伝えるのが難しい
・夫婦二人の時間がない
・もっと仲良くしたい

等々思い思いの気持ちがでてきます。
パートナーと一緒に育児がしたいのに、なかなかうまくいかない。夫婦二人で会話する時間がないよね、と思いを伝えあううちに、仕事では違う立場の方に一度伝えてもなかなか伝わらない、パートナーシップも同じで何度も伝え続けないと伝わらないのではないかひらめきという気づきがありました。

21686026_1529875830407896_1228388042964747877_n.jpg

夫婦二人の時間を努力して作っていきたい、自分の想いを諦めずにパートナーに伝え続けようという言葉にそうだよねーと皆がうなずきあう暖かい空気が流れましたぴかぴか(新しい)

〜最後の一言では〜
自分の人生も生きたい、共感してもらえてすごく嬉しかった、自分の敵は自分なのかもしれない、気持ちの変化を感じた、と前向きな感想が沢山でてきました。どなたもすっきりした笑顔が印象的でした!!

サロンでも話題にでましたが、パートナーに怒らずに伝えることは難しいですよね。怒っても泣きわめいても諦めずに伝え続ける、そこから道は開けてくるのかもしれないと感じました。仕事では怒ったりしないのにどうして怒ってしまうのでしょう…

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

最後に、今回のサロンに参加しての私の心の動きをお伝えします。

サロンでのワークの中でペアの方にこう思っているんだねと言われた言葉が私の中でストンとおちました。

夫も自分の人生を歩んでいる、楽しんでいることがわかったら、すごく楽になった。その上で一緒に人生を歩んでいきたい

夫が昨日飲み会に参加して、一人で二人の子育てをするのはすごく大変だったけど飲み会楽しかったーと言うのをきいてすごく嬉しかったという話をしたところ、上のような言葉が!!

長らく私ばっかり育児をしているとパートナーに対して不満を抱いていました。
去年、サロンでじっくり皆さんの意見に耳を傾けているうちに、自分に対して「こうあるべきだ」と自分で自分を縛っていることに気づきました。それとともに、もしや自分はパートナーに対しても同じようにあるべき姿を要求しているのではないか?と思うようになりました。

自分に対するこうあるべきの縛りを緩めてみたら、パートナーに対する不満もそこまで感じなくなってきた気がします。今までは、私だって飲み会行きたいのにどこも行けない、ずるい!と思っていた自分が飲み会を楽しんでいるパートナーに対してよかったねと思えるようになったということがとても嬉しい発見でした。

また、小一の壁に身構えすぎていた、月齢が小さいうちに保育園に入れるのにとても抵抗感があったけどそこまで不安に思う必要はなかったという話をきいて
今後の変化に対しては、「身構えすぎない」でいきたいとパワーももらえました!

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

ランチも賑やかで楽しいひと時を過ごすことができました。
参加者の皆様どうもありがとうございました。

21369319_1527360683992744_2010584180004503233_n.jpg

【次回サロンのご案内】

*日時:10月5日(木)10:30-12:30(10:15より受付開始)
*会場:品川区大崎第二区民集会所
(大崎ウエストシティタワーズ貢献施設棟1、2階)
*アクセス:大崎駅南改札口徒歩5分(新西口方面)

【今後の予定】
10/14(土)9:45-11:45 大田区久が原(クオリスキッズくがはら保育園)9/15受付開始
10/28(土)9:45-11:45 川崎市幸区(ミューザ川崎) 
11/11(土)9:45-11:45 フォーラムあざみ野(横浜市青葉区)

たくさんの皆様にサロンでお会いできるのを、神奈川北城南チーム一同楽しみにしています
ありがとうございました。

(文責:細井 沙知)

【北海道】8/19(土)サロンご感想メールより【9/16サロン受付中】

WMS2017北海道関連記事
北海道チーム記事一覧
北海道チーム運営メンバー自己紹介
NECワーキングマザーサロン(NEC公式ページ)
WMS公式フェイスブックページ

皆さんこんにちは!!
NECワーキングマザーサロン北海道チームの堂藤友世(もよちゃん)です。

先月行われた第2回サロンのご感想を、
サロン終了後早々にお寄せいただきました。

『内容を共有したいのですが…』
とお願いした所、
『ぜひ!!』
との返信を頂きましたので
皆さんにも紹介したいと思います。


《Y様からのご感想》(※一部編集、抜粋)

