CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2013年11月27日

【開催報告】11/10(日)世田谷サロン第7回@杉並区永福和泉を開催しました !

こんにちは!
ワーキングマザーサロン世田谷チームのサポーターの光瀬奈々江です。

ななちゃん.jpg

世田谷サロンの第7回目のサロンが11月10日(日)に杉並区永福和泉地域区民センターで開催されましたので、その様子をご報告します☆

私は杉並区在住で、永福は徒歩圏内。
まさに地元での出張開催、そして満席での開催、とても嬉しかったです!

今回は、ご参加者9名(赤ちゃん2名)、サポーター3名、ファシ1名の合計13名の大所帯でスタートしました。

ひろちゃんが、サロンの概要を説明した後、全員で10秒自己紹介。
その後、本題の「母となってはたらく」を語る前に、
2人組になってGood&Newというウォーミングアップのワークを行います。
Good&Newは、24時間以内の良かったことを振り返り、
紙に書き出し、その中から紹介したいエピソードを選んで相手に話します。
聞き役の人は聞き役に徹して相手の話に耳を傾けます。

964300_541239479299607_1047260956_o.jpg

このワークのポイントは「時間を区切る」「意識的なテーマを持つ」。
仕事や育児に追われる日常の中で、このポイントを意識して生活するだけでも、
メリハリがついて、自分の気持ちも安定してきます。
ひろちゃんは、毎回実際にパートナーとやってみたという話を笑顔で語り、
ぜひ家でもご参加者に実践してもらいたいと、
資料として配布する『マドレ式ワーキングマザーの教科書』の中に付箋をつけて
ワークのやり方をお知らせ
しています。

Good&Newのあとは、「母となってはたらく」というテーマにつながる
「人生」「仕事」「パートナーシップ」の3つの切り口の中から話したいことを1つ選び、
2人組でシェアリングというワークを行います。

ひろちゃんは、「パートナーシップ」という言葉について
「夫婦の関係性を表します。今日はぜひ主人、旦那ではなく、対等な関係という意味で
「パートナー」「夫」と呼ぶことを意識してみてください。」
と提案。

3分と時間を区切って自分の思いをまず相手に話し、
聞き役の人は口を挟まず真剣に聞きながらメモを取り、
45秒で要約して相手に返す、というもので、話しているうちに自分の新たな思いに気づいたり
要約して返してもらうことで「そうそう!こう考えていたんだ!」としっくりきたり。

本当に面白いワークです。

ワークで場が暖まったとこところで、いよいよ本題の
「母となってはたらく」について全員で語り合います。

1465980_541239499299605_974851595_o.jpg1410940_541239509299604_1752996159_o.jpg
1421316_541239919299563_1853333845_o.jpg1403627_541239485966273_1334744926_o.jpg

 ある方から、毎日が手一杯で、自分のことを考えたりスキルアップする時間的な余裕がない。
気がつけば深呼吸していなかったということも。

自分の時間を作るためにどうやりくりしている?
パートナーとどう折り合いをつけているのか?
といった質問がありました。

それに対し、パートナーとやってほしいことなど具体的に話し合えているか?とひろちゃん。
そこからサロンはパートナーシップの話題が中心となっていきました。

○自分時間を作る上でのパートナーシップ

「夫に期待しすぎて、具体的に指示を出しすぎでしまう。
やってほしい期待値とやってくれる度合いのギャップにイライラしてしまう。」
「一人目のときは同じように夫に対して、これをやったかやってないかで評価していたが、
二人目になってパートナーへの頼り方に変化があった。
一方的にやってほしいことを言うのではなく、まずは感謝すること、
子どもたちを委ねてどういう時間を過ごしたか伝えることができるようになった。」
「夫に負担をかけずに一人でやるようにしている。
ある時子どもの送迎をめぐってささいな一言からケンカに。
夫との関係うまくいっていると思っていたが、夫も仕事で疲れているということがわかった。
やはり話し合うことが大事だと感じた。」
「育児休業中は、自分が家にいるので家のことを自分がやるのが当然という雰囲気がある。
家のことで自分のスキルアップを考える余裕がない。」

○理論的な夫とのコミュニケーションのあり方

○夫への過度な期待は、依存度が高いから?


