CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2014年11月28日

【開催報告:11/22(土)福岡市にてサロンを開催しました!】 「こうありたい」を考える「べき」?!

みなさま、こんにちは。黒田美穂です。

先週11/22(土)、今年度最初で最後の福岡サロンが開催されました。私はその臨時サポートをやらせていただきました。

今年度、福岡ではサロンの開催予定がありませんでしたが、横浜/千代田サロンを担当しているさがみん(相模志乃さん)が故郷の福岡で急きょ開催を決定。
港カフェ・ブレスというおしゃれなカフェを会場に、今回は大人の女性だけでスタートです。

1122_FUK_1.jpg

参加者にはマドレボニータ姪浜クラス卒業生や顔見知りも多く、リラックスした雰囲気ではじまりました。もしかしたら進行役のさがみんがイチバン緊張していたかも。

10秒自己紹介やGOOD&NEW、2人組のシェアリングと徐々に相手の話を聞き、自分の想いを見つめながら、後半の全体シェアリングに入っていきます。

1122_FUK_ (2).jpg
1122_FUK_ (3).jpg

そこで浮かび上がってきたのは、子育てや仕事、パートナーシップにおける「こうありたい」と「こうあるべき」のギャップに、もがき苦しむ参加者の想い、すがたでした。

でも、それは自分だけじゃない。みんなもなんだ。と思えるだけで肩に入ってた力が抜けるような。
そして、めっちゃ深刻に悩んでた自分をふと俯瞰することで、クスッと笑えるような感覚。

日々忙しく大小さまざまなことを夢中で選択し続けるなかで、自分をこんな風に冷静に見つめるのはなかなか難しいですよね。
きっと、自分自身を俯瞰するにはちょっとした仕組みや仕掛け、工夫が必要なのかも。
NECワーキングマザーサロンはそんな貴重な場、なのだなーと改めて感じたのでした。

1122_FUK_ (6).jpg

進行役さがみんが何度も口にしていたのは「やはり自分がどうありたいか、がいちばん大事なのでは」ということ。
ただ、自分がどうありたいか、にしばられ過ぎると「自分がどうありたいかを考えるべき」論になってしまう気もするのです。
それって・・・本末転倒じゃないかな、と。

きっと、自分がありたい姿を完璧に描く!のではなく
ありたい姿を描くって難しいよね、と笑いながら
常にその姿を描いたり、変更したり、そのままでいいのかを問い続けることが
私たちには必要なのだと思います。


最後はみんなで記念写真☆
1122_FUK_all_2.jpg
1122_FUK_all_1.jpg

カフェでの開催だったのでそのままランチを食べながら、おしゃべりに花が咲いておりました。
ほんと時間が許すならいつまでもしゃべっていられるね、私たち^^

今回福岡サロンにご参加くださったみなさま、本当にありがとうございました。
そして、進行役さがみんも本当におつかれさまでした。
今週末のラストサロンも福岡から応援しています!

(文責:黒田美穂)