サロンは初参加で、
しかも産後、病院以外で初対面の方たちと話す初めての場で、
それだけでもうドキドキしながらいたのですが、
久しぶりに頭と心を動かせた時間となりました!
いろんなことを考えられ、とても興味深くおもしろかったです☆

今回、ペアでのテーマに選んだパートナーシップ。
自宅への帰り道、車の中でずーっとそのことについて考えていました。

私自身は家事育児が分担されているのが当然で、夫とも対等
という意識が強いのですが、
その発言に対して、進行役のゆみちゃんに
「結婚当初から?育休中の変化は?」

と訊いてもらったことが、すごくいいきっかけでして☆

今まで考えてもみなかったことで、改めて
「言われてみれば…、どうなんだろう??」
と頭が動き出していました。

・どうしてこんな考えを私は自然と持ったんだろう?
・パートナーシップがうまくいっていなかったあのとき…


当初からお互いに家事育児分担の意識があり、
対等な関係であれば、何も問題なくうまくいったのかと思いきやそうでもなかった。

第1子産後は私もガルガル期というやつか、夫にものすごーくイライラする地獄の日々だったのです(T_T)

暗黒の月日だったなという嫌な思い出だけは残っているのですが、
そのまま封印。

私の場合、家事育児分担の不公平感が強かったわけではない。
とするとあのイライラの原因はなんだったのだろうと
5年越しに改めて考えさせられました。

そして、今にして思えばとっても些細なイライラした出来事を
1つ1つ思い返しているうちに、
イライラの共通点に気づきました!

きっとそれは私の地雷で、
今後もそれを踏まれるとイラッとするんだろうなと。


自分でも気づいていなかったのだから、夫も知らないのでしょう…
でも、事前に分かっていれば、予防策も打てそうです♪

自分でも今まで気づいていなかったこと、
考えてもみなかったことに、
サロンでのゆみちゃんの質問、
みなさんの話を機に触れることができました(*^_^*)
ありがとうございました!

実は、今回のサロンへの参加自体、
「育休明けまでまだ時間があるし、産後急いで参加しなくても、数か月後、いや来年でもいいか?」
「今すぐ解決したい、話したい悩みがあるわけでもないし。」
とちらっと思っていました(^_^;)

でも、前回の育休中に何度も参加しようとしたのに
「後で…。」
と思っているうちに、
家の用事や子供の体調不良などで参加できなかったことから、
参加できるチャンスを逃してはならない!と思い直しまして。

さらに、たまたま夜中の授乳中にみたネットニュースに
「1度目の復職が失敗したから、2度目の育休中にすぐやっておくべきこと2つ」
みたいなものがあり、
その1つがNECワーキングマザーサロンへの参加だったのです!

影響されやすい私は「これはすぐに参加せねば!」と(^_^;)
でも、本当に早めにサロンを経験させてもらってよかったなと思っています♪


今現在は特に困っていることや悩みがなくても、

サロンやランチでのみなさんの話の中から気づくこと考えさせられることが
たっくさんありました。

復職に向けての土台作りとして、育休中の過ごし方を意識する有意義なヒントをもらった気がします☆


《やえちゃんからの返信》(※一部編集、抜粋)

先日はサロンへのご参加、
そしてご丁寧な感想を送って頂きまして本当にありがとうございました!
沢山の気持ちの詰まったメールを読みながら、
私も改めてサロンを思い返しました(^_^)

ふと目にしたネットニュースがヒントで
今回のサロンへの参加を決めたそうですが、
数ヶ月、来年の予定がかなりの前倒しで実現(笑)
なんと素敵なご縁でしょう!

私はYさんの
「対等」 「結婚する前は一人で生活していたんだから」
というのがとても印象に残っています。
私の夫は家事は全くしないので、忘れかけていました。
そうだ、独身時代があったのよねと(笑)

一般的にパートナーシップって、
お互いの仕事量が「平等、対等」というイメージですよね。

我が家は完全に役割が固定されています。
夫はほとんど仕事のみ、私は家事育児のみ。

だけど「平等、対等」や役割分担も固定する必要は全然無いんですよね。
Yさんは対等で分担制という考え方を持ったのは何故か、見つけられましたか?

産後のガルガル期。
パートナーへのイライラは不対等からくる物では無かった、
自分でも注目していなかった「地雷」だった事。

暗黒時代からの掘り出し物です!