 「冷静で理論的な夫なので、話しあおうとしても正論しか返ってこない。
女性の感情的な部分を理解してもらえず相談するのが嫌になる。」
 「夫への期待値が高すぎるのかも。伝えたことはちゃんとやってくれているが、
それ以上に気がついてやってもらいたい思いがある。夫への依存度が高いのか?
話し合おうとすると面倒くさいので、自分ががんばればいいのか。」
 「自分一人でもがんばれるのかもしれないが、二人でいる(結婚している)意味が
なくなってしまう。どこかで夫と折り合いをつけなければいけない。」
 「自分が感情的になるとどうして感情的になるのか?という理由を聞いてくる。
理由もなく感情的になることもあるということをわかってもらいたい。」
 「夫に対しもっとやってほしいと過度の期待をするのをやめなくてはいけないと感じている。
夫は心の支えになっている。」
 「心の支えになっていることをもっと伝えていくべき。」
 「夫への期待値は、お互いに相違があるかもしれないから、
具体的に相手に伝える必要がある。」

○夫と真剣に話し合う時間を持つには?

 「専業主婦で時間はあるはずなのに、子どもと寝てしまい、夫と深い話ができていない。
夫と噛み合っていないと感じている。」
 「夫が単身赴任のため、物理的に話す時間がない。このため、夫が帰ってくる前に
こういう話がしたいんだ、と事前に伝えすり合わせをしている。」
 「話す時間を意識的に決めないと話せずイライラしてしまう。」
 「メールやLINEを活用したり、時には他人に委ねて二人で出かける時間を作る。」
 「夫にあたってしまうときはたいてい話す時間が不足しているから。」

966046_541239652632923_1256636992_o.jpg856674_541239675966254_1659984789_o.jpg

 パートナーシップにまつわるご参加者それぞれの思いが溢れるサロンとなりました。
 ひろちゃんは、最後に「はたらく上でパートナーの理解が必要ですよね。
あらためてパートナーにも、どういう働き方をしていきたいのか私も問いたいと思います。」

と締めてくれました。
 
1294248_541240702632818_1536219774_o.jpg

 パートナーと話し合う時間を持つということは、忙しいことを理由に後回しにしがちですよね。
 でもあえて、サロンにご参加くださったように誰かに子どもを委ねて、
まずは自分に、それからパートナーと真剣に向き合い話し合う時間を意識的に作ることは、
子どもにとっても豊かなことかな
とみなさんのお話を聞いていて感じました。

 ワーキングマザーサロンという名前ですが、決して仕事の話だけではないですし、
パートナーや子どもとの関係、今後の人生についてなど、毎回参加するたびに話題が変わり、
そのたびに感じるものも違います。
 それがサロンの醍醐味だなーといつも感じています。(これで今期16回目(笑))

 世田谷サロンもラスト1回。
 泣いても笑ってもこれで今期最後。
 本当に本当に寂しいですが、ラストサロン、ファシリテーターのひろちゃん、
サポーターのみんなと協力してご参加者のみなさんが
「参加してよかった!」と思える場づくりを心掛けたいと思います。

 (文責・光瀬奈々江)

[WMS横浜] サロンで一番驚いたことは何ですか?

こんにちは。WMS横浜ファシ、さがみん こと 相模志乃です。
相模志乃

今回も少々趣を変えて、チーム横浜のメンバに
「初めてサロンに参加したときに、一番驚いたこと」を聞いてみました。

まず、なぜこれを記事にしようと思ったのかというところなのですが…

先日、サポーターの大浦さんが、ご自身が書かれた
大倉山サロンの開催報告記事をFacebookにシェアしてくれたところ、
あっという間にたくさんの方が読んで下さいました。本当にありがとうございます。

で、このシェア投稿に対する大浦さんのコメントで、「おおう」と思う言葉がありました。それは

「夫婦のあり方について堂々と語るなんて珍しいもんね。
最初に参加したときはカルチャーショックだったよ(^^)」


というものでした。

…これを読んだ瞬間、「是非この想いを残しておきたい」と思いました。

NECワーキングマザーサロンは、他の『ママ向けイベント』と何が違うのか?、
なぜサロンが好きなのか?というところを突き詰めると、
何かしらそこに『驚き』や『発見』があったから、だと思うんですね。

ファシリテーター、サポーターは数多くのサロンに出合います。
そうすると、もしかすると最初の驚きや発見を忘れてしまうかもしれません。

私の最後の仕事は、サポーターとして関わってくれたみんなの気持ちを残しておくことだと思います。

さて、サポーターのみんなは、サロンのどんなところに驚いたのでしょうか?
1人ずつコメントをもらってみました。
・・・・・
■サポーター名、あいうえお順で並べました。

[大浦理絵さん]
初サロンは去年の財部さんサロンでした。びっくりポイントは3つ。

1.○○ちゃんママではなく、自分を主語にすること。
それまで、そんなこと考えたことなかったです。
しかも育休中だったから、出会う人みな○○ちゃんママばかり。
だから、自分の気持ちを考えろと突然言われて、焦るほどでした。

