CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2015年11月18日

【開催報告】足利ラストサロン!答えは自分の中にある。

こんにちは!
全体サポートメンバー広報チームのななちゃんこと光瀬奈々江ですわーい(嬉しい顔)
11月9日に、今期最後の足利サロンが開催されました。
私は昨年、第6期進行役のときに足利サロンを開催させていただいたご縁でまた足利のみなさまにお会いしたい!と今回はいちサポートメンバーとして参加させていただきました。

始まる前に、進行役のたねちゃん、チームメンバーのたまちゃん、足利のみなさんと足利名物ポテト入り焼きそばでランチ!
久々に食べたけど、やっぱり美味しかった♡

IMG_1832.JPG



足利ラストサロンは、参加者10名、赤ちゃん1名でスタート!
冒頭は、サロンとは?から、たねちゃんの自己紹介も。
「自分を主語に話すこと、思いを言葉にすることの魅力にとりつかれた」と進行役に手をあげたたねちゃん。

IMG_1834.JPG

たねちゃんは進行役に挑戦すると同時にフランクリンメソッドという別の学びにも半年間挑戦してきました。
その学びも無事に合格し、一区切りついたからか、最初からすごく安定・安心の進行でした。
ウォーミングアップのワークGood&Newもペアで話すシェアリングも参加者全員真剣そのもの!真剣に自分に向き合い少しずつ言葉にしていく姿は本当に美しかったです。

12241227_467974600053330_90157658168653104_n.jpg12208779_467973823386741_6869331844122448062_n.jpg

たねちゃんによるからだほぐしに続いて全員で感じたこと気づいたことなどを分かち合う全体シェアリング。

11200762_467974653386658_9026263485100731824_n.jpg

最初からしばし沈黙の時間が続き。。。
進行役のたねちゃんから「話さなきゃいけない?と考えることは、ここではあまり必要ではないです。でも、"話したいような気がする"と感じている人は、その気持ちが固まるまでの時間にしてあげてください」と優しい声かけが。

口火を切った方は、ペアのシェアリングをしてみて、一年で大きく変化があったとのこと。
特に8月のサロンに参加してから、自分自身が忙しすぎることに気がつき、子どもとの時間もうまくバランスがとれなくなっていたこともあり、思い切って仕事を「手放す」ことを選択したそう。

「手放すまでにどんな葛藤がありましたか?」とたねちゃん。

「下の子の保育園が終わるまでは。とかまだ下積みの時期だから。と自分の勝手に決めたゴールと葛藤していた。今が自分のやりたいことにじっくりと取り組んでいい時期と思えた。」と手放すまでの思いを言葉にしてくれました。

それから話題は、「自分のやりたいことがわからない。」「やりたいことと、家庭を両立するには?」といった内容に。
新しいことにチャレンジすることへの「恐れ」を口にする人も。

私は、家と仕事と「やりたいこと」の3つがあることで、自分自身を平衡に保っていられるということを話しました。
自分の人生は決して、家庭と仕事の両輪だけの人生ではないと思うのです。
やりたいこともあきらめないでいいとサロンに参画するようになってますます実感しています。

さらに、一番やりたいこと=「仕事」という気付きを得た方は、「パートナーから、(パートナーの仕事の)支障がでないようにしてほしいと言われた。やりたい仕事をできるパートナーをうらやましいと思っている。」との発言が。

「仕事をしたい!」という自分のまっすぐな気持ちに気づきながらも、「パートナーが忙しいのはわかる。自分の気持ちを話したらどういう反応が返って来るのかわからない」ということから、正直な気持ちを伝えられない。

「仕事をしたい気持ちと相手を察する気持ちを天秤にかけることに、私は違和感を感じます。」と進行役のたねちゃん。

私もですが、つい相手はこう思っているんじゃないか。こんなことを言ったら否定されるに違いない。女性はそんな風に先回りして考えがちではないですか。
パートナーをうらやましいと思う気持ち、仕事がしたいという正直な気持ち、すぐには難しいかもしれないけれど、自分の気持ちに蓋をせずにパートナーに伝えてほしいなと思いました。

誰でも言葉にしなければ伝わらないことがあると思います。
相手に対して、自分のおもいを言語化して伝えることは、容易ではありません。でもあきらめないで少しずつでもアウトプットしてほしい、そんな風に感じました。

別の方は、産前産後で、夫と話す時間をなるべくとるようにしているとのこと。
やはり「はたらくこと」=「私のやりたいこと」で、楽しいと思っていきいきと働けることが理想。この理想はまだ夫にシェアしていないので、ぜひ話したい、と決意表明してくれました。

最後に、サロン初参加の方は、
「ここに来る前は復職に対する不安があったけど、色んな話を聞く中で、今の自分だから出来ること・理解できることがあるように思えてきた。自分の中で働く意味が子どもを持つ前と今とでは変わってきている気がする。」と話してくれました。

12239707_467974730053317_2705518750481001479_n.jpg


そして、「サロンの2時間で答えを出すのは難しい。帰ってからもおうちサロンをしてみてください。心の中のおもいを咀嚼しながら言葉にしたり、誰かと共有したりしてみてください。」とたねちゃんはサロンを締めくくってくれました。

私は話をききながら、自分自身のこれまでの変化をたどっていました。乳児の時期とはまた違ったフェーズにきている。自分の「どうありたい?」は変化するから、その都度問いかけたりしていくことが大事なんだなとあらためて。
そしてその変化を一緒に共有できるパートナーがいる。
これまで以上にパートナーと話をしてみたくなりましたひらめき

足利ラストサロン、参加できて本当によかったです。
来年以降も、足利でサロンが続きますようにるんるん

ご参加くださった皆様、本当にありがとうございました黒ハート

12243458_467975050053285_1082939420979648372_n.jpg

足利では今期ラストなので、メンバーのたまちゃんからたねちゃんへ花束贈呈もかわいい

IMG_1840.JPG

たねちゃん、たまちゃんお疲れさまでしたーぴかぴか(新しい)

(文責:全体サポートメンバー広報チーム 光瀬奈々江)