気付けた事で、
これからのパートナーシップで衝突する迂回策や
自分の行動に迷ったり悩んだりした時の解決策におおいに役立つはずです(^^)

日々の生活の中でパートナーシップや自分の人生について、
ゆっくり自分と向き合って考える事はなかなか出来無いですよね。

他の人はどうなんだろう…と、思ってもなかなか聞きづらかったり。

単調とは言え、日々色んなシーンがあると思います。
感じ方も変わります。
逆に気持ちが蓄積されていったり。
またYさんとアツいお話が出来たら嬉しいです!
ご参加をお待ちしております(^^)

《Y様からのご返信》(※一部編集、抜粋)

サロンから半月ほど経ちましたが、
たまに思い出してはみなさんのお話を思い返しています(*^_^*)

ワーキングマザーサロンという名称上、
なんとなく外で働くママを基準に考えがちですが、
だからこそ八重さんのように専業主婦でって話が
私にとっては新鮮で考えさせられることもたくさんありました。

夫婦で家事や仕事の役割分担が固定されていても、
対等なパートナーシップは築けるし、
稼ぎの多さや家事労働の比率の問題じゃないんだな〜なんて。

進行役のゆみちゃんも言っておられましたが、
どんな発言をしても批判されない、
受け止めてもらえるって思えるサロンってステキですよね♪
このような場を作っていただき、本当に ありがとうございました(*^_^*)





Yさん、素敵過ぎるメッセージ!!
後日談も送って頂いて、運営メンバーへの労いの言葉まで…(´Д⊂ヽ
サロンでの思いを大切に、
そして活かしていてくれている事が本当に嬉しいです(^^)
チーム一同大感激の嵐です!
改めてありがとうございました!

専業主婦率が比較的に高い北海道チーム。
私自身も『ワーキングマザー』の名称に気後れしたところがありました。
でも、外にお勤めしてなくても『はたらいて』いるんですよね。

先日話題になった『名も無き家事』。
主婦目線の労働について、話題になるってなんかワクワクしてしまった私でした。

サロンに興味を持ってくれても、自分は条件を満たして無いと思っている方!
テーマに興味や関心があれば、他の条件は必要ありません。
是非ご参加ください(^^)

8.19集合写真修正版.jpg


【WMS北海道2017】9/16(土)北見サロン【第3回】


●日時●

2017年9月16日(土)9:45〜11:45

●会場●

北見市夕陽ケ丘オレンジスタジオ
北海道北見市寿町1丁目6-20(0157-57-1690)
■Facebookページ→コチラ ■地図→コチラ

●対象●

「母となってはたらく」ことについて、
考え、語りたい女性ならどなたでもご参加ください。
育児休業中の方、専業主婦の方ワーキングマザー学生さん、結婚・妊娠・出産の経験の有無に関わらず、どなたでも大歓迎です!

●定員●


10組程度
※生後210日までの赤ちゃんは一緒にご参加いただけます。
2017年2月18日以降にお生まれの赤ちゃんは一緒にご参加いただけます。
2017年2月17日以前にお生まれのお子さまは、信頼できる方にお預けになって、単身でご参加ください
※託児…メールにて要問合せ

●参加費●

500円
資料として『マドレ式・ワーキングマザーの教科書』をお渡しします

●お申込み●
8/22(火)13:00〜受付開始

こちらのサロン専用フォームからお申込みください
※終了後にランチタイムを設けておりますので、参加の有無を申し込みフォームのひと言メッセージ欄に、参加の意気込みと共に添えて下さい。お子さんの同伴も大歓迎です!!

●お問い合わせ●

WMS北海道wms2017hokkaido@madrebonita.com
※メール画面が開かない場合はこちらのアドレスをコピーしてご利用ください




【北海道サロン今後の開催予定】
●7/8(土)…開催報告
●8/19(土)…開催報告
●9/16(土) ●10/7(土) ●10/20(金)←NEW ●11/11(土) ●12/2(土)

皆さんのご参加をお待ちしております☆

(文責 WMS北海道 堂藤友世)

【開催報告】調布チーム9/9(土)@調布市 パートナーと本当に分かち合いたいのは「喜び」と「幸せ」

こんにちは!調布チームのふっきーこと、福井裕香です。

wms調布20170909受付.jpg
髪の毛立っちゃってる左の人物が私です。。。(撮影者のそちゃん、教えてよ〜!あせあせ(飛び散る汗)

9/9(土)、秋晴れの心地よい空気の中、調布市文化会館「たづくり」(調布市)にて調布チーム・第3回サロンを開催しました。
今回は、6名のご参加者と、キルトマットの上で楽しそうに見つめ合う2名の赤ちゃんをお迎えして、癒し&和みのムードの中、サロンがスタートしました。
wms調布20170909のそちゃん.jpg
wms調布20170909ワーク中.jpg