2.ブログにも書いた夫婦のありかたについて堂々と語ることについて。
そもそもダンナとか主人ではなくパートナーと呼ぶこともびっくり。
そっか、お互いに対等な立場であると認識しあうことが理解しあったり、家庭をつくったりするための前提だよね、と。
また、パートナーとそうやって理解しあうことこそ子育てに必須だと気づいてびっくり。
それまでは私が育児を主導していて、ダンナ(←ここはあえて)には手伝わせている感覚でした。
そうではないって気づいたことは衝撃でした。
あと、そのようなパートナーとのありかたについてを人と語るということも驚き。
こどものことなどは他人にも話しやすいけど、夫婦のことって、話しちゃいけないというか、
憚られるトピックだと思っていたので、すごい新鮮でした。


3.みんな色々考えてるんだな〜と知れたことも大きかったです。
しかも深いところまでちゃんと考えてる。
つい忙しさにかまけて考えるのを後回しにしてしまうので、ちゃんと考えてる人の意見を聞いて、
自分の甘さに愕然としました。
考えてるのと考えないで過ごすのでは、自分の働き方も、子どもたちとの関わり方も
だいぶ変わる
だろうなー、私も考えなきゃ、と思いました。
というのが初回のびっくりです。

考えなきゃと分かったものの、やっぱり普段の生活だとがっつり考えるのが難しいし、
考えも偏ってしまうので、サロンに定期的に参加して、新しい視点をもらうのは必要ですよね。
毎回ほんとに気付きだらけです。


[蔭山旭さん]
私の場合、初サロンは(今期の)菊名サロンでした。
驚きはありきたりですが、
「同じようにモヤモヤを抱えてる人がいるんだ、私だけじゃないんだ」ということと、
そのモヤモヤを言葉に出して共有してもらうことで、
どうしたらいいか、私はどうしたいか、がスッキリしたこと
です。

いつもサロンから帰る時は、一歩踏み出そう、という力に満ちてます。
いつも時間に追われて自分のことはおざなりになってるので、
母となって働くことについて真剣に自問し、語り合う場は本当に貴重です!


[久下登美子さん]
一番驚いたのは、
「なんで『パートナーシップ』『仕事』『人生』をシェアしないといけないの?」
でした。
シェアする必要あるのかな?これってきれいごとレベル?みたいな疑問が湧きました。
オープンな私は、話を始めたら違和感を感じないのだけど、若干なぜ?というハードルを感じましたよ。
あと自分が主語ってすごいいいなと思ったよ。


[清水朋香さん]
・前半のワーク。
絵を描いたり、時間区切ってアタマの中を整理したり。
自分の無意識の思考に気付けたのがびっくりでした。
こんな気持ちの整理の仕方があるんだーって、ちょっと感激しちゃいました。

・後半のシェアリング。
母、という立場は同じでも、置かれている状況が全然違う人が集まって真剣に語る
という場が私にとってはかなり新鮮でした。

なんせ、自分の知らない世界に触れた感じがして、来て良かったなーって思いました。


[広瀬恵美さん]
初サロンで感じたのは、知らない人同士が集まって、短い時間のなかで、
何でこんなにみんながプライベートなことを語り合うことができるんだろう
(しかも興味本位じゃなく、みんなが真面目に受け止めてくれる!)、という驚き
でした。

そして、そうなるように作り上げられたプログラム、
全体シェアリングでのファシリテーターのさりげない対応に、すごいなあ、と思っていました。

また、色々なことの根っこにパートナーシップがあるなあ、というのも大きな気付きでした。


[牧尾千賀子さん]
初めてサロンに参加した時は、
こんなに自分について、しかもかなり個人的なことをしゃべりたい人が多いんだ!
とびっくりしました。
あと、わりと他の方の発言を否定される方もいたので、それはちょっともやもやしました。
参加される方によって、すごく違うサロンができますよね。


…以上です。

サロンは全て同じプログラムにより構成されていますが、
恐らく、全く同じサロンに参加した人同士でも、驚き・発見ポイントは違うでしょう。
なぜなら、それぞれの方がみている景色は、それぞれの思考のテーマにより彩られたものだからです。

例えば、「なぜ『パートナーシップ』『仕事』『人生』について考えるの?」とサロンの時に思ったとします。
サロンに参加した後に考えてみると、
「そういえば、これだけ産前とガラっと変わったことなのに、真剣に考えてみたことなかったな」
「そういえば、産前と同じ意識や考えではいられないコトたちばかりだな」と気づいたりします。

驚き、新しい視点を見つけた時、今までと違う景色がみえることがあります。
サロンにご参加頂いたみなさんが、何かしら新しい視点を得て、お帰りになられているといいなあ、と
いつもいつも思っています。

…実はこの公式ブログには、コメント欄があります。
良ければみなさんも、「サロンで出合った、最初の驚き」を残していってください。
(あるいは、facebookでやTwitterでシェアする時にコメントを残してみてください)

ちなみに、さがみんの驚き・発見ポイントは
毎回サロンの冒頭で、ご参加頂いたみなさまにお伝えしています。

良ければ是非、今週末開催の、長津田での最後のサロンで
「さがみんは何に驚いたの?」と聞いてみて下さい。

■ワーキングマザーサロン横浜で活動しています!■
第10回:11/30(土)横浜市緑区長津田 <★お申込みはこちらから★>

【文責:相模 志乃】

【開催報告】11/16 調布サロン@立川 開催しました!

こんにちは、WMS調布サポーターの鈴木深雪(みゆき)です。

11月16日(土)に立川にある
立川子ども未来センターにてサロンを開催しました。
昨年にオープンしたばかりの手入れの行き届いた
広い芝生に面した建物が今回の会場です。
子育て世代に嬉しいイベントが開催されたり、
まんがパークというマンガ図書館が
併設されている注目の施設です。

私たちのチームは拠点が調布ですので、
今回の開催は、中央線沿線西部への出張サロン
となりました。
開催地である、立川市のほか国立・日野・青梅など周辺エリアから、
この地域での開催を待ち望んでいた

という嬉しいお声とともに、
8名の方にご参加いただきました。
日野市在住の私にとっても、
近隣での開催で思い入れのあるサロンとなりました。
tachikawa_salon3.jpg

では、サロンであがった話題を少しご紹介します。
--------------------------------------------
「子育て」と「仕事」の間でゆれうごく気持ち
--------------------------------------------

● 子どもを預けながら働くことに
  後ろめたさを感じる
  今の恵まれている仕事はぜひ続けていきたい

● 働く覚悟を決めているが、
  「子育て」と「仕事」
  両方を充実させたいばかりに中途半端になってしまう

働く母であれば誰しも一度は感じたことがある、
戸惑いや悩みではないでしょうか。

皆さんの思いに対して、調布サロン・ファシリテーターちふみんの言葉が続きます。

「気持ちがゆれうごくことは
 決して悪いことではないですよね、
 それを受け止めつつ
 次にどうするのかがきっと大事ですよね」


ご参加者からは..

●何かあったときのために仕事があるのは心強い,
 働き続けることは私にとって揺るがない事実
 反面、気持ちはゆれうごく事もあるけれど、
 働き続けるためにはまずどうすべきかに気持ちを集中している

●借りられる手は何でも借りて、3年後を見据えて何とか仕事している
 今は育児と仕事でバタバタの毎日だけど、
 託児中の子どもがきちんとご飯を食べていると思うだけで安心 仕事に集中できる

育児休業中は子どもに自分の100%を注いだ 
 会社復帰までというゴールがあったから充実できた子育て、
 復帰後も後悔なく仕事できている

----------------------------------------------------------------------------------------

「子育て」と「仕事」の間でゆれうごく自分、
単純にエイッと天秤にかけてというわけにはいかず、
その時々の状況に合わせて何が大切かを見つめ、選び取っていく作業が必要なんでしょうね。

来春から、子どもを初めて保育園に預けて職場復帰する予定の私。
保育園の初登園時には、後ろ髪ひかれることは間違いなしで、
今から不安は尽きませんが、そんな自分ともしっかり向き合って、
私らしい働き方を見つけていきたい
と思える、
前向きな気持ちにさせてもらえるサロンになりましたひらめき

----------------------------------------------------------------------------------------
tachikawa_salon.jpg
今回、ご参加者から
「普段からどんな人と何を話すかが、
自分の意識を形作っていく上でとても重要ですね」
という感想をいただきました。

サロンにおいてあがった悩みは、
その場では具体的解決に至らないことのほうが多いですが、
同じような思いを持つ方々と素直にお話をすることで、
サロンへの参加が自分自身を見つめなおしたり
本当の気持ちに気づく良いきっかけになる
ことがあるようです。
サロンでの話題をパートナーや友人ともお話しすることで、
少しづつご自身の意識が前向きになっていくかもしれませんね。


さて、そんな調布サロンも次回の金子クリニックで今年度は最終回手(チョキ)
次の記事にて、またその様子はご報告いたしますね。

文責:鈴木深雪