「母となってはたらく」について思いを語り合うシェアリングの場面では、ご参加者がこみ上げてくる思いを抑えきれずに涙が溢れる場面がありました。
でも、一転、ドッと笑いが起こることもわーい(嬉しい顔)
喜怒哀楽の感情が、絶え間なくサロン内を巡っているように感じました。

激しくて扱いにくくて、でも、自分の中にある、大事な感情や思い。
それに、サロンの一人一人が、真剣に向き合って共感している。
温かい眼差しで聞き遂げてくれるから、本音で安心して話せる。


そんな空気感をヒシヒシと感じたサロンでした。

私は今回、皆さんのシェアリングを伺いながら、「パートナーシップ」について思いを巡らせました。
産後しばらく専業主婦として過ごして、家のこと、子どものこと、全部一人で責任を持とうとした時期がありました。
でも、どうしてもやりたい仕事と、マドレボニータに出会い、「母親ひとりが全てを担う必要なんてないんだ」と気がつきました。
「育児も家事も夫と二人でやるもの」という考えに切り替わって、私は頼れるようになり、夫も自らどんどん参画してくれるようになりました。
(このサロンの日も、幼稚園説明会に行ってもらいました。)

一方で、

参画してくれるようになったのは嬉しいのだけど、夫はイヤイヤやっていないだろうか?
私はまだ働き始めて間もなくて、一家の大黒柱としての仕事だけでなく家事もやってもらっていることへの若干の後ろめたさ。
そして、「親としての責任」や「私に万一のことがあった時のリスク」を思いながらも、しっくり来ない感じをずっと持っている。


すると、メンバーから一言。

「『喜び』『嬉しさ』を共有したい気持ちはある?」

・・・喜びexclamation×2


私は「夫・親としての義務」を負わせたいんじゃなくて、
パートナーと共に子どもの成長や日常の喜びを分かち合って、嬉しくなって、一緒に幸せを感じていきたい。
だから育児や日常の家事を、私だけ・夫だけがやるんじゃなくて、一緒に協力してやりたいと思っているんだ。


ネガティブもうやだ〜(悲しい顔)な事ばかりが先に立っていたけど、
私の奥にはそんなポジティブな気持ちがあったんだな、とようやく気づけました。
その思いを隠してしまっていたのは、些細な喧嘩、日常の忙しさ、それとも照れ・・・?
ともあれ、自分の根っこにある思いを今回のサロンで気付けて良かったなぁ、と感じました。
この思い、忘れないうちにパートナーに共有しておかなければいけませんねるんるん

サロン終了後の皆さまの笑顔ですグッド(上向き矢印)
wms調布20170909集合写真.jpg

ご参加くださった皆さま、ありがとうございました!
次回調布チームは10/6(金)@府中市(プラッツ)にて、第4回の開催となります。
詳細は下記案内をご覧ください。初の平日開催です!
ご参加お待ちしておりますハートたち(複数ハート)

(文責:福井裕香)




手(チョキ)NECワーキングマザーサロン・調布チーム

第4回サロン@府中手(チョキ)


日時:10月6日(金) 9:45〜11:45

場所:府中市市民活動センター プラッツ 第三会議室
     (府中市宮町一丁目100番地 ル・シーニュ5F、6F)
      オープンしたばかりの新しい施設「プラッツ」ですハートたち(複数ハート)
     詳細はこちら→http://www.fuchu-platz.jp/

最寄駅:京王線府中駅 徒歩約1分(駅直結)
    南武線・武蔵野線府中本町駅 徒歩約10分

◆参加費◆
500円
※資料として
『マドレ式・ワーキングマザーの教科書』をお渡しします

◆参加対象◆
「母となってはたらく」ことについて、考え、語りたい女性の方ならどなたでもご参加いただけます。
育児休業中の方、専業主婦の方、ワーキングマザー、学生さん、結婚・妊娠・出産の経験がない方、どなたでも大歓迎です!


◆定員◆
10組程度

※生後210日以内のお子様はご同伴できます。
2017年3月10日以降にお生まれの赤ちゃんは一緒にご参加いただけます。
2017年3月9日までにお生まれのお子さまは、信頼できる方にお預けになって、単身でご参加ください。


◆お申し込み◆
お申込みは→こちら 手(チョキ)好評受付中です手(チョキ)



〔問合先〕調布チーム